« 2010/09/24 アボガドの水栽培 | Main | 2010/09/27 姉妹 »

2010/09/25 歴史まで思いめぐらせたきっかけ

Dsc_9033ダーリンのお仕事でつながったスペイン人のホアンさんが、お家に招いてくださいました。他に大使館の女性陣も一緒で、ルアンダ市郊外のスペインのコンパウンドへ。コンパウンドというのは、塀で囲われた敷地の中に、同じような家があり、プール、テニスコートや公園、BBQ広場がある居住区のようなもの。スペインの国旗がはためくコンパウンドは、家は古くて小さいけれど(日本人には十分な広さ)、敷地は広く、敷地内を散歩したり、プールで泳いだりできるのは、やはりとても羨ましいものです。
小学生のクラウディアちゃんは、ルアンダインターナショナルに通っていて、お部屋を見せてもらうと、もうしっかり「女の子」な感じでした。机の上には、子供用のお化粧セットみたいなものもあり、小さいキコに「ここは遊んでいいけれど、ここは私の大事なものだから触らないようにしてね」と言うあたり、お姉さんぶりを発揮していました。スペイン語とベトナム語と英語、トリリンガルなクラウディアちゃん、すごいです。
Dsc_9014
キコは固まっていますが、やっぱりクラウディアちゃんに興味があるようです。目で追っています。そして、次々と出てくる美味しいフォーやラム肉を絶え間なく食べていました。とてもおいしかったです。
ミコを抱っこしている私に、奥さんがお肉にソースをかけて持ってきてくれたり、ご主人がお酒をついでくれたり、(手作りのパイナップルシャーベットにシャンパンをかけて食べるのを教えてくれましたが、おいしい食べ方でした、)優しい気遣いを有り難く思いました。
落ち着いたころ、台所へ行って、キコがラム肉を初めてだったのに、モリモリ食べたのでびっくりしたし、すごく美味しかったとお礼を言うと、ラムは初めて調理したとのことでした。自分の国ではラムは食べないというので、日本も一般的ではないと話すと、そうよね、と笑顔。「アジア」という一体感をふと感じました、私が好きなもののひとつです。Dsc_9028
おなかも満たされ、お外へ。敷地内にある小さい公園は、キコにとって十分なものでした。お砂場があり、ブランコと滑り台、シーソーがあるだけの小さい公園でしたが、家族一緒に遊べるのは、ものすごく嬉しかったようです。ミコも一緒で、キコが楽しそうに一生懸命遊ぶ姿に、いつもいっぱい我慢させてるんだなぁと感じてしまいました。女の子とはいえ三歳だもの、お外でいっぱいいっぱい遊びたいんだよな、と思いました。
Dsc_9029
今日は色んなことを感じてしまいました。キコの体力を目の当たりにしたこと、自分の国を離れて海外でお客様をもてなす料理、赤ちゃん連れの国連スタッフのキャリア観(マレーシア人女性で、単身で子連れでルアンダで働いています)、欧米の政府が用意している住環境(家財などの荷物も船のコンテナで運べるそうです)とひいてはヨーロッパとアフリカの歴史。どれも私に色んなことを考える機会を与えてくれました。
コンパウンドで気持ちの良い風に吹かれて、リフレッシュ。こんな気持ちいい風、家族で感じられるなんてありがたい。今日はとてもよい一日でした。

|

« 2010/09/24 アボガドの水栽培 | Main | 2010/09/27 姉妹 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/50111219

Listed below are links to weblogs that reference 2010/09/25 歴史まで思いめぐらせたきっかけ:

« 2010/09/24 アボガドの水栽培 | Main | 2010/09/27 姉妹 »