« 2011/02/04 一応、豆まき! | Main | 2011/02/07 ルアンダの市場調査 »

2011/02/05 アンゴラの水

Img_1236
アンゴラは、水が飲めません。途上国では当然ですが、もちろん、現地の人は、飲んでいます。それで育ってるから大丈夫なんだと思います、多分。でも、私達はダメです。
水道の水は、水の管を通って貯水タンクにたまっている水を三個のフィルターを通ってから、出てきます。でも、飲めません。煮沸しても、怪しい。水道にタップ式の浄水器を通して、煮沸して、さらにブリタで濾している友人もいます。うちはミコもキコも小さいので、炊事の水はすべてペットボトルのミネラルウォーターです。
アンゴラの水もあれば、ポルトガルの水もありますが、何より買うのが面倒です。でも週に二回は水を買っています。必要ですから、これも主婦の仕事です。そしてケチ精神が働いて、できるだけ安く買おうとするから、余計に疲れるのだと思います(笑)
Img_1237
お米を研ぐのも、パスタを茹でるのも、乾麺を茹でて、ぬめりをとるのもミネラルウォーターですから、毎日たくさんの空の容器がゴミになります。その容器は、警備員が家に持ち帰っているようです。
でも、野菜や果物を洗うのは、水道の水です。生野菜のうち、葉物はうちでは出てきません。水でよぉく洗う必要があり、そんなに水は使いたくないからです。でもトマトやきゅうりは食べたい。きゅうりなどは皮も固いし、農薬の濃度も気になるので、皮をむいています。トマトや果物は、水で洗ったら、その水を乾いたいた布でしっかり拭き取ってから、口にします。そういう意味でも、生活するのが大変なアンゴラです。

お友達のOさんから、日本製の水質検査キットを貸してもらいました。水道の水は258、ミネラルウォーターは100でした。あぁ、どうにしても飲めないと証明されただけなのですが、自分のこととしてもそうですが、「安全な水を飲める」というのは、基本的な人の生活を支える大事な条件のような気がしました。

|

« 2011/02/04 一応、豆まき! | Main | 2011/02/07 ルアンダの市場調査 »

Comments

なんの数値かは忘れてしまったけれど、びっくりしちゃったんだ~。今からやれば大丈夫だと思うよ。水道水が飲める日本はいいよねー。
でもハワイも島国だから、アメリカだし、NGOとか市民団体とか役所が動けば、改善して飲めるようになる気がする。

Posted by: りこ→かんちゃん | March 28, 2011 at 23:57

ハワイの水質汚染について

アメリカの98%の都市の飲料水(水道水)に発ガン化学物質が含まれているというニュースがあって。

この98%の都市では(調査対象となった35都市中31都市)6価クロムという極めて、毒性の強い化学物質の検出量が、カリフォルニアEPAで安全とされている0.06PPBより高かったらしい・・・・

平均は0.18。

しかも2番目に高かったのは、なんとハワイ(ホノルル市)…(2.20ppb!)

アメリカにいた時は水を買っていたけど、ハワイは飲めると聞いていたのでずっとそうしていたんだけどね。でもこれ1月末のニュースで、結局今も実家で水道水普通に料理に使って飲んでて。

これもちゃんとすべきかな〜りこちゃんの検査してる数値な何の物質の検査かな?

Posted by: かんちゃん | March 27, 2011 at 04:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/51192992

Listed below are links to weblogs that reference 2011/02/05 アンゴラの水:

« 2011/02/04 一応、豆まき! | Main | 2011/02/07 ルアンダの市場調査 »