« 2011/12/05 また会う日まで | Main | 2011/12/06 アンゴラ脱出 »

2011/12/06 アンゴラのこと+環境少々

Dsc02696

10代のころ、私は環境問題にとても興味がありました。実際、SBWという高校生のグループや、A SEED JAPANに身を置き、世界の学生や活動家たちとWashingtonDCでデモをしたり、ワークショップに参加していた時期がありました。野外コンサートでの環境ボランティアも、10年近く携わりました。

いろいろご縁があって、今回は、環境に少しでも関することがあればと声をかけていただき、ブログに書いてみることにしました。お話を頂いたのは、エコ・リーグという団体です。

私は今、四歳と二歳の姉妹の親で、夫の赴任に伴って、ブラジルに続いて二カ国目になるアンゴラ共和国に駐在しています。

アンゴラの環境問題といっても、生活のことで精いっぱいの私。無計画停電、無計画断水、ネット不通もたびたびあります。発電機があるし、貯水タンクもあるので、死ぬほど大変ではないのですが、そのそれぞれに色々とエネルギーがいります。

生活と関連して、身近なところでは「ごみ」についてでしょうか。ゴミは、分別もないし、ゴミ回収車がいつ来るか分かりません。私自身がゴミ集積所に行くことはなく、週三回来るお手伝いさんや、24時間常駐の警備員が、ゴミを捨てに行ってくれます。

車の移動が基本で、車から見える集積所は、目も当てられないほどです。そこから物をあさっていくひとも、もちろんいます。ペットボトルや金属だけ、取っていく人も見えます。そんな風に眺めているのは、ルアンダ(アンゴラの首都)はひどい渋滞で、すいていたら15分の距離が、渋滞で1時間かかることも日常的だからです。

ルアンダ市内は建設ラッシュ。石油が出て、経済的には潤っています。街の中は舗装が進んでいます。ブラジル系の建設会社が、工事現場に色の違うゴミ箱を置いているのを見たことがあります。でも、それがちゃんと使われているのかは、見たことはありません。

分別する、ということ以前に、ゴミをゴミ箱に捨てることが、まずできていません。歩道に車道にもゴミが落ちています。側溝には汚水がたまり、ネズミの死骸を見つけることもあるし、汚物だらけ。
男性の立ちションも何度となく見ているし、歩道に出てまず感じるのが、し尿臭さです。

アンゴラは独立後35年、終戦後10年満たない国。私自身が戦後を体験しているわけではないのですが、戦後の混乱期とはこういうものなのかな、と慮り、生活しています。

初めて、こちらを読んでくださった方へ、ご興味があれば、前後のBlogも覗いてみてくださいね。

|

« 2011/12/05 また会う日まで | Main | 2011/12/06 アンゴラ脱出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/53421867

Listed below are links to weblogs that reference 2011/12/06 アンゴラのこと+環境少々:

« 2011/12/05 また会う日まで | Main | 2011/12/06 アンゴラ脱出 »