« 2012/03/01 日常の中にある会話 | Main | 2012/03/03 ひなまつり »

2012/03/02 言葉は二の次

Imgp3304


朝5時、ダーリンはマテウスと、地方都市マランジェに日帰り出張です。
マランジェでは、日本の支援で「理数科教師育成」の講習会があり、今日はその閉校式とのこと。つまり、理数科(数学、生物、科学、物理)の先生を育てるための講習会。
教育は地道で地味。すぐ目に見えて変化が出るわけではないです。
インフラ整備も急務だけれど、同時に教育こそアンゴラに必要なものだと、私は感じています。世代が変わらないと成果が出ない、先の長い話だけれど。

今日は、邦人の奥様方と子供達と仲良しの韓国系カナダ人、中華系シンガポール人、そしてイスラエル人の母子が集まって海辺のレストランTamarizに行きました。

人数が多く、言いだした私が、取りまとめになっていたので、念のためダーリンに昨日のうちに電話をしてもらいました。にもかかわらず、到着してみると、話しと違うことばかり。

そして南アのゾマ大統領が来ていた影響か、とにかくひどい渋滞。12時に到着予定で、11時に家を出たのに、1時間半。ぐったりしているところに、追い打ちをかけるように、ランチは15時半からだとか、屋根のある席は座るな、とか、
もう最悪でした。Imgp3336


それでも人も徐々に集まり、食べ物も出てきて、一息。私は最初から、生ビールで一人乾杯していました(苦笑)

日本語、中国語、韓国語、ヘブライ語、英語、フランス語、ポルトガル語とさまざまな言語が飛び交う中で、子供たちは言葉など関係なく、思い思いに楽しんでいたようです。

こんな国だし、一日でも楽しい日が増えたり、誰かと「大変だよね」と愚痴り合える人が増えれば、いいなぁと、私は勝手に思っています。それで結果、それを押し付けた形になってしまったような気もしていました。
でも、子供たちはとても楽しそうだったし、お礼のメールも頂いたので、良かったかなぁと思っています。
皆様、今日はありがとう、そしてお疲れさまでした。

|

« 2012/03/01 日常の中にある会話 | Main | 2012/03/03 ひなまつり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/54168000

Listed below are links to weblogs that reference 2012/03/02 言葉は二の次:

« 2012/03/01 日常の中にある会話 | Main | 2012/03/03 ひなまつり »