« May 2012 | Main | July 2012 »

2012/06/23 タラトーナで過ごす休日

Imgp6820
ダーリンは土曜日だけど、一日お仕事。今日はもともと郊外のタラトーナの邦人宅に遊びに行く予定になっていて、ダーリン不在で行くことになりました。同じように、ご主人が仕事で不在の邦人母子も一緒です。

うちの運転手は、土曜日に教会に行く宗派らしく、土曜日は働きたがりません。それで先方の運転手を手配していただくことになってしまいました。
長い運転手になると、お互い顔が分かるので、安心です。アンゴラも二年になると、だいぶ黒人の顔が識別できるようになってきました。大変失礼ですが、そういうものだと思います。

今日は最初から女性陣は飲むことに決めていたので、私は昨晩休肝しました(笑)
キコとミコは、お兄ちゃん達とベランダでボール遊びをしたり、そのあとは敷地内の遊具で遊んでいます。年上のお兄ちゃんは、保父さんのようによく面倒をみてくれています。外から呼べば聞こえる距離。安心して飲んでいました(笑)
さすがにプールの時だけは、ついていきましたが、プールサイドにワインとスナックも持参して、飲み会続行です。
Imgp6827

ビールで乾杯、ビーニョベルヂ(発泡性若い白)、私が作ったカイピリーニャ、白ワイン、赤ワイン…ほほほほ、飲みつくしましたね~。美味しかった。
お酒が進むのは、美味しい料理のせいもありますし、楽しい会話のせいもあります。どちらにしても、アンゴラの憂さを晴らせる時間でした。
ご一緒していただいた女性は、駐在歴も海外生活歴も私より長く、経験豊富で、とても勉強になります。ほんと、楽しかった~☆みなさま、ありがとうございました!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/22 また遊びに来てしまった

Imgp6800
キコのお誕生日ウィークなので、母は必死でお出かけしています。
動物園もないし、レストランも気軽なのがないし、今週は頑張って週三度めのお出かけです。今日もまた市内の邦人宅にお邪魔しています。
おうちにお邪魔したのは、娘達は最初くらいで、出してもらった鯛焼きをキコはぺろりと二つ食べ、さっそくフランス人姉弟と遊んでいました。今日は敷地内の彼らのおうちにも遊びに行って、一緒にお絵かきしたり、おやつまで頂いた様子…。私はその間、邦人ママ同士でおしゃべりしています。楽しかったです♪

私は運転手が、昨日通った道が理解できずにいました。
海辺に行くのに、なんで海辺からどんどん遠くに行って渋滞を避けようとするのか、彼の思考が理解できませんでした。それで、結局へたなポルトガル語で、彼に聞いてみました。
すると「ただ渋滞を避けようとした」だけだったということが判明。

えー!「目的地から遠くなったら意味ないでしょ?私はアンゴラ人ではないけれど、市内にもう2年も住んでいる。車の運転は知らないけど、道は知っている」と話しました。
すると、運転手のアルセーリョ、素直に謝り、「あなたは私の主人だから、命令してくれ」と言ってきました。運転手なんだから機転を利かせてよ、と思ったけれど、仕方ありませんね。

海外在住が長いお友達も「完璧を求めないことが大事」とおっしゃっていて、そのことが染みいります。お友達と話していて、気づきも多く、やはりおしゃべりは私には必要です。
海外で自分の希望通りにするならば、気長に辛抱強く教育する必要があります。それができなければ、ある程度のところは目をつぶる図太さが、自分に求められるんですよね~

そうそう、ビザが下りました~。つまりパスポートが戻ってきた!と言うことになります。
ほっと一息。これで来月の休暇を国外で過ごすことが、現実的になってきました。あぁ、よかったよ~。
ミコはザンビアへ行く際、私が飛行場で号泣したことをよく思い出して、話します。何かにつけ、「ママ、飛行場で泣いちゃうもんね~。えーんえーんって」と繰り返します。
ほんと、ビザが下りなかったら、今度はどこで泣いていたかしら(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/21 海辺での誕生日会

Imgp6730
昨日は興奮してなかなか寝付けないキコでしたが、プレゼントが気になって、朝はちゃんと起きました。そして、食べるとすぐにまた遊び始めます。いただいたアクセサリーや新品の靴下をはいて、、登園です。ほんと、よかったねぇ。

午後は、海辺のSHOGUNというレストランへ出かけます。なので、朝から夕食の準備。一通り終わったところで、管理人のLauさんがノックしてきました。
「貯水レベルが低いから、水を貯めておいて。給水車は今、ヴィアナにいるから、時間がかかるよ。」とのこと。「夜には水はある?」と聞くと、「多分その頃には給水車が到着していると思う」との回答。
渋滞はひどいと本当に動かないので、この回答は模範解答です。既に空の容器に貯水は50リットルほどしていますが、お風呂のバスタブや洗面台や台所の流しにも水を貯めました。
バスタブなどは貯めても、水なので、あとから熱湯でぬるくできるような低い水位まで貯めました。そんなことをばたばたやっているうちに、お迎えの時間です。

Imgp6742

キコをお迎えに行き、幼稚園でトイレを済ませ、海辺へ向かいました。
海辺に行くのは初めての運転手。昨日のうちに、場所を知らない場合、ローカルスタッフに聞いておくようにと言ってあります。
だから安心して乗っていたのに、海辺からどんどん離れていく…私のイライラは最高潮に。でも渋滞もひどいので、ただもう任せておりました。レストランに到着するまで一時間半弱。
子供たちには、渋滞に備えたクッキーなどを食べさせていました。お店に着くと、先に待っていた韓国系カナダ人のソンミさんとアインちゃん、そして邦人のお友達が既に始めていてくれました。

ひとまずビールで乾杯。運転手の勘の悪さなどをひとしきり話して、ビールを飲んでスッキリ(笑)
平日は人が少なく、海の風は気持ちよく、気分が良くなりました。

アンゴラに来る出張者や短期滞在者は「アンゴラ、いいね~」と言います。
治安もひどくないし、食事も美味しいし、海に面していて、レストランもたくさんあると。そりゃそうです。生活しなければ、この国はいいかもしれない。ポルトガル系の料理は魚やお米など、日本人には馴染みのある食材で味もいい。
しかーし、海辺に来るのに一時間半、ここで頼んだお寿司の盛り合わせは130ドル以上、公園もなくて、学費が高額で英語でもポルトガル語でもないフランス語教育をさせている私なんて、そんなこと感じるわけありません。

ソンミさんは7年、邦人女性は3年、私はほぼ2年。それぞれに感じるアンゴラのストレスを吐きだしました。
吐き出させる相手がいるだけ、本当に助かっているし、ありがたい。


Imgp6752_2

キコとミコは、アインちゃんと砂浜や波で遊んだり、貝殻を拾ったり、海で遊ぶアンゴラ人達と挨拶したり、裸足になって楽しそうにしています。うちからは海が見えるほど近いのに、平日は酷い渋滞だし、週末は店に人が多いし、何より外食は高くて、主婦的にはやっぱり…ね。

でも海はいいなぁ。遊具がなくても、砂浜と波が遊んでくれる。夕日をみて色の違いを話したり、アインちゃんは「波がアインを捕まえに来る」って詩的なことを言っていました。
潮風も波の寄せる音も本当に気持ち良かった。

今日はどう考えても大人一人100ドル以上かかっているのですが、ソンミさんが「キコとミコのお誕生日だから」と言ってご馳走してくださいました。
韓国人はそういうところがあるのだけれど、ここだと菓子折りもないし、ただありがとうしかいえません。アインちゃんは「ひじきの煮物」が好きなので、それを今日おすそ分けにもっていっていたのですが、「ひじきをもらったから、何もいらないよ」って言う彼女。日本からの食材だけど、100ドルはしないわけで、いつもながら恐縮してしまいます。

Imgp6789

いい気分で車に乗りましたが、帰りも渋滞一時間。せっかくリセットされたのに、あっという間に元のストレスレベルHighに戻してくれる渋滞です…

そうそう昨日の大規模なデモは、催涙弾や発砲もあったとか。死者が一人出たという話しもあったけれど、野党系のラジオのニュースだそうで、真偽ほどは定かではありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/20 家族でお誕生日会

Imgp6685
今日は大規模なデモがあるとのことで、午後は自宅待機です。
もともと今日は何も予定はいれていなかったのだけれどね。ダーリンからの電話をもらった時点で、私は既にスーパーの入口におり、そのまま買い物を済ませました。
デモの話を聞いた後だったので、いつもよりつい買いだめの傾向が出てしまいました(苦笑)

フランス人学校にいくと、開門時間前なのに、扉が開いていて、いつも門の前で待っている運転手や顔なじみのママたちも既に中にいました。デモの規模の大きさを感じます。
こういう時はポルトガル語です。入り口の警備員や他の保護者、教室に行って先生に話すのもポ語。つたないけれど、伝わります。
学校側もデモの情報を得ていて、いつもは見ないスーツ姿のお父さんもお迎えに来ています。

うちの周りは、外出を控えている人も多いのか、道路は空いています。ダーリンに無事に家についた電話を入れて、お昼は昨日の残りのカレーライスです。

夜はお誕生日会を家族でやりました。
キコは6月19日、ミコは7月1日生まれ。ダーリンは忙しく、当日も週末も会食があり、平日ですが、今日やりました。そして初めて、6時前に帰宅してくれました~。

Imgp6692
ミコに「キコと一緒のお誕生日会でいい?」と聞くと、「いいよー。」ということで、一緒にやりました~。
どこまでミコが意味を理解していたかは分かりませんが、料理とケーキを一人で全部作るのは、結構な労力です。

朝は、スタッフ用に自主的にプチケーキを50個作り、そのあと、ひじきの五目煮。幼稚園のお迎えから帰って来た後、スポンジケーキを作り、ご飯を研ぐ。ひよこ豆とズッキーニのサラダを作って冷やしておき、解凍しておいたヒレ肉を切って、ヒレかつの準備。
かつを揚げて、ご飯を炊いて(うちは鍋しかありません)、その間にケーキのフルーツを挟んで、飾り付け。

疲れたー。でも、食卓に並べてみると、大したこと、ないんですね(笑)
子供用のシャンメリーも今回は初めて買って、家族で飲みました。アルコール抜きだけど、甘さも控えめで予想以上に美味しかったですよ。スペインのものでした。

ケーキには、ミコの3歳、キコの5歳を順番に灯して、歌を歌いました。
キコのほうは、花火になっていて、火が消えたと思うと、また点いたりして、大賑わい。自分で作るケーキには、イチゴを乗せたかったけれど、今日はスーパーにはありませんでした。美味しくないし、高いイチゴ。でも奮発して買おうと行ったのに、ない!あぁアンゴラだなぁ。
それで結局、写真の通り、キウイ、バナナ、ピンクグレープフルーツ、缶詰の黄桃を上にも中にもたっぷりと。それで、高さも出たし、生クリームは、缶のスプレータイプを使ったけれど、それも甘さが控えめで、美味しく仕上がりました。Imgp6722


しっかり食べて、歯磨きを終えた後、プレゼントを出しました。実家と出張者にお願いして届いたプレゼント。両家両親や妹家族からのカード、リカちゃんのドレス、王子様レンくん、そして絵本。キティちゃんのブレスレットや可愛いシール。同僚から頂いた赤やピンクのポーチ、お友達から頂いたキティの鉛筆と折り紙。
すごいなぁ。ほんと、恵まれているね。そして多くの人に支えられて、こんな素晴らしい贈り物を、アンゴラで手にできることを感謝しています。本当にありがたいことです。

それにしても、あぁ、日本だったらレストランでお誕生日会とか、ケーキはデパ地下で美味しいのを買ってきたりできるのにぃ、と思いながら、一日台所に立っている自分を笑いました。
まぁ、人生、ここまでやるのはアンゴラくらい?と思いながら、食器の後片付けをしました。いつ断水になるか分からないと思うと、「今」やるしかないんですね~。
ダーリンが、キコとミコに、新しい絵本を読んで寝かしつけしてくれているので、助かります。美味しかったし、楽しかった。よかったよかった♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/19 キコ五歳のお誕生日当日は

Imgp6658

キコの誕生日当日。アンゴラ人のように学校でお菓子やおもちゃを配るのも嫌だし、(人数が多すぎて、無理)庭があるような家でもないし、学校でまとめてやるので、家族でお祝いしようと考えました。

しかし、忙しいダーリン。前日、当日、週末両日、会食なわけです。それで、明日水曜日、定時退社すると彼は宣言し、今日は母子だけで過ごす普通の日になりました。
いつもは週の後半に行くけれど、お誕生日くらい、おもいっきり体を動かして、キコが楽しいと思うことをやらせようと、前日に思い立った私…すいません、急遽お友達に連絡して、遊びに行かせてもらうことにしました。

キコは(もちろんミコも一緒に)、私の思った通り、フランス人のお友達とトランポリンをしたり、走り回ったり、お花を摘んだり、よく遊んでいます。まだ火曜日だし、翌日もあるので、時間的に思う存分とはいかなけれど、家で過ごすよりはずっと楽しかったはず。
と、私は思っています。プレゼントも明日にしようと思います。

Imgp6660

さて、来月は休暇でヨーロッパ旅行を考えています。
移動の電車やホテルを考えていますが、それ以前にアンゴラのビザの問題が勃発!!アンゴラのビザは史上最悪です。
ビザを受けるときは、パスポートも提出します。パスポートがない状態が三カ月あることもあるし、最悪の場合、途中で紛失されることもあるんです。うちはまだ3週間目ですが・・・・うーん。
公的機関がパスポート紛失なんて、一般的には有り得ないことですが、アンゴラではそういう有り得ないことが、日常的に起こるんですよね。だから外国人は強いストレスを感じるんだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/18 折り紙


Imgp6853
折り紙を配る機会があるかもと予測して、折り紙を始めたら、妙にハマってしまった先週。
その機会がなくなり、ちょうどよく明日はキコのお誕生日。クラスのお友達に配ることにしました~。勝手に、日本文化普及を目論む私です(笑)
キコが一緒に「かぶと」を折ってくれるようになって、量も増えたので、かぶとを30個、今日のうちに先生に届けました。

なぜか私、折り紙のテキストを買ってきていて、こちらは日本語、英語、仏語、スペイン語の四カ国語表記のテキスト。実は、一時帰国した時、和風小物やお香を買いに寄った鳩居堂で見つけて、買いました。さすが、銀座の一等地にあるだけのことはありますね~。

かぶとの他に、折り鶴、星型のお菓子入れ、風船、そしてあやめまで折ってしまいました。やはり日本人なんですね、私。ちょっと楽しかったです。折り紙を楽しくさせるとは、アンゴラ恐るべし。

そうそう、今日はキコは成績表をもらってきました。(まだ幼稚園の年中ですが)
先生のコメントは「Kiko a fait de gros progres et s'exprime de plus en plus en francais. Bravo, continue comme cela en Grande Section!」
Google 翻訳によると「Kiko has made great progress and is expressed increasingly in French. Bravo, as it continues in Kindergarten!」とのこと。

キコは私が言いたいこと、先生が私に言いたいことを訳してくれることもあり、頼もしいです。
キコのまねをして、フランス語を繰り返すことがあります。でも「R」の発音は何度やっても、「ママ違うってば~」といいます。あはは、ママはカタカナで発音してるからダメなのよね。

| | Comments (171) | TrackBack (0)

2012/06/17 父の日

Imgp6618
今日は父の日ですね。母の日は、フランスと日本は日が違うようですが、父の日は同じです。
キコは、幼稚園で作った作品を金曜日に持ってきており、「これはディモンシュ(日曜日)にパパに渡すの」と隠していました。
最近キコの発言は、日系人のような、ル―大柴のような、日本語を基本にして、単語がフランス語になっていることが多いです。結構おかしい。
幼稚園で作った、ナプキンホルダーを渡して、「色もキコが塗ったんだよ。パパ、青すきでしょ?この箱もキコが塗って、留めるのは、ミットレス(担任の先生)がやったの」と、一生懸命説明してくれました。
とても素敵な色使い、コラージュもとても上手にできています。
Imgp6643


私達にとっての両家の父@日本には、ネットで海鮮丼やお酒が届いています。選んで楽しい便利なネット。贈る相手がいるのは、幸せなことです。

今日はいつも通り買い物に行き、お昼は出張者と中華レストランシェウーで食べました。
夜は、ブロッコリーが買えたので、茹でたブロッコリー二房とポンヂケージョ、ステーキとポルトガルのビーニョベルヂ(若い白ワイン、微発泡)。
ステーキを焼くのはダーリンの役割なんですが、いつもとっても上手に焼いてくれます。とっても美味しかったです(^-^) 娘達がくれた「父」という役割、あなたは十分に果たしているし、あなた自身も満喫しているんだろうと感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/16 年度末の生活発表会

Imgp6482

今月でフランス人学校はおしまいです。年度末の生活発表会と言うか学芸会みたいなものが、土曜日ですが、ありました。朝、八時半に教室にキコを送り、校庭へ出ると、ステージもあり、テーマ「シネマ」に沿った装飾がなされています。

最初にアンゴラとフランス国歌斉唱がありました。キコが「君が代」を覚える前に、アンゴラとフランスの国歌を覚えたらどうしようと思った私。笑えません。

年少さんから演目スタート♪ディズニーの「レミーの美味しいレストラン」や「カンフーパンダ」などなど分かりやすい子供向けのものがあり、そんな中、キコのクラスと隣のクラスは、合同で「Dancing Queen」を踊っていました~。Imgp6486

舞台に上がる前、整列しているときにダーリンが撮りにいくと、手を振る余裕があるキコ。衣装も着て、かわいいです。
ステージでは、下を向かずにそれなりに動いていたような?とにかくマナーのない撮影隊が多くて、困りました。特にアンゴラ人…。I-Padでそのまま撮影しちゃう人もいるんだもん…でかいし、邪魔だってば!
それにしても、カメラは日本ブランドですね。一眼デジカメは日本ブランド!誇らしく思います。本当に!

お教室に迎えに行くと、先生と一緒に記念撮影をとったり、いつものキコでした。それが成長を感じさせ、母ちゃんは心底嬉しかったです。もうママの通訳ができるキコ。ほんと、よくやったね~!
Imgp6603

学校の備品かと思った衣装はプレゼントで頂きました。いい記念です。
学校内にあるパン屋に行ったり、幼稚部の園庭で、いつも遊ぶティントワとおっかけっこをしたり、ミコも9月から遊ぶ園庭でジャンプしたり、滑り台で遊んだりしていました。

未だに私の仏語は上達どころか、進歩せず…でも幼稚園においては、ここに入ることができて良かったんだと、園庭の小さいベンチに腰をおろし、赤土まみれになっているキコとミコを見ながら、感じました。Imgp6582

アンゴラは、私にとっては大変。だけど、狭い日本人社会も、小規模なフランス人学校も、今の私にはそれなりに快適で大切な私の居場所です。場所があるから、どうにか暮らしていけるんでしょうね。感謝したいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/06/15 売りものみたいなメロンパン

Imgp6442
金曜日、今日もまた邦人のお宅にお邪魔しました。ほんと、毎週、もれなくお邪魔していて申し訳ないのですが、エネルギーが有り余り、お友達と遊びたい娘達ゆえ、お願いしています。
私自身も、毎日学校に行っても日本語でおしゃべりできるわけぢゃないし、ひたすら三食作って、家にいるだけの生活なので、週一度お邪魔させてもらうのが楽しみです。

今日は、なんとメロンパンが出てきました。メロンパンですよ。
もちろん手作り!真剣に売りものみたいでした。感動~。すごいです、私も見習ってみようかなぁ。メロンパンですよ~!すごーい!!

遊びに夢中の娘達。すきっぱらを抱え、帰りの車の中ではお土産でもらったメロンパンを頬張り、「どこで買ったの?」と聞く始末。そうでしょ、そうでしょ、売っててもいいよね~と、言ってしまう私。
自分が作ることを、この国にいる以上最初に検討しなくてはいけませんね。
ほほほ。他力本願な性格です(笑)

Imgp6448

今日はキコはエバとも遊べたようだし、楽しく一週間が終わって良かったね。ミコは、Mちゃんを妹にしてお姉ちゃん風な立ち居振る舞いができて、それはそれで良かったね~。お邪魔しました、今日もありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/14 次々といなくなる

Imgp6437

韓国系カナダ人のソンミさんに遊びに来てもらいました~。
先週は風邪がひどくて会えなかった彼女と一人娘のアインちゃん。今日は元気でしたが、ミコは鼻水ズルズル。
乾季に入り、朝晩涼しく、夜中は肌寒い位のルアンダ。季節の変わり目で、学校やプレイグループでは風邪ウイルスが蔓延中。子供たちが風邪をうつし合い、親も移っているのが、ここ数週間の子持ち家族の健康状態です。

そうそう、この寒い時期なぜか、パパイヤの花が咲きました。食べたパパイヤの種を植えたのが一年半前だったような?今朝さいているのを、ダーリンが見つけて、教えてくれました。小さくてかわいいお花です。

さて、ソンミさんとは、お互い休暇先やルアンダの治安、今後の教育、リカちゃん人形の話しなどで盛り上がりました(笑)
ここのところ、アンゴラのNHKみたいなTPAがなぜか映らない我が家。それもあって、治安情報は人づてが多いのですが、唯一あるベラスショッピングセンターで日中、銀行からつけてきた強盗に狙われたブラジル人二人。もみ合いになり、ブラジル人が銃で殺されてしまったそうです。えー!!

Imgp6429

マジですか。そういう情報って、人づてに聞いていいのかしら。真偽のほどが分からないのが嫌だけれど、他にもレバノン人一家が襲われた話も聞くし、マラリアでなくなった母子の話しなども聞くことがあり、主婦アンテナは凄いです。

続いて、教育問題。我が家は今も言葉の面で大変だけれど、学費や教育システムを考えれば、フランス人学校に入れて良かったと思っています。
規模は小さいけれど、市内にあるし、幼稚部は年少から三クラスずつあるし。
ソンミさんは、学費補助がないため、どうせ同じお金を出すならば、とケープタウンに母子で引っ越す計画です。南アは一月が学校の年度始まり。ケープは南アフリカでも治安が良く、ルアンダからTAGG(アンゴラ航空)で直行便が出ています。
英語が公用語になっていますから、英語の学校で色々選べるそうです。イスラエル人のお友達母子も、同じ理由でケープに引っ越すそうです。一月始業に間に合うように、9月から移動するんだとか。

Imgp6435
アンゴラは、そういう意味で外国人の子弟の教育が辛いような気がします。郊外にあるインターナショナルスクールは、学費もさることながら、なが~い待機リストがあるんだそうです。

お友達がアンゴラから離れていくのは、仕方ないし、当然だし、自分もいずれそうなるとはいえ、目先やっぱり寂しいです。食べたくて作ったチーズスフレを一緒に食べながら、今のこの時間を大切にしなくちゃ、と思った私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/13 帰る場所

Imgp6422

キコの幼稚園のお迎えがご縁で、お友達になったレバノン人のマラックさん。いつもケープをかけて、顔と手足の先だけ外に出ているいでたちです。
今日は、本帰国の話をしてくれました。びっくりー!駐在というより、出稼ぎに近いかんじだった彼女。ご主人はアンゴラで事業を始めて、サンパウロ地区でお店を構えています。
ご主人はそのまま仕事を続けるのですが、マラックさんとキコと同じ年のヨラちゃん、ミコより1歳下のマラムちゃんはレバノンへ帰るそうです。
首都ベイルートにアパートの一部屋を持ち、郊外に家を建てたというマラックさん。アンゴラに六年いても、実はまだ23歳という若さ。アラビア語、英語、仏語、ポルトガル語を自在に操り、お料理もとても上手な女性です。

アンゴラのビザ、レバノンの持ち家の完成、学校の時期など、いろんな要素が重なって、来月頭に帰国を決めたそうです。ドバイからエミレーツ航空で3時間でベイルートだとか。是非遊びに来て!あなたが泊まる部屋はあるわ、といって、写真を見せてくれたけれど、寂しいなぁ。

ここで友達になると、自分も含めていつかは帰ると分かっているけれど、日常的に会い、「元気?」「うん元気!」なんていう普段の会話の相手がいなくなるって、寂しいなぁと感じました。
またいつか会えるかしら。心身ともに健やかであれば、きっといつかまた会えると信じています。

友達がいる国は、実際の距離とは別に、とても身近です。レバノンと言う国は、私は彼女やそのお譲さん達がいることで、ものすごく近くに感じています。教科書で習っただけのモスリムについても、彼女と出会ったことで、自分の知識になりました。出会えたことに感謝しています。

写真は、コウベマンテーガ。フェイジョアーダの時に付け合わせにしますが、私はこれが大好きです。コウベは日本語だとケール。ケールを刻んで、バターとニンニクとお塩で炒めて食べます。アンゴラのケールは、ブラジルのより葉が小さく、枝ごと売っていて、自分でもぎ取るところから始めます。面倒だし、あくも強い気がするけど、美味しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/12 事前告知があるという進歩

昨日はマンション管理のLauさんがきて、「貯水量がわずかだから、水が出なくなると思う。給水車を呼んでいる」と言いに来ました。
「お、ちゃんと管理者としての仕事の意味がわかっているな」と思い、「いつ給水車が来るのか」と聞いたら、「今、既に出発しているから二時間後くらい」と答えました。
アンゴラだから、あてにならないな、と思っていたけれど、断水せず、三時間後にはマンションの下で給水車を見かけました。

更に今日は、今から30分停電と断水になるといわれて、その通りになりました。ただ、ちょうどキコのお迎えの時間と重なってしまい、エレベーターはもちろん動かず。
私は、ミコを抱っこして7階(日本なら8階)から地下2階まで階段を使って降りました。

もちろん、非常灯が点いていたけれど、ミコ自身が薄暗いのを怖がり、さらにミコのペースで降りると、お迎えの時間に間に合わないこと確実だったので、抱っこ。しかーし、足元を確認しながら、抱っこで降りるのは結構厳しかったです。
でも事前告知があるなんて、素晴らしい!えらいぞーLauさん!ほめて、仕事のやりがいを感じてもらわなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/11 ミコの九月からの行き先

Imgp6282
今日、フランス人学校に、ミコの入学金を支払ってきました。
先週、学校からメールで案内があり、入学金の支払いを済ませた時点で、入学が確定するとのこと。支払った領収書を、会計課でコピーしてもらい、コピーを校長先生の秘書に提出します。
校長室に行くと、校長先生がコピーを直接受け取ってくれて、「これで大丈夫だよ。なんの問題もありません」と言ってくれました。

良かった~。これで9月からミコも行き先が決まりました☆
午前中は、お友達と一緒にエネルギーを園庭で放出させることができます。公園がないも同然のルアンダ、子供が体を使ってお外遊びできる場所を、親は自腹を切って用意しています。

さぁてと、私、何しようかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/10 地雷除去の現場とお友達の送別会

Imgp6318

昨晩のうちにシフォンケーキを作り、ご飯を三合炊いておきました。
朝、完全に冷えたシフォンケーキを型から外し、ご飯は一口おにぎりして、ごま塩やゆかりをかけて、空き箱にセット。
八時に家を出て、向かったのは、二時間ほど行ったところにあるマブーバスという場所です。ここは、地雷処理を支援する日本のNGO(JMAS)が活動している現場です。
今は四人滞在し、三人は自衛官のOB、一人はフランス外国人部隊出身者です。コンテナを家にして、自炊しています。ケイトウや松葉ボダンなどを増やしていて、とてもきれいでした。


Imgp6321


私と娘達は初めての訪問で、今日は他に同じオフィスの人や関係者も一緒に訪れています。ここに四年駐在した方の送別会として来ています。

子豚の丸焼きがあったり、完熟パインの収穫をさせてもらったり、手の届くところにあるパパイヤにタッチしたり、ニワトリに餌を与えたり、楽しかったです。美味しいお酒やお惣菜もたくさん並びました。そこに私のおにぎりとケーキも置きました。

ちなみに子豚やウサギというのは、冷凍で丸ごと、スーパーに並んでいます。今回の子豚は焼く前に、ちゃんとお経を詠んでもらったそうです。こちらの現場には、僧侶の資格(?)を持っている方もいます。
キコとミコの反応は、意外にも淡白で、大人の私の方が、ドキドキ。食感は・・・・飴色になった皮は北京ダックに近かったです。
それと完熟のパイナップルは、芯までとびきり甘く、本当に本当に美味しかった。ジューシーで、素晴らしい味でした。初めてパイナップル収穫をした母子三人です。有り難い経験でした。Imgp6353


本当は私、地雷原の話とか活動について、聞きたかったのだけれど、キコもミコも場所慣れ人慣れに時間がかかり、それどころではなりませんでした。残念!

でも、マブーバスの現場は、とてもきれいでした。埃っぽくないし、ハエも少なく、ゴミもなく、バオバブの木々があり、
夜は天然のプラネタリウムだそうです。首都ルアンダだけが、なんだかオイルマネーで踊らされているような気がしてならない私でした。


お昼すぎ、次はキコのクラスメイトの送別会に行ってきました。郊外にあるお家には、遊具もレンタルされていました。今回移動する家族は、ブルネイ→アンゴラ→コンゴ共和国なんだそうです。
ルイーのお母さん、キャホリンは、三年住んだアンゴラが大好きだそうです。そういいきれるのは、羨ましいですね。
Imgp6397


キャホリンが考えた色んなゲーム、楽しそうだし、キコの名前も呼んでくれているのに、キコは首を振って拒否。「ゲームに参加しないのに、楽しいの?」と言うと「見ているだけで楽しい」と返すキコ。レンタルされた遊具も、他の子供がいないときだけ、ミコと遊ぶキコ。性格なので仕方ありませんが、べったりなので、疲れるし、本当に楽しいのか不思議です。いつも遊ぶお友達がきていなかったのも、キコは予想外だったのかもしれません。
帰り際、ちいさいプレゼントとお菓子をもらって、ご満悦のキコとミコ。ま、よかったよね。

なが~い運転、ダーリン、お疲れさまでした。帰り途、市内に入ると市民のデモに当たって、道路封鎖中。迂回して家に到着しました。ダーリン、どうもありがとう!
Imgp6417

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/09 また断水


そうそう、昨日は断水でした。出かける直前に断水し、八時間半で終わりました。
夜10時ころ水が戻り、ダーリンが空っぽになったためおき容器にどんどん水をためてくれました。昼ごはんの食器やお弁当箱、夕食の食器を洗ってくれて、私は横で食器を拭いて片付けたり、バスタブを流したり、トイレを流したり、洗濯機を回したり。バーっと片付けて眠りました。
昨日の午後は外出だったので、午前中のうちに夕食の下ごしらえはすべて終了していたので、普通に夕食はできました。
でも、断水のストレスは結構強いです。まだまだ小さい娘たちですが、本当によく協力してくれます。超節水の水浴びは、文句も言わず、むしろキャッキャと楽しんでくれます。本当に、あなたたちは親を助けてくれるね。ありがとう。
それにしても、このマンション、断水、多すぎ。

断水八時間のところで、管理をしているラウさんに「八時間、水がない。なんで?」とわかりやすいポルトガル語でメールした私。
いわなくちゃ、わからないもん。うざいと思われても、言わなくちゃ、伝わらないもんね。彼は24時間ここに常駐しているわけじゃないから、どこまで彼が分かっているか、私は分からないし。

今日は、朝、のどが痛かったのだけれど、手持ちの薬で封じ込めました。ダーリンは来月からの休暇の予定を考えてくれました~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/06/08 同じ年の子と遊びたいキコ

Imgp6263

バナナとレーズンのパウンドケーキを作りました。レシピどおりにバナナを入れたら、ちゃんとキレイに膨らみました。
胡桃の代わりに、レーズンを多めにいれます。
いつもはバナナをつい入れ過ぎて、そのせいかどっしりとしたかんじに仕上がってしまうのだけど、今回はいい仕上がり~。オフィスのスタッフ用とお友達のお家用に二つ焼きました。同じ型が二個あるので、一気に焼けて、これは便利です。

午後、邦人のお宅にお邪魔して、おしゃべり。キコはミコの手を引いて、邦人のお友達やフランス人の姉弟と敷地内を駆け回っています。
今日は、フランス人のエバは、隣に住むオランダ人のフローリンと仲良く遊び、キコと遊びたくない気分だったようです。先週一緒に遊んで楽しかったのに、今日はフローリンのお庭のドアの入口で「NO」と言われたキコ。目に涙を浮かべていたと、キコと一緒にいてくれたお友達ママが教えてくれました。Imgp6291


小さいけれど、はっきりと意思を伝えるフローリン。上に姉と兄がいます。以前も「キコが遊びたいって」と私が言うと「私はキコと遊びたくないの」とはっきり言われたことがありますからね~。しかも英語で。

なんというか、親としてはせつないけれど、仕方ないです。じゃあいいもん、と自発的にその場を離れることはせず、ただずっとドアの前でうつむいて待つのが、キコの今の性格。ミコは「キッキーが泣いてる~」と教えてくれました。
でも、邦人のお友達やフランス人姉弟が、キコをなぐさめ、ちゃんと一緒に遊んでくれます。それでも、キコは同じ年のエバとフローリンと遊びたい気持ちが大きいようでした。

Imgp6283

お家では、今日は何とシュークリームとどら焼きが出てきました~。すごいです。こういう国で、美味しいお菓子を食べれるときの幸せな気持ちは、日本で感じる以上のような気がします。ほんと、ものすごく美味しいし、幸せな気持ちでした。

キコは帰りの車の中で、おもたせにしてくれたお菓子を頬張り、エバと遊べなかったことを声に出して、私に教えてくれました。また泣きそうなキコを、ミコが笑わせていました。次はどうかな、涙が出ないといいんだけどな~と思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/07 停電と応急処置

Imgp6274
郊外に住む邦人Yさんが、午後遊びに来てくれました。
私は、昨日頂いたケネフィを出しました。そしてレバノン人に寝室を見せたら、家族がみんな一緒に寝ていることに、彼女が衝撃を受けていたことを話しました(笑)
文化の違いを話す時、そこには住宅事情や畳やお布団などの話しから、日本の気候まで話すことになります。親の方針も交えながら、彼女が完全に理解できることはないな、と思いつつ、話していました。

アンゴラに三年駐在の彼女と話すのは、レバノン人の美容意識についてとか、断水や停電、ネットや電話不通、治安情報や大豆食品などなど。

豆乳製造機を持ってきている彼女が、今回お豆腐を作って持ってきてくれました。いつもおからを頂いていて、十分有り難かったのですが、今日はお豆腐まで。本当に、とてもありがたかったです。

私は、先週末に「納豆菌」という粉末をもらったので、その説明書を見せながら、「雑菌の付着に注意」という項目で盛り上がりました。そもそもアンゴラは、空気中に雑菌だらけで、納豆菌を培養している間に、他の菌が繁殖して、スゴイ色の納豆らしきものができるのでは?なんて。Imgp6275

ということで、なかなかやれずにいる私です。ちなみに大豆はポルトガルのものが500グラム500円くらいで買えます。

夜、このマンションでは長めの停電がありました。停電はしょっちゅうで、発電機に切り替わるときに、冷房が消えたり、オーブンの時計がOFFになります。でも30分の停電は久しぶり。ここに来た当初、三時間とか一時間とかあったけれど、そういうのはここ二カ月はなかったです。
どのくらい続くのか分からず、懐中電灯からキャンドルにかえて、夕食を済ませました。
停電になると、さっと懐中電灯のところに行くキコとミコ。さすがです!

電気が戻り、キャンドルを吹き消すのが楽しみな子供たちですが、何を誤ったか、ミコはキャンドルの炎の上に手をかざし、軽くやけどの気配。保冷剤を当て、水道を流しながら20分以上冷やしました。
やけどはしていなかったようで、なんの痕もなく、本人は傷みもなかったようです。良かったよ~。

写真は、停電の中、Yさんから頂いた美味しいタルトを食べているところと、やけどで流水につけているミコを見守っているキコ。二人はとても仲良しです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/06/06 家庭料理を味わってもらう

Imgp6245
今日はうちにレバノン人のマラックさんと2歳近いマラムちゃん、ブラジル人のエリアーヌさんと体調不良でフランス人学校を休んでいる4歳になったモリス君が来てくれました。エリアーヌさんのご主人はスペイン人です。

先日マラックさんのお家ではレバノン料理が振る舞われたので、私も和食に挑戦。といっても、お寿司を毎日食べているわけではないし、無理したくないので、いつものご飯を作ってみました。

小さいおにぎり(ゴマ塩、ゆかり、甘めのふりかけ)、ひじき煮、だし巻き卵、鶏の照り焼き、そして抹茶シフォンケーキと日本茶。

ママたちはお箸を使うのは初めてと、お箸に挑戦してくれたり、どれも初めての味を少しずつ口に運んでくれました~。マラムちゃんは、美味しかったようで、おにぎりも二個も食べてくれました。嬉しいですね。

フランス人学校に通わせている親という共通点だけで、母国語はそれぞれ違います。ポルトガル語と英語での会話ですが、ちょっとばかりフランス人学校の悪口に盛り上がってしまいました。
ま、フランス人学校に通わせているので、仕方ないのですが、たまには悪口もいいたくなるのもマイノリティとして、理解できます。

またマラックさんは週末、スーパーでレジに並んでいるときにアンゴラ人に言われた嫌味を話してくれました。私は、道で中国人と言われると「日本人だ!」と反論する話しをすると、学校のそばで、乗合バスから「シネーザ!(中国人)」と言われて、私が「ジャポネーザ!(日本人)」と大声で反論するのを、見たことが言われ、ちょっと恥ずかしくなりました。
Imgp6252

中国人が嫌いなんじゃなくて、国を間違えられるのは嫌だけど、日本人って言って、日本を知らない人もいるんだよね~というと、アンゴラだからね、という結論に落ち着いてしまいました(苦笑)


国は違えど、ここでは外国人同士、感じることは比較的近いなぁと思います。愚痴を言ったり、ただ日常生活のことを話したり、母国を懐かしんだりするだけでも、気が晴れるものです。いつかはこの国を離れるもの同士だから、今、一緒に過ごせることを有り難く思います。

それにしても、今日は、疲れたけれど、楽しかった。マラックさんが作ってくれたケネフィというレバノンケーキを食べながら、午後を過ごしました。ちなみにこのケネフィ、甘みのないチーズタルトに、はちみつレモンソースをかけていただくのですが、チーズも自家製。オーブンでチーズをとろっとさせて頂きます、すごく美味しかった~。うふ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/05 新しい運転手

Imgp6238
今日はオフィスに朝九時に一人、運転手希望の人が来たそうです。給料の話をして、納得しないようすだった彼。マテウスと話して、そのまま消えたそうです。
そのあと、また来たアンゴラ人。11時半前に、マテウスと会社の運転手のチーノと一緒に、我が家の駐車場へ来ました。
マテウスとチーノが、車について話しています。チーノはもともと私用の運転手で、一年勤めた後、会社の運転手に今はなりました。助手席にマテウス、後部座席にチーノを載せて、マンションの周りを走りに出かけました。その間、私とミコは会社の車の中で待っていました。

マテウスが、「ちょっとアグレッシブな運転だけど、落ち着いてゆっくりやれと言ってあるよ」と言ってくれました。ちなみに私は車のことは全然分からないのですが、そのこともマテウスは、新しい運転手に言っていました。

さて、新しい運転手は28歳でアルセーニオと言い、5歳と1歳8カ月の父親です。勢いよく喋りかけてきますが、肝心なのは、アミーゴ(友達)ではないと分かってもらうことです。そして私のつたないポルトガル語も分かってもらなわいといけませんね。
行くスーパーも決まっているし、友達の家も数えるほど、行き先はわずかで、ルアンダ市内の狭い行動範囲ではありますが、いろいろやっぱり疲れます~。ぐったり。

早速、幼稚園のお迎えで会ったマラックさんに、運転手の件を話しました。6年住むマラックさんも、運転手やお手伝いさんの苦労があり、分かる分かると頷いてくれる彼女に救われます。

こういうのって、体験しないと、分からないんですよね。この体験が、私を深めてくれるのだろうか、それとも、眉間のしわを深めるだけなのかしら、と思いつつ、それは私の問題だと気がつきました。ガンバレー、私。

写真は、泣き真似をするキコと、それをあやすお母さんの役のミコ。見ていると、かなりおもしろい二人です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/04 運転手のこと


週末に我が家の運転手が電話してきて、給料の25%UPを要求。拒否したら、辞めるというので、辞めてもらいました。ふっかけてきた感じがありますが、ふっかけて彼は職を失ったわけです。

それで今日から新しい運転手がやってきました。クラウディオという人。
しかーし、マンションの駐車場内で、うちの車を柱にぶつけて側面をガガガとすり、地下駐車場から上がれず、後退する車の中で、私は恐怖を感じました。
様子を見ていたダーリンが、急きょ運転を代わり、キコのお迎えのために車を出してくれました。もちろん、運転手は運転免許を持っていますが、あー、最悪。

でもあの運転手で乗り続けていたら、車は大破、私も今こうして、ブログを出来る状態になかったと思います。
事故でも起こして、瀕死の状態になっても、このひどい渋滞では、出血多量で、間に合うか分かりませんからね。安全第一です。あ~、怖かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/03 おうちで歓迎会

Imgp6227

ダーリンの組織に、先週赴任してこられた方の歓迎会を我が家でやりました。
オフィスの邦人同僚と関係者で、大人10人とキコとミコです。みんなで分担して、おかずを作りました。私は鶏の手羽先と卵の煮込み(保育園のママ友から教えてもらったのをアレンジ)、ひよこ豆と干し鱈のサラダ、そして自家製ピクルス。
他にも春雨サラダやニンニクディップ、ツナのあえ物やパウンドケーキなど、手作りものがごっそり揃いました。嬉しいですね~。
アルコールもいっぱい揃い、一人一本はワイン、飲んでいたようです。シュラスコのお肉も軟らかくて、塩加減も良くて、美味しかった~。

人がたくさんいるのは有り難いことで、キコとミコと遊んでくれる人、焼きあがったお肉や野菜を切ってくれる人、食器を洗ってくれる人、人数が多かった分、食材の用意は大変でしたが、あとは楽しさばかりが残りました。

皆さんの年齢も経験も様々。お話は、どれも面白かったです。本当に皆さん、いろんな経験をしていて、聞き入ってしまいました。アンゴラでの体験も、振り返ればきっと面白く話せる日が来るのかしら~。そんな日が、とても遠いような気がするけれど、どうかな。
Imgp6224

アンゴラは大変な国の分だけ、きっといつか快適な国で会うことができたら、「大変でしたよね」って、笑いあえるんだと思います。

今日はフランスの「母の日」だったようで、金曜日に幼稚園から持ち帰ったカードとプレゼントをキコが渡してくれました。
カードの表面のお花、布バックの絵も「BONNE FETE MAMAN」もキコが描いたそうです。可愛くって、ママは使えません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/02 台所でトレーニングな一日

Imgp6215
昨日は子供たちと一緒に八時半には寝ていた私。四時半には目が覚めました。それでも八時間睡眠~。よく寝ています。お弁当を作る必要もない土曜日の朝。
今日は、手ごねパンを作ってみることにしました。ママ友がおいしいパンをご馳走してくださることが多く、私にもできるのか?と挑戦してみました。

材料を混ぜて、手でこねること10分。汗を感じながら、段々生地がまとまっていくのが楽しくなりました。1時間、オーブンに入れました。
発酵機能などはオーブンになく、設定温度60度がオーブンの最低温度…。パンの発酵は30度だから、60度と0度の表記の何もないところに設定してみました。後半15分で、生地はしっかり発酵して、三倍の大きさに。
うふ、嬉しい!
レシピどおりにやって、膨らんで、それにしても時間がかかるもんですね~その分美味しいパンができました。

珍しくダーリン絶賛。声に出して「美味しい」と言わないので、私はそれがいつも不服なんですが、今朝は「これ、どうしたの?」と美味しいものを食べた時にいうセリフが出ました(笑)
私が作ったのよ~、ふふふ。
家族がおいしいと言ってくれるのが嬉しいですが、自分で食べて大満足。朝の気合がたっぷりこもったパンです。でも平日は絶対無理そうだな。
すでに二の腕がぴくぴくいっています…。

さて、今日はダーリンの組織に赴任したばかりの女性と一緒に郊外のスーパーKEROへ行きました。ガーナでの勤務経験のある彼女、アンゴラの物価にやはり驚いていました。
Imgp6222

午後は、ダーリンはベランダを掃除して、私は明日の準備。明日は総勢12人前後で、一緒にスーパーに行った彼女の歓迎会を我が家でします。同じ組織の人と、その関係者の皆様。

ようやく明日のお惣菜が形になり、夕食の準備に取り掛かろうとした頃、電話がありました。
今日、釣りにでかけた邦人からの電話で、鯛が釣れたから、いかがですか?とのお誘い。作っていたお惣菜を少し持って行ってもらい、鯛をたーくさん頂きました。
男性3人で釣りに行き、40匹の鯛を釣ってきたそうです。ちなみにアンゴラは、内戦で漁場がそのままなので、鯛ももちろん、「天然」の鯛です!
私は、どうしてもお刺身にしたくて、四苦八苦。文化包丁で格闘しました。うろこは、もうアンゴラに来て、いつものことですから、だいぶ慣れました。が、皮をはぐのは初めて。
鯛もとても大きかったので、キッチンバサミも登場して、全身で格闘しました。

お刺身って、多分包丁がものを言うんでしょうね…。というか、それ以前に私に技がないんですが、美味しそうなぴっかぴかの鯛を前に、刺身にしないわけにはいきませんでした。釣ってきたばかりの魚の目は、本当に本当にキレイ。

そして全身を覆ううろこもばっちりついています。そりゃそうですよね、海の荒波に乗って、身を守るんですから。どの魚にもうろこがあるという事実を、アンゴラに来て初めて身をもって知った私です。

お刺身になった鯛は、30センチ前後が三匹。でも本当に謝りたくなるような包丁さばきなもんですから、うまく身が取れませんでした。でも、四人家族で夕食で食べれることはでき、美味しかった~。

鮮度のいい魚って、匂いはないし、本当にキレイ。鯛の桜のような身の色に、うっとりしながら、頂きました。あぁ、私に技があれば…ごめんね、鯛。と心底思ってしまいました。
本当に、そう思わせるような立派な新鮮な鯛でした。譲ってくださったTさん、Yさん、Kさん、本当にどうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/06/01 フェイジョアーダもどき

Imgp6211

フェイジョアーダもどきを作りました。
黒いフェイジョン豆の水煮が売っているので、それを使って簡単に。
ソーセージとベーコン、玉ねぎのみじん、皮をむいたトマト、すった人参を油でいためて、水煮のフェイジョン豆とローリエを入れて、煮込むだけ…。朝作れば、お昼ご飯に間に合います。
豚の耳も尻尾も、干し肉も入っていないので、「もどき」なわけです。塩漬けの肉をもどしたり、しっぽの骨を撮ったり、それをやると一日がかり。「ご馳走」になってしまいます。フェイジョアーダはご馳走だと、サンパウロにいた時、お友達が教えてくれました。材料をそろえて、煮込んで、手間がかかると。そして少量では美味しくなくて、大鍋にドカンと作って、みんなで食べるんだと。
でもそれは私にはできないので、お手軽に「お豆シチュー」として度々我が家のお昼には登場します。我が家では、本格フェイジョアーダを作るのは、ダーリンのお仕事です。

奥にあるのは、ビナグレ。刻んだトマト、玉ねぎ、イタリアンパセリに、塩とオリーブオイルとワインビネガーで味付けします。フェイジョアーダにかけて食べても、シュラスコ(BBQ)のお肉と一緒に食べても、サラダとしても美味しく、キコとミコも大好物です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/05/31 麗しいおやつ時間

Imgp6169

いつもより両替の金額が多かったり、運転手にお給料を支払ったり、いつもと違うことをするときは、なんだか少し気が張ります。
さて、今日は幼稚園の後、邦人のお宅に遊びに行きました。一時帰国から戻られた方や他の母子も合流して、楽しいひと時。
それぞれの手作りお菓子やパン、お持たせの美しいマカロン、ネーミングも包装も素敵な紅茶、そして、優しい温かみのあるクリーム色の食器に心奪われました。アンゴラに来て、スーパーで買った食器を使っている私には、素敵な食器が、本当に輝いて見えるんですよね~。日本以上に、そう感じています。
あぁ素敵な食器というのは、生活に潤いを与えるんだなと、強く感じるようになりました。

しかも、アンゴラで鯛焼きが食べれるとは!!
お昼を食べたばかりのキコとミコも、大喜び。手作りのあんパンもしっかり食べて、敷地内に遊びに飛び出しました。いやはや、みなさま、凄いです。見習わなくては…私も手ごねパンデビューしてみようかな。
やりはじめると、ハマるというパン作り。この波に乗ってやってみるか!?という気になっています。

Imgp6192


さて、敷地内には同じフランス人学校に通う子供がいる世帯が、三世帯あります。キコはスクーターで敷地内をびゅんびゅん駆け巡りながら、エバやアネエル、ティントワと楽しそうに遊んでいました。
今日はエバのお家にあるトランポリンでよく遊んでいましたね~。そこにいつも一緒に遊ぶ邦人男子も合流して、とっても楽しそうでした。

外でいっぱい遊ぶと、ご飯もいつもより良く食べるし、ベッドで絵本を読んだ直後に睡眠してしまうキコ。帰宅後は、嵐のような時間だけれど、やっぱり子供は外遊びが大事だよね~。もっと遊びに行くためには、私がもっと頑張らなくてはいけませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/05/30 レバノン人のお友達のお家へ

Imgp6167

今日は、レバノン人のマラックさんのお家にお招きいただき、ブラジル人のエリアーヌさんとブランチを楽しみました。
カメラのバッテリーがなくて、写真がないのがショック!!
レバノン料理、初めて食べました。そもそもレバノン人のお宅に伺ったのも、人生初めてです。

またいつもケープで頭をすっぽり覆っている彼女がケープをはずしていて、びっくり。ものすごい可愛い方でした。ケープをとると、若さが際立ちます…さすが23歳。32歳のブラジル人のエリアーヌさんとマラックさんは、ほとんどポルトガル語の会話。
私は、聞くのと食べるのに必死で発言が少なかったけど、楽しかった~。

来週は私の家に招こう。でも日本料理でもてなすのは無理だな…。やっぱり手巻きずし?でもお寿司なんていつも食べているわけじゃないし、かといってヒジキとか肉じゃがなんて、あまりに家庭料理過ぎる。

国民食のカレー?ひとまず、サンパウロにいるお友達のアイディアを頂き、小さいおにぎりと唐揚げと卵焼きにしようかなぁと思っています。

写真は、三月に帰国したYさん母子から頂いたシルバニアファミリーを、キコのいない午前中、独占して遊べる喜びに浸るミコさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/05/29 半日で回復

Imgp6166

お弁当は昨日の残りを詰めて、朝ごはんはダーリンが食べさせてくれました。
家族の健康管理を仕事にしているけれど、自分がこうなっちゃね…と思いつつ、原因がわからないし、なんだろうな。
この国にいると、パパや子供たちは元気だけど、ママがなにかと病気になることが多いような気がします。他のママがなった胃腸炎やら膀胱炎、食事が取れない位の口内炎や私がやった二日で四キロやせるような嘔吐下痢など。

朝は、37度の熱があったけれど、午前中ソファーで眠り、体が楽になったので、スーパーへ買い物へ行きました。行くと、店員さんや同じ幼稚園のママに会い、働かない頭を回転させてポルトガル語で会話します。
教室に迎えに行けば、子供たちが「キコのママー」と突進してくる。あはは。

もう体調が悪いと言ってられず、気がつけば周りの人にエネルギーをもらって、家に帰ってきました。昨晩、今朝はリンゴしか食べれなかったのだけど、お昼はお茶漬けを食べました。子供たちはお茶漬けが好き、大喜びでお代わりしてくれました。私も食事をして体がぽかぽかです。

原因不明の腹痛は、なんとなく、虫下し飲めば良くなるかもとも思っています。アンゴラで第二子を出産したママから、アンゴラでは子供に定期的に虫下しを飲ませるんだと教えてもらいました。長女が腹痛を数日訴えていたので、虫下しを飲ませたら、落ち着いた話も聞いていたので、なんとなく私もそんな気でいます。

カシンボと呼ばれる乾季に入り、夜も気温が下がってきて、そういう気温変化に体が反応しているのかもしれませんね。ダーリンは日中、何度か電話をくれ、心配そうでした。
心配をかけたことが悪かったなと思えるのは、日常が健康な心身があっても大変なのに、それ以上の負荷をかけてしまったから、と素直に思えるルアンダの日常のせいです。

夕食は、子供たちの大好きなオムライスを作りました。心配させて、ごめんね!のお詫びです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/05/28 鈍い腹痛と嘔吐など

Imgp6056
鈍い痛みがおなかにあったのだけれど、夕方、お風呂に入る前後から悪化。
吐いて、いつもと違うなと感じ、ダーリンに電話。
幸いに夕食を作った後だったけれど、ご飯を鍋で炊く間が一番つらく、火加減の調節の間、床に座って待っていました。スイッチポンの炊飯器ってこういうときは恋しいです。

子供たちにご飯を食べてさせている間に、ダーリンが頑張って帰宅。バトンタッチで休みました。体がしんどい時は、眠るに限りますね。まだ8時だったのに、多分子供よりも先に眠っていました。

写真は、一人敷物を広げ、エプロンをして、人形を引き連れてかいがいしくお世話するミコさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/05/27 いつもの週末


子供たちが週末楽しみにしているフランスのアニメ。
TV5というフランスのNHKみたいなのを、契約しているのですが、キッズ、ジュニア向けの色んなアニメをやっていて、土日のみ八時過ぎから朝一時間あります。朝食も終え、着替えや歯ブラシも終わらせ、ソファーの前でスタンバイしています。
その間、私は片づけをしたり、ダーリンはネットをしたりして、九時半過ぎ、買い物に出かけました。

中華レストランのシェウーで、野菜を分けてもらったYさんから電話があり、行き先も同じだったので、スーパーで会う約束をしました。必要なものを買って、お野菜も分けてもらい、家に帰りました。分けてもらったおニラは、さっそく夕食のお好み焼きに入れました。

ニラの卵とじもお味噌汁も、子供が余り食べてくれないけれど、お好み焼きにすると、ソースに誤魔化されて、もりもり食べれるんですね~。おたふくソースもあとわずか、これが終わったらお好み焼きは、レシピからしばし消滅します(苦笑)

夕方はダーリンがミコの髪を切ってくれました。前髪スッキリ、後ろもさっぱり、いい感じです。私もそろそろまた切ってもらいたいなぁと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »