« 2012/06/09 また断水 | Main | 2012/06/11 ミコの九月からの行き先 »

2012/06/10 地雷除去の現場とお友達の送別会

Imgp6318

昨晩のうちにシフォンケーキを作り、ご飯を三合炊いておきました。
朝、完全に冷えたシフォンケーキを型から外し、ご飯は一口おにぎりして、ごま塩やゆかりをかけて、空き箱にセット。
八時に家を出て、向かったのは、二時間ほど行ったところにあるマブーバスという場所です。ここは、地雷処理を支援する日本のNGO(JMAS)が活動している現場です。
今は四人滞在し、三人は自衛官のOB、一人はフランス外国人部隊出身者です。コンテナを家にして、自炊しています。ケイトウや松葉ボダンなどを増やしていて、とてもきれいでした。


Imgp6321


私と娘達は初めての訪問で、今日は他に同じオフィスの人や関係者も一緒に訪れています。ここに四年駐在した方の送別会として来ています。

子豚の丸焼きがあったり、完熟パインの収穫をさせてもらったり、手の届くところにあるパパイヤにタッチしたり、ニワトリに餌を与えたり、楽しかったです。美味しいお酒やお惣菜もたくさん並びました。そこに私のおにぎりとケーキも置きました。

ちなみに子豚やウサギというのは、冷凍で丸ごと、スーパーに並んでいます。今回の子豚は焼く前に、ちゃんとお経を詠んでもらったそうです。こちらの現場には、僧侶の資格(?)を持っている方もいます。
キコとミコの反応は、意外にも淡白で、大人の私の方が、ドキドキ。食感は・・・・飴色になった皮は北京ダックに近かったです。
それと完熟のパイナップルは、芯までとびきり甘く、本当に本当に美味しかった。ジューシーで、素晴らしい味でした。初めてパイナップル収穫をした母子三人です。有り難い経験でした。Imgp6353


本当は私、地雷原の話とか活動について、聞きたかったのだけれど、キコもミコも場所慣れ人慣れに時間がかかり、それどころではなりませんでした。残念!

でも、マブーバスの現場は、とてもきれいでした。埃っぽくないし、ハエも少なく、ゴミもなく、バオバブの木々があり、
夜は天然のプラネタリウムだそうです。首都ルアンダだけが、なんだかオイルマネーで踊らされているような気がしてならない私でした。


お昼すぎ、次はキコのクラスメイトの送別会に行ってきました。郊外にあるお家には、遊具もレンタルされていました。今回移動する家族は、ブルネイ→アンゴラ→コンゴ共和国なんだそうです。
ルイーのお母さん、キャホリンは、三年住んだアンゴラが大好きだそうです。そういいきれるのは、羨ましいですね。
Imgp6397


キャホリンが考えた色んなゲーム、楽しそうだし、キコの名前も呼んでくれているのに、キコは首を振って拒否。「ゲームに参加しないのに、楽しいの?」と言うと「見ているだけで楽しい」と返すキコ。レンタルされた遊具も、他の子供がいないときだけ、ミコと遊ぶキコ。性格なので仕方ありませんが、べったりなので、疲れるし、本当に楽しいのか不思議です。いつも遊ぶお友達がきていなかったのも、キコは予想外だったのかもしれません。
帰り際、ちいさいプレゼントとお菓子をもらって、ご満悦のキコとミコ。ま、よかったよね。

なが~い運転、ダーリン、お疲れさまでした。帰り途、市内に入ると市民のデモに当たって、道路封鎖中。迂回して家に到着しました。ダーリン、どうもありがとう!
Imgp6417

|

« 2012/06/09 また断水 | Main | 2012/06/11 ミコの九月からの行き先 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/54960065

Listed below are links to weblogs that reference 2012/06/10 地雷除去の現場とお友達の送別会:

« 2012/06/09 また断水 | Main | 2012/06/11 ミコの九月からの行き先 »