« September 2009 | Main | November 2009 »

2009/10/30 拍手

20091030163632駅ビルに入っている魚屋さん。新鮮で安いけれど、どうやって食べていいのか分からないお魚も多い。魚の見方はよく知らないけれど、目が光ってて、ピチピチしてて、おいしそうなのは一目瞭然。でも今日もどう調理するものなのか分からず、氷に乗った魚の前で右往左往。それをみていた店員さんが声をかけてくれました。正直に分からない話をすると、まずは手前にあったイワシの調理法を話してくれました。
更に奥で魚をさばいていたお兄さんが出てきて、台所バサミではなく普通の封筒を開けるような薄いハサミを持って登場。そのハサミでイワシの頭を切り落とし、ほらね、といって手開きの仕方を実演。更に皮をはいで「これでお刺身になるよ」と教えてくれました。見事な手わざに見とれて、思わず拍手してしまった私。店員さんは「なんでも聞いてよ~」と笑顔で言ってくれて、私はイワシを買いました。よぉしこれからは魚屋さんの心強い応援もあるし、お魚率UPを目指します。Dsc_2534
帰りに八百屋で野菜を買うと、いつものごとく八百屋のおばあちゃんからキコはお菓子をもらいました。飴やおせんべえが多く、いつも私が預かるのだけれど、今日はプチゼリー。それはどうしても食べたいらしく、仕方なく夕食後のデザートにしました。キコはかなり急いで夕食をかきこみ、ゼリーを開けてとせがみます。でもなかなか開けれないでいると「がんばれ、がんばれママ!」と突然声援が・・・。ゼリーの蓋で応援されるとは思わず、笑って力が抜けそうになりながらも、ようやく開けるとパチパチパチとキコから拍手喝采されました。おもしろいねぇ。
寝静まった後、ダーリンとお茶を飲もうと急須の蓋を取ると、そこにはおもちゃのマッシュルーム・・・。肩を震わせて笑ってしまいました。おかしいね、どうして急須にキノコなのかしら(笑) かわいいキコりん、今日もありがとう。
写真は、今日の保育園のお昼ごはん。明日のハロウィンにちなんだごはんです。お昼はカボチャ蒸しケーキだったとか。イベントごとにこういうランチ、保育園に感謝です♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/29 食べられちゃうミコりん

Dsc_2504私たちは、よくキコのほっぺやお腹とかお風呂だったらお尻とか「かわいいから、たべちゃおうっ」と言ってCHUしているから、キコもミコを「たべちゃう」という。ただ大人と違って彼女は本当にミコに食いついたらしく、ミコは大泣きもしばしば。
もうすぐ4ヶ月になるミコは、手を口に持っていって指しゃぶりをしたり、タオルや服など口の近くにあるものをクチュクチュしたり、近くにあるおもちゃを見つめたり、足を天に向かって伸ばしたり、うぐぅとかあぁう、むんにゅぅ、ちゅわぁといった言葉を発している。
キコは指しゃぶりはしてはいけないと思っていて、見つけると「赤ちゃん、ダメよ~」とミコのところまで行って、手を払いのける。「ミコはいいのよ。自分のお手手だって、確認している大事な作業でね、成長の証なの」といっても理解できないらしい。キコに見つかると、ミコは毎回指しゃぶりをさせてもらえないが、キコにされるがままでもまだ泣かないのは、まだ分からないからなのか、第二子だからかしらねぇ。たくましいわ。
Dsc_2482ミコは45度くらいズリズリと動くようになり、赤ちゃん布団から畳に足がずり落ちています。う~ん、成長だねぇ。コレに伴って後頭部に髪の毛玉を発見できました。そうだったそうだった、キコもそうだった!細い髪がよれて髪の毛玉ができるのだった。コレからどんどん増えてくるね。あっという間にもうすぐ4ヶ月だ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/28 好きなもの

Dsc_2493今日はダーリンとデート♪新宿に出かけて、修理が終わった髪飾りをもらってきた。その足で丸の内に新しくできたブリックスクエアに行ってみたけれど、気持ちよい中庭に面したお店は満席。そこで近くのVIRONへ。
やっぱりね、私はここは好きだなぁ。店内が賑やかだからミコが泣いても大丈夫だし、天井が高くて気分がいいし、店員のサービスもちょうどいいし、私はこういう雰囲気が好きなんだろうな。
二人でワインを飲みながら、バゲットと白レバーのムースを楽しんだ。とても美味しくて、ついパンを食べすぎてしまうほど!レバーにキャラメルソースが良く合っている。それにメインもデザートも美味しくて、私はニコニコ。とてもリフレッシュできました。
さてダーリンと電車に乗りながら、ふと思ったこと。「好きなものって理由がない」ということです。Dsc_2508
たとえば今日修理から戻ってきた髪飾り。キコはキラキラが気に入って手にとって遊んでいたうちに、スワロフスキーのパーツが一個、取れてしまっていました。このブランド、ゴムなど取り替えてくれるので、その際相談してみると一個のパーツをわざわざNYから取り寄せてくれました。たった一個のパーツのためにいくら人件費がかかってるんだろう、と思ってしまったけれど、アフターケアもブランドを評価するポイントだから、やっぱり良かったと思えてきます。
飛行機に乗ってきたパーツを入れて元に戻った髪飾りは、私の好きなものの一つです。他にきれいな紙やカード、スカーフ、帽子、白いシャツなど、なぜか分からないけれど、私が好きなものたち。理由なく好きで、もっていると気分がうきうきするものたち、仕方ない(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/27 可愛い

Dsc_2487朝から快晴、気温も上がって、広くキレイな青い空ばかりが見えて、とても良い気持ち。布団を干したり、洗濯しまくったりして家事の一日です。
ミコは首がだいぶ据わり始め、平らに寝かせる以外に、クッションで作った背もたれで角度を作ると、ちょっと嬉しそうにしています。首もよく動かして、声のするほうを向いたり、動き回るキコを目で追ったり、たまにケタケタケタと笑います。こちらもつられて笑ってしまうほど、可愛いです。まさに至福のとき。
キコのお迎えに行くと、クラスメイトから「きこりんのママー、バイバイタッチ~♪」と呼び止められます。0歳で一緒に入ったときは、みんな赤ちゃんだったのにねぇ、感慨深くなって、バイバイタッチしながら頭をぐりぐり撫でています。
キコは昨日に引き続き「抱っこ」のリクエスト。抱いていたミコをベビーカーに乗せて、キコを抱っこして帰ります。今日保育園で何をしたの?と私からたずねることもあれば、キコが目にした月の形や看板の動物のイラストや色なんかを話して帰ります。抱っこで目の前にいるので、CHUとかむぎゅぅと抱きしめると、「CHUしないで~」「ぎゅぅしないで~」と言ってきます。「ママだからいいんだもん、CHUしちゃおう」というと、くぷぷと笑って「ぢゃあ、ほっぺにCHUして」と甘えてきます。
本当に嫌がっているときは、ほっぺを膨らませて口を尖らせて「やーめーてっ」といって、手を叩きます。親としては、それはそれでかなり可愛いんだけどね(笑)
可愛いキコをずっと抱っこして歩いて帰ると、さすがに家に着く頃には肩が凝るのだけれど、甘えたいときもあるだろうしね、せっかくだから私は、いっそトレーニングだと思って筋肉を意識しながら抱っこしようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/26 厨房へようこそ

Dsc_2491台所の道具にあまりこだわりのない私。半分くらいはダーリンが独身時代に使っていた道具をそのまま引き継いだり、なんとなくその場その場で必要で買ったものを使い続けています。
でもミルクパンはホウロウがはげたり、フライパンのテフロンがはげたりしてきたので、鍋やらフライパンを買うことを検討しました。まぁだいたいこういうのは、一番使う人が考えるんだろうけれど、ダーリンの分析にお任せして、最後は話し合って決めています。
私の今住む街は「鋳物」の有名なところなので鋳物のフライパンと、生涯使えるという丈夫なホウロウの鍋を買いました。これからずっと使うことを考えれば、決して高くはないと私達は考えています。
人生の半分は一人暮らしをしていたダーリンと、全く実家を出ようとしなかった私。生活能力はダーリンのほうがずっと上で、料理に関しても、ダーリンはイギリス時代は鍋でご飯を炊いていたり、包丁も砥げるそうです。すーごーいー!鍋でご飯なんて「炊飯器あるし、二度とやらん」という意気込みで家庭科でやったくらいだもんなぁ。
ということで「台所に是非是非入ってきてね!《ダーリン、ようこそ》っていう垂れ幕さげたいくらいだよ」というとダーリンに笑われましたが、厨房へようこそ。いつでお待ちしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/25 喜寿のお祝い

Dsc_2433ダーリンのパパが今月喜寿を迎えるので、お祝いの会に招かれました。場所は帝国ホテルのレセゾン。彼の両親が結婚式後最初に泊まったのが帝国ホテルで、今から40年以上前とのこと。それからキコやミコが続くのだから、命ってずっとリレーしてきているんだなぁと感じます。
ちなみに赤ちゃん連れの私たちのため、個室にして下さいました。彼のお姉さん家族も集合し、乾杯の後、美味しいお食事が次々に運ばれてきます。どちらかが泣いたりぐずったりで、相変わらずなかなか落ち着いて食べれないけれど、ミコに関してはお姉さんや彼の両親が抱っこしてくれたので、キコに集中したり、写真を撮る余裕はありました。
お料理はどれもキレイで美味しくて、嬉しかったなぁ。前菜からデザートまで、プロの「かわいい」と思うようなお料理に、私の舌も目も心も大喜びです。キコは天然酵母のフランスパンと、ボールの形をしたバターに夢中。そして昨晩から「水」が好きで、水ばかり飲みます。あとはデザート達。多分このとき初めてこんなにデザートを食べたのではないかしら。チョコレートも初めてたくさん食べました。歯磨きがしっかりできないのでチョコレートをあげてないんだけど、今日はお祝いの席だし、味の良い美味しいものばかりだったので、食べさせました。美味しかったし、楽しかったねぇ。Dsc_2458ホテルのサービスはやっぱり良いですね、食事をより楽しめるようたくさんの配慮がなされて、気分よく過ごせました。
帝国ホテルは、キコを妊娠中の前職のイベントで使ったことがあり、裏導線を使ったり、ビジネスセンターを利用したりことが思い出されたし、斜め前の日生劇場は、日本生命の入社式や社内診療所で使っていたので、それもあって日比谷はとても懐かしかったです。
今日は久しぶりのヒールを履いて、6キロのミコではなく13キロのキコの抱っこが多い一日でした。足だけでなく全身疲れたけれど、自分の体力がUPしていることに我ながら驚きました(笑)子どもたちのおかげで、私は精神面体力面、両方トレーニングしてもらっているようです。ありがたいねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/24 珍しく

Dsc_2399昨晩は珍しくダーリンが「終電に間に合わないかも」騒動がありました。結局乗り継ぐ電車は全て終電だったけれど、無事に帰ってきました。
私は独身時代、酔っ払って「終電で終点」で目が覚めてしまい、両親に車で迎えに来てもらったという経験があります。2回くらいあったかな。下車すべき駅から電車に揺られて1時間前後・・・。駅員さんが心配して迎えに来てもらうまでとホームの電気をつけておいてくれたこともありました。
そういえば終電で隣駅で目が覚めたときはタクシーに乗ったらお金が足りないことに気づいて、運転手さんにお財布を見せて、コレでいけるところまでというと、メーターを切って家まで送ってもらったこともありました。男友達と朝まで飲み比べして、お台場で朝日を見ながら迎え酒して家に帰ってきた記憶も懐かしい。
今は酔っ払うほど飲まないし、飲み方も変わったね。過去は若さゆえの無茶ぶりだけど、楽しかったし、その時々を満喫した証拠だと、自分を肯定しています(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/23 キコ小児科、ミコ耳鼻科

Dsc_2416キコの熱は昨日も夕方くらいから38度を超え、夜中には39度を超えていた。新型インフルエンザの場合、一回目のインフルエンザ検査では出ないことも稀にあると小児科医に言われていたので、週末に備えて今朝もう一度行くことにした。
新型インフルエンザでは基礎疾患のない子どもが亡くなるケースが相次ぎ、小さい子がかかるようになってきて、私も気になっている。でも防ぎようがないんだもんなぁ。過剰に家に引きこもるのも私のストレスが上がるだけだしなぁ。
今日はダーリンが午前半休を取ってくれたので、車で病院へ行くことができた。本当にダーリンは頼もしい!つくづくダーリンと一緒になってよかったなぁと思います。この人、かっこいいなぁって思うもの。
さて、キコは再検査でもインフルエンザの反応はなく、肺炎の検査を調べる血液検査でも正常値だった。咳も熱もまだあるけれど、普通の風邪で、もう少しすれば治るとの診断で安心しました。
それから同じビルの中にある耳鼻科へ。今度はミコのほうだ。今週から右耳だけが妙な臭いがするのが気になっていた。でも熱もないし、本人も機嫌が悪いわけでもないし、手で耳を気にすることもないので、キコの病気を優先していました。やはり臭っているほうの耳からは膿が出て、外耳炎との診断。先生いわく本人はちょっと痒いくらいにしか感じないはずだそうです。良かった!点耳薬という目薬ならぬ耳薬をもらって帰ってきました。ついでにキコの耳掃除もお願いしたけれど、ピカピカでした。
キコはいつものように食事を全部は食べてくれないけれど、食欲も戻ってきたし、大きな声を出したり、ふざけたりする元気も多少戻ってきました。まだ熱はあって目はとろんとしていて、咳も出るけど、キコの体が休みたがっているらしく、とにかくよく寝てくれるので、体も回復に向けて頑張っているのだとわかります。
そうそう咳対策で、今晩から加湿器が出動です。洗濯物が乾いて嬉しい季節だけど、たしかに空気がだいぶ乾いているものね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/22 一日おうち

Dsc_2402キコは熱が上がったり、下がったり。昨日は保育園でおやつも昼も食べなかったので(一緒にいるときは何でも食べたのだけれど)、今日はお休みして自宅安静することにしました。
キコのクラスメイトが入院中だと知り、メールをすると「クループ症候群」で、咳が止まらないとか。親も付き添って入院しているそうです。キコも変な咳を出すので、ただいま様子を見ているところ。今回は、咳が出始めると食べなくなるので、おじやにしたり、梅干を混ぜたり、欲しがるなら何でも食べさせて、とにかく体力をつけるためにあの手この手で食べさせています。ただ咳が出なければ、いつもどおり散らかして好きなように遊んでいます。まだぐったりするほどではないし、いつもに少しブレーキがかかったようなパワーなので、抱っこをせがまれる以外、遊びに関しては私もある意味ラクです。
Imgp7837
お昼ごはんのあと、ミコに授乳しながらふと寝てしまった私。目が覚めると、さっきと違うDVDが流れています。キコにきいてみると自分で取り替えたのだそうです。びっくり!
写真は、市内のデパートに展示されたキコの作品です。市内のいくつかの保育園の1-2歳児の作品が、クラスごとに展示されていました。キコのクラスは、新聞紙の立体的なお芋に色紙をはったもの。ほっこり美味しそうなお芋ばかりでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/21 美味しいランチ

Dsc_2406先週風邪でキャンセルになった中野の友達の家に行ってきました。
環境NGO時代の同僚です。中野の駅前商店街はとても賑わっていて、楽しそうなお店がいっぱいです。実演しているカラフルな飴屋、手ぬぐい屋、黄な粉がおいしそうな煎り豆屋、天然酵母のパン屋、レトロな和菓子屋など、じっくりみたいお店がいっぱい。
でも、実は昨日からキコの調子がイマイチで、いつ保育園から呼び出されるか分からない状態だったので、足早に彼女のおうちに向かいお昼ご飯をご馳走になりました。さつまいものポタージュに始まり、パパイヤとお豆のサラダ、カラフルなお野菜に黒オリーブのソース、魚介のパスタ、手作りのシュウマイ、最後はハロウィンのかぼちゃのデザートとカフェでした。美味しいし、色もきれいな食事に、一緒に行った友達と1歳の子どもも大喜び。
夫婦二人暮らしなのだけれど、こんな美味しい食事を日々作るなんて、私は子供ができる前でもしなかったなぁと思い出し、彼女はすごいなぁと思いました。お土産に、小笠原の青いパパイヤとカボチャのデザートをもらいました。
キコを三時過ぎにはお迎えに行き、一緒に図書館で本を読んでいるところに、週末の代休をとって、自分の時間を満喫したダーリンが合流しました。調子の悪いキコは抱っこばかりですが、ダーリンがいるので問題なかったし。日中わずかだったけれどお友達と会って、気持ちがリフレッシュしていたので、キコもミコもダブルで泣き喚いても、大丈夫な夜でした(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009/10/20 誉められると嬉しいから

Dsc_2379日曜日公園で遊んでいたとき、後半キコは砂場に入り浸り。ペットボトルにお水を汲んで、砂場にまく。それを何十回も飽きずにやっていた。砂場にお水を撒いて濡れたところでお団子を作るわけでもなく、穴を掘るわけでも、山を作るわけでもない。公園のお砂場は、野良猫が糞をしないように柵があり、入り口のドアを開けて中に入る。
キコはドアを開けたら、閉めるものと思っているらしく(家ではしないのに)毎回ドアを閉める。前後に人が控えていても、ひとまず閉めたいらしく、その人が入るまで/出るまで待っていた。
そのことを保育園の先生に話すと、先生が「さすがキコちゃん、ちゃんとしていますね~」と誉めてくれ、帰り道その話をキコに伝えた。すると今朝、キコは保育園に行く前に家中のドアを閉めてくれた。いつもはそんなことしないのに、パパの前でもやってみせたくて、また誉められたくて、今朝ドアを閉めてみたんだろうな。
誉められると誰でも嬉しいし、誉めて伸ばすとよくいうけれど、確かにそうなんだなぁと実感した朝でした。

今日はチキンナゲットを作ってみました。できるもんなのねぇ。ふんわりやわらかい仕上がり。子どもも好きそう。NHKの雑誌「今日の料理」って季節の食材も豊富だし、美味しいし、簡単にできるから素敵です。いつの間にか分量が二人前になってるのね。
プラスけんちん汁が今日のお夕食。お野菜たっぷり、今日はレシピに従って、木綿豆腐を乾煎りしたり、干し椎茸も使って丁寧に作りました。やっぱり美味しいです♪

いつもの保育園の帰り道、キコは全速力で駆け続け、いつもよりだいぶ早く帰ってこれました。定休日のお店はシャッターが下りていて、それをみてキコは「お店がねんねしてるー」といい、自分が走って顔に感じる風が、ちょっと強いと「風、やめてよぉう」と顔をぬぐいます。その感覚がかわいいなぁと感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/19 お腹と交信中

20091019140205高校生のときからのお友達は、12月に出産を控えた妊婦なのだけれど、まだ産休前なので、仕事中のランチに会ってきました。彼女の働くオフィスタワーの入り口に秋の花の寄せ植えがあり、和みます。すぐ隣のホテルでのランチを楽しみながら、いろんな話をしました。出産やその後の生活に関する話が主だったんだけれど、彼女が始めた事業や子どもの名前、フランス人のご主人との文化の違いなど、楽しい話もたくさんできました。
ランチのシーフードオムライスも美味しかったけれど、デザートのパンプキンプリンが美味しかったなぁ♪別れ際、彼女のお腹にミコを近づけると、ミコが突然クククと笑い出した。きっとお腹の子と交信中なのね。何を話しているんだろう。想像すると面白い。
それからデパートで授乳とオムツ替えをして、キコのお迎えに向かいました。いつもは新宿高島屋だけれど、今日は渋谷東急。違うデパートもたまには楽しいね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/18 ホンモノであればいい

Dsc_2377
日曜日なのに朝からダーリンが終日お仕事。そこで大学時代の友達が遊びに来てくれました。みんなでお茶をしようと、昨晩りんごケーキを作っておいたのだけれど、好評で良かったです。
レシピまで書き留めて帰ってくれたし(^-^)大学を卒業して10年、早いよねぇとそれぞれ驚きです。Dsc_2316キコは以前より人になれるのが早くなり、自分の家ということもあるのだけれど、すっかり慣れてくれました。友達を見送って公園でしっかり遊んだあと、家では私のペンケースから本物の5円玉を見つけたました。私がそれを「キコが見つけたんだから、あげるね。本物の五円玉だよ~」というと、ものすごく嬉しそう!「本物」というのが嬉しいようです。私に渡して「はいヒャクエン(100円)です、どうぞ」と言ってみたり、古い私のお財布に何度も出し入れして満足そうでした。昔友達のご主人からもらった、一万円札もどきの脂取り紙。それもあげるとまんざらでもない様子(笑)コレで喜んでくれるなんて、こちらも嬉しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/17 ミコお食い初め

Dsc_2320二人目というのは、本当に申し訳ないけれど、忘れてしまうことがある。ごめんね、ミコ・・・。すっかり忘れていたミコの「お食い初め」。ダーリンが気が付いてくれました。
食べ物に困らないようにお祝いするのが「お食い初め」の儀式。100日とか110とか120とか色々あるようなんだけど、そのあたりで都合のいい日なら良いかということで、今日やりました。
事前にデパートの鮮魚コーナーで鯛を予約。ただお食い初め用の鯛は、グリルにも入らないようなものなので、20センチくらいの真鯛。そして国産の蛤を用意しました。お赤飯ももち米も小豆もセットになって炊飯するだけのものを買い、煮物はキコのとき同様、サトイモの煮物。お膳に食事を乗せて、う~ん完璧♪
ミコを初めて、ハイローチェアを起こして座らせると、キコは大興奮!「赤ちゃん、おっきしてる~」とニコニコです。キコのときは彼女が大泣きだったけれど、ミコはじーっとお膳を見たり、こっちを見て実に静かです。キコはミコに顔を寄せたり、取り分ける鯛を「赤ちゃん、ちょうだいな」と言ったり、始終嬉しい模様。
多分、寝ているばかりミコが座っているのを見て、自分に近くなっている気がしたのではないかしら。それが嬉しかったんだと想像します。
キコのおかげで、ミコのお食い初めは、本当に賑やかな夕食となり、家族で揃って食事するって楽しいし、大切だなぁと感じました。そしてとても幸せを感じた私でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/16 夜のお茶

Dsc_2291妊娠中は体重管理をしていたので、夜のおやつをしなかった。果物を少し食べる程度で、それだってできるだけ朝にしていたくらいだった。キコを寝かしつけて、ダーリンが夕食を終えた後、夜のお茶の時間を復活させている。
なんといっても授乳中の今、食べても体重が変わらないという素晴らしい時期!でも生クリームは乳腺が詰まるので、それ以外のお菓子にしているのだけど、あんこはもちろん、やはり日本のお菓子がいい。または手作りのお菓子も登場。ダーリンは、お茶を淹れてくれるし、その時間は今日あったことや、新聞やネットで読んだ情報、お友達の話やキコとミコの話、週末の話をして過ごしていることが多い。

最近のキコ、グリム童話の絵本「ヘンゼルとグレーテル」のくだり、「きこりの夫婦は」というと「きこりん?」「きこりんなの?」と反応したり、自分が食べているものを、絵本にある動物に食べさせたりする。
ミコのお祝いとしてハロッズのYear Bearを、キコのとき同様にいただいたのだけれど、今回はキコに絵本が同封されていた。そしてそこに「きこちゃんが大きくなったらミコちゃんに読んであげてね」とのメッセージを読むと、毎回「はい!」と手を挙げたりする。
今日は保育園で避難訓練がありました。広くて安全な公園に避難し、その後、ホールで全学年が集まって、保護者を待つ子どもたち。今日は初めて、ホールで待っているキコを私は迎えにいけました。親はこの日のために開放された非常階段を使うことが可能だけれど、ビルの上までミコを抱っこして上がるのは無理で、エスカレーターでお迎えです。ホールではみんなが歌を歌ったり、手遊びで遊んでいたようでした。
いつもと違う公園の利用に、キコも真剣になって参加して、お話を聞いていたと先生から教えてもらいました。備えあれば憂いなし!避難袋のチェック、しなくちゃな。ミコのオムツ、まだ入れてないし、キコのオムツはサイズが変わってるしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/15 生きていること

Dsc_2236新卒で勤めた日本生命時代の上司のご主人が亡くなった。女性の課長は、ご主人を「うちのチャーリー」と呼んで、いつも大事にしているのが分かった。
都内のマンションを引き払い、温泉のある場所に定年後のための家を買い、私たち同期は、何度か訪れて宴会をした。チャーリーさんは、穏やかに私たちを見守ってくれたり、七厘で魚介類を焼いてくれたり、庭では火をおこしてお肉を焼いてくれたり、大好きな洋酒に饒舌になることがあっても、見守る目は始終優しかった。去年遊びに行ったとき、まだ一歳だったキコとも遊んでくれたのに、もういないなんて信じられない。
先日の同期会でチャーリーさんが入院していたのを知ったけれど、こんなに早いとは思わなかった。
上司だった課長は、「ニッセイの母よ」というような人。営業目標が三倍になる月には、コロッケパンを作って励ましてくれたり、うまくいかない時でも種を蒔き続けた努力をちゃんと見逃さない人。お家にいけば、美味しい鯖の押し寿司や、朝には焼きたてパンを作ってくれた。自分のために働いていた課長を支えていたご主人、いつもご主人を気にかけていた課長、素敵なご夫婦だった。
Dsc_2237そしていつでも「うちのチャーリーがね」と話してくれる人だから、ご主人が亡くなったことがどんなに悲しいか、私は理解できない。
色々方策を練ったけれど、お通夜も告別式も都合がつかず行くことができない。最後のご挨拶をと思ったけれど、キコやミコが騒ぎ出すことも考えると、日を改めて仏様にご挨拶しに行くのが良いと判断した。同期に知らせて、有志でお花を贈ること、そして落ち着いた頃、お線香を上げに行くことが今私ができることだった。
いつもいて当たり前の家族が、いなくなるのは考えられない。想像しただけで辛いのに、現実はどんなだろう。本当は、生きているだけで幸せなのに、それを忘れてしまう。そして生きている私は、日々に感謝して、ちゃんと生きていく、それが仏様になった人への弔いだと感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/14 こういう日は

Dsc_2289友達のお家に遊びに行く予定にしていた今日。昨日のお昼過ぎから、ミコが急に発熱したのと、一緒に行く友達も風邪気味だというので、延期にしました。
延期を決めるまで、既に今日の夕食まで準備していた私は、今日は突然ぽかっと空いてしまったような気がしたのと、ミコの熱は下がったけれど、大事を取りたかったので、おうちで過ごすことに決めました。先日のプリン作りで残っていた卵白、これを昨夜のうちに自然解凍してお菓子作りです。卵白と砂糖を泡立てて、そこに粉と溶かしバターとレーズンを入れて焼いただけのケーキ。
焼いている途中、パソコンを開き、長い付き合いの友達のメーリングリストで久しぶりのやり取りを読みながら、昔の集まりを思い出していました。もうかれこれ、人生の半分の長さを知っている友達。結婚したり、妊娠したり、起業したり、転職したり、留学したり、みんなちゃんと生きている。それが嬉しい。
適当に作った割には、形に収まって美味しくできたケーキ、良かったです。さぁてと、まだ時間があるから、夕飯のおかずをもう一品作ろうかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/13 食べてみたい

Dsc_2280昨日のベーコンは、今朝の朝食のメニュー。朝食は、ヘルシオというオーブンレンジに、パンとココット皿に入れた卵と野菜を載せて、モーニングメニューで加熱するのが常なのだけれど、今日はベーコンをフライパンで焼いた。
売っているみたいに薄く切れない分、厚みのある美味しそうなベーコンに、私はワクワクしてしまいました。ちょっとしょっぱかったけど、まいいっか。
そして昨日作ったプリン。冷やすのに時間がかかり、昨日のおやつには間に合わず、夜のおやつに私とダーリンは食べていたけれど、キコは朝食に出しました。「おいしい、もっとちょうだい!」というキコに嬉しくなりました。
やっぱりレンジについているレシピブックのプリンより、お菓子本のプリンのほうがコクがあって美味しい気がします。卵黄が多いし、手間もかかってるし、当然か。今朝は、平日なのに、とっても満足な朝の時間が過ごせた私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/12 手作りベーコン

Dsc_2278
土日両方出かけていたので、今日はおうちでのんびり。ダーリンがキコとおうちで遊んでくれているので、私は台所に立ってやりたいことをやっていました。料理は得意ではないし、上手ではないけれど、食べるのは好き。コレ食べてみたいと思う気持ちが、私を台所に立たせていることがあります。
今日やってみたかったのは、ベーコン!『今日の料理』にあって、塩豚を鍋でいぶすというもの。豚バラに塩と砂糖を摺りこんで、三日冷蔵庫へ。それを天日で乾燥させた茶殻やコーヒーかす、ローリエを敷いた鍋に金網を乗せて、塩豚を乗せ、蓋をして弱火で25分。イマイチしまりがないけれど、それなりに出来ました。私は満足!
そして、プリンも作りました。今回はお菓子の本のレシピに忠実に作りました。以前ダーリンが出張で行ったマダガスカルのお土産のバニラビーンズも使ったし、カラメルも美味しそうに色づいたし、ばっちり♪
ベーコンもプリンも美味しいものが売っているけれど、たまにはおうち味もいい。何を使っているか分かるから安心だし、手間と時間がかかってる分、大事に食べるしね。今日もまた良い一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/11 秋の日差しをたっぷりと

Dsc_2172
疲れていたのでもっと眠っていたかったけれど、キコのおかげで8時前には起床。そして久しぶりにホットケーキの朝食です。天気がいいので、布団を干し、出産で髪が抜けているのでササッと掃除機をかけ、買い物へ。でも余りに天気がいいので、大きな公園に行こうという話になりました。
急いで食材を買い、お惣菜とおにぎりとおやつを買った。いったんうちに戻り、食材を冷蔵庫にしまってから、お手ふきとお茶、レジャーシートなんかを持って、車で向かった大きな公園。ここは、キコを生んだ病院のすぐ隣にある市立公園です。「キコの病院だよ~」というと「へぇ、赤ちゃんの?」というので、「キコが産まれた病院だよ。ママは2ヶ月住んでいたようなもんだ、あはは」と笑った。あの時は本当に私も、二日に一度お見舞いに来てくれていたダーリンも、お互い大変だった。でもそのおかげで今の、健康なキコがあるんだから、無駄ではなかったよね。Dsc_2159_2
無料駐車場は満車の表示があるほどでビックリ。そこで病院の有料駐車場へ。それだけたくさんの人で賑わっていた大きな公園はちょうどグリーンフェスティバルというお祭りの最中でした。出店や地場の農産物、盆栽やミニサボテンのテントが出ていたり、屋外ステージではコンサートをやっていました。私達は大きな芝生の広場で、お弁当を食べて、キコはダーリンとシャボン玉をしたり、ボールで遊び、私はミコに授乳したり、抱っこしながら揺れていました。青く高い空に、色づき始めた木々。秋の日差しがあふれている午後です。
Dsc_2216キコは裸足で何度もあっちこっちを走り回っていました。そのエネルギーの大きさに私達は顔を見合わせて笑ってしまうほど、元気いっぱいでした。三時過ぎには芝生の広場を後にし、コスモスや噴水のある広場へ。さらに、遊具のある広場やミニSLなどキコには魅力いっぱいのスポットが続きます。キコは果敢にももう少し年齢の上の子向けの遊具にチャレンジしたり、長い滑り台はダーリンと滑り降りてきたり、アスレチックのような傾斜を行ったり来たり、あれほど走り回ったのに、まだ存分にエネルギーがあるようでした。子どもってすごい・・・。
でもやっぱり子どもだなぁと思うのは、車に乗せたとたん、こてんと眠ってしまったところです。かわいいキコりんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/10 運動会

Dsc_2130今日は待ちに待った保育園の運動会!台風も去り、8時前に家を出て保育園に向かいます。青空に手作りの旗がはためく園庭です。
去年のキコのように0歳児はカートに乗って登場。そして2歳児以降のクラスはそれなりにまりがあります。やはりキコのいる1歳児クラス(つまり2歳前後)が一番子どもたちがてんでばらばらで、親のほうに走ってきたり、座り込んだり、その分先生たちもよく動いてくれています。それを見ている親たちは爆笑でした。キコは「運動会の歌」を歌ったり、準備体操もそれなりにできていて、やる気満々です。
Dsc_2075
保護者同士で久しぶりに会って「今日は息子がウンチが出てないんだよね」という母親に、「うちも」「うちもなのー」との会話。それを聞いていたお父さんが「どういう会話なんだよっ(笑)」との突っ込み。0歳児から一緒の人たちとは、大変な時期を乗り越えてきた同志という感覚もあるし、長いお付き合いでもあるので、やはり会話も弾みます。
その場で、キコと10日違いのちぃちゃんのママが妊娠したと知り、大喜び。でもツワリがひどいらしく、げっそりしていました。そして、遅く来たママを見つけたちぃちゃん、「ママ~」と泣きながら駆け寄る姿は、私が妊娠中のキコの姿とも重なり、それだけにママの大変さも分かるのでした。
Dsc_2139
さて、競技の「かけっこ」では、合図の前に駆け出す子、月例別で3グループに分かれたけれど、別のグループで走ってしまった子など、大変でしたが、キコは2回目のグループで一番でした。フライングで駆け出した子がいたので、テープを切ったのは2番目だったけれど、合図と同時に走り出したキコは、すごい早さでゴールにいた私のところに走ってきてくれました。
もう一つの親子競技は、親子で紐でつながれた帽子をかぶって、一緒に走り色別トーマスに同じ色の箱をつなぐものだったのだけれど、これもキコは協力的でした。ずっと泣いていた去年とは全然違うなぁ。年の上の子達はヨサコイ音頭だったり、騎馬戦だったり、組体操だったり、それはそれは立派な成果を見せてくれました。
親の私たちも、ミルク缶のリレーに私が出て、ダーリンはキャッチボールのリレーやむかで競争にも出場。保護者競技はもれなく出た私たちです(笑)ちなみに親子競技はどれも懐かしい曲ばかり。親の世代を鑑みて選曲してくれたみたいで、親たちもノリノリでした。
Dsc_2134
それからデパートに行き、七五三の丈を合わせに行きました。メダルを持っていたキコ、なぜかメダルを付けたまま、着付けをしてもらました。多くの店員さんに注目され、たくさん声をかけてもらいました。さすがによくいく生活雑貨のコーナーでは、店員さんと顔なじみになっていて、同じ年の子どもを持つ店員さんとは話に花が咲いてしまいました。
一通り買い物を終えた頃、キコは抱っこでネンネ。ダーリンと鶴屋吉信であんみつを食べました。こういうとき、一緒に甘いものを食べてくれるダーリンでよかったなぁと思います。それにしても、やっぱり美味しい。甘いものを食べるとホッとするけれど、あんことお茶の組み合わせは、洋菓子よりホッとするかも。授乳中の今は、生クリームはNGっていうのもあるけれど。Dsc_2138

食べきろうと思ったら、キコがパチッと目を覚まし、結局キコもあんみつを食べて、帰りました。運動会、去年との成長をぐんと感じる一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009/10/09 さんまの食べ方

Dsc_1937台風が過ぎて、朝から青い空。布団を干して、汚れた窓をさっと拭いた。天気がいいので部屋の汚れが目立ち、朝は掃除モード。終わったら、いつものとおり夕食の支度を早々に始める。
ミコは鼻水が止まったし、目やにも収まったみたい。良かった。授乳していると、私のシャツをつかんだりして、そんなしぐさに成長を感じる。
ブラジルから日本に帰ってきたとき、秋刀魚が本当に美味しく感じて、毎週のように秋刀魚の塩焼きを食べていました。4年目に入った今年の秋、さんまの塩焼きは楽チンなので、同じように今年も毎週出していると、ちょっと飽きた感が否めない様子。で、秋刀魚のレシピを雑誌や新聞でみるとひとまず試してみる。塩焼きに続き定番になったのは、梅酒やしょうがと黒酢、梅干などで煮る方法。切って煮るだけなんだけど、簡単で美味しい。今日の夕食はコレです。じっくり煮たかったので、朝から夕食の支度を始めたのでした。
さて携帯には保育園のママ友からのメール。キコを生んだ病院の看護婦さんなのだけれど、男の子の双子のママでもある。なんと三人目を妊娠したとか♪嬉しいね~。明日は運動会。会ったら、まずはおめでとうを言おう☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/08 台風のもたらしたもの

Dsc_2003今回の台風は、JRは全線止まるし、ものすごい風は吹くし、大型だったということを感じます。今朝ゴミを出しに行くだけでも、足元が取られそうなくらい強い風。ダーリンは電車が止まっていたので休暇を取り、キコも保育園を休ませて、突然家族そろった休日となりました。
こういうときに限って、お昼に食べたいパスタが足りなくて、苦笑い。でも意外と私も工夫できるようになってきて(ダーリンがその成長ぶりに感激するほど)、冷凍しておいたミートソースを焼いた茄子にチーズと一緒に乗せて、再度焼いた。一方でホームベーカリーで生地を作り、フォッカッチャも焼いてみた。
おかげで素敵なランチが作れました。いやぁ、珍しい(笑) ホームベーカリーやオーブンレンジのヘルシオという文明の利器のおかげも大きいけれど。本当はワインくらい開けたかったのだけれど、午後はミコの予防接種に車を出してもらうことになっていたので、また次の機会に。
午後は予定通りミコの初めての予防接種BCGを受けに行きました。ひと泣きしたものの、すんなり泣き止み、買い物を済ませて帰ってきました。お家に帰ってきてから、キコは元気いっぱい。ミコが自分の歌とダンスで笑ったことが嬉しかったらしく、「あかちゃん、笑って~」といって同じ歌とダンスを繰り返し披露してくれました。今日は「かもめの水兵さん」で、ダーリンの前でも突然笑い出したミコ。そのままみんなで笑い合ってしまいました。台風のおかげで、むしろ私は一日楽しい日を過ごせたようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/07 地を這うクラゲ

Dsc_1931唯一できたゴーヤをそのままにしておいたら黄色く熟してぱっくり割れて、中から真っ赤な種が出てきていました。秋色のゴーヤです。
以前お友達からもらったトーマスのDVDを見ながら、リモコンを耳にあて、電話のように「うん、うん、ふーん。ばいばーい!」と話すキコ。誰と話していたの?と聞くと、「トーマス!」というキコ。今どこにいるの、トーマス?と続けて聞くと、テレビを叩きながら「おうち!」との回答。面白い。

月曜日、雨がひどいので雨よけを付けたベビーカーにキコを乗せた。キコはベビーカーを嫌がり、大暴れ。乗りながらも、雨除けをはがし、靴も靴下も上着も脱いだ。保育園の短パン半そで姿で、ぎゃんぎゃん泣いた。私もイライラして、キコを怒鳴った。更にキコは泣いたけれど、私はベビーカーを押し続け、家に帰ってきた。
その話を園の保健士さんに話すとげらげら笑ってくれた。私は「だって傍から見れば寒そうな格好で泣いてるし、まるで虐待している風にも見えるし、もうヘトヘトだったんです」というと「そういう時はね、笑っちゃえばいいんですよ。今が一番可愛いときですから」という。ミコも抱っこしているし、余裕がないというと、キコを呼んで「きこたーん、ママの言うこと、聞いてあげるのよ~。ママ、困っちゃうのよ」と言ってくれた。20091006180534
季節が変わり日が落ちるのが早いので、暗さが私を余計に苛立たせている。雨だと視界も悪いし、傘とベビーカーで必死になってしまうのもある。昨日も同じようにベビーカーを嫌がるキコ。予想していたので、レインコートを着せて、最寄り駅から歩かせた。家の近くで傘を差したがるので渡すと、大喜びで持ち始めた。人も少ないし、ミコも泣かないので、キコを可愛いと思いながら見ることができた。
傘が大きいので、軸を持つキコはすっぽり傘に入り、重いので歩みはのそのそヨタヨタ。くらげが地面をふらりふらりと歩いている風に見えて可愛かった。携帯の画像なんだけど伝わるかしら。笑い飛ばすとまではいかなかったけれど、可愛いと思えるのは、余裕があるとき。保健士さんの言葉に感謝した。

Dsc_1984ミコのお風呂は、帰宅した後のダーリンと一緒。キコのお風呂は私と一緒。そんな風になっていたのだけれど、ミコが泣き止まない日はキコとミコと一緒に入る。今日は三人でお風呂に入った。キコはボディソープを泡立てて、私の背中やミコのお腹を洗ってくれる。そして三人で湯船に浸かっていると、キコはお湯の中でジャンプしたり、歌を歌ったり、ミコに顔を寄せて「あかちゃ~ん」と言ったりしている。歌って飛び跳ねているキコを、ミコはじっと見つめていて、突然、笑い出した。まだ「笑う」時期ではないので、正確に言うと、彼女が発生した声というより音が嬉しそうな笑い声のように聞こえた、とでも言おうかしら。キコは「赤ちゃん、笑った!」と大喜び。私も嬉しくなったし、なんだかおかしくて笑った。
予期しないこんな瞬間は、気分を明るくしてくれる。今週は天気も悪いし、洗濯も乾かないし、ミコも鼻風邪だから外出を控えていて気分が落ち気味だったから、余計に明るくなった気持ちを感じます♪画像は、キコがミコに「いないいないばぁ」をしているところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/06 前向きな性格

Imgp0409プーさんの続編が、80年ぶりにイギリスで出版されたと知った。新しくカワウソの友達が加わった内容だそうだ。作者がインタビューの中で「世界は、この動物たちのように、優しいところなんだと知ってほしい」と話していたけれど、その言葉にはじめての一人旅を思い出す。そう世界を構成する人も自然も、すべてはとてつもなく深く優しい。

友達が来月あたりに世界を巡る旅に出る。それもあって、いろいろ思い出していた。
19歳、青年環境NGOの日本のメンバーとして、ワシントンDCで開催された世銀・IMF総会のデモに参加した。逮捕されたときに電話する弁護士の電話番号を、腕に書いた。
宿泊していたホームレスのシェルターから、夜飲みに出かけるときに引いた口紅を、コスタリカ代表の同じ年の子に誉められた。
香港から来ていたホウは、飲んだ後の帰り道、一緒にドラえもんの歌を歌った。
ミャンマーから亡命していたアウンには、母国に残したいとこと同じ年だからといつも気にかけてもらえた。
オーストラリアのドナは、辞書を引きながら参加していたワークショップで、簡単な英語に置き換えてくれたし、生のブロッコリーの美味しさを教えてくれた。
スイスから来ていたスージーは、「英語はしゃべることで上達するのよ」と教えてくれた。
いつもみんなで話し合うために座り込んだ芝生は気持ちよく、見上げた空は広く、空気は適度に冷たかった。

20代にも旅をしているけれど、一番鮮烈な印象を与えた一人旅は多分この19歳の旅だった。人とのつながりの心地よさを感じ、私はどこでも生きていけると思ったし、何より人間は優しいんだと思った。
そして今もそれは感じる。今はダーリンという伴侶を得て、守るべき娘達がいる。だからこそ、もっと強く生きられると思う。そして私の人生は、もっと楽しいものになるだろうと思う。

今日は両親の結婚記念日。妹と一緒に美味しい魚を贈りました。私の何でも「きっと大丈夫」と思える前向きな性格は、両親が私をいつも信用して見守ってくれていたからだと思う。そして多くの私に関わってくれている友達のおかげです。どうもありがとう。私の人生はとてもHappyに満ち溢れているよ。
ちなみに画像の写真は、私が旅先で集めていた各地の砂。行ったことのない土地の砂もお友達からもいただきました。当時また伴侶ではなかったダーリンからもいただいていました(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/05 衣替えと古着の寄付

Dsc_1933週間天気予報によると今週は台風で雨の日が多く、気温も低そうなので、エイヤと気合の衣替えをした。鼻づまりのミコは、目やにも出て、風邪の症状。そのため機嫌が悪くてよく泣きます。赤ちゃんだから泣くのは自然なんだけれどね。そのたびに作業が中断するので、気合が損なわれるけれど、やりきりました。
さて、キコは冬の後半に買った長袖シャツやズボンがまだ着れるので、それを出し、キコのお下がりをミコ用に出した。ダーリンの半そでのワイシャツをたたみ、長袖のワイシャツを出す。自分のものは大してないけれど、これを機に服やらタオルや寝具などの整理をしてみる。で、なぜか使わないのに取ってあったシーツやハンカチ、使いこみ過ぎたバックなどは寄付することにした。
ちょうど寄付の期間なので、ダーリンにも協力してもらい、週末に送る予定。これによって、パキスタンのスラムの子どもを支援することになるから、送料はもちろん自己負担だけれど、ただ捨てるよりずっと良い気持ちです。それに気に入って買ったり、使っていたものなので、誰かが又使ってくれたらそれはそれで嬉しいしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/04 そのうち一緒に

Dsc_1972晴れたので、洗濯物をバタバタ始め、その間にキコはダーリンとお絵かきしたり、積み木できりんさん(この画像の積み木がきりんさんです)を作ったりして過ごしてくれました。
午後はまた気が向いたので、カップケーキを作りました。材料を混ぜていると、泡だて器を見て、自分のおままごとセットの泡だて器を持ってきたキコ。そこで、キコにもやらせてみると嬉しそう。一緒に混ぜてみました。
Dsc_1981
そのうち一緒にお台所に立って、お手伝いしてもらえると、楽しそうだなぁと思った私。楽しいと思えるまでには、粉だらけとか食器を割るとか包丁で指を切るとか、道は長そうですが、体験することは大事。ダーリンも小さいときにケーキの泡立てを手伝った経験があるので、泡立てを手伝ってくれることがありました。
第一、自分で生きていく術を付けてもらわないとね。そしていつか私に美味しいケーキやご飯を作ってね♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/03 お月見ケーキ

Dsc_1973低気圧のせいか、私はたまに頭痛になる。土曜日の朝なのに、頭が重くて、やる気が出ない。でも買い物に行って、ランチの外食をして帰ってきたら、頭痛は消えていた。
午後ふと食べたくなって、ケーキを作るために台所に立ちました。アーモンドパウダーもちょうどあったし、レシピにあるパイナップルの缶詰はなかったけれど、熟れたバナナとレーズンを入れて調整。ベーキングパウダーが切れていたけれど、入れなかった。型もちょうどいいのがないのだけれど、似たような大きさの耐熱皿があったので、バターをくるりと塗って流し込んだ。無事に焼きあがったのをみて、どうにかなるもんだと思いました。
出来上がったまん丸のケーキ、ちょうど今日は十五夜お月様だし、お月見ケーキだなぁと思ったけれど、お月様に供える前に、お三時に食べてしまいました。美味しかったよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/02 消極的家事でOKな日

Dsc_1958キコが最近書いた絵は、私たちの顔。なんとなくそれらしく見える。親バカなんだろうけれど、ね。
ちなみに子育てというのは、親バカではないとやっていられないとつくづく思います。夫婦でカワイイカワイイといってるんだから、傍から見れば筋金入りの親バカです。でも、それでよいと思います。
キコには、毎日お風呂で体にCHUCHUして「かわいい!」といい、仕事から遅くに帰ってきたダーリンは、眠っているキコにCHUしています。そして口癖のように「キコは本当にかわいい」といい、「かわいいひとっ」と呼びかけると、キコは「は~い」と手を挙げます。「ママもパパもキコが大好きなの、大事なの、分かってる?」というと、「うん」と嬉しそうにするキコ。本当にかわいいです。
Dsc_1934そのせいか、キコは「ママ、かわいい。」に続いて、「パパ、かわいい。あかちゃん、かわいい。キコ、かわいい」と言ったりします。
今日は天気も悪くて部屋の埃も目立たないので消極的な家事を一通り終え、ミコも寝ていて、ちょっとした時間ができたので、午前中からお茶の時間(笑)。
友達からもらったクリーマー(IKEAで80円だったとか!?画像のシルバーでリング付きのやつ)で温めたミルクを泡立て、コーヒーに注ぎ、ガトーショコラをいただきました。ちなみにキコは、フォームミルクのことを「泡牛乳」と日本語で呼んでくれます。笑える!
来週はミコのBCGです。鼻かぜ治るかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/10/01 ミコ3ヶ月

Dsc_1639水疱瘡は、治っても医師から登園許可をもらわないと、保育園にいけない。昨日は小児科が休みだったので、今朝行ってきた。園医でもある熊さんみたいな先生を、キコは「おーちまてんてい(大島先生)」と呼んでいる。小児科に行くと、クラスメイトと早速会って、私もママとおしゃべりできました。水疱瘡はクラスから7人出て、今度は風邪がはやっているそうです。
無事、登園許可をもらい保育園に10時過ぎに行くと、どのお部屋も空っぽで園庭では全学年合同の運動会の予行練習!あわてて、キコに帽子をかぶせ、靴下を履かせていると、担任の先生が迎えに来てくれました。ちょっと園庭を覗いていると、すぐにお友達と手をつなぎ、リレーの練習。日ごろあれだけ好んで走っているのに、予行練習では、最後にゴール(笑)。当日は観客も多いから、もっと緊張しちゃうかもなぁ。
常駐の保健士さんに、登園許可を渡して、お休み中のキコの様子を話した。園庭で一生懸命走ったり、お友達を追っかけたりしているキコを見て、彼女にも彼女のコミニティがあるなぁと改めて感じた。
結局保育園を休んで一週間一緒にいたけれど、休日と違ってダーリンは会社だし、ミコが泣けば、私が抱っこしてあやしている様子をずっと見ているので、キコは赤ちゃんへの嫉妬が少し増殖していたようです。それでミコの手がキコに触れただけで、「や~め~て~っ」といって、ミコの手を強く払いのけたりしていました。もちろん、ぶちゅーっとかわいがってくれるときもあるのだけれど。
Dsc_1956
そんな話を保健士さんにすると「2歳児は自立心が一気に芽生えてくる時期だし、自分のどうしようもない感情が、
当然自分でも理解できないから仕方ないですよ。それでも、キコちゃんなりにすごく我慢しているんです。兄弟がいるのはすごくよいことだから、上の子が通る道なんです。それも成長ですから」と教えてくれた。こうやって保育のプロと話すと、安心できます。ふ~。
キコは大変な時期だけど、やっぱりかわいいから、今日も保育園を休んで手元においておきたくなるけれど、保育園に来るとお友達が「きこちゃーん」って寄ってきて、うつむきながらも嬉しそうにしているキコをみると、毎日保育園があるのは良いと思います。お友達や先生やカリキュラムから、私ではできないたくさんの刺激を受けて、みんなから育ててもらいたいと確認した私です。
Dsc_1932ミコは今日で3ヶ月。市から予防接種や3-4ヶ月検診の案内が届いています。5800グラム、58センチくらい、自分の体の一部を確認する作業である「指・手しゃぶり」も始まっています。おっぱいもよく飲むのだけれど、昨日から鼻水じゅるじゅるです。そこで登場「鼻水吸い取り器」!ミコの小さい鼻の入り口に入れて、鼻水を吸い取ります。ビックリして泣くけれど、しっかり吸い取れて鼻水で苦しまなくていいので安心です。キコのときに買ったけれど、買ったのに一度も使わず、毎回病院に行っていたけれど、ミコのときはしっかり使っています。やはり私も肝が据わりはじめていますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/30 親子でカット

20090930112534
久しぶりの雨。でも今日はヘアサロンを予約していた。バギーにミコを寝かせ、雨除けをかぶせ、キコを抱っこして傘を差す。片手でバギーを押しながら、バギーがぶれないことに気づいた。ミコも多少重みが出てきたし、私もかなり筋肉がついている成果かな(笑)。
新宿で、母と待ち合わせしてオムライスをランチに食べた。デパ地下ブラボー♪それから髪飾りのゴムを替えてもらうために寄ったお店で、また一つ購入。うふ。だってかわいいんだも~ん♪授乳中で髪をまとめてばかりだから、使用頻度も高いしね。明日でミコも三ヶ月、キコの水疱瘡も治ったし、ご褒美うふふ。
ダーリンにも、プレゼント!育児を一緒に頑張ってるし、明日から衣替えだし、更にかっこよくなるようにネクタイをを選びました。売り場に行くと、店員さんからゴールドのネクタイもあります、といわれた。鳩山さんの影響で縁起もよい色なので、揃えているとのこと。ベージュのようなものから、光沢のある黄色のようなものまでありました。でも結局紺地にストライプのものを購入。
Dsc_1929そして、10年来の美容師さんのサロン@恵比寿へ。美容師さんはミコを手が空いているときに抱っこしていてくれたり、スタッフも室温を気にしたり、子供用の絵本も準備してくださっていて、快適でした。途中、私は授乳したりしながら、次はキコ。持ってきたビスケットでしのいでもらったけれど、美容師さんが誉めてくれたせいか、キコは目をつぶって顎をひいて前髪カットしてもらったり、順調にカットしてもらえました。さすがプロ、上手です。気づいたら、親子三世代でカットしてもらっています。
夜、帰ってきたダーリンにキコとプレゼントを渡しました。「いつもありがとう」といって、両方のほっぺにキコと私がCHU。ネクタイも気に入って嬉しそうです。キコにネクタイの包装に使ったリボンを頭に付けると、きゃっきゃっと笑って嬉しそう。私の心が穏やかで楽しい気持ちに満たされているとき、キコはちゃんと感知して、満面の笑みを浮かべる。まるで鏡のようだね。
Dsc_1940
キコを寝かしつけてから、買ってきた大好きな岡埜栄泉の豆大福と、この季節ならではのすやの栗きんとんを食べて、大満足の私。本当に本当に美味しいのねぇ。日本ってやっぱり良い国!!すやの栗きんとんは、10個入りで賞味期限が短いから、いつも買わなかったんだけど、今日は母も一緒だったので分けることができて良かったし♪デパ地下は栗のお菓子でいっぱいでした。うふふ、いい季節になってきましたねぇ。
キコとミコを連れての外出は、やっぱり大変だったけれど、いいものも買えて、
髪はすっきり、お菓子は美味しいし、一日充実したよい日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »