« 2010/03/27 青くて広い海 | Main | 2010/03/29 同じ学年の子供たち »

2010/03/28 古代文字

Dsc00698サンパウロにいたころ、私はブラジルを知る会というサークルで、ブラジルにまつわる勉強会に参加していました。同期といっても年齢の幅は広く、20代後半の私から60歳弱の方までいました。その同期のお友達から、今回娘たちの名前を古代文字で彫った作品が届きました。
サンパウロを発つ前は、私は「光」という文字の古代文字の作品を贈られています。「いつでもどこでも輝くように、りこちゃんならどこでも輝けるから」と言われて贈られたものです。ブラジルからの小包には、作品の他に、キコとミコへのプレゼントとして、ポップなTシャツやサンダル、懐かしいブラジルのお茶やお菓子が入っていました。
60歳を超えた彼女は、移民としてブラジルに渡っています。想像以上に苦労された人生、そして昨年は足を切断し、今は義足でリハビリ中の彼女。その彼女の作品の文字から、生命力の力強さや子供たちを見守る優しさと温かさが感じられます。さらにキコとミコがそれぞれ活き活きと自分を生き、姉妹が支え合う姿が見てとれます。そう、少なくとも私には。
だから私には価値がある大事な宝物です。いつかお礼を言いに、自称ブラジルの母を名乗る彼女に、家族で会いに行くことを、私は今から決めています。

|

« 2010/03/27 青くて広い海 | Main | 2010/03/29 同じ学年の子供たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/47975594

Listed below are links to weblogs that reference 2010/03/28 古代文字:

« 2010/03/27 青くて広い海 | Main | 2010/03/29 同じ学年の子供たち »