« June 2006 | Main | August 2006 »

2006/07/20-22 急な出張

Img_0143急遽出張に行くことになった。東京駅から新幹線に乗る。目に映る景色に、緑が勢いよく追加されていく。
2階建て車両の2階だったので、とても高いところから見ているようで、ちょっと気分がよかった。いつもの電車と新幹線はやっぱり違うなぁって感じたよ。今回は東北に出張。福島県と岩手県。
仕事では、あえて地場のものを味わうでもなく、ホテルのルームサービスやバーのおつまみをつまみながら仕事の打ち合わせをする。ホテルの部屋ではメールで、オフィスとのやり取りできるから、ずっと気が休まらない。栄養も偏るし、睡眠も浅い、そのせいか2日目で口内炎ができてしまった。とほほ。
二日目のランチは、会津若松へ向かう途中にある蕎麦屋だった。にしんとするめ、そして100年の歴史があるというお饅頭のてんぷらも有名らしく味わった。ふしぎ。だけど、妙においしく感じてしまった。蕎麦屋の裏には、湧き水の水屋があって、食後ひとりで行ってみた。脇には、その土地の昔話が立て看板に書いてあったよ。Img_0080
水は清らかで本当にきれい。こんこんと沸く水は、見ているだけで気持ちがいい。手にすくった水を4-5杯もがぶがぶと飲んで、背後の森に目をやった。水屋の脇には、お地蔵さんや祠があり、左右には杉の大木があって、ものすごい存在感があった。背後の森の入り口っていう感じ。その森は深そうで、だけど眺めるには快適だった。ほんの少しリフレッシュ。さっき飲んだ水が、体の中を流れて、きれいにしているような不思議な気分になれた。よし、がんばろう!
Img_0105

前日も23時半までミーティングで体も気持ちも疲れている。駅前で「山猫定食」を食べた。(岩手県はどこもかしこも宮沢賢治の世界につながっていた)山菜が中心だったのだけど、私にはとても美味しかった。胃に染み入る山菜のお汁やご飯、じゅんさいの酢の物や、蕗の甘い煮物が美味しい。連日ホテルの最上階のバーで、高いお酒を飲んでいても、全然美味しくなかった。仕事のつまならい話だったから。今日は、つまらない話をする時間はなく、ただひたすら食べれば良かったこともあってなのか、味がとにかく美味しかった。
ダーリンと一緒なら、もっと美味しかったのに、と思う。誰と食事をするか、誰と時間を共有するかでその時の満足度はまったく違うから。前職の出張は、楽しかったのに、今の仕事の出張はイマイチ楽しめない。人生は一度きりしかなく、時間は戻ってこない。与えられた環境で、楽しもうと頑張ることもあるけれど、もう少しで半年。楽しもうと思うにも限界もある。仕事を選ばなくちゃと感じ始めている。大宮まで車で迎えに来てくれた彼に、「ただいまー☆」と抱きつきながら、そう強く思いました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006/07/17 身近なブラジル

私たちは借り上げ社宅に住んでいて、同じマンションにあるもう一部屋に先日やっと新しい家族が入った!なんと彼がブラジリア時代に一緒だった同僚。私たちがブラジリアで結婚の報告をしたパーティにもいたから、もちろん私も面識がある。
奥さんは私と同じ年で日系ブラジル人。2歳の女の子とおなかに7ヶ月の赤ちゃんがいる。お互い階も違うし、私は会社員だし、休日もそれぞれなので仰々しい挨拶もしなかったけれど、ランチの約束を彼がしてくれた。それが今日だったので、一緒に近所の気に入っているビストロへ出かけた。住人の話、子供の話、ブラジリアでの話、今後の話などして、3時間近くワインを片手に盛り上がった。
ブラジル料理もいずれ…と別れ際に言ってくれて、落ち着いたらいつでもどうぞ☆とまで言ってくれた。うふふ、ありがたいなぁ。私は、人に恵まれているなぁと思う。いい人ばかりだもの(^-^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006/07/16 長い一日

Imgp3623久々の乗馬に来た。しかも5時起床で、授業は7時から…。早過ぎる…!土曜日から夏時間が始まり、授業が6時、7時、8時と夕方のみになったそうだ。前日のプールもあって、眠くて、私は車でぐっすり眠ってしまったけれど、私たちは7時と8時の授業をとった。彼の出張もあり、ほぼ一ヶ月ぶりだったので、普通のクラスを取った。並足、駆け足、速足、輪のりなど、一通りの授業だけど、やっぱり不思議と楽しい。
Imgp3630授業が終わってもまだ9時。友達が居て、馬旅行の話で盛り上がっても、なんとまだ9時半。昨日のこの時間は、まだベットだった、と思い出しながら、今日は充実した日になること、間違いなし!と感じていた。
それから、大洗港へ行っておすしを食べて、海産物を眺めて、次回はクーラーボックス持参で来ることを心に決め、港をちょっと散歩して、地場の野菜を買って帰ってきた。夕食を作る前に、私は床でお昼寝ならぬ、お夕寝をして、体力を取り戻した。
夜は、近所の公園をお散歩して、帰り道に線香花火を買って、ベランダでチチチチチリチリパッパと二人で遊びました。ダーリン、今日も一日ありがとう。楽しかったー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/07/15 賑やかな昼と静かな夜

Imgp3608友達の出産祝いをしに、友達と一緒にでかけた。彼女には、10ヶ月の男の子がいて、ベビーカーで連れてきた。
デパートでお祝いを買って、デパ地下でランチ。いやぁ、ベビーカーは大変だ。デパートの中は、専用エレベーターがあるけど、意外と駅や駅までの通路には少なく、彼女は汗をかきながら、ベビーカーを自在に操る。すごい!
友達の家に着き、5ヶ月経った男の子にお祝いを贈った。2ヶ月過ぎてすぐに保育園に通っている彼は、どんと構えていて、もらい泣きなどしなくて、静か。当然だけど、子供それぞれが違うから、個性があっておもしろい。子供は、おっぱいを飲んだら機嫌が良くなったり、眠くなると苛立ったり、おもしろいねぇ。
周りの友達に子供が生まれるようになって、最近、泣き声にストレスを感じない(頭痛中は除く)。子供は泣くものだから、どんどん泣けばいい。でも、「泣けば?」というと意外と泣かないから、子供って不思議だ。
Imgp3611友達の家のある白金高輪からそのまま四谷でおりる。妹夫婦が結婚したイグナチオ教会と雨上がりの夕焼けがきれいだった。それから、ニューオータニのプールに出かけた。今週は毎日ずっと暑い日が続いていたから、私たちは水が恋しかった。ちょうど半額チケットがあったので興味があった。それに雨が降ったからか、早かったからか、デッキチェアはいい場所が空いていたし、人はそんなにいなくて、水はぬるくて快適だった。1時間くらい水の中で遊んで帰ってきたよ。
三連休一日目、首都圏で遊ぶのも、やっぱり楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/07/09 中禅寺湖&華厳の滝

Imgp3540
朝から雨。雨音が心地いい。今日は中禅寺湖へ向かう。時間が早いせいか車の少ない高速道路。道路の中央にあ!おサルさん!!中央線にちょこんと座って、のんびりしていた。会えて嬉しかったけど、おサルさん、気をつけてね!Imgp3552いろは坂を登り、中禅寺湖は明るかったので、ひとまず湖畔の神社を見た。そこは男体山の登山道入り口で、とても物々しく、「ひとまず来た」という私を圧迫した。とても荘厳だった。苔むした狛犬が一層雰囲気をかもしていた。
Imgp3571
雨は降っていたけれど、意外と明るくて、写真が取れる。ファミリー向けの白鳥も湖に二羽漕ぎ出していた。中禅寺湖の水はとてもきれいで、お魚が泳いでいるのが見えたよ。湖には、彼が言うように霧のカーテンがずんずん進んできていた。
それから華厳の滝へ。濃霧の中にうっすらと華厳の滝が見える。滝の大きさや岩と緑と配置や色合いが、とても日本らしく、妙に美しく感じた。
Imgp3583_1いろは坂をカーブごとに読み上げある。48で終わり。行きも帰りもすごいカーブ。ブラジルで霧の中ものすごいカーブを経験したことを思い出し、懐かしんでしまった。あの時は、カーステレオが壊れて、私はずーっと歌い続けていた。ブラジルのような思いをすることなく、いろは坂を無事おりて、日光市内へ戻った。Imgp3586
「明治の館」という洋食レストランでランチをとった。デミグラスソースのかかったオムレツライスと蟹クリームコロッケ、そして美味しいと評判のニルバーナというチーズケーキ。どれも美味しかったのに、最後のコーヒーが少し煮立った感じがあり、残念。内装も建物もとても素敵だったのになぁ。ランチだからかな。お土産に湯葉や羊羹を買って、岐路についた。
ディスカバリージャパンな私たちの旅行は、楽しみがいっぱい。行きたいところもまだまだたくさんある。知らない日本をもっと知りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/07/08 日光&鬼怒川温泉

Imgp3398
梅雨が明けてないのに、結構な日差しで目が覚める。鳥の鳴き声が本当に気持ちがいい。静けさのありがたさを
感じずには居られない。静かって贅沢。朝食をとって、9時前には東照宮に到着。宝物殿に入り、「阿吽(あうん)」という日本語がサンスクリット語が語源だと知る。狛犬の口も阿吽。ふむふむ。Imgp3402
逍遥園という庭園をみて、鯉に餌をあげた。餌付けされたふくよかな鯉は、岩に乗っかりそうなくらい、親しげに口をあける。日が差していて、嬉しい。以前買った、つばの大きい白い帽子が活躍しそうな日になりそうだ。
Imgp3403
お寺の前で記念撮影をしている修学旅行生の脇を通り、まずは、三仏堂へ。ここは、密教とかで、仏像を至近距離で見ることが出来る。区切りがないのが密教なのだそうだ。そして、ここには十二支の神様がいて、私の辰年と妹の巳年の神様は同じ、普賢菩薩様だった。一番賢い神様で、象さんに乗っていて、長生きするのだそうだ。<Imgp3421
そして、東照宮へ。馬がいる社には、おサルさん。猿は馬を守るから、猿が施されていて、人の一生が猿となって表されているのだと知った。絢爛豪華な陽明門をくぐり、唐門の昇り龍と降り龍をみて、眠り猫のいる東回廊をくぐって、次は奥宮へ段差のある階段を上る。家康のお墓があって、その脇にはお願い事が叶うという杉があった。階段を下りて、次は薬師堂へ。
Imgp3434
天井に16メートルの龍がいて、頭で拍子を打つと、まぁ不思議。残響が、鈴を転がしたように聞こえる。胴体で打っても駄目なのがまぁ不思議。ここでは御香を買ったのだけど、包み紙に、日光寺輪王寺社会事業部(線香)って書いてあるのには、ちょっと…ね。Imgp3476
小腹がすいて、田楽と煮込みおでんと日光ビールを頂き、輪王寺大猷院へ。偶然人が居なくて、快適。家光が奉られているここもまた重厚感が漂っていた。二荒山神社でお神酒を頂いたところで、雨が一気に降ってきた。つばの大きな帽子もお手上げな雨。落ち着いたところで、日光東照宮宝物館へ。
Imgp3479
彼のお目当ては、関が原の戦いで、家康が着たというお召し物。兜や胴や足につける衣装が展示されていた。更に東照宮は今なら400億円くらいかかるとか、250万人以上の人手がかかるとか学びました。ふむふむ。Imgp3514
車へ戻り、湯波(京都は湯葉だけど、日光では湯波だとか?)そばを食べ、鬼怒川へ。車で40分くらい移動して、町営鬼怒川公園岩風呂へ。500円で露天風呂のある温泉。やっぱり露天だわ~。
温泉から日光に戻り、駅前の日光彫のお店を見て周り、夕食に戻った。
部屋からは雨音が聞こえる。一日しっかり楽しんだ。しっかり遊んでストレスリセット。来週もまた頑張れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/07/07 「思いがけない」だらけ!

Imgp3383_14月末に出張した分の代休を、やっと取れて、ダーリンは有休を使ってお休みして、今日から二人で日光へ旅する。午前中は、洗濯や掃除をして、めだかちゃんに挨拶して、ベルのようなお花にお水をたっぷりあげて、クリーニングを出して、いざ!
東北自動車で日光を目指す。おや?と思い出したのは、前日友達と行った佐野プレミアムアウトレットと同じ道だということ。私はそこでアイスクリームを彼と食べたくて、彼は半袖シャツを買いたいと思ったので、予定変更。まずはアウトレットへ。Imgp3390
私は前回と同じマンゴーアイスにフルーツいっぱいのアイス、彼はストロベリーショートケーキという名前のついたアイス。やっぱり美味しかった~☆
彼はシャツと帽子を買った。彼が一着のワンピースを薦めてくれた。アイスが目的の私は、買う予定がなかったけれど、ひとまず試着したら、涼しげでかわいかったので、購入することに。ところがお会計で、彼が買ってくれたのでした(^-^)嬉しいなぁ☆思いがけないから、とても嬉しかった!ありがとう!16時にアウトレットを出て、さぁいざ日光へ。

Imgp3391食後、お部屋でくつろぎながら、持ってきた雑誌をめくり、ウトウト。平和で快適な時間。ところが突然、彼が銀色のリボンのついた小さい箱をくれた。
!!!思いがけないプレゼントにビックリした。結婚3年記念のプレゼントだという。確かに3年前両家会食の場を設け、私たちは婚約したのが、7月。私は、婚約した日をうっかりすっかり忘れていた(笑)
ダーリン、ありがとう。思いがけないことだらけの一日。ねぇ、ダーリン、りこはね、ダーリンと一緒になってとても幸せなのよ。勢いで私は結婚を決めたけど、その決断が想像以上に作用したって、結婚してから知りました。結婚っていいなぁって思った。りこと一緒になって、ダーリンは大変だと思うけれど、これからもどうぞよろしくね!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006/07/01 ナマモノ購入

Imgp3360_1新しい同居人が増えました。
とはいえ、彼らは集団で水の中に住まうことになっているので、こちらが望まなければ、会うことはありません。ベランダに、鉢を買い、水をはり、そこに水生植物を植え、ビオトープを作りました。浮き草を乗っけ、生物はメダカに決定☆
水鉢に移したときには、天使になっているのもいましたが、他は元気に泳いでいるようです。最初は、人影だけで隠れてしまっためだかちゃんも、数日後には餌がもらえることを知ったらしく、人影でむしろ、水面近くによってきます。意外と人懐こいのねぇ。パートナーが喜んでいました。ただ、名前をつけようにも、区別が出来ず、単体で世話をすることもないので、めだかちゃん達といつも複数形で呼ぶことになるけれど、なんだか嬉しいのでした。うふふ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »