« 2010/03/21 キコのパパ、キコのママ | Main | 2010/03/23 保育園でのサポート »

2010/03/22 物理的に離れる生活に向けて

Dsc_5793朝9時には、電車で10分離れたところに住む妹の夫君がワンボックスをレンタカーしてついていた。来月出産を控えた妹に、すでに使わなくなったベビー用品や家具の一部をもらってもらったり。棚やタンスや大きな観葉植物が運び出されて、家の中はすっきり。代わりに段ボールやスーツケースがタンス代わりになっている。
そんないつもと違う様子を不思議に思いながらも、テレビの「お母さんと一緒」に釘付けのキコ。番組が終わり、ダーリンが荷物の運び入れで、妹の夫君と一緒に出かけて不在なのに気が付き「パパは?」「Aちゃん(夫君)は帰っちゃったの?なんで?」と矢継ぎ早に聞き、部屋の環境変化に泣き始めた。
もうそろそろ話さなくちゃ、と思って、キコを抱っこしながら話す。ダーリンが来月には海外赴任すること、当面母子家庭になること、妹夫妻の家に居候させてもらうこと、いつでもパパとママはキコを愛していること。キコは「わかった」と言った。子供は伝えるすべを持たないだけで、なんでも分かっていると私は思う。大人が感じるような余計なことより、一番大切なことを子供はちゃんと分かっている。
これ以降、今日はいつもに増してパパモード。ダーリンはいつもキコの髪形を考えてくれていて、キコをよく撫でているのだけど、キコは今日はパパのヘアスタイリストになっていました。自分がつけてもらったヘアゴムでパパの髪を結おうとするキコ。私たちが言うように「痛くないから、大丈夫ですよー」なんて言いながら、結おうとしていました。
お昼寝もせず、昼間の宣告も聞いて、部屋の環境も変わったし、気持ちが不安定で夜は不機嫌の絶頂に。なので、キコと久しぶりに、本当に久しぶりに二人きりでお風呂に入りました。キコはものすごく満足した顔をしています。一方ミコは死にそうなくらい泣きじゃくっていましたが、キコだってたまにはママを独占したい気持ちもよくわかりました。母は幸せです。さぁてダーリンの出国まで一カ月を切ってしまいました。少しずつ片づけなくちゃね。

|

« 2010/03/21 キコのパパ、キコのママ | Main | 2010/03/23 保育園でのサポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/47904425

Listed below are links to weblogs that reference 2010/03/22 物理的に離れる生活に向けて:

« 2010/03/21 キコのパパ、キコのママ | Main | 2010/03/23 保育園でのサポート »