« October 2006 | Main | December 2006 »

2006/11/19 やっと衣替え

衣替えしようと思って衣装ケースを出したのに、やる気がでなくてそのままにすること一週間。さすがに、寒くなってきたのと、部屋の見苦しさに耐えかねて、気合を入れて衣替えをすることにした。
夏物や薄手の衣類の洗濯は済んでいたし、防虫剤も買ってあったので、意外と簡単だった。これなら、もっと早くにやればよかったなと、反省した。
だって、この一週間、「やらなきゃ」と思っていたのに、やらないでいる自分に軽くストレスを感じていたからねぇ。こんな簡単ならサクサクやっておけばよかったよ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006/11/18 ポルトガル料理

Imgp4726彼の両親に誘われて、ランチに出かけた。お互い場所にちょうどいいのが銀座だったので、銀座のお店を探す。フレンチ、スペイン、ブラジル、東京には何でもあるけど、先週偶然見つけたポルトガル料理に行くことにした。
ブラジルは、ポルトガルの植民地だったから、興味があった。コースで出てきたのは、蛸のカルパッチョ、焼きたてチーズパン、バカリャウ(干したら)のコロッケ、ハムと半熟卵のサラダ、魚介類と豚&鶏の鍋、そしてコーヒー。
チーズパンは、ブラジルでよく食べていたポンヂケージョとおんなじ。コロッケも同じで懐かしかった。
ポルトガルの鍋は、中身を食べた後、スープにご飯を入れてリゾットにしてくれるのだけど、みんな結構おなかがいっぱいで、頑張ったけど、食べきれないほどだった。それにしてもどれも美味しくて、美味しいねぇと言っている間に、時間は瞬く間に過ぎてしまった感じだった。
しかもお土産に、スフレチーズケーキを頂き、嬉しかったのなんの。私はチーズケーキが大好物で、私の母親のチーズケーキも大好きだし、彼のママの作ってくれるスフレチーズケーキも大好き。おうち系のチーズケーキが大好き。その後は、買い物をして帰ってきました。美味しい一日だったー☆満足!満足!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/11/12 お散歩

買い物やクリーニングを終えた夕方。だんだん日が落ちるのが早くなってくるのを感じる。
16時ごろ、お散歩に近くの公園に出かけた。
ウォーキング&ランニングコースがある。彼は、スピードをあげて走っていった。私は、お散歩の予定を返上して、腕を振り、姿勢を正して、ウォーキングにした。ウォーキングにはかなり不似合いな格好だったけれど、支障はなかった。
だんだん体があったまってきた。逆に耳は冷たくなってきたし、指先も冷たいのだけど、体の中からじわ~んとあったかくなってくる。30分くらいして、彼が声をかけてくれた。一緒にストレッチをして、のんびり歩いてお家まで帰った。
だいぶ暗くなってきていて、向こう側に見える空が、紫色と茜色と少し薄い昼間の空の色が入り混じった色をしていた。二人で同じペースで手をつないで歩いて帰った。きれいな空だったね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/11/11 季節の変わり目

Imgp4719雨も降って急に寒くなってきた。こういう日は一日お家に居てもいいけど、お外に出るのも悪くない。のんびり起きて、ダーリンと銀座にお出かけ。
遅いお昼ご飯をして、お互い好きなお店を交互にみる。ダーリンの見たいカメラ屋さんを見た後は、私の見たい伊東屋でクリスマスカード選び。12月は出張だらけだから、早いけど、今から選ばないと。
次のカメラ屋さんのあとは、クリームあんみつや練りきりで一息入れた。うふ、美味しい☆
銀座は雨なのに、人も多かった。ミキモトのクリスマスツリーの点灯式があると聞いていたけれど、寒くてそんなの待っていられない。一日中日差しがないから、寒かった。
こうして秋から冬へと変わる今、風邪を引くことが多い。お家に帰って、イソジンゴロゴロしなくちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/11/06 ブラジルづくし

Img_0866先日サンパウロから一時帰国している友達と会ったけれど、ここのところ連続して、サンパウロからお手紙と小包が届いた。
一人は、60歳の友人で、一緒にブラジルについて勉強した同期。彼女には、うちで育てていたプリマベーラ(ブーゲンビリア)を預けた。彼女はそれに「りこプリ」と名付けたようで、「りこプリが大きくなったので、送ります。見に来てくださいね」という手紙と、大きく育ったプリマベーラと、同期の写真を送ってくれた。他の同期の子供はだいぶ成長していたし、妊婦だった子もママの顔になっていた。懐かしいお友達の今の様子。
小包は、仲良くしていた写真屋のおばさんからだった。ポルトガル語のお手紙と、手編みのネックウォーマーとたくさんのお菓子。ポ語のお手紙は、私には分かる単語は少なく、とても難しく、パートナーに訳してもらう。
大統領選にちなんだ政策の話や、経済の話などもあった。確かにカウンター越しにおばさんといろんなお話をしたことを思い出した。多くは、料理のお話や美味しいもののお話だったけど、たまに教育制度や雇用の話をしたことを思い出した。
いつかブラジルに遊びに行って、みんなに会いに行こう。写真屋さんは、きっとびっくりして、椅子から落ちちゃうかもしれないから、やっぱり「いつ行きます」と書いておいたほうがいいかもしれない、とか、今は予定もないのにそんなことを考えていた。
あいたい人がいる場所が、年を重ねるごとに増えている。それはとても幸運なこと。だけど、それ以上に、そういう人がいる幸運を、心でかみしめる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/11/03 お祝いの音

新卒時代の同期の結婚式の二次会に行ってきた。久々に会う同期だったけれど、一緒にダイビングをしに、大島に泊まりに行ったし、職場が変わってからも、カレーを食べに出かけたこともあった。
入場してきた彼女は、少し疲れた様子だったけれど、笑顔はきれいだった。披露宴に出ていた友達から、そのときの写真を見せてもらった。お色直しのシャンパンゴールドのドレスは、彼女にとても似合っている色だった。

二次会の歓談の際、彼女と写真を撮りたくて、傍に寄ると、「りこちゃん、お帰り!」と言ってくれた。私が「おめでとう!」と言う前に言ってくれた一言に、彼女の人の良さが出る。
ビンゴやクラリネットの生演奏があった。二次会も終盤に差し掛かり、ご主人から、奥様へのメッセージがあった。泣くまいと思ったのに、愛情豊かな彼の言葉に、涙が出た。彼女の結婚に心から嬉しくなり、おめでとう、の拍手が自然と出た。
拍手って、人が奏でる音のひとつ。とても暖かい音に聞こえて、参加者それぞれが「おめでとう」と言っている音だった。本当におめでとう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006/11/01 女友達

20061101202315_1友達と夕食の約束をしていた。久々に定時で上がり、真剣に走って、電車に飛び乗った。
19時に渋谷に集合し、カジュアルフレンチレストラン。プリフィクスで好きなものを選ぶ。前菜、メイン、デザート、カフェに、メインに追加でフォアグラなんぞも頼んだ。メインもデザートも3人でシェアした。
19時から、お店の最後のお客さんになるまで、とにかくずっとしゃべり通していた。おかしくて、笑う。おなかを抱えるほど。新しいお菓子の話や、旅行先の気分よく過ごせたエステやマッサージ、美しい景色の話。お互いの仕事の話、共通の友達の話、最近興味のあるものの話。尽きないおしゃべりは、女の子ならではだと感じる。
レストランのお会計のとき、一人が、打ち出してきたクーポンを出した。全員に焼き菓子のプレゼントとある。マドレーヌ一個くらいと思ったら、カップケーキとクッキーの詰め合わせをそれぞれにくれた。
ラッキー☆うれしいねぇ。なんだか気分がすっきりした。楽しいと、時間は費やされてもリフレッシュになるね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »