« January 2006 | Main | March 2006 »

2006/02/12-14 初出張

CIMG1858入社して10日経った日曜日に、早速鹿児島に出張した。鹿児島市内から島も巡る2泊3日の出張だ。会社や仕事をわからない状態で、出張に同行し、会社の顔となって挨拶をするのは、かなり疲れた。以前勤めていたNGOも、出張が多かったけれど、上司がその土地のものを味わうのが好きだったし、私もそういうタイプだったので、仕事や移動はきつかったけれど、そこで息抜きをしていたような気がする。今回はどうかなぁ。CIMG1923でも、きっと私は大丈夫。移動の際の景色を見て、気分転換。肌で感じる気温の差で、嬉しくなる。早速、鹿児島では合間を見つけて、自家製さつま揚げと黒糖を購入したし。私はどこでも大丈夫なんだなぁ♪画像は、鹿児島のシンボル桜島と島で迎えた朝、ホテルから撮った海。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/02/08 しごと

CIMG1852仕事をするのは、なんのためだろう。人生の限られた時間の中で、いろんなことをやってみたいのだと思う。ブラジルと日本合わせて2年、主婦をやりながら、帰国してひと月たってから、3ヶ月だけ大学院のコースに通った。だけど、日本にいるなら、やっぱり仕事を通じて社会とつながりたいと思った。
フルタイムで働くことで、週末の一日は掃除や家事におわれるけれど、なんだか楽しい。状況のおかげで、なんだか要領よくなれる気がするのだ。パートナーとは、一緒に通勤したり、待ち合わせして帰ったりして、二人の時間を守るように努めている。働くことが、私の精神衛生上とても健康であることを、彼はよく理解してくれている。だから、私は心が元気!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/02/03 鬼もうち♪

IMGP1946日本には季節のお祭りがたくさんあって楽しい。私の実家は、そういうのを忘れもせず毎回やる家だった。節分は、玄関でファッジー(犬)に、鬼のお面をかけて、ファッジーに向かって豆を投げた。ファッジーは雑食性なので、喜んでジャンプしながら、お豆を上手にキャッチしていた。うちは「鬼は外」ではなく、「福はうちー、鬼もうちー♪」と掛け声をかける家だった。いろんな所で豆を投げつけられる鬼がかわいそうだったからか、私の知っている昔話の鬼は、優しい心のいい鬼が多いからか、小さいときにそうなったらしい。
豆まきのあと、年の数だけお豆を食べる。残ったお豆は、味噌豆にしてくれていた。今年はベランダで私が鬼のお面をかぶった。おもしろい。30歳になって、お豆を食べるとおなかがいっぱいになる。小さいときは、親をうらやましく思ったのになぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/02/02 会社員になる

IMGP1956インフルエンザのおかげで、1日に予定していた入社は翌日に延期。2月2日付けで会社員になった。動物実験をしていないとか、原材料に安全なものを使っているスキンケア製品を扱う外資系企業の日本支社に正社員で勤務することになった。全国にいる製品に興味のある人やすでに使用している人への、製品や会社の説明を行うPRみたいな仕事。新卒で勤めた会社の上司が、声をかけてくれた。
実は、大学院に行こうかと思い、願書用の写真を撮り、出身大学から成績証明書まで取り寄せたけれど、出願書類のひとつである「論文計画書」がまとまらなかった。いろんなことに興味がありすぎて、でもどれも深くなくて、まとまらなかった。それはつまり自分の中で、今はそのタイミングではないのだろう。パートナーとも話した結果、今回は出願をとどまったのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/31 祝☆30年

IMGP195330歳になった。その日を境に何か変わるわけではないけれど、お祝いしてくれる人がいるのがうれしい。カードやメールが届いて、プレゼントも届いた。母からは好物のチーズケーキと30本以上はあるケーキのキャンドルまでもらった…。
パートナーからは、時計が贈られた。私の時計は、高校生のときに両親が買ってくれたアニエスのダブルフェイスの時計。それをほぼ13年愛用した。ブラジルでは、盗られたくなくて家に隠しておいた。途中、妹のお土産でもらったSwatchをつけたこともあったけれど、基本的にアニエスの時計をずーっと使っていた。とても気に入っていたのだ。
帰国してから使おうと思ったら、なんと表のガラスが取れてしまった。街の中にはいたるところに時計があるし、携帯もあるから不便はなかったけど、時計がほしかった。もともと30歳になったら自分で時計を買おうと思っていたことを、彼に話したら、彼がプレゼントしてくれるという。それで、去年から私の腕時計探しが始まった。
いろいろ見て、結局決まったのは、SEIKOのCREDORという時計。してる人をみたことがないし、日本ブランドの日本製というのがいい。きらきらしていて、とても素敵だ。手首をくるくると回して、30歳になったという感じがじんわりとしてきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/30 流行にのって

流行に乗って?インフルエンザになってしまった。インフルエンザはひどい。熱がなかなか下がらず、悪寒、鼻水、のどの痛み、関節痛、頭痛という風邪の症状のオンパレード。食欲すら奪われる。
10日近い海外出張から帰ってきたパートナーを、げっそりした顔とどろんとした目でひとまず迎えてから、タクシーで病院へ。検査をして15分後にでる結果で、「インフルエンザA型」と判明。ビンゴで、うれしいやら、つらいやら。タミフルという特効薬のおかげで、熱は翌日には下がり、症状はだいぶ落ち着く。
しかし本調子には、睡眠と栄養が必要だ。食欲がおちる風邪は初めてで、雇用前健康診断での体重が、健康だったら喜ぶべき体重を記録して、ひとときいい気分になってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/24 社会人大学院の見学

10月から3ヶ月通った職業訓練校は、今住む地元の埼玉大学大学院の経済科とタイアップしていた。そこで教授方と話していくうちに、私が学生時代に思っていた大学院への想いが蘇ってきた。
実際どんなものかと、社会人大学の講義を、埼玉大学の先生の勧めで見に行った。夜20:10からだった。その日は、論文の中間発表の日で、政府系金融に勤める男性の発表だった。私の(大学レベルだけど)卒論と重なる点も少しあり、興味深くおもしろく聴くことができた。私にとって勉強することは、むしろ社会人になってからのほうがおもしろく感じるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/21 雪が降る

IMGP0456IMGP0455雪が降っている中、新宿に買い物に友達といってきた。容赦なく寒いけれど、雪に気が奪われて、はっと気がつくと、感覚がなくなるほどに指先や鼻や耳が冷えきっている。
でも、体の感覚とは無関係に、雪は本当に美しいと思う。そして何でこんなにわくわくさせるんだろう、と不思議に思う。雪は好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/20 女の子の時間

IMGP19523人の友達が遊びに来てくれた。出張で彼がいなかったので、そのうちの一人はうちに泊まった。一人は結婚し、今は関西に住んでいる。法事でこちらに帰るのに伴って、うちに来てくれた。もう一人はBlogで仲良くなった高校の
友達。偶然家が近かった。もう一人は昔から仲のいい友達だ。
私が振舞ったのは、タイカレー。ブラジルで仲が良かったお友達に習ったタイカレーだ。それと生春巻き。さらにライムの値段が高いので、レモンで作るカイピリーニャ。どれも好評で、うれしかったよ。それから、持ってきてくれた苺いっぱいのケーキを食べて解散した。
IMGP1955一人はうちに泊まってくれたので、それから、とある作業を開始。ハワイで結婚した友達に、私たちの撮った写真で、手作りのアルバムを作ったのだった。写真を選んで、切って、はって、いろんな話をしながら、あっというまに夜中の2時を過ぎた。こういう時間もやっぱり楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/17 ブラジルの味

deBrasilブラジルからケーキが届いた。お友達が作ってくれたもの。サンパウロでお友達になった写真屋さんからだった。
日本にいる親戚を経由して、私のうちに届いた。このケーキは、クリスマスシーズンにだけ作る、保存の利く甘く濃い味のケーキ。サンパウロでも頂いた。甘いけれど、とってもおいしいの。それをパートナーも私もとても気に入っていたのを、彼女は知っていて、わざわざ送ってくれた。
人との交流が、その国をさらに好きにさせることは多い。今日は、サンパウロで駐在していたお友達と会って、一時帰国中のお友達も一緒にランチした。私に、ふとよぎるブラジルの空と風。私には、日本のほかに大事な国がある。それはとても幸せなことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/14 だるまさん

IMGP1950大学の友達の妹と、彼の同僚だった人と4人で食事をすることにした。場所は大宮。飲み会で出かけるのは初めての場所だった。
群馬に住む彼女は、お土産に、高崎でだるまさんを買ってきてくれた。私はピンクを選び、彼は金色を選んだ。だるまさんは、よく選挙のときに見るけれど、私がマイだるまを持つことになったのは、今日が初めてだった。
お願い事を考えて、万年筆で片方に目を入れた。インクがブルーブラックだから、国籍不明なだるまちゃんになっちゃったけど、だるまの国籍ってあるのかなぁ。かわいいだるまさんがおうちにきて、私はとてもご機嫌♪だーるまさんがこーろんだっ!という遊びをしたことがあるけど、だるまさんの底には錘があって、絶対に転ばないんだねぇ。マイだるまをもって、初めて知ったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/10 花は華☆

IMGP0452結婚して2年がたった。あっという間だなぁと思う。スピード婚の私たちは、結婚してから知ることが多い。結婚っていいもんだと思う。まったくの他人なのに、大事だと思える人がいるのは、とても幸せだ。
2年を祝って、両親と妹夫婦が花束を送ってくれた。ピンクの大輪のゆりと白いバラ。デパートの花売り場で、その種類のバラとゆりを彼女は全部買いしめてしまったらしい。彼女がそういうことをするタチで、私もその血が流れている。IMGP0418大輪のゆりの花に私がたじろぐほどだった。水を替えるとき、どっしりと重みを感じるほど。だけど、長くいい香りが楽しめて、とても嬉しい。バラは小さくて、鞠のように丸く、たくさん鈴のようについている新品種のかわいいバラだ。寝室やトイレやバスルーム、キッチンいろんなところに飾って楽しみなさいと。だから、家中の瓶やグラスに入れて、家中に飾って楽しんだ。いつもはダイニングに花を飾るだけだから、私はとてもうれしかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/07 お肉を食べに

結婚記念に、サンパウロに本店のあるバルバッコアというブラジル料理レストランに行ってきた。ランチの時間に行って、シュラスコや(土曜日なので)フェイジョアーダをたくさん食べる。乾杯はカイピリーニャ☆
私も彼もご機嫌だった。ご機嫌すぎて、カメラを持っていったのに、すっかり忘れてしまったほどだもの。お肉を持ってきてくれる人が、見た目が外国人だったので、ポルトガル語で彼は話しかける。久々に耳にするポルトガル語だった。
クッピン(こぶ)は脂を落としていて、さっぱりしていたので、物足りない感じがしたけれど、あとはとても美味しかったよ。日本にいれば、日本風になって、この気候で美味しく食べれるようにアレンジされているんだろうなと思った。ランチだからか、デザートブッフェもついていて、お得感もあったよ。ぜひ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/04 芋娘会

私の大事な友達の一人は、ドイツ人と結婚し、ミュンヘンに住んでいる。年末年始には帰国していて、私も日本にいるので、今年は会えることになった。
午前中に待ち合わせして、東京都大江戸博物館にいく。私たちは話しに夢中で、時々自分たちが博物館にいることを思い出して、展示物をみていた。そんな私たちを、彼女のご主人は最初は面白そうに、最後は不思議そうに見守っていた。メールをしても、お手紙を書いても、会って話すことに勝るものはない。
お昼は、両国の駅にあるビール屋さんで、さっそくビールを飲む。いい気持ちになって、今度は、もう一人の友達の家をたずねる。ご主人もまだ会社がお休みで、妊婦の彼女をいたわりながら、待っていてくれた。手作りの肴がふるまわれ、楽しい話が続く。本当にうれしい、楽しい時間。
私たちは、中学時代に通っていた塾のお友達。大人になって3人ともお酒が強いことがわかったし、何より芋焼酎が大好きだった。ドイツにいる彼女が大学院で福岡にいたとき、私たちは遊びに行った。そこで初めて芋焼酎に出会って、毎晩彼女の部屋で飲み明かした。彼女の結婚のお祝いにドイツに駆けつけたときも、ドイツ人と一緒にお祝いのビールやワインを飲み明かした。
芋娘会は、私がブラジルに行っても、彼女がドイツにいても、いつまでも続く。それぞれが、友達と思って、会いたいと思う限りは、生涯続くと思っているよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »