« March 2012 | Main | May 2012 »

2012/04/28 それぞれに充実した土曜日

Imgp4547

午前中、ダーリンは在留邦人の方とテニスを楽しみました。20代から40代まで男女6人で、2時間。とってもいい運動だったようです。ちなみに私も誘っていただきましたが、運動靴すら持ってきていない私です。

私は、ミコと一緒に敷地内の邦人のお家にお邪魔して、おしゃべりを楽しみました。
私達が去年の四月に旅行したポルトガルの話で盛り上がりました~。偶然、私達が行ったショッピングセンターをご存知で、そこのザ・ボディショップの店員さんが親日派のブラジル人だとか、そんな話しで盛り上がってしまいました。
ミコは、出してもらったおかきやチョコレートに一人ニコニコでごちそうになっていました。
Imgp4551

キコは、敷地内に住むフランス人のお宅に呼ばれ、遊びに行っていました。お庭で絵具のお絵かきをやって、楽しかったようですが、虫さされで足がひどいことに。ま、日中の蚊なので、仕方ありませんが、なかなかひどいですね。

さて、お昼は久しぶりにイーリャと呼ばれる海辺の地域に出かけました。
海が見え、子供用の遊具のあるレストランで、ビールとステーキを楽しみました。ちょうどそこに、幼稚園で担任の先生の代理をすることもあるソフィーが家族で来ました。キコはきちんと挨拶していました。
外食をすると、レストランでは誰かと会うことの多いルアンダです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/27 水が戻る

Imgp4525
断水、おわりました。何の連絡もない断水は、ほぼ14時間続きました。
でも、朝起きた時点では戻っておらず、ためおきの水30リットルで、朝の家族の洗顔、トイレ後の手洗い、朝食の果物や野菜を洗いなど。歯ブラシはミネラルウオーターを使います。

トイレは、おしっこはそのまま、大きいほうの時に一気に流すという方法をとりました。洗顔や洗髪で使った水を、最後はトイレに流すということもします。

今朝の朝食は、お皿の代わりに紙ナフキンでサンドイッチを包み、食卓を拭いたり、子供の手をふくのは、ウエットティッシュを使用。
ダーリンのお弁当はサンドイッチ、キコのお弁当は冷凍ごはんでおにぎり、冷凍しておいた自家製ミートボールをチン、ハムとチーズをまいて楊枝でとめておかずにしました。停電も嫌ですが、断水も嫌ですね。ほぼ半日でよかったです。

朝7時過ぎ、キコとダーリンが幼稚園に向かってから、水が戻ったのですが、昨晩の食器を洗い、お洗濯を終わらせます。でもまた断水だったらと思って、早くも夕食の支度。そして、貯め置きの水を入れ替えて、空いているボトルにも水を入れました。

停電も断水も、いまだに慣れません。でも生活力はついたのかな、と思います。キコとミコは、断水や停電では驚きません。そして、そういう事態になると「協力する」ということも、身についています。よくできた娘たちに、母は救われているのですね~。

午後は、お友達のお家に遊びに行き、キコもミコも敷地内をたくさん走り回りました。私のフランス語は相変わらずで、その敷地内に住むフランス人学校の子供に、学校で会ったときに「今日、遊びいくから、後で会おうね」と言ったのに、目には明らかに「分かりません」と書いてありました。私のフランス語って(苦笑)

更に、「また明日」と帰り際に話したら、「月曜日でしょ」というので、「明日、キコのパパがここでテニスをするから、私達も来るの」とポルトガル語で言ったら、9歳になるアネエルは、フランス語で言い直して理解してくれました。
ポルトガル語と仏語は、やはり近いんだなあと実感したけど、それにしても私の語学力ってどうなんでしょうね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/26 突然、断水

Imgp4511

お湯をバスタブにためて、いつも通り、子供と一緒のバスタイム。
バスタブのお湯で髪を濡らし、シャンプーで泡だらけの頭を流そうとシャワーを出しても、おやや??出ない…出ない!!出なーい!
バスタブに貯めたお湯を流すのをやめ、急きょ、そのままのお湯で子供たちも湯あみ…。一番最後は、貯め置きの水で、さっと流して終了としました。

夕食の支度は、お風呂の前に終わっていたし、母子のお風呂が終わったので、大量に水を使うことはありません。歯ブラシは、ミネラルウオーターで終わらせました。ダーリンは、貯めておいた水で体をきれいにしました。私は、使った食器もそのまま、洗濯もせずに眠りました。

前の家は、貯水タンクがあったので、ダーリンが貯水量がチェックしてくれていました。
けれど、今のおうちはマンションで、自分たちで確認しようがありません。明日には戻ってほしいな。
でも、戻らない場合の、家事のやりくりや一日の予定を早速考えています。オフィスに行って洗濯をさせてもらう、子供のシャワーをさせるなど、色々仮定しておかないといけませんね。

写真はキコのいない午前中、お人形さんたちをお客様にして、食卓でもてなす真似をしているミコさん。なぜか私の腰痛バンドをしています(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/25 日常は

Imgp4506
ネットが安定してつながると嬉しい。
それでネットで調べたレシピ、お家にある材料だけでできて、かつ、味もおいしくて、家族にも好評で、嬉しくなる。
友達から、来月入籍するという知らせを聞いて、嬉しい。
久しぶりの友人が、フェイスブックで探してくれて、嬉しい。
妊娠を、本人から教えてもらい、嬉しい。
出来上がったガトーショコラが、美味しくて、嬉しい。
今日もお店に卵が売っていて、嬉しい。
仲良くなったモザンビーク人が、去年の津波のことを心配してくれたのも、ありがたかった。

15分で帰ってこれる道のりが、ひどい渋滞で1時間近くかかり、車中でげんなり、ぐったり。だけど、私の日々の生活は、いろんな嬉しいことで成り立っている。ささやかなことから、大きなことまで。

何をおいても一番は、キコとミコが無事にいてくれること。「無事」って一言で言うと、なんだかさらっとしちゃうけど、それだけで親孝行、とても有り難いことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/24 発音を直される

Imgp4518

キコは、幼稚園にルンルンで行くようになりました。
彼女自身の性格によるところが大きく、未だに泣きべそをかくこともありますが、幼稚園から車までの数分、「キコ、またね」と言ってくれるお友達もいるし、友達のティントワは、なぜか幼稚園部のある校舎から、ゲートまでのわずかな短い道のりを見送ることを、彼の日課としているようにみえるほど、かいがいしくキコと手をつないでいます。

そして同時に、キコのフランス語も目に見えて上達しています。
仏語ができない子供や周囲とうまくなじめない子供に、去年はションタンヌという年配の女性がついてくれていましたが、今年からは若いカトリーヌがいるようです。
先生が話したことをゆっくり言い直したり、繰り返してくれたり、理解を助けてくれるようで、キコも一気に幼稚園に慣れてきたような気がします。

たとえばキコが好きな男の子シュタニシュラスに「手をつないで」と言っても、つないでくれないのとか(つないでほしいという意思を言葉で伝えられた)、仲良しのアネエルのお母さんに「ボンジュールって言ったらね」とか(友達のお母さんにご挨拶が自分からできた)、言葉による壁が、だいぶ低くなったと感じています。

キコがお昼を食べながら、得意気に「ママ、○○知ってる?」という時、今となっては、ほとんど知らない言葉ばかりなのですが、それを繰り返しても、毎回、発音を直されます。意味を知らない以前に、発音が違うのです(笑)

「小さい声で」「手をつないで」「トイレに行く人~」「ケガしちゃった」などは先生もよく言うのでしょう、午後お家で遊んでいるとお人形を交えて、ミコにもそんな話をフランス語でしているキコです。

ちなみにフランス語で、かくれんぼはカシュカシュ。かわいいです。
ミコ語としては、ブロッコリーはブロッコリン、マッシュルームはマッシュムール、ビーバーはバービー…こちらも、かわいいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/23 ママといたいというミコ

Imgp4433

近頃キコは、文字に強い興味があります。
幼稚園では、アルファベットを習い、顔の部位などを文字で書いてくることがあります。実家と出張者を経由して、こどもチャレンジをやっている我が家。おかげで、この年齢の子供が、何が必要で、どういったことに興味があって、どこまで知っておくべきなのかが、分かります。日本にいた時もお世話になったけれど、それ以上に、ここでは助かります。

お箸の持ち方、朝の支度、靴を並べる、食器を片づけるなどの生活習慣が自然とできるようになっているし、気がつけば、平仮名も書きたくて仕方ない状態になっているキコ。一生懸命、書いています。すごいです。

生活習慣は、家の中は「日本」ですが、幼稚園もお店の中も、当然ですが、本の通りではありません。でも、大事なことというのは、基本的には変わらないと思います。キコなりに、異文化に身を置いて解釈して、本当によく頑張ってくれています。
Imgp4502

ミコのほうは、毎日の幼稚園のお迎えのおかげで、フランス語をひとこと、ふたこと話してくれます。9月からはやっと幼稚園が始まります。今は、午前中、お昼寝したり、私のお手伝いらしきこともしてくれるミコ。
「ミコもネエネと一緒に幼稚園に行くんだよね?」とミコに尋ねると、「ママがいいの。ママといっしょがいいの。」なんて、嬉しいことを言ってくれます。
その横で、最近幼稚園がやっと楽しくなってきたキコは、「大丈夫だよ、運動会の時間はお庭で会えるよ」とミコに語りかけます。
ちなみに、キコは園庭で遊ぶ時間を、なぜか運動会と言います。なので、彼女は毎日、運動会なのです(笑)

私の方が、空いた時間をどう過ごすか、今から考え始めておくほうがいいのかもしれません。娘たちがママがいいといってくれても、これからは、友達と遊ぶほうが楽しい時期を迎えています。ママは、いつも生活を守るべくギャンギャンいう側になり、うるさがれる存在になるのでしょう。はー。
それはそうと、いまだキコのいない静かな午前中に、お昼寝をするミコの寝顔を見ながら、ちょっと寂しく、ちょっとわくわくしながら、思いを巡らせています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/22 できたてドーナッツ

Imgp4450
 
最近のミコさん、夜、紙オムツにおしっこをしないことが増えました。それで、一昨日は普通のパンツで寝てみたら、朝まで大丈夫でした。
昨晩も同じようにしたら、昨日は、眠る前におしっこをせずに眠入ってしまったので、やはり朝はパンツもパジャマも濡れていました。でも本人は気持ち悪くないみたいで、普通に寝ていました。しかも気がついたときには、おしっこもやや乾いている感じ(笑) 

さて、今日はキコミコ念願のドーナツを作りました。
昨日のデザートにする予定だったのですが、飲んでいるうちに忘れちゃって、生地だけねかせてありました。子供はドーナツが好き。顔も手もお砂糖をたくさんくっつけて、嬉しそうに食べてくれます。できたてのドーナツは、本当に美味しいです。私も大好き。コーヒーを飲みながら、おしゃべり。ダーリンは、今日くらいでアンゴラ駐在二年だそうです。

最初ダーリンから「アンゴラ赴任」の話を聞いたとき、私は「どこ、何、その国?」状態でした。
日本から、アフリカは遠い。地理的な遠さもあるけれど、色んな意味で、やはり遠いな、と未だに感じています。しか~し、物ごとは何でも考えよう。この国にいることができる貴重すぎる体験を、自分の糧にしなくてはと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/21 食べて飲んだ日

Imgp4412

昨日の午後はお友達の家で過ごしたので、昨日の朝のうちに今日の来客用の食事を準備しておきました。魚と野菜のマリネを作り、ニンニクをおろし、塩と混ぜて、チキンに塗りたくって冷蔵庫で一晩。

いろいろ組み合わせて、自分の食べたいものも考えながら、あれやこれやと作っています。日本だったら、おろしてある魚があるのに、くっそーと思いながら、地味な作業を繰り返し、昨日から出来上がりを楽しみにしていました。

当日は、お肉はオーブンで焼くだけ、マリネはお皿に盛るだけ、チーズは切るだけ、 私の料理って、どうしても自分が飲むので、前日までの準備で、ほぼ完了なんですね~
Imgp4505

午後、仲の良い邦人夫妻が遊びに来てくれました。南アで見つけてきたという美味しいワインとともに、楽しい時間を過ごしました。で、飲んで食べていたので、実は準備した料理の写真が一枚もないんです(笑)
朝食のキッシュは昨日つくっておいたもの。植物の写真は、ご夫妻が育てたバジルの株分けです。無事に育つかな、大事に育てようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/20 お誕生日会

Imgp4378

昨日のうちにバナナシフォンケーキを作り、今朝は余力があったし、材料もあったので、キッシュを二台焼きました。一台は韓国系カナダ人のソンミさんに、もう一台は我が家用にします。停電があるので、ケーキとかは前日つくっておくに限ります。

今日は、ミコと同じ学年になるS君のお誕生会を、ソンミさんのお家でやります。ソンミさんのお家には、なんとカナダから彼女のご両親が遊びに来ています。ソンミさんは、ビザも大変だけれど、何より来る価値ないと言ったそうですが、お父さんがとても来たがったとかで、今日で滞在がほぼ一週間。
一週間経っての感想は、ここで生活をしている娘の大変さが分かったとか。実際生活をしないと、大変さは分からないです。

Imgp4385_2
お母さんが作ってくれたたくさんの韓国料理。どれも本当に美味しくて、ゆっくり味わいたいけれど、子供達にも食べさせながらなので、どれだけの量を食べたのか分かりませんでしたが、万遍なく頂きました。
しかも握り鮨もあって、驚き。ご主人の会社が持っているホテルの料理人さんに、新鮮なマグロやイカを分けてもらったんだそうです。いやはや恐縮してしまいます。いや~、本当に美味しかったし、嬉しかった。

お誕生日のお祝いは、作って行ったシフォンケーキでやってくれました。誕生日の当事者ではない子供たちが、キャンドルの炎を消すのに騒ぎだし、なんども炎を点けましたが、そういうのを静観するキコとミコに、笑ってしまった私です。

帰りは手作りの水キムチを、たくさんわけて下さいました。ありがたい~。カナダからのお土産もたくさん頂いてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/19 七階で出会う虫

Imgp4372
マンションの7階に住んで、虫の進出はないと思っていましたが、やはりアンゴラ。
先日は、眠るときにカーテンに大きなゴキブリを発見…。もちろんやっつけましたが、新築の7階で出るんですね。蚊も数匹見ていますし、蠅も上がってきます。

でも、今日気がついたのは、テントウムシです。窓の外側についていたのは知っていたのですが、多分、ベランダの出入りで風に乗って入ってくるのでしょう。

部屋の中の壁や、常温保存の果物や生ごみの上に乗っていました。
油断できませんね。新たな敵です。
ま、ゴキブリや蠅のように不衛生ではありませんが、テントウムシとはいえ油断はできません。なにせアンゴラですから。ふう。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2012/04/18 生活を見てもらう

Imgp4348数カ月後に、赴任される方が、午後うちに来てくださいました。生活を知りたい、というのが主な目的で、私が知る限り、全てお話ししました。
食費、お手伝いさんや運転手の負担額から、子供の幼稚園のこと。週末の過ごし方や数カ月に一度は休暇をとってリフレッシュする必要性など。
クリーニングや薬のこと、蚊よけの話から、他の駐在者から聞いた「洗えるスーツ」が便利だという話、食材のことや小さいけれど、助け合う邦人社会のことなど。

アンゴラ生活も、後3カ月で2年になる私。気がつけば、ブラジル駐在より、長くなり始めました。ブラジルは1年8カ月だけでしたから。
この国を好きになれるように、自分の心のあり方を、もちようを、自分でコントロールしていますが、やはり波があるものですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/17 日本の便利グッズに頼る


Imgp4355

出張でアンゴラに来る方に、同じ組織や何度か来ていて顔なじみのコンサルさんや通訳さんには、実家経由の荷物を頼んでいるのですが、そうではない場合、空港で買えるものを、お願いして、ここで、持ってきている日本円をお支払いすることがあります。

今回は、クイックルワイパーとそのシートをお願いしました。出国の数日前にお願いしたので、どこで買ってくださったのか分かりませんが、無事我が家に届きました。

この新しいお家に来て、1カ月。お手伝いさんを週一度にしたこともありますが、こげ茶の床の埃が目立って仕方ありません。来客前には、履き掃除、拭き掃除と頑張っていましたが、ふとよぎったのが「クイックルワイパー」でした。
日本のマンションでは、ダスキンを一時期頼んでいましたが、そういったサービスはないので、クイックルワイパー。

なんてすばらしい商品なんでしょうね。わざわざ日本からと思う方もあるでしょうが、わざわざ日本から持ってきたくなる、すぐれた掃除道具なんだと私は思います。ソファーの下も入って、ほらスイスイさっさか♪嬉しいです。

子供たちは、初めて見る私のクイックルワイパーで掃除する姿を、新鮮な目で見ていました。あとから、二人で真似して、どの部屋も掃除をしてくれました~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/16 手作りピザ

Imgp4330
土曜日に食べる予定だった手作りピザ。ダーリンが急な仕事と会食が入り、ピザの皮は作って空焼きし、冷凍しておきました。
家族がそろう久しぶりのランチ♪と思って、金曜日から楽しみにしていた私。仕事だから仕方がないけれど、急な会食に、私はその分非常に不機嫌。そして、やる気までもがなくなり、子供たちには、大事にしておいたアンパンマンのレトルトのカレーを出しました。

いつ食べようかと思っていたら、今日ミコがピザを食べたいと言ってくれたので、夕食に出すことにしました。
お野菜とサラミのピザと、料理本にあった和風シーフードピザ。後者は、チーズの上に、シラスやあさり、桜エビ、青のりを乗せて焼くのだけれど、アサリはないし、ちりめんじゃこが大事にしておいたのが一袋だけ。でも、食べて何ぼの食材ですから、どっさり乗せました。

美味しそうに焼けて、お皿に乗せ、キコが「お手伝いしたい」というので、持って行ってもらうと…あ!!ひっくり返して、表面の貴重な具は全て床へ。
ピザ台はかろうじて、椅子とテーブルの間でキャッチできました。ショック…超貴重な日本食材だったのに…
謝るキコに「ママはものすごく悲しい」と事実を伝え、台所へ行って大きなため息。怒る気持ちすら起きず、カリカリのじゃこや桜エビを箒で掃きました。

気持ちを切り替えて、ビールを開けて、残ったじゃこを新たに乗せて、いただきます♪美味しかった~。生地が予想よりもずっとずっと美味しくできていました。嬉しいな~。
付け合わせに、先日レバノン人のマラックさんから教えてもらったフリークという緑色の雑穀入りのおつゆを作りました。炒めた玉ねぎと牛肉とフリークのつゆ。美味しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/15 遊んでくれる人


ダーリンの組織の人が、車を買ったので、道を教えがてら、一緒に郊外のスーパーに買い物に行きました。
そのまま、うちでお昼ご飯も一緒に食べ、キコとミコは、親以外の大人と遊べることに、楽しくて仕方のないようす。一緒にかるたをやったり、シルバニアファミリーやりかちゃんでごっこ遊びをしたりしていました。

私としても、子供が自分以外の人と遊んでくれているときは、集中して台所作業に取り組めます。一人で子供たちを見ているときは、今や二人で遊ぶことが多いけれど、喧嘩してないかなとか、泣いてないかなとか、危ないことをしていないかとか、気になりながら家事をしているます。
そんな生活も慣れたけれど、やはり見てくれる人がいるというのは、いいものですね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/14 たくさんのおもちゃ

Imgp4323

先月、子供の入学に合わせて、母子のみ帰国したYさん一家。
奥様が置いて行った我が家宛の荷物を、今日ご主人様が届けに来てくださいました。お昼か夕食でもとお誘いしたのに、出張者がいるからと言って、コーヒーだけ飲んでいかれました。

奥さんのKさんは、本当に色々なものを置いていってくださいました。彼女の家で、キコとミコが遊びに行く度に、ものすごく集中して遊んでいたシルバニアファミリーやりかちゃんのドレッサー、お絵かき先生。他にも、マグネット式の着せ替えやパズル、クレヨンや色鉛筆、シャボン玉などの子供のおもちゃ。
未使用の日本の衛生用品や性能のいい日本製の水筒やお弁当箱などなど。アイスクリームメーカーもありました!

シルバニアファミリーやドレッサーは、Yさんのところの姉妹も、とても大事にしていて、置いていくのを、きっと最後まで考えたのではないかと想像できます。だって、とても大事にしていたから。

ご主人様に一時帰国の際、持って帰ってあげて下さいと言ったけれど、「日本で買えますから」と。買うにもお金がかかるのにと思ったけれど、奥さんの意思に沿って、このおもちゃたちは、アンゴラに住む日本の子供たちに、代代譲っていきたいと思っています。
奥様にお礼のメールをしたところ、子供たちが外で遊ぶことのできないアンゴラでこそ、必要ですから、使ってくださいとのこと。

Imgp4324

おっしゃる通りで、外遊びができないルアンダでは、おもちゃが子供の相手になります。なくてもどうにかできるけれど、あったらあったで、やはりいいんです。
キコとミコは突然うちにやってきた大量のおもちゃに、目をキラキラさせています。どこから手をつけても楽しくて仕方ない様子です。
キコは、大事に使っていたことを記憶していて、遊びたくて仕方がなくても、手をきれいに洗ってから、おもちゃを扱うようになりました。

アンゴラにいると、本当に必要なものだけで生活しています。だけど、娘達には、甘いです。多分、日本にいたらこんなにおもちゃを与えていないでしょう。アンゴラの我が家は、ありがたいことに日本のおもちゃにあふれています。

出張者の人のご好意もあり、日本から荷物をお願いしています。そして、離任される子連れ家族が残してくれた、持ってくるのに苦労がいる沢山のおもちゃたちのおかげで、キコとミコは、今日もすくすく育っています。ありがたい限りです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/13 工夫すること

パソコンのデータをひたすらハードディスクに保存しました。主に写真、そしていくつかのファイル。
レシピや住所、年賀状の原稿、フランス人学校の書類などなど。ひとまず保存して、ホッとしています。

さて、今日はピザ台を作りました。明日、土曜日のお昼に食べようと思って、こねてから、冷蔵庫で明日まで寝かせます。

今週は、ダーリンはほぼ夕食は外食でした。
母子だけの時間が、本当に長く、コミュニケーションツールとしてのパソコンの調子も悪かったので、ものすごくストレスが溜まりました。
そのエネルギーは、一時読書に向かったものの、本を読んでも、食事を作る時間は確保しなくてはいけないわけで、となると、料理に向かうのが一番効率的なわけです。
食べたいものが思い浮かんだのが、何よりの幸運でした。材料があって、食べたいものは、「作る」ことにしました。
それで、今週はさつま揚げやピザ台、週末には餃子も皮から作ってみたいなと思っています。

ダーリンがにお昼にお弁当を持って行くようになってから、お弁当が一食になるので、お弁当のおかずが最大の課題でした。考え始めるとここにはないものが多くて、イラ~っとするものです。
作ると、キコは「ママの料理は何でもおいしいよ」と模範的な発言をしてくれるのですが、純粋に嬉しいものですね。きっとその一言が、世界中の料理を作る親たちの、力になるのでしょう。

さて、時間が経つと、それなりに工夫できるようになるもの。
ジュースをこぼしてしまった影響で、パソコンは使えなくなってしまったキーがいくつかあるのですが、前後の文章から貼りつけたりして、どうにかできるようになっています。ちょっと面倒には違いないけれど、仕事じゃないし、ひとまず工夫して、このまま使ってみようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/12 さつま揚げ作り

Imgp4304

パソコンがジュースを飲んでしまったので、とにかく乾かさなくては、と思いつつ、結局、色々気になるし、やることもあって、パソコンに触れていた私。腹をくくって、昨晩から、丸一日いじらないことに決めました。

となると、本を読んだり、料理をすること位しかありません。昨日は卵も買えたし、何か作ってみるかしら、と思っていた朝。
この建物の管理側の黒人ラウさんが、ドアを叩いてきました。昨夜の雨で、水がたまった場所があるから、15分間停電しますよ。その間は、水も出ません、とのこと。
15分ならいいやと思い、ひとまず慌てて食器を洗い終えたりしましたが、ところで、いつから15分なのかしら、と思っていたら、冷房が止まり、停電と断水になりました。
断水は、アンゴラにいる以上避けて通れないので、常に30リットル分の水を空のボトルに貯めて置いています。

停電&断水だったら、料理はできないなと、朝から鼻緒をおられた気分でした。

1時間経過…やはりアンゴラだわ、15分で終わるわけないよね。2時間半経過、室温も上がってきて、イライラしてきました。冷蔵庫も冷凍庫も開けていないけど、ちょっと気になってきます。
ラウさんにメールをして、もう2時間半だけど、いつ電気が戻るの?と送信したら、ほどなく電気が戻りました。偶然のタイミングだったのか、私のメールのおかげかしら。どちらにしても、よかった~。

電気がないと、そもそもエレベーターが使えないので、ミコと一緒に階段で下りることとか、駐車場の扉が開いてない場合はどうしたらいいかとか、そういうことも考える必要があり、いろんなケースを一人、暑い部屋で考えあぐねていたので、滅入っていました。
涼しくなって、気分が落ち着ちつきました。ふう。Imgp4308

午後は、ソンミさんから頂いたイワシを使って、さつま揚げを作りました。
私の知ってるさつま揚げって、中が白いんだけど、本にあった材料に忠実に作ったけど、イワシなので、つみれのような色です。ちょっと残ってしまった骨のせいで、ミコは痛いと言っていましたが、キコとダーリンの明日のお弁当にいれようっと。私には美味しかったです。

今日はレバノン人のマラックさんから、ご自身の国の食材と作り方のメモを下さいました。
freekという緑色の穀類、zaatarというドライハーブミックス、レバノンさんのデイツ(なつめ)とアラビア語がかかれたマギーのチキンブイヨンです。ブイヨンは国によって味が違いますよね。アンゴラで買えるものは、日本のより少し油っこい感じです。
それと彼女は、日本語を少し知ったと言ってきました。私が、イスラームやモスリムを調べたの、と話した影響か、
「アイウエオ、カキクケコ」とか「サクラ」の歌やお琴の音が素敵だと言っていました。
とても嬉しかったです、ありがたいことですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/11 国産の美味しいブドウ

Imgp4284

今日はお迎えの前に、両替に行きました。大きな道を渡る必要があるのですが、ミコを抱っこしていて、左右からくる車を確認していると、自然と車は止まります。子連れには、本当に優しい国民なのだと思います。
両替を終えて、うちの車を探していると、両替所の前にある警察署の入口にいる警察が、私の様子に気がつきました。
それで、彼から見えるところにうちの運転手がいたようで、自分の口笛で運転手に気がつかせ、私にも手で合図を送ってくれました。
すごい原始的…!でも、ありがたかったです。炎天下、子供がいると携帯を取り出すのも面倒だったりしますから。警察官に、「オブリガーダ」と声を大きめに言いニッコリしました。すると親指を立てきました。
この国で、親指を立てて「フィッシュ」といえば、「オッケー」「大丈夫」「いいよ」みたいな意味になります。「ありがとう」の意味にもなる。

それからスーパーjumboに行きました。目的はダーリンに頼まれた事務所用のファイル購入なのですが、食材コーナーもみると、なんとー!卵があるではありませんか☆素敵です~。
はしゃいで、二箱も買ってしまいました。嬉しいなあ。これでおかずが増える♪しかも、アンゴラ国産のブドウも発見。値段も輸入物よりずっと手頃です。試しに買ってみることにしました。

無事にお迎えから戻った午後、工事の人がやってきました。
ベランダにおいてある冷房の室外機の外側に扉をつけたいんだそうです。大した作業でもないのに、のらりくらり、携帯で喋ったり、ガムを食べたりしながら、二時間半もかかっていました。Imgp4288

珍しくお昼寝をしなかったミコは、お風呂の後に夕食も取らずに、眠ってしまいました。嵐みたいな雨が通り、思わず写真を取りました。すごい雨と風。
さて、キコと一緒にブドウを食べると、これが意外に美味しかった☆種もあるけど、味がいい。甘くて、おいしい☆すごく嬉しいです。食事を終え、眠るまで、ミコに手がかからない分、絵本をたくさんキコに読んであげました。

すると、キコは嬉しそうに「ママとこうやってするの久しぶりだね~」とニコニコ。年が近い姉妹だと、仲はいいけれど、
まだ小さいキコにも、お姉ちゃんとして頑張らせる部分も多く、それにこたえようとキコも一生懸命。
キコの成長につながっているとは思うけれど、たまにはこういう時間も必要だよね。ミコがくれた、お姉ちゃんへの贈り物のようでもありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/10 パソコンの悲劇


朝、フルーツジュースをグラスに入れて食卓にだしました。その脇でパソコンをダーリンが使っていたのですが、私の置き場所が悪かったのと、ダーリンの不注意で、タイミング悪く、パソコンもジュースを飲んでしまいました。

なにはともあれ、乾かすことに尽きるそうなので、拭きとれるところふき、午前中は部屋をドライにしてすごしました。午後、起動させてみると、使えないキーがいくつか。更に夕刻になると、使えないキーが増えていました。ヤバいなあ。

さて、今日は午前中にフランス人学校のお迎えで仲良くなったレバノン人のマラックさんが、引越祝いに来てくれました。マラックさんの長女ヨラちゃんは、キコと同じ年です。次女のマラムちゃんはミコより一歳下です。
マラムちゃんを連れて、素敵なキャンドルスタンドを持って来てくれました。

年齢が若いとは常々感じていましたが、聞いてみると、23歳…やはり若いです。モスリムの彼女から、1日5回のお祈りやその際やるべきこと、イスラーム教についても教えてもらいました。
そのあと、ネットでも調べてみましたが、友達がいるのといないのでは、頭に入ってくる情報が違うんだと実感しました。

イスラームの食事について、豚肉がダメくらいの知識しかない私ですから、飲み物も、モルモン教みたいにカフェインがダメならどうしようとも思い、家にある飲み物を全て出して、直接どれが飲みたいか聞いてみました。

コーヒー、紅茶を4種類、日本の緑茶、台湾の烏龍茶、中国のジャスミンティ、南アのルイボスティ、ドイツのハーブティです。お茶が好きなの?と聞かれましたが、お土産に頂くことも多く、集まってしまいました。
結局彼女は、日本の緑茶を選び、「初めて飲むわ」と言って、ほぼ全て飲んでくれました。冷蔵庫の中にある日本の調味料、乾物の数々を珍しそうに見ていました。

世界地図でレバノンを確認しました。首都はベイルート。
友達がいる国、育った国は、これから先、以前よりずっと私に身近になって、何かの機会で伝えられる情報を、違う気持ちで聞くんだろうなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/09 キコのクイズ

Imgp4282


幼稚園から戻ってくる車の中で、「幼稚園楽しかった?今日は何を習ったの?」と毎日、私は聞いています。
毎日楽しかったと言い、遊ぶお友達もいつも同じです。フランス人のアネエルと、アンゴラ人のセイシー。
二人とも、私が迎えに行くと、「キコのママ!ミコ!」と私に抱きついてくれます。ちなみに、学年の違う子たちにも、「この子たち、日本人のキコとミコだよ」と後ろで話しているのを聞いたことがあります。

フランス人学校に、ベトナム人は数人いますが、日本人は今はうちしかいませんから(そもそもアンゴラには8人しか日本人の子供はいませんから)、目立ちます。入学前から、名前を覚えてもらっているミコ。これもキコの頑張りのおかげですね。

さて、今日は何を習ったのかと聞くと、キコは「ママ、○○(フランス語の単語)って何か知ってる?」と自慢げに聞いてきます。
キコが言って、私が分かるものは明らかに減っています。数字や色や曜日くらいまでなら分かりました。ポルトガル語と似ている単語なら、偶然当たることもあります。
でも、確実にキコのほうが単語が増えています。豚やニワトリなどの動物や、首や唇などの体の部位。「このインクが出ない」「紙が破れちゃった」「見て~!」などの幼稚園で使うフレーズなど。

日本にいたら、もっと色んなことを学べるだろうなと思います。でも、今ここでキコが感じることは、いい経験になる、大変だったことは、必ずあなたの力になると、私もダーリンも信じています。

写真は、牛肉と筍の炊き込みご飯です。タケノコは、南アで買ってきてもらった水煮缶です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/08 久しぶりのシュハスコ

Imgp4269

アンゴラの平和の日から、イースターのお休みを含む五連休。今日は最終日。
おうちで、シュハスコ(BBQ)をしました。
マンションのベランダ、景色がよくどこまでも見えるということは、逆にどこからもよく見える、ということでもあります。風が通ると言えば、気持ちが良さそうに聞こえますが、運んでくるのは土埃。風の通り道を考えて、ベランダに小さいBBQセットを置きました。

日本のマンションだと、洗濯ものは外干しだし、ベランダでBBQというのは色々面倒がありそうですが、ダーリンが、この部屋の仲介業者に「シュラスコをベランダでやってもいいのか?」と聞いたところ、「なんでそんな質問するんだ、
やって悪いわけ、ないだろう」的な返事が(笑)。

ブラジル産のお肉、ピーマンと玉ねぎを焼いて、冷えたビーニョベルヂ(ポルトガル産の若い白ワイン、微発泡)を飲みながら、楽しい午後を過ごしました。
子供たちは、もちろん午後までお昼を待つことはできず、先におにぎりを食べ、ブラジルからの出張者に依頼したパンミックスを作って焼いた、ポンヂケージョ(チーズパン)を勢いよく食べて、お肉を待っていました。

七階でも、蠅ってくるんですね~。部屋に入ってきたのは三匹でしたが、驚きでした。

この家だったら、前の戸建ての時には愛用していた蠅たたきが不要かもと思っていましたが、出番がありました。持ち手がピンクの蠅たたきは、二本。キコとミコ用にあります(笑)
それと、今日はダーリンに髪を切ってもらいました。5センチくらい、だいぶすっきりしました♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/04/07 屋上へ

Imgp4198
午前中、家族で買い物に行き、お昼をお家で食べた後、
今住んでいる建物の最上階に行ってみました。10階建てなので、10階へ。するとそこに階段があり、登ってみました。ドアは開いていて、出てみると、屋上でした。

塀が低くて、ドキドキ。なぜかきれいな白味を帯びた丸い石が敷き詰められていました。建物にとって重要そうな操作パネルがあったりしましたし、そもそもここに入っていいのか疑問ですが、ドアが開いているのがアンゴラですね。
閉まると、中にもどれないような気もして、ドアを開けたままにしておきました。

景色はよいのですが、塀が低くて怖かったです。
子供たちはひとしきり走り回りまっていましたが、何せ玉砂利が敷き詰めてあるので、ミコは歩くのすらままならず、不機嫌になっていました。キコは、手いっぱいに石をすくい、投げて遊んでいました。
Imgp4233

今住んでいる建物を中心に、ぐるりと360度、ルアンダ市内を見渡すことができました。
ダーリンがたくさん写真を撮ってくれていました。ダーリンが「ルアンダにシェラトンができるらしい」と新聞記事を読んで、教えてくれました。
完成予定の日すら書いていなかったそうですが、それができる頃には、観光ビザも発行され、今とはだいぶ違った景色が見えるのではないかしら、と思っています。

写真は、うちのベランダから見えた行進です。先導の車には、十字架に架けられた黒人や神父さんがおり、その後ろを人々が歩いていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/06 初対面で夕食にご招待

Imgp4192

Blogをやっていると、たまに知らない人からメールが来ます。
ブラジルにいた時も、訪問地の候補や、飛行場の治安や市内の移動の相談とか、時に人生の相談もいろいろ。

アンゴラは、観光ビザがなく、ビザを取るのがとても大変なので、来るのが、大変。更にルアンダ便は、とにかく高い。そこまでして来る価値があるかと言えば、正直、ありません。
国立公園があっても、見えれる動物は少ないし、海が格別にきれいなわけでもないし、物価も高いし、何をするにも渋滞が付きまとい、見える景色にカメラを向ければ、警察が寄ってきますし。

アンゴラに来て、ブラジルにいた時のようなメールは来なくなりました。
でも先週、メールが来ました。アンゴラにいるアンゴラ人の彼氏の元を訪ねているという日本女性Nさん。

何度か電話のやり取りもして、昨晩、夕食のお招きを受け、彼の住むマンションに行ってきました。かなりフットワークが軽い私も、こういう国であるということ、子供も一緒であるということから、慎重になり、ダーリンとも話し合いました。

実際、住んでいるマンションは、ダーリンも仕事で何度かきたことのある省庁が入ってる建物でした。アンゴラは、普通のマンションに省庁が入っていることがあります。新しいきれいなマンションで、Nさんと彼のFさんが迎えに出てくれていました。

私とほぼ同じ年のFさんは、生まれた直後、つまりアンゴラがポルトガルから独立するごたごたしていた時に、家族で渡米。アメリカで半分過ごし、半分を英国で過ごしてきました。
その英国で、留学していた彼女と知り合ったそうです。30歳を目前にした彼女は、今は英国でお仕事をしているそうです。

彼はアンゴラのパスポートを持っているアンゴラ人ですが、人生の殆どを欧米で過ごしているので、話していると、アメリカ人と話しているような錯覚になります。表情もしぐさも、話す英語も、内容も、そう、まさに彼はアメリカ人。
だから、日本人の彼女がお付き合いできるんだろうなぁと思います。
私がよくいくスーパーで声をかけてくるような、私が幼稚園のお迎えですれ違うような、平均的な一般的なアンゴラ人とは、まるっきり違いました。

初対面で、どういう環境に住んでいるか想像できず、夜だし、色々考えて、子供には蚊よけをスプレーしたり、おにぎりを持参したり、生野菜を食べさせたりしませんでした。
でも、彼の作るパスタは美味しかったし、彼女が作ってくれたプリンもとても美味しかったです。会話が弾んで、あっという間に時間がたち、子供たちは眠りたいモード。

次回、彼女がアンゴラに来る時は是非我が家にもおいで下さいとお話しして、お別れしました。

写真は、とてもおいしかったパパイヤです。これはすこぶる美味しかった☆外れると、フォークが先に進まない上、当たりか外れかは、切って食べてみないと分かりません。
何度か外れて、買うのを止めていました。今日のこれは、とてもおいしかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/05 心の平和を保つためのおしゃべり

Imgp4167

今日は、アンゴラにきて1カ月位の邦人の母子と仲良しのソンミさんとアインちゃんで午前中から、遊びにきてもらいました。
何の休日でもないので、もちろんダーリンは出社していますが、幼稚園はお休みです。キコも去年通っていた英語のプレイグループも、今週来週とお休みなので、午前中からうちに来てもらうことにしました。

アンゴラの複雑なところは住所を言っても分かってもらえないことです。
ブラジルにいた時は、全ての道に名前があり、建物に番号が付いていることも多く、住所を聞けば、探して当てることが可能でした。

ここでは、道の名前を言っても分からないし、道の名前も途中で変わったりして、目印になりそうな省庁の名前を言うよりも、昔に存在した建物を話すほうが分かると聞いたことがあります。
となると、私はお手上げで、今日初めて遊びに来てくれた邦人母子には、結局、組織の現地スタッフと彼女のドライバーで話してもらって、場所を当ててもらいました…。

ソンミさんは、船がついたからと言って、内臓や頭を落としたきれいな魚を持ってきてくれました。が、一人で持てないようなすごい量で、いやはやビックリ。今日来てくれた邦人と分けると言っても、冷凍庫の容量を考えると、どうしたものでしょう。
もちろん邦人のお友達に持って帰ってもらいましたが、結局詰めて詰めて、全部冷凍庫に入れました。アンゴラにおいては、ほんとうに有り難い話です。
Imgp4173

雨季になり、年明けからは、輸入の冷凍の魚以外、買っていません。スーパーに並ぶ魚は、目がドロンとしていて、危険な匂いを感じますから。明日からお魚三昧ですねぇ♪

ほぼミコと同じ年の男の子と女の子が3人、そしてキコと、1歳未満の女の子、そりゃあもう賑やかです。元気な男の子なので、声も大きいし、やることがとても活発。ママの手に負えなくなるのも、分かります。

でも、とても微笑ましく思えます。キコは噛まれた、つねられたと言って泣いてきましたが、子供は子供の中で育つものですから、いい経験。兄弟姉妹以外で、小さい子と遊ぶのも、キコにはいい刺激。ミコは同じ年の子供と遊ぶいい体験。
子供が多ければ、どこでもぎゃぁぎゃあするもので、それも子供が多いからこそ。ありがたいことです。

私はおにぎりをたくさん作って、夕食にも食べようと踏んでおかずもたくさん作りました。今日来てくれたYさんは、日本での住まいも近く、すれ違っていたかも~なんて話で盛り上がりました。
ソンミさんとも、母親のストレス解消法などで盛り上がりました。
アンゴラは、外国人にとっては、健やかな精神を保つのも、大変な場所。そうだよねぇ、大変だよねぇと言い合える友達がいるだけ、恵まれているんだなと感じました(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/04 アンゴラ「平和の日」


Imgp4160

朝、ふと外を見ると、うちから見えるアンゴラの初代大統領「アウグスティーノ・ネット」の銅像周辺の、大通りが突然封鎖されていました。車が走っておらず、歩行者天国状態。
えぇぇぇ!迂回路もままならないのに、と思って周辺の裏の道を見ると、休日なのに大渋滞…可哀想に。
ルアンダは突然、道路が、しかも大きな道路さえ、さくっと封鎖されます。

そして、聞こえてくる大音量の放送。ヘリコプターも飛んでいて、様子がいつもと違うと感じました。見ていると、同じTシャツを着ている人や、同じ色の布を巻きつけている女性達、子供達がぞろぞろ行進中。

Imgp4155

ダーリンが南アの出張から戻ってくる日だったので、これは可哀想だなぁと思っているとマテウスから電話がありました。フライト遅延だそうです。
疲れているところ辛いと思うけど、渋滞に巻き込まれるより、南アにいたほうがいいなと勝手に思っていました。(実際、飛行機乗り込んで2時間半待たされたそうで、これはかなり辛かったと思います。)

さて、行進中の人たちは、銅像のある広場の周りを一周しています。途中、ダンスミュージックがかかりましたが、それもお昼すぎには終了。
人は散り散りに去り、封鎖も解かれました。


夕方、ダーリンが無事に戻りました。お土産は、頼んでおいた大根や干し椎茸、乾燥レンコンなど。キコとミコには、飛行場で買った木製の着せ替えに大喜びの二人。
急ぎの仕事をしているダーリンの服を引っ張って「パパ、一緒にお風呂入ろうよ~♪」「パパがいなくて、寂しかったんだよ~」というキコとミコ。かわいい盛りですねぇ。見ていて微笑ましい(^-^)
私はというと、少し肩の荷が下りて、食材が増えて、ホッとしています。朝から、パンを作ったり(出来上がりはなぜかスコーンだった:笑)、おからを作ったり、卵がなしのバナナケーキを作ったり、ずっと台所にいた一日でした。Imgp4171


後からダーリンから教えてもらったのは、この日は内戦終戦の「平和の日」で、ちょうど10年なんだそうです。そんなオフィシャルイベントで、あのダンスミュージック!!アンゴラらしいなぁと感じた私でした。
戦後10年の国、そう思えば、色んなことが「仕方ないか」と思えてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/03 冷静に怒りつける

Imgp4135

ダーリンが出張中なので、昨日に引き続き、今朝も車で幼稚園まで行ってきました。
運転手には先週から、月曜日と火曜日は朝七時に出るといってあります。昨日は時間通り7時には、マンションの前にいました。

今朝は、いない。電話すると、7時の時点で、近くいるといい、5分後に電話すると、遠くのスーパーの前だという。
歩いて行こうかと思ったけど、こんな時に、イカれたアンゴラ人に銃で撃たれたら、死に切れないと思って、待ちました。
結局、運転手のカルロスがついたのは、7時25分。私は、目に怒りをたたえ、冷静に「私は遅刻が好きではありません。次に時間通りにこない場合は、私は運転手を変えることを考え始めます。覚えておきなさい」と言いました。
私のポ語レベルでもここまで話せるもんですね(笑) 自分でも驚きました。

フランス人学校は7時15分に開門、30分から授業が開始されます。それも前に話してありました。なので、10分未満だったけれど…遅刻しました。
ただ、幼稚部に関してはゆるく、先生も笑顔だし、キコと同じ時間に来た子もちらほら。キコにとっては良かったけれど、時間を守りたい私としては、本当に腹立たしい気持ちでした。
Imgp4137

「怒る」ってすごく疲れます。エネルギーがいります。朝から、疲れてしまいました。

アンゴラの男性は、女性を蔑視するところが多少有るようです。その感じは、前に住んでいた警備員からも、私自身が感じていました。だから、大事なことや改善してほしい点は、全て、ダーリンを通じて言ってもらっていました。
幼稚園のお迎えの際、早めに駐車できて、外は暑いので私とミコが車内で待っている間に、座席を倒して寝始めたこと、あくまで私や子供たちは、主人であってアミーゴではないこと(これはマテウス経由で)、眠るときに足を乗せて、それも拭かないままでいることなど、当たり前のようなことも言わないと、改善されることはないので、まずは言う。
Imgp4131

でも今日は、私がその場で、しっかりと怒りを伝えました。私の面持ちや声のトーンから、如何に怒っているのか、人種を超えて伝わると思います。

夜は雨が降りました。ものすごい雨でした。明日の朝はきっと緑がいつもよりきれいで、空気も少しは埃っぽさが落ち着くかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/02 朝から写真撮影会?

Imgp4126

7時に家を出て、幼稚園まで車で送ってきました。
早めに着いて、中にある門の前で待っていると、中学か高校か、とにかくすっきりした可愛い女子学生が近づいてきました。
フランス語で言うので、「英語でお願い」と頼むと、きれいな英語で「写真を撮っていいですか?」と。
それで朝からキコとミコはお姉さんに写真を撮ってもらいました(笑)

アジア人の姉妹は珍しいし、今日もお揃いのお洋服だったのが良かったのかしら。本人は目立ちたくない性格だけれど、黒いストレートヘア、アジア人というだけでここでは目立ってしまう。それを逆手にとれる日は、多分来ないだろうけれど、多人種多文化に身を置くという貴重な経験だと、いつか感じる日がきたらいいなぁと思います。

午後は、邦人のお友達が遊びに来てくれました。
ご自身で増やしたポトスや、豆乳製造器でできた新鮮なおからもたくさん持ってきてくださいました。とっても嬉しかったです。
Imgp4139

彼女は休暇をとる前で忙しい時だったのに、寄ってくださって有り難かったです。キコとミコはすっかり仲良くなり、まとわりついていました。

彼女を見送るとき、運転手が見つからず、外を見て回ったのですが、その際、なぜか銀行の警備員と目が合いました。
何か言っているので、聞き直すと「ガゾーザ(賄賂)くれ!」とごつい銃を肩に担いだいまま言うではありませんか。ドアホ!!と言いたかったのですが、「なんで?」とだけ言って去りました。ため息しか出ない私です。

頂いたポトスを飾り、部屋に増えた緑にホッとしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/01 意外とできる

Imgp4099

午前中のうちに、ダーリンは出張のため、南アフリカの首都プレトリアに行きました。
ちなみにヨハネスブルグは、首都ではありません。ヨハネスから車で40分くらいで首都に到着します。

さて、ミコがお昼寝をしている間に、キコとポンヂケージョ(チーズパン)を作って焼き上げ、それをお昼ごはんにしました。
午後は、クリスマスプレゼントで贈った「シールで作る手作りアクセサリー」を作りました。キコは器用に小さいシールも貼っていけるけど、ミコはどうかなぁ、そもそもこのキットは5歳からだし、と思って様子をみていました。
Imgp4095

でも、2歳のミコでもできるもんですねぇ。ちゃんと同じ形のところに、同じ形のシールを、枠を見ながら、貼ることができていました。
それで、出来上がったネックレスやブレスレット、ベルトやヘアバンドをして、二人で楽しそうに遊んでいます。

ダーリンがいないし、停電しないうちに早め早めに行動しようと子供たちに呼びかけています。キコは「分かった!協力する~」と言ってくれるので、頼もしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/31 年度末なんだ

Imgp4101

年度末を実感するのは、ダーリンの忙しさから。暇な時期などいつもないけれど、年度末はやっぱり更に忙しそう。出張者も増えていたし、ちょうど引っ越しもあったし、みんなが健康なのが救いでした。

今のキコの幼稚園は、9月が学年の切り替わりだし、私も日本では米系外資だったので、年度は9月スタート。3月の年度末の忙しさを覚えているのは、結婚前の金融とNGOの時だけです。ずいぶん昔ですねぇ。

今日は午前中に買い物に行きました。
8リットル入りの大きなミネラルウォーターが買えたのが、今日の一番の喜びです(笑) 乾物を戻したり、お米を研いだり、乾麺を食べたり、日本のご飯は本当に水をよく使います。
日本が、水が豊かな土地なのだと、こういうところから、感じずにはいられません。

午後はダーリンはお仕事でオフィスに行き、私達はのんびり家で過ごしました。キコとミコは、毎日ベランダを掃除という名の水遊びをしてくれています。今日は天気がよく、遠くに海が見えます。

夜は、今来ている調査団とお食事することになっていて、私達も一緒です。早めに着いたシェウーで、ダーリンが打ち合わせをしている間、塗り絵をして待っていました。
Imgp4105

そこに同じ組織のKさんや調査団の通訳の方も合流。通訳の方は、私達が駐在していた同時期にサンパウロに派遣員としていらした方なので、共通の知り合いがいたり、話しが弾み、楽しかったです。
キコとミコは、大好きなKさんと遊んでいました。ほんのひと時でも、こうして誰かが母子だけの状態に割り入ってくれる有り難さを感じます。

夕食も10人以上で円卓を囲んで、楽しく飲んだり食べたりできました。朝以外は母子だけの食事なので、こういう賑やかな食事は、やっぱり嬉しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/30 身近な銃の話@ルアンダ

Imgp4083_3

フレンチスクールのママ友リャンホンさんは、今日が最後の日。
明日には、ご主人とドバイを経由し、そこからは3歳と1歳の兄弟を連れて、シンガポールへ向かいます。
六月に出産予定ですが、お腹はだいぶ大きいような気がしますねぇ~。上海からお母さんも来てくれるんだそうです。それで、年内には赤ちゃんを連れて、ルアンダに戻ってくるとか。

いつもお迎えの時、開門までおしゃべりしたり、情報交換しているお友達が居なくなるのは寂しいです。でも、アンゴラでの出産は、やっぱり怖いですし、一人駐在で、土曜日も出勤している忙しいご主人を考えれば、シンガポールでの出産は妥当です。
母子ともに無事でありますようにと、お腹をさすってお別れしました。

フランス人のご主人に、自分が調理できないような中華食材は残していってほしくないと言われたうえ、シンガポールで食材を買いこんでくるからと、貴重な食材を分けてくれました。
干しシイタケ、わかめ、ザーサイ、焼き海苔、なぜか資生堂のフェイスパックなどなど。有り難く頂きます♪

午後は、韓国系カナダ人のソンミさんとアインちゃんが、遊びに来てくれました。エレベーターの説明や、うちの駐車場の警備員のやりとりが面倒なので、スーパーの駐車場で待ち合わせて行きました。

おいしいチャプチェ(しらたき炒め)やジョン(韓国のお好み焼き)を、私もキコもミコもたらふくごちそうしてもらいました~♪

彼女からは、夜、郊外のレストランに行く時の話を聞きました。郊外に向かう帰宅ラッシュの渋滞にはまり、銃口が(ガラス越しに)自分たちに向けられたそうです。驚きました。
彼女も人生で初めてだったといい、無事にやりすごせて幸運だったとも言っていました。

私が先週、徒歩で迎えに行った話をすると、麻薬でイカれている人も多いから、歩くべきではないとも言われ、今日は銃口の話の後のせいか、素直に納得しています。
この国、治安が悪くなったら、それこそ家族は来れなくなります。そうじゃなくても、教育問題が大きいのに、治安まで悪化したら、残念ですが、家族同伴は難しいだろうと、感じています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/03/29 敢えて車で

Imgp3914

先週、ミコと一緒に、キコのお迎えに行った私。今日もまた運転手が、お休みを取り、歩いていこうと考えていました。これ以上、休むと減給するとダーリンから言ってもらっています。

ただ、実際のところ、週一度位なら、私の体力でも行けるし、いい刺激だなと思っていました。でも、今日は夫の会社の車が手配されました。どうも、私と子供たちで歩くのは、やはりよくないそうです。

通学路として通るのは、アンゴラのシンボル的な広場のすぐ脇。いつも警察官がいて、渋滞がひどくて嫌な場所なのですが、現地スタッフのマテウスによると、警察は交通整備だけをしているわけではないそうです。
そういう場所がゆえに、売名行為をする人もあるようで、警戒のためにいるとか。

それで母子だけで歩くのは危険だということで、会社の車が手配されました。歩いていったら20分で着く距離を、車で30分、結局フレンチスクールのある道に入ったら動かないほどの渋滞で、私はミコを抱えて、歩いていきました。
その道は、アンゴラの学校もあり、学生が多いので、広場のような危なさは(多分)ありません。

お迎えにいくと、教室には既に生徒が2-3人しかおらず、廊下もがらんとしていました。キコは不機嫌そうな顔をしていましたが、しょうがないですね。

道路に出ると、ちょうど会社の車が、フレンチスクールの門から見えたので、乗り込みました。渋滞のひどさを物語っています。そこからまた、40分位かかって家に送ってもらいました。

ほーんと渋滞は嫌です。でも会社の車は、地方出張の悪路にも耐えうるランクルなので、大きくて、いい眺めでした(^-^) 信頼できるマテウスの運転なので、それも気分よく乗れていた理由かもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/28 気持ちが健やかでないとき

Imgp4082

新しい家に来て、家にいる時間が一番長いのは私とミコ。
動線や生活のリズムもできているけど、なにしろ危険が気になります。ベランダの外壁のガラス、力ずくで押したら、ガラスが落下しそうだと感じるのはアンゴラだから。石のベランダの床、子供たちが水で流して掃除をしてくれるのは嬉しいけれど、足元が滑るのが楽しいようで、勢い余ってお尻を打つこともしばしば。お尻ドン!でも痛いけれど、誤って頭でも切ったら、石ゆえにスパッといきそう。

私が小さい時は、滑り台から落下したり、対面式のブランコ(昔は有りましたねぇ)で足を挟んだり、コタツの角で唇の下を切ったり、重症にならなくても、すりむいたり、転んだり、かさぶただらけでした。
そうやって、体で危険を覚えていくものなんですよね。でも、それはきれいな水、万全の医療体制があることが前提です。

ちょっとした傷でも、水が汚いから、治りにくく、むしろ悪化するアンゴラ。渋滞の中、出血多量で万が一になったらどうしたらいいのかとか、そんなことを考え始めると、つい、子供にあれもダメ、これもダメと言ってしまう。
四歳のキコは分かってはいるけど、集中力もあり、やり始めると体も大きく、勢いもあって、怪我が大きくなっているような気がします。それでついつい声を荒げて、制してしまう。

それが自己嫌悪になるんですよねぇ。でも本当に、何かあったらのことを思うと、ここでの生活を守る人の精神衛生は、厳しいです。
蚊を見つけると、殺すまで、本当に「必死」の私。そんな私をダーリンは、「病気?」といいますが、それでマラリアになったら、どうするんでしょう。
蚊が媒介するし、私は蚊の区別がつかないので、とにかく死んでもらうまで追い続けるんです。7階に住んでも、蚊を三度ほど見つけました。人についてきたんでしょうね。
蚊帳に寝なくなりましたが、毎晩蚊よけスプレーをして眠っています。

ここでは日々の生活に、エネルギーがいる。
イライラしている私を、自分でもどうにかしなくちゃ、と思っています。

で、夜は日本語の音楽を歌いながら、ワインを開けました。子供たちは、歌っている私の横で、笑いながら踊っています。子供が眠りについた後は、ウイスキーを飲んで、Facebookで愚痴放出。同じ時間にPCを開いているらしい、ルアンダのお友達が反応してくれました。有り難いですね、頑張る元気が湧いてきました。

写真は、種から育てたもやし。1週間もしないうちに食べごろです。細いけど、シャキシャキしていて、この食感はいいですねぇ。今日はお味噌汁に入れました~♪手前の瓶に入っているのが、種です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/27 朝から雨

Imgp4080

明け方から雨が降っていて、キコとダーリンが登園するときもまだ雨は止まず。キコは嬉しそうにレインコートを着て、登園して行きました。
雨で、街中の土埃が落ち着いていくのが分かります。木々の葉っぱが緑色に見え、土埃なのに、重たくたまった赤茶の膜が、ベロリと剥がれ、街が一皮むけたように見えるんです。

今はマンションで、心配事は減ったけれど、オフィス兼住居の時は、雨が降れば(新築でしたが)、雨漏りの心配がありました。

今回の雨季は、雨が少ないのですが、去年の雨季は、雨がとても多く、ジャングルクルーズ状態になることもありました。子供ははしゃぎますが、私などは気が気ではなかった記憶が思い出されます。

雨で人が死ぬこともあるアンゴラ、雨上がり、色々なものが地面の表面を流れ、あまりの汚さに目を覆いたくなることもあります。喜びの恵みの雨となるには、インフラの整備が欠かせないのだと感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/26 朝から突然二時間工事

Imgp4078

海に入らなかったし、明るいうちに帰ってきてはいるけれど、昨日の海の疲れはじわりと出てきます。それでもお弁当を作ったり、家事をしていると、あっという間に朝の時間が過ぎていきます。

なにも終わらないなぁと月曜日の朝は特に焦る気持ちがあるのですが、9時前にドアをノックする音が…。予想通り、工事の人でした。どうも下のフロアで水漏れがあるらしく、水道管がある個所トイレや洗面台、お風呂や洗濯機などの部屋に入ったり、台所の元栓をいじったりと、人の出入りが頻繁にあります。

既に顔なじみになっていて、玄関口においたままのスーパーのビニール袋を、私が言わなくても、靴の上にかぶせて入ってくるのは、有り難いです。しかーし、どうでもいいから、早くしてくれ~。気が休まりません。

年上の技術者が冷蔵庫の裏を見たいといってきました。
引っ越した当初、冷蔵庫のそばから水が漏れていたことを思い出し、そのことを話すと、合点したように、作業を始めました。下から見上げる体勢がいいらしく、冷蔵庫の裏から、写真のとおり、袋をつけた足だけ見えてます。
どうもそこに何かあるようでした。
結局二時間作業をして、最後に「終わった、これで大丈夫だ」と言って靴のビニールを外し始めました。12時には出かけるから、というと、「もう来ないよ」というので、ひとまず今日は大丈夫そうです。

オフィス兼住居の時も、メンテナンスなどよくありました。話しかけられるポ語が完全に分からなくても、現地スタッフやダーリンを呼べば良かったのですが、今はそうはいきませんから、結構疲れます。なんとなくわかりますが、性格上、ほんとはしっかり理解したい私。
語学力がついていかないのが悲しいのですが、聞きとれるようになったのは、アンゴラ生活のおかげかもしれませんね。明日は、何の工事も来ませんように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/25 郊外の海へ

Imgp3968

久々にカーボレードに行きました。カーボレードは、ルアンダから片道2時間走ったところにある海岸で、外国人向けのレストランやロッジがあります。
片道2時間の距離、決して遠くないのですが、一本道。事故や雨、検問などで渋滞すると、恐ろしいことになります。過去に何度かあり、15キロの道を3時間かけて通ったことがありました。その時は、既に日が落ち、キコは我慢できず、車内で用を足しました。

今日は行きはひどい渋滞がなく、いい感じのドライブでした。警察にも捕まったけど、書類を見てすんなり通してくれました。Imgp4012

途中の奴隷博物館を眺めたり、「月の展望台」と呼ばれる場所にも行きました。クワンザ川の手前にある装甲車。内戦時代のものでしょうか、今も佇んでいました。

七時過ぎにはみんなで出発できたので、10時半にはカーボレードに到着しました。初めて、こんなきれいな海を見ました。遠浅で、青く、澄んでいました。こんなにきれいなカーボレードの海を見たのは、アンゴラに来て初めのことです。

キコもミコも「海、きらい」と言っていましたが、ダーリンと一緒に入ったり、波打ち際でみんなで遊ぶうちに、当然大好きに(笑)
海は長く入っていても、体が冷えないような水温で、とても気持ちのいい状態だったそうです。
車三台、大人8人、子供4人の大所帯でしたから、キコもミコもパパを筆頭にみんなに遊んでもらって、とっても楽しかったようです。
Imgp4025

みんなで食べたロブスターの素焼きや海鮮リゾット、お魚のグリル、美味しかった~。

往復渋滞がほぼなく、明るいうちに帰ってこれて、今日はとってもいい日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/03/24 NHK地球ラジオ

Imgp3908

朝9時半、NHKのディレクターから「音」の確認がありました。出演が決まってから、ディレクターとは何度か電話で話しています。

今日は、NHK「地球ラジオ」のネットワークというコーナーに、生放送で出ることになっています。
もともとは、今、ダーリンのオフィスにいるKさんがモザンビークにいた時代にこのラジオに出演して、それがご縁で彼女のところに来た話。それを彼女が私に譲ってくれたのでした。有り難いことです。
リスナーの質問に答えるのですが、今回は「動物を使った例え」についてが質問内容。
私がそのレベルの会話をできるわけがなく、ダーリンを通じて、現地スタッフのマテウスやパウリーノに聞いてもらいました。

事前に原稿のやり取りがあり、色々話したいことはありましたが、アンゴラの首都ルアンダLuandaであって、ルワンダRwanda(国名、首都はキガリ)ではないことや、アンゴラウサギはアジア原産で、関係ないことなども話せました。
アンゴラと言う国、ルアンダという首都の名前だけでも、多くの人に届いたなら、それだけで十分なのだと思いました。
アナウンサーがもつ自然な雰囲気に飲まれ、最後は話すことが楽しく感じていたほどでした。公共の電波を使うという意識が、私に何度か音読するよう促したのも、功をなしたようです。

無事に5分が終わり、最後にディレクターとお話しして、終了。程よい緊張感が気持ち良かったです。

午後は買いものに出かけました。引っ越して落ち着いたので、ストック用の食材も買いました。
二軒回り、あっという間にうん万円…あぁ、世界一物価高のアンゴラ。お財布がすっからかんです。それでも、8リットル入りの水も買えたし、良しとします。

写真は、初めて作ったバカリャウ(干しタラ)のグラタンです。ポルトガルに旅行した時、緑豊かなシントラという街に行きました。そこでお昼に食べたグラタンを思い出し、バーミックスで材料をピューレ状にしてから焼きました。美味しかったけど、次回はもう少し固めに仕上げたいと思いました。バカリャウの塩ぬき加減がちょうどよかったので、味はよかったんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »