« November 2008 | Main | January 2009 »

2008/12/29 水沢うどんと群馬の温泉

Dsc_7308横浜に住んでいた時は、最寄りの温泉地と言えば、同じ県内の箱根だった。埼玉に住んでいると、群馬の温泉地が近く感じる。
御主人の転勤で関西に住んでいる友達が、年末群馬の実家に帰っていたので、私たちの旅の帰りがけに、彼女と会うことになった。お昼御飯は、伊香保近くの水沢うどんと舞茸天ぷらと決めていたのだけど、そこに彼女とお嬢さんと実家の御両親も合流してくれるという。賑やかなお昼ごはんになりました♪
私たちは先に水沢観世音でお参りを済ませてから、指定のうどん屋へ。先方もちょうど同じころに到着して、みんなで楽しく、ツルツルの水沢うどんと美味しい舞茸天ぷらをお昼を頂きました。
それから、彼女の実家へ移動してお茶をして2時間くらい、子供の話やお孫さんの話で盛り上がりました。大学の卒業式の前に、彼女の実家にゼミ友達で泊まって以来、私は群馬の温泉がとても身近になりました。それから何度きたかしら。
近くの伊香保や草津、四万の泉質の良さだけでなく、多分みんなで来て良い思い出に包まれているからだろうとも思えるのです。みんなでシカの肉を食べたこと、坐禅草や榛名湖を見に行ったこと、ダムに沈む川野原温泉に行ったこと…また会える日を楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/28 雪と猿

Dsc_7272降り続く雪は朝も止んでいなかった。9時前に眠ったせいで、大人の私たちは何度か起き、キコが寝ているうちに交互にお風呂に入った。早朝の露天風呂もなんて気持ちがいいんだろう。
朝、ツララが太く長くなっていた。それにしても、温泉っていいもんだなぁ。
朝食をとり、街までお出かけをした。キコは雪に戯れるどころか、機嫌が悪い。泣いてばかりで結局ずっと抱っこだった。夫婦だけのときは、途中にある公共浴場で温まり、街を散策。そしてまた温まり、散策の繰り返しだった。でもキコがいるとそうもいかず、なかなか古い温泉地なので、おむつ替えスポットも適当なのがなく、ちょっと大変でした。雪も止まなくて、寒くなる一方だったしね~。普通のスニーカーで私自身もツルツル滑りながらだったし…。
Dsc_7276結局、お昼を食べ、早めに旅館に戻ってきて、お風呂と食事を楽しみました。そうそうこの日は、野猿をたくさん見ることができました。彼は露天風呂に入っている間、対岸の山を猿の大群が通過するのを見たそうです。寒くて温泉に入りに来たのかしら。キコは、部屋の窓から見える猿を見つけて、反応していました。母ザルの背中にくっついている子猿もいて、可愛かったです。この日も早々と眠りにつき、健康的な2泊3日の旅行になっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/27 四万温泉

Dsc_7275午前中にクリーニングを出したり、洗濯をしたり、準備をして、お昼を食べないで家を出た。今日は群馬県の四万(しま)温泉へ行く。
天気予報で、どうも雪が気になるダーリン。チェーンとゴム手袋を入れた。いつも持って行くお菓子にも、「山道を転げ落ちるかもよ」と言って、ビスケットまで入れるほど(笑) 日が落ちる前に温泉地につきたいダーリン。サービスエリアで簡単に食事を済ませ、キコには持ってきたおにぎりを食べさせ、車に乗った。高速はスイスイ。天気もよくて快適なドライブ。
Dsc_7283ところが、四万温泉地に入ったとたん、周りは雪景色に変わり、しんしんと雪が降ってきました。前を走る千葉ナンバーの車もスピードを落としてきて、うちも慎重に走らせる。スイスイ走るのは地元ナンバーのスタッドレスタイヤの車。そして、無事に旅館に到着。キコを妊娠中に訪れた同じ川沿いの宿。四万温泉地でも一番奥のエリアで山に近く、それだけ雪も深かった。
旅館についてしまえば、あとは露天風呂だったり、美味しい食事だったりして、雪が素晴らしい演出をしてくれる。気がつけば、家族そろって9時前には眠っていました。雪道をノーマルタイヤで慎重に運転して、安全に旅館に届けてくれたダーリン、どうもありがとう。お疲れさまでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/25 暖かい気持ち

帰り際に人身事故。30分後にキコを迎えに行くことはできたけれど、電車は子供を連れて乗れるような状態ではなく、タクシーの列に並んだ。こちらも長蛇の列だったけれど、並ぶほかない。
もうすぐ自分の番だと思ったとき、向こうから「りこちゃ~んっ!!」と声が聞こえた。顔をあげると、クラスメイトのちぃちゃんのお母さん。「車だから、乗りなよ~」という。でもタクシーの順番が回ってきたので、「大丈夫」というと、彼女は持っていた私の荷物を手に取って、車に走って行った。慌てて追うと、後ろに乗ってね、と言ってドアを開けてくれた。
この日、彼女のご主人はお休みを取っていて、車で娘をお迎えに行っていました。そこに人身事故で手前の駅で足止めをくらった仕事帰りのお母さんが連絡し、ご主人は娘を乗せて、迎えに行きました。帰り道、タクシー乗り場で立っている私を見つけたようで、駅のロータリーに入ってきてくれたのでした。
おかげでキコも私もおうちに無事に到着。ちぃちゃん一家は夕食が遅くなってしまったのだけれど、本当に感謝しました。「こういうときが、どれだけ大変かって、凄くよく分かるから」と言ってくれたちぃちゃんのお母さん、本当にありがとう。タクシーに乗るよりも、その温かい気持ちに触れて、とても嬉しかった。
保育園を通じて知り合ったお母さん方は、友達であり、同志のような仲間です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/24 イヴに必要なもの

Dsc_7267クリスマスイブと言っても、平日だし、仕事もあるし、特にいつもと変わりなかった私。ダーリンに言われて、それらしい食事を用意する必要があると気がついた。現実的になっていくのは、母親の必要な能力なんだろうけれど、多分こういう日は少しロマンチックな方がいいと反省した。
そこで駅前のデパートで、美味しそうなお鮨とケーキを買って帰りました。キコはいつもどおりの食事をし、お風呂に入る頃、彼が花束を持って帰って来てくれました。
キコを寝かせるとき、彼は「早く寝ないとサンタさんが来ないよ~」と言い聞かせて眠っていました。そうか、私そんなこと思いつかなかった。そうだね、キコにはサンタさんがいるんだな、と感じた夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/22 休んだからには

Dsc_7266私の体調もすぐれず、キコの嘔吐が気になったので、今日は急きょ保育園も会社もお休みすることにしました。ダーリンも心配だと言って休んでくれました。ありがとう、ダーリン。
体調が悪くて休んでいるので、いまいち家事に精も出ず、でもせっかくの年末の平日なんだ!と気合を振り絞って行ったのは小児科。先生に事情を話し、インフルエンザの2回目を受け、更に1歳半検診までやってもらいました。これで、ひと安心、年末年始は人の多い初詣もあるし、インフルエンザも東京に来たというし、ふー安心。ダーリンにも先生にも、元気になってくれたキコにも感謝です。
そうそうこの写真、以前も花が咲いた「花オクラ」です。なんと種までできたのに、またつぼみが付きました…信じられない。でも開かず、そのまま凍ってしまいそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/21 忙しい一日&初嘔吐

キコのクリスマスプレゼントは決まっているのに、買いに行く時間がとれないでいた私たち。でも午後の予定は決まっていたので、急きょ車で新宿へ。デパートの駐車場に入れて、2時間弱で無駄なく買い物を終わらせ、デパ地下のイートインで昼食をとり、車に乗った。
都内は恐ろしく道が空いていて、天気も良かったし、快適なドライブになった。
今日の午後は、彼の叔母さんのおうちへ伺うことになっていた。予定より早く着いたが快く迎えて下さり、そこにいとこが子供を連れてきたりして、なんだかリラックスした楽しいひと時でした。いとこの子供は年明けに3歳になり、彼女も働いているので、保育園の良さについて盛り上がってしまいました。
ついつい長居し過ぎて、そろそろ帰ろうかとキコを抱き上げたとたん、キコがぴゅーっと嘔吐。びっくりしたけれど、絨毯を敷いてある居間に嘔吐物が…。ふき取ったあとでも、何度も吐いてしまった。キコが吐いたことは今までなく、かなりびっくりしてしまった。友達から、吐いた時の処理の大変さを聞いていたけれど、想像以上だったし、何より初対面の家でなるとは…。
ただ、いとこの子供も先日吐いたとかで、その話を聞いていたら安心したし、原因も食べすぎなような気がして、冷静になれました。手が多かったので、片付けは殆どおうちの方とダーリンに任せっきりだったし…。あぁ申し訳ない・・・。
キコは結局はとこの服を借りて着替えた後も、車の中で何度か吐いていました。でもひと眠りして、夕食を食べ、それも吐いたけれど、元気そうだし、下痢もなく夜中はよく眠ってくれました。いやはや、びっくりしました。子供は突然なることだらけ。こちらの胆がすわるわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/20 お楽しみ会とクリスマス会

Dsc_7215この時期に保育園が主催したクリスマス会。当初はそういう風に名づけられていたのに、一部の保護者からの苦情かしら?途中から「お楽しみ会」と名前が変わっていました。変なの。
朝9:00過ぎに受付があり、ギリギリに到着。0歳クラス、1歳クラス、2歳クラスの子供たちがそれぞれお歌を披露。ちなみにキコのいる0歳クラスは、渡された鈴をシャンシャンと振るだけです。でも可愛い♪そのあと、先生たちのパネルシアターやハンドベル、地域の合唱サークルの方のクリスマスコーラスがホールでありました。
それから、各クラスに分かれて、先生たちと懇親会。先生が絵本の読み聞かせをしてくれたあとに、サンタさんが
やってきて、それぞれの子供とクラスにプレゼントをくれました。そして各テーブルに分かれて麦茶とシュークリーム。先生たちと楽しい時間を過ごしました。
Dsc_7231その後、クラスのママ主催のクリスマス会。マンションのゲストテラスを借りてもらい、ケンタッキーやおにぎり、サンドイッチ、シャンパンやピザ、ケーキを持ち込んで、クリスマスパーティをしました。家族参加も多く、楽しかったよ~。予算1000円前後のプレゼント交換が一番準備にてこずったけど、みんなの反応を見るとすごく楽しかったし、やって良かったよ。ちなみに私が選んだのは、Glimmis(グリミス)というスウェーデンから来た反射グッズ。これからの季節にピッタリなのと、なんたって、北欧デザインでかわいいの♪是非みなさんも、どうぞ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/19 キコ1歳半

Dsc_7263今日でキコは1歳半になりました。せっかくなので、駅前の花屋で可愛い薄ピンクのお花を二輪買いました。ヘルペスも峠を過ぎ、こうやって無事に迎えられたのだから、良かったよかった。
そうそういつの頃か、うちに住んでいる小さい虫。ウスバカゲロウだと思い呼んでいたが、調べてみると、クサカゲロウだった。でも「カゲロウ」は合ってたわ!英語名は、Green lacewing。まさに姿そのもの。
ちなみにウスバカゲロウは、なんと幼虫は、アリジゴク!知らなかった。うちにいるのは違うけれど、調べてみると面白いね。
Dsc_7194人懐っこいクサカゲロウちゃん、私の指にも止まります。キコの残した牛乳をあげると、多分一口飲んだ様子。羽をはばたかせると、ちゃーんと風圧を感じる。その一生懸命な羽ばたきは、私もダーリンも邪魔とは思わず、おうちにいつまででもいればいいと思ってしまう。何を食べるのかわからないけれど、外は寒いし、きれいな黄緑の羽は、冬のお部屋に、なんだか明るさを増やしてくれていると、私は思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/16 ヘルペス

Dsc_7176昨日は午後半休を取り、病院へキコを連れて行ってくれたダーリン。キコの診断は、予想通りヘルペスでした。鼻水止めのお薬と、ケナログや鼻の下のガサガサのうるおいクリームをもらって来てくれました。そしてダーリンは今日も一日有給休暇を使って、キコを見ていてくれました。感謝感謝♪
作日届いた小包には、ベルギーからのお友達からのプレゼントがたくさん詰まっていました。コートドールのチョコレート、かわいいオーナメント、キラキラした飾り物など。ラッピングのリボンが素敵で、どれも開けるのが楽しみでした。忙しい中で、相手を思ってプレゼントを探し選び、郵便局で発送の手続きをする。それが彼女の国から飛行機に乗って、海や山を越え、オーロラを見たり、氷河をみながら、日本の私のところに届く。手元に届いた贈り物以上に、重みを感じるし、たくさん想像できて、とても良い時間ができました。
キコはピークを越えたようで、夜中何度もおきなくなって熟睡できるようになったようです。熱も収まってきました。多くの日本人が成人までにかかるというヘルペス。大人になってからより、小さいうちにかかっていた方がいいというし、それでも2週間から10日治るには時間が必要なのだけれど、良かったよかった。一生持って行くウイルスになってしまったけれど、年末年始じゃなくて良かったよ。病院もお休みになるし、タイミングよくかかってくれたね。キコりん、あと少し良くなろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/14 チョコレートがわんさか

Dsc_7178キコの熱は、夜になると38度を超え、こちらもハラハラ。夜中は何度も起きて泣き、私と彼の体力をはかっているとしか思えないほどの持久戦。もう1週間くらい続いている。仕方ないけれどね。
キコは体調が悪くて、熱もある。口内炎がひどくて、舌の先や唇には、くっついた口内炎が何か所も。痛みが分かるだけに、機嫌が悪いのもよく分かる。不調の時は、抱っこのみ受け入れる彼女。
ちょっとでも床に足が触れようものなら、ぎゃぁぁぁぁ!!まるで地面は、針のむしろかのように泣き叫ぶ。しかも座って抱っこはダメ。立って抱っこぢゃないとダメなのだ。
泣かせておけばいいと思うかもしれないけれど、子供が泣くと、私はだめだ。作業に集中できないし、とても苦しくなる。これは友達も同じことを言っていた。
彼女の状態から見て、ヘルペスだと育児書から推測した。既に日が経ってるから抗ウイルス剤も効かないし、あとは時間の経過でよくなるはず。
さて画像はチョコレート各種。ドイツやベルギーの友達からチョコレートが贈られてきた。母から自分の好きなチョコレートや妹からも届いた。更に妹からはツリー用の手作りビスケット。キコへのメッセージ入りだった。すごいっ!ビスケットを飾れるツリーはないけれど、十分クリスマスモードが高まります♪みなさん、ありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/13 髪を切りたい

Dsc_7151もともと美容院は3か月に一度くらいでいい私。でも3ヶ月くらいになると、髪が重くなってきて、はやく美容院に行きたいモードが高まってくる。
今日は2週間前に予約した美容院の日。でもキコの体調は不調。彼は仕事。カットしている間、両親に近くの有栖川公園で遊んでもらおうと思っていたのだけれど、外出すら不可能。そこで、朝早く予定を変更してもらった。両親に、広尾ではなくうちに来てもらうことにした。
連絡してすぐに来てもらえることができたので、途中でお弁当を買ってきてもらい、まずは家でお弁当を食べながらキコにも食事をさせ、引き継ぎ。そしてあわてて家を出た。運よく快速電車が来たりして、ギリギリ予約時間に間に合った。髪を洗ってもらって気分よくカットしてもらい、親に連絡を入れると、「ゆっくりしていらっしゃい」とのありがたい一言。
お言葉に甘えて新宿のデパートを見て歩いた。といっても、無目的に歩くわけではなく、来週のクリスマスパーティのプレゼント交換の品探しや菓子折りなど、買って回った。1時間半の自由時間。家に着いたのは6時頃で、そのあと彼も帰ってきて、みんなで夕食に出かけた。
土曜日なのと、時間的にどこもいっぱいで、結局お好み焼屋さんへ。父とダーリンが上手に焼いてくれて、たくさんたっぷり食べました。ちなみにここのところ、どうもお好み焼きが食べたい私。金曜日も食べたばっかりなのにねぇ(笑)ソースをつけない状態のお好み焼、キコも喜んで、病人とは思えない食べっぷりを披露していました。美味しかったし、髪もすっきり、今日の夕飯は楽しかった。いい日でした。画像は、親のスリッパを履くキコ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/12 会社員としての自分<親としての自分

20081212134714キコは今日も発熱。私は午後半休。会社のイベントもあり、本当に仕事が出来ない日だった。予定より少しだけ早めに駅に着いたので、近くのデパ地下でお好み焼きを食べた。しっかり体力つけて、キコを迎えないと!
お迎えに行くと、お昼寝開けの子どもたち同士で遊んでいたキコ。昨日よりは調子が良さそうだった。抱っこして、保健士さんや担任の先生と今日の経過や状況を話し、帰ろうとした。すると一緒に遊んでいたちぃちゃんが、向こうから走ってきて、きこりんにタッチ。キコもタッチした。言葉になってないけど、タッチには「元気になってね」「ちぃちゃんも風邪ひかないでね」というメッセージがあったと思う。

ちょうど停まっていたコミニティバスにのって、かかりつけの小児科へ。風邪の処方箋をもらい、翌日のインフルエンザ2回目の予約をキャンセルして、薬局へ。帰りはのこのこ歩いて帰ってきた。
金曜日は荷物が多い。キコは歩こうとしないので、抱っこ。横断歩道で信号を待っているとき、隣のおやじのタバコの煙がこっちにきて、とてもいやな気分になった。あぁ、今日は散々だと思いかけた時、キコが私の頭をなでた。びっくりしたけれど、あぁ全部分かってるんだと思って、涙が出た。
仕事は中途半端、自分がやるべき仕事も他の人に依頼して、小さいオフィスの皆さんに頭を下げて謝りながら、今週は毎日帰ってきた。
オフィスの人はみんな理解があって、りこちゃん倒れないでね。早く行ってあげなよ、こっちは大丈夫といってくれる。社長も、心配ないからいらないし、申し訳ないことなんかない、という。でも、20人の会社で、一人が占める割合の大きさを私は良く分かっている。だから、今週は散々だと思っていた。Dsc_7171
でもキコと一緒だと、仕事なんてどうでもいいと思ってしまう。そう仕事は、誰かかわりがいる。代わりがいないと思いたいけれど、誰かができるのだ。でもキコには、今日は私しかいなかった。だから当たり前なんだと、深呼吸して確認した。
家にいつもよりずっと早く着いて、珍しくテレビをつけた。「お母さんと一緒」をやっていて、キコは釘付けだった。ペネロペなど教育テレビを二人で座ってみた。おやつのミカンは二人でむいた。テレビに合わせて、キコは体を揺らしたり、画面に映る動物に反応していた。この時間に帰ってこれたら、キコと毎日こんな時間を過ごせるんだなぁと思った。ふと、キコに悪くなって、また泣いた。どうも私も疲れているせいか、よく涙が出る。
でも、こういうときは泣いたほうがいい。泣いて、泣いて、すっきりするのがいい。キコは涙を流している私をみて、また、いい子いい子と私の頭をなでる。その撫でた小さい手で、今度は自分の頭を撫でる。その可愛さに顔がほころぶ。
子どもは産まれてきた時点で、既に親孝行を終えていると改めて感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/10 プップー

Imgp7724今日も早退した。それでも会社を出れたのは16時。いつも翌日に仕事を残さないようにするけれど、そのためにも16時まではフル稼働。お昼はおにぎり2つとから揚げをつまみながら仕事だった。
同僚からもらった焼き菓子は、なんと奥さまの手作りだそうで、この時だけは紅茶を入れるために席を立ちました。商品みたいにキレイで凝った美味しい焼き菓子に、一息つくことができました。感謝!
キコは冷えピタをおでこに貼って待っていて、お迎えに行くとやっぱり嬉しそう。保育園の保健士さんと体調の変化を話し、先生たちともお話をしておうちに帰った。途中、キコも私も好きなイチゴを買って帰った。風邪だもの、ビタミン補給でイチゴをたくさん食べよう♪と言い訳をした。
おうちの近くの角を曲がると、向こうからプップーとなんとなく懐かしい音と、のろのろ走る小型トラックが見えた。私たちの近くに停まったと同時に、家からおばちゃんが「綿ひとつ」といって、雨戸をあけた。なーんと!お豆腐屋さんなのでした。
嬉しくなって、私は「絹をひとつ下さい」というと、おじさんは「最後の一つだったよ」と言って袋に入れてくれた。早退するのは嫌だったけれど、仕方ないし、今日はお豆腐屋さんにも巡り合えたし、気温も高いし、こんな日もあるなぁと思いました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008/12/09 お人形遊び

Dsc_7108出産祝いでもらったお人形さんがある。箱には対象年齢は2歳からとあり、私はそのまましまっていた。
先日ふとした時に、キコに渡すと既にお気に入りの様子。歯ブラシをつっこんだり、みかんを食べさせようとしているのか、顔に塗りつけたり、オムツを履かせようとしたり、おしりふきを取り出して、お尻を拭いたりしている。もちろん、服の上から拭くので、お人形さんのお洋服は湿ってしまうし、そのお尻を拭いた紙で、お人形の顔も拭いているから、行動が読めない。でも、その行動がどれも可愛い。
ドアノブを使って、ドアを開け閉めできるようになったり、引き出しから同じ色のお箸を集めたり、頼むと箸置きを運んでテーブルに乗せるお手伝いをしてくれる。もちろん、お箸は、次々と運んでくれるので、お手伝いで助かる、と言いきれないけれど、ちゃんとお手伝いしてくれるようになるような気がして、その成長が嬉しかったです。画像は、週末布団カバーを運ぶキコりんの様子。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/08 神様は見ている

キコは熱が出て、保育園から呼び出し。会社を早退して、保育園近くの小児科へ。すると待ち人数35人…。あーあ、サイアクと思って顔をあげると、クラスが同じリュウくんとそのお母さん。彼女と私は同じ年だ。
席を隣にして、おしゃべりをした。仕事のこと、会社のこと、卒乳のこと、子供のこと、育児休業中のことなど、長い1時間もの待ち時間、お互い子供に会話を中断されながらも、ずっと彼女とお喋りしていた。子供の症状も同じで、処方箋も同じだった私たち、そのまま薬局へ寄って、彼女たちと別れた帰り道には、既にいつもと同じ時間でした。
月曜日から呼び出されて、こちらも早くも疲れていた。それを多分、神様は見ていて、おしゃべりする時間を作ってくれたのだと思った。ついてないな、と思う時があっても、ちゃんとプラスマイナスがとれているなぁと思う。神様はちゃーんと見てるのね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/07 声援とお手伝い

Dsc_7111今日は、ダーリンが市民マラソンに参加。参加を決めたのも急だったから、準備までの期間が短かった。うちの近所の公園が、スタートとゴール。早くに受付をして、戻ってきたダーリン。スタートして、通る道をキコを抱いて応援に行く。招待選手を先頭に、伴走者のいる視覚障害者のランナー、カエルや牛の着ぐるみを身に付けたランナー、子供か孫の顔をプリントしたTシャツを着た年配の男性などなど。その中にダーリンを見つけて、キコと「いってらっしゃ~い」と送り出した。
家に戻り、掃除をすると、キコも手伝う素振りを見せるので、手伝ってもらった。布団カバーを洗濯機まで運んでもらい、掃除機をかける練習もしてもらった。親をまねする時期だからか、小さい体でよく頑張っていた。Dsc_7116
あっという間に2時間が経ち、彼がゴールする公園内の陸上競技施設まであわてて出かけた。既にゴールしたたくさんのランナーがいて、その波を縫って、陸上競技施設の入口へ。キコとついて1-2分後、ダーリン発見!キコと「おかえりー!」と声をかけると、両手を振って応えてくれた。
数分して完走証明書をもらった彼と合流して、帰ってきた。気持ち良さそうなダーリンを見て、ちょっとうらやましくなった。私もそのうち参加しなくては!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/06 打ち合わせ

20日に行うクリスマス会。午前中は保育園主催、午後は同じクラスの母親主催のクリスマス会だ。その母親主催のクリスマス会の打ち合わせをやりました。予定を合わせて、子供をパパや保育園に預けて11時半集合。
お昼を食べながら、子供や職場の話で昼とは思えないほど盛り上がった。とは言っても、食べ終わるとすぐに必要事項をあげて、買い物リスト、メンバーをグループに分けて、分担を決めた。
当日の流れを確認しながら、最後は会場を見て、お店でケーキを注文し解散。無駄のない手際のいい打ち合わせでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/04 心弾むランチ

Imgp7728新橋に来てから、友達とランチができるようになった。仕事柄、社長不在の時を狙うしかないのだけれど、最近は会議が多くて、私の外食もままならなかった。
いつもの汐留勤務の友達と、久しぶりの霞が関勤務の友達とランチ。友達おススメの水炊きランチはとっても美味しかった。始めて九州に旅行したとき、芋焼酎と鶏の美味しさにはまった。初めて鶏わさ(鶏のおさしみ)を食べたのだった。芋焼酎も最高に美味しく、そこで芋娘会が結成された(笑)
今日のランチは、水たき料亭 博多華味鳥、九州の鶏専門店だけあって鶏が美味しかった~。スープも味が出ていて美味しいし、話も弾み過ぎて、あっという間に時間は過ぎてしまったけれど、すごく楽しかったな~。こういうランチは、慌ただしくても大歓迎。心が健康になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/03 夢で逢う

気になっている友達に夢で逢うことが私はたまにある。
今日はベルギーで仕事している友達と、夢で逢った。彼女のご主人とダーリンが、「キコと遊んでいるから二人で喋ってきたら?」と言ってくれる。そして私は彼女と「どこでお茶するー?」と言いながら、街に出かける夢。
朝、通勤電車に乗って携帯を見ると、彼女からのメールが来ていた。嬉しかったし、不思議だなぁと思った。彼女はとても忙しく、出張でロンドンに行き、クリスマスイルミネーションが美しかったと書いてあった。そして以前私と出張中、ホテルのバーで飲んだことや夜中マックへ走ったことが懐かしいと書いてあった。私も懐かしかった。
一日の長い時間を占める仕事だけれど、仕事の順位は、明らかに下がったし、私自身が下げた。すべてのものを得ることはできないから、選んでいるのだけれど、過去を思い、懐かしんだ。
いずれまた、いつかどこかで、必ず彼女と会うと決めている。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008/12/02 ぎゅっ

Imgp7726大学の友達からの出産祝いに頼んだ「絵本」。12-3冊をこちらで選んで買ってもらいました。その中の一つが『ぎゅっ』。英語名は『HUG』という絵本です。
子猿のジョジョがみんなのぎゅっを見て、自分もぎゅっしてほしいと泣きだすと、そこにママが来て、ぎゅっしてくれます。そのあとジョジョは、みんなにぎゅっして、みんなでぎゅっするお話し。出てくる単語は、ぎゅっ、ジョジョ、ママだけです。
ここのところ、キコは抱きつく時に「じゅー」といいます。「じゅー」と「ぎゅー」は違うんだけど、彼女の今の語彙力では、濁音という共通性だけで十分同じと言える。「母ちゃんにぎゅして」と言うと、ニコニコしてじゅーと言いながら歩み寄り、ぎゅっとくっついてくれるのです。
ブラジルに行ったすぐのころ、環境の変化にすぐに馴染めず、情緒不安定だった私。自分からダーリンに「ぎゅうして」と頼みました。抱きしめられて、嫌な思いをする人はいないと思う。たくさんたくさんぎゅをしようと思いました。今日はお風呂場で、キコは蛇口にぎゅーしていました。愛情あふれるキコりんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/01 まねっこが嬉しい

Imgp7725外から帰ってきたら手を洗う、うがいをする。大人なら当たり前のことを、やっぱりキコもしたがる。だいぶ前から手を洗いたがり、ハンドソープで手を洗っていたけれど、うがいらしき行為は最近ようやくできるようになった。小さいコップに水を入れ、飲み込む量と吐き出す量が違うのだけれど、それでも口から服に掛けずに上手に吐き出す。くちゅくちゅはできないけれど、ひとまずOKだ。
お風呂上りに付けるローションとクリーム。これも同様。キコにはベビー用保湿クリームを買ったのだけれど、自分でキャップを開けている。ほっぺに付けると、嬉しそうに自分で伸ばしてる。
私がお風呂のあとに履く、ゆるゆる靴下を履いたり、スリッパに足を入れてみたり、洗面台にある洗顔用のターバンをかぶってみたり、大人のサイズを80センチのキコが使うと、ぶかぶかしていてとっても可愛い。
その度に、私は彼を呼びとめて「見て見て!」という。家の中は片付かなくなるし、いろいろ大変だけど、子供は本当に可愛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/11/30 枯葉と冬の太陽と遊ぶ

Dsc_7086日差しが暖かい。車で行く大きな公園に遊びに行った。園内を小さい汽車が走り、大きな滑り台や長い滑り台、ロープの遊具や熱帯植物園、噴水や池、梅林がある市営公園だ。
私たちは広場に向かう。芝生は枯れていて、乾いていて気持ちが良い。ここにも多くの家族連れが来ていた。みんながおにぎりを食べている中、私たちはマックをテイクアウトしてきた。お弁当なんて作るような気持ちの余裕はない。キコには、冷凍ごはんをチンして、海苔巻風なご飯とチーズと麦茶を持ってきた。そしてデザートはミカンとバナナ。食べた後は、持ってきたボールで遊ぶ。でもキコはボールより、他の子のおもちゃや枯葉が気になる。
Dsc_7072大きな葉っぱ、赤や黄、茶色や緑、オレンジ色の葉っぱをひっきりなしにつかんでは、自分の近くに持ってくる。大きな葉っぱをノートにして、枝で文字を書く真似をしたり、ベンチに枯葉を並べたり。飽きることなくずーっとずっとやっていた。
帰り道、車に乗ったとたん、ぐっすりのキコ。枯葉と太陽と遊んで、お昼寝は自然にぐっすりと深く眠ってくれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/11/29 妊婦から

3月下旬に出産を控えた友達が遊びに来てくれた。キコには仕掛け絵本、そして焼き菓子を持って遊びに来た。もともとスリムな彼女は、妊娠姿もスラッとしている。マタニティスイムもして、マタニティウエアを着ることもなく、快適な生活だそうだ。
ちなみに彼女、私に影響され、ホノルルマラソンを完走し、そのままマラソンを趣味とするようになった。どう影響されたかと言うと、「ホノルルマラソンを8時間かけて歩き切った理子ちゃんがいるから大丈夫!」という理由…。なるほど、それはそれでよかったわ。
今回の彼女は、夫婦共働きの場合の生活を聞きに来た。彼女の周りには、出産を機に辞める子が殆どで、参考にできないからだとか。へぇいまどき?と思ったけれど、実際はそうなのかもしれない。
社会復帰してからは、パートナーの協力が必要。私みたいに会社の制度上、時間短縮制度がない(使えない)場合、フルタイム勤務しかないのだから、家事も育児も当然分担するしかない。
家事は一人でやった方が手際よく捗ることもあるけれど、二人目が欲しいと思ってから、パートナーに家事参加してもらうより、最初から一緒にやったほうが、結果的に良いと私は思っている。妊婦から、少しずつ分担してもらうのがいいと思うと話した。
夫婦の形は色々ある。お互いが幸せでいられる形を、お互いが思いあえれば、それが一番だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »