« December 2008 | Main | February 2009 »

2009/01/30 抵抗と主張

家にある絵本。大学の友達から出産祝いをもらうとき、絵本をたくさんお願いした。クリスマスプレゼントには、両家両親から木馬と絵本を贈ってもらった。
ミッフィーの絵本には、小鳥が出てきて、開くと飛び立つページがある。私がパタパタと飛び立つ音を発し、腕を上下に振り下ろすと、キコは同じように真似をする。そして、そのページを見るたびに、パタパタと言い、上下に手をパタパタさせている。動物を探す絵本では、フクロウだ、ホーホーと言っていたら、フクロウを見つけて、「ホーホーホー」と嬉しそう。
どんどん吸収していくキコに驚いています。乾いたタオルが水を吸うように、ぐんぐん全てを吸収している感じがします。
朝、保育園で、クラスメイトのちぃちゃんが、キコりんが部屋に入ると一番に反応して寄ってくる。キコもニコニコして応じているのだけれど、二人はモジョモジョほにゃほトゥフトゥフと音楽みたいな外国語をにこやかに話しています。
保育園ではウンチをして、自分で「クサイクサイ」と言ったり、お昼寝で先に寝ているお友達をとんとんしてあげたりしているそうです。そして、たまに「キコの~」と言います。どちらかというとおとなしい部類に入るキコ。自分が遊んでいたおもちゃを取られると、取られて泣いていることが多いそうだ。でも先日は、「イヤイヤ」と抵抗したらしい。そして、自分のお布団が持って行かれそうになった時に「キコの~」と主張したらしい。
毎日、保育士さんとのやり取りは、何を話した、何ができた、というお話が多くて、とても楽しい。わずか5分もないのだけれど。それを彼に話して、二人で話す内容はますますキコネタだ。この2週間、急激に言葉が出てきていて、意志表示もしっかり出てきて、私たちはとても楽しいのです。
週の後半の夜は、ツワリなのか、体調が悪くてノビている私。でもキコの可愛い成長で、毎日が過ごせている気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/29 夜の電話

Imgp7741平日の夜、電話がかかってくるのは一度だけ。ダーリンが最寄駅に着いたとき、家の電話を鳴らしてもらう。合図のような電話だ。
うちの電話が鳴るのは、平日はそれくらい。週末に来るのは殆ど営業の電話。基本的に電話に出れないことも多い。帰宅してからキコが眠るまでは、電話が鳴っても私は無視している。大事な人なら携帯も知っているからだ。
でも昨日の22時。家の電話が鳴った。ダーリンが電話を取り、私の名前を呼んだ。サンパウロの60代のお友達からだった。私が送った手紙とお守りが届いたという話と、送料がかかる郵便についてだった。
海外への小包は、個人で身近に送る方法として、EMS(国際スピード郵便)、航空便、SAL便、船便、Small Packet(小型包装物)があるけれど、ブラジルではEMSでも通常通りの税関検査がのんびりとかかり、日本から本人の手元までには15日ほどかかるそうだ。EMSは、スピードというだけあって高いのだけれど、ブラジルの税関はだからと言って特にスピードが速まるわけではなさそう…。だから、高いお金を送料にかけて、気持ちが無駄になってしまうと、彼女は話してくれました。
私はドイツの友達からの郵便物が二度なくなっている。サプライズで贈ってくれたチョコレートも、ブラジルに行く直前に挙式した結婚式の写真も、結局私の手元に届かなかった。彼女が音沙汰のない私に連絡をしてくれて、初めて知った事実に私はとても残念な気持ちになったことを思い出しました。
足を失った彼女は、声は元気だったけれど、足の話を聞いていると、私の方が想像力がたくましくなってしまい、妙に声に力が入っているのでした。今年は丑年だから、牛のようにのんびりといったらいいって友達に言われたけれど、足を失っても私はじっとしていられないからねぇ、と笑う彼女でした。
事実と向き合うのは本人。私はその気持ちにそっと添うことしかできないのだと思いながら、エールを送っています。画像は、彼女が贈ってくれた絵手紙です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/28 珍しいランチ

今朝は久しぶりにキコに泣かれた。いつもの通りCHUしてぎゅぅして、離れたら泣いた。そのまま私にしがみついていたいのに、私を察して、保育士に抱きついたキコ。その姿にこちらが泣きそうになる。でも、むしろ私は笑顔で「いってきま~す」と大きな声を出して出かける。キコは保育士に抱っこされて、泣きながらも私にバイバイと手を振る。こういう朝は辛い。
だからこそ、いい仕事をちゃんとしようと思う。可愛い可愛いわが子を預けて働くのだから、その分、いい仕事をしようと思うのだ。翻って、私、そうなのだろうかと自問自答している。職務に対してはそれを全うし、仕事はちゃんとやっている。だけど、私の仕事を通じて社会に貢献できているのか、というと、どうかな。
否という答えが出そうになるのを、押さえている。今の仕事は、経済活動には役立っている。でも、自分が考える「仕事」かどうか。ひとまず今の仕事をこなしているけれど、今はそういう時期なのかしら。自分の体力と反して、自分の心のエネルギーの行き場がないような気がしています。
今日は珍しくスタッフとランチに出かけた。どうでもいいようなくだらない話ばかりだけれど、たまには良いリフレッシュになるかも!?と思うことにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/27 ちぃちゃい<おぉ~きい

Dsc_7498バナナをバとしか言わないキコが、みかんをミマンというようになった。最近よく話すようになっている。キコの耳は?と聞くと「みんみ」「めぇ」と指をさして言ってくれる。かぁちゃんの手は?と聞くと「てっ」と言って、私の掌をタッチする。体の部位と名称が少し一致しているようです。
保育園から帰るときは、お部屋にいる先生全員に、タッチを必ずしてバイバイと手を振り、お風呂に入る時や眠るときにも、気が向けば、お人形やぬいぐるみにタッチをするようになった。どうもお別れの合図らしい。
音楽に合わせて踊ったり、くるくる回ったり、ねっ、ねっと声を出し、会話を合わせようとしたり、例えば「ピタゴラスイッチ」などの最後の「チ」だけ発音したり、おもちゃのチャチャチャでは、♪空にキラキラお星さま、みんなスヤスヤ眠る頃♪の歌詞では、手をほっぺにあてて首をかしげたり、犬のおまわりさんでは♪おうちを聞いても分からない♪の歌詞では、首を横に振ったり、なんだか見ていておもしろい。保育園でやってるのかもしれないけれど、歌を歌ったとたん、キコが首を傾げたり、手をたたいたりするので、彼女の突然の反応に、私は喜んでCHUしてしまう。
保育園で大小について知ったキコ。ちぃーちゃいと小さい声で言うと、体をちぢこませ、頭を下げて、小さい両手の指をくっつけて、小さいと輪を作り、小さいの最後の「さい」だけ言う。おぉ~きいと声を大きくして言うと、顔を上げ、体を広げて、両手を左右にバッと開いて、大きいの最後に2文字「きぃ」とだけ言う。おもしろくて、かわいくて、ついつい何度もやってしまう私でした。
写真は週末、公園の水飲み場が気に入ってしまったキコの様子。ダーリンが抱っこして、水を触らせています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/26 ラテン語つながり

20090126132151会社から少し歩くとイタリアンレストランがあって、イタリア食材も売っているお店が併設されている。ツワリと少しでも体力温存したかったのと、社長のスケジュールもあり、外食ランチをしていなかった私。
今日は朝から実は調子が悪くて途中下車したのだけれど、午前中に体調も戻り、1時過ぎにようやく遅めのランチに出かけた。ちょっと歩くけれど、気分転換には良い散歩になった。
お店にはちょうど私しかいなくて、ドルチェのつくセットで、おススメのパスタを選んだ。ショートパスタに4種類のチーズソース。量もちょうどよく、パスタの歯ごたえも気持ち良く、ショートパスタにソースがしっかり絡んでとっても美味しかった。
料理を待っている間、ニコニコした店員が声を掛けてきた。ナポリ出身のイタリア人だった。ちょうど彼が話してきたとき、私は近くのラックからイタリア語の雑誌を取り出しめくっていたので、彼は「イタリア語、話せる?」と日本語で聞いてきた。私は「ポルトガル語、ポッキーニョ(ほんのちょっぴり)」と答えた。日本語とポルトガル語とイタリア語の単語をお互い発して、似てる!ね!と話していた。
20090126131207料理とデザートを楽しみ、お会計でまた彼と会う。美味しかったと言うと、名刺とビスコッティを下さり、私も名前を教えた。「またね!リコ、チャオチャオ!」「また来ます、アルフレッド、チャオチャオ」チャオチャオは、バイバイ。イタリア語とポルトガル語のスペルは違うけれど、音は似ている。
寒くて肩をすくめてコートに身を包んでオフィスを出たランチタイム、胃袋に投入された美味しい食べ物は、私の全身を温めてくれたけれど、アルフレッドさんとの会話は、私の気持ちを暖かくした。また、日を見つけて食べに来ようと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/25 手作りしたい日

Dsc_7520保育園のお友達から頂いたブルーベリージャム。ブルーベリーも自家栽培した手作りジャムだそうです。ご主人の実家で作ってくれるらしいのだけれど、量が多くて消費できないのだそう。それもあっておすそわけしてくれました。先日、実家の母が送ってくれたのは、いちじくジャム、リンゴ&クランベリージャムと柚子ジャム。手作りジャムがどどんと揃いました。ジャムの季節なのかしら…。
無添加なので嬉しいけれど、冷蔵庫保存でもカビが生えるのが手作りジャム。冷凍する量でもないし、今まではヨーグルトを食べていたのだけれど、ツワリのせいかヨーグルトはあまり受け付けない私。朝食のパンで毎朝登場させる予定です。
Dsc_7521そこでホームベーカリーの機能を使って、食パン以外を作ってみました。ヨーグルトパンとベーグル。まぁ形はかなりいびつですが、食べてみると素朴でそれなりに美味しくできました。この場合、二次発酵と焼き上げを電子レンジの発酵&オーブン機能が担います。面倒なので、気が向かないと作ることはなさそうです(笑)
Dsc_7458そして、秋にもらったリンゴが食べきれないでいる我が家。皮をむくのが面倒な私は、丸ごとオーブンへ。そうです、「焼きリンゴ」。実家のようにカスタードクリームは入れないけれど、バターとシナモンでシンプルに美味しいし、楽ちんです。ちなみに学生時代、ダーリンは自分でよく作ったと言っていました。う~ん、実家の長い私は、焼きリンゴは母が作ってくれるもんだと思っていて、自分で作るなんて本当に考えつかなかった。そういう意味でも料理好きなのは、私ではなく彼の方だと思う私でした。
さて、明日から色とりどりのジャムと素朴なパンが揃う潤った朝食になりそうです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/24 心音を聞いていた仲

Dsc_7451実家は横浜だし、保育園は隣駅なので、生活圏で知り合いに会うことなど滅多になくなった。家から出る時に、どうでもいい格好で出かけることはなかったし、いつも最低限の化粧は必ずしていたような気がする。
キコのせいにはしたくないけれど、実際、週末で近所で過ごすだけの時は、UV乳液を塗るくらいで殆ど化粧をしなくなっっています。
今日は妊婦検診。朝から搬送があったそうで2時間半待ち・・・・。彼も私もぐったりしていました。お腹もすいて、近くのショッピングセンターでとんかつを食べ、食材を買おうと移動したとき、懐かしい顔に出会いました。キコを出産するために入院していた2ヶ月間。後半1ヶ月一緒だった病院で同室だった彼女です。彼女は男女の双子をキコの一週間後に無事出産しています。彼女自身、背が低く、そのため早めにとりだす必要があった(内臓を圧迫してしまうそうで)ので、1600gで取り出した双子ちゃん。最初はNICU(新生児ICU)で過ごし、でも二人とも元気に育っていました。
キコに、「ほらTちゃんだよー、モニターで心音聞いていた仲ぢゃない」と言うと、キコは眉間に皺を寄せる。彼女は「あはは、わかんないですよ~」といいながら笑い、年賀状に書いたので二人目のことを気遣ってくれた。
ふと化粧をしていないことに気づいたけれど、病院で一緒だった皆さんとは、すっぴんつながりなので今更どうということはないのでした。人のごった返すショッピングセンターで、私たちを見つけてくれたのは、なんと彼女のご主人。彼が、まずダーを見つけて気づいてくれたそうです。彼女のご主人も、ダーリン並みによくお見舞いに来てくれていたものね。嬉しいね~♪
同じ部屋には、私がいた2か月で7人のママ達と11人の子供たちがお腹にいました。双子が二人と三つ子が一人いたんです。今では年賀状の仲、みんなそれぞれ元気に育つ様子が分かって喜ばしいし、2か月の入院も無駄ではなかったと感じます。
画像は、結露を拭いてね、と今朝キコに頼んだところ、一生懸命窓を拭いてお手伝いをしている様子です。本人も満足げです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/23 試されている?

20090123124755色々調べたら「食べムラ」のある時期だと知った私。味覚が複雑になってきて、好き嫌いもでてくるそうです。病気じゃないならキコが食べなくても、ま、いいやー♪と気が楽になったら、今度はキコが食べ始めました…。なんだか試されているような気がしました(笑) 親業も初めてなんだから、よろしくねと言いたい私。
「こうでないといけない」と勝手に自分ルールで決めていたことを、変えることが意外と苦手な私。カジュアルでもシャツやハンカチはアイロンをあてるとか、靴は磨く、ズボンはプレスする、など自分で勝手にルールを決めていたけれど、ツワリもあってできないことも増えていた。それにストレスを感じていたけれど、やらなくても死なないことに2ヶ月経って気がついた(笑) ずぼらになっていく自分を認めることが、必要なんだと感じました。
先日母と妹とランチした時に、夫のお弁当について話がでた。仕事を辞めてから母は、父のお弁当を作り、妹の夫もお弁当は喜ぶという。うちは、多分喜ばないと話した。今朝通勤中、彼に話すと、まぁねと肯定した。
まず長い通勤のカバンが重くなるのが嫌だということ、夕食のおかずを多めに作って翌日のお弁当にするという手があるけれど、お弁当を作ることによって、更に私の殺伐さが増すのは明白だから、との回答(笑)。
確かに、明らかに無理でしょう。休日でさえ無理だって言うのにね。それでも今後お弁当を作る可能性は出てきます。でもそれはその時に考えることにしよう。どうにかなるものだものね。
ちなみに今日の私のランチは、モスバーガー!突然食べたくなりました(^-^)おいしかった~!それにお店までの往復、空がとても青くて気温も高くて、気持ち良かったよ~!!いい気分♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/22 ダイエットきこ

キコはとにかく良く食べる子で、こんなに食べていいのだろうか?と親が逆に心配するほど、本当によく食べる。保育園でもクリスマス会でも、お正月も、周りが認めるほどよく食べる子だ。が、先週日曜日から妙に食べが悪い。保育園では普通どおり食べているようなのだけれど、うちでは食が細くなった。食べ慣れないもち米お赤飯のせいか?全粒粉パンだからか?と思ったけれど、白米や普通のパンにしても同じ…。肉団子スープは具を残し、スープだけを口に運び、ご飯は三口くらいで終わってしまう。良く食べていた苺を食べなかったり、離乳食から嫌がっていたカボチャを食べたり、傾向がつかめず対策が打てない私。
まぁ、お腹がすけば食べるでしょう、と思っています。餓死することはないし。口内炎でもできたのかなぁ?とかみてみたりしたけど、異常はなさそう。でも、作った食事を残されると結構腹が立つけどね~。ふぅー。
保育士さんと話していると、みんな2歳が近くなり、だんだん自分の意志が強くなって、イヤイヤを言う子も多いそう。確かに今朝、オムツを変えようとする担任の先生に、「ヤダヤダ!!」と力強く反抗している子を同じお部屋で見つけました。まぁどれも成長の過程ですね。
キコはバギー登園が嫌みたいで、乗る前後は反抗し、無理やり乗らされた後は、ものすごーく不満顔です。登園の際に、先生や同級生のパパにあっても、ムスッとしています。かなり不機嫌なお顔で、こちらの気持ちが朝から萎えてしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/21 妹と母とランチ

Imgp7737妹と母が銀座で買い物をすると聞いていた日、突然、私のお昼休みにオフィスの近くに来てくれるという。たまたま予定がついたので、私も早めのランチに出た。入ったのは、インドカレーのお店。
作りたて焼きたてのナンが美味しく、トマトベースのバターカレーがおススメで、三人ともそれを頂きました。オフィス街のランチは、マダムランチと違って時間が勝負。食事が運ばれてくるのも早いけれど、食べるスピードも自然と周りに合わせて早くなっていました。・・・結果、30分で終わっていました(笑)
実は私、ここのところ外食ランチをしていません。量が多くて食べきれず、かといって残すのも気分が悪くなるから控えていたのだけれど、珍しく全部食べきれました。今の「秘書」という仕事は、社長の予定に左右されることがあり、お昼の時間もみんなと違うことが多くて、一人ランチが日常です。今日は母と妹がいたので、それもあって食べ切れたのかも。彼女たちが買い物をする銀座と、私のオフィスは反対方向なんだけど、わざわざどうもありがとう♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/20 贈るもの

かねがねブラジルから届いた贈り物のお返しを送ろうと思っていました。もう一人、ブラジルで気になっているお友達がいて、彼女にも何か贈りたいと思っていました。そうこうしているうちに、大学の先生のお身内に不幸があったと聞いて、慌てて仲の良い女子のゼミ仲間と連絡を取り、お花とお菓子を送ることにしました。
ブラジルにいる日系人のお友達には、容器の可愛い干菓子と虎屋の小さい羊羹。それにしても日本のパッケージって本当に素敵です♪お干菓子は味が気に入らなくても、容器が可愛いから気に入ってくれそうだし、小さい羊羹は味を楽しんでもらえそうなので、選んでみました。
もう一人気になっているお友達は、60歳を過ぎたブラジル在住の日本人。一緒にブラジルの勉強した同期です。彼女は、古傷が悪化して片足を切断することになり、今年から義足で頑張っている。その彼女に送ろうと思ったのは、お麩のおすましセット。自分がブラジルに行く時に、お友達に頂いたのだけれど、お湯を注ぐだけで手間いらず。お椀に広がるのは、きれいな花麩とドライの野菜。見た目の美しさと風味豊かな味と、何より手軽に楽しめることに、一口飲むごとに「あぁ美味しいっ!」と感動したのでした。焼いたお餅を入れればお雑煮にもなるし、彼女がご主人と囲む食卓で、ホッとしてくれればいいなぁと思いました。ブラジルは真夏。でも夕食にあったかい汁物はあってもいいものだもん。
サンパウロには巨大な日系社会があり、日本食材の多くはすぐに手に入ります。でも私がいて感じたのは、ちょっと美味しいものは、やはり手土産か送ってもらわないと手に入らないのです。食べなくても死なないけれど、食べるとニンマリしちゃうような、そういうものを私は送りたいなぁと思いました。そして送料と賞味期限もポイント。お麩は軽いので、Small Packetを使えば安く送れるし、2か月近く持つので、届いてからも十分楽しめる時間があるのです。そこまで気にするのは、送料で1万近くもかかるのを知り、届いた瞬間にビビってしまったことと、それゆえに、もったいなくて大事にしておいたら賞味期限が過ぎていたという経験から(笑)。気に入って美味しく食べて、ほーっと一息ついてくれるといいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/19 Wilkinsonのジンジャーエール

Imgp7736ツワリ中はとにかく食べツワリと吐きヅワリが両方やってきて、一日中船酔いのような気持ち悪さに襲われていた。オフィスで座って作業している間も辛かった。今はだいぶ落ち着いて、朝はどよよんとして、夜は疲れもあって気持ち悪さが倍増して、ヨタヨタしている。
この時期、飲みたくなったのは甘くない炭酸。ジンジャーエールとしょっぱいお煎餅類だった。ジンジャーエール自体、コンビニでも余り見なくなったのだけれど、近くの酒屋に出かけて、ウィルキンソンのジンジャーエールを購入してきました。
環境NGO勤務時代、隣のグループの女性が教えてくれたジンジャーエール。甘くなくて、本当に生姜炭酸水って感じがして美味しいんです。ビンで売っていて、飲みきりサイズ。量が少ないので100円もしないのだけれど、おススメです。赤よりも茶のラベルがお勧め。ピリリとしてとてもスッキリしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/18 おかき

Dsc_74481月11日が鏡開きだったけれど、お正月明けの出勤の疲れとツワリで動けなかった。翌日にお餅を割ろうと思って試みたが、全くもって無理。更に普通のお餅で表面にカビが生えていたので、ナイフでカビをそぎ落とし、包丁でお餅を割りました。鏡開きは、刃物を使わず手や小槌で割るのだけれど、捨てたくないから仕方ない。それを窓際の日向で乾燥させて(というかただ放置して)一週間。
今日はそれを油で揚げて、醤油をかけて頂きました。少量の油で揚げたのと、早く食べたくて引き上げてしまったので、一部揚げ足りず、ちょっと硬かったけれど、アツアツに揚げたおかきに醤油がジュっとかかった音までも、私には美味しかった!キコには醤油のない部分を小さくしてあげました。ゴリゴリ頑張って食べるキコさんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/17 AVIONの新年会

Dsc_7426高校時代、通信教育Z会の雑誌の対談がきっかけで集まり、そのまま仲良くなったお友達。対談した雑誌がなくなるのを機にその意志を引き継ぎ、自分たちで作った雑誌が「AVION」。それはそのまま仲間の名前になった。
出会ったのは高校生の時。その時からずっとみんな所属が違う。学校もサークルも会社も異なり、共通点はAVIONという変わったグループ。雑誌はその後何冊か発行してなくなったけれど、仲間はそのまま15年以上の付き合いとして今も続いている。なんだか凄いね。
Dsc_7421会えば飲み、飲むために会い、お花見をし、飲み合宿をし、海に行ったり、結婚式にもブラジルにも来てくれた友達。留学したり、海外研修だったりして、最近ようやくみんなが日本にいるようになった。いるようになったけれど、家族も増えて、独身時代のように夜飲み歩くことはなくなって、一年に一度新年会を開くことになった。それでもみんなの予定を合わせるのに3か月前からこの話を出している。
今年もキコと2歳のぼっちゃんがいるので、個室を借り、眺めのいいレストランでランチ。丸ビル36Fのモナリザというフレンチレストランです。美味しい料理とシャンパンとワイン、可愛い食器たち。サービスもよく、子供が騒いでも気にならないしっかりとした個室で安心&快適でした。
Dsc_7427みんなの近況を聞くには、キコに手がかかり過ぎているのと、時間が足りないのだけれど、それでもキコを連れていくのは、みんなに会わせたいから。話し足りないけれど、その場でちょっとしたフレーズに盛り上がったりする、
その時間が楽しい。あっという間の3時間半、とても楽しかった、ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/16 嫌な朝の美味しい出会い

Imgp7735_2私の場合、だいたい夕方からツワリがひどくなってくるのだけれど、英語でツワリは、Morning Sickness。ツワリにも文化の違いがあるのねぇ、きっと。日本のツワリ関連のサイトをみたら、多くの人が18-24時が一番つらいと答えていた。やっぱり私は日本人だ。朝のニュースで京浜東北線が架線トラブルで止まっていると知り、ネットで情報を得て、運転再開のニュースもすぐに知った。今日は珍しく朝から調子が悪いのに、更に調子が悪化しそうなニュースでした…。
実際電車は動き出していたけれど、ホームは人がいっぱい。今週2回目の異常なラッシュの通勤。ダーリンがキコを抱き、私は畳んだバギーを持ち込んで、最後に乗り込み、しまったドアに車輪を押しつけた。どうにか無事にキコを送り届け、私はホームで30分ほど、乗れる電車を待った。乗った電車でも座れることはなく、ぐったり疲れて新橋に到着した。
のんびり歩いてオフィスに向かう途中、「焼きたてで~す」と声を張り上げているお兄さんに気づいた。いつも通過する港区生涯学習センターの一角にある喫茶店が、パンを販売しているようだった。毎朝通るけれどそれはOPEN前のようで、今日は初めて立ち寄った。
お店で焼いたクロワッサンやパイが並び、とても美味しそう。区内の障害者施設で手作りのパンだそうだ。私は、玄米パンの枝豆とチキンのサンドイッチとアップルパイを買いました。通勤は疲れてしまったけれど、美味しいものが買えて、良かったです♪あ、これはランチではなくおやつです。美味しかったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/15 10分の立ち話

たった10分の立ち話が、こころを軽くしてくれることがある。昨日の帰り道、保育園の入口で、キコのクラスメイトのちぃちゃんママに会いました。
まずは、開口一番に、私の体の心配をしてくれる彼女。そうやって気遣ってくれるのがありがたい。保育園の先生たちも、送迎の際「お母さん、体調大丈夫ですか」と聞いてくれ、連絡ノートにも暖かいメッセージを残してくれる。大変なのは本当だけれど、多くの人に支えられていると感じる。
ちぃちゃんのママとは、1歳半検診や歯科検診、フッソ塗布に関する歯医者選びの話やお正月の実家での話など、話題がどんどん溢れ出し、たった10分なのに充実した会話でした。そして気持ちがちょっと軽くなっていることに気づきました。
駅からの帰り道、バギーを押しながら歌を歌います。キコは、足を両足を一緒にばたつかせたり、頭を左右に振ったり、手をたたいたりしてノリノリです。
キコを保育園に預け始めた去年の4月、抱っこ紐の中で静かにしているキコに、毎日毎日帰り道は歌を歌っていたことを思い出しました。まだ1年も経っていないのに、あの頃が懐かしいなんてね。子供の成長はあっという間です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/14 バギー登園と人身事故

20090116081438昨日は帰り道がヘトヘトだったから、今朝からバギーで登園&出勤するとダーリンに昨晩から話していた。妊娠してツワリもひどいし、今後お腹も大きくなると抱っこは辛いだろうし、バギーを出動させなくては、と思っていたがタイミングがつかめなかった。ずっと乗っていなかったので、キコはバギーを嫌がる傾向にある。
その時間を計算し、いつもより心持ち早く起き、前倒しに全てを進める。それでも朝食に時間がかかったり、出がけにウンチがあったり、全ては時間通りに進まないのだけれど、今日はどうにか家を予定通りに出ることができた。駅まで徒歩20分。朝はダーリンの抱っこだったけれど、今日はバギー。ダーリンも快適だし、多分キコも嫌ではないはず。彼女の表情は不満げだったけれど、フットマフに両手をしまい、静かにしていました。私もバギーにカバンを積めて、ちょっとだけ楽できる感じです。

20090116082321ところが、予期せぬ出来事は、駅で起こっていました。そう、人身事故です。電車でひと駅乗って保育園に登園する我が家は、朝のラッシュがネックで、抱っこ登園していたことも理由にあります。普段のラッシュ以上のラッシュ。3本電車を見送り、ダーリンがキコを抱き、私が畳んだバギーを持って、超ラッシュ電車に乗り込みます。いつもより人の多い車内にキコは反応し、泣きだしそうになりました。私は吊革を揺らして気を紛らわせ、ダーリンはその吊革をつかませようとしたり、立っているのも精一杯な超ラッシュで必死でキコをあやした3分でした。
次の駅では「降ります!」を連呼して降り、バギーにキコを乗せて、ダーリンとバイバイし、私とキコは保育園へ。キコは無事保育園に登園できました。ダーリンも私もその後1時間近く電車を待ち、出勤しました。
想定していた経験したくないケース(ラッシュ時の人身事故)を、なんと一番に経験したからもう大丈夫だね~と話していた私たち。妊婦であることもすっかり忘れるほど、キコに集中した朝の通勤でした。一人だったら絶対無理だったけど、ダーと一緒だったから、乗り切れました。良かったよね(^-^)ありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/13 やりたい意志

今までは、洋服を着せられても、靴を履かせられても、帽子を被せられても、意外と静かにしていたけれど、キコはどんどん自分のやりたい意志を示すようになっている。成長している証拠で嬉しいのだけれど、当然大変なことも増えてきた。
保育園の帰り、抱っこ紐を嫌がり、あんよで帰りたいという。実際歩かせると、お店に興味があり、あっちへふらふら、こっちへふらふら、気になって又後戻りし、なかなか進まない。危険だからと彼女が希望しない箇所で抱き上げると、大泣きし、その声がまた途方もなく大きい…。ひと駅分の電車に乗せるホーム、バスを待つ停留所、どこもかしこも危険がいっぱいだけれど、彼女は私の手を振り払おうとして忙しい。
バスの停留所では、手をつないでいることが不服らしく、突然地べたに寝ころんだ。汚いし、みっともないけれど、彼女は私に反抗して言うことを聞こうとしない。やがてバスが到着し、席に座っても、足をばたつかせたり、前の人のカバンをいじろうとしたり、私はイライラが募った。
バスを降り、家まで歩いてもらおうとすると、今度は立ち止まって、抱っこのリクエスト。あとちょっとなのに…と思いつつ、抱きあげて家まで帰る。家につくと、私はもうヘトヘトだった。
昨日作っておいたチキンと野菜のスープとご飯を温めて、食べてもらう。ご飯を食べ終わるとようやくスープに手を伸ばした。「美味しい?」と聞くと「うん」と頷く。
私は料理が得意ではないので、料理が得意なお母さんだったら、キコはもっといろんな味が知れるかもしれないのになぁとも感じて、少し悪いと思った。美味しいかはわからないけれど、小さいキコが知る中で、美味しいと言ってくれると、本当に嬉しく、なんだか涙が出た。
疲れていたからかもしれないけれど、バスの中で怒ったことを謝った。彼女と一緒にいる大事な時間は、怒るための時間ではない。早く寝てもらいたいあまり、時間をキツキツにしているのだけれど、今日はお風呂の中で遊ぶことにした。歌を歌ったり、膝の滑り台をやったり、キコはよく笑い、その笑顔に私が救われた。
親業は1年半が過ぎたけれど、それでも毎日に気づきがあり、私も成長の毎日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/12 梅が咲いた

Dsc_7382こーんなに寒くて、春なんて程遠い先のようなのに、植物はちゃんと自分のカレンダーを毎日進めている。その植物の力強さや正確さに、感動を覚えます。
うちの小さい盆栽の梅が、今年も咲き始めました。花の少ないベランダにかわいい紅梅。ダーが大事に育てている盆栽は、今年も春を早々と告げてくれています。
今回はツワリがひどくて、毎日時間が過ぎてツワリが終わるのだけを気にしていたけれど、毎日は必ず過ぎて、同じ日は二度となく、そういう日々の積み重ねが私の人生なんだなぁと思うと、ツワリだからといっても居られないなぁと思ってしまいます。ツワリは気持ちでどうこうなるものではないんだけどねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/11 ブラジルの友達から

Dsc_7380今年は海外宛のクリスマスカードも恐ろしく遅い時期に出してしまった。多分クリスマスを過ぎてから手元に届いたかも、という時期に投函した。そのせいか年明けにクリスマスカードが届くこともあり、平日にブラジルのお友達から小包が届いていた。
郵便局に取りに行くと、手渡されたのは、懐かしい黄色に青い文字のブラジルの郵便局コヘイオの専用ボックス。中には、キコへの可愛いTシャツとビーチサンダル、アマゾンの果物クプアスとマラクジャのジャムの入ったチョコレート、キコの写真が12面に入ったキューブや手作りのカードが入っていた。
ダーリンにポルトガル語のカードを読んで訳してもらいながら、懐かしい景色を思い出していた。ブラジルには必ずまた行く。いつになるのかわからないけれど、必ず行く。待っていてくれている友達がたくさんいるし、私は行くと約束したから。家族でいつか必ず訪れます。みんな、待っていてね♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/10 結婚記念日

Dsc_7364昨夜は一週間の疲れと、戻ってきたツワリと、シャーベットのような雨と大荷物の金曜日だったので、デパ地下で夕食を買い、キコとタクシーで帰ってきた。一刻も家に帰りたいのに、タクシーの運転手さんは、どの信号でもゆっくり停車(怒)。タクシー代も今までに一番高く時間もかかって、私は不機嫌になり、帰宅して早々吐くような体調のも追い打ちだった。それでもキコに夕食を食べてもらい、お風呂に入れた。添い寝のまま眠り、ダーリンが帰ってきても起きずに、買ってきた夕食を私の分も食べてもらったような夜だった。
今朝はゆっくり起き、彼の歯医者のため、渋谷に向かう。待っている間、キコは元気いっぱい。お昼になったので、近くのパン屋でシンプルなパンとミルクを買い、キコは待合室で静かに食べてくれた。
改装していた歯医者さんには、テレビがあり、流れている映像はワインの番組だった。ワインを使った郷土料理なども出てきたのだけれど、それを見て、私は久しぶりに「美味しそう」と思った。
治療を終えた彼に「よしブラジル料理に行こう♪」といった。今日は実は結婚記念日で、彼は以前からシュラスコが食べたいと言っていたのだけれど、私はツワリが収まらず、全然乗り気になれなかった。
ダーリンはびっくりして「無理しなくていいよ」という。だから、そのワインの映像を見て美味しそうと感じた自分がいたから、大丈夫そうだと思うと伝えた。
渋谷で行ってみたかったブラジルレストランに直接行ったら、今日はパーティのため貸切…。そこでいつものバルバッコアグリルに電話すると、大丈夫だとのこと。のんびり歩いて表参道のバルバッコアへ。シュラスコランチとビールとガラナで乾杯。キコは最初の30分すやすや眠ってくれました。レストランではいつもキコの合間に食べるのでゆっくり食べることができないから、キコがくれた結婚記念のプレゼントは30分の時間だったと思います。
ブラジルで食べていたパルミット(椰子の芽)や鉄分豊富なベテハーバ(赤カブ)、お肉もたくさん食べれた。キコはフェイジョアーダを食べるころに起きだし、味見程度に、クッピン(牛のこぶ)とフェイジョアーダを食べました。帰りは
青山ブックセンターにも寄って帰ってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/09 励ましメール

Blogや年賀状で第二子の妊娠について知らせてから、両家両親はもちろん、友達からもお祝いのメールや励ましのメールが来ている。ツワリが大変だったという話も多く、でも「必ず終わるもの」という言葉に、分かっている事実でも、とても励まされる。妊娠中の上の子についてのアドバイスや、年の差についてのコメントなど、自分が読んだ本の救われた一節など、どれもとても有り難い。本当にどうもありがとう!
今週は、いろんな業者さんが年始の挨拶に来て下さいました。みなさん、気の利いた手土産をお持ち下さいます。虎の門の岡埜栄泉の豆大福だったり、ねんりん屋のバウムクーヘンだったり。業者さんのお心遣いに喜んでいる私です。
さぁ明日から三連休♪調子が悪くて、すっかりカレンダーを忘れていた分、喜び倍増。嬉しいな~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009/01/08 こんなものだっけ

Imgp773212週に入ってからツワリが落ち着いてきたように思っていた。昨日の飲み会も楽しめたし、食事もしっかりとれたし、帰宅してからも、それなりにスピーディに家事をできた部分もあったし。
ところが一転、今日は調子が悪い。通勤中のお助けフリスクも効果ないし、仕事中も気持ち悪いし、なかなか仕事がはかどらない、キコを夕食まで済ませると、もうダメ。横になってしまった。そこにダーリンが帰宅。すぐにお風呂に入れてもらいました。それでも台所に立って、夕食のセットはできたけれど、自分は最低限食べて横になる。
ツワリのぶり返し…。ツワリの体験談は様々で、朝起きたらスッキリしていたとか、徐々に軽くなったとか、分娩台の上でも吐いていたとか、本当に人により、子により、つわりの症状は異なる。あー、こんなものだったっけ、と感じつつ、早く終わることを日々切に願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/07 久々の飲み会参加

去年の6月に前職を辞めるとき、壮行会をしてもらった以来、私は夜開催の飲み会に行っていない。今の会社は、歓迎会も忘年会も特になかったからなのだけれど、初めて新年会が催された。
私はダーリンにキコを頼んで、新年会に行くことにした。会社の近くのイタリアンレストランで約2時間半。食事とオレンジジュースと会話を楽しみ、あっという間に時間が過ぎました。今日は社員全員参加の新年会で、帰り際社長に「最後までいてくれてありがとう」という言葉と、ご主人とキコちゃんによろしくね、と言ってもらいました。
できたばかりの小さい会社だけれど、社員がみんな仲がよく、社会経験も豊富で、子持ちも多いので、結構私はいい環境で仕事ができているなぁと実感した夜でした。そして、ダーリン&キコりん、どうもありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/06 早起き泣き

Dsc_7332明け方4:30、キコが起きて泣いている。ちょっと目が覚めたという感じではなく、しっかり目が覚めて、かまってもらえないで泣いている。声はどんどん大きくなり、夫婦そろって目を覚まさざるを得なかった。
オムツを替えても、麦茶を持ってきても、抱っこしても泣きやまない。抱っこして居間に行くと、パズルの箱を指して「あけて(という意味の三音)」という。適当に持たせて、寝室へ戻った。私はとにかく眠たいのだ。キコは、パズルと格闘して、できなくて又泣く。でも私たちは眠たかった。
うとうとしながら、5時、5時半、キコは静かにボックスティッシュからティッシュを出して遊んでいる。6時の起床時間には、私はボケっとしながらもベットから出て、朝食の支度をした。キコは又寝室で泣き始めている。
朝食をとりながら、多分年末年始で体のリズムが狂ってしまったんだろうね、と夫婦で話した。キコは保育園に行く途中、ダーリンの抱っこで眠ってしまいました。私たちは、今日一日きっと眠くなりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/05 仕事始め、保育園始め

通勤ラッシュを想像するだけで、青ざめているツワリのひどい私。気合いを入れて、いつもどおり保育園に行くと、たんぽぽ組の子供たちは、みーんな泣いていました。入園してから、10日近い長いお休みは初めてだったから、多くの子供が泣きモード。キコも然りで、泣いて離れません。でもしっかり抱きしめて、CHUして、笑顔で出かけてきました。
妊婦バッチをつけていても、席を譲ってもらったことはほとんどない状態に馴れた通勤電車に乗り、無事に会社に到着し、社長に妊娠を報告。驚いたようだけれど、おめでとうと言ってもらえました。それから人事やら社員みんなに報告して、みんなにお祝いしてもらいました。小さい会社だけれど、子持ちが多いせいかみんなとても喜んでくれています。ツワリの辛さを話してくれたり、奥さんの大変だった様子を聞かせてくれたり、ちょっとだけ気が楽になりました。
今は秘書業なので、オフィスワークの上、定時退社。きっと穏やかな会社員妊婦になれそうです。キコの時は、セールスという部署だったので、出張もイベントも残業も多く、パワフルな妊婦生活。性格的には前職の方があっていると思っているけれど、今の優先順位は違うからね。さぁて、今回はどうなるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/04 言葉のような音が増えています

Dsc_7318年末年始のお休みの最終日。ツワリであまり動けない私に、キコはまとわりつく。妊娠反応があってから、今まで彼で良かったものが、私ではないとダメになった。だから両家両親にも馴染まなかった。泣き声が大きいから、泣かれるくらいなら、と抱っこしてしまうけれど、調子が悪い私は結構辛くて不機嫌になってしまう。キコはもうお腹の小さな存在に気が付いていて、だから、そういう動きに出るのだと思う。子供って、いじらしい。
キコと一緒にいて、ここ2-3日言葉のような音が増えたことに彼も私も気が付いていた。たとえば、歌の最後のことばを、一緒に発声したり、歌に合わせて踊ったり、言葉らしい「おいちー」といったのは、牛乳だったり(笑)
キコはどんどん吸収していて、成長していく。お人形さんを自分の抱っこ紐やバギーのフットマフに乗せたり、木馬に自分で乗って揺らしたり、「もっと食べる?」と聞くと「うん」と言ったり、「ハイ」とお返事したり。とにかくとても可愛い時期です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/02 実家のお節と初詣

Dsc_7350朝、妹家族が来て、津軽塗りのお重にお節が詰め込まれた。それにも入りきらないお節が、正月用のお皿に盛られて所狭しと並ぶ。みんなで乾杯をし、今年の抱負を語り、私は妹夫妻に第二子妊娠の報告をした。母は、お節は作れることを父に感謝していました。お節って、かなりお金がかかるらしい。知らないで、毎年この御馳走を楽しみにしている娘です。
大好きな柚子芋や昆布巻き、栗きんとん。お煮しめも美味しかった。お節をたらふく食べ、重くなった胃袋のまま、鎌倉へ初詣に出かけた。うとうと気持ち良さそうな父を起こし、日の高いうちに出かけました。
Dsc_7355まだ駅も街も混んでいたけれど、鶴岡八幡宮までの参道はいくつかあるので、若宮大路を通って行きました。境内はやっぱり混雑していたけれど、警察が手慣れた規制をしてくれたおかげで、参拝が終わるまで40分くらいで済みました。破魔矢と安産守り、そしてサンパウロのお友達にお守りを買ってきました。帰り道、小町通りのコクリコでクレープを買って食べました。うふふ、いつも美味しいねぇ。
実家に戻って、お雑煮とお汁粉を食べ、それを夕食にして帰りました。それでも夜は小腹がすいて、キコが寝た後、ラーメンを作って二人で食べました。ツワリはひどいけど、年末年始何も料理しなかったおかげで、料理する
エネルギーがあったようです。よかったよかった。今年もいい一年になりそうです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/03 ツワリがひどい

今回の妊娠は、ツワリがひどい。二人目は楽かもという期待もあったけれど、とんでもなかった。ピーク時はトイレから出られず、5時間に及ぶ点滴を受けていた。会社ではとにかく平静を振るまい、家にいるときは、横になっていることが多く、家事は分担どころか、殆ど彼にやってもらっているあり様。臭覚と皮膚は過剰に敏感になり、とにかく寝ている以外はずっと車酔い、船酔い、二日酔いのような状態。
一人目妊娠中は、大人の食事はどうにでもなった。仕事帰りに待ち合わせして、外食も多かったし、私は横で食べれる物をつまんでいた。大人二人だったから、洗濯は週2回でよかったし、どうにかなることが多かった。
今回は、1歳半のキコの世話がある。こちらは最低限やるべきことがたくさんある。キコが眠るまで、気合いでツワリを抑えている気がする。それでも、気合いなんかでツワリは収まるものではなく、毎日毎時間、一刻一刻をツワリが早く終わってほしいと願っている。
やっと11週後半、ピークは過ぎたと感じる。まだまだ朝晩は辛いけれど、なんとなく乗り切れそうだと、言い聞かせる自分の声がしっかりしてきたと感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/01/01 明けましておめでとう!

Dsc_7338のんびり起きて、新年のご挨拶を交わす。皆さま、明けましておめでとうございます。
身支度が整った頃に、近くに住む彼のお姉さん家族が到着した。キコのいとこは、既に中学生と小学校高学年の姉妹。身長は160を超えてスラリとしているけれど、年齢的には近いせいか、キコは気になるらしかった。
みんな揃って、御両親の故郷のお雑煮とお汁粉とお節を頂いた。キコは何でもよく食べて、おなかはポンポコリンになっていました。
いつもはこの後、成田山へ初詣に行くのだけれど、今回は事前に見送ることを決めていました。というのは、ここ1-2年、成田山はものすごく混雑していて、去年もへとへとだったことと、今年は私のツワリがひどくて、混雑に耐えられるか心配だったことが理由です。毎年お参りの後に頂く鰻重は食べたかったんだけどねぇ。
私は午後からツワリの気持ち悪さが出て、せっかくのお昼のお蕎麦も残し、ソファーで一休みしていました。それから、今度は私の実家に移動。いつもより早い出発で、明るいうちに移動できました。
実家について、この日の夕食は手巻き寿司。明日、妹夫妻が来てからお節だそうです。キコはまた良く食べること、食べること。卵焼き、シラスの海苔まき、納豆巻きなど胃袋が底なしかと思うほど、よく食べてくれました。私はツワリのせいで食欲がイマイチだったのだけれど、母が手際よく色々作ってくれたので、口にすることができました。この日は9時過ぎに就寝。年末年始、家族そろって、本当によく寝ています。実家にいるのにお手伝いなどせず、両家両親に甘えっぱなしです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/12/31 大晦日にお節と第二子妊娠報告

Dsc_7327大晦日は、彼の実家で過ごすことにしている。午前中にいつもの掃除にプラスαな掃除と片付けを加え、大掃除終了。荷造りをして、マックでランチ。キコには、塩なしポテトと何もつけないミニパンケーキと牛乳のセットを選んだ。私はベーコンレタスバーガーセットで、彼は最近登場したダブル・クォーターパウンダー・チーズのセット。以前はトマトを40円でプラスできたのに、その選択肢は今回はなくなっていました、残念。野菜をちゃんと食べたいならモスだねぇ。彼は食べている途中から、ビックマックにすれば良かったと後悔していました。パンからお肉がはみ出ていて、とっても肉肉しいハンバーガー。見ていても、10代20代向きな感じがします。
渋滞にも遭わず、無事に彼の実家に到着。お茶を頂くときに、第二子妊娠を報告。やっぱり会って話したかったから、年末になってしまいました。ブログでの報告も今が初めてです。
保育園には早めに話し、実家の両親には先日美容院に行くために家で面倒をみてもらっていた時に報告しています。なので、まだ会社には年明けに報告です。
彼の実家の両親は、同じ故郷出身で、大晦日にお節を頂く習慣がある。私たちは早めにお風呂を頂き、NHK紅白歌合戦が始まる前に、シャンパンで乾杯して、お刺身やローストビーフ、お節をたっぷり頂きました。キコは驚くほどよく食べ、周りを喜ばせるほど。食べてくれるだけで、本当に安心します。今年もいい一年でした。皆様、どうもありがとう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008/12/30 年内最終出社日

Imgp7731私の勤める今年オープンしたばかりの小さい外資系企業は、30日までが出勤日。20人のスタッフがほぼみんな出勤している。社長はすでに休みに入っているけれど、20人のスタッフは、ほぼみんな仕事をしている。
私も片づけやら、年明けの仕事の下準備をしていました。休んでも問題なかったけれど、ダーリンが会社が既にお休みに入っていて、キコも元気という状況。有給休暇はできるだけ持ち越したかったので、出勤した。
午前中、お付き合いのある業者さんが、年末のご挨拶にいらっしゃった。今日はお菓子がたくさんある。夕方、経理のマネージャーが、どうぞと言って、カップアイスを買ってきてくれた。暖かいオフィスで食べるアイスクリームは、とっても美味しくて、ばたばたした師走を収束させてくれるような気分にさせてくれた。
今日は、キコとダーリンが二人でお留守番。今年も私、お疲れ様♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »