« September 2011 | Main | November 2011 »

2011/10/21 女子会とデザートブッフェ

Dsc02664

今週一週間、キコはダーリンと徒歩登園を果たしました!でも昨日は教室に着いてから泣き、ダーリンにしがみついていたそうです。う~ん、分からない。なんで泣いたんだろう。

今日は雨が降りました。しっとり濡れる雨。そんな中、キコはパパと登園。傘をさしているのは、ダーリン位だったと言っています。帰る頃にはやむような短い雨だったけれど、キコはその特別な雨が嬉しかったようです。

昨日、先生にあげるんだと言って描いた絵のお手紙も、朝一番に渡し、泣かずに済んだ金曜日でした。

午前中は、実はデザートブッフェに出かけました!というのは嘘ですが、10カ月ホテル暮らしをした同僚の奥さんが、引っ越し先に落ち着いたからと、招待してくださったのでした。

Dsc02665

モンブラン、ロールケーキ、イチゴのタルト、コーンフレークのクッキー、しょっぱいのも用意されていて、すごーい!!感涙ものでした。
モンブランの栗クリームは、フランスで買ったもの、それ以外はアンゴラで買えるもので作ったとか。凄いです!売りものになります。

なんと白玉粉でつくった濡れせんべいもあり、おいしかったー!みたらし団子が恋しくなる味でした♪

どれも本当に美味しくて、生地のきめ細やかさやしっとり感、タルトのさくさくなど、クリームの滑らかさなど、どのケーキもデザートもそれぞれに絶品でした。

ミコ以外、みんな幼稚園や学校にいっている時間で、ミコはお昼寝してくれました。女性ばかり五名集まり、楽しい会話に花が咲き、本当に楽しかったです。ちょっとピアノの生演奏もあったりして、素敵な時間でした。

お招きくださったMさん、素敵な時間をどうもありがとうございました♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/20 おすそわけ

Dsc02660

今回南ア出張で買えなかったのは、中濃ソース。業務用しかなかったのです。そんな話をママ友にしていると、空き瓶に入れて、分けてくれました。
彼女の家には、業務用があって余裕もあるので、どうぞ、とのこと。他に、鷹の爪も分けてくださいました。本当に本当に有り難いです。

私も、リャンホンさんにカレールーを一個おすそ分けしました。
昨日開門を待っている間、彼女と話していて、日本のカレーが大好きだという彼女。あと10日もすれば、パリに旅行するというので、パリで食材調達はできるけれど、アンゴラに四カ月。

うち三カ月はホテル暮らし、最近やっとマンションに引っ越しができた彼女。来た当初に、子供はマラリアになったし、前任が単身だったようで、生活情報の引き継ぎは全くないようです。
ご主人はフランス人だし、アジア人の彼女が食べたいものは、やはり違います。

頑張っている彼女に、あと10日だとしても、カレーが食べれることで、ほっとしてもらいたいなぁと思いました。ちょうどダーリンが南アで買ってきてくれたので、余裕もあったし、嫌みのない程度で。

Img_9027

彼女は袋から出して、カレールーだと知ると、目が潤んでいました。アジア食材ないことすら、情報として知らなかったそうです。
中国人が十万人近くいるらしいアンゴラなので、中華食材店があると思うのが普通ですが、ないのです。中国人は出稼ぎ労働者なので、多分、決まったところに住んで、食堂みたいなのがあるのでしょう。だから、外に食材も調味料も出てこない。かろうじて、たまに白菜が買えるかな、という程度です。

喜んでもらえてよかった。大変なのは、みんな一緒だもんね。

キコのいない時間、フランス語のTV5をつけていると、ミコが「ママー、おいしそうだよ。おじさん、作ったの」というので、顔を上げると、美味しそうなパンが並んでいました。おいしそうなパン…いいなぁ。

そのまま見ていると、チョコレート展の模様が放送されていて、どれも美味しそう。インタビューを受けたチョコレート職人が、「日本、中国、アメリカ…」と言ったのが聞き取れて、嬉しい私でした。

そうそう、今日は異常な渋滞。ブラジルの大統領がアンゴラを訪問しているので、各所で交通規制。徒歩20分、車でも2-30分で帰れるのに、今日は1時間半かかりました。疲れたー。Img_9030

今日は夕方、アンゴラのテレビで、日本の空手の実演が放映されました。今、日本紹介イベントということで、日本から剛柔流と松涛館流の空手家がアンゴラに来ています。室内では、アンゴラで空手を学んでいる方々との公開稽古もありました。

スタジオでは、人気の司会者も礼をしたり「アリガトウゴザイマシタ!」と言うのですが、印象のいい司会者でした。改めて、日本文化を異国で見ると、かっこいいなと思います。自分の背筋が伸びて、誇らしく感じる瞬間でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/19 荒探しではなく、いいこと探し

Img_8279

昨日はながーい渋滞につかまったこと、運転手の通った道が、ダーリンの使う道と違っていたことで、私に不思議な気持ちを抱かせました。

埃っぽい道に、たくさんの露店がありました。揚げパンを売っている人、お肉を焼いている人、自家製ヨーグルトを売る人、地べたに座って野菜や果物を売る人、赤ちゃんをおんぶして働くたくさんの女性、作りたてのサンドイッチをほおばるおじさん、談笑する売り手と買い手。

声が聞こえそうなほど、近い場所を車で通ることもあり、なんだか、ふと気持ちは、同じ場所にいました。Img_8776

どうしても幼児連れゆえ、医療の悪さゆえ、衛生の面に目が行くのですが、アンゴラ人、好きになれるかも、と感じた自分に驚きました。
停電も多いし、働かないアンゴラ人も見ていて、生活するのは、大変。だけど、背景として、長い内戦とポルトガルからの独立、教育を受ける環境がなかったことを思って譲歩すれば、今の彼らがこうある意味を多少は理解できます。

仕事だけど、なにかあれば走ってくれるマテウスも有り難いし、私が嘔吐と下痢で動けなかったとき、心配そうに気遣う運転手やお手伝いさん、一生懸命日本語で挨拶してくれるパウリーノ。

そしていつもいくスーパーで声をかけてくれる店員さん達。「お人形さん!」と言って子供たちに声をかけるアンゴラ人達。

Img_8792

大変だけど、ここは観光ビザのない国。仕事があるから、ここに入国できているわけです。本当に貴重な体験。どうせ大変なら、それを自分のいいように解釈するほうが、私に向いています。

小さいキコとミコが時間を過ごしている国なのですから、やっぱり好きになろうと、思いました。荒探しするのは容易だけど、いいこと探し。
そのほうが、私の精神衛生にもいいもんね。がんばるぞー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/18 停電へっちゃら姉妹

Img_9016
停電は丸二日続いて、電気が戻ったのも束の間、また停電です。昨日は、一日停電で、発電機を付けたのに、照明系統がショートして、冷房も冷蔵庫も洗濯機も問題ないのに、照明とテレビがつきませんでした。

今朝、家主が依頼した技術者やEDEL(電気公社)を呼んで、見てもらいました。どうも配電がおかしかったようです。それでひとまず原因がわかって、ホッとしました。摩耗した部品も早いうちに取り換えることになっています。

それでも、夕方、NHK教育テレビの録画二時間分を見ている間、停電→発電、電気が戻り、また停電→発電。キコは「今日もう何回停電なのぉ(怒)~発電機~!」と叫んでいました。

夜に停電になると、発電機は手動で切り替えるには、外にいかなくてはなりません。電気がつくまで、来た当初は「こわいよー」「暗いよ~」と言っていたキコが、ごにょごにょ言うミコに「あ、だいじょうぶ。そのうち見えるようになるよ」と諭します。
私が「暗さに目が慣れてくるの、ほら!」と言うのを理解しているキコ。ミコも停電で暗くなっても、泣き喚いたりしません。日常のことですからねぇ(笑)

今日も歩いて登園のキコ。私は7時から開いているMEGAへ行きました。MEGAでは、コーヒーを箱で買ったのですが、表示と買った値段が100円位違い、20袋入りなので、約2000円の損!見逃すわけには当然いかない金額なので、そのやり取りで、やや疲れてしまいました。

Img_9017

そして、そのまま郊外のKEROへ。KEROは9時オープン。開店と同時に入り、30分で買い物を済ませました。9時半には出たのに、やはり渋滞で、家に着いたのは11時半前…。買ったものを片付けたら、キコのお迎えの時間でした。

朝のうちにお昼ご飯のピラフの準備をしておいたので、炊くだけになっていたので、良かったけれど、疲れるなぁ。

夕食は、自分のために作った「豆腐が入った炊き込みご飯」。朝日新聞のサイトで見つけました。新米や日本のサツマイモで作ると、美味しさは違うんだろうなぁ。うちの場合は、栗は、ポルトガルで買った真空パックの栗を使いました。
豆腐は大使夫人に教えてもらったハウス食品の「本とうふ」。粉末のインスタント豆腐です。サンマがないので、鯵の塩焼きと一緒に頂きます。おいしかった♪

夜、電気が戻りました。電気のある生活って、いいね♪とダーリンとの会話。人間らしい生活のためには、やっぱり水と電気が必要。インフラ整備は必須です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011/10/17 私が感じるルアンダの治安

Img_8940

車のバッテリーがあがっているので、車は使えません。そこで歩いて登園することにしました。
ルアンダの唯一の救いは、治安がひどく悪くないことです。サンパウロ(当時)よりずっといい。南アよりずっとずっといいです。南アは道を歩いている人がいませんから。

今朝は、キコはダーリンと一緒に歩いて登園しました。車だと渋滞を考慮して、毎朝6:50に出ているのですが、同じ時間に出発。ダーリンの足で15-20分の距離です。
戻ってきたダーリンに聞くと、遅刻せず、つまづくこともなく、無事に登園できたそうです。

バッテリーを交換したので、車でお迎えに行ったのですが、キコは「パパのお迎えがよかった!明日もパパと行く」とのこと。とっても楽しかったようです。
キコは、エネルギーも余ってるし、体力をつけるには良いと思います。ダーリンの運動にもなるし、一石二鳥。埃っぽいのは仕方ないけれど、朝はまだ日差しも強くなく、気温も25度前後。

ダーリンは、パパ送迎率が高いことを体感したようです。何度も言っているのに、百聞は一見にしかず。ふふふ。自分で見て、感じたようです。日本で通った保育園もパパ率たかったけれどね。

Img_8948

途中、横断歩道の信号が機能していない大通りを横切りますが、子連れには優しい社会。そこにアンゴラ人も外国人も関係ありません。

道で子連れで立っていると、車が止まって、手で「行っていいよ」と合図をしてくれます。これは普段も同じで、ミコを抱っこしてキコと手をつないで、駐車場と学校を往復する際、いつもそうしてくれます。
そして、うちの運転手も、道沿いに子供や荷物を持った女性が立ち、道路を渡ろうと待っているときは、ハザードを出して止まり、行っていいよ、と合図を送っています。

ちなみに、聞いたところによると、南アフリカで仕事をしている日本人の家に、夜、ピストル強盗が入ったそうです。寝ているその人のこめかみに、ピストルを突き付けられて、現金とパスポートを奪ったそうです。ほんと、強盗殺人があってもおかしくない状況。命があって良かったです。バーグラ(鉄格子)は破られていたそうです。

その話をリャンホンさんに言うと、彼女が居たカタールでも日中、電気錠が破られて侵入者があったそうです。幸い何も取られず、危害はなかったのですが、すぐに引っ越したとか。

Img_8983

考えてみると、ルアンダにはそういう治安の悪さは、今のところなさそうです。我が家は、どのドアにも窓にも鉄格子がついているし、高い塀の上は鉄条網。警備員も24時間います。
でも、警備員はよくご近所の警備員仲間とおしゃべりして、不在にしていることもあるし、そんな時はたまに駐車場にある外の道路と接するドアが開いてたりします。

警備員が不真面目なのですが、ある意味、緊張感や危険さがない、とも言えるような気がします。だから、朝、歩いて登園ということもできるわけです。

あとは、子連れは襲わないというような気がします。これは私の感覚的なことなので全く参考にはなりませんが、子連れには優しいです。子連れだと「アンゴラ生まれか?」「名前はなんだ?」「いくつ?」と聞いてくるし、寄ってくる。

そこには、子連れ故、気が散漫になるのを利用して、物をとってやろうとか、悪さをしてやろうとか、そういうあくどさは、今のところ感じません。もちろん、そうはいってももちろん気をつけていますけれど、ね。

Img_9013

外国人は、もちろんターゲットにはなっていて、真昼間でさえ、強盗に遭った男性がいますし、先日は中国人が車に乗っているときに、肩と胸を打たれてお金と時計と車を取られたと聞きました。

ここは日本ではないということ、外国人で目立つには違いないので、常に気を張っているということは、事実です。さぁて、明日もキコはパパと歩いて登園したいようですし、私は朝から直接スーパーに水を買いに行こうと思います。

一日停電、発電機のショートも多くて、嫌になります。が、アフリカに生活しているんだもの、仕方ないね。がんばろっと。写真は、日本のシャボン玉を出した週末の写真です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2011/10/16 車が動かない!

Img_8794

先週から、日曜日は朝から海辺のレストランへ行ってみようと話していました。キコが幼稚園でも一人寝ていることが多いので、週末も8時前に就寝することにしました。そのせいで、朝も平日どおり6時には起きる娘たち。
作っておいたバナナシフォンケーキを朝食にして、のんびりと出かける用意をしても、8時(笑) 朝のフランス語アニメを見て、さぁ出かけようと車に乗り込みました。

が、エンジンがかからない…。昨日まで問題なく動いていたのに、どうしたんでしょうねぇ。結局、出かけることはできなくなりました…。

水筒まで肩からかけて、盛り上がっていた子供たちは、意気消沈。余りにかわいそうなので、大事にしていたペコちゃんのロリポップを特別に出しました。更に日本製のシャボン玉も放出。
Img_8997

お昼は、小さいお庭でシュラスコ(BBQ)にしました。もちろん予定外だったので、お肉は流水で急いで解凍。アンゴラは、いつでも欲しいものが手に入らないし、買えるときに買っておく習慣がついているので、お肉もあるし、果物も野菜も数日分はあります。

このまま車が動かない場合、買い物は、頭に野菜や果物を乗せて売っているズンゲイラと呼ばれる女性から買うことも
できますし(外国人なので、ふっかけられることは確かですが:苦笑)、どうにかなるでしょう。

今日はキムタク主演の「実写版 宇宙戦艦ヤマト」を観ました。どうしてでしょうねぇ、日本のこの手のってなんかギャグっぽいと感じるのは、俳優をみんな知っているせいでしょうか…。
そうそう、この日は昼から停電、夜中もまだずっと停電していました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/15 お土産いっぱい

Img_8796
土曜日の朝は、フランス語のTV5で子供向けの番組をやっていると聞いていました。8時から二時間、アニメをたくさん放送してくれました。私も一緒に見入ってしまいます。映像が理解を助けてくれるし、楽しく見れそうです。

さて、木曜日から今日土曜日までダーリンは南アフリカの首都プレトリアに出張に行っていました。南ア出張は、最短で二泊三日です。一日一本のフライトの南ア到着が夜。翌日一日会議をして、翌早朝のフライトでルアンダに、お昼到着で無事に帰ってきました。

事前に南アの事務所の人に頼んでおいた食材もたくさん持って帰ってきてくれました。写真の通り、日本の調味料やカレールー、ラーメン、まだ外れないミコのオムツ揃って、安心します。
12月に一時帰国しますが、生活はまだまだ続くので、食材ストックはぬかりなく(笑)
また今回は中華食材店に寄る時間もあったそうで、子供たちに「コアラのマーチ」、新鮮なセロリ(アンゴラの四倍の茎の長さで160円位)やチンゲン菜、大根、乾燥レンコン(写真参照、薄切りにしてきんぴらになります)も買ってきてくれました。

Img_9012
今回はエクセス(重量超過した分に対してかかる料金)が発生するほどで、当然、手荷物もずっしり。ヨハネスブルグの飛行場で、英仏辞書とHARIBO Bearのグミキャンディ、フランス語の入ったDisney PrincessのDVD、ヴォーグ(UK版)を買ってきてくれました。

夕方、早速買ってきてくれ子供のDVDを見ました。音声も字幕もフランス語にして鑑賞。他に英語、スペイン語、ドイツ語で鑑賞できます。アリエル、ベル、ジャスミン、シンデレラのお姫様のショートストーリー。挨拶位は私も分かりました(笑)キコは凄い集中力で見入っていました。ナイスセレクト、ダーリン!! 食材は増えて、ものすごく有り難いし、嬉しい土曜日になりました。

夕食は、買ってきてくれた大根とイカの煮物。こちらでも大根は買えることもありますが、すが入っていて、どうしようもないのが多いです。南アのは小さいけど、みずみずしくて、美味しかったぁ。停電もなかったし、家族がそろってホッとしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/14 なんでも食べる

Img_8693

キコとミコは何でもよく食べます。好ききらいが、今のところありません。ピーマンや玉ねぎが嫌い、とか、シマジロウのDVDで話すキャラクターをみると、子供は好き嫌いがあるのかな、と思っていました。

ミコは「なんでもたべる~」といいながら、よく食べています。お肉もお魚も海藻もお豆も野菜も果物も、何でも本当によく食べてくれるので、とても助かっています。人のお家で出たラム肉まで、美味しそうに食べていたっけ(笑)

まな板に野菜を乗っけて、切っていると、「何してるのー」と寄ってくる子供たち。野菜を見つけると「ちょうだーい」と言って、手を伸ばして食べ始めます。
きゅうり、ピーマン、トマト、人参、キャベツ。塩もつけずに生で食べてしまいます。さすがに玉ねぎやインゲンは食べませんが、ブロッコリーは「早く茹でて」とせがみ、夕食用にと思っても、おやつとして、姉妹で一房食べてしまうほどです。

バナナやパイナップル、りんごや洋ナシもおやつです。ミコなどは「お腹すいちゃったの」といって、一人でバナナを食べていることがあります。日本のように魅力的なおやつもないので、野菜や果物がおやつになることが多いですねぇ。

日本からもってきた煮干しや焼き海苔もおやつになっています。それとドライフルーツやナッツ類もおやつ。うーん、とってもヘルシー(笑)

Img_8707
キコは日本で通った保育園の影響が大きいのかな。よく煮干しやおしゃぶり昆布がでていたから、ね。その影響で、もちろんミコも大好きです。いいことですが、ここにはないので、出張者にお願いするしかないのが、辛いところ。

さて、いつも行くスーパーJumboで、なんと国産セロリを見つけましたー!!すごーい!!葉っぱが茂ってて硬く、茎は緑色で短くて、ものすごくしっかりしているのですが、いい香り~。
売り場では、葉しか目に入らなかったのですが、香りがセロリ。手にとって、香りを感じていましたが、本当にいい香り~。一つ買ってみました。小さい株が二つはいって、500円前後。

生で食べても美味しいし、香りづけや臭み取りにもいい感じ。子供たちも生でポリポリ。国産のセロリが買えて、なんだかものすごく上機嫌になる私です。私の喜ぶレベルって、アンゴラ仕様になってます(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/13 グレープフルーツ発見!

Img_8769

ダーリンは今日から二泊三日で、南アフリカの首都プレトリアに出張です。ヨハネスブルグを首都だと思う人も多いようですが、首都はプレトリア。日本人は余り住んでいません。ヨハネスには、日本人学校もあるし、国際線の乗り入れも
あるし、ワールドカップもあったし有名ですね。

先週末、郊外のスーパーKEROで見つけた嬉しいもの。それはなんとグレープフルーツ!
名前はTORANJA(トランジャ) Vermelho(ベルメーリョ:赤)でした。ちなみにこちらではオレンジはLALANJA(ラランジャ)といいます。大きさはオレンジよりちょっと大きいくらい。

棚の端っこにあって、なんなとなくナミビアで見たグレープフルーツと似てるなぁと思って、買ってみました。値段は、キロ単価はオレンジと同じくらいでした。

で、家に帰って剥いてみると、おぉぉ、ピンクグレープフルーツ!日本で食べるより酸味が少なく感じたのは、毎日オレンジを食べて酸味に強くなったせいかしら?それとも、この品種自体がそうなのかしら?みずみずしさが少なく感じたのも事実です。買う人が少ないから乾いちゃったのかな。ま、どちらにしても、嬉しかったです。またあれば買おうと思います。
Img_8751

今日は四時過ぎにシャワーをしました。はやい!!ここのところ停電が多く、時間も長いです。土日に計画停電らしきが定期的にあった乾期と違って、今は本当に頻繁に停電します。

停電が前提の社会なので、発電機を起動すればいいし、燃料も欠かさず買っているけれど、その発電機がショートすることがあり、メンテナンスをしてもらいました。それでも今日はまたショート…。
こういう状態だと、二人の子供をシャワーを入れるのは、やや億劫です。泡だらけのまま電気が落ちたら、発電しに行くのは、本当にいや。なので、スタッフのいる時間にシャワーを済ませました。それもかなりカラスの行水状態。

遊びたい子供たちに「お願い、協力して!」と頼みながらのシャワーです。ふぅ、疲れます。電気も水もあるという普通の生活が、実は、ものすごく恵まれていることなんだと、ここにいると感じずにはいられません。
Img_8771

さて、早々に20時過ぎには就寝。教室で一人、机に突っ伏しているキコを考えると、もっと早く寝るべきなんだろうなぁと感じています。

写真の不細工な揚げ物は、カレーコロッケです。生まれて初めて作りました。カレーを作った後の鍋って、洗うのが面倒です。結構べたべた。それで昔何かで読んだか、みたかで、茹でたジャガイモを入れて、コロッケのたねにしました。おいしかった。子供たちも大喜び、食べてくれると嬉しいです。

もう一枚は、なぜか私の靴を履いて、駐車場で遊ぶキコとミコ。午後の暑い中でも楽しそうに遊んでいます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011/10/12 私のフランス語


Dsc02647
今朝もまた泣かない朝。廊下に鞄をかけ、お弁当の保冷バックと水筒もかける作業を自分でやっていたキコ。そこで時間を稼いで、お部屋に入るのを遅くしているなぁと感じていました。

廊下にいると、HちゃんやSくんと同じコンパウンドに住むフランス人の姉弟が、挨拶に来てくれました。初めて「あなたのお名前はなんですか?」とフランス語で聞くと、視線は「わからない」と言っています。
もう一度言うと、教えてくれましたが、今度は、聞き取れませんでした(涙)今度は紙とペンを持参して、書いてもらおうっと。

そして、「彼女はキコ」「彼女はミコ」と言ったのですが、「彼女は」の部分はポルトガル語の私。そして、「4歳」「2歳」と言ったのですが、ポルトガル語と混ざって、数字だけフランス語で、指で数を示しながら言うと、横から偶然、担任の先生が来て、フランス語で「4歳」「2歳」と言い直してくれました(笑)

とほほだなぁ、と思ったけれれど、私はフランス語初級者だからね、恥ずかしいけど、それが事実だもん。顔から火を噴きながら、やっていくしかない。

今日はお友達がうちに来てくれました。いつものメンバーで、アインちゃん、Sくん、Hちゃん、そしてそれぞれのママ。今日のお昼はフェイジョアーダにしたのですが、皆さんに好評で良かった(^-^)そして、皆さんが持ってきてくれたおかずもデザートも、いつも美味しいです。手料理って、本当にいいものですねぇ。

写真は、朝のルアンダ。通学や通勤のアンゴラ人が歩道にいっぱいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/11 今日も泣かないよ

Img_8715

今朝も泣かないキコ2日目(笑) 先生にも「キコはもう大丈夫よ、昨日も一日泣かなかったし。あとは言葉だけ」と言われました。あ、英語でね。

家で、少しずつフランス語を一緒にやっていると英語で話しました。先生の前で「ディモンシュ(日曜日)」とか「マホン(茶色)」「ノエール(黒)」とフランス語でいうと、「いいわ!」と。
一年通ったプレイグループが英語だったので、意識的に英語を使っていたけれど、意識的にフランス語を使おうと思いますが、なにせ私のフランス語のレベルがね…、少しずつ一緒に学ぼうと思います。

先週契約した「TV5MONDE AFRIQUE」(フランスのNHKみたいな番組の海外版)が見れるようになりました。既にお金も払っているのに、見れるのは数日後。でもいいです、一週間以内に見れるようになったんですもの。アンゴラにおいて快挙です。

Img_8750

写真は、キコ言い出した時にやるフランス語。私とダーリンが使っているロゼッタストーンという教材を使っています。ダーリンが根気強くみてくれているので、本当に助かります。私は、どうも駄目。
それと、昨日作って漬けておいたズッキーニの酢漬け。生のニンニクがいい香りでした。お昼のパスタの付け合わせにちょうどよく、美味しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/10 泣かない朝

Img_8712
土曜日のクラス懇談会の帰り、先生に「月曜日は泣かないわよね」と言われ、頷いたキコ。今朝は寝起きが悪く、べそをかいていましたが、「朝から泣くとママは嫌な気分になる」と伝えると、こらえていました。

気分は乗らないけれど、朝食をとり、歯磨きもして、お着替えもする四歳のキコ。朝食には、チョコレートシフォンケーキを出しました。キコの好物です。そのせいか、完食してくれました。
6時50分過ぎに車で家を出ます。この時間は渋滞は少ないのですが、それでも少し車のスピードが落ちた間に、絵本を少し読みました。そして、いつもと同じく7時15分の開門と同時に教室へ向かいました。

廊下の名札「KIKO」のところに、自分でリュックからお弁当の保冷バック、水筒をかけます。すると、先に入った子供が泣いていて、外まで声が漏れていました。
ふと私は気持ちが緩んで「あ、キコより先に泣いているお友達がいるね~」というと、口を一文字に結ぶキコ。彼女なりにカチンと来たようです(笑)

教室の扉の前、先生がキコを見つけて、ご挨拶。今日も泣くなぁと思ったら、泣きませんでした!嬉しくて、先生と目を合わせて、「キコ!泣かないの?すごいじゃん!ママ、嬉しいっ」といって、CHUして頭を撫でました。
つないでいた手をそのまま先生に引き渡し、「ぢゃね~」と教室を後にしました。
Dsc02656

抱っこのミコは「キーキー泣かないね」と言っています。頑張ってるなぁ、キコ。と思って、廊下を歩く私のほうが、目が潤んでしまいました。写真は、廊下に貼られていた作品です。

私はいつも運転手に、目的地に到着した時「オブリガーダ(ありがとう)」というのですが、今日はミコも「オブリガーダ」と言いました。小さいミコのポルトガル語に、運転手も微笑みます。

さてお金も払ったのに、フランス語放送のチャンネルが未だに見れません。発電機のメンテナンスも、フィルターやオイル交換は済みましたが、肝心のブレーカーの部分が直っていません。部品が、郊外のお店にしかないのだそうです。ここにはアースがなく、本体の寿命が短いのだそうです。

と書いたら、夕方、発電機を直しに来てくれました。よかったー。ものすごくホッとしました。停電が前提の社会なので、停電があることを憂うより、発電機が壊れたことを憂う私です。雨期に入り、停電の回数が着実に増え、時間も長くなっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/09 外国人が集う場所

Img_8730

朝、郊外のスーパーKeroへ。すると先週Keroの場所を教えたリャンホンさん家族が来ていました。
彼女は、ニコニコで「ありがとう、とてもいいスーパーだわ!興奮しちゃう」と言ってくれました。わかります、いわゆる普通のスーパーですが、アンゴラには外国人がそう思えるスーパーはわずかなので、一つ行けるスーパーが増えただけで嬉しいんです。
イタリア系フランス人のご主人も紹介してもらいましたが、三か月のホテル暮らしで20キロ増量しただけあって、迫力ある方でした…。
買い物を済ませ、食材を保冷バックに移して、そのまま海辺のレストランへお茶をしようと思い、一路海辺へ。でも、どのレストランも駐車場もその前の道も満車状態。それで先端までへ行って、車を止めました。

Img_8735

ポルトガル人っぽいおじさんが釣りをしていました。ちょうど釣り上げたところに遭遇したので、見せてと頼むと、快く見せてくれました。ダイビングで見れそうなカラフルなお魚でしたが、美味しいんだそうです。

キコはお魚が見れて、嬉しかったようです。お昼寝から目覚めたミコにも見せてくれました。それにしても、ここ、ガラスの破片やゴミの散乱がひどくて、キコくらいしか歩かせられません。それでもビーサンのキコの足元が気になる私です。
ちょっとしたけがは、子供は当然ですが、ここは水が汚いせいか、空気のほこりがひどいせいかのか、治りがにくくて、すぐに化膿したり、悪化します。

内戦で手つかずだったアンゴラの海、沖に出ると豊かな漁場があると聞いています。ボートに乗るのは船酔いや子連れの面倒さなどを考えると嫌ですが、磯釣りで新鮮な鯛とか鯵が釣れるなら、私、真剣に釣りを始めようかなぁと思いました。
お刺身、食べたいです。文化包丁しなかいし、刺身の技もないけれど、自分で釣ったなら、安心して食べれるもんね(笑)

そのまま、中華レストランシェウーへ。いつも通り、春雨サラダやニラ餃子、イカの揚げ団子などを食べて、ご機嫌な私。いつ食べても安心して、美味しく食べれます。アンゴラにおいて、貴重なレストランです。
Img_8738

ここで、なぜかいつもよく会うアジア人女性と白人男性のご夫婦がいます。今日は彼女が話しかけてくれて、キコとミコを紹介しました。彼女は韓国人だそうです。でもご主人とはフランス語。それでお互い英語で会話をしました。

車に乗ろうとすると、今度はダーリンの仕事でお付き合いのある方々と偶然会いました。
更に駐車場に入ってきた車を運転するアンゴラ人は、見覚えのある顔。7月に帰国した同僚の運転手をしていたアンゴラ人ガブリエルでした。そこから降りてきた日本人出張者も一度お会いしたことのある方でした。

外国人が出没する場所が限られているので、こういうことになるのでしょうけど、短時間でたくさんの人に遭いました。びっくり!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/08 フランス人学校の父母会

R0011194

土曜日ですが、保護者会がありました。先日、教室の前に張り出されていた紙に告知されていたものです。
キコの学年は9時半から。家族総出で行きました。場所は、幼稚部の外。お庭の脇の大きなスペースに椅子が並べてありました。
30分、結局キコとミコはじっとするのは難しく、私も椅子から離れて、子供達をお庭で散歩するのを見ながら、耳は校長先生のお話しに傾けていました。

が、何も分からない…本当にちんぷんかんぷんです。ポルトガル語なら、少しは引っかかるかもしれません。でも全然ダメでした。どんなに集中しても、言葉が拾えない。拾える単語がないから、余計にでしょうけど。

そのあとは、キコの教室に移動して、担任の先生とクラス懇談会がありました。心強いのは、フランス語が分かるHちゃんのパパがいることでした。
他にも子連れがいて、その子たちのために紙とペンがあり、キコとミコは座ってお絵かき。
R0011199

先生の話は、やっぱり殆ど分からず、途中で集中力が途切れます。でも単語は四つだけ拾えました。「食べる」「ガトー(おやつ)」「お誕生日みたいな言葉」「私達」です。Hちゃんパパに聞くと、お誕生日にはケーキなどを持ってこないように、とのことでした。
先日ケーキを持ってきたお母さんを校門前で見つけて、うちもあんなことするの?と思っていた矢先なので、ピンときました。

それから名指しで「キコとHのように言葉ができない子がいるので、学校がすべてやってくれると思わず、家庭でも努力する必要がある」とのこと。あはは、名指しか…。

クラスに貼りだされた紙をカメラで撮りました。私がやってるフランス語のレベル。色、数字、曜日、活動。それだってまだちゃんと話せない私です。

それにしても悲しい。その国の言葉を習得するのは数カ月というわけにいかないのは、当然だし、よくわかります。でも親として、分かりたい気持ちがあるから、情けなくて。悔しさをばねにして、頑張らなくちゃ。

R0011200
キコもきっと分からない場に身を置いて、どんなに辛いのかと想像します。でもね、私はあなたを信じています。きっときっと、先生の言葉、お友達の言葉があなたに分かる日がくるから。ママよりずっとずーっと早く。今は大変、ママも大変、一緒に頑張ろう、頑張ろうね!!

午後は、落ちた気分を盛り上げるべく、「DreamGirls」を鑑賞。週末にすることがないアンゴラ。映画鑑賞率がUPしています。先週は暗い映画が影響して、気持ちまでどんよりした失敗から、今日はいい映画で。音楽もいいし、気分がいい。それにしてもビヨンセって美しいわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/07 フランス語テレビの契約

Dsc02569
昨日、お迎えに行くと、私を見て泣き始めたキコ。話を聞くと、先生と一緒にトイレに行きたかったそうです。驚いてキコを見つめた先生に説明したかったけれど、それを英語で話して、どこまで分かってもらえるか分かりません。
それで、夜にGoogle翻訳でフランス語に訳して、紙に書き、今朝持って行きました。先生はそれを見て、深くうなずいてくれました。
今朝も泣き始めたキコ。ひと呼吸おいて、教室を見に行くと、先生に抱っこされて、ゆらゆらされていました。

最近キコは、おうちで英語を話します。たぶん、外国語に興味があるんでしょう。昨日夜一緒にフランス語で数字を数えたら、キコは15までいえるようになっていました。私はポルトガル語と混ざったり、10まではドイツ語でも数えられるので、なぜかそんなのと混ざったり、ぐちゃぐちゃです。情けない。

最近は、英語のほうが頻度が高いです。お迎え前に、校門の前でリャンホンさんと話すのは英語。週一度、ソンミさん(アインちゃんママ)と話すのも、英語です。英語もなんだかなぁ、本当に自分の英語力にも情けなくなります。

キコと手をつなぎ、ミコを抱っこして、車に急ぐ帰り道、恰幅のいいお母さんに声をかけられました。今週、1歳半の男の子を抱っこしていて、私に英語で話しかけてくれた女性です。

国籍は知りませんが、アラビア語が母国語だそうです。子供たちは、ポルトガル語、フランス語、英語、アラビア語が、自分(母親)より上手に話せると教えてくれました。

Dsc02658

彼女から、テレビがいいわよ、というアドバイス。韓国大使館のレセプションの時にあったドイツ大使館の人にもそんな風に言われました。(ちなみに内戦前は、ドイツ人学校も二つアンゴラにあったそうです)

それで、ダーリンと話して、今日ケーブルテレビを契約してもらいました。フランスのNHKみたいな「TV5MONDE」とNHKの英語放送、BBC WORLD、中国放送が4つ(なんで四つも!?)、イスラム、イタリアなどが39チャネルが入った一番安いタイプ。
子供がきっと好きなDisneyやちょっと興味のあるナショナルジオグラフィック、ブラジルのグローボも入っている、チャンネルの多いタイプではありません。
でも全然テレビをつける時間もないし、これでいいかな、と思っています。

大変だけど、こんなにいろんな国の人と毎日おしゃべりできるのは、貴重なこと。それに、私に話しかけてくれる人がいるなんて、有り難い(^-^) 
おしゃべりは、私には欠かせない心の栄養剤なので、うん、そうだそうだ!がんばるぞー。

写真は、渋滞の車の窓から撮った写真。相変わらず汚い道、なぜかいつも雄鳥がいる塀の上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/06 一年半かかって届いた郵便物(アンゴラ→日本)

Img_8695

午前中は、蒸しパンを作りました。ここのところ、日中の停電も多く、その上、発電機の調子が悪いので、オーブンを使うケーキは止めました。それで初めて、蒸しパンに挑戦。
私は小さいときから、母の蒸しパンが大好きだったので、それを思い描きながら作ってみました。簡単で、ヘルシー。作ったそばから試食して、ひとつ、ふたつ、美味しいわ♪

それを持って、キコのお迎えに行き、そのままアインちゃんのお家に遊びに行きました。Sくん、アインちゃん、Hちゃん、キコ、そしてミコ。集まると、本当に賑やかです。

アインちゃんのママは、キムチチャーハン、韓国の寒天みたいなのと韓国海苔のお惣菜でおもてなししてくれました。S君のママのパスタも、Hちゃんママのブラマンジェも美味しかった~。
Img_8696

そしてアインちゃんがプレイグループに行くことで時間ができたママ。お菓子作りに挑んでいるらしく、シュークリームとバナナブレッドまで、出てきました。超びっくり!!どうしたの!?と思わず、聞いてしまうほどでした。

今日ダーリンから面白いことを聞きました。
日本の本部に、彼あての郵便がアンゴラから届いたと、日本から連絡があったそうです。赴任前の二月、出張でアンゴラを訪れた際、名刺交換したので、その時に所属していた部署に届いたそうです。
彼は四月には、アンゴラに着任してますから、その二カ月の間に発送されたのでしょう。となると、一年半位を経て、日本に到着した模様。
封筒には、「この郵便物は、差出国から遅延して到着しました。ご了承願います。成田国際空港支店」とあり、中身はカビが生えていたとか。どういう風な経路で届いたのでしょうねぇ。

ずいぶん長いなが~い旅ですねぇ。郵便物に、どんな景色をみたのか、ちょっと聞いてみたい気がしました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2011/10/05 掲示物は、カメラで撮影

Dsc02653

フランス語、ロゼッタストーンと言う教材を使っています。あ、もちろん、日本からの出張者に持ってきていただきました。マイクつきヘッドホンを使うのですが、発音が…。
レベルがあり、各ユニットごとに「発音」「会話」「語彙」「文法」「リスニング」「ライティング」とあります。

何よりひどいのは私の「発音」「会話」の部分で、どれもある程度の達成すると「完了」するのですが、いつも完了せず「進行中」になってしまいます。完了しなくても、もちろん次に進めるのですが、なんとなく、「完了」したい気持ち。でも発音は仕方ないんですかねぇ。はぁ。

Img_8686

ただ、できないなりに進めて、少しやって思うのは、ポルトガル語と似ている言葉もあるということ。でも発音は、ポルトガル語のほうは素直に読めばいいのに対して、フランス語はどうも違う。こういうものなのか、と覚えていくしかありませんね。

ダーリンはブラジルポルトガル語はとてもきれいな言葉と言います。友達にも「音楽みたいだよね」と言われたり、「世界で一番きれいな言語」と聞いたこともあります。
私は、そう感じたフレーズもありますが、ふぅん、くらいな感じ。むしろ、身内にドイツ人がいて、ドイツ語が身近で、言語として硬い感じがしてカッコイイ!と思っている私。

ダーリンと、そこに関しては対局な感覚をもっているわけです(笑)その私が、必要になってポルトガル語をやったり、フランス語までやろうとしているんですから、人生と言うのは、予期せぬ面白いことがいっぱいですね~。せっかくのチャンスと思って、ガンバレー!私(^-^)

Img_8685

さて、キコの教室の入り口に貼ってあった「掲示物」を見つけました。もちろん読めません。そこでデジカメで撮影。家に戻り、画像を見ながら、Google翻訳に打ち込んで、訳しました。

今週土曜日に保護者会があるそうです。行っても分からないだろうなぁ。でも30分間だけだし、書類が配られるかもしれないし、なによりキコの親だから、行ってみようと思います。

発電機の調子が悪いので、洗い物も増やしたくないし、オーブンを使うお菓子は気が引けて、果物を切って冷凍庫に。それだけで喜ぶキコとミコ。私も美味しく食べれました~♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/04 重たいバック

Img_8666
キコのリュックは、幼稚園生の割に、重たいです。ま、歩く距離は短いし、外では私が持っているので、キコがしょっているのは、フレンチスクールの敷地内だけです。入っているのはお弁当と水筒だけだけど、そこに保冷剤が入っています。
日本だとケーキやシュークリームを買うだけでもついてくる保冷剤。小さいのがないので、日本から持ってきた保冷剤を入れていて、小さめを選んでいますが、やはり重たい。
でも、冷蔵庫がないし、食中毒にでもなったら、大変なので、とにかく保冷バックに入れ、保冷剤を入れて持たせています。
塩分控えめにしたいけど、腐らないように味は濃いめ。子供用のおにぎりだから、塩をまぶさず握っていたけど、今は塩をまぶし、ラップで握って、細菌の繁殖を防いでいます。あんまり神経質になりたくないですが、何かあって病院に行くのも一苦労なアンゴラですから、未然に防げるものは、できるだけと思っています。

Img_8680
さて今日のお弁当はこちら。ウインナーとピーマンを炒めて、ゴマを散らしました。ミコにも同じメニュー。朝ごはんは、ミコは時間が早いせいなのか余り食べないので、キコを送ってから、車の中や家へ戻って、ようやく食べ始めます。ピーマン好きの子供たち、生でも食べてしまうほどです(笑)

日中の気温は30度をゆうに越します。日影や石の床の家の中は涼しいし、子供のお弁当も教室の外の、薄暗い廊下にあるのですが、どうしても気になる私。自分の気が済むまで、やっておこうと思っています。

今朝も6:50に家を出て、7:15開門と同時にキコを幼稚園に連れいていきました。そこから、ミコと卸売スーパーのMEGAとJumboの二か所回って、家に帰ってきたら、10時半。MEGAのいいところは、朝7時から開いていることです。Jumboは8時半からなので、お迎えの前に行っていたのですが、今日は一気に二つ行って来れました。でも、二か所回っても、ピーマンは売っていませんでした。

Img_8684
渋滞、ひどいです。ただ車に乗っているだけなのに、渋滞って疲れます。まだ火曜日なのになぁ。疲労感あるな。

更に疲れることがありました。発電機がイマイチなこと。キャンドルや懐中電灯もあるし、ガスコンロもあるのでまぁ、どうにかなりますが、問題は水。水をくみ上げるポンプが、電気がないと動きません。

ためおきの水もありますが、シャワーや食器洗いも結構骨が折れます。それで、汗だらけの子供のシャワーは最低限でもと思って、5時半にはシャワーにいれました。午後、駐車場に日陰ない中でも、キコとミコは汗をかきながら遊んでいます。
そうそう、ペンキが駐車場の地面におちたところが、めくれてきていて、私がはがしていると、キコとミコもやり始めました。めくるのが楽しいようで、一生懸命に指先を使って、結局全部きれいにはがしてくれました。なんでも遊びにしてしまう子供って、すごいです。

食事も食べてる脇から後片付けを始めた私。おかげで7時半には全て完了しました。いつもより早いけど、なんだかどっと疲れました。結局この日は停電になりませんでしたが、この状況は精神的に非常にやられます。早々と子供と一緒に寝ました。寝て、現実逃避(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/10/03 セロリが食べたいけど

R0011170
セロリが食べたいけれど、この国に来てセロリは食べていません。実はセロリは私の好物の一つです。
高級スーパーに売っていますが、輸入品で、ひと束1400円前後します。紫キャベツは3000円くらい、アスパガラスは850円程度。
今日は、初めてポルトガルからの輸入品のTofuを見つけましたが、袋入りで1400円弱、瓶入りTofuが1800円程度します。

R0011169
このスーパーで私が買うものは、お肉とお菓子に使うブラウンシュガー位です。新鮮な牛ひき肉が買えるので、そのために来ています。豚肉もここなら手に入ります。

それ以外は、庶民のスーパーJumboへ。でもJumboが一番いい。新鮮な国産の野菜や果物が手に入るし、パンもその場で焼いているし、野菜や肉も一通り手に入ります。なので、週に二回はJumboへ通っています。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2011/10/02 サバイバルゲームのような散歩

R0011159朝食の後、うちの近所を家族で歩いてみることにしました。ルアンダは、空き地を公園にしていこうという計画があるそうです。

ダーリンからその話を聞いたあと、実際車から見える空き地が変わり始めました。芝が植えられたり、遊具がおかれるようになっている。たまにキコ達も気がついて、「公園みたい!」とか「ブランコがある!」と言うようになっています。それで、うちの近くの公園に行ってみることにしたのでした。

毎日車で通る道、歩くと、車から見るより、ずっーと汚い汚い。ゴキブリの死骸、糞、生ごみ、使用済みのオムツ、ガラスの破片、側溝には濁った水がたまり、むき出しのゴミの山にはハエが群がり、ブロックの崩れた歩道、落ちたら怪我しそうな大きな穴、鼻をつんざくような匂い。あぁ、これがアンゴラの現実。

歩いて分かります。歩くのは好きです。その土地の空気や風を感じるのは、歩くのが一番。でも、子連れだと話は別。

自分が歩くのも大変ですが、子供たちの足元を見ながら歩くのも大変。壊れたブロックや汚水の周りでは抱っこしないと渡れず、散歩というより、サバイバルゲームのようでした。
汚水の水たまりに、サンダルでも落ちたら、ゲームオーバー=帰宅!みたいな(苦笑)

R0011166
公園に到着すると、中学生くらいの子供たちがどの遊具にもいました。公園はそれなりに立派です。木製の大きな遊具もあるし、ブランコ、滑り台、遊べたら、きっととても楽しそう。「Amor de Praca(愛の広場)」とありました。どんな「愛」があるのよー、とふてくされている私。

子供たちの中から、シネーザ(中国人)という声が聞こえます。もちろん外国人の子供などおらず、キコは遊具が気になるけれど、その中に入る気が起こらないようです。

私達もそこに入れようとは思いませんでした。砂場どころか、至る所にゴミが散乱しているし、「順番を待つ」とか「交代で遊ぶ」とか「小さい子に譲る」とか、そういう公園のマナーがここにあるとは思えません。だって、スーパーでも大人が普通に列に横入りしてくるんですから。

歩いていても、ストレートヘアのキコとミコの頭を突然なでてきます。子供好きのアンゴラ人なのは承知ですが「その手!!ちゃんと洗ってる?」と親として聞きたくなるのです。
もちろん彼らは「かわいい子達!」「お人形さん!」などと言い、好意的なのですが、やっぱり親としては、衛生の観点から、いい気分はしないものです。

ただそこで如実に嫌な顔はできないし、キコ達も驚くので、いつも笑顔で手を払いのけ、「オブリガーダ(ありがとう)」といい、キコ達にも「お姉さんたち、キコ達が可愛いからなでたくなっちゃったんだって。バイバイしてあげてね」と言っています。

私達にも「ニーハオ!」と言ってくるので「私達は日本人なの。ニーハオじゃないの、オハヨーなの」と笑顔で毎回言って歩いています。
R0011174

キコは普段歩き慣れていないので、疲れたといい、私も距離は短いですが、子供たちの足元を見て歩くので、無駄に疲れました。帰りに、高級スーパーに寄って、一呼吸して(笑)帰ってきました。

お昼は、久々に小さい中庭でシュラスコをして、午後は映画を見て過ごしました。脱獄ものの昔の映画「パピヨン」というのをみたのですが、暗い映画はダメですね。この国で見てはいけないと感じました。Happy Endでしたが、多くが暗い場面で、気分が盛り下がります。

この国では、明るい楽しい映画をたくさん見たいな、と思った午後でした(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011/10/01 魚を食べる苦労

Img_8665
今日の夕食は、あじです。ここでは、カラパウといいます。ぜいごをとって、頭を落として、内臓を出して、ふー。ここではお魚を食べるのが一苦労。ほかの魚はうろこをとるのだけで、ぐったり。

冷凍のイワシはスーパーで買えますが、うろこが当然ついています。釣った魚を大きさ(大・中・小)に分けて、1キロごとに冷凍しているだけ。だから、世界の競争に勝てないのよー、ポルトガル製!とぶつくさ文句を言ったところで始まりません。食べれることだけ、感謝します。

生の舌ヒラメを買うこともありますが、当然両面うろこ。お腹にもぎっちりうろこがありました。うろことりと文化包丁とキッチンばさみで、格闘しています。指先をよく流血していますが、ま、仕方ないですねぇ。なかなか上手になりません…。

やっぱりお魚は、食べるとどの魚もとても美味しいので、夕食にお魚は食べたいのですが、この手間が慣れないです。

庶民のスーパーJumboで買うのですが、まずは、魚が新鮮かどうか見極めること。この国は、何より保存方法が怪しいので、しっかりみて、(冷凍でも)鼻を近づけて、チェック。更に、これでもかってくらい焼いて食べています(苦笑)

つい、うろこのない鯵が食卓上る率が高い我が家です。写真は、おいしかったスイカ。とても甘かったです。子供用に一口に切り、種をだしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/09/30 夫婦で夜のおでかけ

Img_8594

今日は初めて、ダーリンに、夜、外に連れ出してもらうことにしました。韓国大使館のレセプションに招かれ、配偶者参加可能だったので、それに連れて行ってもらうことにしたのでした。

キコとミコに関しては、同僚のSさん夫妻にお願いしたところ、快諾してくださったので、有り難くお願いしました。我が家に来てもらい、夕食はホワイトシチューとご飯を用意。デザートは、桃の寒天。お礼のお土産は、自分も食べたかったチーズケーキを作りました。 子供たちはMさんが大好き。ミコは「Mさん、しゅき(好き)もーん」と呟くほど、大好きです。

夕方、久しぶりにフルメイクをして、こぎれいな格好をすると、ミコは「ママ、かわいー」と寄ってくるし、キコには「ママ、きれーい」と言われてしまいました。
いかに日ごろ何もしてないか、痛感。キコは会社員の私も見ていたので、化粧をした仕事着の私も知っているけれど、ミコはその私を殆ど知りません。いやキコだって、記憶にないだろうな。
でも実は自分でビックリ。こんな顔していたっけ?と思って、鏡を見てしまいました(笑)

レセプションは、数人、ダーリンの知り合いと挨拶したりおしゃべりしました。韓国大使館の人は、大使夫妻始め、みなさん日本語で挨拶してくださいました。私はありがとう、だけ、韓国語で。
韓国大使夫人に、「キムチ、美味しかったです。」と言うと、「食べたい時は、電話してね」と言われてしまいました。いや、そんな…と恐縮してしまいましたが、彼女の人柄の良さが伝わり、嬉しかったです。

それにしても、自分のポルトガル語の未熟さをいやって言うほど、感じます。日常生活では、買い物の最中にレジのお姉ちゃんと話したりするくらいで、まともな会話になっていません。単語のやり取りで、会話が成立してしまう。でもこういう場だとやっぱりそれなりの語学力がないと、話にならない。Img_8597

私、サンパウロ2年弱、アンゴラ1年もいて何してるんだろう、と反省しました。そういう刺激を受けたという意味で、今日はとてもよかったかも知れません。

九時過ぎ、家に戻ると、まだ起きている子供たち。「なんで帰ってきちゃったの?もっとMさんと遊びたかった」というキコ。それでも眠るのを我慢していたようで、ほどなく子供たちは眠ってしまいました。
眠いからシャワーも大変で、時間もずれるし、次は行けるかしら?と感じています。

いい気分転換、いい刺激になりました。連れて行ってくれたダーリン、子供を見ていてくださったSさんご夫妻、本当に本当にどうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/09/29 ネット接続悪すぎ


ネットの調子が今週は最悪です。今週は停電も頻度も多く、長時間。今日は朝6時から14時間停電し通しでした。メールはかろうじて、時おり、送受信ができていましたが、ネットはダメ。
ものすごく遅いし、つながったと思うと「表示できません」の文字。ネットで検索しようと思っていたレシピやFacebookもダメ。潔く、諦めました。

でも、嬉しいこともありました。ベルギーに住む仲のいい友達からメールが来たことでした。本当に久しぶり。同じ年で面倒見のいいフランス人の彼女。同じ部署で働いたのが縁で、出張中も夜でバーで飲んだり、マックに走ったり、お昼を食べたり、仕事は大変だったけれど、とてもいい友達になりました。

共通の友達から妊娠したと聞いて、彼女にメールを出していたのですが、本人からその旨を聞いて、とても嬉しかったです。
キコが生まれた翌日に、彼女が来てくれました。キコが初めて会った私の友達で、外国人でした。ちなみにミコも最初に会った外国人はフランス人。何かの縁かしら(笑)
無事に産まれるように、アンゴラから強い気持ちを心から送ろうと決めました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/09/28 ご馳走いっぱいのお誕生日会

Img_8530

こちらに赴任してからお世話になっているHちゃんのお誕生日会がありました。Hちゃんも四歳になりました!狭い駐在員社会、わずかな子連れ家族、どの子の成長も、本当に嬉しいものです。無事に四歳になったこと、本当に嬉しく思います。

今日はフレンチスクールの後、Hちゃんのお家にみんなで集まり、お誕生日会をしました。Hちゃんのママがたくさんお昼ご飯を作ってくれ、それぞれ一品もちより。お誕生日だと高揚感があって、いつも会う時より、なんだか手料理にも力が入るような気がします。Hちゃんのお家用に、私もレバー煮を持参しました。
Img_8536

なんとデザートは、まるでデザートブッフェのような華やかさ!!スフレのチーズケーキとベイクドチーズケーキ、ガトーショコラ、かわいいドーナツと持参のゼリー♪すごーい!!ものすごく興奮しちゃいました。そして、どれも本当に美味しかった。
実は私、チーズケーキがすごく食べたくて、日本だったらコンビニスイーツで手軽に食べれるのに、くぅぅとうなっていたところに、チーズケーキにガトーショコラ!!素敵♪

こうやってそれぞれの子供の成長を喜んで、手料理でお祝いするなんて、本当はすごい贅沢なことです。ま、アンゴラというこの環境が、全てを手作りにさせているのだけれど、材料だって限られている中、時間と手間がかかってるんだもの。すごい。どれも本当の「ご馳走」でした。
Img_8557

夕方、邦人の子供たち全員(といっても四家族六人)と韓国系カナダ人のアインちゃんとみんなで敷地内のお外で遊びました。オランダ人のフォッフォには、久しぶりに会い、キコはとても嬉しかったようです。

走ったり、自転車やキックボードで楽しく遊んでいました。もっと回数を増やして遊ばせてあげたいけど、毎朝早いし、週一回が今の私の体力の限界です。悪いなぁと思いつつ、自分が健康でいることもとても大事なので、しょうがないなと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011/09/27 ゴミに見えても、立派なおもちゃ

Img_8524
キコとミコ、家にあるものは何でも使って遊びます。ボール、泡だててき、木べら、おしゃもじ、ざる、まないた。たくさん保管してある缶詰や瓶詰、ペットボトルの水も格好のおもちゃです。石の床なので、瓶詰の扱いはいつも怖いのですが、まぁ、仕方ありません。

使い終わったストローも洗っておいて、それをキコもミコもチョキチョキ。風船を膨らませて、顔を描いた後は、割ってハサミで切り刻みます。クレヨンも色鉛筆も、料理の材料になっています。

ゴミのように見えますが、本人たちにはカラフルで楽しいおもちゃのようです。私のほうが嫌になって捨てるまで、子供たちは、本当によく遊びます。
Img_8527

ここ数日ネットやメールの調子が悪いです。週末に反政府デモがあると、その翌週から数日Facebookやインターネットの調子が一気に悪くなるような気がします。相互関係があるかは、確かではないけれどね。

明日はお友達の誕生日、もっていくゼリー風デザートをかんてんパパで作りました。お味見で、シリコン型に四つだけ、かんてん液を流してみました。ハート型にできたかんてんに大喜びのキコとミコ。かんてんパパは、ヘルシーだし、便利で、とても重宝しています♪そろそろこれも在庫がなくなるなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011/09/26 お弁当は日本っぽいものだらけ


Img_8522

今朝も号泣のキコ。月曜日だし、まだ二週目だし、仕方ありません。教室に入ってアシスタントにも私は挨拶したけれど、キコは私を見たまま「やだ!やだ!やだ!ママと一緒にいたいの!」を連発。日本語が分からなくても「やだ!」が「ノン」を意味するのが、きっと誰にでも分かるほど、彼女は大声で泣いていました。クラスメイトが集まってきてくれましたが、余計にキコは泣いています。

それでも笑顔で「ではね、いってらっしゃい!」とハグしてキスして別れました。先生が「まだ二週目だから。(日本人の)Hも同じだったわよ」と英語で言ってくれました。泣かれるのは、つらいですねぇ。でもこればかりは、本人が乗り切らないといけません。

今日のおやつは、アンパンマンクッキーと煮干しとアーモンド。そしてお弁当は、梅、鮭フレーク、ゆかりのおにぎり、そして昨日の夕食の残りのヒレかつが入っています。お米と豚ヒレ、卵、小麦粉、水と油、トマト以外は、すべて日本からのものです。ヒレかつのパン粉だって日本のです(笑)

キコが喜ぶもの、となると、やっぱり日本の食材を使ったものが多くなります。でも限界があるから、いつもとはいかないのが申し訳ないんだけど、できるだけ、ね。
Img_8363

さて、迎えに行って、校門が開くのをミコは抱っこで待っています。帰宅ラッシュで渋滞がひどいので、少し遠くに停めて運転手を待たせ、歩きます。
ひどい土道で、車道と歩道の境界がはっきりしてないので、ミコは抱っこです。抱っこのミコに「キコは泣いてるかなぁ」と聞くと「キーキー、だいじょうぶもん」と返すミコ。

お迎えに行くと、第一声が「ママ、お肉美味しかったよ!全部たべちゃったもん♪」朝、泣いていたのが嘘みたいです。ミコの言うとおり。姉妹で通じあってるのかしら(笑) キコは同じクラスに、気になるお友達ができたようです。名前も分からないようだけど、いいことです。 
先生が「アドマ(また明日)」というと、さらっと「アドマ」と返すキコ(^-^)少しずつ成長して、あっという間に私を抜いていくんだろうね~。  

お昼に帰ってきたダーリンがミコに「来年、一緒に行くの?」と聞くと「ミーミー、いくよぉ」と嬉しそう。次女つよし(笑)
私はキコに「どうだったの?」ときくと「楽しかったー」との返事。「明日も泣くの?」と聞くと「うん、泣くの~」笑って言うキコ。あはは、仕方ないね~。

ぬり絵は、キコが初めて持ち帰ってきた作品。それにさっそくミコが手を加えてしまいましたが、上手にできました。

| | Comments (255) | TrackBack (0)

2011/09/25 フランス語さがし

Img_8492

家のテレビでフランス語チャンネルを探しました。オフィス兼住居なので、オフィスのテレビも見てました。こちらはフランスのNHKみたいなTV5が映ります。
でも居間のテレビは映らず…。結局、中国テレビのフランス語版がありました。少し見ていたけれど、字幕でフランス語が流れると、音声は中国語。

オフィスのテレビでは、英語の子供向け放送があり、キコはそれを見るのが大好きです。でも英語なので、しばしやめようと思っています。
手もとにあるDVDをさがしてみたけれど、中国で買ってもらったDVDも日本のDVDも、日本語、英語、中国語、あっても韓国語くらいで、フランス語はありませんでした。残念。

英語で一年親しんだキコ、色や数字、動物などは英語と日本語が出ます。英語は意識的に与えないようにして、日本語とフランス語、あってもお手伝いさんや運転手、ローカルスタッフとのポルトガル語かな、と思います。
でも、私がママ友と話すのは、日本語または英語ですから、英語を排除するのは難しいよなぁ、とも感じています。ふぅ。

午後は、パリを舞台にしたDisneyの「レミーの美味しいレストラン」を観ました。背景はフランスだけど、こちらも英語か日本語の選択しかできず、日本語で観覧。その間に、キコはダーリンに髪を切ってもらい、すっきりしました!

写真は、日差しが強くなった午後、駐車場で遊ぶキコとミコ。気温も一気に上がり、私は暑くて外にいられない時間です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/09/24 食後のデザート、なぁに?

Img_8376

家族でおうちでお昼ごはん。Vihno Verde(若いワイン)の白を飲みながら、シーフードパスタを食べました。ポルトガルからの輸入のVinho Verde、微発泡で冷やして美味しいワインです。世界一物価の高いアンゴラですが、アルコールは安いです。今日は国産ビールが一瓶330MLで65円位でした。

食事は終わったけれど、ワインが余っているので、ナミビアで買ってきたチーズ(南ア産)とオリーブ(ポルトガル産)を食べながら、午後を過ごしました。あら、あっという間に一本あいちゃった。

お昼の片づけの後は、キコが食べたいと言っていたドーナツを作りました。簡単なんだけど、揚げたてが美味しいし、ダーリンも好きなので、家族がそろった週末に作りたいと思っていました。ドーナツを食べてご機嫌な娘たち。

Img_8415
夕方、海辺にお散歩に出かけました。まるでブラジル、リオの有名なイパネマやコパカバーナのビーチのようなつくりです。外国人も多く、お散歩したり、ジョギングしたりしています。

キコは砂浜に持っていくレジャーシートを持ってきましたが、目の前で男性がおしっこをしたり、怪我をしている犬がいたり、犬のふんがあったり、割れた瓶、ゴミが散乱していて、砂浜に降りるのを、私が禁じました。あまりに汚くて…ごめんね。

そして、狭いアンゴラの外国人社会。キコをフランス人学校に紹介してくれたフランス大使館員と奥さん(ブラジル人でした)と会ったり、UNHCRのMaryさんとリリちゃんにも会いました。たった30分居ただけなのに。

そのあとシェウーでお夕食。シェウーのおかみさんから、ほうれん草やニラ、チンゲン菜を頂きました。ありがたく頂戴して、お友達にもおすそ分けしようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/09/23 「よい週末を」in 仏語&ポ語

Img_8371

キコを迎えに行ったら、教室で寝ていました…。他の子も数人、テーブルにつっぷして寝ていました(笑) 先生は、英語で「今週始まったばかりだから、キコは眠って自然よ」と言ってくれました。
キコのことを英語で聞くと、朝はちょっと泣くけど、そのあとは楽しそうよ、と英語で言ってくれました。キコも朝は「行きたくない」というけど「先生は大好き」と言っています、というと先生もにっこり。

その間にキコは目を覚ましてくれました。よかった。ミコは抱っこ紐でちょうど眠ってしまっていましたから。10キロのミコと16キロのキコを抱っこするのは、数分は可能でも、それ以降は無理です。

先生から「よい週末を!」ということを言われたような気がするんだけど、聞き取れないし、話せないし、ポルトガル語で「Bon fin de semana!(ボンフィンヂセマーナ)良い週末を!」と言ってみました。後からフランス語だと「Bon fin de semaine(ボンファムドゥスメーヌ)」だそうです。字にするとすごくに似てるー!!
Img_8442

今の私はこういう時に出るのは、今はやっぱりポルトガル語。たいしてできないのに不思議です。英語にしたりポルトガル語にしたり、どの言語も中途半端だから、ごっちゃになります。悲しい。

写真は、午後にキコと作ったケーキ。昨晩残した桃を入れました。こっちの桃は当然輸入品で、高いです。一キロ1400円位。二玉買うと7-800円になりました。美味しくて高いのは仕方ないけど、甘くないし、子供は残すし、でも高いお金を払ったら捨てるのは惜しくて、ケーキに入れました。

作っていると、「お手伝いって楽しいなぁ♪」というキコに負けじとミコも寄ってきます。逆に調理しづらく、タイミング良くやらないと分離しそうなこともありますが、どうにか成功(笑) 桃は熱を加えたら、とろりとして美味しくなったよ♪よかった~!

| | Comments (17) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »