« November 2009 | Main | January 2010 »

2009/12/29 イスの顔

20091229114344キコは保育園が、ダーリンは会社が、今日からお休み。そこで午前中は一緒に銀行に行きました。お年玉の新券両替と、ミコのお年玉用の銀行口座開設が目的です。キコに「銀行に行くよ」というと「えーんえん、しないよ」といいます。最近「えーんえん、しない」とよく言います。つまり泣かないという意味。新しい場所、新しいことをするときに、泣かないと自分で言うところが可愛い。
ついでにキコが恐いときにあえて言う「ちょっと恐くないね~」があります。これは「恐い」の意味。歯ブラシを嫌がるので「口の中にバイキンマンがいる~、うわぁいっぱいだぁ、ママ、歯ブラシで退治するよ」というと、「バイキンマン、ちょっと恐くないねぇ」と呟きます。恐がっているという感じが伝わってきて、見ているこちらは面白いです。
ただオバケのように本当に恐いものに関しては、言葉にしたり、声にすることすらしないのです。表情がこわばるくらい恐いようです。
Dsc_4086さて、銀行で手続きのため待っていると、キコが「あ、ぽてじん!」と指します。ぽてじんとは、教育テレビでやっている立方体のキャラクターのこと。イスの背景が、それにみえるというのです。ちょっと違うけれど、確かに目と鼻のある顔にみえる・・・思わず携帯カメラでパチリでした。キコの発想の豊かさに、こちらの感性も磨かれます。おもしろいね。
帰り道、公園で先日遊んでくれたおにいちゃんを見つけたキコ。近くまで私の手を引いていきます。「この間は遊んでくれてありがとうって言えば?」と私がいうと「ありがとう」とキコ。6歳の男の子は「いいよ」といってくれました。できなかった丸太の遊具ができるようになったり、腰がついていかなかった平均台にしっかり乗れたり、よじのぼれなかった象の遊具に、ちゃんと上れたり、毎回毎回できることが増えているキコ。それがなんだかものすごく嬉しい私とダーリンでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/28 無言の時間

Dsc_3542育児休暇中の私なので、今日は保育園で会った保護者の方々や先生方に「良いお年を」と言われて、私も今年初めて口にした。今日は保育園最後の日。お外遊び用の上着や靴など週末以上の持ち帰りの品々が多い。キコのクラスメイトにも「よいおとしを」と言われて、ニコニコしてしまう。本当にみんな大きくなったよね。
ミコが保育園に入れることを先生達にも話すと、先生方もミコに顔を近づけて「待ってるからね☆」とニコニコ。同じ保育園で気分的に本当にラクです。
さてどうしてか、今日は抱っこをせがむキコ。でも帰り道ではミコが抱っこで眠ったので、ベビーカーに寝かせるのも可哀想。その旨キコに話しても「赤ちゃんはベビーカー!!キコが抱っこがいい!!」の一点張りで泣き始めます。でも無理なのは事実なので、右手でベビーカーを押し、左手でうつむいたキコと手をつないで帰ってきました。マンションのエントランスについて「ドアを押してくれる?」と頼むと、今までの泣いていた理由を振り切るように「いいよ、ハイどうぞ」と積極的に手伝ってくれます。それがまた、妙に痛々しく感じます。
眠るときは、お風呂上りでのどが渇くミコに授乳しながら絵本タイム。するとミコにお布団をかけてあげるキコ。「キコもいい子だねぇ」と言って撫でるとニコッとします。
ところが、突然ミコをベシッと叩きました。ミコはおっぱいを外して、泣きます。私もキコを軽くベシッと叩いて「痛いでしょう?びっくりするでしょう?どうしてするの?」とキコに言うと、キコは無言。そのまま数分してから「もうしない」といってきました。キコもまだ2歳半、全然甘えたい年なのです。本人も知らないうちに積もった感情が起こした行為に、自分で考えて「もうしない」というキコに、上の子として頑張りを感じます。ちょっと痛々しいけれど、キコ、頑張ってるね。上の子の試練よ、頑張れ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/27 ごめんね、もうしない

Dsc_4207ここのところキコの口癖は、何かして、それが悪いことだと分かるとすぐに「ごめんね、もうしない」といいます。たとえば食事中に持っていたものをテーブルから落としたり、お茶をこぼしたりするとすぐに「ごめんね、もうしない」と私に言います。謝らなくてもいいことでも、言うのです。
それをダーリンに話すと「りこと同じだね」といわれハッとしました。私もよくキコにギャンギャン言った後、後悔して反省して、キコに「ごめんね、もうしないように気をつけるね」と言っているから。でも、また繰り返してしまうのだけれど・・・。
Dsc_4247ダーリンの言葉に気づかされました。私の真似でそう言うのか、私が厳しいからキコにそう言わせているのか、どちらにしてもいかんな。戒めなくては・・・。ダーリン、教えてくれてありがとう。こういうことって、自分じゃ気づかないことだからね。感謝します。
今日は三輪車を外に出してみましたが、キコは自発的にこがずに、「押して」とせがみます。そのうち、三輪車を擬人化して「こっちは行っちゃダメよ~、自転車が通るからね」などいってひっぱっていました・・・。自転車にしなくて良かったわ~。そうそう今日のおやつはミルクビスケット、初めて作ってみました。抜き型がなく、コップの底で丸く抜いたけれど、とても好評でした♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/26 花の匂い

Dsc_4138年明けに部署を異動するダーリンは、昨晩オフィスでお花とワインを頂いてきました。お花を買うことはあっても、一輪とか小さい花束くらいなので、こんなボリュームのある花束を飾るのは久しぶりのこと。
朝起きて、キコは見つけるなり「わぁ、お花♪」と喜びの声を上げたし、私もカーテンを開けるときに漂ったフリージアの匂いに、気分が良くなりました。ミコは、オムツを換えるときに顔の遠く上のほうにある花をじぃっと見つめています。
今日は保育園のサンタさんにもらったプレゼント、シャボン玉ピストルを使ってベランダで遊びます。ビックリするくらいの音がでます(苦笑) シャボン玉が割れずにベランダを出て、空に上っていくと、キコは「お~い!お~い!」とシャボン玉に声をかけます。それが可愛い。バイバイじゃなくて、シャボン玉が生きていて、呼べば応えてくれるようにキコが関っているのが、かわいい。Dsc_4133
天気がイマイチなので、午前中は家にいましたが、キコは白い三輪車を部屋の中で乗ってみたり、「ぐるりんぱ、できるよー」といって方向転換したり、ひっくり返して車輪を回し「ドーナツみたい」といってみたり、三輪車を乗るだけではない楽しみ方をしていて、見ていて面白くもあります。
午後はショッピングセンターでドーナツをおやつに食べると、「また食べにこようね」と一丁前なことを言います。抱っこのミコもドーナツをじぃっと見ていて、欲しそうに見えます。キコは「おっきくなったらだよー」とミコに言っています。そして夜はバーバーパパで、ダーリンに前髪を切ってもらいました。すっきりして益々かわいいキコりんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/25 空想のチカラ

Dsc_4099私のクリスマスプレゼントは、昨日届いた市からの保育園内定の案内でした。ミコもキコと同じ保育園に春から入れることになりました~。120倍の倍率だったそうですが、同じ保育園でよかった~!別々だったら、朝の「送り」を考えただけでゾッとします。それにカリキュラムや勝手が違うので、また一から準備しないといけないし。本当に良かったよ~。第二子以降は優遇されるとは聞いていたけれど、それでも全員が入れるわけではないので、ラッキーでした♪
さて、保育園のエントランスでは、昨日のクリスマス会のビデオが流れています。ダーリンのサンタクロース姿を発見し、喜んでみている私。確かに、目以外は衣装やおひげで隠れて、誰だかわかりません。帰り際のキコや他のお友達はビデオでサンタさんをみて、「サンタさん、来たの!トナカイさんと、来たの。お空から来たの!」と再び興奮しています。
一方、今日はお餅つき。お正月のようですねぇ☆展示してあるサンプルには、おいしそうなお餅がありました。キコはここのところ毎回そのサンプルの乗ったトレーを私に持たせて、「これとこれとこれ、食べたの」といいます。キコは全部残さず食べて、おかわりすることが多いです。ちなみに写真は昨日のクリスマス特別メニューです。
Dsc_4101午後は英語教室(保育園のカリキュラムの)があり、それを思い出して、キコは「ABC~」と意味も分からず楽しそうに歌っています。日本語もまともにできないので、早期の英語教育には興味ないけれど、楽しいことが増えるのはいいことです。
この時期なかなか寝ようとしないキコには、サンタさんが効果的です。いつもはオバケがその役を担っていて、「早く寝ないとオバケちゃんが来ちゃうよ~。真っ暗な外でキコと遊びたがってるよ、一人でいく?」というと「目をつぶっていれば大丈夫?」といって布団に入ります。でもそうそうオバケばかりで恐がらせていても嫌なので、サンタさんも登場です。「サンタさんは一年中キコを見ていて、いい子にしてると来年も欲しいもの、くれるんだよ~」というと「いい子にする~」といって協力的になってくれます。
ま、そもそも「いい子」の定義は、親にとっていい子という意味。本当にいい子ってどんな子かは分かりません(笑)でも早く寝るとかバランスよく食べることは、健康な生活の基本だと思っているので、多少厳しいといわれようと、励行しています。
サンタクロースや見えないものを信じる力、空想で遊ぶ力をバランスよくいつまでも持っていて欲しいです。それは自分を時に助けてくれるからね。
釣りがねの花は、里帰り出産中に全滅したかと思いきや、どうにか生きていてくれたみたいで復活し、やっと花を付けてくれました♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009/12/24 サンタさんに会う

Dsc_4123保育園のクリスマス会には、サンタクロースがおもちゃを配りにやってきます。0~2歳の乳児クラスは、0歳児クラスのお母さんが、3~6歳児の幼児クラスは、ダーリンがサンタクロースに扮します。
彼にサンタの依頼が来たとき、私は大喜び。平日なので仕事があり、当初は無理だったのですが、有給休暇が取れることに。そこでサンタクロースを引き受けました。幼児クラスになると誰のパパとか分かるようで、それもあって乳児クラスから選ばれたそうです。彼は体に座布団を巻き、立派な衣装に白い髪と髭をつけ、サンタさんになってプレゼントを配って回り、クラス写真を撮影したそうです。そして最後に、特別にキコにあわせてもらったダーリン。キコはパパとは全く気づかず、固まっていたそうです(笑)
保育園から「サンタ認定証」をもらったダーリンとお昼前に合流して、今度はキコのプレゼントを買いに有楽町へ。自転車が欲しいというけれど、実際乗りたいのは三輪車。でもキャラクターものが嫌いな私なので、無印良品で可愛いのを買いました。
Dsc_4111
おすしが食べたかったけれど、赤ちゃん連れNGだったり(全くもって意味が分からない理由です、高級店でもないのに:怒)、すぐに見つからなくて、中華を食べて満足した私。食べ終わってから、イブのランチになんで中華にしたんだろう・・・と冷静に思ってしまいました(苦笑)でもね、授乳中でおなかがすごくすくんだもん、仕方ない。
そして組み立てが終わった三輪車をお持ち帰りしました。その前にMeal Mujiでお茶をして一息。最寄り駅でいつもの図書館で授乳します。そこから、ダーリンにミコを抱っこで、三輪車を先に持ち帰ってもらって、私はキコのお迎えです。
いつもより早くつくと、先生達にサンタのお礼を言われました。どの先生も「キコちゃんのパパ、背があるから凄く本格的でした~」と好評でした。うふ、よかった!部屋に着くと、キコがロッカーから紙袋を出して私に「これ、サンタさんからもらったの」といいます。すると、他の子供達も紙袋を持って私に店にきます。「いい子にしてたからね、もらったの」と口々に言うのが可愛い。どの子も長い付き合いなだけに可愛いです。
「あたたん(赤ちゃん)は?」とミコがいないことを気にするキコに、今日はクリスマスパーティで、パパが見ててくれるから、一緒ではなく、だから早く帰ろうと促します。いつもはベビーカーに乗りたがらないキコですが、「早く帰ろう、お願い」というとすんなり協力してくれました。手には、サンタさんからもらったシャボン玉ピストル。
駅前の広場では、クリスマスコンサート。サンタの衣装を着たコーラスグループやケーキ屋のサンタクロースの衣装の売り子さんに、キコは「あ、サンタさん!」と指して教えてくれます。今日はサンタさんがそこらじゅうにいるので大変でした(笑)
Dsc_4104途中アイスクリームやフランスパンを買っておうちに帰りました。スパークリングワインを開け、チーズとオリーブをかじりながら、キコにはグレープタイザーを出しました。見た目が同じで喜んでいたけれど、炭酸は苦手のようで殆ど飲みませんでした。ローストチキンが焼けて、キコも美味しく食べ、クリスマスケーキは、フルーツケーキにアイスクリームを添えたものです。それとサイダーに、リンゴとバナナ、キウイを切って入れただけのフルーツポンチ。キコはハート型のフルーツだけ選んで食べていました。
さて、今日は今晩にプレゼントもあげることにしました。「サンタさんね、保育園の後にうちにきてね、キコちゃんいい子だからって置いていったよ」というと目を丸くします。サンタさんからは保育園でもらったシャボン玉で、彼女の中では既にプレゼント終了だったようです。なんて可愛い☆
Dsc_4126
布にくるまれた三輪車を見て、大興奮。そして祖父母からもらった服をあけて喜んでいます。ミコとお揃いの服にも大喜び。そして早速家の中を乗って楽しんでいるキコ。良かったねぇ。
興奮続きで眠るまえからぐずり始めたキコ。私も疲れて彼女のダダに声を荒げてしまいました。寝かしつけているとダーリンがまだ終わっていない食器を洗ってくれて、洗濯を畳んでくれて、更に絵本の半分を読んでくれました。そのダーリンの家事への協力的な姿勢に、私もちゃんとしなくちゃと思うクリスマスの夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/23 ほら、泣き止んだ!

Dsc_4068最近のキコは、よく泣きます。最近に限らず、2歳になってからなんだけれどね。自分の思い通りにならないとき、とにかく泣いて表現することが多いのです。自我が芽生えて、親の言うとおりになると自分のやりたいことができないと分かってきて、泣いて抵抗します。成長のあかしなのだけれど、だからといって、その要求を全て通すわけには行きません(笑)。
キコだって必死に要求を通そうとするので、家の中は泣き声の嵐です。でも、泣いて思い通りになることを一度でも覚えてしまうと、繰り返すからね。ただここのところ、こちらが代替案を提示して、それが気に入ると、突然「ほら、泣き止んだ」といってニコっとします。今日もキコがどうしても見たいDVDで大泣き、でもお風呂の時間が迫っています。「すぐにお風呂に入ってパジャマも着てから眠る前に見よう!」と指きりげんまんまですると、大泣きだったキコがニコッ。そして「ほら、泣き止んだ」と言います。
結構大変だけど、キコも頑張っているんだもんね~。私もあの手この手で頑張るぞ~。
写真は、保育園で作ったおにぎり。黒い折り紙を海苔にして、その下には梅干らしき丸が書いてありました。おいしそう♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/22 カード

Dsc_3941毎年10月は彼のパパ、11月は私の父のお誕生日。今年から、それに合わせてカードはキコに作ってもらっている。無地のカードにキコに絵を描いてもらっているのだけれど、結構楽しい。クレヨンと色鉛筆と無地のカードを彼女に渡しています。何を描いてくれているのか分からないけれど、丸や線の形を楽しんだり、色そのものを楽しんだり、筆圧によって濃さの変わる色をおもしろがったりして、カードに色を落としていきます。
カードの背景としては十分で、なかなかサマになっています。毎回相手を想って、どんなカードにしようかとお店に行くのがたのしみだったけれど、両家両親には孫の力作が何よりのようだと分かりました。そのうちミコも一緒にカードに参加してもらおうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/21 一枚の写真から

Dsc_3940休日出勤の振り替えで、平日代休を取って、写真展に行ったダーリン。私も行きたかったのだけれど、翌日ミコは予防接種だったし、最終週で人が多そうだったので行くのをやめました。こういう冷静な判断を強いられるのは、親になってからのことだわ。
でもダーリンがその写真集を買ってくれました。会場では売り切れており、後から送られてきたのがこちら。ブラジル人写真家セバスチャン・サルカドのアフリカという写真集です。
コンパクトな写真集でした。会場で見ると写真のサイズも大きくて、それだけ迫力もあって違うんだろうと予測できるけれど、小さくてもインパクトは十分にありました。
今から25年前の撮影のもの、キャンプで双子の赤ん坊におっぱいを飲ませている難民の写真。その胸はしぼみ、皮膚それ自体も水気はなく象の皮のよう。それでも両乳房に、吸い付く赤ん坊。あばらが浮き、頭ばかりが大きい。でも、母親にしがみつくその手には生きようとする力がみなぎっている。乳房に吸い付く姿には、絶望より命の力強さが大きく写る。
でも、私がとっさに流した涙は、悲しみの涙。どうして同じ人間が、こんな過酷な目にあうのだろう。生まれた場所が違うだけ、命の重さは同じくらい尊いのに。私にできること、私がすべきこと、私の中の矛盾を感じながらも、考え続けています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/20 女の子おしゃべり

Dsc_4039
高校一年生のときからのお友達が、うちに遊びに来てくれました。ちょうど今日はダーリンがお仕事だったので、その時間に合わせてうちに来てくれました。
朝から掃除をしていると、キコもお掃除。自分の木馬を乾拭きしてくれました。人が来ると家の中がきれいになるのでいいですね~。
お昼過ぎ、友達がもって来てくれた目にも可愛いケーキたち。美味しくてキコもぺろりと食べてしまいました・・・。そこで緊張が解けたのか、それとも自宅だからか、私の友達に臆さないキコ。人見知りのキコにしては珍しいです。絵本を読んでとせがんだり、積み木をやろうと誘ったり、おままごとでお料理してくれたり、楽しそうに遊んでいました。キティちゃんが気になっているという話をすると、「キコちゃんもキティ好きなんだ~♪」と嬉しそう。彼女も根っからのキティ好き。キティは世代を超えているような気がしました。
Dsc_4066あっという間に夕方になったので、そのまま帰ってきたダーリンも一緒に作っておいたビーフシチューで夕飯です。彼女もブラジルに来てくれたお友達の一人で、ダーリンももちろん知っています。彼女の恋愛事情に私もそろそろ気になり始め、直球で聞いてみました。色々理解できるところもあり、友達としてもどかしさも感じたけれど、相手のあることだからね・・・なかなか難しいです。
キコをおんぶして駅まで送る間もたくさんおしゃべり。いわゆる女の子おしゃべりをたくさんしました♪うふふ、楽しかった~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/19 係わり合い

Dsc_4035ダーリンが同僚の二次会に出かけるので、一緒におうちを出て公園へ。滑り台をやったり、ブランコをやったり、いつものように楽しんでいます。ジャングルジムに近寄ると、既に大きいお兄ちゃんがいて、そこでしゃがんで穴を掘って、その砂で山を作っていました。キコは一緒にやりたくなったようで、近くに立ち尽くします。
「“一緒にやろう”って言ってごらん」というと、「一緒にやろう」とそのまま言うキコ。お兄ちゃんは「いいよ」といって、キコのために場所をあけてくれました。
キコは砂を掘ること、山に砂をのせること、大きめの石を並べること、そのたびに「一緒にやろう!」としつこいくらいにお兄ちゃんに声をかけ、お兄ちゃんもその度に無表情ながらも、嫌がらず「いいよ」と応じてくれました。年齢を聞くと6歳とのことで、彼は自転車に乗って遊びに来ていたようです。そんなことでも、係わり合いをもって遊ぶようになったキコを、成長したなぁと感じる私。特にお兄ちゃん、お姉ちゃん達のやることは気になり、言うことは守ります。
Dsc_4033保育園でも異年齢交流があり、2歳上のクラスの子供達と手をつないで一緒に公園に行ったり、玄関でお姉ちゃん達が「靴下を履くんだよ」というと、それまで嫌がっていたのに、すんなり履いてくれたりします。こんなに小さいのに、他と係わり合いをもって生きていこうとするんだから、もう立派な社会の一員なのだと感じます。
最後は砂場で靴に砂をかけまくっていたキコ。どうもとっても楽しかったようで、どんどん砂を靴に盛ります。ま、楽しそうだったから、いいんだけど。靴を洗わなくちゃ、ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/18 ママ忘年会

Dsc_3978ずいぶん久しぶりのママ会がありました。子連れの夜のママ会は、仕事帰りの後に開催されるので、開始も19時から。その時間にお迎えの子供達は既に保育園で夕食を済ませています。育児休暇中の私は、17時にはお迎えに行っているので、今日はキコのお弁当を作ってお迎えです。
同じように第二子の育児休暇中のママと近くのデパートの赤ちゃん休憩室へ行き、一緒に子供に夕食を食べさせたり、おむつを交換して、親子ダイニングという飲み屋へ。ここは一部屋の半分にコルクが敷いてあり、アニメのDVDが流れ、おもちゃが大量にあり、それを見ながら親が食事を取れるテーブル席があるというつくりです。
ママ会は、0歳児クラスから一緒のママたち8人と双子を含む子供が9人、そしてミコを含む赤ちゃん2人と、お腹にいる赤ちゃん4人が集まりました。そのうちシングルマザーといっていたママが、実は再婚が決まったとのことで、みんなで大賑わい。嬉しいことです。上は38歳、下は24歳、子供の年は一緒なのに一回り以上親の年齢は違います。でも、親業は同じ年月なので、そういう意味で同期な私達。妊婦や授乳中の母親が大半なので、食事中心の宴会だったけれど、本当にね、楽しかったよ。笑ったり、しゃべったり、忙しかったもん。
気が付くと21時を過ぎ、帰りはタクシーで帰ってきました。急いで入れたお風呂で、キコに「今日は本当に楽しかったの。遅くまでママに付き合ってくれてどうもありがとう。すごくいい日だった~」とお礼をいって頭を下げると「どういたしまして!」と眠そうに目をこすりながら、ニコッと返してくれたキコ。キコを寝かせたのは22時半。ひどく遅くなってしまったけれど、年に1-2回のことだし、どうか又付き合ってね♪今日はありがとう、楽しかった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/17 コゴトばかりなのに

Dsc_3924ミコは三種混合の三回目。これで1月にある集団接種のポリオに間に合う。ふ~順調♪予防接種は熱があると受けられないので、熱を出さないように健康状態を保つのが、今の私の仕事の一つ。
無事に終了して、買い物をしてキコのお迎え。エレベーターを呼ぶボタンを押そうとしたら、他の子が押して、キコは号泣・・・。2歳児らしい号泣続きです。お風呂から出るとき、自分がお風呂場のドアを開けたくて、でもミコも裸で待っている余裕がなく私が開けると、号泣。顔につけるクリームのチューブから自分で出したくて、でも前日は大量に出してしまったので、私がやると号泣。
どちらも自分でやりたいけれど、うまくできないことや、やらせてもらえない不満の表れ。こちらも待ってあげればよいのは分かっているけれど、後ろで人が待っていたり、風邪引きそうだったり、ミコが泣いたりすると、全く余裕はないのでした。
眠る前、ミコの腕に注射のあとを見つけたキコ。今日はクリスマスのサンタ帽をかぶったドキンちゃんのシールだったのですが、「なんで(ドキンちゃんのシールがあるの)?」と聞いてきます。「今日はミコりん、ちっくん注射だったんだよ。でもね、ちょっとしか泣かなかったんだよ。偉いよね~」と話すと、「えらいねー」となでなでして、どういうわけか『ぎゅっ』の絵本を持ってきました。そして「読んであげるね」といって開きます。もちろん読めないけれど、その気持ちがかわいいですねぇ。
寝際に「ママ、コゴトばっかりで、キコ嫌になっちゃうよね?」と聞くと「うん」といわれました。「そうだよねぇ、ママさー、赤ちゃんが泣いているとそっちが気になっちゃって、イライラして、キコは言葉で分かってくれるから、つい強く言っちゃうんだよね。ごめんね、気をつけるからね」と正直に言いました。すると相変わらず「いいよ」というキコ。「ママのこと、嫌い?」と聞くと「好き!」と返してくれました。あぁ、もう本当に自分が情けない。でも日々親業、頑張ります!キコりん、ミコりん、どうぞ宜しくね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/16 シャワーヘッドの電話

Dsc_3911今日は今の会社のお友達が遊びに来てくれました。久々に色々おしゃべりして、リフレッシュした私。掃除しすぎで、実はちょっと疲れているけれど、気持ちはものすごくリフレッシュしています。
帰りにいつもの八百屋によって、また今日もブロッコリーを買おうとすると、「地元のいいブロッコリーがあるから、出してあげる」といわれ、生でもおいしそうなブロッコリーを分けてもらいました~。うふ、嬉しい!
さて、キコとミコとでお風呂に入っていると、なぜかシャワーを止めるキコ。「ママが使ってるんだから、止めないでよ」というと「ダメなの。電話に使うから」というキコ。なんじゃ、その理由・・・。でも私が折れてお湯を汲んで髪を洗います。みているとシャワーヘッドで「もしもし、Aちゃん(妹の夫の名前)?うん、うん、いいよー。」とか「じぃじ、うん、また遊んでね~、ばいばーい!」と言っているキコ。途中目を上に向けたりして、親バカですが本当にかわいいです。
今日は少し早めに全てが終わったので、眠る前にカード作成。クリスマスに両家両親に送るカードをキコに作ってもらいました。といっても、工作できるわけではないし、字もかけないので、無地のカードに絵を描いてもらい、それに私とダーリンからメッセージを添える形にしようと思っています。
キコが布団に入って、ミコを横に連れて行くと「一緒に(同じ布団に)はいろう!クマちゃん(毛布)いいですよー」というキコ。隣のミコとくっついて眠っています。ミコもしっかりしているので、最近は横に寝かせておいても意外と大丈夫。気にしてあげていれば、押しつぶされることもありません。寝ている二人は、とってもかわいくて、つい私もダーリンも近くによってCHUCHUしてしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/15 こどものちから

Dsc_3906明日は友達が来る予定で、いつもより入念にお掃除しています。年末なので、大掃除も兼ねて埃をとったり、水拭きしたり、観葉植物の葉っぱもきれいにしてあげました。先日の作品展で展示した雪だるまを持ち帰ってきたので、雪だるまちゃんも飾ってあります。
家の扉を拭いていると、ちょうどそこへPALシステムのお兄さん。「今日は寒いですね」と言われて、寒さに気づく私。それまで体を動かして掃除をしていたので、寒さを意識しない自分がいました。燃やすエネルギーが体に十分貯蓄されているのでしょうね(笑)今日は家の中がピカピカです。う~ん、気持ちいい。毎日掃除機をかけているけれど、水拭きすると一枚ベールがはがれた感じがします。
今日の寝際に「ママ、キコのこと大好きなの、知ってる?」というとしばし無言。そして絵本が読み終わった後に「知ってる」とニコっとしていう。私が言った言葉をキコはかみしめているみたいに感じ、また絵本を読んでいる私の声からも、その言葉の真意を探っているようで、私は妙にどきどきしました。
まだ小さいのに、大人よりも巧妙に私の心に届くことをする。それが子供のすごい力。大人より少ないけれど、シンプルな言葉、視線や間の取り方、仕草など、意識的にしていない子供の表現は、心に深く響き、私も言葉にはならないような「何か」を与えてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/14 パンツ準備の号令

Dsc_3637週末は意識してキコをトイレに連れて行ったので、おしっこを何度かトイレでしてくれました。食事の後、着替えのとき、お風呂の前など、こちらも気張らず思いついたときに誘ってみました。お風呂でバスタブに入っても「おしっこ、出る」とキコが言うので、バスタブから出すとおしっこを出すキコ。自分で尿意を感じることができて、それを伝えることができるなんて、しみじみすごいと思います。
今日は担任の先生から、パンツを準備してほしいとのお話をいただきました。トレーニングパンツではなく、普通のパンツでOKとのこと。トレパンと普通のパンツの違いは、吸収性だそうだ。トレパンはおしっこ分をパンツに含み、普通のパンツだとそのまま床に漏れる。保育園では先生達が見つけやすいこともあり、長く使えることもあり、普通パンツでOKだそうです。
ただ気合を入れると、子供もストレスになるので、気楽に紙おむつを併用しながらパンツを使って行きたいとのことでした。
嬉しいですねぇ~。キコにその旨を伝えると「お姉さんパンツ?」という。彼女なりに理解しているような気がしたので「そうだよー、キコ、おしっこを教えてくれるから、大人みたいなパンツ使うんだって~。すごいねぇ」というと「なんでよぉう」といいながら喜んでいる様子のキコでした。さぁ、善は急げ!明日はパンツを買うぞ♪写真は、キコの保育園での絵です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/13 お祝いのランチ

Dsc_3853妹夫婦と一緒に、父の退職祝をすることにしました。また新しく勤めているけれど、ひとまず区切りでお祝いです。私なんて、働いている時期は10年未満な上に、既に4社目。石の上にも三年は無理なようです。
さて、今日は、子連れOKで気軽に楽しめて、妹夫くんが仕事でも駆けつけられる場所ということで、三越本店新館にあるチェレステASOでランチにしました。キコの育児休業中に二度来たことがあるけれど、今回も美味しい素敵なランチを楽しむことができました。何せデパートなので、子供が騒いでも大丈夫だし、半個室だったので授乳もできるし、レストランのすぐ隣がみんなのトイレだったので、気分的にもラクでした。Dsc_3899
キコは場所にも雰囲気にもなれず、帰る頃にようやく慣れてきた様子(苦笑)私の両親と両手をつないで高くジャンプして日本橋を渡りました。そして私たちが寄ることにしていた高島屋までの道のりをずっとジャンプしてもらっていました。
デパートはクリスマス仕様。エントランスには大きなツリーがあったり、ディスプレイもキコからプレゼントにねだられそうな物が並んでいました。今日は自分達へのプレゼントにグラスを買いました。使うのが楽しみなグラスです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/12 キコ@公園

Dsc_3806昨日の雨&低温とはうってかわって、良い天気で暖かい日。今日は午後からダーリンがお仕事。なので、見送りがてら家族で家を出て、私達は公園へ。今日は忘れずにお砂場セットを持ってきました。
お砂場には既に二人の女の子が遊んでいたけれど、小学生くらいのお姉さん達のせいなのか、キコは入るのをためらう。ようやく入っても、どこに座って良いか私に聞いてきた。かわいい。
公園で見ていると成長を感じることばかり。ブランコにも自分で座れるようになったし、なぜか色違いの4つのブランコ全てに乗ったけれど、赤が一番好きだと言う。他人との関わり合いも見ていて面白かった。自分の遊びたいウサギの遊具を独占している年上の男の子。「“かして”って言ってごらん」と私がいうと、小さい声で「かーしーてー」と言うキコ。でも無視されてしまいました。キコは「ゾウさんとパンパン(=パンダ)がいるからいいもーん」と私に言って、ゾウに乗ったけれど、ウサギにアツイまなざしを送っていました。Dsc_3804
次は水のみ場。水を高く出してしまい、近くにいた年上の女の子達に少し掛かってしまいました。とっさに私が「ごめんね、大丈夫?」と聞くと「うん」と答え一安心。キコにも「お姉さん達にかかっちゃったよ、冷たいよね?ごめんなさい、って言えるかなぁ」と振ると、無言。結局少ししてから、呟くように「ごめんなさい」といいました。それを誉めて、この場は終了。こちらにとってもここは学びの場ですね~慣れないので疲れます(苦笑)
その後は、滑り台。保育園では一人が滑り終わってからじゃないと、階段を上ってはいけないらしく、そのルールをしっかり守っていました。2時間公園にいる間、私はミコを抱っこで立ちおっぱいをしてしのぎ、日が落ちてきたのでおうちへ。切り上げるのも難しいなぁと感じました。平日は保育園に全てやってもらっていることが多いとしみじみ実感の私。主婦で育児もこなしている方には脱帽です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/11 ミッキーに会う

Dsc_3649金曜日の天気予報はずっと雨。この予報は当たってしまった。今日は家族でディズニーランドに行く計画をしていたのでした。朝も帰りも通勤ラッシュにあたる時間だったので、車で行きました。9時の開園より少し後くらいに到着。
駐車場のゲートで、お姉さんが既にドライバーの位置に目線をあわせ、ひざまついて手を振ったり、駐車場には一区画ごとに誘導員がいたりと、既に「ディズニーの世界」が始まっており、少しずつ私もウキウキし始めてきました。クリスマスの飾りもとてもかわいい♪
バギーのミコには雨よけをつけ、キコにはダウンジャケットの上にレインコート&長靴。そして傘を差しながらの園内移動です。ミッキーに会いたいキコなので、ミッキーがいるMeet Mickeyというアトラクションに向かったけれど、既に2時間待ち。ありえません。そこでミニーのおうち(ミニーは常時不在)をみて、キコのできるロジャーラビットのアトラクションにダーリンと行ってもらいました。Dsc_3716
その間私はプーさんのハニーハントのファストパスを取りにいきました。ダーリンと合流して、ミコもできるIt's a small Worldへ。やはりここは落ち着きます(笑) ミコはご機嫌だったけれど、キコは薄暗さや人形の大きさ(確かにキコと同じくらいだもんね)に少々恐がっていました。するとパレードでミッキーに遭遇。キコはあんなに会いたかったミッキーなのに、現実のものとなると唖然としていました。かわいいねぇ。
そしてホーンテッドマンションへ。キコとヒロ、私とミコで別々に乗る必要がありました。ミコは静かにおっぱいをぐびぐび飲み、キコは殆ど顔を伏せていたようです。それからハンバーガーのランチを食べて、ファストパスを取ったプーさんのアトラクションへ。ミコはお座りができないので、乗れません。
ここでは、まずキコと私が並んでアトラクションに乗り、出口でダーリンと合流。私がミコと待っている間、今度はダーリンとキコがアトラクションに乗れます。ダーリンは近道を案内され、私の待ち時間はアトラクション一周分くらいなのです。これは赤ちゃんと一緒である旨をキャストに言うと、チケットがもらえます。キコは二回乗れるし、私達も楽しめて良かったです。
Dsc_3713
ここで長靴のキコの足が濡れていることに気づき、ギフトショップで売っていたプーさんの靴下を買って、更に靴下の上にビニールを履かせて、長靴に足をいれさせました。
大人の靴も私のジーパンのすそも濡れ始めていました。とほほ。ホットココアとチュロスを食べて、魅惑のチキルームや鉄道に乗って、パレード観覧。雨は強くなってきたけれど、やっぱりパレードを見るとワクワクするもんです。ニコニコで手を振っていた私です。キコは、現実のミッキーやプーさん、スティッチ、モンスターズインクなどのキャラクターに、放心状態でした。一気にホンモノをみて、処理しきれていない様子。それがまた可愛くて、夫婦で笑い合ってしまいました。Dsc_3781
最後にカルーセルにダーリンとキコが乗ると、この頃にはようやくキコは場所に慣れてきて、笑顔が出てきました。その後ベビーセンターへ。キコは雨で濡れたズボンを替えて、ワールドバザールでお茶をして帰ってきました。
外は寒いけれど、トイレも含め室内はどこも暖かく、サービスもいいし、なにかと可愛くて、アトラクションは二の次になってしまったけれど、今までとは違う楽しみ方ができました。子供たちが無料のうちで、しかも晴れた日にまた行きたいなぁと思った私です。ただ雨だった分、アトラクションはたくさん乗れたし、人も少ないほうだったとは思うけれど、ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/08 作品展ウィーク

Dsc_3636今年からの取り組みで、子供達の作品展が保育園で始まっています。きこのクラスは「雪だるま」の出展です。学年ごとにできるようになることが増えて、作品から成長が読み取れて本当におもしろい。
廊下の全面に貼ってある三枚の絵は、子供たちが時期を変えて取り組んだ作品で、見ていて面白かった。キコの絵は、丸のほか、ギザギサも登場してきて、とてもよく描けていたし、色も鮮やか。雪だるまにもたくさん綿を詰めてコロコロりんだし、どれも素晴らしい作品でした。Dsc_3643
学年ごとの「できること」を上手に引き出して作品にし、更に「作品展」として統一感を出す工夫がすごい。先生方に感謝です。本当に素晴らしい作品展で、幼児クラスが異年齢作品として、みんなで協力して作成した巨大はらぺこあおむしや蝶々がいたり、入り口には大きな模造紙に保育園みんなの手で作った虹があったり!就学前の学年から0歳児クラス、そして先生達の手形を押したみんなの虹です。とても素晴らしい作品展でした(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/07 バッサリですっきり

20091207133220昨晩お風呂場でダーリンがキコの髪をカット。そのまま家族でお風呂に入って、排水溝の網には、カットしたキコの髪と出産後の私の抜け毛も流れて、ごっそり髪がありました。今日は久々のヘアサロンへ。母にも来てもらってTONI &GUY恵比寿に行ってきました。早めについて、アトレの授乳室でミコに授乳して、お店へ。10年以上の付き合いになった美容師さんと話して、ボブにすることを決めました。長さは今までの半分。30センチくらいカットしました。美容師さんいわく「ほんとリコちゃんの髪って多いよね~。分厚いもん。出産して髪の毛が抜けたとは思えないよ」と笑います。妊娠や出産、年齢で髪が変わることなどを話して、短くなった私の髪に強い癖が出ていることを教えてくれました。
出来上がりを見て、感動です。軽いし、なんだか気分も晴れやかです。自分のお店を持って半年たち、気分的に落ち着いたのか、美容師さんの雰囲気が良くなっている気がしました。そしていい顔になったなぁと感じたのも事実です。子供が二人いて、家の近所にも美容室がたくさんあるけれど、やっぱりここに来るのは、私を知っていて安心して任せられるからなんだと思いました。
それから、新宿でお好み焼きを母にご馳走してもらい、デパートへ。やっぱり授乳やオムツがえが頻繁にある乳幼児連れには、デパートでの買い物が快適です。キコとミコにクリスマスプレゼントとしてかわいい服を買ってもらいました。本当は最後にお茶をしたかったのに、あっという間にキコのお迎えの時間が迫り、お菓子を買って母とバイバイしました。ケーキかあんみつを食べたかったんだけどなぁ。また次の機会にね~。今日はどうもありがとう、とても楽しかったです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/06 写真館へ

Dsc_3631パスポートの写真も、履歴書に貼る写真も、婚約したときの写真も、私はいつも銀座松屋のフォトサロンで撮ってもらっていました。とてもキレイに撮ってくれるとの評判で、新卒の就職活動から利用していました。
キコの七五三写真に不満だった私は、ダーリンと話して写真館で写真を撮ってもらうことに。でも着物をもって銀座まで行くのも面倒で、よく行くショッピングセンター内のスタジオアリスへ初めて行ってみました。
予約時間に行って、持ち込んだ着物を手際よく着替えて、髪を整えて、写真撮影。でもキコの人見知りが出て、口を尖らせたり、足を開いたり、巾着の紐をひっぱったり、いい写真が撮れません。撮影するスタッフは、子供の気を引こうとおもちゃやぬいぐるみを使うけれど、キコは全然ダメ。隣では、ディズニーの人魚姫アリエルの格好をした子が撮影して、キコは気がそちらに向いたり(私もコスプレちっくな子供達の格好に驚いていました)、緊張するしで、撮影時間がかなり延びてしまいました。結局私がカメラの前で話しかけたり、注意をひいて終了です。スタッフのハイテンションがキコにはNGだったのかも。それに子供中心で、母の身支度の時間はなかったし。
結局キコだけのもの、家族写真、キコとミコの姉妹写真の3パターンをデータで購入しました。データを買って自分でプリントするほうが実はお得なんですね。あとは、ちまたのカメラ屋さんで好きなサイズにしたり焼き増しすればいいんですから。
ただデータだけなのに、出来上がりは2週間後。何をするんだろうと思ってしまうほどだけど、とってもたのしみな私です。
写真は、実家の両親が作ってくれた直径40センチくらいのクリスマスリース。ホンモノのもみの木で作ってくれました。モミのいい香りがします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/05 来年の手帳

Dsc_3635午後から雨が降るというけれど、今日は新宿へクリスマスのお買い物に出かけた。お昼は以前からよく寄るタイ料理のレストランへ。辛くないチキンの麺をキコに注文し、私はトムヤムラーメン。美味しい♪タイ料理って家でも作らないし、食べ飽きません。食べながらバンコクやプーケットを旅したことを思い出しました。いつかまた行きたいなぁ。外は寒いのに、ふと心は南国タイへトリップしてしまった私です。
それからデパートで、ミコに授乳したり、両親へのクリスマスプレゼントを手配したり、友達への誕生日プレゼントや家では作るのに手間がかかりそうな菓子パンや美味しいフランスパンも買って帰ってきました。今年は、実家の両親へは天然酵母のパンセット、彼の両親へはチーズのセットです。事前にお伝えして、クリスマスの食事やホリデイシーズンに添えてもらいます。
夜、キコとミコが寝静まってから、今日買ったばかりの手帳を開きます。手帳に関しては、毎年12月になると夫婦で色々話しています。このスペースが無駄とか、ここは何を書くといいとか、ペンを挿す場所なども。私が一番よく使ってきた手帳は、中の紙の色、印刷の文字体、そして世界地図がお気に入りの手帳です。今年はダーリンがそれを買っています。私は、仕事をしているときや育児休暇中、そのときの状況で手帳の使い方が変わっているのだけれど、今年は初めて使う大きさの手帳を買ってみました。手帳のカバーも初めての色。この手帳が終わる頃、どんな私になっているかとワクワクします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/04 キコのルール

Dsc_3548トイレにおいてあるオードトワレは、キコによるとウォシュレットのリモコンの上が、「場所」だそうだ。私の料理器具のトングやゴムベラも、キコのキッチンに置いてある。クリスマスの木製の飾りの、小人が乗った車は、出窓。何度直しても、その場所に移すから、彼女の決めた場所なんだろうと思う。子供は不思議。なんでそんなにこだわるのかと思うほど、変なところにこだわりがある。それがまた、おもしろいんだけれどね。
キコの決めごとの一つ。かけっこのときの掛け声。キコは、「よーい、ピッ(笛の音のまね)」ママは、「よーい、ドン」といわなくてはいけない。間違えて一緒に「ピッ!」とでも言おうものなら、「ママは、『ドン』でしょ!キコは『ピッ』なの(怒)」と口を尖らせて言う。なんでだろうねぇ、おもしろい。そして毎回、運動会の練習でやったように「気をつけピッ(笛の音)、足一歩ま~え(前)、よーい、ピッ」という。ほんと、おもしろい。子供は見ていて飽きないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/03 雨の日は

雨の日は家事もゆるくなるので、ふと考え込んでしまいやすい。雨のせいというより、雨のおかげなのかも。

先日七五三のあとに寄った表参道ヒルズにあったSHOKAY(ショーケイ)というお店。フェアトレードの製品を扱うお店でした。チベットに生息するヤクという動物の、軽くて暖かい毛を使い、NYのデザイナーがデザインを起こして、チベット族の人々が編む。正当な価格で店頭に並ぶ素敵な商品には彼女達の名前が入っていました。そんなビジネスモデルを作った女性達の会社。
昔は、フェアトレードといえば、自由が丘のPeople Treeくらいだったけれど、今では高島屋にもお店が入っていたし、こうして街でふと出会うお店にもあるし、時代が変わったんだと感じます。
店員さんと話していて、自分の行動が経済を動かしていると、改めて思いました。環境を意識した消費者が社会を変えていける、そう私は今でも思う。そして、仕事。自分の仕事について、また考えてしまいました。

今日は途中で長靴を片方なくしたのでキコをずっとだっこで帰宅。キコがバギーに乗ってくれたほうがもちろんラクだけれど、キコは嫌がるし、多分甘えたいんだろうなぁと分かるので、頑張って抱っこしています。
保育園で習った新しい歌を教えてくれたり、突然「雨、いっぱい!」というので指しているほうをみると、街灯に照らされた雨が見えました。大変なので雨はイヤだけれど、雨いっぱいの景色さえ、見方を変えれば新鮮です。
だってね、街灯に照らされた部分はね、夜の暗闇(といっても下は自動車が走っているので、暗闇というより、薄明るい闇なんだけれど、)その薄明るい闇から、丸くきりとられたように、オレンジ色が周りと別に包んでいて、その中に雨粒が降り注いでいるのが見えるの。それはなんだか新鮮な発想でした。
バギーを押して、キコを抱っこで、片手で傘となると本当に大変なんだけれど、今日はキコが傘を持っていてくれました。でも安定せず、傘の梁が頭にかかって視界も悪かったけれど、途中からキコと私の抱っこで合わさっているお腹に挟む形で傘を差していました。濡れなければ、それでいいのだし、キコが手伝ってくれるのだからありがたいと思えます。
夜、鍋にすると春菊を残すキコ。まぁにおいの強い野菜なので理解できるけれど、白菜は食べてもらいたい私。「甘くて美味しい♪やっぱり白菜の美味しさが分かるのは、大人よね~」というと、「きこ、おっちぃ(大きい)から、食べれるの。お姉ちゃんになったから、食べれるの。」という。ふふふ、作戦勝ち(笑)
今晩はダーリンがキコが眠る前に帰ってこれたのだけど、キコは「おやすみなさい。また遊ぼうね」と礼儀正しく言う。そして「パパが一緒じゃないからね、猫が見れないの」といった。猫のいる道は暗いので、「パパと一緒のとき」と私が決めたのだ。それを思い出したみたい。
保育園ではブロックで「保育園のおうちなの」と訳分からないことを言っていて、まだまだだなぁ、なんて思っていたけれどね。本当に日ごとに成長している感じがしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/02 八百屋のルール

Dsc_3531保育園の帰りは毎日寄る八百屋。キコの好物のブロッコリーとトマトや何かしら野菜や果物を買っています。キコは入り口でカゴを取って野菜を入れた後、奥まで行ってレジへ。そこでカゴを乗せたら、私に手を出します。私からお金を受け取り、おばあちゃんに渡してから、お菓子をもらうキコ。そして、そのお菓子を私に渡して、今度はおばあちゃんからお釣りを受け取り、私の財布に入れます。で、おばあちゃんとバイバイタッチ。更に入ってきたところからキコは出て、私は出口から出て外で合流。コレがキコのルールです。平日は毎日この繰り返し。ま、野菜は毎食食べるので、いいんだけれど。
ここのところ、ミコをバギーに乗せて帰ってくると、必ずキコは抱っこのリクエスト。自分で「エルゴ(抱っこ紐のこと)で抱っこ!」と要求してくるのが笑えます。以前は、「まんま(そのまま)で!」と言ってきたけれど、ベビーカーを押しながら抱っこは不可能と理解できるようになったのね。
抱っこしながら「今日はね、美味しいのができたの、お豆とお芋の煮物。美味しくてね、びっくりしちゃった。」というと、「わぁ、良かったぁ、ありがとう!」と言われました。ふいを衝かれたというか、予想しないキコのお礼に、私のほうが嬉しくなってしまいます。
その一言で、14キロのキコの抱っこは妙に軽くなり、テンションが上がった単純な私。夕食後目先の遊びが楽しくて、お風呂に入ろうとしないキコには、勝手な歌を作って、変な踊りをしながら服を脱いでみると、キコも一緒に踊りについてきます。あはは、楽しい。キコとミコと一緒にお風呂から出た後は、裸族状態だし、かっこなんてつけていられません。
家族なんて、そういうもの。今しかできないことだから、疲れるけど、楽しもう。そうだ、育児は育自。自分の可能性はまだ無限にある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/12/01 寝返り、できた!

Dsc_3527今日で5ヶ月を迎えたミコ。昨日から又鼻水が出てきて、鼻ちょうちんがぷぅっとできています。免疫のある6ヶ月未満なのに、キコと違って本当によく風邪をひきます。でも機嫌もいいし、ウイルスと共存していくんだから、通る道だわ。
天気も良くて、朝から日差しが部屋の中にどんどん入ってきて、気持ちのよい12月最初の日です。もう今年も最後の一ヶ月なんて、本当かしら。
ミコはおしゃべりもよくするし、今日はふと見ると180度も移動していたし、更に体の一方を下にして、布団に体を直角に立てながら眠っているし、私をうれしく驚かせてくれる。そろそろBlogを更新しようかと、書き溜めたPC上のメモ帳を見ていて、目を上げると、おぉぉぉ!ミコが寝返りです。
Dsc_3491反転の瞬間は見逃したけれど、まだ寝返りの途中で、カメラとビデオをもって布団の近くまで。ビデオは、キコがいじっていたので、すぐに撮影できなかったけれど・・・カメラで二枚収めました(コレです)。ミコは驚いたのと、片方の手が抜けなくて、フエフエと泣いていました。もううれしくて、ミコは私のCHUCHU嵐を浴びています☆
キコのときは、育児書を頻繁に開いて、月齢のページを見入って比べていたけれど、ミコのときは病気の症状のときくらいかも。首の据わりも寝返りも、ひいてはオムツはずれや言葉による伝達もいずれ必ずできるもの。のんびりでいいかなぁと思うようになりました。
だってね、本当にかわいいから、その日その日がかわいいから、急いで成長して欲しくないと思ったりして(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/11/30 次のお約束

Dsc_3353ミコの中耳炎の経過観察で、今日も耳鼻科へ。鼓膜を撮影した写真を比較してビックリ。中耳炎の診断が出た白濁していた鼓膜は、今日はクリアになっていました。これで中耳炎は完治だそう。でも3歳まではなりやすいが、母乳も良くのみ機嫌も悪くないなら自然治癒でいけるとのことでした。鼻水だけ吸ってもらって、終了しました。診察と処置はものの5分だけれど、待ち時間が1時間以上。待っているこちらが疲れて体調不良になりそうです。
家にキコと帰ってきて、夕食のとき、キコとのおしゃべり。
「今日は保育園で何をしたの?」
「たずきちゃんと絵の具、したの」
「かずきちゃん?」
「ううん、たずきちゃん」
「あぁ、上のクラスのはずきちゃん?みづきちゃんだっけ?」
どれも違うらしく、考え込むキコ。
「ううん、ちがうの。うーんと、あるきちゃん」
「あ!はるきちゃんかぁ」
「うん!あるきちゃんと絵の具したの」
推測するこちらも、基礎情報が必要です(笑)

ミコに授乳しながらのキコとの夕食。立ちおっぱいが好きなミコなので、席をたっていると、キコがこぼしそうなところにグラスがあり、でも授乳中で手が伸びず、やりそうだ、と思ったら、案の定麦茶のグラスをゴトン。お膝にじゃばー。こちらもおもわず「あぁぁ!」というと、とっさに「ごめんなさい」というキコ。お、自分で分かってるんだね。

眠る前、歯磨きのあと言わなくてもうがいをしてくれるのは助かるけれど、パジャマがびしょびしょになり、「こぼれてるよ」と伝えると、気づくキコ。彼女は、うがいに一生懸命でパジャマがぬれているのに気づかない(笑)私が濡れた所をドライヤーで乾かすと、そこを触りながら、「次はね、しないようにする」と頷くキコ。
次を約束できたり、とっさに謝ったり、すごいなぁと思いました。どれもひとつずつ、すこしずつ学んで成長するんだね。
写真は、キコのペンダント。保育園のカリキュラムの中の「幼児教室」で作成した猫です。(母はトラかとおもったら、先生に猫です、と教えてもらいました:笑い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/11/29 キコ七五三

Dsc_3370天気予報に反して、今朝は青空が見えて、朝のうちは気温も高め。ラッキーな七五三参りとなりました。キコは数え年で三歳のお参りをすませることになるのだけれど、私が育児休暇中なのも理由にあり、今日は両家両親と明治神宮へ行ってきました。
朝8時半原宿で待ち合わせ、深く美しい境内を歩きます。やっぱりここは美しいなぁとおもいます。9時に神楽殿で受付を済ませ、地下の参拝者控えのソファーへ。バギーに積んだ着物を出して、女性トイレの赤ちゃんベッドでキコを着替えさせました。着物はミコも使うので新しく購入。大安に届くとデパートから連絡があり、驚いた記憶があります。晴れ着だからなのね、日本っぽい。
三歳の着物は簡単。紐でくるっと巻いて、最後はお被布とよばれるものを、かぽっとつけて出来上がり。足元は足袋の形をしたソックスなので、こはぜがないので履かせやすく本人も痛がらず、そのまま靴を履いていました。
9時半からのお参りは、子供向けイベントと一緒になったり、法人のお参りや初宮参りも一緒で賑やか。キコは太鼓や照明に「恐い」というし、ミコも泣き出し、私は汗だく。でも賑やかだったせいか、さほど気になりませんでした。隣のオジサン一行も「若い人が近くて縁起がいいなぁ」といってくれたし。Dsc_3409
終わった後は、記念品をもらい、外で写真撮影。キコに草履をはかせ、髪飾りをつけます。この髪飾り、私と妹が使ったものを母が保管しておいてくれたので、それを使いましたが、結構かわいい♪青空の下、私達がシャッターを切っていると、外国人旅行客の集団やバズーカ並のカメラを持った趣味人がキコをモデルにシャッターを押しまくり。親としてはちょっと心配になりそうなくらいでした。May I ?と聞いてくれる方もいましたが、個人使用以外ないよねぇと思う私でした。
参拝者控え室でキコをささっと着替えさせ、お参り終了。キコはズボンを履いて参道の砂利道をかけっこするほどです。やっぱり着物は小さい子は難しいよな~。本来着物は着易いもののはずなんだけど、やっぱり生活と離れてるのかな。
Dsc_3459それから表参道ヒルズにできたキッズの森をのぞきたかったので、みなさんについてきていただき、欲しいものを購入。その後、予約していたブラジル料理のバルバッコアグリルへ。ショッピ(生ビール)で乾杯して、キコもたくさんおいしいお肉を食べました。両家両親が健やかにいること、それがどれだけ幸せかを感じる私です。
解散した後は酔い覚ましに青山をお散歩。11月に生まれたお友達の出産祝いを買いにグランパパに寄り、帰って来ました。あぁ美味しかった、楽しかった!
子供達が寝静まった夜、デジカメの写真を見返すと悲劇が!!いい写真(私が納得いく写真)が一枚もなーいーよー(涙)本人は恥ずかしくて下を見てしまっているし、私の襟元のスカーフがほどけてしまってイマイチだったし、あーあ(涙) 打ちひしがれている私を見かねたダーリンが「写真館、いこうか?」とのこと。優しいダーリン、ありがとう。ぜひ、そうしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/11/28 「一緒に」

Dsc_3128キコの最近の流行は「一緒にしようよ」。自分でやりたいけれど、できないとき。例えば、眠るときに着るスリーパーのボタンがかからないとき、顔に塗るクリームのかたいフタを開けられないとき、歯磨きジェルがうまく出ないとき、厚手の靴下を履くとき、ダウンジャケットのファスナーを合わせるときなど、大人の力を借りて、自分でやろうとしています。
それとは別に「一緒に食べよう!」や「一緒に見ようよ」があります。「食べよう」は、例えばお皿に乗っているチーズを食べるとき、朝食で正面に座っているダーリンに「ねぇ、一緒に食べよう」と言って促し、食べるタイミングを合わせています。一緒に見ようは、DVDをつけたとき、「ここに座って、一緒に見ようよ」といいます。私にも都合があるんだけれど、お誘いいただくので、横に座ってみることもあります。
一緒に食べようは、結構クセモノで、最初の一口だけではなく、一口ずつ一緒に食べることを求められるときもあり、ダーリンはキコペースで口に運ぶことに少々面倒くさそうにすることもあります。
保育園では、ホールでのイベントのとき先生に「一緒に見ようよ」と言ったり、園庭でも先生に「一緒にやろうよ」といって鉄棒をしたりしているそうです。
自分でやる意思が見える反面、たまに「食べさせて~」と甘えてきたり、「赤ちゃんはベビーカー、キコは抱っこ!」と偉そうに主張してきて、ここ最近は保育園の帰りは半分抱っこ。14キロを20分以上抱っこしてベビーカーを押すのは、毎日のこととはいえ、疲れないといえば嘘になります。
キコの流行は、成長の過程。毎回面白くもあり、可愛くもあります。写真は、なぜか箸置きを鍵にみたて、ドアをあけている様子。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/11/27 おススメの効果

今日もまた、ミコの中耳炎の経過観察で耳鼻咽喉科へ。また鼻水を吸ってもらう必要があったけれど、昨日よりずっと良くなっているのは、鼻水の量が減ったことで分かりました。良かった!
保育園へキコのお迎えへ向かうと、以前図書館の授乳室で知り合ったSさんとお嬢さんのHちゃんを発見。声をかけました。するとむこうも覚えていてくれて、あれから、キコの通う保育園の一時保育サービスを一ヶ月に一度は利用することにしたそうです。
もうすぐ1歳のお嬢さんはそのたびに強烈な風邪をもらってくるそうで、ママはリフレッシュしたあとはお嬢さんの看病に明け暮れるとか。でも気分転換になって定期的に利用するとのことで、私も彼女に一時保育をお勧めしてよかったなと思いました。こどもが風邪を引くと、親は滅入るし、ましてや一時保育の後だと自分を責めてしまいそうだけれど、でもそうやっていろんなウイルスをもらって、こどもは免疫を上げて、生きていくんだと思います。無菌状態なんて現実不可能だしね。
それに、母親業にだってリフレッシュは必要。気兼ねない「保育のプロ」に預けて、自分が息抜きすることは、子供にとってだって良いと私は考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/11/26 予防接種と中耳炎

20091126151041今日は三種混合2回目の予防接種の日。ミコは針を刺された直後にうわぁぁんと泣き、服を着せている間まで泣いていた。その後は、待合室で流れていた「隣のトトロ」の音楽にあわせて体を動かしていたら、ミコはパタンと泣きやみました。
泣いたのは、その後の耳鼻咽喉科のほう。今回は前回の外耳炎と逆の左耳が中耳炎になっていました。ミコは何も言わないのだけれど、よく耳を触っていたのが気になって病院へ。
結局障っていた方の耳は、何もなく、反対側で中耳炎が見つかりました。でも自然治癒の範囲だということで、耳掃除と鼻水を吸い取ってもらって終了。でもミコは真っ赤になって全身全霊をこめて泣いていました。泣いた後は疲れたようで、抱っこでストンと眠りに落ちたミコでした。今日は災難だったねぇ。でもよく頑張りました!
耳鼻科の先生は、ミコのカルテに、キコのことも記入。集団保育されている姉妹がいるということ、つまり細菌が身近であることも理由になるそうです(苦笑)。二人目は環境的に強くなりますね。
お迎えのあと、最寄り駅から家までの道、半分くらいまで来たところで、キコから抱っこのリクエスト。仕方ない、ミコをバギーに乗せて、キコを抱っこした。抱っこしながら、キコにCHUをしまくると「やめてぇ」と笑いながら言う。「駄目で~す。抱っこになった人は、ママのCHUCHU攻撃がありま~す。」というと「なんでよぉ」と言いながら笑うキコ。「抱っこ好きな人~」と聞くと、は~いというので、またCHUをしまくりました。降参かなぁと思って「どう?」と聞くと「うれしい」とにっこりするキコ。可愛くて、うれしくて「キコかわいい♪大好き~」と親バカ炸裂していました。
キコとミコ、三人でのお風呂で、クマのパッチ(注射のあと)を指しながら、「今日はね、ミコ、ちっくん注射頑張ったんだよ~」というと、「えんえーん、泣いた?」とキコが言うので「泣いたけど、すぐに泣き止んだ。キコもそうだった。ミコもキコも強いねぇ」というと、ミコの頭をなでてあげていたキコでした。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »