« July 2006 | Main | September 2006 »

2006/08/12 沖縄出張

日帰りで沖縄に行くことになった。以前から予定されていたけど、確定したのは、週の始め。だから今週はものすごく忙しかった。沖縄は国内だけど、結構遠い。しかも通勤電車がすき始めたということは、つまりお休みを取っている人が多いということ。当然今はお盆だものね。
羽田空港は恐ろしいくらい人がいて、眩暈がしそうだった。黒いスーツ姿の私はとても目立っていた。沖縄行きの飛行機は満席。オーバーブッキングで、一万円で次の飛行機にする人を募集していたくらい。
ほとんどがきっとリゾートで、だから声が弾んでた。子供もたくさんいたし、孫をなだめる元気な祖父母の声も大きい。イヤホンを付けて、眠った。

タクシーを拾って仕事先へ向かう。運転手さんが、いろんな話をしてくれる。私はスーツ姿だからか、きっと仕事とわかるから、観光の話はされなかった。私が、プライベートで来たいです、とも話したし。
白髪の運転手さんは、肉の安いスーパーとか、嘉手納基地の計画された綺麗な海とか、昔の景色やヤマモモを塩で漬けた値段が1円だとか、そんな話をしてくれた。
途中コンビニがあった。それをみて、「これが出来から、小さいお店がなくなっってしまった。ここ(コンビニ)には何でもある。だけど、本土の人が食べる早く食べれるものばかりで、わしらが食べるものはないんだ。」
不便になったとは言わなかったけど、彼にとってはそうだろう。その言葉に、ハッとした。
とても響いた。その土地その土地の文化があるのに、便利という言葉でまとめている自分がいる。今日はいい学びがあったなぁと思った。

仕事はうまくいき、とんぼ返りして、20時には家についていた。彼がご飯を炊いて、カレーを温めて、浅漬けを作って待っていてくれた。ダーリン、ありがとう。ダーリンといつか沖縄に、ステーキを食べに行こうと思った。
(写真を撮る気持ちにもなれず、一枚も沖縄の写真がありません・・・)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006/08/06 よく食べよく遊ぶ

Imgp3686美術館に出かけた。乗馬も海も行きたかったけど、今日は美術館に行きたかった。本物を見ると元気が出る。絵が力をくれることがある。逆に力を奪われることもある。
だけど、必要だった。それなのに、ものすごく人が多くて、人を観に行った感じだった。ダーリンは人の多さに驚いた。予想していたけど、私も驚いた。
Imgp3683_1
今日見たのは、若冲という江戸の人。アメリカ人が集め、プライスコレクションとして披露されていた。虎や象を見たことがないのに描いてたりする。だけど、実際みたものは、それはそれは丁寧で美しかった。鯉が川を上る姿もいくつか見た。吉祥図といって、縁起がいいそうだ。
美術館の中のカフェで、白桃シャーベットとゆずが香って上品な味の水羊羹をいただいた。ほかに東京国立博物館の常設展示も観た。こちらは大英博物館並に人がまばらで快適だった。
Imgp3691その後上野公園を散歩し、御徒町を歩いた。大賑わい。掛け声が楽しい☆おなかがすいてきたので、海鮮丼とビールを頼んだ。扇風機しか回らないほぼ外で飲むビールと新鮮な刺身がおいしい。やっぱり美味しい。この雰囲気がいいのだろう。それから、サンマとえびを買った。冷凍の方法を聞いて帰る。果物も買いたかったけど、昨日ぶどうを買ったばかりだし、冷蔵庫にはマンゴーもある。
Imgp3699_1
最寄り駅について、浴衣姿が多い人に気がついた。おや?商店街の電柱に張ってあったポスターで、近所で花火大会があることを知る。7時半ごろ、ベランダから花火が近くに見えて驚いた!いいわねぇ。
ぶどうを口にしながら、ベランダに出て花火を眺めた。いいねぇ、夏☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006/08/05 花火大会

Imgp3671夏バテ気味だった。入社して半年が経った。新しい仕事が増え、定時にどうしても帰れない。帰って食事を作って
眠るだけの生活なのに、蒸し暑さもあってか、とても疲れていた。通勤の長さに電車の遅延も加わってストレスが溜まっていた。
ただ眠りたかった。なのに、午前中は配管取替え工事があり、午後は排水溝清掃作業があった。マンションで決まっていることだから、無視できない。乗馬も行かない、何もしないで居ようと思った。遅く起きたのに、ソファーでまだ眠る。
夕方になり、工事や清掃作業も終わった。私は、たくさん眠って充電されたようだ。パートナーが、板橋の花火大会に行こう!という誘いに、元気に答えた。浴衣を出して、一人で着てみたが、帯がうまくいかない。イライラして、結局気に入ったワンピースで出かけた。
地図がなくても河川敷がどこにあるか分かった。人の並が出来ていたし、少し歩くと空中に夜の花が咲いた。一気にわくわくしてきた。
Imgp3673たこが溢れているたこ焼きを買って、河川敷へ急いだ。きれいきれい。きれいだから、涙が出た。どこが道で、どこに立ち止まっていいのか分からず、警察の多さに驚きながら、適当なところに腰を下ろした。たこ焼きを食べて、彼は三脚を出し、写真を撮ってくれた。ちょっと前にシャッターを押すと、タイミングよく花が開いたときに、写し撮られていた。
ちょっと早めに戻り、乗り換えの駅で降りた。お腹がすいて、のどが渇いていたので、商店街でビールと餃子を食べた。美味しい。
夏バテで、夏イヤモードだったのが、夏を満喫して、夏を自分から楽しむモードに切り替わったのを感じました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »