« February 2010 | Main | April 2010 »

2010/03/23 保育園でのサポート

Dsc_5765_2今朝、保育園にもダーリンの赴任についてお知らせしました。今年に入って予防接種で早退も多かったし、家庭の状況変化が、子供に与える影響があるので、保育園にもサポートしてもらう必要があり、お伝えしました。担任の先生からは「そうだったんですね」とのこと。キコが園で不安定な行動を示していたり、じんましんもよく出ていたので、私も伝えなくてはと思っていたのでした。
帰り道、ママ友に会ってその旨話すと、泣き出しそうな顔。同様に他のママ友にメールをすると、一斉に返信がきました。どのメールも「やだよー」「さみしい」「ショック」なんていうのが第一声。私だってさみしい。でも最後の一文は、たくさん遊ぼうとか、うちでご飯食べようとか、車だせるから何でも言ってとか、有り難い内容で締めくくられて
いました。こういうママ友達ができたこと、本当に恵まれていると思いました。

さて夕食のとき、「みぃちゃんも来月からタンポポ組に入るんだよ」というと、キコは初めて聞いたかのような驚きの顔(笑) そして「まぁ、ステキ!」と言います。その言い方に思わず笑って「キコはちゅーりっぷ組になるね」というと、「キコね、たんぽぽ組さんにいくの。」というキコ。続けて「赤ちゃんね、いないから、キコが行くの」とのこと。
ちょうど今の時期、お部屋が移動になって、0歳児クラスはからっぽの状態。だからそこにミコがいくとかわいそうだから、キコがいくんだそうです。なんとまぁ可愛いんでしょう。
「みぃちゃんが行くときには、新しい赤ちゃん、ミコのお友達、たぁくさん来るよ」というと、「えんえん(泣くこと)しない?」と聞かれたので「キコはどう?」というと「えんえんしないよ」とにっこり。そうだね、もう保育園も3年目、すっかり居場所ができているもんね。ミコはどうかしら、ねぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/03/22 物理的に離れる生活に向けて

Dsc_5793朝9時には、電車で10分離れたところに住む妹の夫君がワンボックスをレンタカーしてついていた。来月出産を控えた妹に、すでに使わなくなったベビー用品や家具の一部をもらってもらったり。棚やタンスや大きな観葉植物が運び出されて、家の中はすっきり。代わりに段ボールやスーツケースがタンス代わりになっている。
そんないつもと違う様子を不思議に思いながらも、テレビの「お母さんと一緒」に釘付けのキコ。番組が終わり、ダーリンが荷物の運び入れで、妹の夫君と一緒に出かけて不在なのに気が付き「パパは?」「Aちゃん(夫君)は帰っちゃったの?なんで?」と矢継ぎ早に聞き、部屋の環境変化に泣き始めた。
もうそろそろ話さなくちゃ、と思って、キコを抱っこしながら話す。ダーリンが来月には海外赴任すること、当面母子家庭になること、妹夫妻の家に居候させてもらうこと、いつでもパパとママはキコを愛していること。キコは「わかった」と言った。子供は伝えるすべを持たないだけで、なんでも分かっていると私は思う。大人が感じるような余計なことより、一番大切なことを子供はちゃんと分かっている。
これ以降、今日はいつもに増してパパモード。ダーリンはいつもキコの髪形を考えてくれていて、キコをよく撫でているのだけど、キコは今日はパパのヘアスタイリストになっていました。自分がつけてもらったヘアゴムでパパの髪を結おうとするキコ。私たちが言うように「痛くないから、大丈夫ですよー」なんて言いながら、結おうとしていました。
お昼寝もせず、昼間の宣告も聞いて、部屋の環境も変わったし、気持ちが不安定で夜は不機嫌の絶頂に。なので、キコと久しぶりに、本当に久しぶりに二人きりでお風呂に入りました。キコはものすごく満足した顔をしています。一方ミコは死にそうなくらい泣きじゃくっていましたが、キコだってたまにはママを独占したい気持ちもよくわかりました。母は幸せです。さぁてダーリンの出国まで一カ月を切ってしまいました。少しずつ片づけなくちゃね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/21 キコのパパ、キコのママ

Dsc_5772ベランダにいると春というより、初夏のような気候。ベランダにいるキコもダーリンも袖や裾をまくり、裸足でサンダルをはいて、気持ち良さそうです。
キコはベランダの土で山を作ったり、水をまいたりしています。今日はなぜか「キコのパパ」「キコのママ」と所有格を付けて呼ぶキコ。ダーリンは「パパのキコ」なんて呼んでいます。
キコの最近のブームは「お手伝い」。お台所に立っていたり、洗濯物を畳んでいると「お手伝いしたいー」と言って寄ってきます。キコとダーリンがベランダにいる間、ささっと作ったブルーベリーバナナマフィン。できあがると「お手伝いしたかったー」と言われてしまいました。
Dsc_5789いずれ「お手伝いしてよ」とこちらが行ってもブーブー言う時期が来るんだろうけど、今はそうやって大人とかかわったり、同じことをするのが楽しそう。たとえばおみそ汁のお椀を、大人とお椀にするだけで感激して、平らげてくれたりします。そんな些細なことで喜んでくれるなんて、本当に嬉しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/20 子供の距離

Dsc00669中学時代に通っていた塾のお友達、一人はドイツ人と結婚してミュンヘンにいて、一人はご主人の駐在でサンパウロ、あとの二人は日本にいる。その一人に今日は会いに行きました。妊婦の彼女は薬剤師、彼女を見ていると、一生続けられる仕事っていいなぁと思います。
彼女には、キコより2歳上の男の子がいて、キコもその子も同じお部屋にいるけれど、なかなか一緒に遊びません。先日、半年年上の男の子とは、一緒に駆け回ったり、ごちょごちょ遊んだりしていたけれど、どうしてかなぁ。かろうじて、ピアノの鍵盤に向かっていたけれど、数分のこと。初対面じゃないのになぁ。子供の年の差もあるのかしらね~。ま、過去に会っていると言ってもかなり前だし、いろいろあるんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/19 ボタン

Dsc_5750キコのお人形「ぽぽちゃん」。出産祝いにもらったお人形さんをキコは大事にしているのだけれど、大事にしすぎて、大変なことになっています。
口には、おやつで食べたサツマイモがねじこまれ、指先はチョッキン。おやつを半分にして、ぽぽちゃんに食べさせたので、口にはサツマイモがあり、指先は、赤ちゃんは小さいハサミで爪を切るのだけれど、それを見ていたキコが爪切りをしたのです。つまり、小さいハサミで、ぽぽちゃんの爪をチョッキン。柔らかい素材なので、たやすく切れたらしく、見るも無惨です。絆創膏をはられたり、ボールペンで書かれた跡があったり、お菓子の保冷剤を冷えぴたに見立ててびしょびしょにされたり、まぁ親からみると散々なぽぽちゃん。そしてお着替えは、いつも脱がせる一方。はだかんぼうのぽぽちゃんでしたが、今日はなんと初めてお洋服を着せてあげることができましたー!!成長だね~。
力の加減が分からないだけで、抱っこしたり、おんぶしたり、時におっぱいを飲ませる真似をしたり、おむつをしたり、ごっこあそびはエンドレス。ちなみに口真似は、ほぼ私で、聞いていてドキっとすることさえあります。最近は、ボタンが大好き。「いーの、いーの、キコがやるから」と言って、私のパジャマのボタンにも挑んできます。小さいボタンなのに、頑張ってはめてくれるキコ。頼もしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/18 つぼみ

Dsc00665_2半年前くらいから、「一緒に帰ろう」が流行っていて、同じ時間帯のお迎えの子同士で「一緒に帰ろう」と言って手をつないで帰っている。でもお迎えの時間がずれて、早かったり、遅かったりすると、「キコちゃんのママ、待ってて。一緒に帰りたいから」と言われたりする。今は時間があるので、気長に待って、先生と話したりするのだけれど、キコはその間、パズルをしたり、先生の読み聞かせに聞き入っていることが多い。今日は、おもちゃの取り合いになり、キコはものすごい大声で怒り始めた。そう、私がびっくりするくらい。その場はいったん先生が納めてくれ、先生が「保育園では自己主張しないと伝わらないこと多くて」と笑って教えてくれた。
帰り道、お友達と一緒に帰ると、キコが大声怒り声でiしゃべり始めた。その声にお友達はびっくりして「キコちゃん、怒ってる」と言って泣き始めた。私もびっくりして「何かあったの?」と聞いても無言のキコ。私も同じように大声怒り声で話して「どんな気持ち?」と聞くと無言。「ちょっと嫌な気持ちになるよね?」と誘導した。
保育園ではじんましんが出ていたと聞いたし、ちょっと気持ちが不安定になっているのかもしれません。私の気持ちを映しているのかしら、ね。
公園の桜の木、つぼみが日ごとに膨らんできています。この堅い木から花を咲かせる準備をしているつぼみは、とてもエネルギッシュに見えます。もうすぐ日本の美しい季節が始まります。不安定な気持ちを押しこむのではなく、きちんと向き合いながら、春を楽しみたいと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/17 ブログのおかげで

Dsc_5740
今見たら、ブラジルで生活を始めた2004年1月19日が最初のブログの記事の日付だった。友達が「簡単だからやってみたら」と気軽に言ってくれたので、私も気軽に始めたブログ。UPしたのは、4月中旬とあるから、それまでのメモを見ながら、書いていたような気がする。
気がつけば、ブラジルを紹介するブログになったり、家族の近況を知らせたり、子供の成長を見つめるブログになっている。ブログを通じて、点で存在していた人とつながって、お友達になる。もしかしたら、街でただすれちがっていたかもしれない人が、「まぁ、ひさしぶり!」なんて会話する相手になる。そういう人が増えることは、生活を人生を、Happyにしてくれている。だから、私はブログでお友達になるのも、機会の一つだと思って、大事にしています。
本当は会っておしゃべりして、時間を共に過ごすのが一番だと私は思うけれど、それぞれに忙しいし、場所も国も違う今、メールでもブログを見るだけでも、何かつながっていれば、嬉しい。
ブログには、まったく知らない人でブラジルを旅行したい人からのメールもあります。また、旅行の参考にしてくれた人もいたので、それはとてもありがたいことだと思います。こうやって人がつながること、誰かの背中を押すちょっとした力の一つに加えてもらえること、それはとても有り難く、幸せなことだと思います。

ただこれは言葉の力なんだと思うんだけど、どうも私は家事ができて、お料理好きだというようにブログから見えるらしい。おかしいな~。ダーリンが一番よくわかっているけれど、私は家事が嫌いで、料理は苦手です。だいたい片付けをしながらブーブー言ったり、家事やだよぉオーラをだしています。特にお裁縫は至極苦手で、繕い物は半年以上放置されていたりします・・・。ちなみに、わたくし、ダーリンと結婚するときに、家事も料理も苦手で不得意、貯金もないからと宣誓していたくらいですから(笑) 
でもお菓子は好きなので、それが作ることへの意欲になっている気はしています。今日作ったドライチェリーのバターケーキ。卵白をメレンゲにして混ぜ込む初めての作り方。今までにない触感でした。チェリーが下に沈んでしまっていますね。でもいいの、美味しかったから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/03/16 感受性が強いこと

Dsc_5721小さいときから「感受性が強い」と言われてきた私。先生が親子面談で話しているのも覚えているし、通信簿にも書かれているのも覚えています。それがどういうことなのか、言われすぎて、その言葉を客観的に捉えられなくなっています。
今日はお迎えのとき、0歳児クラスから持ち上がりの先生に、キコのことを「感受性が強いですよね」と言われました。以前も園の看護師さんに同じことを言われています。先日のこと、英語のクラスの担当の先生が、その日で終わりと知り、他の子は「ふーん」とか「ばいばーい(明るい)」くらいなのに、キコはウルウルしてしまったそうです。先週から、お部屋が変わったことが少しキコの情緒に影響しているらしく、園では少し怒りっぽいと言われたキコ。私も反省モードです。
ミコは後追い&人見知りが激しく、泣かれると、私はいらいらするので、とにかく日中はほとんどおんぶ。夜眠るとき以外はずっと密着しています。おんぶ&抱っこばかりで、床にいることがほとんどないんだけど、でももうタッチできるくらい足腰は強くなってきていて、立たせてみると支えが必要だけど、だいぶしっかりしています。
キコはその状態に慣れたとはいえ、多分、彼女も気づかないところで、まだまだ頑張っているのでしょう。そして、すごく甘えたい。だって、まだ2歳だもんね。でもキコはだいぶ言葉でのコミュニケーションがとれるので、つい私も言葉でのやりとりに甘えてしまう。
Dsc_5743今はトイレトレーニング中で、おもちゃに夢中になれば、おもらしも普通なのに、ついキツク言ってしまった昨晩。今日はキコは自ら「おもらししちゃうから」と言って紙おむつを持ってきました。
そのキコの言動に、反省します。だってまだおもらしだって全然していいのに、私が強く言ってしまったせいで、キコの伸びようとする行動にロックがかかってしまったのですから。親のほうが、おもちゃ遊びの前にトイレに誘うとか、時計を見て声をかけるとか、そういう配慮をすることが求められるのに、私ったらね、いかんな。反省したら、そうすぐ生かす!と思って、積極的にキコに構いました。
眠る前、持ってきたのは「サンタクロースと小人たち」という20分くらいかかる絵本。長いので読むほうは途中うとうとして「ママ、おっきして」と言われながら読むのですが、今日はそれを持って楽しそうに聞いてくれました。多分キコは、私の疲れを察して、この長い絵本を持ってこなかったのかも知れません。
そういうところが、似ちゃったのかしら。子供なんだから、子供らしくしていいんだよ、って言っても、こればかりはどうにもね(苦笑)似た者同士、分かりあったり、ぶつかることも多いと思うけれど、どうぞよろしくね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/03/15 ちょっと銀座へ

20100310175004午後銀座に出かけた。出かけようと思いついたのは、お昼ごはんを食べ終わってから。突然そんな気分になった自分を、自分が銀座につれて行こうと思ったのだった。

自分が思うに、もともと私の性格は、「石橋をたたいて渡る」の真逆。対岸にジャンプしてしてみたら、石橋が実はあった、というタイプ。でも子供ができたり、ブラジルで生活をするようになったら、そうはいかなくなった。
用意周到、準備にほとんどを費やすことも多い。だから、予定が入るとそれに向けて前後を計画する。うまくいかないこともあるけど、最近はそれでどうにかなることも覚えたし、いろんな面を自分で発見して、おもしろくも感じるようになってきた。そして私は楽観主義だし、「やるじゃん、わたし」と自分をほめることも忘れません(笑)

そんな私が久々に銀座まで行こうと思ったので、暖かいし、気分が乗ってきたので出かけました。まずは文房具の伊東屋へ。伊東屋って本当に楽しいです。可愛いものがいっぱい、つい欲しくなってしまいます。楽しくて本当は全フロア見たいほど。今日は1Fから地下まで見て回りました。それから、すぐそばの松屋で先日の写真を取りに行き、その足でミコをおむつ交換&授乳をデパート内で済ませました。
地下へ降りて、所狭しと並ぶ「桜」スイーツに見入ります。ピンクでかわいくて、美味しそうで、「限定」なんてついていると、さらに購買意欲をかき立てられます(笑)。あれもこれもとわくわく。結局さくら風味の羊羹を買ってみました。
そのまま地下を通って、ソニプラへ。こちらでも可愛いものをたくさん見つけて、わくわく。以前と違って、即買いはしなかったけれど(これはかなり進歩したところ)、ウキウキわくわくするって、いいね。もうちょっと考えて、欲しくなったら次に買おうかな、と思います。
写真は、帰り道のキコ。商店街にあるお好み焼き屋さんの前にあるタヌキの置物に毎日タッチ&バイバイしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/14 のんびりのような、でも気がせぐような

Dsc_5702昨日の疲れで今朝はのんびり。朝食にホットケーキを作って、キコは混ぜるお手伝いをしてくれました。ホットケーキっておいしい☆
昨日の日中、外で過ごしていたせいか、花粉モードの私。独身時代は薬がないと過ごせなかった花粉症が、ブラジル駐在と妊娠出産×2回のおかげで、体質が変わったようで、花粉症はだいぶ落ち着いています。でもやっぱり疲れたり、花粉に触れる時間が長いと目がかゆくなり、くしゃみと鼻水という花粉症が顔を出します。
で、薬も処方してもらってないし、余計に疲れる。今日は天気もいいけれど、キコには悪いけれど、おうちで過ごしました。
実はそのままになっているお雛様…、家族でお片づけです。早く片付けないとお嫁にいけないというけれど、そんな習わしより、家族でこうやって片づけする時間が大事だと私は思います。キコはまだ飾っておきたいみたいだけれど、「またね」といってお片づけを手伝ってくれました。汗ばんだ手で大事そうに持ってくれて、それを見守るこちらがドキドキですが、キコとミコのお雛様だから、それでいいよね。でも一番はダーリンが娘たちのお雛様を大事にしまってくれました。ありがとう。
Dsc_5717片付け始めると、なんだか他も片付けたくなってきて、妙に気がせぐ。でも一日の時間は限られているし、私は睡眠を削れないので(笑)後のばし。
さて、夕飯に出したほうれん草は、昨日高崎でお土産に頂いたもの。畑から葱とブロッコリーもとってきてくださり、持たせてくれました。ほうれん草は、土も虫もついていて、きれいにするのに手間がかかりました。でも赤い根本はすごくきれいで、久しぶりにほうれん草のお浸しが食べたいと思わせてくれる元気を持ったお野菜でした。見た目通りに、すごく美味しかったよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/13 おもちつき

Dsc_5664ダーリンの以前のチームの同僚のおうちに今日は集合。群馬県高崎市に出かけました。到着すると、すでに同僚やその家族は集まっており、外のかまどではもち米がたかれています。そう、今日はお餅つきです。
保育園でもお餅つきはあるけれど、お餅がつけるのは上の学年。キコたちはみているだけですから、今日はダーリンと一緒に杵を持って、大満足そうでした。ついでに持ち帰り用のお餅もまるめて、ぺたんこにするお手伝いもしてくれました。
つきたてのお餅は、本当に美味しい。くせのない良いお米のにおいがして、舌触りも滑らかだし、柔らかくてよくのびて、本当に美味しいんです。もともと餅好きなのに、いくらでも入ってしまいます。キコは黄粉も大根おろしと醤油でいただく辛味餅もよく食べました。私も好きなだけバクバクたべて、豚汁や自家製のお漬物もいただきながら、日光浴して、すごく幸せです。
Dsc_5680今日のおうちには、広大なお庭があり、木が植わっていたり、飛び石があったり、段差があったり、金魚やメダカもたくさんいて、おとなしい猫と穏やかな犬もいます。子供には格好の遊び場。遊具がなくたって、十分楽しめます。ちなみに古い農家のお家も、家の中は段差があり、とにかく広いので、子供が騒いでもどたどたしても、全く気になりません。ぐるぐる歩き回って楽しめるよい日本家屋です。
4歳の女の子と2歳になったばかりの男の子の兄弟と一緒に混ざって、キコは遊んでいます。更におうちのそばを、上信電鉄?という二両編成の電車が通り、その電車が通るたびに子供達は大興奮。車掌ではなく(ワンマン運転だから車掌はいないのだけど)運転手さん自ら、子供たちに手を振ってくれることもありました。地元のサファリの宣伝をしているゼブラ柄車両、メーテルが描かれている銀河鉄道999の車両、鉄子ではない私も興奮してしまいました(笑)Dsc_5695帰りの車ではキコは爆睡。暖かくて、たくさん遊んで、たくさん食べて、幸せな土曜日。よい一日をダーリン、どうもありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/12 予定がいっぱい

Dsc00657いい天気、でも花粉がいっぱいな感じがする朝。天気予報で花粉情報なんてやると、余計に意識してしまうわ。
今日は証明写真を撮りに出かけました。証明写真といえば、銀座松屋がお勧めです。就職活動からお世話になっていますが、仕上がりはきれいだし、デパートなのに手頃なんです。感じもいいし、雰囲気もいいです。気持ちよく、妙にテンションを上げずに撮ってもらえるのもいいところです。
それから、デパ地下のお鮨屋さんでランチにぎりを頂き、授乳室でおっぱいそしておむつを替えてから、オフィスに歩いて行きました。本当はもうちょっと寄り道して、いろんなお店も見たかったけれど、今日は予定がいっぱいです。
久しぶりに会った社長や上司と1時間近くおしゃべりしていました。すでに小学生の御嬢さんの父親でもある社長も、大学生の息子の母親でもある上司も、8か月のミコをみて懐かしそうな目をしながら、話をしている間中、ミコを見つめていました。オフィスの皆さんに挨拶して、次に向かうはミコの保育園の入園前の健康診断です。
問題なく健診を終えて、身支度をしていると看護師さんと目が合っておしゃべりしてしまいました。ここは、保育園の園医をしている先生のクリニック。待合室にはDVDが流れ、先生や看護師はピンクの白衣を身にまとい、絵本もおもちゃもたくさんあります。そのDVDで流れていたのは、ディズニーの「アリエル」。人魚姫のお話です。永遠の命をもった人魚が、人間と結婚する。永遠の命より、大切な人と一緒に苦しいことも楽しいことも乗り越えることを選んだアリエルに、私は勝手に思いめぐらしウルウルしていました。それをみた看護師さんが声をかけてきてくれたです。ちょうど健診の最後だったので、時間があったこともあり、10分ほどおしゃべりしてしまいました。
キコのことも覚えていてくれる看護師さんは、子供好き。いつも泣きだす子供をあやしてくれています。でもバングラディッシュ人とのご主人との間には子供がいないそうです。予防接種の欄をみて、ダーリンの仕事の話をすると、共通点があり盛り上がってしまったのでした。
おしゃべりをして、なんだか気持ちが軽くなった私。やっぱりねぇ、しゃべるのって大事なんだわ。意味があるとかないとか関係なく、他者としゃべることが、私にとってすごく大事なんだと思いました。今日はいろいろ歩きまわって疲れたけれど、気分はすっきり、リフレーッシュ!!さぁもう週末、何をして遊ぼうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/11 ちっくん&ごっくん

Dsc_5631キコを早お迎えに行くと、以前は喜んでいたのに、さすがに知恵がついてきて、「今日はちっくん、しないよ」と宣誓されてしまった(苦笑)。ちっくん(注射)しないのに、わざわざ早お迎えなどするわけありません。だって毎日、何か楽しいことがある園なんだから、母はそれをさせたいわけです。
今日は、両腕に一本ずつの注射に加えて、ポリオを飲む日です。予防接種で通う都立病院は、ワクチンの専門外来があり、乳幼児にも対応してくれる病院です。病院の最寄り駅で待ち合わせしてダーリンと合流すると、キコはまた一言「ちっくん、しないからね」。園医の先生のクリニックとは違って、待合室に絵本はないし、アニメの流れるDVDもないし、先生は白衣で、雰囲気からしてキコは苦手そうにしています。これが普通の病院なんだけど。
さて、今日はワクチンの種類は異なるけれど、家族みんな両腕に注射とポリオがありました。痛いけれど、キコの手前、私は始終笑顔。筋肉注射のほうはかなりつらいけれど、ここで苦渋の表情はできません。「大事なちっくんだよ、痛いけど、ほら、すぐ終わる」と笑顔で終わらせました。
Dsc_5278次のポリオは、甘いワクチンを口から飲むんだけれど、それすら嫌がるキコ。でもミコが甘さのせいか美味しそうにごっくんしたので、これは問題なく終了。でも注射は、看護婦さんと一緒になって、がんじがらめの力づくでした。本当に可哀想なんだけれど、仕方ないです。大きな病気にならないために必要だから。ミコのほうはというと、それがケロッとしていて、まったく泣きませんでした。先生も「おや、まぁ」とおっしゃるほど、堂々とした?ミコでした。
いつものクリニックは注射の後、シールをくれたり、折り紙で作った指輪をくれたり、アンパンマンの絵柄のついたシールを注射の後に貼ってくれるのだけれど、もちろん、都立病院にはそんな過剰なサービスはなく、過剰なサービスに慣れているキコは物足りないのが、余計に泣く理由にもなっていたようでした。
その後キコは、持ってきたおにぎりとふかしたサツマイモのおやつで機嫌が直り、元気いっぱいで、みんなで家に帰ってきました。帰る途中、ダーリンが一緒じゃないと通らないと決めている住宅街の道を通りました。住宅街なので薄暗いので「パパと一緒のとき」と決めた道。実は、野良猫がいて、キコはそれが見たいのです。今日は気温も高かったせいか、久しぶりに野良猫に遭遇。さらに豆腐屋さんともあって、絹ごし豆腐を一丁頂きました。
筋肉注射のほうは、徐々に痛くて腕が重くなるし、皮下注射のほうだって、体がだるくなる要素です。でも、そんな言葉を吐いたのは、子供たちが眠ってから。ダーリンと「だるいよね~」と確認しあいました。親業って、辛抱強くなるのを助けてくれるのね、う~ん素晴らしい!
写真は、三輪車の車輪であそぶキコとミコ。なにやら楽しそうでした。キコは最近、絵に四角いお顔も登場してきました。今までは丸しかなかったのに、これも成長です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/10 貝合わせ

Dsc_5639新卒で勤めた会社で在籍中、同じチームで働いたお友達のおうちに、今日は行ってきました。富士山も登ったし、ブラジルにもきてくれた彼女。前回は手作りのピザを、今回はランチに、ミートソースのパスタを作ってくれました。友達のおうちに行って参考になるのは、やっぱりお料理。しゃべりながらも手際よく、時に10キロ超の次男君を片手にかかえてできたパスタソースは、とっても美味しかった☆ブラウンソースが決め手なんだけど、こくがあって美味しくて、美味しかったなぁ。友達の料理は、近いうち我が家でもやってみたいと思えるのがいい。すごく美味しかった!
おしゃべりで盛り上がり、特に子供たちの話は、兄弟姉妹の違いこそあれ、年の差2歳とうちと同じなので、先をいく彼女の話にフムフム。てっぱく(鉄道博物館)の入場券と新幹線の往復のパックの話や、車両で食べれるランチ、トミカや戦隊物の話もフムフム。友達でありながら、同じ子育て中の母親としての話は、話題が家族に偏るけれど、すごく楽しいし、参考になりました。今一番Hotな話題は家族に関することだからね、自然といえば自然なことなんだけど。
バス停までみんなに見送ってもらい、予定より少し早めの電車に乗れました。途中日本橋で下車して、デパートで週末用のお土産を購入。ついでに、かわいいお菓子を見つけて買いました。
マグリの貝の中に、葛と桜の餡が入った「桜貝合わせ」という京都のお菓子。まぁなんて可愛いんでしょう。ほんと、デパートって素敵ですねぇ。子どたちが寝静まった後、ダーリンと珍しくお抹茶を点てて、一緒にいただきました。
抹茶のお茶碗は一つしかないので、私は湯のみで(笑)。でも、美味しかったです。葛のぷるぷると桜の風味漂う餡。おいしいって、「美味しい」って書くのが、ピンとくる品でした。目や心で美しいと感じ、味わって美味しいと感じる上品な素敵なお菓子でした。日本って、本当にいい国です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/03/09 こういう時は

Dsc_5625ここのところ、考えることがあって、毎晩夫婦で話し合い。いろんなケースを想定して、意見を出して話し合う。疲れているときは、後ろ向きな発言が多くなるし、私の性格で、どうにかなると言い切って、無理やりスッキリさせることもある。でも日中に天気が悪くて一人で家にいると、うつうつとしてきて、今日は朝からネイルサロンに行ってみました。きれいになった指先を見て、リフレッシュ。現実逃避なんだけど、こういう時は、こういうのもアリ。
ちなみにミコはネイル中は抱っこひもの中で手を伸ばしたり、抱っこひもをいじったり、私のネックレスを引っ張ったりして遊んでいました。40分で終わったので、ミコもぎりぎりどうにかもった感じです。
キコは「ママ、どうしたの?」と興味津々。「爪、きらりん、きれいにしたの」というと「キコは?」というので「大きくなったらね」というと嬉しそう。「みぃちゃんも、キコも、大きくなったら、お爪、きらりんするの」と言っています。うんうん、そうしようね。
写真はすりこぎで遊ぶミコ。おもちゃじゃなくても、たのしそうです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/08 カンペキっ

Dsc00659春から進級してチューリップ組になるキコ。進級のストレスをなくすために、はやくもお部屋をまずは移動して、環境に馴らしていくそうで、今日から新しいお部屋です。とはいえ、隣だし、おもちゃや絵本をかりに行くこともあるので、身近なチューリップ組さんのお教室です。新しいお部屋で、ロッカーの場所も違うけれど、先生もお友達も一緒で、違うおもちゃや絵本がある上、お姉さんになった、大きくなったという自覚が肯定されたようで、キコはとても嬉しいようです。大きくなるのがうれしいって、すごくかわいいなって思います。
ダーリンが作ってくれたフェイジョアーダを、今日の夕食に出しました。カレーとかシチューとかおでんって、大量に作るからどうしても続きます。ほほほ、たまにはこういう手抜きもありですね。「これね、パパが作ったんだよ。美味しいよね~」というと、キコは突然「パパ、かんぺきっ!!」と言って、指はピースを作っていました。完璧なんて、私は使わないし(そもそも完璧なことは発生しないので:笑)、きっとクラスでの流行りなのでしょう。ちなみに、椅子の上で正座するのも流行りだそうで、正座するたびに「これ、はやってるの」と教えてくれます。
園では「足トントン、お手手はま~え(前)」と言って、きちんと椅子に座るように促しているので、実際はやっているかは分からないけれど、そこは容認しています。
帰ってきたダーリンにキコから言うように伝えると、ダーリンはニコニコで喜んでいます。そして「完璧って、どうしていうかわかる?中国のね…」なんていうウンチクを話そうとして、止めていました(笑)
私のオウム返しもまだ多いけれど、自分で言葉を選んで話そうとしたり、知ったばかりの言葉を使ってみたり、どうりで家がにぎやかになるわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/07 ミコ初節句 おいしい雛祭り

Dsc_5604少しだけのんびり起きて、時計とにらめっこしながら、掃除機をかけたり、家の中を片付けた。11時には、うちの両親と妹夫妻がすでに来ていて、まだ準備が終わっていなかったのだけれど、キコは両親と遊んでくれたし、パパでも泣きだすミコは、なんと妊婦の妹には静かに抱かれてくれたので、助かりました。これは珍しいことで、やっぱりお腹の赤ちゃんとミコが一番年齢が近いからかしら?と思ってしまいました。私以外は泣きだすミコなので、本当に珍しいことなんだもん。
彼の両親も無事到着し、みんなでの乾杯はカイピリーニャ、妊婦の妹はガラナです。お雛祭りのごちそうは、ダーリンが作ったフェイジョアーダ。ウインナーと豚の尻尾と耳、塩抜きした塩漬け牛肉、黒いフェジョン豆とニンニクと玉ねぎたっぷり。そして隠し味はオレンジです。私はそれ以外を準備。天候不良でコウベ(ケール)がブラジル食材店になく、今日は小松菜をみじん切りにして、バターとニンニクで炒めます。そして、トマトと玉ねぎ、イタリアンパセリをみじんにして、塩・こしょう・オリーブオイルとワインビネガーで味付けしたソースを用意。これで完成です。Dsc_5605みんなに大好評のフェイジョアーダ。しょっぱくなくて、私も彼のフェイジョアーダはとっても美味しいと思います。キコももりもり食べていました。
食後は昨晩作ったバナナシフォンケーキと彼のママが作ってきてくれたチーズケーキ。そしてブラジルのカフェ。終日、背景で流れるのは雛祭りの童謡ではなく、ブラジル音楽♪ミコの初節句のパーティは、会話も途切れることなく楽しくにぎやかに過ぎていきました。
Dsc_5651家族がみんな健やかにいること、さらにこうやって同じ時間を楽しく過ごせるなんて、ものすごく贅沢なことだと思いました。キコの初節句で両家にいただいたお雛様は、キコとミコ、二人ものになり、今回ミコの初節句は、パールのペンダント。それを二人に同じものをいただきました。パールは同じ色味のものを探してもらいました。
お雛様もペンダントも、あなたたちの成長を願ってのもの。将来、ネックレスを身につけられるときに、私は今日の日を思い出すでしょう。そして、これはあなたたちの両家のおじいちゃんとおばあちゃんが、キコとミコの健やかな成長の願いを込めて贈ったものなんだと「また、その話?」と疎ましく思われながらも繰り返し話しているんだと思います(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/03/06 クラス懇談会

Dsc_5541朝からバタバタ。今日は保育園でクラスの様子とまとめ、進級に向けたクラス懇談会がある。ダーリンとキコにお留守番をお願いして、ミコと出かけました。
先生たちとの話し合いは、いつも勉強になります。保育士の先生方は、保育のプロ。親と視点が違って、参考になります。たとえば、友達とのやり取り。自分が使っているおもちゃを「かして」と言われた時。毎回すぐに貸さなくてもいい。でも自分が使ったら、次に貸してあげること、次に使いたい人がいるということを知ることが大事。そして、いいよ、まだよ、だめよ、はいどうぞ、の言葉を通して、伝えてあげること。なるほど、と思ってしまいました。本当に少しずつ、学んでいくんだなぁと思ったよ。
今年は育児休暇中で、先生と話す時間も多くて、折に触れてキコの成長を聞くことができたので、日常生活に関してはだいたい聞いたことのある話しでした。手をつなぐことが大好き、お友達の名前を呼ぶのが好き、パズルが大好き、自分たちから「ちょっと待って」「はやいよー」などの発言が増えたこと、歯ブラシ、お手伝いも大好きなこと。
そして担任の先生からは、1歳児保育は最もかわいいといわれる学年で、本当に楽しかったとのことでした。
保育者が思いもよらない遊びを作り出して、驚かせてくれたり、10分にも及ぶ長い絵本にみんな集中して聞き入ってくれるとか。たとえば、手をつなぐのが大好きなので、気がつくと大きな一つの円になっている、そして一人が転ぶとみんなが転ぶ、それでみんなで大笑いして、大喜びだとか。子供たちの顔を想像しながら、楽しみ方を自分で見つけられる子供たちに、大きなエネルギーを感じます。
Dsc_5571どの子どもにも、はかりしれない可能性がある。アインシュタインにだって、ピカソにだって、モーツァルトにだってなりうる。そうやって有名にならなくたって、生きている幸せを感じることができたら、それで本当に幸せなことだと思う。子供たちを見ていると、そんなことを思わずにはいられないエネルギーを感じるのです。
そのあとは、園長先生から年度行事や園からのお願いがありました。また保健士さんからは、かさぶたを作らないで傷を傷を治す(体液で治す)傷パワーパッドの使用についての話がありました。毎回勉強になる懇談会です。

さて、車で迎えに来てくれたダーリンとキコと合流して、市内のブラジル食材店へ。そこで明日のお雛祭りパーティのフェイジョアーダの材料を買いました。そして一週間の買い出しへ。今日はキコと約束していたので、ショッピングセンター内を走るミニ機関車に乗りました。ショッピングセンターを機関車が走るなんてねぇ、ほんと、すごいですよね。写真はベランダのお掃除をするキコ。キコの着ているしましまワンピは、私と妹が30年以上前にきていたものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/05 家族は「巣」

Dsc_5652結婚前に勤めていた環境NGO、本当にたくさんの魅力的な人たちとの出会いがありました。大企業の環境部門の責任者レベルの方と若い担当者、フットワークの軽い中小企業の若社長、地方自治体の積極的な担当、ユニークな消費者団体の方、そしてなんでもできる事務局スタッフ等々。金融機関から転職した私は、給与よりやりがいを求めていて、すごく大変だったけれど、すごく楽しい仕事をさせてもらったと今でも思う。そして、多くの人に可愛がって、育ててもらいました。
今日はその時の方々と久々に会うことになりました。保育園帰りのキコを連れて、ダーリンも合流して、日本橋でお食事会です。夜の外出は滅多にないことですが、今日は私のわがままを、家族に聞いてもらう形で実現しました。私の希望でデパート内のお店にしてもらい、キコやミコのおむつ替えも楽々。キコは小児用便座でおしっこができ、満足そうでした。
懐かしい当時の話や現状の話もさることながら、皆様からは心に染み入る言葉をいただき、本当にありがたいと思いました。家族は「巣」であること、結婚してよかったと思えるなんて、素晴らしいことだということ、足手まといではなく、口にしないけど感謝しているということなど。紹興酒を酌み交わしながら、私より長い人生経験から紡ぎだされた言葉を、私に掛けてくださったこと、それがとてもありがたいと思いました。
会を設定してくれた友達、久々に会った皆様、協力してくれた家族、本当にありがとうございました。写真は、結婚のときに、皆様から送られたお祝い。NGOのシンボルマークをかたどったオリジナルです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/04 健康診断

20100304143725ミコを連れて、自分の健康診断に行ってきました。といっても、胸部X線やら心電図にミコを一緒にするわけにいかず、ダーリンもお休みを取ってきてくれました。
ミコを抱っこしてダーリンは自分のお買い物でデジタル機器を買いにいきました。私は一人クリニックで診察を待っています。なんだかすごく新鮮。同じ空間にミコがいないこと、かといってキコもいないこと、それが新鮮でした。
診察が終わり、ダーリンと合流して、早めにランチ。二人でお鮨を食べました。私は朝ごはん抜きで授乳もしていたので、ふらふら。男性と同じ量のにぎりをぺろりと平らげてしまいました。
そのあとは必要な買い物をして、デパートへ。ほしいと思っていた調理機材を注文して一息。たくさん食べたお鮨もすでに消化していて、ブルーベリータルトにアイスクリームを添えていただきました。おいしかった☆
いったん家に帰り、夕方キコを車で迎えに行ってくれたダーリン。キコはパパのお迎えが、とっても嬉しかったようでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/03 春を先取りする会

20100303120030お友達から「春を先取りする会」に招かれました。結婚前に勤めていた環境NGOの同僚で、それぞれに一品持って主催者のお宅に集合でした。
私は、ミコの離乳食や家族の鉄分補充、そしてとっても簡単なので、鶏レバーのワイン煮を持参。お友達は、なんと桜餅をあんこから手作りで持ってきてくれました。主催者は、ちらし寿司と蛤のお吸い物を準備。1歳の子供がいる忙しい中、桃の花を部屋に飾って、和菓子の時にはお抹茶まで出してくれて、私達をもてなしてくれました。おうちでのおしゃべりは、ひたすらのんびり出来るのがいいところ。好意に甘えて、コタツに入って会話を楽しみ、ミコと一緒にのんびりさせてもらいました。
20100303131305今日はひな祭り。保育園ではひな祭りランチがあり、おうちでも珍しく夕食は、ちらし寿司と蛤のお吸い物、そして可愛いお雛様とお内裏様のかまぼこを出してみました。キコはちらし寿司より、かまぼこに夢中。「と~っても美味しい☆」と誉めてくれたものの、フォークの先にはかまぼこ(笑) ま、楽しく美味しく食べてくれれば、それでいいわ。今日は一日おひな祭りモード。晴れていて暖かかったし、いい一日でした。みなさま、どうもありがとう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/03/02 すごい能力

Dsc_5318前職で隣のチームで働いていた同僚が、今は母親になっている。昨日は彼女と久しぶりにランチをした。一緒に来たS君はキコより2ヶ月おにいちゃん。英国人とのハーフで体格がいいけれど、バイリンガルな家庭によくあるように、まだ言葉が少ない。
それでも彼女が私に言う「りこさん」を、彼なりに「りこしゃん」と言ってくれたりして、とっても可愛かった。共通する友達の話、子どもの話、祖父母との関わり方、今後の仕事の話、パートナーの話など、それぞれ子供を見ながらも、会話は尽きない。
オムツを換えながら、授乳や離乳食に付き合ってもらいながら、お互いランチをしながら、子供に食べさせながら、お茶しながら、おしゃべりしながらも子供に目を配るんだから、子供が生まれてからは、すごい能力がついたもんだと思う。今日はあっという間に夕方になってしまった感じで、改札口でも話していた私達。次はいつ会えるか分からないけれど、またいつか必ず会おうね♪
写真は、保育園のお雛さま。段飾りが二つ並んで、とっても豪華です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/01 ダブルの感動

Dsc_5388もともと涙もろいのに、出産後は、涙腺の栓は緩みっぱなし。この時期オリンピックの映像に、インタビューに、その都度感動している私。
キコが起きている間、テレビといえば、教育テレビの幼児番組や天気予報くらいで、一緒に感動のシーンを見ることは少ない。でもニュースで流れるオリンピックの映像に涙。それを見たキコ、ビックリして手元のおもちゃを置いて、私に寄って来ました。
私の背中に手を回し、とんとんしながら「ママー、大丈夫ですよー。キコがいるからねー。」といって、「あっ!」と気づいて、ティッシュを取りに行き、私の涙を拭いてくれました。オリンピックで感動していたけれど、キコのその一連の言動に思わず涙。親業はやっぱり大変、だけれど、この感動もまた醍醐味なのですね。
写真は、絵本をミコに読んであげているキコ。実際は文字はまだ読めないので、覚えているフレーズを声に出して、ページをめくっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/02/28 シフォンケーキ

Dsc_5549お菓子を食べるのが好き。だから、多分作るのも好き。本をめくると美味しいそうなお菓子やケーキがたくさん載っていて、どれも食べたくなって、どれも作ってみたいと思う。でも工程が多かったり、揃える材料が多いとチャレンジする気が萎えてしまう最近の私。
こういうときにタイミングよく、美味しそうで簡単そうな本を見つけたので、シフォンケーキを焼いてみることにしました。シフォンケーキは型が必要。既にある本でも今回のレシピでも直径20センチ型とあったので、買ってみました。買ったからには、使わなくてはなりません(笑)
さっそく熟したバナナで、バナナシフォンケーキ。簡単だったけれど、卵の量にビックリ。しかもふわふわしっとりの出来上がりだったので、ついついペロリと食べてしまいました。とっても簡単で美味しいけれど、生クリームは私は要らないなぁと判断。カロリーが気になるのと、私の場合、生クリームと乳腺の相性が悪くて、乳腺が詰まるのはいつも生クリームのとき。それにどちらかというと生クリームより、カスタードクリームが好きなのです。生クリームは、真っ白でふわふわで可愛いんだけどね~。あ、もちろんショートケーキはそれはそれで大好きです☆あはは、判断基準があいまいね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/02/27 幸せを感じるとき

Dsc00605友達が所属する乗馬部のお友達が、縁あってブラジル人と結婚することになった。そして縁あって、今日は友達家族とそのカップルと私達で会うことになった。こうやって人がつながっていくって、本当に嬉しいし、楽しくて、私は好き。
彼女の漠然としたブラジルのイメージが、良くなるといいなぁと思いつつ、初対面なのに思いつくままにおしゃべりしていました。ダーリンは、ご主人となるブラジル人と日本人のハーフの方とポルトガル語でおしゃべり。キコは、友達家族の半年お兄ちゃんのS君と楽しそうに遊んでいました。極端に年が離れているわけでもないし、遊べる子供がお互いだけのせいか、二人で仲良く駆け回っていました。不思議なもので、友達の子供は更に可愛く見えるのねぇ。
今日はブラジル料理のレストランで、たらふくお肉を食べて、その後はドイツビールのお店で、食後カフェと称して、ビールで休憩(笑)よく食べ、よく飲み、かたや結婚間際のカップルで、かたや友達は妊婦で、Happyに満たされた日になりました。キコはこの日初めてお外のトイレでおしっこが出来ました。そんな話を一緒にいるみんなが「すごいね~キコちゃん」と誉めてくれたり、お肉、おいしいね~と味わったり、いつかミュンヘンのオクトーバーフェストでビールを飲みたいね♪と笑ったり、それぞれが家族で一緒に参加して、同じ場所にいて同じ時間を共有できる幸せを感じています。
年を重ねて、家族単位で集まる楽しみを感じます。もちろん女子会もそれはそれで十分楽しいから、つまり楽しみ方が増えたのだということだね。長く生きていれば、いいことだってあるもんです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/02/26 ほほほ

20100226132247昨晩ダーリンは無事に帰国し、みんなでお風呂に入って、子供達が眠った後、ダーリンとおしゃべり。家の中はハンガーまで使うほど、大量の洗濯物がかけてあって、ごちゃごちゃしているけれど、それが帰ってきたって感じがして、気づかないところで、私を心安らかにしてくれる。
午後から出社するというので、今日もバスでキコと登園した。そしてそのまま私は母と待ち合わせして、青山のバーゲンへ。お目当ての皮のシューズを手に入れました。もちろん抱っこでミコも参戦。赤ちゃんに気づいた方は、驚く人もいれば、「私も子連れで来てました、歩きやすくて良いのよね~」なんて言う人もいたし、いいものをちゃんと買えました。ほほほ、子連れだってバーゲン行くわ~♪
20100226155404戦利品を手に満足の私達。重たいので配送してもらうことにして、ラクラクです。それから新宿へ移動して、好物のお好み焼きをランチにしました。それからのんびり買い物をしたり、授乳室に寄ったりして、帰る前にこれまた好物のあんみつを食べて帰ってきました。あんみつって本当に美味しいわねぇ。ほほほ、日本って本当にステキ(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/02/25 こんな流行

20100225084725_22月とは思えない暖かい日。気持ちがいいし、ほっとするけど、地球がおかしいんじゃないと心配になる。先日のワシントンDCもモスクワも記録的な大雪だというし、子供達が大きくなったとき、どうなっているんだろうと気になる。地味だけど、毎日の小さな積み重ねが、キコとミコの未来を少しでも良いほうに持っていけると思ってやっています。ゴミの分別とか有機食材を選ぶとかね。
さて今日はダーリンが帰ってくる日。だからバスで登園するのは今日でおしまい。キコにそう伝えてバスに乗った。昨日は久しぶりにお部屋に入っても泣いてすがってきたのに、今日は保育園に向かう足取りが軽い。私の気持ちを感じているのかしら。腰に手をあて「流行ってるの♪」といって、階段をリズミカルに登るキコ。なぜかおしりフリフリ、でもとっても可愛いです(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/02/24 ゼミ女子会

20100225171023国際経済学部の環境経済学のゼミに入っていた私。男子7-8名と他に3人の女子がいて、今でも大事な友達。女子はみんな結婚して、子供が同じくらいの時期に生まれた。ブラジルにも来てくれた友達は、ご主人の転勤で関西に住んでいて、彼女が実家に遊びに行く機会を知って、東京で集まることになった。
彼女は3歳のお嬢さんを連れて、一人は仕事の午後半休を取り、一人は3歳と3ヶ月の娘を連れて、私はミコだけ連れて、丸の内に出かけました。それぞれの話や子どもの話、これからの話、そして学生時代の話にも花が咲く。
激情派の私は、教授ともいろんな面で衝突が絶えず、そんな私を一緒に泣いたり、笑ったり、励ましてそばにいてくれたゼミ友達。教授も勉強だけでなく、子供みたいな私に色々手を焼いたことでしょう。2年前、キコを連れて研究室に行ったときは、先生の学生への情熱より、素敵な紳士の面が強く見えて、とても嬉しかった。私は小さい地味な大学を出たけれど、本当にいい大学でした。生徒と先生の距離が近くて、アットホームな大学を今でも誇りに思っています。
それぞれみんな魅力的な女性になっていて、刺激を受けた今日。マクロビオティックの先生になって、おうちで生徒を取って料理を教えている子、同じように0歳のときから子供を預け、新しい部署に移っても頑張って仕事を続け、明日は日帰り大阪出張の子、両親が遠いのに、幼稚園の2年保育を選んで自分で育児をしている子。彼女達を応援しつつ、自分は少しの焦りを感じて、子供達に努めて感情的にならないようにした夜でした(笑)
画像は、保育園で作ったキコのお雛さま♪お迎えに来た他のママたちにも絶賛されるほど、上手にできていたキコの作品です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »