« August 2007 | Main | October 2007 »

2007/09/30 わさび豆

Dsc_0175母乳のせいで、食欲はほぼ2倍近くになっている私。卒乳(おっぱいを止める時のこと。昔は断乳と言ったらしい)したとき、胃袋はついていけるかしら。
乳腺炎になりたくないので、できるだけクリーム系は控えているのだけれど、あんこ系なら良いそうなので、水羊羹を作ってみた。
先日のお月見団子をあんこで食べようと、小豆を探したが、国産小豆は売り切れだったのだ。それで出来合いの餡子を買ったら、そのパッケージに、水羊羹の作り方が書いてあったので、作ってみた。とっても簡単♪粉寒天を溶かしたお湯に、餡子とお塩ちょっぴりを混ぜるだけなのだもの。
そしてここ最近のお気に入りは、妹が買ってきてくれた「わさび豆」。妹がご主人の実家に行くときに偶然見つけたお店だけれど、明治20年創業の歴史のある豆屋さん(石井いり豆店@文京区西片)だった。とてもおいしい。ダーリンは、あまりのワサビに「これって体に悪いんぢゃない?」とむせながら言ったほど。でもこれが、おいしいんだなぁ。ビールにきっと合うに違いないけれど、麦茶にも緑茶にも合う。豆好きの私だし、今度お店に是非行ってみたいなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/29 疲れがウナギノボリ

今日はいつもとは逆の方向にあるショッピングセンターに行った。キコと一緒に来るのは初めて。いつもはイオンが入っているショッピングセンターなのだけれど、こちらはヨーカドー。
まずは輸入食材を扱うお店で、お買い得のキャンベルのスープとパスタ、スキッピーを買った。それからペットショップをみたりして、お昼ご飯をとった。
先日母と妹とオーガニックレストランのブッフェ@銀座に行ったのだけれど、そんな感じで、ブッフェが在ったので、ダーリンと入ってみた。しかーし、美味しくない…。私はグルメではないけれど、美味しくないの。どうしてかしら。それは彼も同じで、二人で悲しくなってしまって、箸が進まなくなった。それでもデザートまで一通り味見をしたのだけど、イマイチすぎた。私も彼も、せっかくの週末のランチがイマイチなのがショックで、疲れがどどーんと押し寄せた。
しかもスーパーとしては、私はヨーカドーが好きではない。以前の仕事で、あるプロジェクトに協力を求めた際、イオンと西友は好意的だったのに、ヨーカドーは最悪だった。担当者の態度が悪かった。たったそれだけだけれど、私はイオンや西友を贔屓にしている。でも、いつも買っている商品は、どれもイオンのほうが安かったし、プライベートブランドもイオンのほうが充実していた。トマトは柔らかすぎていたし、大根の張りもなかった。
おかげで疲れはウナギノボリ。
帰り際、美味しそうな秋のタルトを見つけて買い求めました。今日一日の終わりには、美味しいタルトと紅茶で一息。口にするものって大事よね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/28 必要な外出

Dsc_0161外出すると、結構疲れる。キコと一緒だから、エレベーターやエスカレーターを探したり、オムツやおっぱいもあるから、疲れるのは当然。電車では眠れないし、だいたい誰かが話しかけてくることもあって、携帯すらいじれないこともある。だから、気軽な外出は意外と難しい。
でも、かといってお家にいると、私はストレスを感じて、イライラが募る。ダーリンが驚くほど、私は家にずっといるとストレスを感じて、顔が曇る。逆にお出かけすると、体は疲れているのに、心は晴れやかで、元気いっぱいだ。そこで予定を作って、友達と会うことにしている。
今日は高校時代の友達が、海外旅行のお土産があるというので会うことになった。彼女が定時で上がり、すぐに会えて、私も移動が少ない場所ということで、品川駅中のエキュートにした。カレー&ナンが食べたかったので、お互い違う味にしてシェアした。友達と話すのは、いろんなこと。旅行先のバリの話、ホテルの話から、私の母性本能スイッチや病気の話、誰が今どうしているとか、公共料金の話など。おしゃべりは楽しい。Dsc_0162
そのあとお茶をしたところで、彼女の彼氏が来て合流。電車で乗り換えるまでの間、ずっと抱いてあやしてくれていました。キコは、途中げっぷをしたくて激しく泣いたものの、それ以外はやっぱりいい子にしてくれて、本当に助かりました。みんな、ありがとう♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007/09/27 迷子

Dsc_0153暇だけれど、何にもしたくない日がある。暇といっても、キコとの一対一の生活はあるし、一応家事はする。出かけるときだけ紙オムツだったけれど、布オムツは疲れるので、紙おむつをおうちでも併用する日々。今日は気分もいいし、夜つけた紙オムツを外して、布オムツに取り替えた途端に、ウンチぶりぶり。思わず、笑ってしまう。
無理していると気がつかないが、周りから見ると無理をすることが多いらしい。意識して無理をしないようにしないと、キコにしわ寄せがいってしまうからね。

午後、お昼寝すらできない気分だったのと、明日出す粗大ゴミのシールを買わなくては行けなかったので、お散歩することにした。他にちょっと気に入っているお菓子屋を覗く計画にした。
ちょうどうちは市境なので、すぐ近くのコンビニでは取り扱っていなかった。そこで駅のほうまで行かなくてはいけなかった。行きはヨイヨイ、帰りはお菓子屋さんに寄ろうと思って、頭の地図で歩き始めた。キムチが並ぶ韓国食材店や小さいワイン屋さん、天然酵母のパン教室、自然食品のお店、ランチしてみたいフレンチレストランを発見♪ワクワク楽しくなった。ところが、頭の地図は不正確で、色んな道を行ったり来たり。疲れ始めた頃、車で来たとき目印にしていたレンタルショップを発見!無事にケーキ屋に辿り着きました。マドレーヌを買って、今度は家を目指して歩き始めた。家のそばには大きな公園があるので分かり易かった。

迷子は楽しい。昔、モスクワに一人旅をしたとき、ガイドブックを見ながらだと襲われるだろうと思って、本をチラッとみて、地図を叩き込んで、目的地を目指した。記憶に集中しても、目にどんどん飛び込んでくる新しい景色に気を取られることも多い。時に迷子は楽しい。遺伝子にある動物っぽい感覚が、オートで働き出していることに気がつく。そしてあっという間に土地勘はつかめて、楽しくなってくる。居心地のいい公園や建物を見つけ、自分の居場所を作って、何時間でもそこにいる。久々の迷子、楽しかったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/25 お月見

Dsc_0150実家にいた時は、結構季節の行事があった。何より楽しみなのは、そのときにだけ食べれる甘いものだった。冬至の小豆かぼちゃ、端午の節句のゆべし、十五夜の月見団子など。母は会社員だったけれど、よく作ってくれた。私は会社員だけれど、家事と仕事でそれ以上のことは出来なかった。今はちょうどいい機会。気分もいいし、朝の天気予報で、今日はお月様がよく見えるというし、月見団子を作ってみようと思った。そして、助産所でおっぱいマッサージを受けた後、八百屋とお花屋さんに寄った。
Dsc_0140日が落ちてから、何度となくベランダに降りた。月はとてもきれいで左側から右側へ移動する。ゆでた栗、柿とりんごと梨を飾って、花瓶にすすきとリンドウを活けた。色が秋だ。キャンドルも点けてみる。炎の色は暖かくて優しい。
キコは夕食時によく泣くけれど、今日は団子を作っていて、忙しい。団子をこねたり、丸めつつ、「う~さぎ、うさぎ、何見て跳ねる♪」と何度も繰り返し歌いながら、作業をしていた。お団子は、キコのほっぺみたいに気持ちがいい。
彼が帰ってきて、お月見団子を飾ったが、これがうまくいかない。手作り団子は大きさが不ぞろいなのも理由だろうけど、8個→4個→2個→1個とお団子を重ねるのがうまくいかなず私はどんどん不機嫌になる。疲れている彼も、私に付き合って、飾ろうと努めてくれた。
お月様のお下がりをした後は、みたらしにして美味しく食べた。小さいイベントだけど無事終わって、私の機嫌は回復。お餅は乳腺が詰まる原因になるのだけど、今日は助産所で少しならいいですよ、といわれて、作ったのだった。
疲れていたけれど、私のイベントに付き合ってくれたダーリン、ありがとう。いつもずっと愛している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/23 一日イケア

Dsc_0128今日はKIKOのたんすを買いに、船橋のイケアに出かけた。連休中日で、どこも渋滞。行くまでに疲れてしまったので、到着してまずはホットドックで小腹を満たした。
2階を一周して、目星をつけて、お茶をした。1階でたんすの材料置き場で、再度考える。二人であーでもない、こーでもないと1時間近く話して、それぞれ考えた。その間、彼は偶然、高校の同窓生と会い、久々の再会を喜び合っていた。キコは静かだったし、泣いても、子連れの多いイケアでは全く問題なかった。
Dsc_0129結局白い3段のたんすを購入した。それを車に積んだら、既に6時過ぎ。同じ2階のレストランで、スウェーデン料理を夕食にした。トマトとナスの重ね焼きとミートボール、そしてサラダとスープとパン。胃袋が満たされて、今日の買い物も終えた満足感で一杯になった。お店はだいぶ空いてきていたので、もう一周した。
お家に着いたのは22時近く。キコもダーリンも私もお疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/22 すごいやつ

Dsc_0122彼が一週間の出張から無事に帰ってきた。キコは「I love Daddy」という刺繍のついたTシャツを着てお出迎えした。
彼が出張中に頼んでおいた掃除機が届いていたけれど、そのままにしていた私。今までの掃除機は、実は彼が独身時代に使っていたIt'sシリーズのスティック型。10年以上は使っていたそうだ。私は掃除機は吸えば良いと思っていたので、そのまま使っていた。
彼はシャワーをして食事を終えると、すぐに箱を開けた。楽しそう☆そして早速家中、掃除機をかけてくれた。その効果は…びっくり仰天!彼が帰ってくる前に私は掃除機をかけていたのに、ゴミが大量に溜まっているのが見えた。うひょ~!
彼は吸い取ったゴミが見えるのが楽しくて、他の部屋もかけてくれたお陰で、家の中がとてもきれいになった。溜まっていたゴミが見えるから、きれいになったと思うのだ。それに、掃除機をかけたところを歩いて、更にびっくり。
なんと床が、雑巾がけをしたみたいなスッキリ感がある。いやほんと、凄いやつだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/20 横浜

Dsc_0109突然の入院以来、5ヶ月ぶりに職場を訪れた。外資系だからか、業界の性質なのか、4分の1くらいのスタッフが入れ替わっていた。自分の部署で挨拶をしている間に、他の部署の人がどんどん集まり、キコは人気の的。うちは女性スタッフの多い職場で、キコは当然ながら最年少。抱かれて、KISSされて、手足を触られて、もう大変な歓迎ぶりだった。キコは静かで、ぐずることなく、たまにチラと笑顔を見せて、あっという間にアイドルになっていた。各部署を回っていたので、3時間近く居たことになる。彼女はどこでも歓迎されていたし、私は「いつ戻ってくるの?」といろんな方々に聞かれて、嬉しかった。待ってもらえるのは有り難い。

午後は、高校の友達とお茶をした。友達というのは、久しぶりに会っても、会話が普通に弾むから楽しい。お互い母親になっていて、会話の内容も変わったけれど、会話に幅が出来て、あっという間に感じるほど楽しかった~。
私は乳腺炎が気になり、ケーキセットは慎重にセレクト。横浜LUMINE限定の青汁を使ったヘルシーデザートにしてみました。さっぱりで美味しかったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/19 3ヶ月!

Dsc_0101キコは今日で3ヶ月。用事があって家に来た妹にも一緒に、近くのショッピングセンターの赤ちゃん休憩室で計測した。体重は、6200グラムとほぼ2倍、身長は61センチでプラス10センチという3ヶ月の成長の目安どおりだった。外出用に買っている紙おむつも新生児用からSサイズになり、成長を感じている。
ショッピングセンターの中で偶然、大学の友達会った。彼女は日系ベネズエラ人。彼女の結婚式以来、年賀状のやり取りだけあって、彼女が同じ市に住んでいるのは知っていた。でも、なかなか会う機会を持っていなかった。久しぶりだけれど、お互い変わっていなくて嬉しかった。5歳になる息子のお迎えがあるからとすぐに別れたけれど、英語とスペイン語を教え、幼稚園の役員をやっているそうだ。相変わらずパワフルな彼女との再会は嬉しかった。
ショッピングセンターで配っていた風船。いつもは私が欲しくて貰いに行くのに、着ぐるみの犬がキコに青い風船を持って来てくれた。キコは風船を凝視して、揺れる方向にあわせて、視線をゆ~らゆら。おうちでも、じーっゆ~らゆら。かわいいね、キコりん♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/18 地域とつながる

Dsc_0087今日も助産所に行った。行きのタクシーの運転手さんは毎回違うけれど、毎回子供の話になって面白い。
早めについて案内された部屋には育児書や絵本の本棚で、タイトルを見ているだけでも楽しかった。助産所では、左のしこりを取ってもらっても、まだ残る。また今週中に来ることになった。私は乳腺炎だったようだ。
キコがおっぱいを飲んでいる間、私の次におっぱいマッサージを受けている方の赤ちゃんを助産師さんが抱いてきた。名前はあっくん。あっくんは、キコより半年お兄さんだけど、まだ首が据わっていなくて体も小さい。小さく生まれたそうだ。でも、お目目が大きくて、すごく可愛かった。
「かわいいねぇ」を連発すると、キコがおっぱいのチュッチュッと音を立て始めた。助産師さんが、キコの口からおっぱいを外した。この音が出るときは、空気を一緒に飲んでしまっているそうだ。そうすると、おならやげっぷが出てしまう。へぇ!ホメオパシーの話や入院の話、仕事復帰後、3ヵ月後くらいで乳腺炎になるケースがある場合などを話してくれた。摺れた乳輪に塗る蜜蝋のクリームやレメディも頂き、値段は乳房管理の値段だけ。そういうものなのかしらねぇ。

バスがちょうど来たので、最寄り駅行きのバスに乗った。どういう経路か分からないけれど、終点迄行ってもいいのだから、大丈夫だ。バスに乗って、街を見ながら、きっとココはあの道と通じてるとか想像しながら乗ると楽しい。知らない道はワクワクする。バスから降りて、八百屋で買い物をした。お店のおばあさんやお客さんが、キコをみて話をしてくる。産んだ病院、今日行った助産所、共通の分かる話題があるのは面白い。街を好きになるときって、こういう時だね。そう、地域とつながったとき。育児は地域とつながっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/16 おっぱいマッサージ

夜、キコはだいぶおっぱいを飲んでくれた。おかげでだいぶ楽になっていた。朝7時に助産所を訪れて、おっぱいマッサージ。昨日よりずっといい。
私は、おっぱいがだいぶ作られてしまうらしい。だからアイスノンで脇の下を冷やすことになった。生成を抑える働きがあるそうだ。
左胸はだいぶ良くなっていても、まだしこっていた。マッサージを始めて30分くらいしたときに、針をさしてもらった。2,3回刺したところで、詰まっていた乳腺が貫通した。濃い黄色の古いおっぱいがブツッブツッと出てきた。しばらくそこから濃い黄色のおっぱいが出てきていた。
一時間のマッサージで、右はふわふわのおっぱいになり、左も殆どそれに近かった。ただし、乳輪はマッサージで摺れてしまった。その傷が痛いけれど、本当に楽になった。あともう一度通って、今回はおしまいになる。あぁほんと、よかった。
助産婦さんは、市がやっている赤ちゃんサロンのパンフレットをくれたり、離乳食の話を教えてくれた。地域デビューしなくちゃね。

| | Comments (131) | TrackBack (0)

2007/09/15 おっぱいトラブル

朝から胸が張る。おっぱいが出すぎて、パジャマが濡れている。最近、キコはよく寝てくれるのは嬉しいのだけれど、私の体は彼女のおっぱいを欲しがるペースについていってない。
以前も似たようなことがあった。そのときを思い出したけれど、特に左のおっぱいは、みるみるうちに岩のようになってきた。自分の手で搾乳してみたけれど、痛いし、全然出ない。キコは左を飲んでくれない。午後になると、痛くて、何も出来ないくらいになっていた。かといって、横になっていても、体勢を変えられないほど痛い。
最初に通っていた個人産院に電話をかけたけれど、今日は土曜日。もう電話には出てもらえなかった。クレジットカードの24時間医療サポートに初めて電話をした。女性が出て、アドバイスしてくれた。
電話を耳に挟みながら、アドバイスどおりにしようとしたが、痛くて出来ない。私の上ずった声が痛みを伝えたようで「かなり酷いですね。助産所に行って下さい。」といい、住まいの近くの助産所の電話番号を教えてくれた。
すぐに電話して、事情を話すと、17時半に来れますか?と言われた。それまでは、タオルを冷やしておっぱいに当てていた。ダーリンが、名前から助産所をネットで検索してくれた。助産所は3kmくらいのところにあった。
キコが泣くと、痛みが増す。おっぱいが痛くて、抱くことも出来ない。助産所に向かう車の中で、泣く彼女に、私も泣いてしまった。
助産所の中は、いい匂いがしていた。仰向けになっておっぱい見せると、これは痛いねぇと言う。砂糖粒のレメディ(ホメオパシーという自然治癒力をUPさせる治療法での薬のようなもの)で、張りを抑えるものやリラックスするものを舐めながら、暖かいタオルを当てて、オイルを塗ったマッサージが始まった。
とにかく詰まった乳腺を貫通させなくてはならない。乳腺から、ためておくポンプのある乳輪あたり、そして、乳首からおっぱいを出す。右はピュッピュッとおっぱいが出てくる。左はチロチロとしか出てこないけれど、やはりプロ。そのうち、ちゃんと出てきた。
原因は、多分食事。乳製品やお肉など脂の多いものは、粒子が大きくて、細い乳腺に詰まりやすいそうだ。他に睡眠不足、ストレスなどおっぱいはお母さんの健康のバロメーターらしい。左はとにかく痛い。歯を食いしばったり、タオルを握り締めたり、声を出して痛みをこらえた。キコはダーリンにあやされながら眠っていた。
マッサージ中、助産婦さんに色々質問した。ネットにも色んな情報があって混乱する。育児本も病院と違うことが書いてある。
左胸の下半分を終えたのは19時近かった。サトイモ湿布をもらい、レメディももらって、明日の約束をして帰った。痛みは残るけれど、だいぶ楽になった。あとはとにかくキコに飲んでもらうことだ。

夜中、ベットでダーリンと話した。彼は家で仕事をしようと思っていたけれど、私の調子が悪いのを察してか、キコはよく泣き、彼があやしていた。結局仕事が出来なかった彼は、それでも「今日の助産所での経験はいい勉強になった」と話してくれた。私は自己管理をもう少ししっかりすると話した。ダーリン、ありがとう。結婚して、あなたがいてくれて本当に良かった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007/09/14 上野公園

Dsc_0043今日は大学時代の友達と会った。一ヵ月後が予定日で、今週から産前休暇に入った彼女。当然だけど、お腹は大きくなっていた。一緒にタイレストランでランチをして、上野公園をお散歩。噴水の前のベンチで座って喋っていると、おじいさんが寄ってきた。
おじいさんは71歳で、戦争孤児、戸籍がないそうだ。両親も死んでいたという。日本語を訛りなく話せることで日本人であるという証明はある。しかし戸籍がなければ、住民票も作れない、家も借りれない、結婚も出来ないから、子供も出来ない。だから私を羨ましいという。そして、こんな小さい子供を見るとぎゅうと抱きしめたくなると言う。
さすがに「首が据わってないので抱かせられない」と断った。見ず知らずの人に抱かせて、走って逃げられたら大変だと感じたからだ。戸籍がないから何にもないという彼に、「71歳でとても健康そうぢゃないですか」と言った。「両親が健康に産んでくれたのは感謝している」と話してくれた。おじいさんは「変なことをいってごめん」と言ってトボトボ歩いて去って行く。私は、そのおじいさんの背中を見て、抱かせてあげなくても、キコの手くらい触ってもらっても良かったのでは?と思った。
戸籍がないなんて、今まで一度も考えたことなかったから「色々教えてくださりありがとうございました」とお礼を言った。
妊婦の彼女と公園を歩きながら、子供は天国で親を選んでくるという話をした。あのおじいさんも、私も、妊婦の彼女も、キコも、親を選んで生まれてきて、この地上で生きている。そして彼女の子供は、まさにこれから生まれようとしているんだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/12 温もり

昨日妹と電車で銀座から帰る時に、温泉旅行帰りという老夫婦が隣に座った。バギーのキコを身を乗り出して見ながら、彼らは話しかけてきた。おじいさんは「可愛いねぇ、握ってくれるかい?ご利益ご利益」と手をキコに差し出した。おばあさんは、「アンタ手が汚いからやめなよ」という。確かにどこの方かも分からないしと思ったが、そう言ってくれるのは嬉しくて、「いいですよ」といった。
生まれて3ヶ月弱のキコと70年以上生きたおじいさん。ふとツナガル人のぬくもり。キコは赤ちゃんなので、手に触れるものは握る。おじいさんの指をぎゅぅっと握った。
彼らには三人の子供が居るといっていたし、奈良県出身の奥さんはわずか3時間での早いお産だったこと、結婚した当時は四畳半に住んでいたことなど、話してくれた。有楽町からうちまでの駅、いつもは長いのに、今日はずいぶん短かった。
赤ちゃんがくれるものは、たくさんの温かさ。人のぬくもり。そしてそれを自然に受け入れられる自分の存在。不思議ねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/11 銀座

Dsc_0002有楽町まで電車で一本で行けるのに、今日はやっとキコを銀座デビューさせた。私も入院していたので、久々の銀座。母と妹と待ち合わせしての、ランチ。11時の開店と同時に入った。
有機野菜を使ったブッフェのレストラン。妹が印刷してくれたクーポンのおかげで、時間は無制限になった。母乳のおかげで、食欲は2倍近くあり、それだけ食べてもキコが飲んでくれるので、体重は元のまま(体型はやはり骨盤が広がった感が否めないけど)。うふ。
妹もビックリするほど、絶対に元を取れたと思うほど、食べれてしまった。我ながら自分の食べっぷりに感心した。いや~ほんと、美味しくよく食べました☆玄米、有機野菜のお惣菜、寒天のデザート、ノンカフェインの黒豆茶など安心して口に出来るものばかり。更にタイムサービスでその日のお勧めデザートも、ミニパンケーキ、チョコレートケーキ、一口饅頭、チョコレートフォンデュも一通り頂いた。本当においしかったし、三時間半くらいのんびりランチを楽しみました。Dsc_0026
雨が落ち着いたのを見計らって、三越に行って、お菓子を買った。デパ地下って楽しいなぁ。美味しそうなもの、食べたくなるもの、きれいなものがたくさんあってワクワクしちゃう。最後に、地下3階にある赤ちゃん休憩室に行って、オムツとおっぱいをあげて、おうちへ帰る準備。新宿高島屋と違って、地味な赤ちゃん用品売場だったけれど、地下鉄の連絡通路に近いのは嬉しかった。
雨だと、地下通路での導線を考えてしまう。移動の度にエレベーターなどバリアフリー設計を考えてしまう。一人のときとは違うし、子供を持つとまったく新しい視点が増えて、なかなか学ぶことが多いぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/10 笑ってしまうこと

くだらないけれど、笑ってしまうことがある。私の日常は結構そんなことが多かったりする。

先日布団カバーを洗い、ベランダに持っていって干した。下の1階の住人は、多分「ナチュラリスト」だと思われるほど、手入れを全くしていない庭をお持ちだ。雑草がぐんぐん背も高々と伸び、シジミ蝶がちらちらと飛んでいる自然なお庭。そこに靴下が落ちている。
「あんなところに落としたら、取りに行けないなぁ。かわいそうな靴下」と思った。
部屋で物干しピンチに靴下を干すと、片方が見つからない。もしや!?ともう一度階下を見下ろすと、もう片方はうちの靴下だった。自分が思ったことが、自分に当てはまって、愉快で笑ってしまったよ。

友達からもらったゾウのぬいぐるみ。
ふざけて「クマさん」と名づけた。きこちゃんに「ゾウのクマさんだよ」と言っていると、ダーリンに紛らわしいから止めてと言われた。確かに声に出しているだけで混乱してくる名前だ。

友達がお祝いにくれた音の出る絵本。
ボタンを押すと歌が流れる。カタツムリのボタンは、「でーんでんむーしむしカータツムリ♪」、鳩のボタンは「ぽっぽぽーハトぽっぽ♪」という風だ。
傘のマークを見て、「雨雨降れ降れもっと降れ~♪」と、思わず矢代亜紀を思い出してしまった私。そんなわけないじゃんねぇ。「雨雨降れ降れ母さんが~蛇の目でお迎え♪」が流れてきたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/09 90度回転

Dsc_0045昨日と今日は代々木公園で第2回ブラジルフェスタ♪けれども私も彼も疲れていて、今日はのんびりすることにした。
ディカフェのコーヒーを挽いて、ホットケーキの朝食。のんびりな朝にしかできない。それから食材の買出しにいって、本屋にいったりして、夕方には帰ってきた。
夕食後、キコは夜のトレーニング。居間とつながっている和室にベビー布団を敷いているのだけれど、見ていると、45度動いて、次は90度動いていた。うつぶせになろうとしている間に、体が徐々に動いているのだ。すごいぞー。と思ったら、泣き始める。トレーニング後の水分補給。
おっぱい飲んで、お風呂に入って、夜はすやすや眠っていました。のんびりしていても、私は結構疲れてしまう。人を育てるのは大変。当たり前のことだけれどね~。パートナーだって疲れていたよ。子育ては体力!というのもよく分かります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007/09/08 何年ぶりだろう?

20070908141218今日は何年ぶりか分からないけれど、長く会っていなかった友達に会うことになっている。ダーリンは土曜日出勤なので、そのあと新宿でみんなで合流。私はそれまでデパートでお買い物をしていた。台風が通り過ぎて、快晴、夏のような日差しで気温も上がった。正午に家を出て、デパートへ着いて、まずはきこのおむつとおっぱい。それからのんびり好きなフロアを見て回った。
途中、お昼を食べていないことに気づいたが、時間がもう2時。鶴屋吉信のカフェがすいていたので、キコと入って私はクリームあんみつを頂きました。美味しかった~♪2-3度オムツとおっぱいをして、18時前にはレストランへ。
友達は英国で知り合ったタイ人と結婚して、日本に住んでいた。私もダーリンを紹介するのは初めてで、日本語と英語の会話で盛り上がった。彼らの結婚式の話を写真を交えて聞いていると、タイの伝統的な挙式はお花がいっぱいで、日本人の彼もまるでタイ人のようだったし、披露宴には500人もの人が来て、笑顔が引きつったと本人達が言う。大変すぎて、日本ではお披露目パーティもしなったというのも納得できた。
友人夫妻とダーリンは大学院時代を英国で過ごしている共通点や、友人のお父さんがダーリンの仕事と接点があったり、私がタイに旅行した経験があったり、ブラジルで偶然仲間とあったり、そんな話で盛り上がり、瞬く間に楽しい時間は過ぎて、気がつくと21時。
またね~と手を振り合って、帰ってきました。何年会わなくても、すぐに話が出来るのが、友達のいいところだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/07 フェジョン

20070907125354私の住むマンションは、会社が二部屋を社宅として借り上げてくれていて、もう一部屋は、日系ブラジル人が奥さんの家族。
私と同じ年で、4歳と来月1歳になる姉妹のお母さんでもある。彼女は入院中からお見舞いにも来てくれたし、今日はブラジル人のお友達に手紙を書くために、ポルトガル語のお手伝いをお願いした。お昼は彼女が、フェジョン(豆シチューで、ブラジルでは定番)を作ってくれて、本当に懐かしくて美味しかった。
市内にあるブラジル食材のお店にいって、フェジョンを買って、お塩もブラジルの岩塩を使ったら、本場の味が出たという。確かに美味しかったよ~。
彼女は、マタニティパジャマや娘達が使ったお洋服をきちんときれいに保管していて、私に譲ってくれるような気遣いの出来る人。今日は彼女は、姑との関係や夫との家事分担についてを話してくれた。ブラジルで私のパートナー含めみんなと旅行をしたことのある彼女は、「りこさんのMarido(夫)は大丈夫だよ。理解あるから。」という。私はやっぱり幸せものなんだなぁ(^-^)
私は、彼女の環境は変えられないけれど、たまには彼女の話をこうやって聞くことが、息抜きになるかなぁと思った。それにしても、今日のフェジョンはとても美味しくて、優しい彼女は、夕食の分まで作って渡してくれました♪わ~い!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007/09/06 変化

元々私は子供が嫌いだった。電車で泣き叫ぶ子供や靴のまま座席に座る子供には、その親にキツイ視線を投げていた。本屋でうるさく走り回る子供には、「うるさいガキんちょだよねー」とパートナーに言って、そのあまりにきつい言いぶりに、彼が驚いていたほど。
だから妊娠中は、子供を産んだら、子供のことが愛せるか、実は本当に不安だった。パートナーに相談したこともあるくらいだ。長い入院中、同室の方々に相談したこともある。すると、「私も子供が嫌いだった。でも自分が子供を産んだら、自分の子供以外の子供まで可愛く見えるようになった。」と言ってくれた。私は、自分の子供を可愛く思えるならともかく、他の子までそう思えるなんて全く信じられなかった。
それがどうだろう。本当にそう思えるのだ。夜中起こされて、おっぱいにしがみついて飲むキコを、心底可愛いと思う。もちろん疲れすぎていると、余裕がなくて、寝ているパートナーを恨めしく思うことはあった。でも、自分しか居ないと思えるくらい、彼女が小さい手で乳房にしがみつく様はかわいい。その自分の変化に驚きながら、日々楽しんでいる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007/09/05 ニュースに反応

以前でニュースで子供が巻き込まれる事件は、ただ可哀相だと他のニュースと同じようにしか感じなかった。それが子供が生まれたら、変わった。
生後半年の赤ちゃんが、自動車事故でなんて聞いたり、3人の子供が飲酒運転の追突で亡くなったニュースなんて、放送されるたびに涙が止まらなくなる。悠仁様が1歳になったというと、それはそれで微笑ましく、キコも1歳になるとこんなかなぁと思うようになる。
私も変わったもんだわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/04 寝返りうんしょ

Dsc_0003まだ寝返りは出来ないキコ。でも寝返りをしようという意志は見て取れる。日曜日にはちょっとだけ腰が浮いた。肩が向いても、腰はまだ。先は長い。
最近は、ほにゃほにゃと一人でお喋りしている。あやすとわらうし、音に反応し始める。手を口に入れたりしている。足もだいぶしっかりしてきた。夕方というか夜になると「夕暮れ泣き」みたいに根拠なく泣く。おしっこでもおっぱいでもない。きっと今日が終わっちゃうのが寂しいのかしら。
キコの泣く理由は分かりやすい。機嫌が悪いときは、おしっこ、うんちで泣く。機嫌がいいときは、うんちですら泣かない。お腹がすくとぐずるかな。オムツも換えて、おっぱいも飲んで、それでも泣くときは、抱いていれば大概機嫌が良くなる。抱いて揺らしていれば、時間がかかっても眠ってくれる。私も眠くて辛いときは、筋肉を意識して、動かしてみる。キコ筋トレだ♪
彼女が目が覚めていて、一人でうーあーと喋っていると、つい嬉しくて手を止めて、キコに寄っていく。やることはあるのに、キコに構いたい。不思議な行動だな。
写真のクマちゃんは、先日ミュンヘンに居る友人が送ってくれたぬいぐるみ。ミュンちゃんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/03 母乳とミルクと肉食と草食

Dsc_6295会社の友達は、私より2ヶ月前に出産しているが、子宮筋腫があったので、妊娠が分かって切りのいいところで、退職した。お互い無事に出産して、今日会うことにした。
渋谷のマークシティにある「つばめグリル」でランチ。14時に行ったので、店内は空いていて、バギーを考慮してくれて、隅の離れた座席を案内してくれた。お互い授乳したり、ミルクを飲ませて、げっぷさせたりしながらののんびりランチ。私は母乳だから、ハンバーグとライスをしっかり食べたけれど、彼女はサーモンソテー、しかもライスなし。彼女は、産後で溜め込もうとする体に反して、お乳が出ないので、体重管理に気をつけているとのこと。なるほどねぇ。
母乳だから食べ物に気を使うでしょ?との彼女の質問に、私は戸惑う。サンパウロに居る友達からも同じことを言われたけれど、私は気をつけていないのだ。お餅とアルコールはやめているけれど、カフェは一日1-2杯は飲むし、アルコールもたまぁに乾杯の一口は飲んでいる。毎日ヨーグルトもチョコレートも甘いものもたらふく食べているのだ。私の食べないストレスのほうが、絶対に母乳に悪影響だと思うもん。
私は、生後一ヶ月弱から出歩いていて、非難されることもあると話すと、彼女のご主人からは、「生後1ヶ月は外出はダメ、2ヶ月で外気浴までなどと指導するのは日本くらいぢゃない?だから、アレルギーとか菌に弱くなるんだよ」と言われたと言う。ちなみに彼女のご主人はイギリス人。
私もブラジルのショッピングセンターで、病院から直行かしら、というくらい小さい赤ちゃんを見てきた。それもあって大丈夫だろうという思いがある。しかし妹は、アメリカでは幼児からマックなど食べているし、小さい子もいるけれど、あれは育った環境や生まれ持った血の違いぢゃない?という。確かに湿度も低いからカビなど心配しなくて良いしね。そうなると肉食と草食の違いなのかしら~、ね?
風土や環境もあるけれど、この時代になると親の考え方だと思える私でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007/09/02 はとこ同士

Dsc_6214私の父の姉の一人は、ドイツ人と結婚しているので、いとこはハーフだ。いとこの姉のほうは、ドイツ人と結婚し、ミュンヘンに住んでいる。弟のほうは、日本人と結婚し、湘南に住んでいる。ミュンヘンから、いとこ家族が帰ってきていて、会いに行った。
海辺のレストランに、私達と両親と妹夫妻、いとこ家族と伯母が揃った。とても久しぶりだった。ドイツのいとこの子供は、9歳と5歳の姉妹。日本語も話せて、とても可愛い。湘南のいとこの子供は男の子。ママに似てお目目ぱっちりで、可愛い。将来が楽しみだ。はとこ対面ということになっても、きこは、ぐっすり…。殆ど眠っていた。

レストランから伯母のおうちに行って、お茶をした。一度建替えているけれど、葉山のこの伯母のおうちは、大好きなのだ。毎夏、伯母のおうちに泊まって過ごした。山の上にあって、海が見える。昔のおうちでは、トイレの鍵が壊れて閉じ込められたり、各所で女郎蜘蛛にあったりしたし、家に向かう道では蛇に遭遇した。毛の長いボビーというダックスフンドがいて、青い目がかわいい子だった。両親と親戚とみんなで毎日海に出かけた。なつかしい思い出がある場所なのだ。

そこに、今日はキコを含む「はとこ世代」がいる。海で遊んで真っ黒になっていたあの頃の私には、当然想像できなかった今の私。とても不思議な気分になった。いつかキコもまたそんな想いをはせる時がくるのかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/09/01 お腹で声をきいていた

Dsc_6203今日は会社の友達が遊びに来てくれた。同じグループで働いていたフランス人の彼女は、お見舞いにも足しげく通ってくれていた。
生まれた翌日も病院に来てくれたけれど、お家に来たのは初めて。おいしいお弁当とケーキと水色の象のぬいぐるみを持って、二人できてくれました。彼女は、きこにフランス語で話しかける。彼女は妊娠中も毎日私のお腹に声をかけていた。きこは、覚えているかしら?
彼女が日本に来たばかり頃、温泉で子供の蒙古判を初めて目にしたとき、虐待かと思ったらしい。警察に言おうかと思って、日本人に話したら、「蒙古判」というものがあることを知ったと話してくれた。ちなみに私にはまだ蒙古判がある。なんでだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/31 結婚お祝いパーティと懐かしい顔ぶれ

Dsc_6124午後、母と待ち合わせて新宿でお買い物をした。内祝いを送って、今日の夜のパーティのためのお買い物をする。今日は、ブラジルに行く前まで働いていた職場のお友達のお披露目パーティ。彼女らしい雰囲気のフォトフレームと彼女の好きなピンク色のプリザーブドフラワー、そしてケーキが贈り物だ。飲茶のランチをして、買い物をして、ケーキの上に飾る果物を選んだ。
その時点で荷物は、私一人の手では足りなくなっていて、母はパーティ会場の表参道まで来てくれることになった。まったく計画的ではない自分の荷物に、反省・・・。時間があったので、原宿からのんびり表参道を歩き、表参道ヒルズで授乳とオムツをかえて、会場へ向かった。お店に事情を話し、開店前に入れてもらってケーキのデコレーション。母の手際よい指示で、私はキウイを切って、ベリーを並べた。かなり可愛いケーキになった。おいしいケーキを注文すると値段はものすごく高くてビックリ。昔からよく食べている赤坂TOPSのチョコレートケーキに果物をのせたら、なかなかリーズナブルに素敵においしく出来たのだった。
Dsc_6132人が続々集まってきて、ダーリンも来てくれた。久しぶりなのに、みんな変わらない。時間は平等に経っていて、きこも誕生しているけれど、何も変わった感じがない。そこにある雰囲気はいつも同じ。年齢も肩書きも性別も立場も気にしない楽しい雰囲気がある。
主賓の二人が揃って、ケーキには花火が付いて、音楽がかかった。サプライズに彼女は涙を流していた。楽しくて、本当にいいパーティだった。
きこは初の飲み会参加。ダーリンがあやしてくれていたので、私は楽しむことが出来ました。ありがとう♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/29 カステラリベンジ

Dsc_6113先日カステラを作ったけれど、失敗した。そこで今日はリベンジ。
ハンドミキサーを母に持参してもらい作ったところ、今回はばっちり♪おいしくできた。妹が言うとおり、焼きあがった表面を押すと、弾力があって戻ってくる。うふ。
それから、妹が持参してきたミックス粉でPOPOVERというのをつくった。シュークリームの皮みたいで、ホイップクリームやバニラアイス、ジャムを添えていただくらしい。妹は、ツナとかサラダをいれてもいいかしら、といっていたし、カスタードクリームも非常によさそうだ。それから、ほうじ茶ゼリーを食べた。これはおいしかった。母は、オムライスならむ、オムキャベツをつくってくれた。おはぎもあった。とにかくずっと食べとおしだったけれど、楽しい時間だった。
妹は来週急に香港に旅行をすることになり、妹ご主人も海外出張があるそうだし、ダーリンも又出張がある。私もどこかへいきたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/26 夏休みのおわり

Dsc_6108彼の実家でぐっすり眠る。よく寝たけれど、キコは汗だく。会津若松の涼しい気温に比べれば、関東はまだまだ暑い。沐浴をさせて、のんびりして、お昼も頂いて帰ることになった。彼のパパは、畑で、夏野菜をたくさん収穫してくれました。ゴーヤ、ミニトマト、オクラ、ナス。
お昼は酢でしめた鰯とゴーヤとトマトのオリジナルパスタ。おいしかったー。更に、手作りのパイナップルババロアをたべて、大満足。旅行明けの大量の洗濯物も、彼のママにやってもらったし、気持ちもすっきり、胃袋も満足、とてもいい夏休みになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/25 いとこ対面

Dsc_0261朝、温泉に入って、御土産を買って、サービスエリアで休憩をしながら、彼の実家に来た。そこから、彼のお姉さんのおうちへ行く。
きこにとっては、いとこに会いに行くのだ。お姉さんのご主人のご両親からもお祝いを頂いたので、この日にあわせて、お会いすることにもなっていた。頂いたベビードレスを着せて、いとこご対面。いとこは、14歳と10歳の姉妹。とても可愛いお嬢さん。それから、みんなでおしゃべりをしたり、最近の旅行のDVDをみせてもらったり、手作りのケーキやシャーベットを頂いて、楽しい時間を過ごしました。
写真は頂いたプレゼント。紙製のベビーシューズにはキコの名前入り♪玄関に飾ろうっと☆

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007/08/24 喜多方と五色沼

Dsc_0109今日は喜多方へ出かけた。最初に甲斐本家蔵座敷という座敷蔵をみた。甲斐家に伝わる日用品や、陶器、漆器、着物などが展示されていたり、欅の大木を削って作られた螺旋階段が凄かった。応接室が、今はカフェになっていて、私達はそこでお茶をしたのだけど、オムツを替えたいといったら、他にお客がいなかったこともあるだろうけど、カフェのソファーを勧められた。
ランチには、もともと屋台だったという源来軒で喜多方ラーメンを頂いた。あっさりしていて美味しかったけど、店員は暇そうなのに水もレンゲもセルフサービスで、ちょっとどうかなと感じたよ。Dsc_0117
それから、五色沼へ。向かう道路は対向車も少なく、緑の中の新鮮な空気に包まれた心地よいドライブになったよ。五色沼を巡る道は、バギーは到底通れない。彼がキコを抱いてくれたものの、私は厚底木製サンダル。なかなか辛かった。でも、青湖とるり湖。青湖はとてもきれいだった。戻ってきて、小さいお茶屋で彼はカフェ、私はカルピスかき氷を懐かしく食べた。ひとなつっこいお話好きの店主が面白い話をしてくれたり、きれいなお花の写真を見せてくれた。場所を聞いて、早速そこへ行くと、お店にいたもう一組のご夫婦もきていて、別の場所を教えてくれました。その場所は本当に絵葉書のように美しい場所♪しかし気温はみるみるさがり、大人には快適な気温も、KIKOには寒かったようで、手足が冷え始めてしまいました。
Dsc_0172きこを連れいていると、「今どのくらい?」と聞いてくる人は多い。漆器屋でおじいさんが足をとめたり、五色沼でもほっぺを触ってくるおじさんがいたり、お店のおばちゃんは親切だったし、裏磐梯SAの店員さんが寄ってきたり、とにかく会話のきっかけが出来て、楽しくなる。会津ではまだ2ヶ月のキコを可哀相なんて言う人もいたけれど、これは私達の方針だから、笑って無視したよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007/08/23 会津若松市内

Dsc_0053朝から温泉に入って、鶴ヶ城へ。お城には入らず、外をのんびり一周お散歩して、お茶室でお茶とお饅頭で一息ついた。途中できこもおっぱいを飲んで、お昼は、会津料理のお店へ。私は五種わっぱ、ダーリンは鮭親子わっぱ。個室を案内されていたのだけど、わっぱ飯が届けられた直後、KIKOを膝に乗せていた私は手の濡れを感じた。
ウンチが漏れていたのだ…。こんなの初めて…。どこか悪くなったのかと思い、オムツを外すと、量も色も匂いも問題なかったので、安心した。しかしまた、この日に限って着替えを持ってきていなかった私。車だし、すぐにホテルに戻ればいいや、と思っていたからだったのだけど。パートナーは、「準備の悪い母親でごめんよ」ときこに謝っていたけれど、確かに…。今日に限ってねぇ。上掛け用のタオルとガーゼでぐるぐる巻きにした。
ともあれ、わっぱ飯はオムツ替えで時間がたったのに、ホカホカでとっても美味しかった。本当に美味しかったよ。Dsc_0054
それから、会津漆器やお酒、和ろうそくのお店を回り、最後は会津駄菓子のお店へ。車を駐車場に入れた瞬間、KIKOはおっぱいを吐いて、私は車内をタオルで拭いていた。すると、お店からおばさんが出てきて、濡れタオルと乾いたタオルをくれた。タオルなんて一杯あるから使って~、といって。お店に入ると、「いろんな子供がこのお店に来たけれど、裸の赤ちゃんは初めてだよ」といって、KIKOを抱いてくれて、お店の中でタオルで包み込んで、ぐずる彼女に子守唄を歌っていた。
私はだるま飴とあんこ玉、黄な粉ねじりを買って、おばちゃんと喋っていた。おばちゃんは、「出産後の女性は、川を上って出産した鮭のようなもので、その後川に浮かんでいるだろう?その位ぼろぼろだから、大事に養生しなさい」と話してくれた。二人だけのときと違って、旅行でも見るものが少なくなるというと、「たくさん見たからって心に残るわけではないよ」と言っていた。
私達は、会津は、人が田舎だと思ったけれど、それはとてもいい意味だ。昔はどこもそうだったのだと思う。日本は住みやすい国だったのだろうなぁ。
Dsc_0084それからカフェして、ホテルへ戻り、夕食前に足湯に出かけて、夕食をした。KIKOはだいぶぐずり、それが彼女が疲れたというサイン。交互に甘えさせてあげました。
大浴場には子供や赤ちゃん連れもいて、一緒に入った。子供はキコに寄ってきて「赤ちゃん、かわいいねー」という。子連れ同士は、安心してホッとできる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/22 初旅行

Dsc_0009今日からダーリンは夏休みなので、ゴールデンウィークに計画していた会津若松に旅行する。安定期に入るマタニティ後半の計画だった会津旅行。入院でホテルもキャンセルした。旅行で着ようとマタニティワンピースも通販で注文したけれど、結局着たのは、退院した日だった。
途中にある佐野アウトレットに寄って、お目当てのCold Stone Creameryへ。今日は、季節の「スイカのソルベ」にマンゴーとパイナップルとバナナを入れて注文した。暑い中に食べるアイスとしては、我ながらいいチョイス!ダーリンと真ん中のサイズをぺろりと頂きました♪
それから、那須高原SAで休憩をして、会津若松へ。着いたのは18時すぎ。東山温泉は、ひんやりと涼しい空気に包まれていました。まずはさらっとお風呂に交互に入って、夕食を部屋でとりました。二人とも気がついたら布団で眠っていて、夜な夜なKIKOをお風呂へ入れることに。
女性のお風呂にはベビーベッドがあり、KIKOは中のお風呂の温度が高かったのと、外気もそんなに寒くは無かったので、露天温泉にデビュー。わずかな時間しか浸からなかったけれど、きっと気持ちよかったかなぁ。すぐに部屋に戻って、夜はぐっすり。そうそう浴衣って、眠りにくいけれど、授乳しやすいのね☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/19 おうち

Dsc_0068雲って欲しいと思ったのは、今日がバーベキューだからだ。バーベキューは好き。太陽の下で焼くお肉も好きだし、ビールなんて最高だし、焼いたマシュマロも大好き。
だけど、今は2ヶ月ぴったりのキコがいる。しかもこの暑さ。大丈夫だろうか。いつもは涼しいデパートに入ったりするけれど、今日はずっと屋外。心配だった。
昭和記念公園は、広くてきれいな気持ちの良い公園。そこをバギーを猛スピードでダーリンが押して、BBQ広場へ。彼の会社の同僚が企画したBBQ。しかもキコちゃんお誕生お祝いもしてくれるというから、行かないわけにいかない。しかしBBQ広場は大きな樹木が茂る木陰で、風が抜けて気持ちよかった。キコはおっぱいを飲んで、すやすや眠り、全く問題ない。私も子連れの方とおしゃべりしてリフレッシュ。Dsc_0059

3時間程度楽しんで、次は、帰り道沿いにある新婚の友達の新居へお邪魔した。キコを着替えをさせて、横に寝かせると、気持ちよさそうに伸びてぐっすり。私たちの足までお風呂場で洗わせてもらった。気持ちいい~☆
彼女のおうちは、新築一戸建て。ちょうど良い広さで、何より場所が良かった。静かで緑が多くて空気がいい。二階も見せてもらった。すっきりと片付いていて素敵だった。
帰りの車の中で、ダーリンとお家について話し合った。国内外含めて移ることもまだあるだろうし、どうするかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/18 妹のおうちへ

アメリカから帰国した妹夫妻のお家に出かけた。新婚時代も文京区だったけれど、今回も文京区。妹夫くんの大学が文京区だから馴染みがあるのかしら。
うちから車でも遠くなく、下にコンビニのある彼女達のマンションは、向きのせいか静かで、こぎれいにまとまっていて、妹らしいセンスで快適な場所だった。
お家を見るのは楽しい。その人のセンスや性格が良く出るし、取り入れたいポイントなんかもあったりする。子連れの友達が来たときのために用意していた歌を歌うクマのぬいぐるみがあるのも、妹の気遣いだろう。ある高飛車風な友達も、お家に行くと、彼女のいつも性格が見える。アイディアウーマンだったり、結構エコだったり、下着のたたみ方を教わったり。お家を見るのは、楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/17 5kg日々筋トレ

今日は午後、ダーリンが半日休暇を取ってくれた。ランチは、昔ブラジルに駐在していた年配の方と彼と三人で
食事をして、会話を楽しみ、それからデパートに出かけた。
月末に結婚祝いパーティをするので、そのプレゼントの下見が目的。赤ちゃん連れのお出かけは体力がいるから、一人でデパートを見るのとは違うけれど、きこのお祝いのお返しで選ぶものや子供服、施設の充実度など、彼女のおかげで広がるものも多い。
デパートの赤ちゃん休憩室で、体重測定と身長のスケールがあったので、ちょうどほぼ2ヶ月経ったので、乗せてみた。生まれたときからの推移だと、2ヶ月で身長は47→52→59cm、体重は2858→3880→5300gにまで成長していました。体重を量って納得、どうりで重いわけだ。うちで買うお米は5kgだから、超えちゃった。嬉しいような、重さが怖いような…。でも、気は持ちよう。
これからは、「きこ筋トレ」として意識しようっと。彼女は日々加重されて、私は日々一緒だから、しなかやかに筋肉がつくに違いない♪うふふ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/16 カステラ

今日は母と妹が来て、カステラを作った。Pal Systemに入ったのだけど、卵を頼んだことを忘れて、買ってしまったのだ。卵を大量に使うレシピで、思いついたのはカステラ。
妹がアメリカにいたときには、アメリカにはカステラがないので、よく抹茶カステラを作ったという。作った経験のある人ほど、よいレシピ本はない。ぜひ作ってもらうことにした。
しかし、ハンドミキサーが無い。妹はハンドブレンダーをもってきてくれたけど、ミキサーとは違うので、泡立ちがイマイチ。結局、そのまま焼いてしまったところ、ぺしゃんこカステラになって、違うものになってしまった。味はカステラなんだけどね。
それにしても暑い。昔は、天気予報で最高気温が30度を越えると、「あぁ今日はとても暑いんだ」と覚悟した記憶があるけれど、今は30度以上が当たり前になっちゃった。いつのまにこんなに暑くなったのかしらねぇ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/11 お宮参り

Dsc_0029お宮参りは男の子は生後31日、女の子は33日目とかどうとか聞くけれど、最近は、母子の体調や気候が優先されているらしい。
私達は気候優先にして梅雨は明けたけれど、残暑の厳しい真夏日になってしまった。朝9時半に原宿駅に、両家両親が集合。妹とは途中で合流した。なが~い砂利道を進み、手を清め、10時半のご祈祷になった。神楽殿は冷房ガンガンで快適だった。ご祈祷までにオムツを取替え、贈られた可愛いセレモニードレスに着替えさせた。白いドレスを身にまとったキコはとてもかわいくて仕方ない。
10時半のご祈祷は、私達だけだったようで、だだっぴろい(160畳あるそうだ)広間に8人中央先頭に座った。とても近代的な技術がいっぱいで、ぼんぼりにぼわぁぁんと明かりが灯ったりするのも、ちょっとやり過ぎ感がありました。
ダーリンがきこをずっと抱いてくれていたのだけど、宮司さんが住所をいい、名前をいって、祝詞を上げている間、きこはう~んう~んと唸ったかと思うと、ブリブリブリぶっぶっぶとおならとうんちをしてくれました。そしてそのあと、にこっと笑いご機嫌の様子。ダーリンと目を合わせて、笑いを押し殺すのに精一杯。厳粛な空気の中で、ここまでやってくれる彼女を、やはり我が娘と思うほかないのでした。
季節の花を持った巫女さんや雅楽を奏でる方々、祝詞を上げる宮司さんなど、25分くらいにたくさんの方々が式を執り行ってくれて、うちらだけだったので、得した感じがしてしまいました。帰り際に、明治神宮の紋入りお食い初め膳セットを頂きました。
Dsc_0045それから地下のスタジオでは記念写真を撮らず、お外で三脚を建てて、みんなで記念撮影。いろんなバージョンで写真を撮りました♪
原宿駅まで戻って、妹は別の用事のためバイバイして、両家両親と私達は、予約していたブラジル料理バルバッコアグリルへ。久しぶりにたくさん頂きました。野菜もたっぷりお肉もたっぷり、おしゃべりたっぷり、楽しくておいしかった~!
そこで両家両親と別れて、私達は表参道をのんびり歩いて、表参道ヒルズの授乳施設によって、新宿でお買い物をして帰りました。さすがに夜は、キコは疲れて、ぐずるぐずる。大人だってこんなに疲れたんだもの、当然ねぇ、と、ダーリンと交互にずーっとずっとあやしました。みんな、お疲れさまでした。そしてどうもありがとう☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/09 顔が変わる?

彼がブラジルにいたときに同僚だった人が、うちにきてくれた。きこのお祝いだからと、パートナーが不在にもかかわらず時間を見つけてきてくれた。
彼女は小児科の看護婦さんなので、子供の扱いに慣れているので、安心して任せることができる。きこを抱く手の力の込め方も、私よりベテランだと思う。一緒におやつを食べて、色んなお話をした。

そのあと、彼女から頂いたメールには、私が母親になって顔が変わったとありました。とてもいい顔になったと。私自身は全く分からないし、老け込んだのではなるまいかと、彼女の文面にドキドキしたけれど、どうもいい意味らしいので、ありがたくその言葉を受け取りました。

彼女がお祝いに贈ってくれた「やさしいタオル」は、商品名のとおり、みんなに優しい良質のタオルでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/06_07 横浜実家へ

Aug6_7きこと一緒に実家に帰った。出産後も自宅に戻っていたので、実家に行くのはきこは初めてだ。最寄の乗換駅まで妹に来てもらい、一緒に湘南ライナーに乗った。
今回の目的は、実家の片付け。結婚前には済ませた気でいたが、意外と箱詰めした中身が本当に必要かわからなかった。更に妹と確認しながらという作業もあり、姉妹とも日本で揃うのは久々だった。
お昼頃ついたころは、横浜の坂道が堪え、私はぐったり。昼食をとって、作業も半ばにして昼寝をしてしまった。衣類は、妹と一緒に買うことも多かったし、お互い必要かどうか確認して、不要なものはバザーやファイバーリサイクルへまわした。
夕食前に、昔習っていた個人指導の先生の教師を訪ねた。先生は、懐かしそうに色々話してくれるけれど、先生は全然変わっていないように見えたのに、年は55を過ぎたといっていた。本当にいい人柄の先生なのに、いい相手がいないのは残念に感じた。
実家できこと初めて一緒にお風呂に入った。首はまだ据わらないけれど、一ヶ月検診を終えているので、一緒の入浴はOK。しかしベビーバスのほうが今までどおりで楽ちんだと思ってやっていた。確かにベビーバスのほうが楽。でも実際一緒にお風呂に入ると、きこは落ち着いているし、私も気持ちが良かった。ただその後は、やはり母の助けが必要だった。
夜は、妹と私ときこで川の字で寝ました。実家で眠るとつい深くなるらしい。夜中、泣くキコを心配して、妹に起こされてしまった。あはは。

翌日、さぁ本腰入れて掃除だ。おもちゃ箱と呼んでいた納戸からダンボールが出てくる。箱には「りこ教科書」とか「大学系」とか書いてあるが、箱がでかくて、重い。あけてみると、レポートや小学校の教科書やノートが出てくる。
私の保存癖もすごいなぁ。妹の箱からは、友達との手紙が出てきた。姉妹揃って、保存癖まで似るなんてねぇ。
四分の三くらい終わらせて、今回は終了。
母と妹とタクシーで横浜に出て、食べたかった韓国料理と抹茶あんみつを食べて、自宅へ戻ってきた。ちょうどラッシュにあたったが、妹と端っこの席を占領していたので、バギーもどうにかなった。ありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/05 嬉しいニュース

ブラジルに行く前に勤めていたNPO時代の友達が、二人で遊びに来てくれた。気が利くことに、おいしいお弁当とデザートを買ってきてくれて、私はお茶を出すだけで済んだ。出産のお祝いで来てくれたけれど、友達の一人が実は結婚することと知り、話題は彼女の結婚で持ちきりだった。
出産や結婚、嬉しいニュースは、人を元気にさせるパワーを持っている。だから、どうしたらお祝いできるかと考える時間さえ、わくわく出来る。近いうちにみんなでお祝いしようと話し合った。きこを連れて行く方向で考えると、ちょっと複雑になるけれど、子連れの飲み会も今後は考えていかないとねぇ。飲み会は、みんなで楽しむものだもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/04 親友達→子友達?

Dsc04334母親同士が友達だと、子供も友達になるのかなぁ。ともあれ、私の友達家族が遊びに来てくれた。一歳半になる彼は、2ヶ月で保育園に入ったせいか何事もやるのが早いという。成長のスピードはそれぞれだとしても、彼はとっても元気いっぱいだった。
うちにきて、きこを「赤ちゃん」といって、ハイローチェアを揺らしてくれた。それに名前で「きこちゃん」と呼んでくれた♪かわいいなぁ。パパの膝の上に乗って絵本を読む姿も可愛かった。足もしっかりしていて、キコとは比べ物にならないくらい。本当にキコもこんなに大きくなるのかしら?と信じられないくらい、今は小さいもんね。いつかは一緒に遊べるときが来るのかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/03 初めての電車

Aug03広尾の美容院に久々に出かけた。最後に行ったのは、3月末だったような。髪は長くなり、重たくなり、一つにすると馬の尾のようにどっしりと感じるようになっていた。
きこは初電車で地下鉄にも乗る。恵比寿で母と合流して、10年来の美容師さんを訪ねた。カットの仕方より赤ちゃんの話でもちきり。きこが泣けば、手を休め大丈夫?と聞く、やさしい子供好きの美容師の彼は、10年の間に店長になっている。
カットやブローの間、授乳もできたし、おむつも換えたし、時間はその分長くかかったけれど、快適に髪をきれいに出来た。しかし、この美容院は、日比谷線の広尾駅が最寄。この駅はとても大変。エレベーターもエスカレーターもない。近くに日赤病院や学校もあるのにねぇ。母にきこを抱いてもらい、バギーを抱えて階段の上り下り。体力勝負だったわ。
Dsc_0473それから母と新宿に出て、ランチをしてお買い物をした。高島屋の9Fの赤ちゃん休憩室で、なんと高校卒業以来会っていなかったクラスメートと会い、盛り上がっているところへ、なんとパックンが子連れで登場。可愛いハーフの男の子を連れて、オムツを交換をしていました。久々に会った私達も、お互いオムツを換えながら、近況を話して、記念写真を撮りました。
今日は髪はすっきり、気持ちいいなぁ♪楽しい一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/08/01 バースデイランチ

今日は30歳になる妹のお誕生日ランチを母ときこと4人でした。うちの近くに出来たイタリアンに予約を入れて、しっかりランチ。価格は埼玉価格で、味はとてもいいので、気に入っているレストラン。最後にお誕生日ケーキを出してくれた。また行ってみようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »