« February 2012 | Main | April 2012 »

2012/03/23 お友達のお家へ

Imgp3948_2

幼稚園の後、リャンホンさんのおうちにお招きいただきました。日本人も数人住んでいるマンションの最上階。二階があるドゥプレックスと呼ばれる仕様です。
妊婦の彼女は来週末には、ドバイを経由してシンガポールに向かいます。そこで、出産して、年内にはアンゴラに戻るそうです。

シンガポールに行く前に来てほしいと言われて、遊びに行きました。
お昼は、ひき肉とお野菜のリゾットとお豆のミルクスープ。美味しかった~。人の作ったご飯は、とてもおいしいです。いつも日本語で「おいしいぃ」と言う私。何度も言うので、きっとみんな「オイシイ」という日本語を覚えてしまうでしょうねぇ。
Imgp3939

彼女はなんとザーサイを出してきてくれました。年末に行ったシンガポールで買ってきたもの。嬉しくて、「大好きなの~」と言って食べると、フランス人のご主人が顔を歪める話をしてくれました。食文化は、なかなか難しいものがありますよね…。
彼女の作るティラミスもとてもおいしかったのですが、ご主人の好きなデザートで頻繁に作るんだそうです。イタリア系フランス人のご主人ですから、納得です。

キコとミコは、男の子のおもちゃで楽しそうです。トーマスを走らせたり、自動で動く車に乗って、広いお部屋をぐるぐる。二階のたくさんのおもちゃでも遊んでいました。
キコ、ヴァンサン、ミコ、アントワと四歳から一歳までちょうど並ぶので、見ていて、その動きがおもしろかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/22 歩いて往復


Imgp3922_2
おととい、運転手のカルロスから、「木曜日はどうしてもこれない」と言われて、一枚の紙を見せられました。どうもどこかの組織からの招待状なのですが、日付と時間、そして彼の名前が書いてありました。突然見せられて、分かる私のポ語レベルではありませんから、ひとまず来れないことだけは確認しました。
結局、この日は、どうすることもできないので、ミコと一緒に歩いてお迎えに行くことにしました。

お友達に同乗させてもらうこともよぎりましたが、毎日無駄に渋滞した中を、送迎しているママ友の疲れを考えたら、私が頼むことで、車に乗っている長さは増えるでしょうから、自分が歩いていくことのほうが気が楽でした。

キコは毎朝ダーリンと徒歩登園していますから、私だってできるはず。ミコがいるけど、ミコは最近、歩きたくて仕方ないから、ちょうどいいかも、と思っています。

そしてミコがいることで、逆に私は安心して歩けます。子供を連れた母親を狙うほど、民意は低くないと分かるからです。もちろん、油断大敵ですけれど。
幸い、昨晩雨が降ったので、気温は少し下がり、くもり空。歩く気温としては、ちょうど良かったです。

キコを迎えに行くときも色々声が聞こえていましたが、無視。帰り道、両手にキコとミコを連れている状態なのですが、「シネーザ(中国人)」とたくさんの声が降ってきます。
「ボネキンニョ(お人形さん)」「アミーガ(お友達)」「ボニチンチョ(かわいこちゃん)」「シネーザペッケーノ(小さい中国人)」などなど。

犬のふんに注意しながら、水たまり(雨水とおしっこ)を避け、足元を気にしたり、背後を振り返ったり、とにかく必死の私は、どんな声も無視していましたが、耳に入ってくるには違いありません。
さすがに最後の最後にブチ切れ。「シネーザ」といわれ、「ジャポネーザ!!」と返しました。
それでも「ヴィエトナミン(ベトナム人)」と言ってきたので、「私達は日本人よ!日本人と言いなさい」と言い放ってしまいました。
しぶしぶと「ジャボネーザ」と言った少年…。Imgp3918

無事に家について、反省。ごめんねぇ。いい方、悪かったよね。日本人を知らないのかもしれないよね…自己嫌悪。私の顔はかなり怖かったと想像します。

この日は、ダーリンの組織の出張者が、おうちで夕食することになっていました。私はもてなし料理はできないし、自分が出されて嬉しいものを出しました。
やっぱり、カレーライス♪駐在の奥さんが作る料理とは思えないでしょうが、私はカレーライスが大好きです。嫌いな人もいないし。それで、お鍋いっぱいに作っておきました。
デザートは子供と白玉団子を作っておきました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/03/21 午後5時から工事

Imgp3909

ネットがつながらない生活は、まるでネット中毒者の発言みたいだけれど、結構つらい。
すぐにネットがつながる予定だったけど、モデムが完売で入荷待ちだったりして、週末に手に入らなかったから。

ネットがつながらないと、最初はいい面も多少はあって、手つかずの場所の整理整頓ができたりするんだけど、それも数日つながらないと、そもそもやる気も失せるもの。
ダーリンも年度末や調査団で忙しいから、会話をしていないし、そうなると、Blogの更新やFacebookやメールのやり取りがないと、アンゴラの生活の閉塞感を、過剰に感じるばかりです。

さて、子供たちは夕方5時にはお風呂に入るのだけれど、今日はその時刻に、部屋のメンテナンスが突然やってきました。
直前にダーリンから電話があり、脱いだ服を慌てて着た私。断ることもできるけれど、アンゴラですからね。次にいつ来るかわからないのです。そしていつかは必ずやらなくてはいけないのなら、さっさとやってほしいと思いました。

詳かいポ語は聞き取れませんが、何を直したいのかは分かりました。私は「日本人の家なので靴を脱いでほしい」と頼み、工事業者でごっつい靴を履いている人は、明らかにためらう顔をするので、スーパーの袋を持ってきて、これを使ってと頼みました。Imgp3953

アンゴラ人もポルトガル人も、私が裸足なのを見て、理解してくれました。結局ほぼ1時間余りかかり、人も何人も出入りするし、脚立は各部屋に入るし、本当に落ち着きません。
お風呂場にいる子供を放置するわけにはいかないので、それもまた私の気を荒立てました。
昨日は電球を直しに来た人がいたし、明日もくるんでしょうねぇ。家にいても、気持ちが落ち着きません。

睡眠の中で、自分を解放しようとしているようで、温泉旅行に行っている夢を見ました。正確には、温泉地に向かうウキウキした自分を夢の中で見ていたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/20 生理的に怖がる

Imgp3859

オフィス兼住居だった時は、オフィスの掃除は週三回、その時に、うちも掃除をしてもらっていました。費用はもちろん、折半でした。新しいお家に来て、週一度、お手伝いさんを入れることにしました。

オフィスに行かない日、うちに来てもらうことにしたのです。そのアナさん、エレベーターに乗ったことがないようで、エレベーターが怖いと言ってきました。
電気が止まった時のことや、階段の場所、エレベーターの操作方法も話しましたが、怖いと何度も言っていました。

私はアンゴラだから(停電したり、技術者のレベルの問題で)、エレベーターが怖いのですが、彼女の言う「怖い」は、生まれてからずっと平屋の環境ですから、生理的に怖いがっているような印象を受けました。
ちなみに、運転手のカルロスも同じような印象を受けます。地下の駐車場に行くだけなのですが、結構ビビっているかんじが伝わってきますから。

Imgp3867

さて、先週から、幼稚園含みフランス人学校は、とても賑やかです。
先生に言われて提出した「0歳から今までの一年ごとの写真」が短冊のようにたなびいていたり、風船アートに自分の詩を描いていたり、先日教えた日本語の、生徒の作品や一緒に撮った写真、アラビア語や中国語の生徒の作品もあります。

日本語を知ってもらう機会を得た後、クラスの子供たちから「ティーチャー(英語で:笑)」とか「マダム」とか声をかけてもらえるようになりました。一人でいっぱいいっぱいだったけど、認識してもらえるようになったのは、嬉しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/19 家電の取扱説明書

Imgp3907
部屋の冷房と液晶テレビはTOSHIBAだけれど、それ以外の洗濯機、オーブン、コンロ、冷蔵庫、流し、電子レンジは、イタリアのARISTONというブランドで統一されています。
有り難いことに、説明書には英語があり、シンボル化されたマークは、私には一目見ても分からないけれど、説明書にちゃんと「説明」がありますから、理解できます。

そう考えると、日本の説明書ってすごいです。前の家は、冷蔵庫がLGだったのだけれど、どの家電より立派な説明書でした。イラストと文字で分かりやすく、素敵でした。やっぱりアジア♪でも冷蔵庫なので、そんなに説明はいらなかったんですけどね。

ひとまず、よく使う機能だけは、一通りやってみましたが、体得するには時間が必要です。それまで説明書をひらいたままにしておきます。

今日は初めてダーリンにお弁当を作りました。といっても、前日の残りを詰めただけですが、お弁当を作ることも考えて、
一日を回さないといけませんね~。あー、日本の便利な食材が恋しいです。でもないので、やはり夕食を多めに作って、
お弁当のおかずにするのが、一番ラクですね。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2012/03/18 さっそく階段!地下2階から地上7階まで

Imgp3876
朝、家族でエレベーターで地下二階におりました。駐車場があるからです。
降りた途端に、停電。こういう場合、エレベーターってどうなるんだろう、と冷静に降りたばかりのエレベーターを見ていると、ほどなくして、エレベーターが開いて「階段を使うように」というサインが出ていました。
駐車場も非常灯だけしか点いていない状態だったのですが、非常電源でエレベーターは近くのフロアに停まってくれるようで、安心しました。

車に乗り、駐車場のドアまで来たのに、ドアが開かない。手でドアを叩くと、警備員の声が「電気がないんだ」。そんなことわかってるよ、マニュアル対応してくれ~と思ってドアをたたいたけれど、そんなことできないのが、アンゴラ。
結局、車を元の位置に戻し、地下から地上階まで階段であがりました。そこで警備員に発電機のことを聞くと、「マンションが新しいから調整中で、今、発電機の技術者は、こっちにむかっている」とのこと。
でも、その技術者がくるのは、あきらかに時間がかかる場所だったので、仕方なく、7階まで家族で上がりました。いやぁ、いい運動です。子供たちが自分の足で歩いてくれるし、楽しそうにしてくれるのが幸いでした。

部屋について30分ほどしたあと、発電機で電気が戻り、無事に外出できました。部屋についても、電気がないので冷房が使えないし、冷蔵庫の冷たいお茶でクールダウンというありさまです。

Imgp3895
買い物のあと、お昼は、中華レストランシェウーへ。
ダーリンのオフィスに、先週着任した方があり、歓迎会をしました。バリバリのキャリアウーマンかと思いきや、いい意味で普通の素敵な女性でした。
邦人が少ないうえ、年上の女性がわずかしかいないので、色んなお話が聞けるのが楽しみです♪

ランチの歓迎会の後、私と子供達は、キコのクラスメイトのセイシー(英語だとチェルシー)のお誕生日会に行ってきました。プールサイドでしたが、うちは水着を忘れて、入れませんでした。でもそれで良かったかも…なんて思うほど、アンゴラ人が多いプールでした。
他にもクラスメイトのアネエルやシュタニシュラス、ラファエラもいたし、出前ポップコーンや出前綿菓子があり、キコはかなり楽しかったようです。

炎天下にランチブッフェが出されており、「好きに食べてね」と言われても、もちろん手が出ません。「お昼を食べてきたばかりなの~」とやんわり断り、飲み物だけ頂きました。
花火がついて、シャンパンがあいて、お誕生日ケーキが出てきました。差し出された一切れ、キコもミコも「おいしくないから、いらない」と食べる前にいいました。
過去にこの手のを食べてるからなのですが、笑顔で出されたら、受け取るのが大人ですから、私は一口頂きました。暑い国で食べるにふさわしい糖度でした。

ダーリンはその間に、残った荷物を引き取りに、前のお家へ。子供たちが遊んだ駐車場には、会社の車が三台入って、遊ぶ場所など、もう残っていません。オフィスのスタッフも増えてきていて、引っ越しは、ちょうどいいタイミングだったのだなぁと感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/17 自動着火のガスコンロ♪

Imgp3906

午前中、適当な朝食をとり、家として住んでいたところへ行きました。既にもうがらんとした居間ですが、まだ片付ける余地があり、何度かダーリンに往復してもらって、ひと段落つきました。

外食する気力も体力もなく、お肉を焼いて、フライドポテトを揚げて食べました。いつもはオーブンで油を薄くかけて、焼く「フライドポテト」だけれど、そもそも家電の使い方がまだ分かりません。

ガスコンロだけでできる調理に限ります。そうそう、なんと素晴らしいことが!!ガスコンロの着火が、自動なんです☆
って、日本は全て自動だと思いますが、前の家は、一番小さくガスを出して、マッチで着火していました。
マッチは南ア製のものなのですが、とにかく質が悪い。火薬のつき方もまばらですし、柄が折れることもしばしば。でも他に選択肢がないから、しかたありません。
そのマッチで着火していました。多分、私、自分の人生でこれほどマッチを身近に感じたことは有りません。昔はマッチが怖かったけど、すっかりできるようになりました。
自動着火が嬉しくて、ついガスコンロばかり使ってしまいますが、こちらはガスボンベなので、電気をメインに使おうと思います。

夜な夜な家電の説明書を開いて習得しています。有り難いことに、英語の説明があります。
まずは洗濯機。乾燥までやってくれてしまったのですが、そもそも乾燥は不要。乾燥をしない場合の説明書きが、明記されていませんでしたが、マークをダーリンと解読して、行きつきました。
今回の洗濯機はイタリア製です。前も欧州製でしたが、洗濯機にあるマークの説明がない。しかも確かポ語とその国の言葉だけの説明書でした。
彼らの国では、そのマークが一般的なのかと思ったけど、あまりに不親切ですよねぇ。あれも試行錯誤でした。洗濯を無事に終えて、眠りについた私たちでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/16 引越できました


Imgp3904

引っ越しができると、ダーリンに言われてから一カ月とちょっと、ようやく本当に引っ越しができることになりました。オフィス兼住居に住んで、1年八カ月。オフィスとお家を分離しました。
ここには、引っ越し業者などいないので、自分たちでやります。午後は、ダーリンが半休を取り、運転手を使って、2回往復。平日は渋滞がひどいので、まったくなんでも時間がかかります。

新しいお家は新築で10階建てのマンションで、7階です。地上階には銀行が二つ入っていますが、プールはありません。居間は弧を描いていて、海も遠くに少し見えるし、幼稚園も、よく行くスーパーJUMBOも、飛行機もよく見えます。居間は、全面ガラス張りなので、景色はとてもいいです。
ここにカーテンがないのが問題で、家主にカーテンをつけることを求めたのが、長引いた理由ですが、カーテンがなかったら、そもそも丸見え。住める状態は、カーテンあってこそです。Imgp3854

私達のアンゴラの生活に初めて登場した「バスタブ」に我が娘達は大はしゃぎ。お湯につかって喜んだのも束の間、停電!!
電気が戻らず、そのままバスタブで家族揃って「湯あみ」して、眠りました。それでも、泣かない子供たちは有難いですね。アンゴラで培った生活力、子供たちは身に付いてます。
電気が戻ったのは、二時間後。消し忘れの電気で目が覚め、ダーリンと片づけを始めました。

一戸建てと違って、自分たちで発電機を動かせないなどのもどかしさを感じます。何も引っ越し当日に、2時間停電にならなくても…と思いましたが、アンゴラですからね~。最初にガツンと学んでおいて、良かったと思っています。

Imgp3860


それにしても、アンゴラの生活の中で、初めての「蚊帳なし」に気持ちよく眠れました。でも心配で、やはり殺虫スプレーは欠かしません。蚊は、5F以上の高さだと、人が連れてこない以外は、入ってこないそうです。
でも、一応ここはマラリア汚染区ですから、殺虫スプレーと長袖長ズボンは守っています。

写真は、今日「春の詩の祭典」で、飾られた学校内。幼稚園の子供たちは、写真でテーマ「子供時代」に参加です。生まれてから今までの写真を一年ごとに飾ってある様子です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/15 お友達に会う最後の日


Imgp3812
午後、邦人のお家に遊びに行きました。年の近い子供のお宅で、まだ下の子が1歳を過ぎたばかり。食欲旺盛な子供たちに食べさせるママは、必死です。
それでもケーキを作ったり、美味しいランチを作ってくれたり、自分の子供以外にも気を配ってくれたり、十分すぎるおもてなし。帰りがけにはいつも「バタバタでごめんなさい」というけれど、それが自然ですから。バタバタしなかったら、それは魔法使いかなんかに違いありません。

3時半過ぎ、他の邦人のママとお子様も集まって、今日はKちゃんの4歳のお誕生日会をしました。
明日は帰国するKちゃん母子。Kちゃんの誕生日をアンゴラでお祝いできること、最後に会えて、本当に良かったです。

みんなでお祝いして、そのあとに、イスラエル人のバレエ教室で頑張っているお姉ちゃんを迎えに行くと…バレエの発表をしてくれました。
こうやって見てあげらるのも、嬉しいですね。
アンゴラは色んな意味で厳しいです。でも、小さい邦人社会は、お互いの子供の成長が嬉しいし、物々交換とか、いろんな助け合いがあります。
Imgp3830


明日帰ってしまう母子と駐車場で別れました。お互い車に乗り込む前、ハグしました。寂しくなります。
生活を守る役割のある人も、ここでは大変です。子供を守ること、家族の健康を保つこと、食材を調達すること、色んなことにエネルギーが必要で、かといって、憂さ晴らしになる買いものなんて、できない。そもそも買いたい食材すら、ないんですから。

寂しいですねぇ。涙が出そうになって、声が上ずりました。でも最後の最後は、笑顔でさよならできました。本当にありがとうございました。また日本で会いましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/14 日本語を教える機会

Imgp3760

今日はフランス人学校の9-10歳のクラスで、日本語を教える機会を得ました。
といっても、黒板に(久々にチョークを持ちました)友達・家族・愛などの文字を、縦書きにひらがな・かたかな・漢字で書きました。
縦に書くのが難しいらしく、定規を使って線を引いてから書く子、濁点を忘れる子、アートのように書く子、しっかり日本語として読めるように書いてくる子など様々で、本当に面白かったです。

日本語のひらがな、かたかな、漢字の話を簡単に英語でして、先生が仏語に訳してくれました。三クラス、先生によって、方針が違うんですねぇ。
机の並べ方も違うし、挙手して私を呼ぶクラスもあれば、自分で私のところに持ってくるクラスもある。

先生の私物の毛筆(チベットで買ったらしい)で、大きな紙に私が書くのを、まるでショウのように見せるクラスもあったり、写真撮影のあるクラスもあった。子供たちの紙もA4だったり、その四分の一だったり、A4の四倍くらいの大きさの
紙だったりと、様々でした。
挨拶を教えてほしいというクラスや、質問を受け付けるクラスもありました。
そして、有名な俳句を詠んで、最後に自作の俳句を詠んで、先生が解説するクラスもありました。自作の俳句を読んだ時は、子供たちから拍手をもらえて、正直に嬉しかったです。

ママ友中国人のリャンホンさんと一緒に交互に三クラス。10時に学校にいって、三クラス。途中に20分の休憩がありました。なんたって、リャンホンさんは妊婦で、1歳半過ぎのアントワン君と一緒。
私もミコ連れですから、休憩のときには職員室で、私はミコにおにぎりを、リャンホンさんはアントワン君にチャーハンを食べさせました。
今回、私たちにきっかけをくれたナタリー先生も食事をとっていて、アジア食材の話などで盛り上がりました。
Imgp3677


結局、キコの授業が終わる12:50までかかりました。ミコを抱っこやおんぶで、ケアしながらと疲れたけれど、とっても楽しかったです。
フランス人、アンゴラ人、仏語圏のアフリカ人、カナダ人やルーマニア人など多彩なメンバーでした。どの子供も可愛かったし、一生懸命なまなざしが印象的でした。日本を知ってもらう機会が与えられたことに感謝(^-^)

さて、疲れ切った午後。
カルピスの原液に牛乳を入れて、まぜまぜ。どろっとしたカルピスに、「なつかしい味だなぁ」ってつぶやいたら、一緒に飲んでいたキコとミコも「なつかしいねぇ」って。
ふっふっふ、何を言う。君たちが飲んだのは、今日が人生はじめてだぞよ。
ちょっと大人の真似して、言ってみたいキコと、なんでもキコの真似をするミコ。
あなたたちのおかげで、私はここで笑顔が増えるよ。ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/13 ヨーグルト

Dsc02950

たまに何か作ってみたいと思うことがあります。
ネットで調べたヨーグルトケーキ、ちょっと美味しそうかも、と思って作ってみました。
とっても簡単。ミコも材料を混ぜるお手伝いをしてくれました。しかし、うーん、イマイチの味。味がぼーっとしている。冷やしてみたけど、味は変わらなくて、残念でした。

さて、今日も私と車で登園したキコ。
6時50分に家を出て、7時15分の開門と同時に、お教室へ。先生と話したり、顔見知りのママ友と挨拶したり、休暇の過ごし方を愚痴ったりして(英語で:笑)、車に戻ります。
家に着くのは8時半近く…。朝の渋滞は更にひどくて、げんなりです。一日が短く感じますね~。

渋滞がひどいと、街の写真を撮ることに成功する確率が上がります。社会主義の影響で、写真撮影にたいして、敏感なアンゴラ人。
一眼レフなど構えたら、警察沙汰になりそうですから(実際、カメラ没収の人もいました)、コンパクトカメラでさりげなく撮るんです。でもぶれるから、大変です。
Dsc02951_3

これらの写真は朝のもの。白いビニール袋は、自家製ヨーグルトだそうです。ローカルスタッフのマテウスは、「僕でもお腹を壊すよ」と言っていました(笑) うちらが食べたら、どうなるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/12 やはり泣く

休暇明け、今日は車で私と登園したキコ。
今日明日は、ダーリンが忙しいため、車で登園です。二週間ぶりの幼稚園、どうかなぁと様子を見ていると、やっぱり泣きだしました。
大好きなデルフィン先生に、抱っこで受け渡し…いつまで続くんでしょうか。あと四カ月弱で、幼稚園の今年度はおしまいなのになぁ。

お迎えに行ってみると、お友達と遊んでいるし、「楽しかった~」と言うのですが、朝はやっぱり難しいですね。
キコ以外にも、朝はぐずっている子供たちもいたし、その子の個性としか言えません。

お迎えの時、仲良しのリャンホンさんと少し早めに(トイレと言って)開門前の敷地内に入れてもらいました。トイレの前で、俳句や習字を頼んできたナタリー先生と会いました。

ナタリー先生は、図書室担当の先生。英語ができて、いつも笑顔。インドネシアにいたこともあり、アジア人が好きなのかしら?とにかくよく親切にしてくれます。
キコは担任の先生の次に、大好きな先生です。彼女からは、今週の水曜日、「Japanese Calligraphy」つまりお習字を教えてほしいと言われました。
リャンホンさんと私で、3クラスを教えます。それで、どんな単語がいいかとか、そういうことについて立ち話をしました。

この話は一か月前に案内されていたのですが、その後詳細がなく、私はどうしたもんかと困っていました。先週あたりにメールアドレスを聞かれ、そこからやり取りが始まっています。

どうなるか分からないけれど、できる範囲でやって(なにせミコも一緒に参加するしかないので)、日本語をちょっとでも知ってもらえばいいなぁと思いました。準備、頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/11 俳句を作る

Dsc02942

明日から幼稚園です。宿題をやるのも、3回目。手際良くなってきました。

午前中は買いだしに出かけたのですが、なんと、自転車レースをやっていました。
この手のレース、遭遇したのは三回目かしら。突然、道路が封鎖されて、週末で道がすいているはずなのに、大渋滞が起こるから、迷惑極まりないです。ふぅ。

午後は、キコの幼稚園の宿題を仕上げ、更に学校から頼まれた「春の詩の祭典」への参加を決めました。
俳句はフランス人も知っているようで、俳句で参加してね!と言われて、長い間緊張していた私。

テーマは「子供時代」…ネットで歴史的な俳人の、子供時代を連想するような俳句を選び、日本語を読み砕き、英語にして、それをGoogle翻訳にかけて、仏語とポ語にしています。
でもせっかくだからと、自分で作ってみると、意外と難しい。テーマがテーマだし。季語を入れて、17文字に込めるってなかなか、いやすごく大変。
Imgp3752


俳人と呼ばれる人たちの、素晴らしい俳句の数々は、やはり唸るものがあります。声にして読み上げると、音がいい。そして目の前に風景広がり、音が聞こえ、匂いまで感じることができるんです。

そして、私の一句はこちら。
「夏ばかり 笑む幼子(おさなご)に 今日もある」
四季がないこの国で、私は愚痴ばかり言ってしまう。わが子は「ずっと夏だねぇ」と言って笑ってくれる。娘の純粋さとたくましさに感謝し、おかげで今日が生活ができてるという想いを込めた句なのですが、説明すると分かってもらえる俳句って言うのは、どうなんでしょうか。いやはや難しいですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/10 BBQ

Imgp3687

今月にアンゴラから本帰国する方々の送別会がありました。
在留邦人の殆どが参加していたような気がします。こういう会がたまにあると、主催者は大変だと思いますが、やっぱり楽しいですね。色んな人としゃべれるのは、やっぱり楽しいです。

平日に遊びに行く市内のコンパウンドのプールサイドのBBQスペースで16時から始まりました。
少し早めに行ったのですが、とにかく暑い…。恐ろしく暑くて、汗が滝のようでした。
それでも日が落ちると、やっと落ち着いて食べれるようになり、この日はずいぶん遅くまで、食べて飲んでいました。

子供たちがプールサイドを走り回り、若い駐在のご夫婦に遊んでもらったり、日本からの出張者も参加したりしていて、家族で楽しみました。

最後に、帰国される方々からお話を頂きました。何度も見てきた風景だけれど、やっぱり寂しいものですね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/09 一緒に遊びたい

Imgp3629

本帰国までちょうど一週間の、お友達のお家に遊びに行かせてもらいました。
キコが「Kちゃんのお家に行きたい」と泣いていたと話すと、出国前で忙しいのにお招きくださいました。有り難いことです。


しかも、ブラマンジェまで作ってくれて、誰もよりも喜ぶ私(^-^)おいしーぃ♪彼女の美味しいデザートが食べれなくなることを、残念に感じてます。
何より、長女がキコより3歳年上(次女とキコが同じ年)で姉妹のママ。子供を育て、生活をしっかり守ってきた女性ですから、学ぶところがたくさんありました。
Imgp3652

キコもミコも、SちゃんKちゃんと大はしゃぎ。家の中を走り回ったり、シルバニアファミリーのお家で遊んだり、お人形遊びをしたり、とても楽しそうでした。


あっという間に18時。慌てて帰路につきましたが、いろなものを頂いてしまいました。キコとミコは、お姫様柄の魔法瓶が気に入り、お家でもお茶を魔法瓶に入れ、付属のカップで楽しそうに飲んでいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/08 今だけ五家族20人

Imgp3569
今日はアンゴラの休日です。「世界女性の日」という名の休日なのですが、特に催し物もなく、午前中だけ開いているスーパーもあるようです。

夕食に、来たばかりの邦人母子を迎えて、子連れ家族の夕食会をしました。五家族20人。それぞれ四人家族です。嬉しいなぁと感じているのも、つかの間、来週には母子が本帰国する家族があります。学齢期の子供には、ここは本当に厳しい国ですから。

そして気がつけば、子連れ家族の中では、一番長い家族になってしまっています。ふぅ。
こういう厳しい国は、駐在期間は2-3年のようです。
ブラジルにいた時は、永住ビザがあるような駐在者もいて、びっくりしました。でも、日本人には、サンパウロは特に過ごしやすいですし、日本人学校もあるので、駐在が長くなっても、教育的な問題は大きくないとは思います。

Imgp3588

さて、親日の台湾人オーナーのレストラン、シェウーで個室を借り、賑やかな夕食会。
来て10日もたたない母子は、3歳と10カ月の子連れで、かわいこと、かわいいこと。ダーリンは、赤ちゃんを抱っこさせてもらい、私はつい目が垂れてしまい、おばちゃん度がUPした自分に気が付きました。

子供の中で一番上のお兄ちゃんは小学校六年生。保父さんのように、みんなの面倒を見てくれ、助かりました。
子供は子供の中で遊ぶのが一番。食べるのもそぞろに、キコもミコも楽しそうにしていました。

きれいな夕日の写真は、ちょうど6時半開店ごろのもの。開店まで、日が落ちるのを見ていました。とてもきれいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/07 幸せな気持ちになれた理由

Imgp3513


九月から新年度が始まるフランス人学校。
子供の継続のための書類や入学のための募集要項が、ルアンダ・フランス人学校のウェブサイトに、早くも載っていました。
去年見た時は、さっぱりだったけど、一年たって、少しはましになったような。アルファベットなのに、ちんぷんかんぷんだった去年。
もちろん、未だにわからないけど、わかる単語がわずかに増えてる。去年は、仏語アレルギーというか、「絶対分からない」って思っていた私。今年は、さすがに「言葉」として身近になってきたようです。よかったわ。
でもやっぱりGoogle翻訳を使いながら、のんびりと書類を確認しています。

今日はまだ幼稚園がお休み。
子供が見つけられない場所にある「おもちゃストック」から粘土を出しておきました。
おもちゃストックは、買っておいたり、頂きものの、絵本やお絵かき帳、ぬりえやシールなどを、その場で出さず、とっておいています。Imgp3517


キコは粘土でお顔を作ったり、棒に巻きつけて、人参やキュウリに見立て、皮をむく真似をしたり、かなり上手に作っています。ミコは、粘土用のはさみで、チョキチョキして楽しそうです。

そうそう、幼稚園で仲良くなったアジア人のリャンホンさんから、夕方、携帯にメッセージがきました。月曜日に我が家に来た兄弟のママです。
なんと、三人目になるおなかの赤ちゃんが「女の子」と、医師が診断したそうです。
それがとっても嬉しくて、それを共有したくて、病院から私にメールをくれました。彼女のその想いが、本当に嬉しかった!!

夜は停電だし、貯水タンクも50%を切り、引越も未だできずにいて、「あー、アンゴラだ~」とうめいているけれど、彼女のニュースに興奮して、とても幸せな気持ちに満たされています。どうもありがとう!どうか母子ともに無事でありますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/06 名前を覚えてもらえること

Dsc02872

キコは、昨日のヴィンセント君の影響か、今朝もまだフランス語を発しながら遊んでいます。
友達の影響が大きいですね。今週もまだ幼稚園はお休みです。

今日は、キコミコ一緒に、スーパーマーケット二軒と両替へ行きました。
移動範囲は狭いのに、渋滞がひどいから、二時間半もかかりました。疲れた…。それにまた卵がない…。嫌だなぁ。

嬉しかったのは、スーパーのレジのお姉さんが、キコとミコの名前を覚えていたこと。
「日本人のキコとミコでしょ」って!呼ばれたキコは目をまん丸くしていました。

たくさんレーンのあるレジで偶然並んだら、そういわれるんだもん。私たち、ここでちゃんと生活してる、って感じました。

彼女にとっては、私達を日本人と知った時、アジアという大きなくくりでみていたものが、「日本」という国を、名前だけでも知る機会になったはず。
更に「キコ」「ミコ」という固有名詞を知ったことで、きっともっとぐんと距離は縮まったのではないかと思うのです。

それは私がそうだから。地図でしか知らなかったアフリカ大陸。
アンゴラが、自分の生活地になって、いろんな経験が私の「アンゴラ像」を形作っているからです。
大変な思い出ばかりだけど、やっぱり日本に帰ったら、アンゴラのことが気になる。ニュースでアンゴラについて報じられたら、やはりかじりついて見てしまうでしょう。

そういう国があるというのは、幸運だなと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/05 みんなカレーライスが大好き☆


Imgp3479

今日は、幼稚園の送迎で仲良くなったリャンホンさんが遊びに来てくれました。
フレンチスクールでは数少ないアジア人の一人です。やっぱりアジア人はいいわぁ。楽しかった。

私はカレーライスをお昼に出しました。みんなお代わりしてくれて、嬉しかったなぁ。彼女はアップルパイを、私はかんてんパパでリンゴゼリーを作り、中に缶詰の黄桃を切ったものを入れたものを用意していました。
初めて食べる寒天ゼリーなのに、作ったタッパーが空っぽになるほど好評で、それもとても嬉しかったです。

子供たちは、生まれた月も近く、キコ4歳9カ月を筆頭に、ヴィンセント、ミコ、アンソニーはみんな一年違い。
ママのリャンホンさんは、私より二歳若く、ただいま第三子を妊娠中。マラリアで流産した話を聞いているようで来月には、シンガポールへ向かうそうです。
Imgp3481

上海出身のシンガポール国籍の彼女。日本食も大好き、日本のものが大好き。
妊婦の彼女、ここでは大変だからと思って、カレールーを渡すと大喜びしてくれましたし、彼女が持ってきたDVDは、「となりのトトロ」。スタジオジブリが大好きだそうです。
今日は、フランス語でトトロを見ましたが、不思議でしたねぇ。ご主人がフランス人なので、子供たちは中国語とフランス語で育っています。トトロは、TOTORO、つまり「トトホ」になっていました。それにしても、坊主のカンタやおばあちゃんが、フランス語でしゃべっているのは、かなり不思議でした(笑)

今日は楽しかった~。彼女の前の駐在地、カタールの話も、シンガポールの住宅事情も、兄弟の遊び方もどれも新鮮でした。どうか無事に赤ちゃんが生まれてきますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/04 プールとご馳走の日

Imgp3396
朝、郊外のスーパーKEROへ行き、そのまま近くに住む邦人のご夫婦のお家に遊びに行ってきました。
郊外のこちらのお宅は、ベランダからプールと芝生が見えます。それだけで、癒される私(笑)

更に出てくるランチがどれも素晴らしくて、うっとり。きれいだし、美味しい。
ちょっと洒落たレストランで出てくるようなランチでした。

しかも、このアンゴラで、本当にすごい。限られた材料で、これだけできるっていうのは、素晴らしいです。
本当は、見習うべきなのでしょうが、私は甘えて、ただひたすら味わってご機嫌です。
マヨネーズやバジルペーストも手作り。すごいです~。デザートのシュークリームも、いうに及ばず…。

我が娘達は、ニコニコで片っ端から料理やデザートを食べる食べる。
子供とは思えない食べっぷりです(笑) 家族で、美味しく頂きました。

Imgp3471

お昼の後は、敷地内のプールへ。ダーリンの背中に乗って、亀に乗る浦島さん状態で、キコとミコはプールとアンゴラの日差しを楽しみました。
ミコは水が苦手で、毎週公邸のプールを開放してくださっていた時は、最終的には入ることがあったのですが、それがなくなってからは、すっかり水が嫌いになっていました。

でも、今日は楽しく感じたようで、自分から、水の中にいるパパに「入る!」と言って手を伸ばしていました。

日の長いアンゴラ、気がつくと18時が目前で、慌てて失礼しました。居心地の良さに甘えてしまいましたが、とてもいい時間を過ごせました。アンゴラではこういう休日の過ごし方は本当に貴重です。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/03 ひなまつり


Imgp3375

ダーリンはよく「姫、姫、元姫」と、キコとミコ、そして私を呼んでいます(笑)
日本には、両家から買っていただいた立派なお雛様がありますが、今は実家にいてもらっています。
なので、アンゴラでは今年もまた、折り紙お雛様を作りました。

炒り卵とツナで押しずしを作り、上には一時帰国の際、お友達からもらったキティちゃんの海苔を配しました。子供たちはお喜び。高野豆腐や、日本で妹からもらった高級お吸い物も放出。
デザートには、チョコレートアイスを食べて、満足の一日が過ごせました(^-^) 
アンゴラでは十分すぎる雛祭りになったと私が一番満足しています♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/02 言葉は二の次

Imgp3304


朝5時、ダーリンはマテウスと、地方都市マランジェに日帰り出張です。
マランジェでは、日本の支援で「理数科教師育成」の講習会があり、今日はその閉校式とのこと。つまり、理数科(数学、生物、科学、物理)の先生を育てるための講習会。
教育は地道で地味。すぐ目に見えて変化が出るわけではないです。
インフラ整備も急務だけれど、同時に教育こそアンゴラに必要なものだと、私は感じています。世代が変わらないと成果が出ない、先の長い話だけれど。

今日は、邦人の奥様方と子供達と仲良しの韓国系カナダ人、中華系シンガポール人、そしてイスラエル人の母子が集まって海辺のレストランTamarizに行きました。

人数が多く、言いだした私が、取りまとめになっていたので、念のためダーリンに昨日のうちに電話をしてもらいました。にもかかわらず、到着してみると、話しと違うことばかり。

そして南アのゾマ大統領が来ていた影響か、とにかくひどい渋滞。12時に到着予定で、11時に家を出たのに、1時間半。ぐったりしているところに、追い打ちをかけるように、ランチは15時半からだとか、屋根のある席は座るな、とか、
もう最悪でした。Imgp3336


それでも人も徐々に集まり、食べ物も出てきて、一息。私は最初から、生ビールで一人乾杯していました(苦笑)

日本語、中国語、韓国語、ヘブライ語、英語、フランス語、ポルトガル語とさまざまな言語が飛び交う中で、子供たちは言葉など関係なく、思い思いに楽しんでいたようです。

こんな国だし、一日でも楽しい日が増えたり、誰かと「大変だよね」と愚痴り合える人が増えれば、いいなぁと、私は勝手に思っています。それで結果、それを押し付けた形になってしまったような気もしていました。
でも、子供たちはとても楽しそうだったし、お礼のメールも頂いたので、良かったかなぁと思っています。
皆様、今日はありがとう、そしてお疲れさまでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/01 日常の中にある会話

Imgp3259今朝、
「ママ―、こわいの。クマがいるの。」とミコ。
「え?」と私。
「はやくきてよー。」と言うので、向かうと、
トイレにいたのは小さいクモでした。

木馬に乗るミコ。
隣で私は木馬をなでながら、
お名前は?と聞くと「シメジ」
何歳?と聞くと指を開いて5を示して「2さい」というミコ。
つい笑ってしまいます。
シメジなんて、日本以外で食べたことはなく(そもそもキノコは缶詰のマッシュルームかかさの開いた輸入のマッシュルームしかないですから)、アンゴラの生活が長いミコは、ほとんど食べたことがないのに、とっさに出たのがシメジなんて、不思議です。

引っ越しの予定がまた流れ、もうかれこれこの状態は一カ月位続いています。
如何にもアンゴラですが、気持ちが疲れてきますね~。使わないものを段ボールにといっても、アンゴラにあるもので一カ月も使わないものなど、ありませんから。

引越に合わせて予定を組むと、子供の遊ぶ予定とか、買い物とか、とにかく流れた場合、不都合が生じるので、もう気にせずに、予定を組んでいます。

写真は、じゃがいもの皮むきを一生懸命しているキコ。その横で、既に皮を剥き終わった人参を額に当て、「人参たべたいよー」とつぶやくミコ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/02/29 たまに遊べる駐車場

Imgp3209

今日は朝から会社の車もなかったし、午前中は自家用車もなかったので、キコとミコは、広く場所のある駐車場で走り回りました。ボールを投げたり、子供用のスクーターをしたり、ミコも初めてスクーターに乗ってみました。

たまにしか、こういうことにはなりません。自家用車は自分たちが使うものですから、車の点検や今日のようにダーリンが有給休暇を使って、外出する以外、平日は常にあります。なので、ラッキーでした。

そうそう、なんとダーリンは今日、アンゴラで歯医者に行きました。駐在員が通う歯医者で、日系三世のブラジル人医師です。その場で直してくれたようです。
ポルトガル語のコミニケーションのみで、安心して任せられたとのこと。そういう歯医者さんがいて、良かったです。


Imgp3252

明日から三月。めくったカレンダーの裏は、キコとミコの大きなお絵かき帳になります。ふたりで一枚を上手に分けて、絵をたくさん描いてくれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/02/28 卵なし、バターなしのケーキ

Imgp3168

お友達が、今日出かけたスーパーに卵があったからと電話をくれ、2パックかっておいてもらうことにしました。有り難い!まだ手元にないのに、ホッとしている自分がいます(笑)
昨日もスーパーにわざわざ出かけたけれど、卵売り場に卵用のカートすらない状態でしたから。

先日は、日本や香港でマクロビオティックスを食事に取り入れている友達から、卵なしケーキを聞いて、気になって仕方ない私。
ヨーグルトは幸運にもあったし、南アの出張者に頼んだレーズンもあったので、ネットのレシピを参考に「卵なし、ノンオイルのケーキ」を作ってみました。バナナがつなぎになったのかな。
もちもちな仕上がり。蒸しパンちっくな懐かしい味に仕上がりました。キコもミコも、ダーリンも、そしてマテウスにも好評をいただきました(^-^)
Imgp3158


完全なマクロビには、無理があります。私は卵も砂糖もお肉も大好き。そしてアンゴラでは、食材を手に入れるのが難しい。
日本ならどこにもあるような、おからや豆腐、豆乳、きび糖、全粒粉などここでは手に入りません。手に入らないことでイライラすると、元も子もありませんから、これでできるんだ~!を発見して、楽しみながら作れたらいいなぁと思いました。

今日はおうちでプールをしました。キコは深さがほしいと嘆いていますが、しかたありません…。とはいえ、楽しいらしく、午前も午後も入りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/02/27 幼稚園のお休み開始

Imgp3149

今日からフランス人学校は二週間のお休み。なんのお休みなんでしょうねぇ、この時期。
アンゴラの学校は、カーニバルの休暇で先週がお休み。ポルトガル人学校も、普通にやっています。なぜにこの時期?この休み?

年度末なので、ダーリンはお仕事が忙しく、旅行どころではありません。それで、今日の午後は、邦人宅へ遊びに行かせてもらいました。お家の中で遊んで、そのあと、お外へ。
敷地内に住む仲良しのフランス人姉弟は、既に家族で旅行中。ですが、日本人の子供同士で敷地内を走ったり、ボール遊びをして、楽しそう。
Imgp3150


去年一緒にプレイグループで遊んだフローリンにも敷地内で会いましたが、久しぶりのこと。それで、キコとフローリンの間に距離があります。まぁ、仕方ないですね。
キコはちょっと残念そうだけれど、日本人同士でお兄ちゃんたちと遊んで、楽しそうにしていました。

いつもは幼稚園の時間に合わせたスケジュールなので、16時半には帰るのですが、この日は17時過ぎまで遊びました。
フランス人学校は7時15分登園。6時起床、6時50分には家を出ます。そのために、夜は8時半までには寝るように努めています。
それで、どうしても遅くまで遊べない。まだ日が高いけれど、少し日差しが落ち着いてきて、遊ぶのに最適な頃に帰らなくてはいけないのです。今日は、思う存分遊べたようで、良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »