« March 2007 | Main | July 2007 »

2007/04/22 みんなそれぞれ

ブログをみた友達がメールをくれる。
みんな、心配だった胎児のことをマタニティライフ振り返って、自分の言葉で話してくれる。サンパウロから、アムステルダムから、アメリカから、関西から、近くに住んでいたって励ましてくれる。それがどんなに嬉しいか、私は伝える手立てがない。
妊婦を楽しめていない私に、同じようだったと言ってくれる友達、シゴトが引継ぎ中心になって、積極的に関われなくなったけど、りこのシゴトの話を読んだら、まだ頑張れると言ってくれた友達、本やマタニティバッジを送ってくれた友達、自分の経験を包み隠さず話してくれるたくさんのお友達、こころから感謝。
私は強がっても、不安でいっぱい。誰がなんと言ってもきっと本人の不安は、本人しか感じられない。
だけど、大丈夫だと思えるのは、同じように不安に思っていたそれぞれの友達の話と、大丈夫と言って抱きしてめてくれるパートナー、出産を過去に経験した女性たちのおかげ。大丈夫だと構えて、笑う妊婦でいれそう。本当にどうもありがとう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007/04/21 よく歩く

Img_0454今日は、九段下の北の丸公園をお散歩した。八重桜がとてもきれいで、シャガやたんぽぽ、小手毬など春の花がいっぱい咲いていた。せっかく九段下に来たんだからと、ラーメン斑鳩に寄ったら、長蛇の列…。悔しいけど、あんなに並ぶのは嫌だったので、サンドイッチにした。

Img_0456

飯田橋まで歩いて、新宿へ。高島屋がグランドリニューアルオープンして最初の週末。予想通りの大混雑だったけれど、ミニライブがあったり、化粧品を買ったら、記念でコットンをもらったり、ココかしこにお花が飾ってあって、きれいだった~!社員も総出でお客様大歓迎ムードなのかなぁ、みんなとても親切だったよ。
ジャズライブは、30分くらい聴いてて、気持ちよかった。「草月いけばな展」をやっていたので、それを見たのだけど、お花、きれいねぇ。華道はやったことがないけど、お花って活けると、また違った顔になって綺麗。流派によるんだろうけど、お花がよそ行きの顔をしている感じがした。
Img_0460
それからやっぱりデパ地下を観にいった。う~ん、楽しいねぇ。でもとにかく人がいっぱいで、一周して断念したけど、「パテシェリア」っていうのに惹かれてたわ。11人くらいのパティシエが選んだケーキが、一堂に並ぶというもの。すごーい!!どうしましょう、ワクワク☆食べる日が来ると思うと楽しみー、うふ♪なんて楽しいんでしょうねぇ。
Img_0469

体調も良かったので、高校の友達に連絡して、お家に遊びに行くことにした。ブラジルにも来てくれたお友達。最近一人暮らしを再び始めた彼女のおうちは、再び神楽坂。独身時代、彼女と夜遊びした後は、よく泊めてもらった。彼女は手際よくロールキャベツを作って、ご馳走してくれた。楽しい話をたくさんして、たくさん笑って、帰ってきた。遊びに来ていた彼氏は、ケーキを買って来てくれたり、妊婦の私を気遣って、帰りは車で家まで送ってくれました。楽しい時間をありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/04/20 食べたいものを食べる

20070416195037
ダーリンが出張だったので、横浜の実家に帰っていた。大好きなものをたくさん食べた。母が作ってくれたニョッキも久々に食べておいしかった。甘いものもたくさん食べた。春の色をした京ういろう、鶴屋吉信の薯預(上用?)饅頭、笹団子!
20070418204546

ハングリータイガーのハンバーグにも行ったし、父は何度か会社の近くで車で拾ってくれて、実家まで一緒に帰ってくれた。私はできたての食事を朝と夜しっかり取り、ふかふかのお布団で眠って、快適な生活をした。ダーリンがいないのは寂しいけど、実家は楽チンで大好きだ。
20070416202255金曜日、父が飲み会だったので、母と外食した。季節の野菜が入った海鮮の塩やきそばを食べた。更に先日両親と食べて以来、感動を覚えた抹茶あんみつを食べに行った。やっぱり美味しいよねぇ。うーん、美味しいなぁ。
母から聞く私や妹の幼少時の話は、ちょっと恥ずかしい。「子供は別人格」と母は言う。そりゃそうだ、と今は思えるけど、そう思えない時があるんだろうな、きっと。
一週間で体重は1キロ増えました。60キロ代突入!20070420194626

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/04/19 蔦のしずく

20070419085247実家でお風呂に入る。お風呂から、外の雨音が聞こえる。心地良い。私はお風呂の電気を消して、窓を開けて入るのが好き。雪の日はそれはそれは気持ちが良い。寒いけれど、気持ちが良い。雨音も同じくらい、快適で気持ちが良いね。
翌朝、おうちの近くの、あけびの蔦に、雨の露が残っていた。きれいだ。本当にきれい。緑のくねっとした蔦もきれいだ。数日前の夜、電灯に照らされた同じ蔦の、雨のしずくをみた。それもきれいだった。暗い中に電灯の光だけで、輝くしずくも美しかった。しずくの粒の形も大きさも、蔦に並ぶ配列も、どれもとてもきれい。自然が作り出すものに勝るものはないと感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/04/18 稀な存在

私の会社は女性が多いのに、妊婦も既婚者も少ない。独身か過去に結婚していた人ばかり。結婚していても子供の居ない方も多い。

少しずつトイレが近くなってきて、トイレに行く度に他部署の人に、「何ヶ月ですか?」「性別は?」「予定日は?」と声をかけられる。帰り際、トイレに同じグループの派遣さんが偶然集まっていた。何かの話の流れで「お腹が出てきて、おととしの盲腸の傷が伸びそうだ」という話をしていた。盲腸の傷、見てみる?というと派遣さんが大きく頷く。ついでにお腹を見せると、「わあぁ」と歓声が上がる。ちっちゃくなったオヘソを「きゃぁぁ☆かわいぃい」という。

盲腸の傷より、オヘソと大きなお腹に、きゃっきゃっと騒いで、かわいいねぇ☆と話している派遣さんを見て、不思議な気持ちになった。
この腹、どこか可愛いんだろうか・・・。おへそは、おまんじゅうにツメで×を作ったみたいになってきてるし…。日々重くなる体に、私はダーリンに苦しさを訴える。ベットで天井を向いて寝ると、圧迫されて気持ち悪くなるし、足はつるし、早足すると動悸が激しくなるし、通れると思ったところに挟まりそうになったり、パンくずはお腹の上に落ちるし、本当に不便が多いのだ。
ダーリンに「重いから、お腹あげるよー」と言うと、「いいよー」と言う。本当にたまには替わってほしいなぁと思うわ。
妊婦のお腹は可愛いのか、ふーん。ま、ブサイクと言われるよりは、当然ずっーと嬉しいけどね(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/04/17 ハングリータイガー

Photoハングリータイガーを知っている人は、横浜に住んでいたとか、遊びに来たことのある人だ。昔はCIALのレストラン街にもあったけど、O-157が出てから無くなった。地元のハンバーグステーキハウスが、ハングリータイガー。みんな知ってるお店だと思ったけれど、何かでその話をしたら、誰も知らなくて、その時に気がついたローカルなお店だと知った。

Img_0438今日は、両親と一緒にハングリータイガーに行った。ここは車でしかこれない場所なのに、平日にもかかわらず待っている人がいるお店。久しぶりに訪れて、変わらないお店に嬉しくなった。なぜかトーテムポールがあり、天井はぐんと高い。父はフィレステーキ、母と私は牛肉だけのハンバーグを頼んだ。焼きたてが運ばれてきて、紙ナプキンを少し上げて、ソースをかけてもらう。じゅうじゅうジュージュー。うふ、美味しい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007/04/14 転院

Imgp5575ダーリンと産院に行く。待つ時間を少なくするために、診察開始の30分前に待っていた。一番で呼ばれて、検診を受けた。「転院をお薦めします。これまで見てきたけど、羊水のスペース、この間はあったのに、また無くなっちゃったし、私の長年の経験から転院したほうがいいです」と。「胎児は元気に健康に育っていますから、安心してください。ここでは心配だから、安全のための転院です」とも言った。
この産院に来た当初はこの先生でいいかな、って思っていたけど、色々話していく中で、この先生にお願いしたいと思っていたから、それが寂しかった。貧血も少しあって、鉄剤と紹介状をもらった。

紹介状を貰った先は、大きな総合医療センターで、同じ市内にあるが歩いていくことはできない。今日は開いていないので、日を改めることにした。天気がとても良かったので、帽子を取りに帰り、医療センターを外観を見てから、近くの大きな公園に行ってみることにした。

Imgp5582その公園は、鯉のぼりが泳いでいて、お花がきれいに咲いていた。おたまじゃくしも元気に泳いでいた。おたまじゃくしもニョロニョロしてる。とても気持ちよくて、ダーリンとお散歩した。気持ちよく晴れていて、気温はとても高く、私はパピコみたいなアイスを食べた。


夜、泣いた。ダーリンは、「大丈夫だよ」といって、ぎゅぅってしてくれた。
私がどうして「申し訳ない」と思ったのか分からない。誰のせいでもないのに、そう思ったことは、ダーリンが立ち会い出産を望んでいたのに、それを多分かなえあげられないことだ。逆子も直らないし、羊水もこのまま増えなければ、私は帝王切開で、予定日より早く取り出すことになる。ダーリンに悪かった。
Imgp5588だけど、もともと楽天家の私は、いいほうに考えることにした。昔は逆子だって自然分娩で産んでたし、羊水過少なんて、超音波検診ができるようになってからのことだし、きっとお産はそれぞれ違う。
今は医療が発達して、母子ともに安全で産めるようになったから、私はきっと大丈夫。ニョロだって、きっと大丈夫。おととしの盲腸炎の傷に加えて、今回は2本目か。う~ん。だけど、ビキニ着るんだもん!ブラジル人みたいにビキニ着るんだもん!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007/04/09 代休を取っても

20070409101758代休を取った。週末の分の掃除と洗濯をした。週末の分の逆子チェックのため、産院へ向かった。途中、散っている桜をみながら川沿いを歩くと、バシャバシャと音がした。でかい黒い鯉が、恋の時期らしく、川のあちこちでバシャバシャやっていた。

産院で先生が「この時期にはそろそろ直っていてほしいんだけどなぁ、まだ逆子だよ」という。助産士さんは私の腹に向かって「おーい、足はこっちだぞ」と声をかけていた。私もメガホンを作って、やってみようかと思った。羊水は、羊水のスペースが増えていた。わずかだけれど、増えていた。良かった~。
「地味にお水をたくさん飲んでいます」というと「ぢゃあ続けてみてね」という。よし、頑張るぞ!20070409103258それから銀行へ行ったり、ドコモショップへ行ったり、忙しかった~。あっという間に夜になってしまったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/04/06_08 精神的な健康

イベントの前日からリハーサルがあり、会場で仕事をする。この緊張感がいい。みんなで作り上げる感じも好き。生徒会をやっていたからなのか、性格なのか、こういうの大好きだ。

気分がグングン高まった。当日、妊婦で走れないから、入念にシゴトをチェックする。確認も何度もやって、ばっちり!それでも相手のあることなので、最後の最後が大変だった。それでも本番に穴を開けることなく、成功できた。良かったよー!!
リーダーにも上司にも褒められて、「明日体調がよければ来てもいいよ」と言われた。やったー!!おかげで、翌日はメインで動いて、無事に終了できた。

自分のシゴト、やり遂げた(^-^) 足はパンパン、体はものすごく疲れている。だけど、ココロが健康だ。
この充実感、ニョロ、分かるよねぇ?気持ちが満たされている。いい気分!
お家に帰って、ダーリンにただいま、を言う。
ダーリンはベランダをキレイにしてくれていた。ピンクや白のお花を植えて、金魚鉢もきれいにして、メダカ王にお友達を連れてきてくれていた。うふふ、ダーリン、ありがとう。ダーリンが居るから、私は私のままでいつも居られる。とても幸せ。ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/04/03 悔しさ

金曜日から年に一度の会社主催の大きなイベントの仕事があった。妊娠が分かってから振られた業務は、以前より楽になっていた。それはそれで不服だったけれど、突然迷惑をかける可能性も否定できず、与えられた仕事をもれないように進めていた。
ところが3日前、イベントに来なくて良い、と上司から言われた。あまりのショックに声が出ない。羊水過少の話を受けての措置だというが、納得できない。くってかかった。「妊婦イジメですか?私が軽業務を請求してないのに、配置転換なんて、訴えますよ!!」しかし、パートナーと相談するように言われた。
悔しかった。ものすごく悔しかった。ニョロには悪いけど、ニョロのせいにした。体調も整えて、万全の体制で臨んでるのに、3日前に…ヒドイよ。
言われた後の帰りの電車は、席にも座れず、静かに泣いた。夕食をしてパートナーにその話をしながら、悔しくて、激しく泣いた。試験前に自分で勉強して完璧に作り上げたノートを、テストの直前で取り上げられて、その成果を誰かに持っていかれる感じだと話すと、彼は、無理しないことを前提に、イベントに参加したらいい、と言ってくれた。

翌日上司に話した。更にプロジェクトチームでのリーダーに訴えた。リーダーもショックだったらしく、動いてくれた。それもあって、イベントの1日目は参加可能となり、2日目のための引継ぎも現場でやることになった。2日前に突然引継ぎをするのは、かなり大変だったので、上司も納得したようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/04/01 さくら、桜

Img_0179じっとしていれば、ニョロの動きが分かる。「1時間に一度は動くことを確かめて下さい」と助産士さんに言われたけれど、仕事中や平日の昼間は難しい。昨日からは、ダーリンにも動くたびに伝えた。
不在票があったので、中央郵便局に荷物を取りに行くと、ブラジルのお友達からの小包だった。わざわざサンパウロで開催された「マタニティフェア」に行って探してくれたと言う。日本には実用的なものが多いからと言って、それでもかわいい日本っぽい仕様のベビー服と、ブラジルで配る「出産祝いのお返しグッズ」を送ってくれた。この「お返しグッズ」は、私がブラジルに居た時に欲しがった。その時彼女は「りこちゃんが妊娠したら買ってあげるからね」と言ってくれた。きっとそれを覚えていてくれたのだろう。嬉しかった。
Img_0172
今日は気温が高く、地元の公園をお散歩して、桜を見て回った。両家両親からは、お花見に行ったと携帯メールがあった。みんな桜を楽しんでいる。そして、ニョロのことも楽しみにしている。
次の土日は、仕事で出張だ。それは外せないけれど、平日は無理やり定時で帰ろうと思う。そう意気込んだ私に、パートナーがアドバイスをする。「定時に帰るために、必死に仕事をしないでね」と。う~。なかなか大変そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/03/31 羊水過少の傾向

Img_0135一ヶ月に一度の定期健診とは別に、逆子チェックのため、今週末も産院へ向かった。
超音波を当てて、先生が「うーん、変わってないねぇ」と言う。その途端、毎晩繰り返されてきた逆子体操のユーウツが私の中に広がった。お風呂の前に薬を飲めればいいけれど、血行が良くなりすぎることもあり、お風呂の後に飲むように言われている。結局1時間くらいは毎日逆子体操に時間を費やしていて、ただでさえ平日は慌しく生活しているのに、それが続くと思うと辛かった。
だけど、その後に先生は「羊水が増えていないですねぇ、だから胎児が動きづらいんですよ。困っちゃったなぁ」と言う。困っちゃうのは私だけどなぁと思ったけれど、先生によると、一週間で殆ど羊水が増えていないのは良くないらしい。。Img_0148
羊水たっぷりの中で胎児は動き回る。動いている間に関節を動かして、丈夫になるとか。だから、今のままだとこの産院では産なくて、総合病院へ移らなくちゃいけないそうだ。生まれてすぐは保育器みたいな装置にはいらないといけないらしい。羊水過多だと抜くことも出来るそうだけど、羊水過少は手を打てないという。先生は「健康的な生活をしてください」とアドバイスをくれた。平日の私には最も難しいことだわ。
先生の一番下の子供も羊水過少で生まれたそうだ。体は小さく、幼稚園で並ぶと一番前だと教えてくれた。

Img_0171家に帰って、パートナーがネットを調べてくれた。子供が生まれもって異常があって、腎臓機能が低下していたり、死産してしまうケースもあった。逆に、無事に生まれて育っているケースもある。自分がどっちになるのか分からないけれど、気持ちは暗くなってしまった。自分を責めてしまうけれど、できることしか出来ない。

気分転換に、パートナーとステーキを食べに行った。それからお花見に行った。上野公園や不忍池の桜を今年は見ることにしたのだけど、凄い人。だけど、桜はキレイだった。ものすごく綺麗で嬉しかった。アイスクリームも美味しかった。
いろんな経験が人生をきっと豊かにしていくんだろうと思う。それが生きていくことなんだろうねぇ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007/03/24 逆子

Imgp5547パートナーの出張があって、一週間遅くなったけれど、一緒に行きたかったので、妊婦の定期健診に行った。体重は鰻上り…はぁ。血圧は下がる一方。今日は性別が分かるかとわくわくしていたけれど、逆子のため、肝心なところが見えない。他には、羊水が少ないということだけ分かり、性別は分からなかった。
逆子体操の指導を受けたけれど、かなり苦しい。ものの本によれば30週まで様子見でも大丈夫とあるけれど、26週の今からやっておけば、更に良さそうな気がした。
夜、お風呂から出て、張り止めの薬を飲む。30分のタイマーをつけて、効いてきたところで体操開始。肩幅に広げて膝立ちし、そのまま肩を付けるように腰を折る。膝の角度は90度。その姿勢を15-20分保つ。かなりきつくて、うめいてしまう。パートナーは背中をさすってくれるけど、苦しくて唸ってしまう。それから、指示された方向にドスンと倒れ、更に15-20分そのままを維持する。ふへー。今日から一週間、頑張りぞ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | July 2007 »