« 2012/02/19 喜べないアンゴラらしい日 | Main | 2012/02/21 カーニバル休暇 »

2012/02/20 ホッと眠れた夜

R0011766

明け方、電気が戻っていました。
四時半でもまだ真っ暗のルアンダの朝です。暗くて嫌だけれど、燃料が惜しいので、発電機を止めに駐車場に出ました。
すると、警備員が段ボールを敷いて、横になってぐっすり。私が発電機を操作しに来たのも気がつかないほど。それじゃあ、泥棒がすんなりと入ってきちゃうよ。ってルアンダはそのくらいの治安なわけです。良くも悪くも(苦笑)

いつもキコはダーリンと徒歩登園。でも、ダーリンが出張中なので、ミコを連れての徒歩登園は私にはできません。それで、渋滞を見越して、徒歩で出発するのと同時刻6:50に、運転手に来るように言ってありました。
R0011738

案の定、運転手カルロスは遅刻。一度目の電話は(こちらかかけるのですが)、あと10分で着くといい、10分後にはもうすぐだといい、合計17分の遅刻。
今日は明日のカーニバルの休暇なので、アンゴラの学校はお休み、連休にしている人も多いようで、市内の道が空いていたのが幸いでした。カルロスが遅刻の理由を「交通渋滞で」というのが、嘘に感じてしまいます。だって、お手伝いのアナさんもいつもより早い到着でしたから、近郊含めて、渋滞がなかったのでは?と思うんです。

キコが始業に遅刻しなかったから良かったけど、遅刻したら、私は相当怒っただろうな。遅刻する前に、車を降りて走ったかも(苦笑)

午前中もまた停電。ここで生活を守るのは、本当に大変ですね。

R0011768


ぐったりとした気持ち、それを盛り上げてくれたのは、ベルギーにいる友達の出産でした。
無事に生まれた女の子、アナベルちゃんといいます。ミコの七五三の時、明治神宮で買った安産守りを、病室まで持って行ったと写真付きでメールをくれたご主人。
私は特定の宗教を持っていません。けれど、多くの神様に感謝しました。

保育園のミコのクラスメイトからは、お母さんが出産直後に亡くなっている話を聞きました。信じたくないような悲しい話を他にも知っています。
R0011771


太古から続く出産と言う営みが、未だに、命がけだということを感じて、母子が無事である、ということが、どれほど奇跡的なのかと思うようになりました。
だから、母子ともに無事であることが、本当に嬉しかった。

ダーリンも出張から無事に戻り、アボガドとトマトをお土産に買ってきてくれました。今日はホッとして眠れそうです。

写真は、ダーリンが出張先のマランジェやその途中をで撮影したもの。若いアンゴラ人は、自分たちを撮って!というそうです。そしてレンズを向けると、真横を向いたり、不思議なかっこつけ顔をして待っているんだそうです。キメのポーズが、横顔というかほぼ後頭部のような…。

|

« 2012/02/19 喜べないアンゴラらしい日 | Main | 2012/02/21 カーニバル休暇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/54074224

Listed below are links to weblogs that reference 2012/02/20 ホッと眠れた夜:

« 2012/02/19 喜べないアンゴラらしい日 | Main | 2012/02/21 カーニバル休暇 »