« January 2011 | Main | March 2011 »

2011/01/02 キコ&ミコ&ナコ

Img_0330
ミコに授乳したほうが楽だと思うほど、おっぱいが張って痛いくらいの朝。
ミコは断乳24時間をクリアして、朝ごはんのバナナを一本と牛乳をコップ一杯飲み干しました。お友達から内祝いとして届いたバームクーヘンもガッツリ食べてくれました。
今日は妹家族が来て、一緒におせちを食べる日です。久しぶりに会った妹の子供ナコは、8カ月。なんだか妹とふとした表情が似ていました。キコとミコとナコ、年が近いので、まだ全員で一緒に遊ぶという風にはならないけれど、キコはミコとナコを世話したがり、ミコもナコが気になるらしく、その様子はどれもいちいち可愛いものでした。Img_0341
久しぶりに妹家族に会い、キコはどうかと思ったけれど、もう三歳。マコの夫君とも一緒にパズルをしたり、マコにもなついています。まぁなんだかんだと二カ月一緒に暮らした仲だもんね~。
夜、キコは私の両親とお風呂に入りたがり、じぃじの布団に入りました。でも結局最後は私達の寝ている二階に来て寝たのですが、ママより優しいじぃじとばぁばのほうが、楽しいようです。ミコは寝際にひと泣き。そのまま朝まで寝てくれるかと楽観していましたが、夜中に大泣きでした。すでにバンバンで痛いですし、泣かれるたびにズキンズキンと痛くなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/01/01 ミコ最後のおっぱい

Img_0282
明け方、ミコに授乳しながら「これで最後だからね、たくさん飲むんだよ」と言った。ミコは寝ながら飲んでいたから、ちゃんと聞いていたかは不明だけれど、今日で1歳半になったミコ。キコは一歳五カ月で授乳を終えたので、もういいかと思っています。
アンゴラにいるときに、「日本にいたら、おっぱいバイバイだからね」といっておいたけれど、ずるずる今日まで来てしまいました。二人とも完全母乳だったし、仕事をしていても冷凍母乳で乗り切り、フォローアップミルクも哺乳瓶も経験せず、おっぱいだけでした。いいか悪いかは別として、私の満足感はかなりあります(笑) ちょっと寂しいような気もするけれど、おっぱいってエネルギーも使うから、もう十分だと思っています。

お正月の朝、彼の実家でいただくお雑煮はお野菜がいっぱい。そこにいくらとゆずを載せます。やさしいいい味、ゆずのいい香りです。
彼の実家に、隣駅に住むお姉さん家族が来て、一緒にお茶をしました。キコとミコのいとこに当たる彼のお姉さんの子供は、高校二年生と中学三年生の姉妹。キコは、きれいなお姉さんたちが大好きです。もらったパズルやおもちゃも嬉しいし、ご機嫌さんでした。
夕食に向け、横浜に向かいます。実家について夕食をして、夜、断乳。ミコはダーリンと一緒に寝室に向かいました。30分泣き通して、ミコは眠り、ダーリンが下りてきました。私も布団に入り、夜中1時ミコの目が覚めたようです。ミコは私の枕元に立ち、ママーと泣きだしました。おっぱいのにおいがすると思って、ダーリンと子供たちはベッドに。私はその下に布団をひいて眠っていたのでした。結局、布団を間に挟んで抱っこして一時間、泣き叫んだ疲れか、オッパイもさがさず眠ってしまいました。
さて、私の胸のほうですが、飲む回数を減らしていたし、離乳食も進んでいたとはいえ、毎日一度は授乳していたので、かなり張っています。イタイイタイ。桶谷式@ネットによると、頑張って3日間は絞らないようにしないといけません。その後、圧を抜く程度にしたり、10日後、一ヶ月後に搾乳して、乳腺の母乳を絞りだすんだそうです。それにしても、痛い。痛いなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/31 今年も今日でおしまい

Img_0263
ダーリンの実家でのんびり起きて、午前中は車を借りて、家族でショッピングセンターへ。冬物バーゲン中。アンゴラで着れる冬服などないので、買えないのに、気持ち的に見たくて、子供服も含め一応手にとって見ています。
生活雑貨売り場で、準備してきた買い物リスト出し、買い物開始です。
たとえば、冷蔵庫につけるクリップマグネット、吸盤式タオルかけ、S字フック、流しのスポンジラック、シャワールームの滑り止めマットなど。大したものじゃないんだけど、ないと意外と不便です。なくても半年やってきましたが、大したものが手に入らないアンゴラ。このときとばかり買いました。更に100円ショップにも寄って、大人買い(笑)100円ショップで出すのが、お札数枚です。
一旦家に戻ってお昼を食べ、夕方、また同じショッピングセンターへ。今度はスーパーへ行き、大みそかでごった返した店内でお買い物。主に乾物や子供のお菓子を買いました。アンゴラにいるお友達へのお土産、キャラクターのお菓子が軽くていいなぁと思って、売り場に行くと、キコは大喜び。大好きなアンパンマンのお菓子がいっぱいあるので、キコとミコにラムネを買いました。Img_0285
周りがお刺身やお鮨、お蕎麦やてんぷらなどを持ってレジに並んでいる人が多い中、私は抱っこのミコ、眠くてうつらうつらし始めたキコをカートに乗せて、乾物で山もりのかごを持っていました。たとえば焼き海苔5パック、日本茶ほうじ茶3パックずつ、子供歯ブラシ10本、子供のミニ袋菓子4つパック4種類をそれぞれ三つずつとか。かなり買っています。生活雑貨や乾物なので軽いけど、かさはあり、金額もそれなりで、自分で笑ってしまいました。
買ったものは、宅急便で実家へ送ってしまおうと思っています。時間を有効活用できてよかった~。

彼の実家では、大みそかにおせちを食べる習慣があります。おせち好きの私は、大みそかは彼の実家、お正月は実家でおせちを頂けるので、喜んでいます。立派なお刺身、美味しいおせち、紅白を見ながら、夜は更けていきます。キコは大好きな「もずく酢」を食べることができて、大満足。私の分まで食べてしまいました。それこそ日本でしか食べれないから、いっぱい食べるんだよ~(笑I 子供たちはぐっすり眠り、ミコはそろそろ夜のおっぱいもやめれそうな気がしています。
ゆく年、くる年で各地の除夜の鐘を聞きながら、今年も無事終わり、新しい年が無事に始まったことをじんわりと感じています。アンゴラは大変だけれど、家族が健康で一緒にいられること、帰ってくる場所があること、そのことがとても幸せなことだと感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/30 日本らしいお菓子もジュースも知らないから

Img_0219
旅館をチェックアウトして、駅までの道すがらしばし雪で遊びました。こんもり積もった雪だけれど、ふんわりフカフカ。気持ちいい雪です。素手で雪を丸めたり、つららをつかんだり、楽しかったです。抱っこのミコも一応雪をつかみました。
Img_0227
お昼御飯は、鱒ずしと笹団子。越後湯沢の駅で買って、新幹線に乗り込みました。駅のコンビニに行っても、キコは並んでいるお菓子をお菓子と認識できないようです。唯一、行きの新幹線の中で私が買ったトッポをみつけて、「あ!これ、買って~」と言ってきました。他に美味しいお菓子はたくさんあるのに、知らないので「買って」と言いません。
ペットボトルが並んでいる飲み物コーナーに行っても、私が買うのはお茶なので、お茶の中でキコは「これにして!」と言うけれど、ジュースには「なんか可愛いのがかいてあるね」というだけで、それ上の興味は示しませんでした。「これ買って~」と言わないキコ…こどもっぽくないような…。アンゴラ育ちだから仕方ありませんねぇ。Img_0236

新幹線の中、笹のいい匂いがする笹団子、キコもミコもビックリするくらい食べてくれました。東京駅から、日本橋高島屋まで歩きました。キコは、キャリーを持ってくれました~。お手伝いが大好きなキコです。年末で人がごった返すデパートですが、年始のご挨拶のお菓子を買ったり、自分たちが食べたいパンを地下で買いました。今日はこれから、ダーリンの実家へ行きます。
Img_0247
電車に乗って、先ほど買ったパンを食べたがる子供たち。どうもミコのほうは、日中授乳をやめてから、ぐずりますが、それを自分で誤魔化すかのように、食欲が旺盛になっています。
夕方ダーリンの実家の最寄り駅に到着!パパとママがお迎えに来てくれていました~。美味しい夕食をして、のんびりお風呂に入りました。もう今年が終わるんだなぁと、体のほうがその号令を待ちきれないかのように、ソファーでうたたねしていた私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/29 わぁい雪♪わぁい日本酒♪

Img_0134
何も予定のない旅先での一日。のんびり起きて、越後湯沢駅周辺の散策です。途中に寄ったコンビニでさえ、今の私は興奮状態(笑)。日本って素敵。小さいコンビニなのに、子供向けの塗り絵まで買えました。
Img_0154
お昼御飯を食べる頃、雪が降り始めました。ランチの後は、越後湯沢の駅中で、お土産屋さんをみたり、ぽんしゅ館という日本酒の試飲が有料でできるコーナーに行ったり、楽しい時間を過ごしました。温泉があったり、美味しそうな鮨屋があったり、駅中で全部楽しめそうな場所です。ちなみに、ぽんしゅ館、とても素敵です。500円で5枚のメダルとおちょこがもらえます。壁一面に地域と銘柄、度数などが示されており、好きなものを飲むことができます。ダーリンの両親の出身地の小千谷のお酒を飲んだり、ラベルの可愛いのを飲んだり、金賞を受賞したのを飲んだり。どれも美味しかったです。Img_0164
旅館に戻る頃には、雪はだいぶ積もっていましたが、まだ雪はやみません。しんしんと冷えていたけれど、雪が降ると不思議ですねぇ、そこまで寒く感じません。旅館の前で、キコとダーリンが遊んでいます。私もふわふわの雪に触れて、ミコにも触らせます。部屋でご飯を食べて、家族で温泉に入って、う~ん、幸せです。お米が美味しくて、かなりの量を食べてしまいました。アンゴラに戻る頃には、クマになっていそうな気がします。
Img_0186

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/28 皮膚科そして新幹線

Img_0026
朝一番、子供たちを母に預けて、実家の近くのクリニックへ出かけました。ダーリンと坂道を降り、この不思議な感覚にドキドキします。そう本当に久しぶりに子供のいない時間なのです。働く母さんだった私は、子供と24時間一緒なのは週末だけという生活でした。アンゴラにいる間、ダーリンが抱っこするくらいで基本的にはずっとミコは一緒の日々。この久々の子供と離れる感じ、なんだかドキドキです。

クリニックというのは、実はアンゴラでなったものもらいが結局治らず、ずっと目が重たいままだったので眼科へいったのです。しかし…ガーン。すでに年末年始の休暇に入っていました。それで続いて隣の皮膚科へ。疲れからか、アトピーの症状が少し出ていたのと、ひどい感想だったので軟膏とクリームを出してもらいました。
そのまま横浜へ行き、私は急きょネイルサロンへ。ダーリンは東急ハンズへ行き、来年度の手帳を購入。私は終わったあと、デパ地下でお弁当を買って、ダーリンと合流して帰宅しました。そして急いで食事をとり、家を出ました。
Img_0050
今日から二泊三日、新幹線で温泉旅行です♪キコが新幹線の乗りたい、温泉に行きたいといっていたので、それをかなえるべく温泉旅行なのですが、当たり前のことを感動する私達の話をひとつ。
新幹線のチケットを買っておいたのですが、時間を変更する必要があり窓口で手続きをしました。所要時間わずか五分。日本では当たり前のことですが、アンゴラだったら一日要するとダーリンが話していました(苦笑)そういう意味でもアンゴラは生活するのが大変な国なんです。
14時過ぎ東京駅に到着したものの、肝心のキコは熟睡…。無理やり起こして停車している新幹線と記念写真。出張でもよく使っていましたが、なんだか子供と一緒にものすごく気分が盛り上がっている私です。チケットは大人の座席の分だけ。子供は膝の上だと無料ですが、ガラガラなので、席に座っても大丈夫でした。初めての新幹線、キコは大喜び!二階の席をとり、コーヒーやお菓子を買いに行ってみました。
越後湯沢直前で、銀世界になり、私は大興奮♪きれい!!降りて、歩いていける旅館に向かいましたが、その途中も積もっている雪にウキウキします。
Img_0080
旅館について一番感動したのは、洗面台で手を洗った時、その水がとてもきれいだったこと。別に高級旅館でもないけれど、水がきらきらしていました。その話をして、実はアンゴラと言う国から来たと言うと、この土地の水のきれいさを教えてくれました。水がきれいということが、どれだけ素晴らしいか、水道の水が安全であることがどれだけ恵まれているのか、アフリカに出てよくわかりました。
キコは録画されたDVDではなく、教育テレビで普通に見れる番組にキコは大喜び。部屋食では、おひつに入ったご飯の輝きにうっとり。家族風呂の温泉も気持ち良くて、旅に癒されています。さて、今日から断乳にトライしてみました。午前中は私の母と一緒で、授乳しないで済んだので、このままと思いましたが…夜は泣き叫び、結局断念。日中はやめて、寝際だけ飲ませるパターンを検討してみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/27 歯医者とヘアサロン

ゲストルームを片付け、Cちゃんのお家に借りた物を返しに行って、ご挨拶。朝早くからスイマセン。Cちゃんはキコに、キコが気にいっていた赤ちゃんマンをくれました。またずっと会えないけれど、必ず又会おうね。ありがとうね。
そのあと通勤電車に乗って、渋谷へ。今日は午前中いっぱいを使って、家族で歯医者です。キコとミコは母子手帳の歯のページを埋めてもらいました。二人とも虫歯もなくきれいでした。キコは先生に褒めてもらって嬉しそう。私も虫歯はなかったのですが、歯のクリーニングを念入りにやってもらいました。
時間節約で、ミコは私のお腹の上でゴロゴロ。歯医者さんや助手の方が診察台の角度を子供に合わせてくれたり、泣くと手を休めてくれたり…ご配慮、本当に感謝です。
予想より早く終わったので、東急の上「まい泉」でランチ。うふ、美味しい!この満足感で、この値段。日本って素晴らしいです。
午後は恵比寿のヘアサロンへ。これは妹に予約してもらいました。ヘッドスパをしてもらう間に、私はいびきをかいて寝ていたようです(苦笑)子供たちはダーリンと一緒に、お店にある絵本や持ってきたおやつでしのいでいます。
もうとっても快適な時間。半年ぶりの美容院で髪はすっきり、マッサージで体は軽くなるし、疲れが吹っ飛びました。本当にありがとうございました。ダーリンも見ていてくれて、ありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/26 アンパンマンミュージアム

Dsc_1089
先日羽田空港まで来てくれたCちゃん家族と、今日は横浜のアンパンマンミュージアムへ行くことにしていました。埼玉から車に乗ってきてくれ、横浜駅で合流しました。そのままアンゴラのお友達がお勧めしてくれたパンケーキが絶品のお店に行ってみました。赤レンガの駐車場は空いていましたが、お店はひどく混んでいて断念。クアアイナのハンバーガーランチに変更し、テラス席でみんなで食べました。でも私は美味しかったので、満足しています。

アンパンマンミュージアムは、Cちゃんは二回目、キコは初めてです。1歳以上1000円の入場料…眠っている1歳半のミコも有料で、子供にはおもちゃをくれます。でも、いい商売だなぁ。Dsc_1149
中はアンパンマンとその仲間たち一色。飛行場とランチが功をなしてか、Cちゃんと手をつないで、キコははしゃぎ始めました。良かった~!バイキンマンのUFOやSLマン、アンパンマン号に乗ったり、滑り台を滑ったり、とにかく手をつないで楽しそう。よかったです。帰り際、着ぐるみのアンパンマンに出会ったCちゃんとキコ。Cちゃんは怖がって遠ざかり、キコは近くまで寄って行ったものの硬直。やっぱり怖かったようです。
1000円払ったミコは出る頃になってようやく目覚め、最後に入り口のアンパンマンとだけ写真を撮りました。あんパンミュージアム一帯にあるグッズ販売エリアで、Cちゃんとキコはそれぞれパパを伴い、ジャムおじさんのパン工場へ。一個300円のアンパンやキャラクターパンを買ってきました。

Dsc_1190
それからCちゃん一家と、Cちゃんパパの運転で埼玉へ向かいました。今日は、キコが0歳から通った保育園のお友達が企画してくれた食事会です。0歳と1歳クラスのお友達に声をかけてくれました。日曜日の夜、兄弟姉妹や家族参加で総勢50名近く。数か月の赤ちゃんもいます。
キコは最初もじもじ。あんなに会いたがっていたお友達なのに、恥ずかしがっています。会いたくて、日本に一時帰国する直前の数日は、保育園のDVDを何度も見ていたほどなのに、実際会うともじもじ。でも少しずつ、なじんでいきます。私は、久しぶりのママ達とおしゃべり。そして子供たちの成長ぶりに感動しました。なにせ、赤ちゃんの時から毎日見てきた子供たちだからね、嬉しいものです。第二子、第三子が生まれていたり、ほんと嬉しいですね。Dsc_1232
保育園つながりのパパ達も何度も会ううちに、自然と話しているようで、ダーリンもミコを抱っこしながら、みんなとおしゃべり。こうやって集まってくれる皆さんがいるという有り難さを感じます。
ミコも3カ月同じ保育園に通っていましたが、姉妹の年の差が同じなので、ミコのクラスメイトだったAちゃんと会うことができました。ミコのお友達たちとも会いたかったけれど、今回は時間が作れませんでした。
Dsc_1236
楽しい時間はあっという間に過ぎ、夜、泊ったのはCちゃん達が住むマンションのゲストルーム。タオル類やシャンプー、子供のパジャマ、そして愉快な入浴剤をつけてくれました~。本当にCちゃん一家にはお世話になりっぱなしです。ちなみにCちゃんのパパに、教育テレビの録画をお願いし、DVDに焼いてもらいました。なんと70枚近くになっています。アンゴラでみんなで見ようと思います。写真のピンクのは、手作りのペネロペ。R君ママが作ってくれました♪みんな、ありがとう!本当に嬉しいです。
ちょっとお茶を買いに、マンションの隣のショッピングセンターへ。キコはアンパンマンのカートに乗って、大喜び。ミコも初めて乗ってみました。お正月モードのスーパーでしたが、お構いなしに私は感動してしまいました。日本って素敵です。それからラーメンを食べ、クレープまで食べてしまいました。盛りだくさんの一日、本当に楽しかったです。本当に本当に皆様、どうもありがとうございました。

| | Comments (37) | TrackBack (0)

2010/12/25 アンゴラ@NHKニュース

Dsc_1013
この日は唯一自分の友達に会う予定を入れた日です。家族に馬がいる友達がいて、その馬のために蚊帳を探していま
した。その蚊帳と言うのは、薬剤つきの蚊帳なのですが、日本では売っていないんだそうです。薬剤つき蚊帳のサンプルを、アンゴラでお友達から譲っていただき、日本に持ってきました。
彼女のうちで会ったのですが、そこに金沢に住んでいる新婚のお友達夫妻、ブラジル人と結婚したSちゃんとそのご主人、5月にママになるYが合流。彼女のご主人とキコより半年上のS君、生後5か月のRちゃんも一緒で、楽しい時間を過ごしました。予定していたY家族は、体調不良により欠席。でも電話をくれ、おしゃべりできました。今回は予定が入れられないけれど、また会おうね。Dsc_1014
夜、ケーキを買って実家に帰りました。今日はクリスマスだったんですよね~。もちろんケーキの予約なんてしてないので、東京駅の地下グランスタで、すぐに買えそうなところで購入。米粉のケーキでした。久々に両親と揃ってケーキを食べて、楽しくて美味しかった。
そうそう実はこの日の18時からアンゴラを取り上げたニュースがNHKで流れました。わずかな在留邦人ですから、もちろん知っている人が出てきました。商社マンが大臣アポで、待ち時間五時間、秘書にもつかさずプレゼント、そして待っている間に停電。というアンゴラそのまんまでした(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2010/12/24 まずは健康診断&予防接種

Dsc_098717日間の日本滞在でやらなくてはいけないことはたくさんあって、本当は会いたい人もたくさんいるけれど、時間が限られているので、やるべきことからやっています。
今日は、病院の日。午前中は私とダーリンの健康診断が新宿でありました。8時半に病院到着なので、ラッシュタイム。でも天皇誕生日と土曜日に挟まれていたので、混んでいるものの、いわゆるラッシュとは違いました。
悲しいかな、やっぱり日本。子連れ&抱っこの私達に、誰も席は譲ってくれません。こういう時は怒ってはいけません。怒り損。私の大事なエネルギーの無駄になりますから。
会社員も妊婦で過ごした私の考え方は、こうです。きっと目の前にいる人は、健康そうに見えるけれど、重病を抱えているんです。だから席を譲れない。またはものすごく目が悪くて、子連れが見えないほど、かわいそうな視力の持ち主。または、昨日リストラ宣告されたとか、介護や看病で譲りたい気持ちとは裏腹に体が動かない、そういうかわいそうな人なんです。だから、席がゆずれないんです。そう考えています(苦笑)
キコとミコを連れての健康診断は、やや面倒だったけれど、仕方ありません。でも二人とも静かにいい子にしていてくれました。そのまま、新宿中央郵便局で切手を買って、牛タンランチ。キコとミコは時差で爆睡でした。この瞬間に食べてしまったほうが楽と判断。そういう時にさっと入れるお店があるのがいいですねぇ。ご飯も美味しいし、お茶の継ぎ足しもしてくれるし、笑顔のサービスにチップを払いたくなってしまうほどです。

午後は、キコとミコの予防接種を受けに、都立駒込病院へ。ちなみに全ての予約は、母にメールで依頼し、母から電話で2か月前に予約を入れてもらっています。都立駒込病院は、全面改装中で、私達の行くべきワクチン外来と小児科は新病棟。びっくりするほどきれいになっていました。
注射でおお泣きするキコとミコ。泣き叫ぶ子供を押さえつけるときほど、注射の針が痛くて全身に力がぐぅっと入るときほど、辛い時はありません。ごめんね、ごめんね、でもやらないともっと大変なことになっちゃうから、と言いながら、こちらも泣きそうになります。
母子手帳いっぱいの予防接種に、予防措置とはいえ、気が滅入るものです。さて、支払い終え、バスで田端の駅に戻り、ちょっとお茶をしました。スタバでのんびり、本屋でのんびり、雑貨屋でのんびり、あっという間に時間が過ぎていきます。でもね、楽しい。かわいいウサギのストラップを買いました。雑貨を見たり、本屋で立ち読みしたり、子供がいて一人のときのようにはいかないけれど、それでも、本当に楽しい時間でした。
そうそう、暑いアンゴラから帰ってくると、12月の日本は当然寒いけれど、実家に置いておいたダウンのおかげで、しのげています。
写真は、実家でピアノを楽しむキコとミコ。キコが鍵盤に触れていると、ミコも近寄って行きます。家じゅう賑やか(笑)実家も、急に四人増え、孫が家じゅう好き勝手にするので、てんやわんや。でも楽しそうにしてくれているので、今回は両親に甘えてしまおうと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/23 香港→羽田 日本到着!

Dsc_0985早朝、ホテルをチェックアウトし、タクシーに過剰な請求を受け気分を害したものの、香港の飛行場で朝マックを楽しみました♪マックって、安心します。ちなみにアンゴラにはマックもケンタもありません。
飛行機に乗って5時間もかからないうちに、羽田空港に到着しました。今回、私の実家のある横浜をベースに動くので、羽田空港にしました。あぁ、日本です。この冬の張り詰めた空気、あぁ、日本。私、年をとったのかしら、こんなに日本が好きだったかしら?とダーリンに聞くと、アンゴラにいるからぢゃないと苦笑い。なるほど…。
羽田空港はコンパクトに全てが整っており、快適。たくさん歩かなくていいし、あっという間に入国できました。荷物を受け取り、到着ゲートをくぐると、両家両親、そしてキコの保育園のお友達Cちゃん家族が出迎えてくれました。なんだかとってもホッとします。

Cちゃんは、キコと数日違いのお誕生日で生まれた病院も偶然一緒。保育園の0歳児クラスから一緒で、ママ同士が4月復職だったので、3月から慣らし保育もはじめていたという、偶然の一緒づくしの女の子。
今日は弟のDちゃんも連れて、家族で来てくれました。キコはあんなにCちゃんと会いたがっていたのに、もぞもぞ。恥ずかしがっています。羽田空港は観光スポットになっているらしく、人が多くて、どこも激混み…。で、結局簡単なカフェでみんなでお茶をすることにしました。
少しずつ慣れていくキコとCちゃん。一緒にトイレにいくと「あ、便座があったかい」というキコの発言に私もCちゃんママも苦笑。日本なら普通なんだけど、こういうあったかい便座っていうのは、日本らしいです。トイレから出ると、二人でニコニコ。あぁよかった。
駐車場で別れ、そのあと父の運転で横浜の実家へ。時差もあり疲れているけれど、日本でやることを考えると興奮してしまっている私。休暇なんだけど、やっぱり色々やりたい、色々見たい、色々買いたいと欲求がむくむくと芽生えて、目が覚めているかんじ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/22 香港でのお買い物

Dsc_0956朝食は、昨晩友達に教えてもらったエッグタルトの美味しい店マカオレストランで、香港らしい朝食。安くて美味しかったです。ピーナツバターとコンデンスミルクを塗ったトーストに角切りバターが乗ったパン、癖になる甘さで美味しかった。疲れているので、この恐ろしいようなカロリーもむしろ体が欲している感じだったという理由で追加注文までして食べちゃいました。
香港でやること、景色、美味しい飲茶、パンダ、そしてIphoneとIpad購入。まだアイフォンが買えていません。朝食後、友達が来てくれる前に街中を歩いて、買おうと決めました。事前に教えてもらっていた両替のビルに入ると、すご~い怪しい感じ(笑)。印パキの匂いがするとダーリンが言うとおり、その地域の方々がたくさん商売をしていました。
Dsc_0966
ちなみに歩いていると、どうしてわかるのか印パキな感じの方が「シャチョサーン(社長さん)、ニセモノ、アルヨー。A級!特級!」と日本語で話しかけてきます。いまどき、こんな呼び込みあるんでしょうか。笑ってしまいました。
実はこの日は、ダーリンの大学時代のお友達も一緒です。広州に単身赴任してる大学時代のお友達が、有給休暇を使って一日ご一緒してくれることになっています。ダーリンがアイフォンを見ている間、私はホテルへ、ダーリンのお友達Nさんのお迎えに行きました。かたや私の友達Uさんは、ダーリンのいる電気屋さんに行ってくれました。お友達Nさんと合流し、キコのトイレを済ませ、お店へ行くと、なんとまぁ、なんだかごにょごにょしているではありませんか!
で、交渉決裂!というか、嘘ものだったそうです。安易にだまされるところでした。Uさんがアイフォンに詳しい人をご存じで、その人脈で情報を集めたところ、嘘発覚。お店の店員も、嘘がばれた時点でけんか腰になり、態度急変でした。
結局別のお店で購入。午前中を費やしましたが、無事にIphoneを購入できました。香港ではシームレスとかで、アンゴラでも使えるんだそうですが、なんともまぁ、安心して製品を買うのが、こんなに苦労を必要とするとは…。意外でしたが、香港らしいトラブルとも言えるんでしょうねぇ。
Dsc_0968
お昼は、紅茶とコーヒーのミックスを飲んだり、香港の軽食を楽しみました。あと塩レモンジュース!結構美味しかったです。そのあとは、ハーバーシティにある本屋さんに行って、英語の絵本を買いました。昨日見たパンダのイラストの絵本を買いました。絵本くらいなら私にだって読めそうです。
そしてショッピングセンター内のスーパーに行ってみたりしました。すごかったー!日本の食材が気軽に買えるんですもの、すごいよ、ほんと。生活すれば、それなりに大変なこともあるに違いないけれど、今の私のアンゴラ生活から比べると、香港はあまりに快適な環境だと思えてしまいます。というかアンゴラが過酷すぎるともいえるんだけれど・・・・。
Dsc_0792
夜は、Uさんのご主人、香港に駐在を始めたばかりの大学のゼミ友達家族、そしてNさんと我が家でみんなで夕食をしました。玄関に数々のいけすがあるような、日本人も接待で使うようなレストラン。美味しかったよ~。何よりみんなで会えたのが、本当に嬉しかったです。キコもゼミ友達の長女Mちゃんと仲良く手をつないでいます。
その日のうちに広州に戻るNさんは一足先に帰り、他のみんなでホテルに戻り、少しのんびりしました。泊っていたYMCAホテルの隣、ペニンシュラのクリスマスデコレーションをみんなでみました。夜もかなり遅かったけれど、みなさま本当にありがとう。
フルアテンドしてくれたUさん、広東語も上手で、おかげで楽しい香港旅行になりました。日本人看護婦のいるクリニックまで調べておいてくれたり、いろいろ本当にありがとうございました。子連れだったけれど、日本にいた時より、いっぱいおしゃべりできて嬉しかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/12/21 パンダ四頭☆わーい!

Dsc_0839
朝11時、友達にホテルに来てもらい、地下鉄にのって一駅、更にバスに揺られて30分。公共交通を使えるって、素敵です。いや、日本だったら当たり前でしたが、どこに行くにも自家用車の生活が続くと、公共交通に乗ると子供みたいにわくわくできます。疲れるけれど、自分の足で動けるって幸せなことです。
Dsc_0821
今日は海洋公園(オーシャンパーク)というところにやってきました。エスカレーターを4つ立て続けに乗って山を上がり、間近にあしかを見たり、ライトアップされたきれいなクラゲを見たり、そして長いなが~いロープウェイに乗って山を降りました。Dsc_0829
パンダカフェと言うところでお昼をとりました。パンダパンもあったけれど、普通のごはんで終了。ものじゃなくて、見るべきものは、パンダ!!お腹を満たして、パンダのいる場所へ。人ごみもなく普通にまず二頭見れました!
更に別の建物にも、パンダが二頭!!ちょうどご飯タイムで、ものすごく近く見れました。わぁラッキー!私のほうが子供より感動していたと思います。かわいいなぁ。
そのあと、キコはダーリンともう一度戻ってパンダに会いに行きましたが、パンダのご飯タイムは終了して、見れなかったそうです。でも合計四頭も見れたんだもん、すごくラッキーだったよね♪Dsc_0901
でもキコは、戻ってみれなかったパンダの残念さを満たすべく、ダーリンとカルーセルに乗っていました。ここは敷地が広いし、色んな乗り物もショーもあるので遊ぼうと思ったら一日以上もかかりそうですが、ここでの目的は「パンダ」ですから、パンダを見て、満足。小さい子連れなので、欲を出さないで海洋公園を出ました。
そのままタクシーで、ヴィクトリアピークへ行きました。ここの眺めが「100万ドルの夜景」だそうです。ガスがかっていましたが、きれいに見えました。ダーリンがきれいに写真を撮ってくれました♪ねぇ、きれいでしょう?
Dsc_0902
そのあとは、なんだか美味しそうな麺のお店で夕食。でも、ミコが超不機嫌…時差も疲れもあるのでしょうが、のけぞって
泣きわめく不機嫌さでした。お店を出たり入ったりしてミコをあやしました。ちなみにこの細い麺と汁、青菜炒め、ものすごく美味しかったです。
それから、香港ローカルのコーヒーショップPacific コーヒーでお茶。歩き始めたミコは機嫌回復。キコと一緒に楽しそうに歩きまわっていました。ミコがこんなに歩いたのは、初めてのこと!キコは、ミコが転んで泣かないと「ミータン、強いねー」といい、ミコも泣かずにキコについていこうとしています。姉妹がいて、お互いよかったよね!
ここには面白い香港アートのお店や古い写真を売るお店もあり、見て回るのが楽しかったです。キコは、私の友達ともすっかり慣れ、手をつないで歩いていました。Dsc_0923
ピークトラムと言う山を上り下りする公共交通に乗ってみたかったけれど、驚くほどの混雑で断念しました。
私達は翌日の朝食にちょうどいいレストランを教えてもらい、今日を終えました。っていうか、Uさん、朝から晩までフルアテンド、ありがとうございます。ご主人さまもご理解、ありがとうございます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/12/20 初日から盛りだくさん!香港

Dsc_0771途中うつらうつらと眠って13時間を超える長距離フライト、香港に朝7時過ぎに到着!嬉しくて小躍りしました。あぁ長かった~。子連れの長距離フライトはかなり辛いです。にしても、香港で初めての中国入国です♪

到着口から外に出て、とにかくウキウキ。目の前に見つけた飲茶でラーメンを食べました。おいしいー!!!あぁ、香港ステキ!アジア、素敵!
Dsc_0786
バスでホテルまで行く前に寄ったコンビニ。日本の商品もたくさんあります。嬉しくて、伊藤園のPETボトルのお茶を購入。値段だって普通です。体は疲れているのに、嬉しくてワクワク。あぁ休暇、あぁ旅行って感じがします。
まだ8時でしたが部屋が空いていたので、チェックイン。今回泊ったのは、香港のYMCAホテルです。部屋について、バスタブにお湯をため子供たちとお風呂に入りました。それから、香港に駐在している友達に電話をして12時に待ち合わせ。横になると眠くなりそうなので、スーツケースを開けて片付けたり、下着を洗濯したりと動き回っていました。Dsc_0788
駐在しているお友達Uさんは、結婚する前に働いていた環境NGO時代に一緒にお仕事をしてもらった企業側の担当者でした。お互いケーキが大好きという共通点を見つけ、打ち合わせの後や休日にケーキを食べたり、鎌倉に出かけたり、お友達になった人です。泊っているこのホテルも、彼女の勧めで見たサイトで予約をしました。
待ち合わせをして、まずはお昼。香港らしい景色が見えるレストランでたっぷり飲茶を頂きました。見るからに美しいお料理、快適な明るい席、適正な価格!あぁ、幸せ。美味しい~。
Dsc_0790
それから水際を歩き、近くのハーバーシティというショッピングセンターへ。クリスマスのデコレーションがど派手で驚きましたが、それ以上に驚いたのは、写真を撮る人の数。自分と景色の写真をここかしこで撮影。すごいなぁと思ってしまいました。
あ、今回の香港でやることは、景色、飲茶、パンダ、そしてiphone4を買うことなので、そのアイフォンを買いにショッピングセンターへいったのですが、入り口のクリスマスの飾りつけもど派手ですが、中もまぁもうまぶしくて(笑)
ワクワクしすぎて、何が自分で欲しいかよくわからなくなってしまいます。キコにも「ママ、すごいなぁって感動してるんだぁ。日本みたいだねぇ」と言うと、キコも同じように「すごいねぇ、わぁ、日本みたいだねぇ」と言っています。
でもここにはアイフォンはなく、タクシーに乗って、マニアな街へいってみることにしました。どうもクリスマス商戦の時期に入り、品薄で値段もあがっている模様です。ひとまずローカルスタッフのマテウスに頼まれたIpadだけ購入。Dsc_0795
そのままマックで小豆パイを食べました。これ、美味しいのねぇ。そして小豆パイがあるなんて、アジア!素敵です。そこから地下に降り、スーパーを通って地下鉄に乗りました。
帰宅ラッシュにあたって、地下鉄もホームもかなりの混雑。更に全然バリアフリーではなく、ベビーカーの我が家は四苦八苦。仕方ないけど、不便でした。一旦ホテルに戻り、荷物を置いて、今度はヴィクトリア湾の夜景のショー「シンフォニーオブライツ」を楽しみに出かけました。
毎晩20時から15分の光と音楽のショーで、無料で見れます。少し早めに場所をとり、みんなで楽しく見ました!すごーい!!ダーリンのおかげで、写真もきれいに残っています♪
Dsc_0806
私たちはお腹がすいたので、レストランへ。賑やかなレストランで、美味しいご飯を食べました。友達が進めてくれたパリパリ皮の豚肉が美味しかったし、紹興酒も飲んで満足。子供たちは時差のせいも、久々によく歩いたこともあってか、眠りから覚めず、抱っこのまま親の私たちは夕食でした。
友達と別れ、ホテルに戻ると子供たちは目が覚めてしまい、香港なのにわびしい子供の食事になってしまいました。コンビニで買っておいたヨーグルトとクラッカー、そしてウェルカムフルーツのバナナとりんごなんですもの。でも食べないとね、眠れないし、栄養を取らないと風邪ひくし。
なが~い一日、香港を歩き回って夜ぐっすり眠りました。夜も歩ける香港、当然だけどマラリアも気にしなくていいし、アジアって素敵。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/19 南アヨハネスブルグ→香港

Dsc_0750
朝起きて、Happyな朝食を頂きました。シンプルだけど、パンも美味しいし、目玉焼きだって作ってくれる、嬉しい朝食を頂きました。私のHappyな気持ちは、子供にすぐに伝わります。キコミコも朝からご機嫌♪
チェックアウトして、ヨハネスの空港へ向かいます。シンプルなホテルでもエントランスの脇に植わっている花も木もきれい。緑が多くて気分がいいです。今回は南ア航空ではなく、キャセイパシフィックにしました。
荷物を預け、出国手続きをして、ロビーを満喫。初めて日本からヨハネスの空港に来た時、全然魅力を感じなかったのに、アンゴラから来ると、どれも輝いて見えるようになっている。そんな自分の変化に、苦笑いです。
Dsc_0755
本屋をのぞき、ウキウキ。いつも買わないけれど、旅行だから特別と言って、私の好物のドイツのHARIBOのくまグミキャンディを購入。アフリカっぽいアクセサリーを選んで、両家の母へのプレゼント。アンゴラに来る前に居候させてもらった妹のマコへのプレゼントなど、さっそく散財モード。アンゴラでは食材と最低限の生活用品くらいしか買うものがない日々なので、物欲がわくことに嬉しくなります。あっという間に搭乗時刻。久々に登場したベビーカーは、ほとんど荷物置きですが、それで子連れをアピールして、飛行機にのりました。
中は満席。12時半過ぎ、離陸しました。隣に座ったのは小柄な若いアジア人男性でした。よかった~。キャビンアテンダントが回ってきて、感じがいい♪笑顔だし、みなさん、きれい~。そうそう、「サービス」とはこういうものなんだよっダーリンと話していました。アンゴラにはそういうのがありませんから。Dsc_0756
日本人CAもいて「何でもお申し付けください」という声に、思わず「凄く嬉しいです、日本語」とやや目が潤みながら言うと「アフリカ、お長いんですか?」と。いえ、まだ半年なんですけれど、日々が大変過ぎてね、つい嬉しくなってしまったんです(苦笑)
ここから13時間を超える長時間フライト。キャセイの子供用のおもちゃは、Disneyのスティッチのキャラクターのついたもの。バックにメモにパズルにクレヨン、カレンダーなど色々入っており、キコは楽しそう。ミコはオムツ二枚とおむつかぶれとスキンケアクリーム。そして食事用の使い捨ての前掛けを頂きました。すごい!ベビーミールは、瓶詰めのベビーフードでした。南ア航空なんて、ビジネスでもオムツはくれなかったんだけどね~。
Dsc_0757
昼の飛行機で13時間乗って、つくのは香港の朝。だから眠ってしまい、香港で一日起きていればいいんだろうけど…眠れません。DVDを見たくても、ミコは泣きわめくしで、機内を楽しめない。キコのほうは、DisneyのDVDを意味が分からなくても英語でみたり、ヘッドホンをはずして映像だけ見たりしていました。
この13時間は辛いものでした。ダーリンと交互に抱っこ、ミコにとにかくおっぱいを飲ませてしのぐ感じでした。エコノミーで狭いし、満席。泣くと本当にきついです。さらに、おっぱいを飲ませるって、すごく疲れる。ミコも大変でしょうが、私も大変でぐったりしてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/18 アンゴラ脱出→南アフリカへ

Dsc_0736
夜中の1時半、ダーリンと無理やり目を覚まし、パッキングを始めました。そう今日はアンゴラを発つ日です♪わ~い!
冷蔵庫の中はほぼ空っぽ。バターのかけらから、使いかけの砂糖、米、豆類、とにかく虫が好きそうなものは、全てをお手伝いのアナさんに昨日持って帰ってもらいました。
停電になって復旧すればいいけれど、もし冷蔵庫が壊れたら、冷蔵庫は虫たちの格好の獲物。想像するに堪えないような話を聞いたことがあります。なので、冷蔵庫の中は、ビール、封を切っていないパックジュース、ダメになって仕方ないけれど捨てられない日本の調味料です。冷蔵庫はOK。
10月の南アフリカ旅行以来しまっておいた長袖、フリース、靴下を出します。子供のものばかりでスーツケースは埋まり、親のものもは本当にわずか。フライトの都合で南ア一泊、香港には旅行で三泊するので、まずは子供のものを入れて一安心です。とにかく小さい子供がいて、日本みたいにどこでも買える環境にないと、子供の万が一を予測して荷物は膨れます。手荷物もたっぷり(苦笑)
朝からご飯を三合炊いて、おにぎりをたくさん作りました。飛行場で食べるものがないこと、お腹が空いて子供が不機嫌になるのが嫌なことが理由です。飛行機で食事が出ますが、何せ子供は待っていられないし、美味しくないので、おにぎりをひとまず食べさせようと思っています。
Dsc_0737
年末で渋滞もひどいし、チェックインもひどいという予測から、10時には家を出ました。マテウスも時間どおりに来てくれました。飛行場について、荷物をX線に通す時、スーツケースに食品は入っているか?と聞かれ、しらを切ります。まずはポルトガル語が分からないふり、コーヒーやお酒の銘柄を言われても、そんなものないよ、と言います。入っていたら、没収または賄賂要求です。正直に言わないに限ります。
チェックインカウンターに並んでいると、子連れな我が家を優先させてくれます。こういうところは、妙に優しい。無事に出国手続きを済ませると、新しい場所ができていて、お土産屋さんがいくつかありました。でもアフリカ土産ではあるけど、アンゴラ土産っぽくないものが、高値で売っていました。Duty Free Shopもありましたが、お酒とたばこと香水程度の品ぞろえ。ちょうど上海直行便が出る前で、中国人がお土産をたくさん買っているところでした。
飛行場の中から写真を撮ってみます。結構まともな風景ですよね?でも外から一眼レフを構えて撮ると、嫌な気分になること請け合いです。
Dsc_0739
ロビーに戻ると、陽気な人たちがギターを片手に歌って踊っています。どうもブラジル人のようです。私達はまだ未整備のカフェに行って、持ってきたおにぎりでお腹を満たしていました。三時間前チェックインが原則のアンゴラなので、時間をもてあましている私達。エネルギーの余っている子供たちは尚のこと。キコとミコは、ロビーを歩き回っていました。そこにギターで歌っていた人が、キコとミコの写真をとっていいかと言ってきました。
話しているとブラジル人で、前妻はSayuriという日系人だったとか。日本に住んだこともあり、今はルアンダに働いていて、年末でブラジルに帰るんだそうです。
さてやっと搭乗時間。行列に並ぶと、ここでも子連れ優先コール。妙に優しいところがあります。更に一般と区分けし、ビジネスよりも最優先…そこまでやるか、という位、優先してくれました。バスで飛行機に向かうときも、席を譲ってくれる皆様。こういうところは、有り難いです。でかい手荷物だって、みんなで持ってくれました。
無事に飛行機に乗り込み、14時10分飛行機が飛び立つと、各所から拍手や歓声があがっています。私も声を上げたかったくらい。ひとときですが「あばよ、アンゴラ」ですから(笑)
年末のフライトで、飛行機はジャンボで満席。真ん中の四席のうち三席をとっていて、隣はブラジル人男性でした。ミコが泣きわめいても、隣のブラジル人はニコニコして相手してくれます。降り際、うるさくてごめんなさい、というと「彼女は赤ちゃんなんだから。いいんだよ。」と言ってくれました。それで気持ちが救われました。

Dsc_0748
4時間弱のフライトを経て、無事に18時半過ぎ南アフリカ、ヨハネスブルグに到着しました。フライトの都合で、ヨハネスの空港ホテルに一泊する必要があり、タクシーでホテルに向かいました。飛行場のインフォメーションで聞いたけど、多分タクシーはぼったくり。でも私達も疲れていて、アンゴラの物価に比べれば安いものだったので、ホテルまで行きました。
簡易なホテルでしたが、きれいで快適。夕食もホテルで食べて、夜はバスタブに浸かってぐっすり眠りました。たくさん食べた夕食もアンゴラの一人ランチ代より安くてびっくり。家族で4000円くらいでビール4本、ステーキもフライドポテトもサラダも食べれました。あぁ、なんかすごく嬉しい。嬉しいなぁ。なんだか本当にウキウキしています。久しぶりのわくわくです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010/12/17 大爆発!!!

Dsc_8723自分で自分の声の大きさに驚いたのは久しぶり。今日はその位どでかい声を出しました。キコは昨日でプレイグルプが終わり、私はキコとミコを連れて、午前中水を探しにスーパーへ行きました。
スーパーは年末の買い出しで大盛況。肝心のミネラルウォーターは売っていなかったんですが、ビスケットを買って、「10個まで用レジ」に並びました。なんでか10個以上大量にレジにおいているアホもいるし、列はまともにないし、店員はただ目の前の商品をレジに通すだけ。どこが列なの?と聞いても、みんな「さぁねぇ」といった表情を浮かべるだけ。いわゆる日本で銀行のATMみたいに、一列に並んで、空いたレジに向かう方式で私が並んでいると、横入りするアンゴラ人。
よくもまぁ、二人の子連れの私の前に割り入る覚悟があるねぇと思い、「ねぇ、列はここよ!」というと、後ろに並んでいた女性も同じようにいい、さすがにレジの人も私に手招きをしました。お会計を終え、車を見つけて乗ろうとすると、運転手のジャシントが不在。
トイレかなぁと思い、少し待ってみたものの、太陽はじりじり照りつけます。そしてキコもミコもいるので、まずは電話をしたところ、不通。イライラが募ります。そこでまたスーパーに戻り、入り口で「運転手がいないのよっ」と言って中に入り、キョロキョロ。キコは「どこ行っちゃったのかなぁ、ジャシント」と温和ですが、私はかなりイライラ。なんで雇い主の私が、こうして子連れで大変な時に探しに戻らなくちゃならないのよ!!
すると、いるではありませんか!薄型テレビの前に立ち、店員とへらへらしゃべっているジャシント!見つけるなり、そりゃぁもう店内に響き渡る声で「ジャシントー!!なんで車にいないんだ!おまえは運転手だろう。今日は私が子供を連れているし、時間がないのに、なんで車にいないんだ!はやく戻れ!!!」とまぁ、よく怒っているのにポルトガル語が出たもんだと思いますが、とにかく演劇部で鍛えた腹式呼吸で怒鳴りました。体が怒りで震えていました。
ジャシントは、最初店員と話していたままの表情でしたが、私の声の大きさ、尋常ない怒りを理解できたようで、不機嫌そうな顔をして車に戻りました。家に戻り、車の中をきれいにするように言うと、拭けるところだけ拭いて、マットやシートは掃除機がないからできないと言います。そんなのいいわけですが、家主が置いていった掃除機があることを思いだし、それを渡すとしぶしぶとやり始めました。
Dsc01871
運転手なら、車の外も中もきれいに保つべきだろうにね。車がきれいになったところで、ダーリンと話してもらいました。12月もまだ半ばですが、あす私たちは出国なので、今月の給料700ドルを支払い、これで三カ月終了。気持ち的には日割りで払いたい位なんだけどね、仕方ない。
来月は来なくていいと話すと、事前にその告知をしていたので、特に何も言わずお金だけ受け取ったそうです。最後に今まで気になっていたことを聞いてもらいました。たとえばガソリンを入れた時のおつりのこと。するとおつりは出なかった、との返事。あり得ない、絶対あります。
更に車の中に入れていた小銭。気がつくとなくなっていたとダーリンが言うのでそれも聞いてもらうと「自分のだと思ってしまった」といって返してきました。この人、最悪。
ダーリンがドアまで見送ると「来月の仕事がないんだ」と言うジャシント。ダーリンは何も言わず、さようならとだけ言ってドアを閉めたそうです。いい仕事、見つけてね。さようなら、ジャシント。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010/12/16 発電機が故障

Dsc_9750とうとう発電機が故障しました!あぁもうやだー!!極力冷蔵庫は開けないようにして、最悪の場合は電気が通っているオフィスの冷蔵庫に避難させようと思っていました。
壊れたのは午前中。朝ごはんを作った後で、今日は幸運なことに、お昼は新婚のYさんのお宅に伺うので必要ありません。でも、真夏の盛り、数時間たてば、冷凍庫だってそのうち溶け出すこと請け合いです。プレイグループがお休みになっているので、キコを連れて早めに出たものの、年末でひどい渋滞。水を買おうと別のスーパーを経由して行く予定でしたが、そのままYさん宅に向かいました。
でも新婚のYさんお宅で美味しいランチを頂き、EDELに電気は止められるわ、発電機は壊れるわ、もう最悪だ~とわめき散らして、気持ち的にはスッキリ。でも、家に帰る車の中では、ホテルに避難もありかも!?と考えて帰ってきた夕方。
Dsc_9752なんと無事に、電気は戻っていました。そんな嬉しいことは電話して知らせてよ~、と思ってしまいますが、なにはともあれ、戻ればいいです。居間の一部と台所の止められていた電気を戻してもらえたのでした。はぁ。EDELに掛け合ったマテウスに感謝!っていうか、悪いことは何もしてないんだけどね…やっと普通の状態になって一安心です。
発電機は多分ここのところ、ずっと働きづめだったので疲れちゃったのかもしれません。様子を見てみることにしました。
電気と水があること、当たり前のことが当たり前にないアンゴラ。そうそうお水が、ここのところ売っていません。毎日スーパーに通っていますが、500MLの小さいタイプでかなり割高。5Lのが割安なので欲しいのですが、1.5Lすら見当たらず、ストックしておいたミネラルウォーターを使っています。保管してある場所が日に日に空いてきて、不安になります。生活すること、それが本当に大変なアンゴラ生活。あともう少しで一時帰国。がんばれ、私!
写真は、建設中の建物がたくさんのアンゴラの景色です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/15 年末のご挨拶

Dsc_0534今日はプールに行きました。うちは今年最後のプールになったので、帰るときのご挨拶は「よいお年を!」だったのですが、いつもと違う光景での会話に違和感を感じてしまいました。
だって、日本で年末のご挨拶を交わすときって、寒くてハイネックにコートを着てブーツを履いた冬の格好で、慌ただしくご挨拶するかんじ。
でもここは青い空、日が長く明るい夕方。ノースリーブやTシャツにショートパンツ。子供たちは真っ黒になり、濡れた水着を絞り、帰り支度をして「よいお年を!」の挨拶ですから、のんびり優雅です。
大使ご夫妻のおかげで公邸のプールを開放してくださっているので、キコもミコも週に一度は公邸という安全な場所で
日に当たりプールを楽しみ、お友達と交流できます。こんな健康的な日が過ごせるのは、本当にありがたいです。私も、どのお家でもないので、気を楽にして毎週楽しむことができました♪公園で子供が遊べないルアンダ、庭もない住宅事情ですから、有り難いです。
Dsc_0712_2
夜、子供たちが寝静まった後、ダーリンが黒いバックを一つ渡してくれました。開けてみると、まぁなんとも、気の利いたものがいっぱい!!ウェットティッシュ、ホッチキスの芯、子供の好きそうなキティちゃんのお菓子、お弁当の仕切りや可愛いカップ、すし飯の元、さらし餡子やおもち、海苔、そして黒いバックはエコバック!という素晴らしさ。
ホッチキスの芯なんて、本当ににくい心遣いです。こちらをくださった方は、コンサルと一緒に来ていた年配の通訳さん。ルアンダに既に何度も通っている日系ブラジル人の通訳の方です。お孫さんもいらっしゃる彼女は、最初お目にかかった時からキコとミコに優しかったです。今回は一緒に食事をする時間が取れず、お土産だけおいていってくれたのですが、どうぞ次は時間があるとき、居間に上がって子供たちと遊んで行ってほしいです。

色んな人の助けや優しい心遣いで、私は私達はアンゴラでの生活を送っていて、それは本当に「有り難いこと」だと感じます。今年最後に作ったお菓子は、バターを使わないクロスタータというお菓子。手作りのオレンジジャムをのせて焼きます。いい出来栄え、皆さんにも喜んでいただけました♪アンゴラに来てから、週に一度以上はお菓子作り。よくやったわ、私♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/14 電線が切られた

Dsc01860午前中、あれ?停電と思ったけれど、どうもおかしい。居間の冷房は切れているのに、テレビの電源は落ちていない。それで、とうとう冷房が壊れたと唖然としていたところ、おやおや冷蔵庫とガス台のうちの一つの伝熱調理機も電源が入っていません。でも部屋の照明はついています。おかしい。ひとまず冷蔵庫はむやみに開けないようしなくてはなりません。日々何かが起こるアンゴラです。
電気系統のショートかしらなんて、思っていたけれど、そんなことではありませんでした。
EDEL(電気の供給公社)が、電線をカットしやがりました(怒)実際には、どれか一つ、冷蔵庫や台所回りに配電される線を止めたのですが、一本カットされたも同じ、ったくどういうことでしょう。
どうも似たような住所の家の電気の支払いがないから、カットしたそうです。っていうか、うちじゃないぢゃん!!
更にその担当者が家に来たのに、確認もせずに警備員のアントニオが「ドノ(家の主)は不在だ」と担当者に言ったこと。それで担当者はすぐにカットしたようです。アントニオの罪も大きいですねー。だって、ダーリンはずっとオフィスにいたんですから。ほんと、もうあんた、クビ!!と言ってやりたいくらいです。顔も見たくない。
Dsc01862
ひとまずマテウスがその復旧のためにEDELへ必要書類を持って向かいました。冷房はひととき我慢しましたが、冷蔵庫の中のものが心配です。我慢するにも、もう暑い…。で、発電。
ま、発電機があるので、発電すれば電気が家に戻るので、本当の非常事態ではないのですが、なんだかとにかく腹立たしい!!
休暇に入る出国まで、あとわずか。元に戻るのかしら。発電機を回しっぱなしってわけにもいかないし、そもそも発電機が壊れたら、本当の非常事態になっちゃうよ(涙)写真は、車から撮った街中の景色。あぁ、アンゴラ。これがアンゴラでの生活です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/13 歩くのが楽しいミコ

Dsc_0626ケニアに出張に行っていた専門家からお土産を頂きました!コーヒーと紅茶です。同じアフリカと言っても、ケニアはずっとましなイメージがあります。だってパッケージが素敵ですもの。アフリカ土産ってかんじが伝わる包装だもの。
新婚旅行とかパックツアーとか芸能人が旅行するとか、そういうことが日本からできる国なんですもの。イギリス領だったし、だから英語圏だし、というのも大きいのでしょうが、同じアフリカでも洗練されているようなイメージがあります。日本人社会も大きく、駐在員も多い場所ですし。
でも、それはそれで治安が悪いとか、住めばそれなりに大変なこともあるんだろうなぁ。なんて、頂いたコーヒーとお茶を眺めながら、思いを巡らせています。
そうそうミコは、やっと歩くようになりました。二人目だと何でもやることが早く、歩くのも早いかなぁと思いきや、ミコはキコよりのんびり歩きはじめました。伝い歩きはしていたのですが、なかなか手を放そうとしませんでした。
親のほうも、二人目となると途端に育児書と無縁になり、のんびりでいいやと思ったし、二足歩行が腰痛の原因だと聞いたので、まぁ尚更ゆっくりでいいと考えていました(笑)
でも12月、ミコが一歳五カ月に入ってから歩きはじめました。すると、日々一歩一歩が力強く逞しくなっていきます。ミコは自分で歩くのが、とにかく楽しそうです。まだヨタヨタしていますが、その歩こうとする姿は、私に元気と前を向いて生きる勇気を与えてくれます。
重たい頭に重心をとられ、手をツンと前に突っ張ってみたものの、今度は重たいお尻でドン!でも、うんしょと足を伸ばして、トコトコトトト、かなりかわいいです。何度も何度も一生懸命。でも楽しそうです。階段も後ろ向きのまま、足で探って降りてきます。登るのなんて、かなりスピーディ。いつの間にやらミコももうすぐ1歳半。生きているうちの3分の1がアンゴラのミコです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/12 お口の中は東京かパリ♪

Dsc_0700情報通のNさんが教えてくれたパン屋さんがあります。郊外にあるパン屋さんなのですが、どうもパリから冷凍で輸入しているようで、冷凍の状態でも売ってくれるとか。そこでひとまず家族で出かけてみました。
Nさんは、本当に色々情報網を持っていて、それは駐在が4年と長く、あた欧米人とのネットワークがあるからなのと、彼女が英語とポルトガル語に堪能なこともあるのですが、本当に有り難く貴重な存在です。
さて、私達は地図を見ても場所が分からずじまいで、ぐるぐる。既に一度行ったというYさん夫妻に電話をして場所を教えてもらい、やっとみつけて、入ってみました。
ガラスケースにクロワッサンを発見!さっそくチョコクロワッサンとレーズンののった甘いパン、そしてカフェラテを注文してみました。持ち帰る冷凍のクロワッサンは10個買いました。さて、席で待っていると、美味しそうなパンが運ばれてきました!すごい、お口の中は東京、またはパリです。いやぁ、幸せ~。
私はパリに行ったことは一度しかないのですが、その時に泊った安宿でも、美味しかったのはクロワッサン。東京にも美味しいクロワッサンがたくさんありますね~。ダーリンはクロワッサンが好きなので、色々買って帰ることがありましたが、アンゴラでもこんなにおいしく食べれるとは!!幸せです。Dsc_0714
子供は食べ物に正直なので、美味しくて仕方ない様子。キコもミコも静かにもくもくと食べています。嬉しいねぇ、でもあっという間に食べつくされてしまいました。だから写真がない(笑)冷凍のクロワッサンを受け取り、オーブンの温度と焼き時間を教えてもらって帰ってきました。
ちなみにアンゴラのクロワッサンというのは、クロワッサンの形をしているだけで、生地は普通のパン。甘めの生地で、形だけクロワッサンと言う不思議なパンです。あれをクロワッサンと言ったら、フランス人は怒ると容易に推測できる代物です。写真は、翌日焼いたオーブンの中のクロワッサン。部屋中バターの香りで幸せでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/11 10%OFFチケットだもん

Dsc_0653卸売スーパーの「MEGA(メガ)」にまだ行ったことがないダーリン。私は初回で使える10%OFFチケットの期限が近くて気になっており、今日はMEGAに出かけることにしました。
日本への一時帰国が近いので、買うものは常温で保管できるもののみ。トレイットペーパー、ツナ缶、マッシュルーム缶、ビール、パックの野菜ジュースなどどれも箱買いが原則の卸売店なので、もちろん箱買いです。
そこに偶然Yさん夫妻も来ていて、せっかく10%OFFチケットがあるので一緒に買うことにしました。Y家を合わせて3万円近く買ったので、10%は結構大きいです。セダンの我が家の車に詰め込んで帰りました。助手席はトイレットペーパーの山!だってねー、この国トイレットペーパーが高いんだもん!この生活用品の高さへの怒り、一体誰にぶつけていいやら(苦笑)
さて、お家に着いた後は大量の荷物を下ろし、フェイジョアーダのランチに出かけました♪昨日ビザが下りたYさん一家と、さっきMEGAで一緒になったYさん夫妻も一緒です。ここは子供たちはタダなのと、ブッフェなので、アンゴラの外食の中では、満足感と割安感があります。それでも一人5000円以上にはなるアンゴラの外食です(涙)
でもね、今日はキコもミコもYさんのお家のSちゃんとKrちゃんと楽しそうにして大はしゃぎ。私も彼もしっかり食べたし、ブラジル料理のフェイジョアーダも紹介できて良かったと思っていました。
フェイジョアーダは、アフリカから連れてこられた奴隷が、主人が食べない肉の部位(耳や尻尾)などを豆と煮込んでできたシチュー。今はそこに塩漬けの牛肉やソーセージなどを入れて、もっとお料理らしくなっていますが、豆とお肉の煮込みシチューは、日本人にもお口に合ったようです。みなさん、美味しいと言ってもりもり食べてくれました。良かった♪また是非みんなで行きたいと思いました。
写真は、キコ。なぜか洗い桶にはいって、日本の教育テレビの録画DVDを見ています。もうすぐDVDじゃなくて、普通にテレビで見れるんだよ♪といってありますが、本人は目の前のDVDに満足しています。キコは見始めると、集中してみています。ミコは「いないいないばぁ!」と「おかさんといっしょ」くらいで飽きてしまうようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/10 主婦の忘年会

Dsc_0647
いつも集まるママたちと新婚のYさん、そして子供たちが集まって、在留邦人の主婦だけの忘年会がありました。
プレイグループの後、そのまま敷地内のOさんのお宅へ。そこに次々と集まります。おかずやお菓子を持ち寄って、ビールで乾杯♪みんなで集まっても日中飲むことはしないのですが、今日は忘年会。アンゴラ生活で、がんばってるとお互いねぎらい、乾杯し、いろんな話で盛り上がりました!
子供たちは、一緒にアニメのDVDをみたり、外で遊んだり、Yさんと一緒にかくれんぼうしたり、とにかく楽しそう。ここはコンパウンドと呼ばれる場所で、安全です。ルアンダ市内にあるこういったコンパウンドは、ここともう一つくらいしか知りません。子供のいる家族には恵まれた場所で、蚊や虫が多いのは仕方ないのですが、外を走り回れる場所があるというのは、本当にうらやましいです。ここで今日は私も美味しい、楽しい時間を過ごしました。
Dsc_0643
飲みながら気になっていたのは、Yさん一家のビザのこと。週末のフライトで旅行に出かけるのに、まだアンゴラのビザが下りないうえに、パスポートが戻ってきていないのです。あぁアンゴラ。
Yさん達が来て3カ月、パスポートがない不安は測り知れません。ご主人はイミグレに張り付き、いろいろあって夕方、ビザつきパスポートが手に戻ったと電話がありました。みんなで手を叩いて大喜び。良かった!しかも無駄なお金も払わなくて済んだし、ビザもついているし、うんうん、よかった!ちなみに無駄なお金と言うのは、賄賂と思える意味不明な罰金のこと。200万円以上なんですから、あり得ません。Dsc_0649
今日は楽しいHappyな一日。たまにはこうやって自分たちをねぎらわないといけません。だって、日々の生活の中で、自分にご褒美することが難しい国なんですもの。写真の美しいお菓子は、Nさんお手製のガトーショコラとフロランタンです。美しいし美味しい彼女のお菓子、ぜひカフェNを立ち上げてほしいくらいです。それにしても、Yさん達も出国できるし、本当に良かった♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/09 大きすぎるゴキブリ

Img_1311
アンゴラのゴキブリは、大人の親指より大きくて、日本よりはのんびりしているけれど、ゴキブリには違いない。明け方、居間に行くとだいたいゴキブリと対面してしまう。本当にいやなのだけれど、見た以上は退治したいと思ってしまう。こちらで売っている殺虫剤を噴射すればイチコロ!でもこの殺虫剤、においが臭いし、あまりに強いその効果を見ると、小さい子供がいる我が家、噴射する場所を選んでしまいます。選んでいるうちに、ヤツは逃走するのでやっかいです。
最初見た時はその大きさに悲鳴を上げ、ダーリンは「なに?」と飛んできました。でもその原因がゴキブリだと知ると、これごときで悲鳴をあげるな、くらいの態度。腹が立ちます。寝起きでボーっとしている中で、現実に引き戻されるのがゴキブリなんて、朝から自分でかわいそうになるのに、その態度。
ムカついていましたが、ダーリンのほうが手際良く退治してくれるようになりました。ありがとう!写真の殺虫スプレーは、こちらでメジャーな商品バイゴンというものです。南ア製でポルトガル語と英語とたぶんフランス語で説明書きがあります。特にどの虫というわけではなく、どんな虫でも効きます。それが逆に怖いのですが・・・。
さて、私、何度見てもゴキブリは慣れません。っていうか、大きすぎます。ちなみに、ゴキブリの話になると、みなさん色々話題豊富。どこでみた、どこのスーパーの何売り場で見た、果てはネズミの目撃談も出てきます。
主婦の目の敵の理由は、それが気持ち悪いとかそういうこと以上に、不衛生で、ひいては家族の健康をおびやかすからなんだと分かった。ネズミがかじったパンを間違えて買って口にした場合なんて考えるとぞっとする。主婦の会話は情報もたっぷり、あなどれません。あぁ、でもゴキブリ、いやです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010/12/08 ボーナスは?

Dsc_9989運転手のジャシント、特に何かを話しているわけではないけれど、どうも意気がっているような気がします。朝は遅刻しないけれど、本来運転手は車にいるべきなのに、とにかく不在。うちの前にあるお店とか左右にあるカフェにいるならまだしも、彼は家に帰ってしまいます。それでもキコお迎えの12時に戻ってくればいいのですが、それすら遅れることがあり、私の怒りをかっています。
面白いのは、電話をしてどこにいるのかと聞くと「もうすぐ着く」ということ。彼の「もうすぐ」はだいたい5分、ひどいと15分なので、意味がない言葉として私は覚えてしまいました。
そのジャシント、今日はダーリンに話をするために、部屋に入っていきました。あとで聞いてみると、なんと「ボーナスは出るのか?」と聞いてきたそうです。確かに、アンゴラでも12月はボーナスの支給月だそうです。聞いてみるのはタダだけど、このどアホ!!700ドルの運転手で、拘束時間にしたら一日平均4時間もないのに何を言うかと私の怒りを買っています。とにかく今月いっぱいは彼が運転手。来月は他の人にしたいと思い始め、彼の仕事や態度を見極めようと思っています。
そうそう近頃、服装が派手になってきて、ジャシントはサングラスなんてかけ始めました…。学生なら、サングラス一つ買うよりは、学費のために貯金とかしてほしいと思うけれど、ここはお金が入ると多くの人は目先の消費に走ると聞いたことがあります。まだ2歳にもならない小さい子供もいるし、自分の体だって強健ではないのに、ね。
写真はミコですが、絵本についているミラーに顔を映して楽しそうにしています。ミコとほぼ同じ月齢の子供がいるジャシント。サングラスより、将来の教育費でしょう、と思う私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/07 体調が悪い

Dsc_0602体調が悪いと横になるしかないなぁと思う。そして体調が悪くても、子供の送迎は自分がやらないといけないし、食事は作らないと食べることができないのが、辛い。
ちょっとデパ地下とか、ちょっとスーパーのお惣菜とか、たまにはお弁当屋さんとか、そういうのがないし、平日の外食は、その渋滞のひどさを考えると嫌になる。
心の栄養で、ふと美味しい甘いものを食べたくても、この国にそういったものはなく、自分で作るか、大事に取っておいたものを開封するしかない。
何かしらね、これ。だるいし、お腹もゴロゴロするし、とにかく横になって様子を見ることに。アンゴラいやいや病だったらどうしよう(笑)
こういう時は、ダーリンがどんなに夕焼けがきれいだよ、と教えてくれても、見に行くことができないんです。でもダーリンが撮ってくれた夕焼け、とてもきれいでした。ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/06 日本で働いていた車

Dsc02032アンゴラに来て驚いたのは、結構、街を走る車がきれいだと言うこと。余りに知らないアフリカを、勝手にイメージしている自分に逆に気付かされます。
ひどい中古車が多いかと思いきや、きれいな車が多いんです。きれいだけれど、中古車。面白いのは、塗りなおさずそのまま走っている車です。日本の幼稚園やクリーニング屋、工務店、お弁当屋など目の前にそういう車が来て、普通に「へぇクリーニング屋ねぇ、本店が船橋なんだ~」とか「安心を真心をお届けする・・・」なんて日本語を読んでから、「あれ、おかしいぞ、ここはアフリカ、アンゴラ!!」と思い出す私です(笑)
他の国からも来ているんだろうけれど、アルファベットだとあまり意識してみないので、わかりません。なかなか写真が撮れないのですが、ダーリンが撮ってくれました写真を一枚。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/04 忘年会

Dsc_0547
大使館の忘年会にお声かけ頂き、参加してきました。キコはHちゃんと一緒にプールで泳いだり、公邸の中でごっこ遊びをしたり、楽しそうにしています。
今日はローカルスタッフも家族を連れてきているので、ゲームなどは大盛り上がり。黒人の可愛い子供たちやミニライブ、そして美味しいお食事に、年忘れとまではいかないものの、十分楽しむことができました。
ちょうど医務官と大使のお誕生日が近いらしく、サプライズでケーキが運ばれてきました。二人ともビックリ、でも嬉しそう(^-^)Dsc_0550
本当に大変な国だけれどね、一緒に頑張れる家族がいる、同僚がいる、それが同じ場所にいたらなおHappyだし、もし離れていても、そういう強い想いでつながっている人がいるということは、とても幸せなことだと思いました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/12/03 ものもらい

Dsc_0417
ダーリンはアンゴラの飛び地州のカビンダに日帰り出張です。早朝フライトで出発して、夜遅いフライトで帰ってきます。今日は停電はするし、ネットはつながらないし、目は重たいしで散々です。
午前中に日本大使館の医務官のところに寄らせてもらいました。やっぱり先生も「麦粒腫」つまりものもらいと診断。軟膏を処方してくださったので、これでしのごうと思います。
当分メガネ生活。一日メガネだと耳が疲れる上に、子供と入るお風呂がきちんと見えないのが困るのですが、なにはともあれ、ものもらいを直さなくちゃ。
写真のミコは、汽車ポッポにお人形さんを乗せようと奮闘中。なんでもお人形さんが一緒です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/02 目が重たい

どうも目が重たくて、どうやら「ものもらい」だとダーリンが判断しました。ものもらいなんて、日本でなったことがなく、初めての体験。そのため手持ちの薬にもありません。こんなに瞼が重たくなるのだと知りませんでした。
薬なんていらないかしら、と思ったけれど、どんどんひどくなる始末。ネットで調べると、初期に処置するほど軽度で済むんだそうです。やれやれ面倒だ…。明日は大使館の医務官のところに寄ってみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/12/01 クリスマス会

Dsc_0501プレイグループのクリスマス会は、兄弟姉妹も参加してOKなのだけれど、ミコは小さいのでスナックタイム(おやつの時間)から私と一緒に参加することになりました。
キコを預けてから、スナックタイムまでの間に、ママ達とお茶会がYさんのお家でありました。Yさんのお家は、ルアンダの高級マンション。家具も白で統一されていて、ホテルのようなところです。奥さんお手製のお店で売っているようなケーキを出してくれるし、日本から持ってきた食器はどれもきれいだし、ひと時ルアンダにいることを忘れるようです。集まったお友達の会話はいつものように楽しく、あっという間にミコが参加する時間。慌ててプレイグループに向かいました。
Dsc_0504
既にお部屋の外に出て、スナックタイムを始めていたところに合流。キコもたくさんのお友達も、一番小さいミコを熱烈歓迎してくれました。でも、ミコは逆におお泣き…。私の抱っこから離れずでしたが、私自身は参観気分で楽しめました。
まぁなんとインターナショナルな光景なんだと思ったし、賑やかで楽しい♪帰りの会でみんなで一緒に歌うお歌は、よくわからなかったけれど、抱っこのミコと一緒に、リズムをとっていました。そして43歳のホザリオのパワフルさに感動しました。
お昼が終わり、午後はうちの近所のお肉屋さんに、Hちゃんママが買い物があると言うので、ご一緒しましたが、なんとお休み。張り紙に寄ると長期休暇なのですが、期限が書いてないのがアンゴラですね~。
Dsc_0514
そこでINTERスーパーに買い物に行き、そのままHちゃんのお家に行って遊びました。キコはHちゃんの三輪車を借りたり、敷地内を走ったり、ものすごく楽しそう。コンパウンドという環境は、子連れには羨ましい限りです。
一日フル稼働、昨日は黙々とお菓子作りだったので、今日はたくさん人と会い、とても楽しかったです。キコが見上げているクリスマスツリーは、プレイグループの中に貼っていたみんなの作品。手に色をつけて、手形をとり、それをツリーにしています。今プレイグループで一番年齢の上のキコがよく頑張ったとホザリオが言っていました♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/11/30 お菓子作りの一日

Dsc_0416明日はキコのプレイグループのクリスマス会があります。いつも通りだけれど、スナックタイムはお庭に出てやるのと、何かみんなで食べれる物を持ってきてほしいとのことでした。
ということで、小さいハート型(24個)を二回焼きました~。更に明日は午前中、Yさんのお家で主婦のお茶会があるので、手持ちお菓子を焼くことに決めたものの、結構大変でした…。日本だったらね、美味しい可愛いお菓子や、気の利いたものがどこでも買えるんだけど、売ってるものはみんな値段も知ってるし、果物でもいいんだけど、何か作って持っていきたい私。三食の炊事と家事とお菓子作りでぐったりですが、神様が見方して、今日は停電がなかったんです。ほっ。
それにキコミコも静かに自分たちで遊んでくれていました。母の殺気を察したのかもしれませんが・・・。キコは積木がとても素敵にできるようになりました。自分の背くらいのお家を作ります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/11/29 私がイタリア人?

Dsc01867朝7時過ぎに、ダーリンの携帯が鳴りました。電話の主は、運転手のジャシントの奥さん。ジャシントが病院に行く必要があるそうで、奥さんが電話をかけてきました。体が弱いジャシント、今後大丈夫でしょうか…。
さて、運転手がいなければ、平日足がない母子ですが、今日は会社のスタッフのマテウスが送り迎えをしてくれることになりました。良かった♪プレイグループに着いて、キコを送りに行くと、敷地の入り口にいる警備員がマテウスに何か話していました。マテウスに聞いてみると、私がいつも笑顔でとてもよいとのほめ言葉でした♪
その警備員さんは、子供が10人いる44歳の男性。私の下手なポルトガル語につきあって、いろいろおしゃべりしてくれます。名前すら聞き取れないけれど、彼は給料が安いことを嘆き、私が日本人だと言う前に「おまえはイタリア人か?」と言って、私を笑わせました。でも、真面目な顔で言っていたので、外国人は黄色人種も白人も同じに見えるのかもしれません。中国人と間違われることは多いのですが、イタリア人と間違われるの初めてです。私だって、やはり黒人の顔の区別はなかなかつかないくらいですが、ねぇ(笑)
写真は、車から撮った街中の風景です。道端で野菜やら果物、お肉や魚まで売っている女性たちの様子です。あ、ちなみに私はこういうところでは買いません。車から降りることもできません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/11/28 新築ですが雨漏りです(数か所)

Dsc_0487日曜日に開いているスーパーは、高級スーパーくらいで、しかも午前中まで。でもハンバーガーにでもしようと思って、そのスーパーにお肉のパテを買いに、家族で車に乗り込みました。
でも空には怪しい黒い雲…歩いても行ける高級スーパーに近づく頃には雨が降り始め、5分くらいかと思ったら、ますますひどくなり…洗車状態。これでは車から出られません。それで家に戻って、まずはダーリンが鍵をあけに出て、次は子供を抱っこで家まで入りました。
本当にひどい雨。バケツリレーが空で行われているのかもと思うほどの大雨です。で、家の中は安全だと思ったら大間違いでした(苦笑)
玄関が水浸しになって、そのままオフィスの会議室へ流れ込み、二階の寝室部分のトイレは雨漏りでタプタプ。二階の数か所が雨漏りしていました。雨は止まず、停電しないのが良かったことくらいで、ダーリンはお掃除に追われました。
あ、この家、新築です。どういう風に造ったら、新築で雨漏りするようになるんでしょうか。家主に対応してもらなわないと、おちおち寝てもいられません。一時帰国の不在の間に、こんな雨漏りがあったらと思うとぞっとします。
写真は、スーパーで見つけたいつもと違う種類のマンゴー。国産でしたが、さっぱりした味のマンゴーで、これも美味しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »