« August 2005 | Main | February 2006 »

06/01/02 鶴岡八幡宮詣

tsuruokahatimangu
昨日の夜から、今度は私の実家横浜に来ている。ここでも御節を食べ、快適に過ごす。私は実家の御節のゆず芋が大好き。食べれないものは、全部もらってきた☆さすが、御節は保存食。日本の食文化の奥深さに感動する。
さて、2日は天気が悪かったけれど、我が家のイベント、鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣に出かけた。大晦日から元旦は、参道に交通規制がひかれるほどの大賑わい☆しかし2日の夕方ともなれば、ずいぶんすいて、スイスイお参りできる。快適なお参りではあった。恒例のおみくじをひいた。結果に満足して、結び付けて帰ってきた。そして夜に、埼玉の我が家に帰ってきた。ダーリン、おつかれさまでした♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/01/01 成田山詣

naritasan午前中、彼のお姉ちゃん家族が来て、みんなでお雑煮やお汁粉をいただいた。お雑煮は、いくらが乗っている♪彼のお姉ちゃん家族は近所に住んでいて、小学生の姉妹がいる。姉妹という構成は、私自身がそうだから、私はとても親近感がある。
それから午後は、彼の両親と成田山に初詣へ行った。相変わらずすごい人だったけれど、初詣がすいていたら、それらしくない。人ごみの賑やかさに、年明けの勢いを私はいつも感じる。お参りした後、お守りをかって、鰻をごちそうになった。お正月は本当に贅沢だと感じる。そして、一年一年の積み重ねが、体に染み付いて、自分たちの慣習になるのが楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/31 ゆく年

oomisoka箱根から午前中のうちに帰ってきて、千葉の彼の実家へ年を越す。
彼の実家では、故郷の慣例通りに、大晦日に御節を食べるのが慣わしだ。食い気の強い私は、大晦日から御節が食べれるならと、彼の実家で大晦日を過ごした。紅白を見てすごす、日本の年の暮れ。結婚してから、意外とテレビの選局が似ていたり、食生活が似ていたりと、二人の似ている点を見つけることがある。だから、大晦日にNHKをみていて自然だし、新聞の話題になっても、彼の両親と話が通じることも多い。偶然のことだけど、とても幸運だ。あえて違うのは、私のお酒の強さくらい。結婚して家族が増えて、私はとてもいいなーと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/29-31 箱根

darumasyokudo
パートナーと箱根に2泊3日の小旅行に出かけた。初日のお昼は、小田原の食堂で、ランチをした。ガイドブックには地元でも有名な老舗の食堂とあったが、サービスもあまりよくなかったし、天丼もイマイチ。褒めるところといえば、建物かな。建物は、文化財になってるだけあって、しぶくてかっこいい。だけど、食堂としての味は、イマイチすぎた。期待していただけに残念。気を取り直して、箱根に向かった。kuroamago
その日の午後は、骨董品を置く店が並ぶ宮ノ下セピア通りを歩いた。外国人旅行者向けのせいか、派手なものが多く、表記もローマ字が併記されている。価格もお土産価格で、私が買えるものはなかった。grassnomori
翌日は、朝一番で、大涌谷へ。もくもくと硫黄臭が漂う中、7年も寿命が延びるといわれる黒卵を味わった。それから、芦ノ湖脇の箱根神社と宝物殿や、関所跡を見学したり、ガラスの森美術館を訪れたりした。とにかく寒かったけれど、その分空気が澄んでいて、見るものすべてが美しく見えたような気がする。そうそう、宝物殿の中には、義経の想い人「静御前」の笛があったよー!びっくり。次はあったかくなったら、芦ノ湖で船に乗ろうとおもったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/28 ラブアクチュアリー

好きな映画のひとつが、ラブアクチュアリー。サンパウロでDVDでみて、買ってしまったほど好き。空港での出会う姿が好き。
婚姻届を出して、戸籍上は夫婦になっても、会えなかった期間がある。ほぼ半年。12月28日、私は彼を迎えに行った。人を迎えに飛行場へ行くことなど私にはなかった。待つ私は、心臓の音が周りの人に聞こえてるかとおもうほどだったし、扉が左右に開くたびに、私の心臓は口から飛び出す寸前だった。
だけど、彼が出てきた瞬間は、どうしていいのかわからなくなって、飛びつく予定だったのに、冷静を装ってしまう。泣きたいほど、ぎゅぅってしたかったのに、ものすごく冷静な声を装って、「おかえり」。それが精一杯。
雑踏の、扉の見える飛行場のはじっこで、指輪の交換をした。神様に誓うのでなく、お互いに誓う結婚だから、ここでよかったんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/12/27 大掃除

3ヶ月の学校も無事終わって、大掃除の時期がやってきた。とはいえ、8月下旬に引っ越してきたときに、大掃除をしているので、そんなすごく汚れていない。でも、ほこりを取ったり、気になっていたところを片付けたりした。
それにしても、日本には数多くの洗剤があって困る。どれも汚れにテキメンに効いて、非常に便利だと思う。けれど、おき場所には困る。さらに汚れがよく落ちすぎて、まだ洗剤が残っていないかと気になってしまう。よく落ちる洗剤がゆえに、体への影響が気になるのだ。ゴム手袋をしないと、ひどく手あれするし。
とはいえ、買ってしまったものはしょうがない。今あるものはちゃんと使って、順次、重曹とお酢といった万が一、口に入れても安心なものに切り替えて行こうと思っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/12/25 クリスマス

2005xmaseve_6夫婦になって、日本で初めて迎えるクリスマスだ。クリスチャンではないけれど、幼稚園とその後の教会学校で、私はキリスト教が身近だ。ミサにも何度か訪れている。
クリスマスは、ビーフシチューと焼きたてのフランスパン、そしてケーキという献立が我が家の定番だったから、そのとおりにした。シチューは2日煮込んだし、お肉も美味しいのを買った。ケーキもパンも美味しいのばかり、ワインもすこぶる美味しいもの。友達が教えてくれた、アイスワインをハワイで買ってきた。普段はそんなに贅沢はしないけれど、今日はクリスマス。2005XmasEve
レストランで特別なものを食べるより、おうちでこういうのが、私は好き。ろうそくをつけて、部屋をあったかくして、のんびり食事を楽しむ。こういうクリスマスがすき。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005/12/03-08 ハワイ

IMGP0294ハワイに来るのは、3回目。パートナーは出張の予定があったので、私は友達と一緒に来ている。3回とも高校からの友達と一緒にきている。一回目は大学の卒業旅行、二回目は25歳のときのホノルルマラソン、三回目は今回で、友達の結婚式だ。今回の花嫁は、最初の会社の同期ツナガリ。ホノルルマラソンを一緒に、8時間かけて完走ならぬ「完歩」した友達だ。
さすがに3回目のハワイは、ちょっと成長する。アウトレットには、普通のバスで片道2ドルで行ったし、結婚式に向けてネイルアートも試した。
結婚式は、式の間中雨、しかも豪雨だった。だけど、教会も披露会場も白一色で明るく、ハワイの正装アロハをまとった男性たちも華になって、とてもよかった。翌日は「天国の海」と呼ばれる美しい海に行って、頭からカプセルをかぶって水中を歩くシーウォーカーを体験。夜はご主人のご両親に、ごちそうになった。
ハワイは、日本人が本当に多い。英語を使いたくても、アメリカ人が日本語を使ってくる。パスポートを使ってきてるのを忘れそうだ。だから、人気なのかな。ビーチでビールを飲むことを禁止されているのは、残念に感じたけれど、あったかい気候ときれいな海はいいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/12/01 十年のつきあいと20周年のパーティ

toniguy20thpartydec01私が通う美容院は、日本において20年経ったそうだ。今日はその記念パーティが、渋谷のホテルで行われた。
私はパートナーと一緒に、ちょっとだけおしゃれして出かけた。ロンドンが本店のTONI & GUYという美容院。私が訪れたのは10年前。妹の紹介で、学生だった私はカットモデルをやっていた。その美容師さんは、すでに店長になった。
美容師さんとの会話は、久々にあった友達みたいな感じ。スタッフも、顔なじみが多く、それも楽しい。私の髪の量や質、私が髪に無頓着なのもよく知っている。だから、簡単にまとまるように切ってくれる。それを自然にやってくれるから、10年のお付き合いが続くんだろうね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005/11/30 つづきの歯科矯正

矯正の調子が悪いような気がした。私はサンパウロで歯科矯正をしているのだけど、その日系人の先生は、日本医科歯科大学に留学していた。その日系人の先生の、先生は日本人で、青山で歯科矯正をやっている。なので、日系人の先生の紹介を受けて、カルテをもって行った。
私の口の中を見て、「なるほど、こうやったのか!」と感心していた。別の普通の歯医者さんが、私の上あごを見て「こんなの見たことない」といっていた部分を、大先生は褒めていた。大先生から聞く、私の先生の話。日系人の先生は、大変な努力家だったそうだ。日本人より、どの留学生よりずっと勉強した。だから、いぢめられたことも
あったという。
日系人の私の先生は、文藝春秋を愛読し、歯医者特有の難しい漢字も読める。駐在員はあまり知られてないけれど、その腕はぴか一だと思う。海外で施術し、日本でも受けられるメンテナンスなんて、そうそうないし。先生、どうもありがとう!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005/11/26-27 草津温泉

2005nov26_27kusatsu_4赤い車でどこかへ行こうと話していた。サンパウロにいたときから、「温泉に行こう!」と言っていたので、やっぱり草津温泉に行くことにした。大学のゼミ友達の実家が伊香保にあって、何度か遊びに行き、みんなで草津に行ったことがある。だから私は二回目。パートナーは初めてだったけれど、この車での長距離ドライブも初めてだし、とにかくわくわくした。
まだ紅葉が残っていて、山が美しい。途中車を止めて、しばし紅葉観賞。色づいた葉っぱが、枝から離れ、くるくると仲間と舞う姿は、寂しいけれど、美しい。
午後早い時間に草津について、湯畑の脇の足湯につかる。まず、きもちいいねぇ。群馬にきたら、舞茸のてんぷらを食べたくて、食べたけど…イマイチ。やっぱり水沢うどんと、そこの舞茸のてんぷらがいいのかもなぁ。
2005nov26_27kusatsu_12町営西ノ河原露天風呂に行ったり、片岡鶴太郎美術館の入り口でポストカードだけ見たりした。この露天風呂は、巨大!ただ夫婦で行くと時間を決めて出てこないといけない。でも、熱いお湯だったので、30分弱でちょうどよかったよ。虫垂の手術後、初めて他人の目に触れる私の傷跡。でも、完璧な体などないのよね。長く生きれば、何かある。それが人というものだもの。
その日に、町の旅行案内所で決めた旅館も、貸切風呂があってよかったよ。温泉って、本当にいいねぇ。帰りに、「道の駅」による。銀杏やお芋や菜っ葉を買って帰る。途中でのこ蕎麦を食べて、渋滞もなく快適なドライブでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005/11/18 3ヶ月の学校

学校が始まっている。残すところ、ほぼ一ヶ月だ。お友達もできた。学校は勉強するところだけど、それだけじゃないのが、学校なのだ。特にいろんな年齢の集まるこのコースは、とても魅力的だ。
私よりずっと年上の人がたくさんいる。経済学部出身の私には、耳慣れた言葉も、理系で工場や現場をずっときた人には新鮮らしく、みんなとても一生懸命だった。現場経験はたくさんあるから、教授への質問のレベルが高い。教授たちが、「私たちもこのコースは勉強になります」と最初に言っていた意味が、よくわかった。
学校が始まって、帰国後、どこを掃除したとか、新しいスーパーを見つけたとか、夕食の会話はそんな感じで始まっていたのが、この頃は、先生から習ったことや知ったこと、新しいお友達の話で賑やかだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/11/13 馬を観に

IMGP0160サンパウロに遊びに来てくれたお友達は、日本で乗馬をやっている。今日は、彼女のクラブ内試験だというので、遊びに行った。私が卒業した横浜の高校の近くで、バスから見える景色が懐かしい。
こぎれいな屋根つきの乗馬クラブだった。馬も大きくて、きれい。馬はいいなと思う。とても大きな目をしていて、やさしい。お友達とクラブで美味しいランチをして、いろんなおしゃべりをする。彼女のお友達に、お勧めの乗馬クラブなどを聞いて、のどかに一日過ごした。
日本で乗馬をするのは、ちょっと難しい。だけど、こうやって馬を見ていると、私はブラジルで乗ったヴォヴォやピンタを想う。アストロが、クラブの中にある山を駆けているのを想い出す。機会があったら、また始めたい、とパートナーに伝えよう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005/11/05 赤い車

IMGP0139中古の車を買いました。今度は赤い車。サンパウロでは青い車。私は車のことがよくわからないけど、今回の赤は、前の青いのと形も違う。色は外がアースカラー調の落ち着いた赤で、中がベージュ。IMGP0141皮ではなく、ふかふかした布の椅子だ。未来に、私が運転するかもしれないので、エアバックもたくさんついている安全な車だと聞いている。
これからこの子とどこへ出かけよう。ブラジルでたくさん乗ったみたいに、どこかへたくさん行こう!ひとまず、横浜で買ったので、渋谷、六本木をとって、パートナーの千葉の実家に遊びに行った。乗り初めには最高の、真っ青な空の秋晴れでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005/10/29 ムケッカ作り

友達を家に招いた。大学の友達9人とご主人1人。ダーリンの分と私の分で12人分のムケッカ(ブラジルの魚介シチュー)を作った。とはいえ、ブラジルでは、外食でしか食べていなかったので、どきどき。カイピリーニャは、パートナーがレモンで作った。これは美味しかった♪飲む人数が多くて、巨大なボールでまとめて作った。
友達の一人が、大晦日が出産予定日だったので、今日になったのだ。いつも以上に食材に気を使った。たくさんのお友達に、台所は戦場。なんと、うっかり味見を忘れていた!ご飯を盛って、ムケッカをかけて食べ始めてから気がついた。あはは。みんな塩を混ぜて、おいしいと言ってくれました。みんな、ありがとう☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/10/22-23 伊豆合宿

私には、説明の面倒な友達がいる。学校も会社もみんなバラバラ。だけど、もう10年以上付き合いのある友達。きっかけは雑誌。Z会という通信教育の雑誌が企画した座談会で出会った5人。まぁなのに、どうしたことか、よく続く。私には大事な友達で、結婚式にもれなく来てもらった。私とパートナーの結婚式は、私のせいでか、男性が多かった。
その仲間とずっとやっている飲み合宿がある。伊豆高原まで行って、夜中まで飲みながら語る。宿泊施設の人とも長い付き合いだ。その前にちょっと温泉など入って、飲み会の士気をあげるのだ。今回は嬉しいことに、3組の結婚のニュースが流れた。
うれしかった。人生のパートナーを見つけるのはうれしい。友達が結婚するとき、涙が出るほどうれしいのは、それだけ話したたくさんのことがあり、その友達が、人生のパートナーを見つけたのが嬉しいからだ。そして、それは私が幸せな結婚をしているからでもあると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/10/10 スマイルウォーク

IMGP0117虫垂をとる前に、ウェブ上から予約した「ピンクリボンスマイルウォーク」に出ることになっていた。
雨が降っていたけれど、まだ抜糸して一週間もたってないけれど、パートナーと参加した。六本木ヒルズ発着で、麻布十番商店街、東京タワーを眺めながら、芝公園、日比谷公園、有楽町マリオン、丸ビルを通って、霞ヶ関の中央官庁街、アークヒルズを通って帰ってくる。距離にして11キロ。途中でコンビニで飲み物を買ったり、私は麻布十番の豆源で、お豆のお菓子を買ったり、楽しみながら歩く。パートナーはカメラを持って、写真に景色を収めながら、いろんな話をして歩く。IMGP0126ちなみにピンクリボンは、8人に一人が乳がんになるアメリカから、乳がんの早期発見や診断、治療の重要性を訴える運動として開始したもの。日本は、30人に一人が乳がんになるそうだ。こんな風に楽しく過ごせるのは、健康な体のおかげ。家族の誰かが病気だと、みんな気になる。それもあって、健康でいたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/10/03 職業訓練校入学

05saitamashitoshin今日から、職業訓練の一環の「経営管理者上級コース」に通うことになっていた。雇用保険の延長手続きをして、ブラジルに行ったので、帰国後、手続きに行ったときに見つけたパンフレットだった。
これは、厚生労働省と文部科学省が協力して、大学と大学院を活用した離職者向けの委託訓練を行っていて、このコースは、埼玉大学大学院が、委託を受けて開設していた。3ヶ月間だけで、私は、第6期生に当たる。
場所は、さいたま新都心という駅のそば。この町はとても駅前が人工的だ。最初の一週間はガイダンスで、全科目を朝9時から夜9時まで受ける。それって、労働法でもひっかかりそうなヘビーさなんだけど、と思ったが、なんと、土曜日も夕方まである。久々の勉強は新鮮だけど、椅子に座りっぱなしは、かなりつらい。更に退院直後の私は、体力がなく、抜糸もまだで体がつらかった。
人数は、50名くらいで、年齢は様々だが、女性は一割弱だ。一週間が終わると、選択した授業だけを受ければいいことになる。私は9科目選んだ。12月までの3ヶ月間通うことになる。がんばれるかな。いや、頑張るのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/09/26-10/02 私の虫垂

20051010hospital_6夜中からおなかが痛くなった。食べ過ぎたミートソースのせいかと思ったので、寝れば直ると思った。だけど、痛みで目が覚める。トイレに行ったら、胃が気持ち悪くなったので、「やっぱり食べすぎだ」と思って、吐いた。でもおなかが痛いのは収まらない。
明け方まで待って、パートナーを起こして「救急車を呼んで」と頼んだ。救急車に乗っても、吐き気と傷みが襲う。3件目の病院でようやく引き受けてもらえることになり、運ばれた。座薬の痛み止めで、やっと息がつけるようになった。気を失いたい、と思うほど、痛いときはつらい。
検査の結果は、急性虫垂炎。その日の午後に手術が決まり、入院となった。横浜から母親が来てくれた。パートナーは会社を休んで、おうちに荷物を取りに行ってくれた。ありがとう。
下半身麻酔をした。注射をしますよーと言われて、ものすごく痛かった。もっと痛いのがくるのかと思って、看護婦さんに尋ねたら、「今のが一番痛い注射だったんですよ」という。気持ちが楽になる。そして手術室へ。
頭ははっきりしてるのが、逆につらい。音も声も聞こえてしまうから。担当医に、「先生、私の虫垂見れますか?」と事前に聞いていたので、先生が手術中に見せてくれた。癒着が2箇所あり、濃いピンク色をした不思議な物体だった。パートナーと母親も見てくれたらしい。生まれてからずっとあったのに、初めて見たときは切除後なんて、なんだか変な感じがした。
つらいのは、麻酔が切れるとき。とにかく気分が悪かった。尿管でおしっこを出してもらう。水も飲めないので、口をゆすぐだけだ。つらかった。水が飲めないことが、こんなにつらいとは。健康は、大事だなと思った。
入院中は、個室にいたので、友達や両家の親がお見舞いに来てくれた。母はほとんど横浜から通ってくれた。お見舞いには、美味しいものをたくさん頂いて、私は気持ちが元気になった。個室だから、気が楽で、とにかく好きなだけ本をのんびり読んでいた。天気がよくて、お家に帰ってお布団を干したいと思ったけれど、今は早く直そうと思って、横になっていた。健康でいることを努めることが必要だと思ったよ。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2005/09/17 船便到着

IMGP0107サンパウロのお家から、7月19日にまとめられた私たちの荷物は、その月末にサントス港から船に乗った。それから長い船旅を経て、今日我が家に到着した。ちょうど私の両親が来るのを予定していたので、一緒におすしをとって食べ終わった頃に、到着。30個近い荷物が入ってきた。びっくり!!このマンションに引っ越してきてから、ほぼ3週間。なくても過ごせてたのだとおもうと、この箱の中身はなんだろうかと思う。それでも懐かしく感じるいろんなものに、思わず嬉しくなる。
でもこれで一安心。荷物がそろって、もっと気分が落ち着いた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005/09/09 ディズニーシー

IMGP0055生活も落ち着いていないのに、有効期限が迫っていたので、東京ディズニーシーに行ってきた!まだ船便が到着していないから、整理整頓にも限界があって、行く余裕があったというのも事実。
天気はいまいちだったけれど、入場早々にミニーとミッキーに会えて、ラッキー♪ひとまず、乗ったことのないインディ・ジョーンズやセンターオブジアース、360度回転するレイジングスピリッツ、ストームライダーに乗った。IMGP0095ぐるぐる水面を勝手に動く乗り物に乗ったり、様々なミュージカルの名場面だけを踊るシアターやジニーのマジックランプシアターにも入った。すごく楽しかったー!!それから水上イベントや花火を夜遅くまでみた。きれいだったよー。忙しくても、遊ぶ時間を作るのは大事。いっぱい遊んで、いい気持ち。ダーリン、ありがとう☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/09/04 家電を買う

長期滞在用のホテルに住んでいた私たちは、家電も家具もない。帰国して、家電を購入することになった。この季節欠かせない冷蔵庫、帰国日翌日から仕事に通うパートナーのシャツを洗う洗濯機も欠かせない、そしてこれから新米を食べたい私が、ご飯を炊く炊飯器、そしてテレビを購入した。
いやぁ大変。冷蔵庫なんて機能がいっぱい。透明な氷をつくる冷蔵庫、真ん中から観音開きの冷蔵庫、ドアも製氷用、チルド用などいくつもあるのもある。お店の人が「以前使っていた冷蔵庫はどのサイズでしたか?」「分かりません・・・でも二つドアで、上が冷凍室で、冷蔵庫は中に入れておくと、場所によっては、なんと凍ってしまう冷蔵庫なんです。」といったら、笑っていた。
今のはスゴイ。インバーターだの脱水中に外の風を取り入れることで、ただの脱水より少し乾燥する脱水乾燥だの、洗剤のいらない洗濯機など機能が一杯。今はドラム式で、洗濯と乾燥を一台でできる洗濯機もある。結局機能としては今では一般的な物を購入した。それでも使いこなせるのだろうか、やや気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/09/03 友達の結婚式

makiwedding_13帰国して2週間たった。結婚式に行ってきた。大学のゼミの友達。4月にはサンパウロに来て、一緒にサルバドールに行った友達だ。
結婚式では、私は率先してスピーチをさせてもらう。ありがたいことに、その希望かなって、毎回何かしらさせてもらえている。みんなお祝いのメッセージを言いたいだろうに、私の頑固な意志を汲んでくれる人が多く、スピーチをさせてもらう。
友達が人生のパートナーを見つけて、一緒になるのはうれしい。幸せな顔を見るのはうれしい。バージンロードを歩く姿に、それまでたくさんおしゃべりしたこと、経験したことが重なる。人の一生の中でどれほどの人と出会えるのだろう。出会った人たちを大事にしていきたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/08/25 台風が来た!

サンパウロにいたとき、雨季には予告なく雨が降った。バケツをひっくり返したような、いやきっと本当にひっくり返してる雨。1時間とか2時間とか。
台風がきている。気温も下がってきた。秋のような気温になってきた。
一生懸命にないていた蝉は大丈夫かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/08/24 これから住む町

これから住む新しい町に行った。駅前から花がある。自転車がいっぱい。私の住んでいた横浜とは違う。坂道がない。ずっと平たい道がつづく。自転車用に整備された道があって、それを私が「コパカバーナみたいだねぇ」といったらパートナーは「りこはどこでも大丈夫だね」と笑う。
帰りに駅前のミスタードーナツにいってお茶をした。ポンデ黒糖なんていうドーナツがあった。ポンは、パン。うふふ。あら、まぁこんなところにポルトガル語だねぇ。
そう私はどこでも大丈夫。だって私はココロに故郷を持っているから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/08/21 日本の出費

IMGP0031結婚式の二次会に行く。久々に友達に会った。会費は8000円、場所は表参道。二人はケニアに新婚旅行に行ったとのこと。その後、お友達だけで骨董通りでまた飲み直して、おしゃべり。今日の出費は10000円。日本ってお金がかかる。だけど、その分の「快適」を得ている。終電で帰っても、駅からおうちまで歩いて帰れる。日本の生活だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005/08/18- 帰国直後

帰国した日の夜に中華街にいった。父親もお酒を飲みたいから、タクシーで行った。15分もあればつく。帰国したばかりだから、日本人ばっかりに感じている。でも中華は、美味しかった。量もちょうど良くて、もちろん値段は高いなぁと思ったけど、日本だもの。仕方ない。
今日は母親とお出かけ。携帯を手配しに行って、きれいになった横浜そごうの上でランチ。お好み焼きを食べた。マネキンは秋物新作をまとい始めている。まだこんなに暑いのにね。昨日帰ってきたばかりなのに、慣れている。お店が変わったりしても、大きな社会の仕組みに変更はない。
蝉がずっと鳴いている。窓から見えるのは、湿度のある空気と植物。オシロイバナの濃いピンク、ムクゲの白やピンクの一重や八重、昼顔。枝豆を食べて、あゆの塩焼きを食べた。畳の上でごろんする。
ココロを落ち着けよう。仮住まいだと思っていたサンパウロだけど、私は一生懸命だったからか、ただバランスがかけているのか、一年半でもしっかり染み付いてしまった。
電車のチケットのSUICAを買うとき、初老の女性が困っていた。だけど私もよく分からなくて、試しにやってみた。私の方法は正しかったし、分かったので、その女性にやり方を話した。日本語なら話せる。ブラジルでたくさんの人に親切にしてもらったから、私もたくさんの人にできることをしたいと思った。
ブラジルのテレビで日本のニュースをやっていたら気になるように、今朝はNHKでブラジルのコメントを流していた。英国のテロ対策の警察官の行動についてだった。
私がこれから住む街の市役所のHPをみた。日本語のほかに英語、中国語、韓国語、そしてポルトガル語。おぉっと、早くもご対面のポ語にまた反省する。あぁもっとちゃんとやっておけばよかったな、って。あはは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/11 ごぶさた!りこです(^-^)

だいぶご無沙汰しておりました。りこです。お元気ですか?私は元気です。
2年半ぶりに会ったお友達に「ただいま!のまま、ページが変わらないよ~。隠しページで続けてるんぢゃないかと思った」と言われ、同期には「詩的な文章」と褒められ、サンパウロの友達からは「りこちゃんの文章を読んでいたチリ在住の人が、こんどサンパウロに駐在になって盛り上がった」とメールをもらい、私自身も気になっていたので、いい気になって再開します。毎日とは行きませんが、気軽に書いていこうと思います。書き溜めていたものもあるので、過去から少しUPします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | February 2006 »