« April 2010 | Main | June 2010 »

2010/05/08 アリさん、はやいよ

Dsc_7059一人で遠くまで外出する気にもならず、休みの日は公園のはしご(笑) 午前もお昼を食べた午後も、近くの公園に出かけた。
午前中、公園は日が当たって日陰が見当たらない。わずかに出来ていた日陰には保護者がごっそり。それも嫌で、遊具はないけれど、大きな楠の下にミコを抱いておっぱいをあげながら座っていた。
キコは私の座っている階段で遊んだり、落ち葉を拾ったり、細い枝を集めたり、蟻をさがしていた。青い空、繁る青葉、さわやかな五月です。蟻を見つけたので、キコに伝えると必死で追っかけるキコ。「ありさーん、早いですよー。待ってくださーい。」と声をかけているキコが可愛かった。
Dsc_7070午後は商店街に行って、明日の母の日で買う花の下見に行った。そのまま、商店街でお団子を食べて(これは私の希望)、アイスも食べて(これはキコの希望)二人でご機嫌で公園へ。ミコはベビーカーでぐっすりです。午後になった公園は、日陰の部分が増えて涼しく、快適。まだ水の張っていない石造りの遊具を、お風呂に見立て「ママも入ろうよ~」と言ってくるキコ。ほんと、可愛いんです。
おうちにいるより、外にいるほうがキコも私も楽しいと感じるのは、健康になってきたってこと。みんなに感謝♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/05/07 キコ個人面談

2歳児クラスに進級して最初の個人面談がありました。キコが今、一番好きなR先生との面談で、いつものお部屋とは別の個室で20分程度あります。
20100510171748先生からは、キコがお絵かきが上手で、先日はねずみを描き、目も丸くて、ねずみらしい耳も意識して描いていること。(写真参照。ただ鯉のぼりに書いているのが・・・笑えますねぇ)絵が得意なほうだと言われました。他に・・・
一人の子を見るとキコから手をつなぎにいったり、遊びに誘ったりしてあげるとのこと。
さくら組(4歳児クラス)のお姉さん、お兄さんが、お昼寝前にお手伝いに来てくれると、自分で出来るのに、敢えてボタンを「お姉さんにしてもらいたいの」と甘えること。
お部屋の時計は、数字の部分に果物が貼ってあるのだけれど「ブドウとメロンの間に針がきたら、お片づけしようね」と先生が言っていたら、ブドウとメロンの間に針が来た途端「お片づけだよー」と先生に教えて率先してお片づけを始めたこと。
おトイレは、お散歩で出かけた公園の帰り道「おしっこ」と言ってくれて「お部屋まで我慢できる?」と聞くと、ちゃんと我慢できたこと。園では食事や外遊びや、何かやる前に必ずトイレに連れて行ってくれているけれど、そのときは出ないことが多いけれど、自分のタイミングで教えてトイレができるようになっていること。そういうことを教えてくれました。
キコのしっかりした面、お友達を思いやる面など先生が見ていてくれて、やっぱり先生は保育士でプロだと思ったし、感謝しました。そしてキコの成長振りに驚かされました。
私からは、環境が変化して、パパも不在になって、ほぼ毎朝預けるときに泣かれるので、どうなのかと聞いてみました。すると、泣くのが落ち着くと園での生活を楽しんでいますとのことでした。よかった!
新しい環境での生活も3週間経って、キコもミコもそして私も慣れてきたような気がします。今は実家の母が赤ちゃんのケアで来てくれているので、私もラクしてるのも大きいです。今のうちに体力温存、気合回復だわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/05/06 久々の保育園

Dsc_6830ゴールデンウィークと土日の合間の平日。みんな続けて木・金曜日も休ませるのかと思ったら、保育園は大賑わい。多くの保護者は出勤して、子供達も保育園に登園のようです。
キコは「保育園、いきたくないよー。ママと遊びたい!!」といいますが、母の体力は限界です(笑) 今日は、夕方保育園ママで1日に出産したお友達と赤ちゃんに会いに行って来ました。
お部屋に入ると、キコと同じ漢字が入ったその男の赤ちゃんは、穏やかにネンネしていました。可愛さに癒されながら、ママたちはおしゃべりに夢中。一緒に行った双子のママも加わって、話に花が咲きます。
第一子が0歳児クラスから一緒のママたちなので、もう長くお付き合いしているのだけど、双子ならでは話に、毎回私はまだラクなんだと思ってしまいます。例えば一人が登園のときにツインバギーに乗りたいというかと思えば、もう一人はシングルバギーに乗りたいと言い出したり。どうやっても無理な話です。それでも先日三人目の赤ちゃんを生んだ彼女に、母の強さを感じました。話の中で、もう一人妊婦がいることが判明。再婚したR君のママに赤ちゃんがいて、秋ごろ出産予定だそうです。とても嬉しいなぁと思います。面倒見のいいご主人だったし、みんなで再婚をお祝いしたのを思い出しました。年内には出国するから、秋ごろの赤ちゃんに会えるかわからないけれど、嬉しいニュースに疲れもどこかへいってしまいました。
写真は、ナコちゃんを見るキコとミコ。ミコとナコちゃんは9ヶ月違いで、おうちの中では一番近い存在で、時に無音の交信を交わしている二人です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/05/05 公園のはしご

Dsc_7005午前中、妹の夫君の弟家族が遊びに来ました。子供のR君は、キコと2ヶ月違いで保育園に通っています。こうやって乳幼児がたくさんいる景色は、本当に微笑ましい。妹の夫君も海外赴任の可能性のある仕事なので、こういう時期にこうやって一緒にいられることを、本当にありがたく思います。
子供達がおぼえていなくてもね、時間を共有したことを私が話してあげるから。何ができるとか、何を持っているかより、どんな時間を過ごしたかのほうが、ずっと価値があると私は思います。
母は、子供の日にちなんで「ゆべし」を作ってくれました。私はゆべしが大好きで、ブラジルに旅行に来る母にも作って持ってきてもらい、冷凍庫で保存していたくらいです。
Dsc_7015午後は、公園をはしごしました。今日行った公園は、木製のアスレチックがある公園。木がたくさんあり、日陰あって、私は快適に過ごせました。ダーリンがいたらどんなに楽しいかなぁと思って、砂場で遊ぶキコを見つめながら、涙が出てきました。2週間経ち、少し慣れてきたけれど、やっぱり居候という身は初めてのこと。子供達のためと思った選択で正しかったと思うけれど、自分の居場所が見つけられず、ちょっとだけ泣いた私です。許容してくれている寛大な妹夫婦にも、やっぱり申し訳ないと思うことも多いし、私も気持ち的余裕も、手も足りないので何もしてあげられないもどかしさも感じます。
でも、大丈夫。泣いてスッキリ。たまにはね、泣くのがいいと思います。それにね、毎日見れるナコちゃん。こうやって毎日育っていくのを見れるのは、本当にありがたいこと。貴重な時間だもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/05/04 なじみのショッピングセンター

Dsc_6963父に頼んで、今日はなじみのショッピングセンターへ行ってもらいました。そこは、毎週買い出しに出かけていた場所なので、キコは近づくにつれて「あーここねー、キコのおうちなんだよ」と言ったり、「この公園だよね」なんて言って、調子づいています。
ショッピングセンターでは、よく食べていたラーメンでご飯を食べたり、ドーナツ屋でお茶したり、店内を走っているミニSLに乗ったり、しばしいつものように過ごしました。私も慣れたスーパーでの買い物に、気分転換を感じました。夕方、今日も公園へ。キコのエネルギーの大きさに、家の中では限界があり、公園へ出かけます。
父が横浜から持ってきてくれたキコの三輪車にのって、キコはご機嫌です。そして父がミコを抱っこしてくれているので、キコにだけ構うことができるので、それもまたキコのご機嫌の理由のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/05/03 ご近所散策@巣鴨

Dsc_6919ゴールデンウィーク中、横浜の父も来てくれて、おうちはとても賑やかです。妹夫君の案内で、今日はおうちの近くでランチ&散策の日です。妹とBabyはお留守番で、両親も一緒にお出かけです。
まずはお勧めの焼肉ランチ@巣鴨駅前♪冷えたビールで乾杯して、おいしいお肉を頬張ります。キコもしっかり食べて、父にご馳走になりました。それから、巣鴨地蔵どおり商店街へ。名物の塩大福を買ったり、なぜか有名な赤い下着屋さんを見たり、巣鴨のお地蔵さんを見て長い商店街を歩いて帰ってきました。
巣鴨は、ニッセイ時代に勤務地から近いこともあり、何度か踏み入れたことのあるエリアで、私には懐かしい感じがしました。
そうそう、妹夫婦の赤ちゃんは、ナコちゃんになりました~♪ご存知の方も多いとおり、私の妹はマコですから、ナコちゃんと韻を踏んでいます。うちもリコ、キコ、ミコで韻を踏んでいます。いいね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/05/02 堰を切ったように

Dsc_6852なんだか知らないうちにキコはどんどん成長していく。全てを自分が知っているわけなんてないし、ありえないんだけど、そのスピードに、私はついていけてないのかもしれません。
転んでできた擦り傷。絆創膏を貼りたいというので、一枚渡すと、自分で紙をめくって、傷口にぺたんと貼っていました。びっくりした!それまでは紙すら「開けて」と持ってきていたのに、おやまあ、すごいこと。
今日はゴールデンウィーク中来てくれている、実家の父も伴って、公園で遊びました。父がたんぽぽの綿毛を見つけて、ふぅっと吹くのを見て、キコも大喜びでやっていました。私もそんなことで遊んでいる写真があったような・・・。

一日の終わり、お風呂に三人で入っていると突然キコが「パパーパパー、パパに会いたいよぉう。パパー」と泣き出しました。堰を切ったように、泣き出すキコに、泡だらけのミコを流して、三人でぎゅう、しました。保育園にいると感じないけれど、こうやって連休になると感じるのかもしれません。
私も泣きそうになって「ママも泣いちゃおうかなぁ」というと「ママは泣かないのっ」と言うキコ。「キコの真似して泣いちゃおう。ママもパパに会いたいよ」というと「なんで~」と笑顔が戻ります。キコの寂しさに向き合う私が、泣きそうになることがある。気丈な母でいられないことも多い私。そういうことだってある。誤魔化すわけではないけど、笑って乗り切ることも必要だから、お風呂で歌って過ごします。さぁ、明日も楽しく遊ぼうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/05/01 ミコ10ヶ月たっち キコ落下

Dsc_676010ヶ月になったミコ、今日は妹夫君の前で、すっくとつかまり立ちを披露してくれました♪キコもそうでしたが、ハイハイもずり這いも殆どせずに突然立ってしまったミコ。こういうのは意外と兄弟姉妹で似るそうですから、ミコもそうなのでしょう。
今日はお砂場のある公園へ行きました。公園の真ん中にある石の滑り台。キコは公園になれた頃に「登る~」といって登り始めました。そして途中で「ママ~っ」と泣き始めます。高さに恐怖を感じて、どうしようもなくなったようです。ひとまずキコのお尻を押しながら、「ママいるから大丈夫だよ」というと、泣きながら登りきります。
途中4歳のお姉ちゃんがきて「がんばってー!もうすぐだよ!」と応援してくれたのですが、キコは泣きながら「がんばってって言わないのっ」と泣きながら怒っていました(笑)必死だったのでしょうねぇ。
さて、私もキコのお尻を押しながら石の山のすべり台の上に到着してしまい、どうしようかと考えます。ミコを抱っこして、デニムのスカートでカメラを下げていて、更にヒールのあるスニーカーをはいています。はて、どうしよう(笑)
Dsc_6820
それを見ていた4歳の女の子を連れたママが、キコに向かって「大丈夫よ~」といって受け止める準備をしてくれました。そして他の子供のパパが「カメラ持ちましょう」といって預かってくれ、私は石の山の滑り台を滑り降りました。皆様、ありがとうございます。
キコは取り残された気がしたようで、もう泣きまくり。手を広げて「ほら大丈夫!ママがいるから」というと必死に降りようとして最後は落ちるようかんじで滑ってきました。だっこのミコは、不思議そうな顔をしています。
すごいねぇ、こんな大きなお山から降りてきたんだよー」というとじぃっと石の山を見つめていたキコ。よくやりました!結構な擦り傷が出来たけれど、これからもたくさん体で覚えていかなくちゃ。そうやって危険なことを見極めるように、体で覚えていこうね。大丈夫、母ちゃんはいつも見守っているよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/30 母が来てくれて

Dsc_6756赤ちゃんと産後の妹のケアに、横浜から母が泊まることになっていて、今日からきています。キコは保育園から戻ると、母を見つけて「なんで~」と言いながら嬉しそうです。私も、一人でキコとミコを見るより、見てくれる人が増えたことが、それが赤ちゃんと妹メインできてくれているのを分かっていても、嬉しいし、精神的にほっとします。
私のように、家事も育児もダーリンと分担していた者としては、今の一人育児は、私の容量を超えているような気がします(苦笑)多くの女性は当然のようにやっているけれど、私は日々いっぱいです。
キコはお人形のぽぽちゃんをおんぶして、「はいはい、いい子ねぇ。」なんて私みたいに声をかけています。私がよくミコをおんぶしながら、キコに「みぃちゃん寝てる?」と聞くのまで真似して、「ねぇママ、ポポちゃん、寝てる?」と聞いてきます。小さいママの登場に、笑ってしまう私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/29 退院

Dsc_6749母親になった妹が、赤ちゃんを連れて退院してきました。出産日も退院日も休日という、会社員のパパ想いの赤ちゃんです。家族で一緒におうちに帰ってこられて、良かったね。いろんな形態の妊娠、出産をみてきたので、そう思います。
既に妹の家にセットされていた籐のゆりかごは、キコがお人形さんを寝かせていたのだけれど、キコに「赤ちゃんが来るからね」とお話しすると、キコはお人形のぽぽちゃんに「ここ赤ちゃんが寝るからね」と言って、ぽぽちゃんを納得させるように言い聞かせていました(笑)
午後、公園に行くと、落ちていた花をライン状に並べてご機嫌なキコ。「これはキコので、これはママのね、これはパパ、これはミコ、これはマコちゃんで、これはAちゃん(妹夫君の呼び名)のなの」とのこと。そして「プレゼントなの」といって、家まで持って帰ってきました。
生後まもない赤ちゃんは、湯気も立つようなホヤホヤ赤ちゃんです。新生児は、神聖児と書き間違っても、納得できるような気がするのは私だけではないはず。少なかれ、同じように親や先祖から受け継いだ血が流れていると、
本能が感じるようで、とにかくものすごく可愛くかんじます。不思議です。
自然のことですが、時間構わずいつでもよく泣いて、その泣き声に、二児の母は癒されてしまいます。そして川の字で寝るキコとミコが、更に愛おしくなるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/28 あわせみ

Dsc_66373人でお風呂に入っていると、キコが「あわせみ、とってあげるね」と抱っこしているミコになにやらしている様子。お風呂にザブンと入ったときや、体のうごきで発生する泡をキコは「あわせみ」と以前から何度か呼んでいて、それをミコに渡そうとしていた。
「ほら、ここにも!」といってすくうけど、もちろんすぐに消える泡。そしてミコが手を動かして出来る泡に「みぃたんも“あわせみ”つくってるよ」という。
その造語「あわせみ」が、私には、一週間のはかない命の蝉とすぐに消える泡が一体になっている気がして、すき。耳に響く音も好き。
一緒になって手をばしゃばしゃさせて、「ほら、きこ、あわせみだよ」と言っている私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/27 泣かないから

Dsc_6722夜中、キコは激しく泣いた。その声で目が覚めて「ママ、ママ、ママ!」というキコに「ほら、大丈夫。ママ、ここにいるよ」といってキコの体をさすり、頭を撫でながら私もまた眠りにつきました。ダーリンが出国してからちょうど今日で一週間です。キコも本当に頑張っているのでしょうね。
今朝は昨日保育園のママ友が作ってくれたさつま芋ワッフルで朝ごはん。キコは「これが食べたかったんだよね~」っていうけど、これ、食べたの初めてだよ(笑)朝食を食べさせるためにママ友はワッフルメーカーを買ったんだけど、確かに、食いつきは良かったです。ご主人の実家からもらったというブドウジャムも一緒におすそ分けしてくれて、更に美味しかったし。
今日もちんちん電車に乗り、京浜東北線までの階段をキコは手すりを使わず、登っていったキコ。東京方面への電車は、遅延のせいで更に激混み。でも保育園は逆方面なので、電車でミコに授乳しながら座って移動です。保育園に行くまでの道、キコは「今日は泣かないから」と言いました。ビックリ!「泣かないの?」というと「うん、キコ、泣かないよー」とのこと。なんだかそれが、私の気持ちを察してくれているようで、私のほうが朝から涙ぐんでしまうのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/26 へび

20100426155424シフォンのスカーフすら邪魔になるほど暑く感じる今日。妹の家の近くで、ひなたぼっこをしている蛇を見つけました。塀の隙間に、モスグリーンと茶色のおしゃれな柄の蛇。頭を動かして、体をくねくねさせていました。光に当たってとてもきれい。
じぃっと見ていると、おばさんが声をかけてきて「あら!へびっ!!」と驚き、「あなた怖くないの?」と聞いてきます。「最近の事件を聞くと、人のほうがよっぽど怖いですよねー」と冷静に言うと「そうねぇ」と笑っていました。
「なんだか艶々してるし、へびを見ると金運UPって言うし」と言うとおばさんも「私達、いいことあるわね」と急に同士のような人懐っこい目をしてきました。昨日出産した妹は巳年。なぜかそれを連想させて、益々ラッキーな気持ちになった私です。
今朝もキコは大泣き。「ママといたいの。保育園行かないの」と言います。ミコはもちろん大泣き。ダブルで泣かれるとつらいつらい。更にキコのように言葉されると、もっと苦しくなる母です。
お迎えに行くと、キコは遊んでいたおもちゃを片付けて、一目散に飛びついてきました。それで一緒にミコのお部屋へ。今日はミコは保育園のお昼ご飯を完食したそうです。本当にそれは嬉しいことです。ミコはキコより食が細い。それは個性だし、今だけかもしれないけれど、やっぱり食べて栄養を摂ってくれた方が、免疫も上がって、病気も治りやすくなるから、食べてもらいたいと思うのです。冷凍母乳も少しずつ飲んでくれています。少し私も慣れてきたのかしら、ね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/25 マコ、母になる

Dsc_6692明け方4時半ごろ、もうすぐ41週になる妹が産気づいてタクシーで病院へ。でもいったん戻ってきました。勝手にドキドキして興奮気味の私です。
日曜日の朝、約束していたとおり、今日はダーリンとスカイプでテレビ電話にトライです。映像と一緒に会話すると、よく中断されるのだけれど(現地の接続がわるせい?)、それでもキコは「パパー、あのね、ウサギの風船がね」と昨日もらった風船の話を一生懸命にしていました。
そうこうしている間にマコは本当に産気づき、夫君を伴って再び病院へ。どのくらい掛かるんだろうか、と思っていたら、11時近くに3048グラムの女の子を無事出産♪経産婦並みに1時間とか2時間とかそのくらいで出産したようです。すげー。
私は時間的に半日とかかかるのかと思っていて、今日は天気もいいしキコと公園へ行こうと約束していたけれど、急遽病院へ。地下鉄と歩きで向かいます。
歩きながら、お夕飯は何にしようか?と聞くと、「パン」というキコ。「サンドイッチ?何をはさむの?」と聞くと「ハムとチーズとトマトとなめこ!」私はバギーのミコを押しながら、大笑い。「なめこ、入れるの?」と聞くと「うん、それがいい!」と得意げです。まったくおもしろいキコです。
赤ちゃんとの対面というのに、化粧もろくにしてない私。病院の下で花を買おうとすると、キコが選んだのは紫のベルフラワー。病室に行く前に、実家の両親と合流。個室にいた妹は元気そうでした。赤ちゃんはほやほや。ものすごく可愛いです。生まれて数時間の赤ちゃんを見れるのは、身内の醍醐味でしょうか。本当に本当に可愛いと思いました。
Dsc_6685まぁ生まれたばかりの赤ちゃんがいるのに、キコは大声でおしゃべりし、ミコは泣いて、個室の部屋は大賑わい。赤ちゃんもびっくりかしら。でもここ数日声をお腹を通して聞いていたでしょう。昨晩の声かけに応じてくれたのかしら。ダーリンの出国直後ではなく、少し落ち着くまでお腹にいてくれた本当にいい子です。
それにしても自然分娩はやっぱり違うね~。いつ出産になるか分からないけど、生んでから普通にシナモンロールを頬張る妹を見て、いいなと思いました。帝王切開は流動食だからね。ま、無事に生まれれば、出産方法はどうでもいいんだけどね。
今回は、自然分娩の妊婦のいる家のドキドキだけでも味わうことが出来て、私はラッキーです。帰りは両親に送ってもらいました。赤ちゃん、可愛かったね。もうすぐ一緒の生活です。
写真は昨日、キコが公園で「マコちゃんにあげるの」と言って拾った八重桜です。マコが出産前にグラスに飾っておいてくれました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/24 盛りだくさんの土曜日

Dsc_6640
新年度に入り、今年は全学年の遠足はではなく、乳児クラスは親子レクレーション&保護者のクラス懇談会が行われました。この日は、0歳児はレクレーションはなく、懇談会は入園式の後に行われており、ミコは土曜保育&お昼ご飯をお願いしました。キコに「今日はママと二人で楽しもうね」というと「ミーちゃんは?泣いちゃうよ」とミコを気遣うキコ。「大丈夫、今日は先生がミコを見ててくれるからね。二人で遊ぼう」というと、「えーなんでぇ」と照れながらも嬉しそうにしています。
最初は懇談会があり、年度の目標やこの時期の子供達の特徴などを先生から聞きました。「自分で」がどんどん増えているキコ、確かに先生からもその話を聞きました。以前は「自分で」といって出来なかったけれど、最近は
「自分で」といってちゃんと出来ているし、納得すると行動も伴うことが増えてきたと感じています。もうすぐ3歳だもんね。
レクレーションは、ボールをまわしながら名前を言ったあと、はとぽっぽ体操に始まりました。音楽に合わせて、肩車したり、お尻をくっつけたり、長い棒の両端を親子で持ってコーンを回ったり、結構よく動いて、私も笑いながら楽しめました。それが伝播してキコも照れながらも楽しそうにしています。Dsc_6658
終わってからミコを迎えにいくと、ラックで眠っていました。それから三人でデパチカでランチを簡単に済ませ、開店記念の風船をもらったあと、保育園でお散歩する公園へ。青い空に色とりどりの花が美しく、気持ちのよい日です。気温も上がって公園日和♪
でもせっかくなので、今の住まいの最寄り駅すぐの飛鳥山の児童公園へ行ってみることにしました。近くに行くと「楽しそうな公園ねぇ~」なんておませなセリフをいうキコに笑ってしまいました。ちょうど八重桜が満開で、確かに楽しそうな遊具がたくさんあり、キコも目をきょろきょろさせながら、行ったり来たり。でも一番楽しそうに遊んでいたのは、端っこにある小さい滑り台と電車の運転席。そして土の小山です。そこで枝を集めているとちょっとだけお姉さんと仲良くなり、一緒に遊んでいました。
Dsc_6674
おやつに妹がふかしてくれたさつま芋をカバンから出すと「お外でお芋を食べると気持ち悪い!」というニコニコのキコ。反対言葉のはじまりのようです。反対言葉を言いながら、ニコニコ。耳を疑ったけれど、表情を見て安心しました。子供って面白いね~。
帰り道、カレッジセールをやっているお宅がありました。白人系の外国人で「おもちゃもあるよ」というのにキコに「行かない」と拒否されたので、そのまま歩いていると、外国人のおばさんが走ってきて、キコにカエルのぬいぐるみをくれました。キコはカエルを嬉しそうに持ちながら、バギーで眠ってしまいました。Dsc_6684
夜、夕飯には妹夫妻が買ってきてくれた「ホワイト餃子」というのをたらふく食べました。キコも5つくらい食べたかな。パン生地みたいなしっかりした生地の餃子で、食べ応えがあり、美味しかったよ。
そして眠る前、マコのお腹に「おーい、早く出ておいでよー、一緒に遊ぼう」とキコと一緒に声をかけ、キコとミコはマコのお腹をなでなでしました。赤ちゃんが生まれる時期を決めることというけれど、自然分娩は大変だ~。よく遊び、よく食べた一日。9時過ぎには子供と一緒にバタンキューの私でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/04/23 慣れたものを置くだけで

昨日の夜、仕事を終えた父が車で運んでくれたキコの食卓用の椅子とお人形のぽぽちゃん。それを見つけた朝。キコは目を丸くして「えー、どうして来たのかなぁ、ぽぽちゃん」といいながら、なれた椅子によじ登って朝食をとりました。ここのところ、ずっと「ママのお膝!」だったりしていたからねぇ。慣れたものをおくだけで、こんなに違うとは。逆に慣れたものがなかったから、あれだけ荒れるのねー。今日からはトイレの補助便座も来たし、トイレトレーニング、元に戻ってできるようなるといいんだけど。
ミコのほうはというと、今日は冷凍母乳を飲んでくれました。よかったよー。先生が無理やり飲ませる形になってしまったと言ったけれど、食に興味がないせいか自発的に口を開いて食事をしないミコ。冷凍母乳も無理やり飲ませないと、多分飲まないでしょう。だから、先生に感謝しています。親の意思を尊重して、頑張ってトライしてくれたことに、感謝しているのです。
お風呂で「ママさー、パパがいなくなってから、怒ってばっかりだよね~。反省するよ、ごめんね。怒ってばかりで、キコ、嫌だよね」というと、「そんなことないよ」というキコ。キコに気遣われているような気がして、更に反省してしまう私でした。
そんな中、現地に着いたダーリンから携帯に電話があり、ほっとしました。長いフライト、お疲れ様でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/22 激しく泣く

20100422131208毎朝泣かれるのは、本当につらい。しかもキコミコ、ダブルだから、本当に胸が締め付けられます。キコは余りに泣くので、保健士の先生が「キコちゃん、すみれ組さんまで一緒に行く?」といって抱っこしてもらって、気分転換&特別ケアです。ミコは冷凍母乳も飲まないし、食事も進まず、このままだと粉ミルクを足すことになるかもしれません。自分の不安定さが子供達に着実に伝わっているので、やっぱり深呼吸して、どんとしなくちゃと自戒しています。
今日はマコがパンを作ってくれました。可愛い小さい丸パン、ちゃっちゃと作ってくれる妹に感謝感謝♪おいしいです。それにしても妊婦の妹は予定日が過ぎていて、おなかもパンパン。私は帝王切開だし、37週とか38週で出しているので、そのパンパンぶりにドキドキしています。
夕食どき、久しぶりにミコは大泣きです。とにかく激しく泣く。久々の保育園で疲れたのかしら。おっぱいも飲まずに泣いて、泣きつかれて、やっとおっぱいを飲みました。仕方ないよね、私も今はいっぱいいっぱい。キコ&ミコ、母ちゃんと一緒に頑張ろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/21 ちんちん電車に乗って

Dsc_6608ダーリンが出国してから初めての登園。昨晩は夢でダーリンに何度も会いました。経由地の香港から電話もきたし、順調に赴いているのがわかり、現代の利器に感謝します。
今日は明け方まで2時間おきに目が覚めていたから、気が張ってるんだろうな焦って起きると妹が朝食を作ってくれており、ありがたい。どうにか準備して、ちんちん電車(都営荒川線)に乗りました。キコは発車するときに鳴る「ちんちん♪」に大喜び。更にいつもと違って京浜東北線も長く乗るのでご機嫌です。川を渡ると「ここはママがいないと怖い川だね」といっていました。
それまで普通どおりだったのに保育園に着くと、私から離れないキコ。お友達が迎えに来てもダメです。結局先生に抱っこしてもらい、引き離してもらう形で園を後にしました。ミコはもちろんギャンギャン泣いています。つらい。

夜、妹のおうちでパソコンをセットして、ネット環境を整えながら、一日を振り返っています。ぐずるキコについ強く言ってしまう私。今日はお姉さんパンツでおもらししちゃったし。キコだって頑張っているのだけど、つい・・・いかんな。
私が気が張っているのが、多分子供達に伝わっていて、それが余計に子供達を不安定にさせているんだと感じます。深呼吸して、ほら私、頑張りどきなんだから!こういうときこそ、自分ののびしろだと思うんだ。がんばれ、私!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/20 ダーリンの出国

Dsc_6554あっという間にダーリンの出国。久しぶりに成田空港に来ました。独身時代はあれほど旅行して、成田空港に来ていたのになぁ。ちなみに私達、成田空港で結婚指輪を交換しています。彼がサンパウロにいる間に私達は入籍し、法律上夫婦となり、迎えに行った到着ロビーのゲートの出口で、私は指輪の交換をすることを希望しました。懐かしいな。
さて、60キロの携行荷物を預け、手荷物だけ持ったダーリン。両家両親が揃い、みんなでスタバでお茶をしました。キコは知ってか知らずか、パパにまとわりついています。なんだかたくさん写真を撮りました。またすぐ会えるけれど、やっぱり寂しいね。でも寂しいというより、私は気合いにみなぎっていて、早くもその気負いで疲れモード。意味ない(苦笑)
Dsc_6557ダーリンの出国まで時間がまだあったけれど、帰り道や子供達の食事や眠る時間も守りたかったので、早めにお別れしました。だから、ダーリンを見送るというより、ダーリンに見送ってもらいました。キコはミコはどれくらい分かっているのかな。いつもと違うというのは分かっているけれど、長らく会えないというのは初めてのことだから、理解できないかもしれない。
ここから、うちの車は父に譲ったので、父の運転で妹の家へ送ってもらいました。今晩から妹の家に居候です。キコは多分旅行だと思っているに違いなくて、きょとんとしています。ミコは更にそうだよね、まだ9ヶ月だもん。まこ&夫くん、どうぞ宜しくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/19 土の匂い

Dsc_6526
辞令を受けに、会社に出勤したダーリン。明日出国なのに、わざわざ?と思いつつ、ま、仕事柄必要なので仕方ありません。でもお昼には帰ってきて、午後はダーリンのパパの畑に家族で行きました。
黄色く花が咲いたブロッコリーや葱の花ねぎぼうずも可愛くて、花はとてもキレイ。キコは葱をじぃじと一緒に抜いてくれました。
プーンと薫る土の匂いに、なんだか気持ちが落ち着きます。コンクリートの地面は、バギーも通りやすいし、靴も汚れないけれど、子供が転んだときに優しいのは土です。服は汚れるけれど、土は優しく受け止めてくれます。泥んこ遊びが大好きな子供になってほしいと思います。
Dsc_6539
さてお夕飯は昨日はお鮨と茶碗蒸し、今日はすき焼き♪美味しいもの続きで、幸せな気分に包まれている私です。もう明日出国。家族で川の字で眠れるのも今晩が最後です。でもね、またすぐに会えるから。いつも一緒にいたいけれど、離れていても想い合えるのが「人」というもの。そうやってより深く生きていけるのです。私もがんばる、だから、ダーリンも頑張ってほしいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/18 横浜→千葉へ

Dsc_6520
午前中のうちに、横浜から千葉へ車で移動しました。ひどい渋滞にもはまらず、無事に到着。今日からは彼の実家で過ごします。
ミコは手をくっつけて、もみもみしています。ぷにゅぷにゅで可愛いミコのお手手です。キコは持ってきた分度器などの定規セットのカラフルさに目を奪われ、お絵かきに夢中です。多分明後日にはパパが出国してしまうなど予想できていません。キコは、また埼玉のおうちに帰れるんだろうと思っています。
Dsc_6521
ダーリンの出国後は、生活の基盤は、東京の妹のおうちになるので、キコやミコが埼玉の家に行くことはもうありません。朝、いつもの状態で保育園に行って、そのまま突入した出国までの家族の時間。だから、おうちにバイバイしなかったよね。それが心の残りだけれど、ダーリンの仕事柄、これから何度も住まいを変えることになるでしょう。
でもね、どこに住んでいても、帰る場所はあるのです。家族という場所。だから変化をみんなで楽しみましょう☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/17 多分、遊びに来ているだけ

Dsc_6506横浜の実家には大量の荷物が運び込まれ、一部屋潰れました。予想しないほど荷物に、たぶん実家の両親が驚いたと思います。私達も想定外。本当に申し訳なく思っています。地味に少しずつ片付けているものの、氷山の一角状態で、一気に全てを捨てたい気持ちになるのも事実です。エコな生活を心がけたくても、結局こうなっちゃったら意味ないよなぁと反省しています。
キコは私の両親と庭で遊んだり、ベランダで遊んだり、とにかく遊びに来ている感覚です。私と妹が遊んだ人形をキコが見つけて、ミコと遊んでいました。懐かしい青い目の洋風なお人形です。
うちの実家は、横浜にあるんだけど、大きな木が多くて、リスが来たり、タヌキが出たりします。家は小さいし、公道からも離れているし、車がすぐにとめられないし、急な坂道の上なんだけれど(横浜の地形だけど)、自然が豊かで、気持ちよく過ごせます。ま、実家だから余計にだろうけどね。Dsc_6470
まだ片づけが続いていたけれど、夕食は中華街へ。家族でよく行くお店ではなく、華正楼本店へ。美味しい北京料理を、紹興酒と一緒にいただきました。紹興酒が美味しいと感じるようになって、年齢を感じる私です(笑)キコは、というか、子供は正直なので、美味しいものが大好きです。フカヒレスープもクラゲもおいしそうにぺろりと食べていました。
そうそう、華正楼といえば、シュウマイです。横浜高島屋の地下で売っていますが、とても美味しいです。でも今日は両親のお勧めの月餅をお土産に買ってもらいました。とても美味しいそうです。ちなみに私が好きなのは黒胡麻餡です。ふふふ。
ダーリンの壮行会的な位置づけの食事だったけれど、こうやってみんなが元気で揃っていただく料理は、それだけで美味しさが増すような気がします。横浜が実家の私は中華街が身近だったけれど、埼玉に住むようになってからは、やはり中華街の賑やかさを懐かしく感じました。今日はごちそうさまでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/16 引越しを繰り返すと

Dsc_6456ダーリンの同僚の奥さんと話していたら、家族で一年で3回引越しした経験があると知った。すごい。そのうち家族でイギリスに赴任したときは、スーツケースが4つだけ。帰りはスーツケース2個で帰ってきたそうです。何で減るんだと思ったら、日本は捨てるのもお金がかかって面倒だからだとか・・・。ちなみに家族構成は、夫婦と当時はまだ未就学児の女の子が二人。
引越しを繰り返すと捨てるのが上手になって、でもやっぱり捨てたくないものもあるし、だから本当に必要なものしか買わなくなる。買い方も変わってくるとのこと。まぁ、かなり極論を言われた気もして、全てを納得できなかったけれど、一部理解できました。りこさんもそうなるわよ~と言われて、苦笑。殆ど引越しのない私の人生ですから、これからの変貌が楽しみですね~。おほほ。
彼女のすごいところは、ご主人が口だけ出して何もお手伝いしないこと。さすがに、次回は離婚だといっていたけれど、すごいと思います。そのため、引越しは三ヶ月前から準備を始めているのだそうです。ほんと、すごいです。20100423095252
さて翻って今日の我が家。生活の基盤を移す大作業日ですが、想像を絶する大変さでした。何より私が荷物のまとめ方を知らないこと。大変さを知らないのが一因です。引越しの多いダーリンは、今回の大移動に納得できない模様。日中はキコミコは保育園だったので助かりましたが、生活の基盤を移すというのは本当に大変です。
出たゴミも捨てられず、車にも積めず、結局最後はなんと同僚の家に預かってもらうという不始末・・・。っていうか、ここ、マンションなのに、戸建の住宅と同じようにしかゴミを出せないのが、そもそもおかしいんだけど。
一方キコミコは、昨日の強い予防接種のせいで発熱していましたが、保育園のほうも事情を知っていてくれたので、園で預かってくれていました。
今日から横浜と千葉の両家の実家でダーリンが赴任するまで過ごします。写真は、昔100円ショップで買ったガジュマル。立派になりました。そして片付いた部屋の一部分の写真。がらんとしています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/15 イエローカード

Dsc_6230結婚式の3日前に私が受けた予防接種は、黄熱病の予防接種。黄熱病は、国によっては「黄熱病の予防接種を受けた」ことを証明するカードをもっていないと入国できないことがある。このカードがイエローカード。年内に私たちが行く国もそういう国。私はブラジル赴任の前に受けたのだけれど、ブラジルは旅行者なら受けなくても大丈夫な国です(多分)。
黄熱病は、結構だるくなるし、私は腫れたタイプのワクチン。白いウエディングベールの下の二の腕が青く膨らんでいたのを覚えています。14キロのキコと、7キロのミコ、こんな小さい子供達にもと思うのだけれど、予防接種は、重症化しないようにするためのもの。我が家のように、保育園などの集団生活をしたり、途上国に住むには必要なものなのです。
東京駅からすぐの場所で注射を受けると、診断した医師がミコをみて、「うちもねぇ同じくらいの孫がいてね。いやぁ、可愛くてね~」と目尻が下がっています。「やっぱり可愛いですか?」と聞くと「いやぁいやぁ、可愛くて可愛くて」と医者というよりただのお爺さんがそこにいました。「携帯の待ち受けとかにしてます?」というと「もちろんですよ」と今にも携帯を見せてくれそうな勢いの先生でした。
子供は、みんなに愛されて育つのがいい。母親だけではなく、みんなにたくさんのいろんな人に愛されて育つのがいいと、私は思っています。
さて、大丸東京でランチを済ませ、そのまま次のワクチン接種へ。今日は結構重いです。キコは絶叫していましたが、仕方ないです。泣き叫ぶ子供を抱えているのも、ツライのよ。でも、重症になったらもっと怖いから。あなた達を失いたくないから、必要な注射なのです。
今日はキコもミコもよく頑張りました。そして泣き叫ぶキコとミコを抱えて、私もダーリンもよく頑張りました。おつかれさま。写真はキコが並べた木のおもちゃ。「お魚みたいでしょ」と言って上手に並べてくれました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/04/14 八百屋のおばあちゃん

Dsc_6462今後は日常生活を、妹の家で過ごすことになったので、買い物だって今の家の地元でしなくなる。大きなスーパーに車で乗り付けて、週末にまとめ買いをすることが殆どだったけれど、毎日保育園帰りに通る商店街の八百屋は別だった。毎日野菜や果物を何か買っていて、八百屋のおばあちゃんはキコに喋りかけてくれていた。
事情を話して会えなくなると話すと、おばあちゃんはお店の果物を袋に入れてくれた。「寂しいねぇ、でもこっちにきたら顔見せに寄ってね」と言った。名前も知らない八百屋のおばあちゃんだけれど、キコも「ばあちゃん」と言って慕っていたし、とてもよい方でした。本当に、毎日どうもありがとうございました!
その足で毎週行っていたクリーニング屋へ。そこでワイシャツを引き取って、事情を話すと、ポイントと交換するおもちゃを、まだポイントがたまってないのに「好きなの持って行っていいよ」といって3つもおもちゃをくれました。いいのかなぁと思ったけれど、好意に甘えてキコも好きなのを選んでいました。
なんだかね、こういうのって嬉しいんだけど、寂しいもんだね。でもそういうささやかな交流ができたことを、感謝しなくちゃ。皆さん、どうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/13 バイバイかバタバタか

今日は四時まで預けることにしていました。ミコは帰り際、先生に手を振ったようです。私は抱っこしていて気が付かなかったのですが。
先生方は「わぁ、ミコちゃん、バイバイしてくれたの。先生、嬉しいなぁ。ありがとうね。また明日ね!!」と満面の笑みで送り出してくれます。
私から見ると、バイバイというより手足バタバタとしか思えなかったんだけどなぁ(笑)そういう先生たちもかわいいし、親バカですからミコも可愛いし、ま、いいか(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/12 七色なかんじ

Dsc_6454旅行&週明け月曜日、今日は九時から三時までミコを預けます。
さて朝食のトーストに塗ったバター。キコは「あぁっ、カニさん!」と大喜び。見せて見せてとレンズを向けると「ほら!」と本当に嬉しそう。
子供の発想の自由さや豊かさに、時間のない朝が、ふと七色な感じがすることがあります。こうやって文字に残しておくと、更にそんな感じを思い起こして、日ごろのキィキィ怒り顔かあちゃんを反省するのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/11 ベビーベッド

Dsc_6458
今年も私の周りはベビーラッシュが続きます。妹は今月出産予定で、初産が5人、第二子、第三子が9人とめでたい続きです。
サンパウロでお友達になった方が帰国してから出産し、使わなくなったベビーベッドをキコのときに譲っていただきました。それを今度はまたお友達に譲ることにしました。今日はご主人と一緒にうちに取りに来てくれました。更に新生児から使えるチャイルドシートも譲ることにしました。ということで、私のほうは移動は公共交通またはタクシーになりそうです。
Dsc_6460
ベビー用品は使う時期が短い上、傷やひどい汚れもないので、次に使ってくれる人が見つかると、ほっとします。そして譲ると「ありがとう、大切に使うね」といわれると、こちらももらってくれてありがとう、という気持ちにもなるのです。
写真は、もうだめかもと思っていたら、豊かに花が咲いたベランダのペチュニアです。ビックリするほど、見事に咲いてくれています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/10 仙台らしい観光

Dsc_6405
二泊三日、家族で朝も晩も露天風呂を満喫しました。チェックアウトをしてから、仙台箪笥の工房を見に行ったり、仙台駄菓子の石橋屋という創業明治18年というお店に行ってみました。お店全体がすごくレトロでかわいい。門燈のガラスが乳白色でお花のように波打った縁は赤く染められていて、かわいい。お店の中もかわいいだらけでした。お店のおじさんも可愛かったな。キコにおもちゃとおまけの駄菓子をくださいました。ここは枝垂桜がとても美しいそうなのですが、まだ咲いておらず残念です。
お昼は青葉城址公園にあるレストランで牛タンを食べました。キコもちゃんと味わいました。そして伊達政宗の銅像の前に広がる仙台市内を見ましたが、キコは下の玉砂利を集めて忙しそうでした(笑)
Dsc_6413_2
帰り道、北上する桜を見ながら帰りました。お花見ドライブです。まだ仙台には桜は咲いていなかったし、既に埼玉は散っていたので、ちょうどよかったよね、と話していました。
次の家族での旅は、いつかしら、どこかしら、なんて思いながら、また家族で旅したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/09 ウイスキー工場と滝三昧

Dsc_6275仙台市内で観光しようということで、まずは旅館からすぐのニッカのウイスキー工場「宮城峡蒸留所」へ。とてもいい環境で、大きな木々が美しく、白鳥がいたり、川の水が飲めたり、気持ちのよい場所でした。赤レンガの工場も可愛くて、景色にマッチしていました。ニッカの創始者は、自然を出来るだけ残して工場を建てるように指示したとか。そういうところが、素晴らしいなと思いました。それに留学先のスコットランドで知り合った奥さんの尽力も並々ならぬもの、素敵なご夫婦に魅力を感じました。
Dsc_6315
そしてガイドのお姉さんの説明を聞いていると、ウイスキーが美味しく感じてくるから不思議です。運転する彼は試飲が出来ない分、私がちゃんと試飲しました(笑)そしてやっぱりお土産にはシングルモルト「宮城峡」を購入。多分家で口にするときには、この場所を、暖かい日差しを、春っぽい風を、そして家族のこの旅を一緒に思い出すのだと思いました。ちなみに私、ウイスキーはチョコレートと一緒に味わうのが好きです。
近くでお昼を食べてから、歩いていける「鳳鳴四十八滝」へ。この滝へ行く途中、土筆や蕗の薹を見つけました。つくしを「土筆」って書くなんて、すごく可愛いと思います。久しぶりに見つけた土筆に私が大興奮してしました。最近つくし、見なくなったんだもん。Dsc_6329
鳳鳴四十八滝は、大小いくつもの滝があり、その滝の音が鳳凰の鳴き声に聞こえたそうで、この名前がついたとか。次に車で移動して「秋保大滝」へ。こちらはなんと那智、華厳に続く日本三大瀑布のひとつだそうです。12キロぐらいの滝でした。どちらの滝も、人気がほとんどなくて、家族で写真を撮ったりいろんな角度から見たり、音を楽しんだりすることができました。新緑や紅葉なら更に美しいとは思うけれど、春がまだ来ない森の滝は、水の色が際立ってとても美しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/08 仙台・作並温泉

Dsc_6253ダーリンは学生時代の6年を仙台で過ごしていて、理系だからか、先生にご挨拶に行ったり、1泊2日の研究室の合宿に出かけることがあります。おかげで私も仙台に来る回数が増え、美味しいものをたくさん食べています。ふふふ。今日から仙台に2泊3日の旅行です。
まずは教授と秘書の方にランチをご馳走になりました。こちらのダーリンの教授、なんと私とも接点がありました。以前働いていた環境NGOの仙台版の立ち上げに深く関わってくださった方。なので、私は勝手に身近に感じているのです。秘書の方も大変いい方で、ミコを抱っこしてくださったり、気の利いたお土産をたくさん用意してくださっていました。その後、ダーリンの過ごした研究室に初めて入れてもらいました。Dsc_6243
不思議な装置や実験設備、私には理解しがたいものばかりでしたが、未知のものに触れるのは純粋におもしろかったです。案内してくれた先生が、研究室の後輩に当たる学生達に彼を紹介すると「論文を読みました!」と言われている場面が二度三度。そんな彼をみて、私の知らない一面を見た気がしました。
いいお天気で、研究棟の前をお散歩したり、かけっこをしました。渋滞しなかったけれど、車の時間が長かったので、キコもたくさん走りました。
ドライブの間、キコはパパと手をつないでいました。すると「キコ、えんえんしなかったよね。ママのお手手っていわなかったよね」と誇らしげに話してくれました。パパとお手手はつないでいたけど、パパは嬉しくて仕方ないからね。
Dsc_6353
早い夕方、仙台市内の作並温泉へ移動。ここでは岩松旅館
というところに泊まりました。ちなみに作並温泉は1200年前に発見された歴史ある温泉だそうです。88段の階段を下りると、川沿いに露天風呂があり、混浴です。それがよくてこの宿にしました。
家族にはもってこいの温泉で、4つもあります。この日は貸切状態で川の流れる音を聞きながら、家族みんなで露天風呂を楽しみました。新緑や紅葉の時期はもっともっといいんだろうなぁ。でも今の時期でも十分によかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »