« 2011/12/30 初めての自転車、久しぶりの鯛焼き | Main | 2012/01/01 お正月料理満喫 »

2011/12/31 日本で迎える大晦日

Imgp2025

午前中、家族でダーリンのパパの畑に出かけました。土に触れる機会のない我が家。以前の通っていた日本の保育園では「食育」があったり、お芋掘りなんかも秋のイベントして考えられるけれど、アンゴラではありません。

冬の畑には、ブロッコリー、芽キャベツ、ヤーコン、紫キャベツ、ターサイ、大根があり、キコはじぃじと楽しそうに畑仕事に関わってみました。
芽キャベツって、茎に直接くっついているんですね。冬の冷たい風を避けるように、ターサイは地面にぺったりと這うように葉が生えているんですね。どちらも初めて知りました。
ブロッコリーは、新鮮でものすごく美味しそうです。私はものすごく興奮してしまいました。Imgp2050


お昼は、近くのお蕎麦屋さんへ。キコは一度味をしめた「お子様セット」。選べるおもちゃで、ネックレスをもらいました。お子様セットを頼んでいないミコも選び始めたので、これはキコだけ、というと、お店の人が「どうぞ」と言ってくださり、ミコもネックレスを選びました。

満足のお昼ご飯でした、だって1000円前後で美味しい蕎麦やうどんが食べれるんだもの。日本って本当に物価が高いのかしら。

午後は、近所のイオンのショッピングモールへ。買い忘れた薬やちょっとしたものを買いました。友達が教えてくれたお湯で落ちるマスカラ。メイク落としが一般的でないアンゴラでは、有り難い一品なので、二本購入しました。

そのあと、新卒で勤めた金融機関の同期と会いました。ご主人の実家が、ダーリンの実家と同じエリア。年末はご主人の実家で過ごすとのことだったので、もし都合がつけば…と連絡をしていました。
久しぶりに会って、変わらない彼女。彼女はオランダに駐在していたので、その時のことを話してくれました。
Imgp2067


私がおしゃべりをしている間、キコはソフトクリームの食べ収め(笑)今回どれだけアイスを食べたでしょう。でもアンゴラでは普通に食べれないので、いいんです。
モールの中で乗る子供用のカートも、キコには懐かしいもの。年齢的には既に小さい気がするけれど、とても楽しそうにしていました。
日本では、日本にいたら普通にできることを、凝縮して楽しむ滞在でした。

お友達家族と別れ、彼の実家へ。お風呂に入り、夕食です。夕食は、お節を頂きます。彼の実家では、お節を大晦日に食べる習わしがあります。

今年はお節のお重を頼んだそうで、アワビや鴨肉などが入った豪華なお節を頂きました。キコもミコももちろん私も、美味しく頂きました。母子ともに一番好きだったのは「黒豆」でした(笑) あとイクラ。
美味しいお酒も味わい、とっても充実した時間を過ごしました。

紅白歌合戦を見て、途中でキコとミコを寝かせ、「ゆく年、来る年」まで見て、大晦日を終えました。日本にいて、テレビをゆっくり見る時間もありませんでした。
それよりやりたいこともいっぱいあって、テレビを見ている間も惜しんで動き回っていた感じでした。Imgp2081

今年一年が終わりました。私は地震も体験しなかったし、放射能から子供を守る親の気持ちもわからないまま、日本に帰ってきました。
紅白歌合戦を見て、歌手の皆さんが「歌でお返しできる」というのを何度も聞きました。

年取ったのかもしれないけれど、どれもよく、どれも涙がでました。ユーミンの「春よ、来い」なんて、本当に良かった。日本を、日本のこれからを強く信じることができた歌ばかりでした。
歌に力があるなぁって、歌って力になるなぁってしみじみと感じちゃったもん。

今年一年、一緒に生きてくれたダーリン、キコ、ミコ。
離れていても、帰ってきても絶え間なくいつも応援してくれる両家両親はじめ家族、そしてお友達。
本当にありがとうございました。

|

« 2011/12/30 初めての自転車、久しぶりの鯛焼き | Main | 2012/01/01 お正月料理満喫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/53806469

Listed below are links to weblogs that reference 2011/12/31 日本で迎える大晦日:

« 2011/12/30 初めての自転車、久しぶりの鯛焼き | Main | 2012/01/01 お正月料理満喫 »