« July 2012 | Main | September 2012 »

2012/08/30 パンに塗るもの

Imgp0231

我が家の朝食はパン食です。
パンにハムとトマト、チーズを乗せて、電子レンジのグリル機能で焼きます。それを毎日たべているのですが、甘いパンも食べたい私。ジャムも適正価格のものを、少しずつ買っています。
キコが好きなのは、ブドウジャム、ミコはイチゴジャム、私は栗ジャム、ダーリンは、バターを塗ります。このバター、ベルギーの友人宅にあり、とてもおいしかったのです。そしてそれがスーパーにありました~☆
値段は倍以上するのですが、良いお味でとても美味しい。お金を出せば、アンゴラは何でも買えるのかもしれませんね。でも、何でも出していたら、家計はもちません。


世界一物価の高いルアンダですから、たまにちょっとこういうのを買ったりするくらいです。
本当はここにヌテラと言うチョコレートスプレッドが加わるのが我が家なのですが、最近ヌテラがない…。それもまたアンゴラですねぇ。
Imgp0179

今日は選挙前日。で歩かない方がいいとの判断でお家にいました。ゴミを出した後、階段を10フロア分登って我が家へ。おしゃべりすると、反響する階段。キコが「階段もおしゃべりしてるねぇ~」といいます。自分の声なんだけど、確かにそうも聞こえてきますね。

さて、おやつは一日二度あるのですが、今日の午後のおやつは、100%と表記のある果物ジュースを固めたアイスキャンデ​ィ、昨日邦人のお友達からお土産で頂いたペコちゃんのロリポップ、そして​、レモン、きゅうり、人参。アイスと飴を食べた後、「キュウリちょうだい」「人参ちょうだい」最後は「レモンちょうだい」。
クッキーなどは、夕食に響くので、早い時間のおやつの時しか出しません。なのでほぼ毎日アイスキャンディが午後のおやつです。私が野菜や果物だと、喜んで次々と応じてくれるのが嬉しいのかしら?
ヘルシーすぎるおやつですが、本人たちが望んで、喜んで食べてくれるのでありがたいですねぇ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2012/08/29 お友達と走る


先週末から、一時帰国していた邦人家族が帰ってきました。
早速遊びに行ったのですが、車の中でも「○○ちゃん、おっきくなったかなぁ」「○○君、遊べるかなぁ」とワクワクしているキコ。
私は、久々にお話しできるのが楽しみで、テンションが上がっていました。お会いすると、やはりおしゃべりが止まりません。日本での滞在の話、遊びに行ったところや会ってきた親戚の話、食べ物や日中の過ごし方、どんな話も嬉しくて、盛り上がってしまいます。
私もヨーロッパ旅行で会った共通の友達の話をしたり、アンゴラに戻ってからあった話をしました。

日焼けして、元気いっぱいの子供たちに会うと、嬉しくなりますね。
ママたちも日本で美容院に行ってスッキリ、多分気持ちもリフレッシュして、見た目が爽やかと言うか、垢ぬけた印象を受けます。
多分私も欧州から帰ってきた直後はそうだったはず…しかし、一カ月もすると、テンションは下がり、アンゴラの生活で疲れ果てた風に仕上がってしまうんです(苦笑)

今日は楽しすぎてブログを意識した写真を撮るのを忘れました。たくさんおしゃべり楽しかった~☆こういう日は、私にはとても大事。子供も走り回れたから、すごくいい日になりました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2012/08/28 お礼を言われたよ

Imgp0232

朝は雨が降っていました。乾季のこの時期雨はとても珍しいです。乾期は午前中は曇りがちなので、ぱっとしないけれど、涼しいこの時期、ほっとすることも確かです。
今日もキコとかるた。どんどん取るのが早くなります!頂き物のディズニーの絵柄のついたかるたなので、ミコも参加して、「バンビー!」とか「アリエル」とか、本来のカルタの楽しみ方と違うところで盛り上がっています。

アンゴラで会った年配の日本の奥様は、四人の子供を主に海外で育てました。
ひらながなを忘れないように、目のつくところにひらがな表を貼ったと聞き、うちでも実施。 インテリアを度外視して、居間にもお風呂場にも貼ってあります。
日本にいれば、駅名や看板やら商品のやら至る所に日本語があります(当たり前だけど)。海外にいるとそれは難しい。だから家の中に貼って、平仮名になじんでもらおう作戦です。
Imgp0239



さて、今日はスーパーへ行きました。総選挙の金曜日は自宅待機だし、前日も外出を控えようと思っているし、明日は出かけるので、今日いってきました。
いつものように「ニーハオ」と言われ、「私たち日本人だから、ニーハオっていわないの」と言ったら「ぢゃあなんというんだ?」と言われました。
「日本人はコンニチハというよ」と言ったら、そのアンゴラ人「コンニチワか!ありがとう」と去って行きました。
おんなじことを言い続けているのは、大変。笑顔でいうのはもっと大変。だけど、今日は努めて笑顔でいました。すると、こういうことに出会うんですね。
教えてくれてありがとうっていう、意味のアリガトウだと私は思いました。 欧州旅行からアンゴラに戻って一カ月。アンゴラ生活、がんばるぞーぅ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2012/08/27 布が川になる

Imgp0238

私がパソコンをしている食卓のまわりを、エネルギー満タンのキコは走り回っています。
そこで、リボンや布を置いて「川」にしてみました。楽しそうにぴょこんとぴょこんと跳ねています。あまりに幅の広い川はキコが半分に工事して、ミコが飛びやすくしたり、抱っこしたりしています。
楽しそうで良かった(^-^)

今日は更に300ピースのパズルをやりました。キコは4歳で200ピースをやってしまう子なので、パズルが好きなんだと思います。でも300ピースは結構大変・・・ホログラムが逆に目が痛くなります。でも大好きなディズニープリンセスのパズル。やり遂げました。
私も脳を使ったのか、ものすごくおなかがすいて、自分から「おやつにしよう」と切り出すほどでした。

来週火曜日から、フランス人学校の新年度が始まります。ミコは、日本で9カ月から三ヶ月間だけ保育園に入園していますが、それよりも多分長い期間通うであろう幼稚園に、ようやく入園です。
Imgp0233

幼稚部は年少・年中・年長があり、ミコは年少さんに、キコは年長さんに入ります。時間も同じで、朝7時半から12時50分までですが、ミコにその体力あるかしら。

年末の一時帰国の際に買っておいたミコのお弁当箱やリュックを出してきました。幼稚園が楽しくなるようにお弁当箱やフォークセットなどはキティグッズをそろえました。私はキティラーじゃないけど、キティは日本ブランドだし、アンゴラ人にもフランス人にも人気ですから、本人が嬉しくなるようなもので盛り上げます。そして、私はそれぞれに、夜な夜な名前書きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/08/26 お手伝いさんがいるケース


Imgp0102

お手伝いをしたがるキコ。ベネッセのこどもチャレンジの「お手伝い手帳」をみています。
しまじろうがお風呂掃除や玄関掃除をしているイラストがあり、お手伝いを子供に促すためのもの。まずはキコが「どうして、ママはやらないの?」と言ってきた。
「アナさん(お手伝いさん)がやってくれるから」「そっか、しまじろうのおうちは、アナさんがこないんだね」
お手伝いさんなんて、普通の日本のお家にはいないんだけど、二年ちゃんと働いているアナさんの存在も大きく、いるのが普通だと思っているキコさん。
今日はルアンダの中心部を眺めながら、優雅に一人朝食をとっていました。おもしろい!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/08/25 エンソクをしてみたいキコ

Imgp0218

事前に今日はデモがあるという情報を受け、朝から一日自宅待機。
確かにデモがありました。騎馬隊まで出動していましたねぇ。そんな様子が、近くはありませんが、マンションから見えます。総選挙前、いろいろ起きそうで、ちょっと嫌です。

夕方、ダーリンがキコとミコの前髪をカット。ダーリンの髪を私がカット。
私はまだいっか、ということになりました。一度切り始めると、短い方がラクなので、切り続けたいんですが、なにせ髪の量が多いので。切るとなるとダーリンはかなり大変です。
さて、髪を切るときは、DVDを見ながら切るのですが、なぜかいつもアニメのペネロペを選びます。余計にDVDが見れるので、髪を切るのは、子供たちには嬉しいイベントです。

Imgp0229


ペネロペのDVDを見ていたキコ。お友達と遠足に行くお話しをみて、「いいなぁ、エンソクっていいなぁ。行ってみたいなぁ」と。ここのフランス人学校の幼稚部には遠足がありません。なにせ遠足に行く場所がないからね・・・。
それを聞いてダーリンが「家族で遠足にいこう!」と言ってくれましたが、行き先は海辺だとわかると、顔が曇っていました。
親としては、そこくらいしか行くところないんだもんと言いたいところですが、キコはペネロペのように、お花が咲いている原っぱでお友達とお弁当を食べてみたいのです。そんなどこの公園でもできそうなことが、できないルアンダにいてくれて、ありがとう!娘たち。

写真は、ダーリンと縄跳びを綱引きにして遊ぶキコとミコ。そして卵白で作ったシガール風クッキー。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2012/08/24 キティちゃんのクッキー

Imgp0189


ジャングルジムを飛行機に見立て遊んでいるので、「パイロット?」と聞くと、「違うよ、キコは飛行機乗る前に、顔とか見せる人、やってるの」と言う。それはつまり、出国手続きのこと。
アンゴラでは無駄にハイテク機械が導入されているので、指紋をとったり、顔写真を撮る必要があります。
子供は小さいので、毎回抱っこするのですが、そのガラス越しの担当官の役をやっているんだとか。細かい…。

一方ミコさんは、「寝る準備」をしているそうです。
「もう夜なの、今日引っ越してきたの」意味が分かりませんが、こうして書いている途中に「もう朝よ~」と叫ぶミコ。
子供たちの様子を見ていると、笑いが出ます。そういつもこうして笑っていられればいいけれど、そうもいかない母さんです。Imgp0190

今日のアクティビティは、クッキー作り。キティちゃんの型でクッキーをキコとミコと作りました。型はベルギーで買ってきたフランス製。出来たクッキーはとても可愛く、子供たちも私もにっこりになりました。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

2012/08/23 タラトーナで遊ぶ最後の日

Imgp0122

今週末に国外に異動するご夫婦。彼らの住む郊外のおうちにこの夏休みの間、週に一度通っていましたが、それも最後です。奥様ともたくさんおしゃべりしました。

アンゴラの大変さは、それぞれあります。仕事をするのも大変、生活をするのも大変。
子供を育てるのは、どこでも大変ですが、確かにアンゴラは余計に大変かもしれません。仕事していないので分かりませんが、ダーリンから聞く話は日本とは違う大変さなのも分かります。
生活もそうです。日本の調味料は手に入らない、揃う食材も限定的、どこにでもあるような卵さえ梯子しないと買えないこともあります。
そして停電と断水。出かけるとぶち当たる渋滞。埃と排気ガスとし尿臭い空気。そんな中、それぞれにそれぞれを頑張っています。Imgp0146_2


でも吐き出さないと、おりのように溜まって、心を重たくしていきます。
私の場合、そうです。だから言葉にして吐き出す。でもそれは、同じように生活をしている人と話すのが、特に楽しい。ママや奥さん同士の会話は、だから楽しいのだと思います。
今日は出国前の忙しい時なのに、子供の遊び場がない市内の生活を分かってくれているので、招いてくださいました。
私はマカロニグラタンと子供用のノンアルコールシャンパンを持って行きました。子供も一緒に乾杯です。たくさんのありがとうの気持ちを込めて!

Imgp0161


キコとミコ、Tちゃんとみんなで一緒に、敷地内の遊具でよく遊びました。私もいつものようにおしゃべりしましたが、なんだか寂しい気持ちになりました。記念撮影をして、邦人のお友達への預かり物を車に積み、お別れ。
最後はどうしても涙が出てしまいますね。またいつか必ず会えると分かっていても、感謝と寂しさとが入り混じって声がうわずってしまいました。でも本当にありがとうございました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2012/08/22 子供は詩人

Imgp0121
ベットに入って横になった時、足を曲げていると夢を見て、伸ばしていると夢を見ない、というキコ。
タイマーがなると、時計が泣いている!というミコ。
チョコレートケーキを作るとき、溶かしたチョコレートと真っ白いメレンゲを合わせるのをみて、ダンスだね~というキコ。
子供はまさに詩人です。

在アンゴラ日本国大使館のHPに「アンゴラ奮闘記」が掲載されています。今回から私の「第一話 ポルトガル語のこと」が載っていますので、よろしければご覧くださいませ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2012/08/21 アンゴラの大統領

今朝アンゴラのテレビ番組をみていました。アンゴラにはテレビチャンネルは3つあります。
現大統領ドス・サントス氏が出てきていたのですが、69歳とは思えない、お肌つるつるピカピカ。
お金がかかってるなぁと画面に見入ってしまいました。彼はアフリカによくいる長期政権の独裁者の一人には違いないけれど、ドス・サントス氏は細身でスマートな印象を受けます。肥満体形になって金をぎらぎらつけているタイプではない。

総選挙前のこの時期、街中にはたくさんポスターが貼られますが、対立候補はどれも顔がイマイチ。広告代理店が背後にいるであろうドス・サントスはやはり麗しい。
未だに「ドス・サントスの妾になってもいい」というおばちゃんが山のようにいるというのも、なんだか少しわかります。奥様はキャビンアテンダント出身で、こちらもおきれいです。
見た目とは裏腹に、悪いこともたくさんしているんだと思いますけれど。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/08/20 感情移入のポイント


今日の午後もTちゃんから借りた「メアリーポピンズ」を見ました。日本語字幕を見ることが多いけれど、今日は子供のために吹き替えで見せました。余りに楽しい映像に、子供たちは釘づけ。私も久しぶりに楽しみました。
つい見入ってしまい、夕食を作るのが遅くなってしまったほど。大人になってみると、違うポイントで感動するんですね。
会社員になった経験や子供によって与えられた「親」という役割が、感情移入のポイントを増やしてくれたような気がします。
同様に、先日みたDVD「まんが日本むかし話」。これまた親子のきずなになっているものもあり、泣けてしまいすねぇ。そういえば、小さい頃は、サザエさん→まんが日本むかし話→ハウス日曜洋画劇場という順に見ていた記憶がよみがえりました。どれも良かったなぁ~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2012/08/19 ルアンダで見える星


Imgp9734

今日はキコの希望で、ベランダでシュラスコをしました。
そして昨日Tちゃんから借りた「美女と野獣」を見ました。私も大好きで、日本で何度も見ていますが、ビデオなので持ってきていません。やはりいいですね。
子供たちがDVDを見る間、私は夕食の支度をしますが、つい手を止めて見入ってしまいます。

さて、ルアンダは星が見えません。だって、首都で家屋も多く、夜も街灯が灯っていて、夜空が明るいから。
だけど、停電になると本当に真っ暗で静かです。大通りに近いので、うちのマンションがあるエリアが停電しても、道路の向こう側は電気がついていることは普通です。うちのマンションは今ではすぐに電気が(集中管理の発電機によって)戻りますが、古いマンションは発電機は部屋ごとに設置されています。
そのため、地階にある発電機に行くのが面倒なのか、電気をつけずにすごしている部屋も多そうです。だから、真っ暗。
停電になって、発電機を止めた後の時間。その夜の静けさは、私がアンゴラを思い出す音なき音の一つです。今のマンションではなく、オフィス兼住居の時の話ですが…。

さて、写真は、うちからよく見える「星」!
ただいま選挙キャンペーン中で、現政党MPLAの旗と大統領ドス・サントス氏の顔写真のついた照明機能付き立て看板、とでもいいましょうか。ものすごく明るい星で、無駄にあちこちで輝いています。停電するくらいなら、節電!と思うのは私くらいなんでしょうねぇ。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2012/08/18 お友達のおうちで過ごす午後

Imgp0114
同じマンションに住む同じ組織の方のお家に招かれました。
餃子の会ということで、肉を刻んだり、生地をこねて丸めて延ばしたり、女性が四人も集まると、手際良くポンポンと餃子が出来上がっていきます。先日の一人餃子作りとは大違い~
私は豚ひき肉がないと作らないけれど、豚肉を刻んで作るなんて凄い…まだまだ私は出来ることを出来ないでいるんだなぁと実感しました。本当に料理ができる人、って言うのは、こういう人を言うんだと私は思っています。

でもやっと料理が作れるようになってきた私には、それは次元が違う気がしますが、ひき肉がなくても餃子が作れることを知ったのは、とても貴重です。
ちなみに私、フレンチフライと言うのは、冷凍を買って揚げるもんだと思っていました。ところが、先日途中で足りなくなり、急遽じゃがいもを切って揚げたら、むしろ冷凍のよりずっと美味しかった!お恥ずかしいのですが、つまり私はそういう感覚なんですねぇ(苦笑)

さて、キコとミコは9歳のTちゃんとディズニーの「美女と野獣」を見たり、お姉さん達とTちゃんの工作や作品を見て遊んだり、刺激を受けて、とにかくとても楽しかったようです。良い土曜日になって良かったです☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/08/17 お姫様が行くところ

Imgp9754_2


リカちゃんでお姫様ごっこをしているキコとミコ。
お姫様たち、どこに行くの?と聞くと、キコは「ぶどうかい」。ミコは「ケロ(週末に行く郊外のスーパーの名前)」と答えるので、笑ってしまいました。お姫様が行くのが、武道会になっちゃうから、舞踏会と言わせても、なんども「葡萄会」で覚えてしまったキコ五歳。

昨日お友達から、我が家にはない調味料や便利グッズを分けていただきました。
それに伴い食材や生活雑貨の整理をしてみた午前中。結構ため込んでいます。ここで買えないから大事に大事に使っていたけど、もう少し気を緩めて使おうと思いました。

夕方、子供たちはDisneyDVDのアラジンを見ました。「Trust Me!」その台詞に、ドキッとします。大人になってディズニーを見ると、ティーンエイジャーの時と違うところで感動しています。そりゃそうですね、もう36歳ですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/08/16 譲り合い

Imgp0062_2

今日は、今月に入って週に一度訪れている郊外の邦人宅へ。
再来週には異動でアンゴラ国外なので、お片づけを始めておられ、既にお家の中はスッキリしていました。

キコとミコは、ケーブルテレビでうちでは見れないような子供向けチャンネルを楽しんでいました。ポルトガル語や英語ですが、本人たちは映像に釘付けで、意味は二の次のようです。

持参したライスグラタンを焼いてもらって、みんなでお昼ご飯にしました。みんなで食べるご飯は、それだけでなんだか美味しいスパイスがかかった気がします。
お昼の後は、外遊び。こちらのコンパウンドはバカンスから人が戻り始めているようで、多くの部屋にお手伝いさんの姿あり、皆さんそれなりに忙しそうに働いていました。


敷地内をキックボードで走り回る子供たちもいましたねぇ。キコ達は、今日もブランコやシーソーなどで遊んでいました。先日Tちゃんがやっているのを記憶しているようで、滑り台を逆から登ってみたり、腹ばいで滑ってみたり、年上のお姉ちゃんと遊んだ効果は大きいですね。
Imgp0077


帰り際、本や食材を譲っていただきました。アンゴラを後にする方には、いつも色々譲っていただいています。
同じ組織より、同じ主婦、同じ子連れつながり、そういうつながりが強いです。みんなそれぞれに大変な分、ありがたいですね。

早速本を開く私。活字に飢えているのかしら。
以前にも読んだことがある養老孟司「バカの壁」、さくさく読みました。面白かった~。過去に読んでいても、すっかり忘れているし、今読むと、また違うところに反応しているらしい自分がいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/08/15 準備の時間>食べきる時間

Imgp9992
先日買った豚ひき肉。一パックが800グラム近かったので、半分は冷凍しておきました。
その豚ひき肉と残った白菜を使って、餃子!餃子は私の好物の一つです。
もちろん、餃子の皮は売っていませんから、そこから作ります。簡単だけれど、野菜を刻んだだけで既に疲れが…(笑) でも具を前に、皮を作らないわけにいきませんから、気合いを入れて餃子作り。台所にひとり立って黙々とレシピの二倍。40個分作りました。

水餃子にして頂きましたが、美味しかった~☆キコもミコもよく食べてくれたので、40個あっという間になくなりました。
Imgp9991

「美味しかった!また作ってね☆」と言われると嬉しいですが、後片付けをしていて、なんというかな。
準備して肩こりしながら作って、お弁当のおかず分にも残らないほど食べてもらえて、有り難いんだけど、達成感が持続しないというか…。あまりにあっという間で、さっきの台所の私の時間は何だったんだろうと思えてしまうんですよね…。
自分が作った食事が、家族の健やかな精神をはぐくむ体になると思えば、すごいことをやっているわけですが、いやはや早かったなぁ…。

もう一枚の写真は、たくさん作ったバナナケーキ。こちらは翌日まで食べれる量が残るので、達成感は持続しますねぇ(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/08/14 九歳のしっかり者

Imgp9989

Tちゃんが遊びに来てくれました☆
幼稚園がなく、予定がない毎日。お友達が来る日は、前日から「明日だよね」と心躍らせ、目がさめれば「もう来る?」「いつ来る?」とワクワク。嫌がる歯ブラシも、お友達が来る前はサクサクやってくれます。
お友達効果、偉大です。

キコとミコの年を足しても、Tちゃんの年齢には届かないけれど、会えば楽しそうに遊んでいます。
りかちゃん人形や王子様レン君、ぬいぐるみを交えて、お姫様ごっこやおままごとなのですが、面白いですねぇ。

さて、今日はTちゃんが持ってきてくれたDSに興味津々。
キコは自分が操作できないと分かると諦めますが、ミコは画面に出てくるディズニーのキャラクターで遊びたくて仕方ない。でも自分で操作できず、ぶーぶー言っています。
五歳と三歳なので、DSはいらないと思っているのですが、そのうち欲しい時期が来るのかしら。お友達とのやりとりにも必要になるのかなぁ。ゲームに疎いし、ファミコンですらあまり楽しめなかったので、全然興味がないのだけれど…。

9歳のTちゃん、ミコが自分でできなくて泣くのを見て「ごめんね、これ、持ってこない方が良かったね」と私にまで謝ってきました。大人だわ~。9歳ってこんなしっかりしているのかしら。大人ぶりに驚いた私でした。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2012/08/13 石になってるの

Imgp9979

毎日お家遊びの姉妹たち。
帰国された駐在者や、出張者に頼んでいることもあって、おもちゃはたくさんあります。

ふとソファーを見ると、並んで固まっているキコとミコ。なにしてるの?と聞くと「石になってるの!」
どうもスピーカーをサメに見立て、自分たちは海にいてサメから身を守るために石になっているとか。スピーカーに向かって風船を投げ、「みーたん、大丈夫、やっつけた!」といい、おもちゃの携帯で「もしもし、今そっちに女の子のサメいますか?」と話している。彼女なりに物語があるんだろうけれど、おかしくて、笑ってしまう。

電話の受け答えができるおもちゃ。
サンタさんに電話をしています。おもちゃが「クリスマスには何が欲しいのかな」と聞くと、「おもちゃはもういらないの。でもリカちゃんのが欲しいの」と答えています。私が詳しく話さないと、サンタさんは何を用意していいのか分からないよ、というと、「あ!そうか」と言ってもう一度サンタさんに電話をして、「りかちゃんの電話とか、お洋服がほしいです。」と真剣に話していました。
Imgp9978

素直に電話に向かって、私の思惑通り、詳細に話してくれて、笑えました。欲しいものがクリスマスまで変わらないとは思えないけれど、出張者が来ることを願って、また考えなくちゃと思っています。

おもちゃはいらないって言うけど、りかちゃんグッズだって立派なおもちゃなんですけど(笑)しかしまだ、八月。先は長いぞ~。サンタさんも今頃夏のビーチでバカンスでしょう(笑)

二枚目の写真は、日中に停電用に日本から持ってきているアウトドアライトをわざわざつけて、「今は夜で、だから電気をつけてお絵かきしてる」という写真です(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2012/08/12 鍋 

Imgp9970
今日は豚のひき肉の白菜がスーパーで買えたので、肉だんごと白菜の鍋にしました。アンゴラで鍋なんて自分でも驚きますが、今年は去年より夜が寒く感じます。
布団はないので、バスタオルを重ねてかけたり、長袖のTシャツを重ね着して眠っています。そんなせいか、温かいものが食べたいなぁと思うようになり、材料も手に入ったので、思いついたのが鍋でした。本当にシンプルな、肉だんごと白菜だけの鍋ですが、美味しかったです。温かいものを食べると、ほっとする。ほーっとしました。

ミコがお昼寝する間、キコはベルギーで買ったシャボン玉に挑戦。あっという間にコツをつかんで、長い柄に少なくなったシャボン液を上手にくぐらせ、上手に沢山できました~♪
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/08/11 五人で7本のワイン、うち3本は私?

Imgp9969

以前、日差しの強い時期、マンションにプールのある邦人の方に、お招きいただきました。プールにぴったりの日和でした。プールサイドでおしゃべりしている間、子供たちはプールで楽しく遊ばせてもらい、大満足の一日になりました。

そのお礼をしたいなぁと思いながら、あっという間に月日が経ち…先日お会いした時に、直接私からお話しし、実現したのが今日。
単身赴任の男性三人と我が家で、お昼から飲み会になりました。食事の類は、断水が開けた昨晩と今日の午前中のうちに作っておきました。

私は飲む気まんまんで、久しぶりに他人と話すのも楽しみで、最初からハイペースでガンガン飲みまくり(笑)
ボトルが開けば、自分で冷蔵庫から出し、次を冷やし、コルクを開けるほど、快調に飲んでいました。ワインを七本開けて、夫曰くそのうち三本は私が飲んでいたそうです。
しゃべっているのも私だけだったと言っていました。ワインがガソリンになって、エンジンがかかってしまったんですね~。おほほほ。とっても楽しかったです。

24時間子供と一緒で、平日週に一度、邦人のお友達と話して、夫とは朝と晩だけ話す毎日。お友達は他もいるけど、みんなバカンスでアンゴラ不在なので、仕方ない。そのうっぷんを、今日は多分ぶちまけていたんでしょうね~。
失礼いたしました。でも楽しかったです。

写真は、手土産に頂いた日本のお菓子。中身も当然美味しいですが、パッケージの可愛さにしみじみ感動しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/08/10 断水

Imgp9932

スーパーのJumbo(ちなみに英語読みはジャンボですが、ポ語だとジュンボです)に出かけました。
今日はニンニクを買おうと決めていたのですが、売り場に行くと、臭う。触ってみると、腐ったのが多くて、ブニブニしています。
「どれも悪いなぁ」とぶつくさ言う私。キコにもお手伝いして探してもらったけれど、なかなか見つかりません。
隣にいたアンゴラ人のおばちゃんも、ニンニクを選びながらぶつくさ。「ニンニク、全部悪いね」とポ語で言うと、「うんうん、悪いね。すごく悪い」と言い、おばちゃん同士、通じ合いました(笑)

お昼前、管理人のラウさんが来て「水が余りないよ」と言いに来ました。常に100リットルは貯め置いていますが、気分は晴れません。案の定、午後断水になりました…。

夜はインスタントラーメン。食器を洗う水を考えるとカップラーメンがいいけれど、在庫もないので、インスタントラーメンです。食事の次の問題は、子供の入浴です。
今、アンゴラは冬なので、朝晩涼しいというより、肌寒い。そんな中、貯め置きの水を沸かして、子供に浴びせる節水行水もかわいそうで、どうしようかと決めかねていました。時間が遅くなってきたので、意を決して、ダーリンが子供を洗い、私がお湯を運ぼうとしたその時、水が戻りました~。

7時間半の断水が、終わりました。いつまで続くか分からない断水。いつか水が戻ると分かっていても、こればかりは精神的にいつまでたっても慣れません。家で過ごすことの多いアンゴラで、子供がいて、断水ほど嫌なものはありません。
一晩くらいお風呂に入らないという選択肢もないわけではありませんが、子供の体を衛生に保つことも、健康でいるためには必要だと私は思っています。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/08/09 Tちゃんが来た日

Imgp9919

同じマンションに住むTちゃんに遊びに来てもらいました。
いつものおもちゃでも、年上のお姉ちゃんが来ると、遊び方に工夫が加わってとてもいいですね。
ごっこ遊びでも、一人増えれば、役が増えるから楽しそう。いつものソファーが、今日はキャンプ場になっていました。
シルバニアファミリーにも、スマーフが泥棒に入って散らかしたり、なかなか物語性があって、見ていて面白いです。

ミコは、お昼ご飯の前にバナナを一本。みんなで一緒にお姉ちゃん達と同じ量のナポリタンスパゲッティを食べた後も、バナナを二本。バナナは一本食べても満足感が得られるような気がするけど…すごいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/08/08 覚え違い、言い違い

三歳のミコさん、言い違いは当然多いです。
「いじめるな~」と言うつもりが、「いじけるな~」。同じように「よくもいじめたな」のはずが、「よくもいじけたな!」
そして「くつした、履いたよ」と言うと、靴のことだったり、「三個ちょうだい」といって取っていった数を見ると二個。二個のことを三個と言います。分かりづらい…。

五歳のキコさん、覚え違いもあります。
「ほこり」は、「ぽこり」で、なんだか妙にかわいい埃になります。「しびる~」と悲鳴を上げるので、傷口でもあるのかと思ったら「足がしびれた~」の意味。
ミコと喧嘩になって「私、呆れちゃった」とお姉さん風にすかして言いたいところを「私、あきるちゃったから」というキコ。
…つい吹いてしまいます。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

2012/08/07 姫三人と郊外へ

Imgp9884

同じ組織の駐在者のお子様Tちゃんも一緒に、今日は郊外の邦人宅へ遊びに出かけました。女の子同士、9歳、5歳、3歳、という年の差は、子供たちにとって、それぞれ新しい遊び方を学ぶいい機会です。
滑り台のある遊具も、9歳のお姉ちゃんが入ると、また違った遊び方をします。見ている方はかなり面白かったです。

私は、9歳の女の子と言うのはこんなにしっかりしているかとびっくりしていました。
お昼御飯を準備していると、「お手伝いすることがありますか」と言ってきてくれるし、食事が終われば、お片づけ。帰る時間が近づくと、トイレを済ませて身支度…。すばらし~。うちもこんな風になるんでしょうか。
今は、トイレ一つとっても「ママと一緒。」のキコ。お尻をふくのはママの仕事のミコ。キコはだいぶしっかりしていますが、生活習慣は親が言わないとやらないですから。ミコのお世話は、自分のことを棚にあげて、だいぶやってくれるんですけれどね。Imgp9909

今日はみんなで風に当たって、気持ちのいい午後を過ごせました。
ここのマンションの住人は、外国人が多いので、やはりバカンスの今、ほとんどがカーテンを引いていて、不在です。だから夏休みだけれど、敷地内の公園も貸し切り状態です。人見知りのキコとミコには、やはりそれがいいようです。貸切で楽しめる贅沢を、満喫していました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/08/06 掃除も遊び

Imgp9877

週末両日お出かけをしたので、今日はお家でのんびり。というか、私はのんびりしたいですが、キコとミコは年相応にエネルギーがあまっています(笑)
何をしてもいいのですが、家の中でのこと。自分たちで色々工夫をして、体を使って遊んでいます。

今日は何を思ったか「お掃除」。ハンカチタオルを濡らして、拭き掃除をしてくれます。が、絞りが甘いので、埃を巻き込んで、余計に汚れる…。でも、ま、ね、そんなのもの楽しそうにしてくれるし、こちらが絞ってあげれば、また同じようにやって、埃が取れてきれいになりました。おもちゃも少しきれいになった気がします。

さて、よく考えてみたら、ダーリンの組織は国際結婚が多いです。
ご主人が日本人で、奥様が違う国籍の方、そういうケースが多く、結婚して最初の赴任地ブラジルからそうでしたから。
いろいろあって、先月から同じ組織の人が、お子さんを連れてきています。ハーフで、ママが日本人で同じ組織の方です。ママが日中お仕事の間、週に一二度一緒に遊んでいます。同じマンションですし、キコはお姉ちゃんが出来て、とても嬉しそうです。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2012/08/05 初めて行くレストラン

Imgp9862

今月に異動されるご夫妻と同じ部署の方と一緒に、海に近いレストランへ出かけました。いつも通っている道から一本入っただけなのですが、景色が違って面白かったです。レストランも初めてのお店でした。

開店前に着いてしまったので、外のソファーで待っている間、乾杯。その間に、ブッフェコーナーにはどんどんお料理が運ばれてきていました。
中に通されると、雰囲気もいいし、前菜だけでも種類が多く、お腹がいっぱいになりそう(笑)実際、前菜だけでかなり満足してしまいました。メインのブッフェでは、本当に一口分のお肉とごはん位しか取れませんでしたから。

ここは日曜日だけがブッフェだそうで、それを知っているお客さまも多く、ほどなくして満席になっていました。外国人とお金持ちのアンゴラ人用のレストランという感じです。
レストランから海は見えませんが、美味しかったし、楽しいひと時を楽しめました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012/08/04 マブーバスで日本祭り

Imgp9794


朝7時半、パスポートを持って行ったのは、マブーバスにあるJMAS(日本地雷処理を支援する会)というNGOのベースキャンプ。
パスポートは、万が一を考え、遠出するときには持参しています。今日は、JMAS主催の日本祭りです。
JMASというNGOは、自衛隊OBが多くおり、仕事で得た知識や技術を、アンゴラのように地雷が埋まっている国に活かしています。
地雷原だったところから、地雷を取り除き、自分たちの場所を作り、少しずつ拡大して、地域の人に返していきます。空いた時間には、子供たちに文字を教えたり、村を一緒にきれいにしたりする活動をしています。

今日の日本祭りでは、日本企業が作ったサッカーチームのゲームや、花の苗を村に植える活動のほか、綿菓子なども配られました。在留邦人も参加して、大賑わい。
夏休みのイベントとしてもってこい☆と判断した私ですから、キコとミコも甚平さんを着せて参加です。
Imgp9800

折り紙を持ってきてくださった邦人の方と一緒に、折り紙を折って地域の子供たちにプレゼントをしました。綿菓子ブースでは、「列に並んで~」とか受け取ったら「お礼を言いなさい」とか声高に叫んでおりました。

綿菓子ブースを開ける前、準備の時にキコとミコ、そして同じ組織のお子さんTちゃんに、隊員の方が、最初に綿菓子を下さいました。
キコは綿菓子を食べたのは、三歳の時。アンゴラに来て、カクアコという街で日本食イベントがあった時に、同じ隊員さんがきていて、作ってくれた綿菓子を食べたのが初めてでした。そして、三歳になったミコ。今日初めて、綿菓子を頬張っています。アンゴラで、しかも同じ隊員さんが作った綿菓子が人生初めてなんて、おもしろいなぁと思った私です。

Imgp9843

それと、今日はマブーバスに行く二回目だったのですが、前回とは違う道を使いました。それがまた酷くて、道がひどいのは分かるのですが、埃っぽさが格別に酷い。
窓から見える景色も、ルアンダ近郊らしいと言えばそれまでですが、余りに汚かった。私達が住むルアンダに戻ってきたら、街がきれいに見えたくらいでしたからね。ダーリンも同じことを感じていたようです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012/08/03 40分で四回停電


Imgp9758

今日は一日家にいました。そんなこと、毎日のことなので、敢えて言うこともないんですが、やはり欧州から戻って一週間。変なストレスが当然たまるわけです。子供も私も運動不足なので、階段を利用することにしました。

私達が外出の予定のない日、運転手は夕方16時にうちのマンションに来ます。その際に、私はゴミも出しに行きます。ゴミを出し、運転手に車のカギを渡し、車が駐車してある地下二階の駐車場まで一緒に行きます。運転手が車に乗ったのを見届けて、地下二階から、我が家のある七階まで階段を使うことにしました。

ここは0階があって1階があるので、ほぼ十階分の階段を上ります。窓はないけれど、電気もちゃんとついています。キコとミコとそれぞれ手をつないで、のんびり上がると、これがまたいい運動。部屋に着くころには、うっすら汗をかいていました。結構、いいかも!

さて、明日のお出かけ用にケーキを作りました。
抹茶シフォンケーキを一台、バナナのパウンドケーキを二台です。シフォンケーキは無事に膨らみ、パウンドケーキを作っている最中、停電。しかも4回も!!ケーキを焼く時間が40分でその間に四回もあり、そのせいなのか、真ん中が持ち上がらず、直方体なパウンドケーキになってしまった。
ま、アンゴラなので仕方ないんですけれど。
ケーキより、40分で四回も停電するものだから、発電機が故障したのかと、そっちのほうが心配になるほどでした。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2012/08/02 卵を探して、スーパーをはしご

Imgp9738

土曜日に出かける際に、甘い物を手土産にしようと決めた私。
ケーキの類はやはり卵がないと、私の場合はできません。それで、スーパーを二軒はしごして、卵を買ってきました。
前々日から材料を探すなんて、アンゴラらしい買い物です。しかも「卵」って特別な食材でもないのにねぇ。
でも二軒目で見つかって良かったです。明日は予定通り、ケーキを作って、土曜日に備えます。

Imgp9746

今日のアクティビティ(笑)は、ドーナツ作りでした。
キコとミコが型抜き担当です。ドーナツ型はないので、空き瓶やらグラスで代用。だから中心がずれて不格好だったけれど、自分で作ったドーナツは世界一なんでしょうね~。おいしそうによく食べていました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2012/08/01 郊外で外遊び

Imgp9713

郊外の邦人宅に遊びに行かせてもらいました~。毎日歩きまわったヨーロッパと対極でアンゴラにいると、ほぼ毎日「家の中」。
買い物に出ても、窓から見えるような近距離のスーパーに車で出かけ、1時間程度のことですから、お出かけしている感じはありません。

今日は10時に我が家を出発。運転手に道を説明できるか不安でしたが、二年間も同じようなところばかり通っている上、複雑な道はありませんから、無事に到着。それでも一時間かかってしまいました。

運転手にお昼ご飯のサンドイッチを渡し、お友達にほぼ一カ月ぶりにお会いして、欧州のお土産話を聞いてもらって、
楽しい時間を過ごしました。
大人が話している間は、キコ達はケーブルテレビにかじりつき。我が家は決まった時間しかテレビ(DVD)は見れないことにしているので、他の人のお家にくると、それが嬉しそう。ディズニーチャンネルや、ポルトガル語の子供向けパンダチャンネルなどを楽しんでいます。
欧州のお土産話もそこそこに、アンゴラに帰って来てからの数日のストレスを早速吐き出してしまいました(笑) 

Imgp9720

お昼の後は、久しぶりのお外遊び。ここには、敷地の中に遊具やプールがあります。
冬のアンゴラ、今はプールはメンテナンスでお休み。更に、ここ外国人が多く住むコンパウンドなので、多くの外国人は、バカンスで不在。貸し切り状態なのも、うちの子供たちにはいいんです。
遊具は一個だけ増えていて、小さい鉄棒がありました~。キコは「豚の丸焼き」スタイルを、なぜか「豚の焼き肉」と言って覚えていて、そんな鉄棒スタイルを披露してくれました。
私もキコもミコも風に吹かれて、程よい疲れを感じて、とても楽しかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/07/31 アナさんの日

Imgp9669

火曜日は、我が家のお手伝いさんが週一回くる日です。
お手伝いさんを毎日入れる人、スーパーの買い物から調理、後片付け、掃除全てをやってもらう人、十人十色です。うちは、週一回の掃除とアイロンかけのみ。掃除は、全部の部屋とベランダを掃いて、水ぶきしてもらい、棚の埃をとる、ガラス窓を両面から掃除、台所のレンジ周りや洗面台、お風呂の掃除とアイロンがけです。
もちろん、子供が小さいので、食事のあとはパンくずを掃いたり、掃き掃除は私もしていますが、アナさんがすると、水ぶきするので、スッキリきれいになります。

でも今日は彼女が最後に掃除をした日から計算したら、四週間ぶりの掃除ですから、彼女もかなり頑張ったようです。いつもより早く着いて始めてくれましたが、いつもよりかなり遅く帰りました。
だって、ものすごく汚かったからね~。まじめによく働いてくれているアナさんには、いつもお土産を買ってきています。休暇中のお給料もあげていますが、ささやかなものと、飛行機でもらった子供用のおもちゃなどは、そのままアナさんにあげることにしています。

夕方、ドアをたたく音がしました。マンションのお向かいのお手伝いらしき人。
入り口には買い物袋がいっぱいです。「鍵、かしてくれる?」というので、「?なんで?」ときくと、主人が出かけて、家に人がいなく、自分は鍵をもっていないとのことでした。ここはオートロックな?ので、その状態では絶対に入れません。
で、なんでわざわざ内をノックしたのかというと、彼女は我が家の鍵で、自分の家のドアが開くと考えたからでした。そしたら鍵の意味ないじゃん!!
Imgp9667

でもアンゴラだし、もし開いたらどうしよう・・・とよぎって、うちの鍵で試してみました。
が、よかった、ドアは開かないし、鍵穴も異なっているのがわかりました。それを見て、彼女は待つしかないと諦めがついたようでした。
「待つしかないね」というと、「そうね」と言って床に座り込んで?いました。携帯で電話すれば?と提案しようと思いましたが、そうすると、「サウド(前払い分)がないから、貸して」といわれそうなので、それも嫌なので、何もいいませんでした。
鍵はどの部屋も違うんだよって、わざわざ自分が言っていて、悲しくなります。だって当たり前すぎるんだもん。それを知らないなんて。

ダーリンによると、今日から選挙のキャンペーンが始まったそうです。それで国旗の色と同じ色の旗がはためく街中の大通りの写真です。それとお昼のオムライス~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/07/30 時間修正

Imgp9665

昨日、夫の組織に日本から赴任者が無事に到着しました。そして、今晩はその方の歓迎会がありました。
中華レストランのシェウーで夕食だったのですが、久しぶりにやっぱり美味しいし、安心して色んなものを食べることができました。

いつも平日の夕食会は、私達母子は行かないのですが、今日はシェウーなのと、夏休みで時間がルーズになっていること、母子で家にこもることが多いアンゴラの夏休みにつき、イベント大歓迎なので、参加させてもらいました。
幼稚園が始まると、7時半に始業なので、6時起きになります。なので、20時過ぎには寝るのですが、今は子供たちは22時位に眠りはじめます。少しずつ、アンゴラ生活に戻していかないとなぁ…。

シェウーで夕食をすると、子供たちはすぐ眠くなってしまうけれど、今日は夕食が終わってもまだ元気モリモリしていました。はぁ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2012/07/29 アンゴラ人の結婚式

Imgp9647

ダーリンの組織に来ている派遣社員君が、金曜日招待状をくれました。
自分の結婚式のお誘いで、オフィスの人に配っていたそうです。旅行明けで疲れていますが、子供は元気。そして、旅行から戻ったら何にも予定がない我が家ですから、学校が始まるまでのあと40日位ヒマです。
お誘いいただいたイベントは、可能な限り参加したいと考えています。ということで、今日はその結婚式に行きました。

挙式の教会は、近所です。
車で5分のところですが、結婚式で人が集まって、駐車できないことも考えて、30分前に家を出ました。ところが予定の14時になっても、新郎新婦も来ないし、人も揃わない。ダーリンが聞きに行くと、聖堂のカギを持っている人が不在で、今呼びに行っているとか。えー!なんなの、それ。理解不能。

ま、アンゴラですからね。結局二時間遅れでスタート。その頃にはドレスアップした人たちも揃っていました。
ながーいながい参列者の讃美歌合唱やら、聖典や指輪を持った可愛い子供たち、お友達のゴスペルなどが一通り終わった後、ようやく新郎登場。
Imgp9653


そして、遺伝子が確実にコピーされていると感じた父と新婦が登場。正装した子供たちはとっても可愛かったけれど、長すぎる挙式でした。途中でミコは眠ってしまったし、キコは「お姫様(花嫁さん)」が見れて良かったけれど、やっぱり疲れたと言っていましたから。

夜は、今日着任された方と一緒に、我が家で夕食をしました。
招くというような食事ではなく「一緒に食べましょう」というスタンスなので、いつもの食事の量を増やした程度でしたが、喜んでもらえて良かったです。
子供たちにも、果汁グミをお土産に頂いたり、日本の奥様からはラッピングも可愛いお茶を頂きました。そのお茶を飲む前から、そのラッピングの可愛さに癒されていました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2012/07/28 二年住んでも疲れる


Imgp9616
家に帰ってくると、アンゴラでもホッとするものです。でも、埃っぽさは否めない。
さすがに、朝サッと掃除してみましたが、いやぁ埃、すごい。足裏、真っ黒…。もちろん窓も戸も開いていません、でも土埃はどこからともなく侵入するんでしょうね~。埃で死んだ人はいない、と言い訳をしている私ですが、そうも言ってられないくらい。

さて、今日は冷蔵庫を満たすべく、郊外のスーパーKEROに行ってきました。肉や種類の違う野菜や果物を買いました。食事を作る気はあっても、体力がついていかず、結局ダーリンがベランダでシュラスコ(BBQ)をしてくれました。
まずはベランダの掃除。これがまた三週間分の汚れって言うのは、凄まじいもので、土埃に厚みがありましたからね~。
ダーリンは、使う部分だけ掃除して、お肉や野菜を焼き始めてもらいました。私は、オリーブだのチーズを出してきて、ビーニョベルヂ(発泡性のポルトガルの白ワイン)を開けました。このスタイルのランチは、我が家にとっては定番で、子供たちもシュラスコが大好きです。

食べて、飲んで、ホッとして、疲れがどどどーんと出てきました。まだやっぱり疲れてるなぁ。旅行の疲れというより、帰ってきて、そのギャップにどっぷり疲れるのです。先進国からアンゴラに戻ると、アンゴラの生活に慣れるのには疲れが伴います。たとえ二年生活していても、です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/07/27 アンゴラに戻ってきた実感

Imgp9615
ダーリンは金曜日である今日から出勤です。
お弁当のおかずになるようなものも思い浮かばず、解凍したり缶づめを使えば何か作れたのかもしれませんが、結局おにぎりだけ持って行ってもらいました。

三週間休暇だったのは、我が家の私用運転手も同じ。
今日は、朝10時に運転手を呼んでおり、ちゃんと予定通りに来てホッとしました。そして、近所のスーパーJumboへ行ってきました。

お揃いの服を着ているキコとミコ、車から降りた瞬間から注目を浴び、「双子?」だの「小さい中国人だ!」「ニーハオ」の嵐です。無視してもいいのでしょうが、よく寝て気持ちが落ち着いているので、「笑顔」で「5歳と3歳だよ」「日本人なの」「日本人はオハヨウというの」と説明しています。

何せアンゴラ人にとっては、私達母子は、初めて出会う「日本人」かもしれませんからね。余りに回数が多く、それに伴うストレスとで、なかなか笑顔がでませんけれど。

今は乾季で野菜が豊富です。いや、実際は野菜は年中取れるのでしょうが、乾季は気温が低く、野菜がいたみにくいので、スーパーに並ぶ野菜は豊富なんです。それで殆どの(アンゴラで買えるような)野菜も卵もパンも買うことができ、ホッとしています。
たった1時間程度の買い物でしたが、どっぷりつかれましたねぇ。

野菜を一つ買うにも、箱の中から選ぶのですが、手は真っ黒になるし、野菜しか買ってないのに、8000円位になるルアンダの物価高。昨日まで居たブリュッセルは、同じように「首都」でしたが、100ユーロで大満足のお買いものだったのになぁ~。ふぅ。

午後になるとお片づけもだいぶ落ち着きました。
洗濯は毎日させてもらっていたので、洗濯は少なかったのですが、買って来たものを開封して、片付けてみると、あれれ?これしか買ってなかったんだ~という気持ちになるもんですね…。

そんな私の盛り下がった気持ちとは別に、キコは不思議な質問がありました。

なぜかキコは「ママがお姫様だった時、なんていう名前だったの?」と聞く。「お姫様だった時なんて、ないよ」というと、パパと(結婚のため)ドレスを着た時のことが、お姫様だった時ということがわかりました。
「やはば」っていう名前だったとか、ドレスは白だったとか話していると、ミコは「ママはガラスの靴は何色だった?」と聞く。「ガラスの靴は履いてないけど、白い靴だったよ。横浜にドレスも靴もあるよ」ということ、「わー?」と喜ぶ二人。
私のドレスはレンタルが出来なくて、購入しかできなかったわけで、実家には確かイタリア製シルクのハンドメイドのドレスがあります。日本に帰ったら、実家から引き取らなくては…(苦笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2012/07/26 ブリュッセル→アンゴラ

Imgp9604

朝7時45分、アリアーヌが頼んでおいてくれたタクシーは既に待っていました。ダーリンとアリアーヌが荷物を運んでいる間、ジェイソンが起きてくてくれました。「家事もしてくれてどうもありがとう、また来てね」と言ってくれて、こちらが泣きそうです。こんなに長い間寄せてくれて、また来てねと言えるんだもの。
家事は主婦の仕事だし、何かできて良かった。写真家ジェイソンにダーリンも色々学ぶことがあったようで、最後はいいお友達になっていました。良かった良かった。

まだベットで寝ているアナベルちゃんにお別れをしました。アナベルちゃん、あなたに会えて本当に良かった。私が一時帰国の際買って、日本から送っておいた安産祈願のお守りが、アナベルちゃんのベットわきには今もかかっています。
私達がタクシーに乗る前、仕事に行く前のアリアーヌとお別れ。お互い忙しくなって連絡が取れなくても、いつでも私はあなたの友達だから。というアリアーヌに、ありがとうしか、私は言えませんでした。
別に何かしなくても、一緒にいて、その時間を共に過ごすことが、とても楽しかった。ただ、本当にありがとう。
車に乗り込んで、涙が出ました。
P7260019

飛行場には渋滞なく到着しました。カウンターを探すと、端っこの端っこ(苦笑)
並んだ途端、アフリカに戻った気がしました。まずは黒人が多いこと、それ自体は何ら問題がないのですが、列に並んでいるのに、後ろからドカドカと荷物を持った人々が私達の脇から入ってきます。
「失礼、失礼」と言いながら割り込むので、英語で「後ろに並ぶべきだろう?」というダーリン。すると「私達は家族なんだ、家族だから仕方ないだろう」と回答。ちょっとトイレにいった一人が戻ってきたという感じではなく、一族郎党がずらずらと割り込んでくるわけです。怒りをあらわにしたら、感じとった一部の一族は、列の後ろに並びましたが、半分は割り込んできました。
かーっと血が上りましたが、こんな人たちにエネルギーを使うのはもったいないですからね、無視しました。

面白かったのは、手荷物もはかってタグをつけていたこと。そうじゃないとチェックインした後に、大量の買い物をして機内に持ち込む可能性があるからなのかしら?
免税品は化粧品を少し買い、チョコレートも買いました。今回は、アルコールを飲む方に徹したので、チョコレートはアンゴラの辛い生活を潤すために持って帰ることにしました。
出国カウンターでは、K1選手マサト?の名を知る係員がいたり、日本語で「何か申告するものはありますか?」という係員がいたり、ちょっと嬉しかったです。
もっと見たかったけれど、あっという間に搭乗時刻。ブリュッセル航空に乗り込みました。

P7260024


10:45発で、乗った瞬間、睡魔に襲われた私と子供たち。ぐっすり眠ってしまいましたが、なんとパリからの乗り継ぎ者が多いらしく、パリ便がおくれているとかで一時間機内で待たされました。
ま、寝てしまったので良かったですが、外で待たせてくれれば、免税店もっと見れたのになぁ。

さて、この飛行機は、ブリュッセル→アンゴラ→コンゴ→ブリュッセルという経路で戻る飛行機です。
乗客の皆さんのふるまいは、ほんと理解不可能です。まず、アルコールをがんがん飲む、じっと座っていられず、喋り仲間を探してさまよう、見つけたら、その人が座席の中央にいても、通路側に食事や免税品の販売カートが通っても、
頑として動かず喋りとおす。
今回、ちょうど見やすい場所にテレビがあり、映画など見ていたいのですが、目の前の座席の人と、通路に立った男性がおしゃべり。画面の邪魔をしたので、しびれを切らして「見てるんだけど」というと、「そうか失礼」といって体勢を変えました。もっと早く気付いてほしいジェスチャーを送っていたんですけどね。

疲れや揺れもあり、私は機内食は余り食べなかったのですが、子供たちはミニハンバーガーやフライドポテトも出て大喜び。子供が元気なことは、それだけで救われます。
おやつに、チョコレートがけのアイスクリームバーが出てきたのは、かなり嬉しかったです。アイスが配られていても、未だにアルコールを求める乗客に、男性キャビンアテンダントが厳しく制していました。
P7260027

予定よりやはり一時間ちょっと遅れて、同日19:40にアンゴラ到着しました。
荷物を待っているときに子連れの女性に、「かわいい中国人ね」と言われて「日本人ですから!」と行ったり、無事に、全部荷物が出て、出口に向かうと、スーツを着たアンゴラ人に「中国人!」と言われて、一気に血圧上昇「私達は日本人なの。分かった?」と言い放ちました。 やっぱりここは間違いなくアンゴラでした。

笑顔で言いたかったけど、帰ってきてそうそうだし、疲れているし、笑顔の余裕なんて私には、全くありませんでした。だけど、返さずにいられない私の性格…。

空港には運転手のチーノが迎えに来ていました。家に戻り、久々のおもちゃに喜ぶ子供たちとシャワーに入って、子供たちは眠りました。私とダーリンはお片づけ。真夏の欧州に対し、冬のアフリカ。夜は冷えます。
靴下をはいて作業していたのですが、三週間掃除が入っていないので、靴下の裏は真っ黒。ビックリするほどの汚れでした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/07/25 みんなで過ごす最後の夜

Imgp9530
朝食に作っていたホワイトアスパラガスとマッシュルームのホットサラダ。ニンニクと塩で炒めただけのものですが、アンゴラからきて作った当初は、おいしすぎて自分で涙が出そうでした。
でも、旅のこうして食べてみると、ちょっと物足りなさを感じる。たぶんこの三週間、美味しいものを食べすぎたせいでしょうね~。感動が薄れているんだもの(笑)

ホワイトアスパラガスを調理したことない私は、アリアーヌから皮をむくことを教えてもらったり、料理を一緒にしながら、残ったフレッシュハーブをバターに混ぜて、冷凍することなどを教えてもらいました。どれも私の中に残っています。

さて、明日は出国なので、今日が最終日のようなもの。Imgp9549_2

キコのフランス語の教材が欲しくて、FinacというCDやDVD、書籍やPCなどを売っているお店へ。Finacが入っているショッピングセンターは、大きくて、色々お店があり、楽しくお買い物ができました。
ただ、見るところが多すぎて、全部は見れません。所々にある子供用の乗り物に、キコ達は釘づけで、乗り込んでいました。

ショッピングセンターの外には、大きな商店街が続いており、途中でお昼。オーガニックレストランで、サンドイッチやサラダパスタを頼み、テラスで頂きました。
午後に戻ったショッピングセンターの中にも明るい光が差し込み、暖かくなってきました。キコとミコはアイスクリームを食べました。ミコは相変わらずイチゴ、キコはなんとピスタチオ!
不思議だったのは、フレーバーの表示がオランダ語とフランス語で英語はないこと。色とスペルから想像がつきますが、なるほどねぇ~。
Imgp9563

帰りにまたスーパーへ。今日は、カレーライスを作るので、その材料を買います。でももちろん材料以外にも買ってしまう私。この時点においても、目移りしまくりです。
明日の朝には出国なので、アンゴラについてからのパンだけ買いました。ロングライフのパンなので、一カ月ほど持つし、そういう梱包になっています。

商店街の途中、ブラッセリーに寄りました。今週から気温が上がって、一気に夏のブリュッセル。買った荷物を脇に置いて、ビールで乾杯しました。日本でも飲めますが、ヒューガルデンホワイトです。
ちなみに今回ヒューガルデンロゼというのも飲みましたが、あれは甘くてジュースのようでした。重めのビールもありましたが、ダーリンはこちらが気に入った様子。フルーティで美味しいもんね。

Imgp9599


私の今回の発見は、ドイツで冷えかけたビールを飲んでも美味しかったこと。完全に冷え切っていないのに、味があって美味しかった。ビールを食べるパンと言ったことがあるのが、理解できた瞬間でした。

キコとミコは、赤いのフルーツジュースを。一本をシェアさせようと思ったら、ミコが口をへの字に曲げます。それを見た店員さん、じゃあもう一本だね?と笑って、それぞれにチェリーとりんごのミックスジュースを持ってきました。かわいい赤いドリンクに、キコもミコ大喜びしていました。

ご飯を炊いて、カレーライスを作り、甘い卵焼きも作りました。買ってきた宝石のようなトマトも出しました。更に、アジア食材店で買ったお豆腐で冷奴にし、アリアーヌが好きだという蒸しパンにも挑戦。しかーし、調理用はかりがないので、失敗。オムレツのような蒸しパンになってしまいました…。
Imgp9474_2

夜、アリアーヌが頼んでくれたケータリングのお寿司が到着。キコとミコは、やっと食べれたお寿司でお腹がいっぱい(笑)今日は最後の夜、何度か会っているアニャさんも今日は招いています。
カレーライスも卵焼きも本当に普通の料理。もうちょっと私に芸があればなぁと思いつつ、喜んでもらえたので良かったです。ただ蒸しパンは…悲しいなぁ~。もっと上手に作ってあげたかったよ。
アニャさんがイスタンブール出張土産を買ってきてくれました。日本の求肥のような、ゆべしのような食感のお菓子を食べ、一日を終えました。マグナムボトルというのかしら、通常の二倍のサイズのシャンパンも、とっくに空いていました。

楽しかった三週間の欧州旅行、明日アンゴラに戻ります。見続けた噴水の景色を焼きつけています。
ダーリンのおかげで、公共交通だけで移動し、鉄道旅行を満喫しました。各地で、大切な人に会い、時間を共有できました。私とだけではなく、家族同士、ともに過ごせたことは何よりでした。
ダーリンやアリアーヌ、ジェイソン、そしていとこ家族や友達の皆さん、本当にどうもありがとうございました。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

2012/07/24 もういちどグランプラス

Imgp9487_2

一昨日から好転した天気。今日はグランプラスに行くことにしました。ただメインは中華食材店(笑) 日本食材を調達しなくてはいけません。
いくらあっても消費する食材ですから、有るに越したことはありません。地下鉄と路面電車を乗り継いでみたものの、駅前から見つけることができず、近くのお店に入ってダーリンが聞いてくれました。
中華食材店はすぐに見つかり、しかも巨大!まずは、グランプラスを観光して、戻ることにしました。

Imgp9508


いい天気のグランプラスは、またとても美しかった~。それにしてもアジア人の観光客が多いですねぇ。主に中国人や韓国人でした。道すがら、私のサンダルを買い、家族揃ってGEOXの足元になりました。

今日のお昼は、中華料理です。ガラス窓をはめた一階で手打ち麺を作っていたAu Bon Bolというお店で、中華麺とショウロンポウを注文。ひとつは汁なし麺にして、麺と具を和えて食べたのですが、これもまた美味しかったです~。ショウロンポウはちょっと違ったけれど、蒸し餃子風で生地が美味しかった。

すぐそばの金源という中華食材店は、巨大スーパーで、アジアの野菜や冷凍食品、乾物、お菓子だけでなく、調理機材も少し扱っていました。すごいなぁ。ここでは中濃ソースや麺つゆ、日本のパン粉を購入。子供お菓子も買ってあげられました。
Imgp9520


そこで段ボールに詰めて、その段ボールごと家に持ち帰ることに。そろそろパッキングをしないといけません。

一旦地下鉄で家に戻ると、5カ月検診と予防接種を終えたアナベルちゃんとジェイソン。今日から果物を食べていいそうです。う~ん、なんか懐かしい。

私達は、最寄りの商店街へ。スーパーでお土産を買いました。もっと各棚をじっくり見て、買い物をしたかったけれど、
お菓子売り場だけでも十分楽しめてしまう今の私。わくわくしちゃうの、なんででしょうかねぇ(苦笑)何度来たってわくわくしちゃいます。
アリアーヌに借りたカートいっぱいに買いましたが、買い足りない気持ちが残っています。

Imgp9522_2


夕飯前、買ってきた果物を食べていました。スーパーの果物売り場で、キコが選んだコーズベリー、ミコが選んだイチゴ、ダーリンが選んだラズベリー。
アナベルちゃんも、人生発のイチゴを一緒に食べてくれました。光栄なことに、私、アナベルちゃん用にイチゴをつぶす機会を得て、大喜び☆アリアーヌ、ありがとう。夕食はアリアーヌの希望で、親子丼を作りました。
私は体調の悪いアリアーヌに代わって家事をし、ダーリンは手際良くパッキングをしてくれました。

夜、アリアーヌとジェイソンのアパートの窓から見える景色を、いつもの夜のように楽しんでいました。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2012/07/23 天井のない美術館と呼ばれる街ブルージュへ

Imgp9345

この旅行以前に、ベルギーにも来たことがあるダーリン。それで、ベルギーに行くなら「ブルージュ」という自分が行ったことのない街にも行きたいと言っていました。
ブルージュは、天井のない美術館とも呼ばれる、美しい街。ブリュッセル中央駅から11時半前に乗りました。


自由席なのですが、座ったとたん、若い女子高生とか女子大生みたいな集団が、声高らかに話しています。話し声くらいならいいのですが、一緒にステレオにしたYOUTUBUを見て、みんなで反応。その音量も大きいし、声も大きい。
注意しようと思ったら、ダーリンが注意してくれました。すると「ここは一等車両じゃないから、いいのよ」なんて口ごたえもしていましたが、ステレオをオフにしました。
良かった。一時間ほどのるのに、あのうるささは騒音ですから。さて、無事にブルージュへ。ここは観光地なので、駅もきれいだし、降りる人も多かったです。
Imgp9376


駅から街中に入った途端、右手に川が流れ、濃い緑に癒されてしまいます。咲く花は美しい、色とりどり。ヨーロッパの夏なんだなぁと感じます。
石畳み、かわいい看板、ドアの飾りや窓際に植えられた花の美しさだけでも、この街の可愛さに虜になりそうです。

中心のマルクト広場まで歩きましたが、小さいホテルや博物館らしき建物、スーパーや幼稚園の入口なども全て素敵な外観を保っていて、驚きます。
広場に面したレストランで、ムール貝やフライドポテト、ビールを満喫しました。貝が好きな子供たちにも好評で、美味しかったよ~。


シンボルのような鐘楼の近くで写真撮影して、キコの希望で馬車に乗ることにしました。町中を流れる運河のクルーズもよかったけれど、子供は馬が好き。英語が話せるガイド兼運転手さんで、出発!石畳を走る馬の蹄の音は、軽快で心地がいいものでした。シャーロックホームズの光景が、勝手に浮かぶ私(笑)Imgp9433


 
気温も上がり、暑いけれど、馬車に乗って風を切ると、本当に気持ちがよかった。そして街中の観光して、15分のところで休憩。お馬さんもお水とおやつの時間です。ほぼ30分の馬車での市内観光をしまいした。確かに小さい街だけど、一日じゃ、足りませんねぇ。それでも、今度は自分たちでのんびり歩きました。

美味しそうなチョコレート屋さんやワッフル屋さん、かわいいレース屋さんが並ぶ街を歩きます。町中を流れる運河との景色もまた絶景。絵本のような世界でした。
ミコは、ベビーカーで熟睡している間、キコはアイスクリームを食べ、私は絵葉書を買い、ダーリンはカメラで景色を切り取っていました。

ちなみにブルージュの名産品は、ボビンレース。どれも繊細で可愛いのですが、なかなかのお値段。帰り途、ダイヤモンド博物館の近くを通りました。ベルギーの別の街アントワープは、ダイヤモンドの世界一の取引所があります。だから、ベルギーのお土産と言えば、レース、ダイヤモンドなんかも挙がるわけです。
でも、小さくてもダイヤモンドですから、お値段もねぇ。その博物館のすぐ近くに、日本の「婦人画報」の表紙がある小さいお店がありました。
Imgp9461


記事を読むと、この街とレースの紹介をしたもので、興味がわいて中へ。レースも可愛かったけれど、かわいいペンダントを見つけました。クラッシックなデザインを模した半奇石の入ったペンダント。
ダーリンもそう思ったようで、ブルージュのお土産に、買ってもらいました。とってもかわいいです(^-^)

明るい夜のヨーロッパの夏。家に着いたのは7時半。今日も一日よく遊びました。夕食はアリアーヌが、ザワークラウトとソーセージを盛り合わせを用意してくれていました。残る日もあとわずかです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2012/07/22 のんびりブリュッセル

Imgp9235

天気が一気によくなって、ヨーロッパの夏らしい気温に青い空!
朝は、アリアーヌと一緒に、歩いていけるアジア食材店に連れて行ってもらいました。日曜日でも開いているのが流石です。タイのもち米やキッコーマンのお醤油、生うどん、乾麺などを買いました。
一緒に資源回収置き場に行ったり、スーパーに出かけたり、そういう日常の時間を過ごせることは、私はとても楽しかったです。わずかな時間、生活者の雰囲気を味わった気がするから。

お昼ご飯は買ってきた生うどんを調理して、みんなで食べました。美味しかった~。長い休暇、やはりどこかで和食を食べないとね。
Imgp9273

午後は、歩いてベルギーの凱旋門のあるサンカントネール公園へ行きました。ここには王立軍事歴史博物館と自動車の博物館オートワールドがあります。ダーリンはオートワールドへ行き、クラッシックカーを沢山に見にいきました。その間、私はキコとミコと外でシャボン玉で遊びました。

気温があがり、強いくらいの日差しですが、気持ちがいい。
アンゴラから来て、今回の休暇はほぼずっと寒かったので、なんだかやっとほっとしています。でもこの気温差、体に来ますね。毎日よく食べてよく飲んでよく眠っているのに、なんだか妙な疲れがあります。

そのままミロードの商店街へ行き、セールの残り物から、かわいい子供服をなんとか見つけました。自分の服は結局チェコで一枚Tシャツを買っただけでした。
店員は仏語がわからないと判断すると、さっと英語になり笑顔で「もし着て、サイズが合わなったからレシートがあれば交換できますよ~」と言ってくれました。素敵☆

Imgp9300


スーパーで買い物をしていると、おばあちゃんが声をかけてきました。日本語を独学で学んでいるベルギー人で、来月にルクセンブルグに引っ越すとか。日本の南アルプスを見たいんだそうです。
私達は日本人だけど、アンゴラに住んでいる話をすると、「アンゴラねぇ、きれいなところよねぇ」との返事に驚きました。昔(独立前で、多分内戦前)、コンゴ民のキンシャサに住んでいて、アンゴラの海に休暇で訪れたことがあったんだそうです。
「そうなんですか、今は生活するのは大変ですよ」というと「そうよね、だいぶ昔のことだもの」と返してくれました。

そんなおばあちゃんとの会話もして、家に戻りました。夜、ジェイソンが出してくれたコニャックをちびちび飲みました。コニャックを飲んだのは、初めてです。強いアルコールだけど、おいしい。部屋から見える景色は、とても素敵です。今日は一日、のんびりできました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/07/21 ケルン→ブリュッセル

Imgp9030


電車は、チェコのプラハからドイツに入っていました。
朝6:27にケルンに到着する予定で、5:45にはモーニングコールがきて、朝食サービスがあると聞いていました。事前にコーヒーと子供にはチョコレートドリンクでいいか?とまで聞いてきていて、私達はワクワク。それで、5時過ぎには起きて、身支度を整え、荷物をまとめ、朝食時に子供を起こそうと考えていました。
が、モーニングコールが来ない…やっぱり外国だもんねぇ、なんて思っていたら、40分遅れにモーニングコール。そのあと車掌さんがきたので聞いてみると「50分、遅れている」とのこと。なるほど、そのせいでコールも遅かったんですねぇ。

机と一緒に運ばれてきた朝食は、ホットコーヒーに温かいトーストとバターとジャム、チーズや牛乳、コーンフレークとチョコレートドリンク。食器が使い捨てではないところが、さすがドイツの鉄道会社です。
ちなみにシャワーの石鹸も、100%植物性の石鹸、一部屋三つ配備されていたペットボトルも、専用の回収箱があり、リサイクルされているようでした。
Imgp9033


結局7時過ぎにドイツのケルンに到着。
寒い駅…でも、開いているお店もあったし、さすが観光地!デジタルのコインロッカーシステムがありました。今回は荷物が少ない旅なので、一つ借りればいいだけでした。身軽になって、いざ、駅の目の前にあるケルン大聖堂へ。早朝過ぎて、大聖堂はがらんとしてました。
中では朝のミサが行われていました。朝日で輝くステンドグラスのきれいなこと。讃美歌の歌声もよかったなぁ。

周囲を歩いて、ダーリンはカメラに収めようと遠くの方まで…。だって、高さ157メートルあるそうですから。大聖堂の周りを、のんびり一周してもまだ朝早いので、観光客もおらず、日のあたる場所で教会を見上げていました。
周りのレストランが開き始めたのを見て、私達は大聖堂の前のレストランへ。
Imgp9083_4


朝食にバジルスパゲッティと、ベークドポテト、そして私はビールを注文~。ウエイトレスは、私にコーヒーを置いて、ダーリンにビールを置いていきましたが、逆ですよ~。
サンルームのような明るい席で、食べて飲んでいい気持ち。睡魔が襲ってきます。

以前ダーリンがケルンに来た時は、目の前で子供のスリに取り囲まれている人を見たんだそうです。
実際、治安維持のため、パトカーが何台も停まっていたし、警察も多かったです。今でもやはりあるから、その防止のために立っているんでしょうね。
超観光名所なので、日本語もちらほら聞こえました。それから薬局へ行ったり、楽しいエキナカの本屋に行ったり、雑貨屋をみて、荷物を受け取りました。

Imgp9157


これから、ベルギーのブリュッセルまで最後の長距離列車の旅です。
12:43発、定刻にタリスが到着。私は子供と荷物番、その間にダーリンが列車の乗車口を確認してきてくれました。結局、私は子供と荷物番、ダーリンがよく動いてくれたので、パリでホテルの場所を迷った以外、常に迷うことなく、公共交通のみでした。さすが、ダーリンです。

タリスに乗って、運ばれてきたのは素敵なランチ。なんか飛行機みたい~。飲み物も自分で選べるので、私はベルギーのビールを。ローストビーフとサラダのランチでした。
途中から乗ってきたおばあちゃんとお母さんと娘二人。通路をはさんだとなりに座りました。娘達はうちの娘と同じくらいで、がさごそ、お菓子を分けてくれました。
「ありがとうってお礼を言ったら?」と話していた声に反応して、お母さんが「日本から来たの?」といいます。日本語のアリガトウが聞き取れたんですね~。
Imgp9163


「日本人だけど、アフリカに住んでいて、欧州で休暇を過ごしているの」と話しました。
お菓子をもらったお礼に、折り紙で鶴を折ると喜んでくれました。きれいに折れなかったけれど、姉妹の分、折ってプレゼントできました。
おばあちゃんがアフリカのどこかと聞いてきたので、アンゴラだと話すと「大変な国ね、頑張ってね」と言ってくれました。日本だとアンゴラと言って分かる人はわずかです。でもヨーロッパはやはり歴史的にも地理的にも近いんですよね。

さて、14:32予定通りブリュッセルに到着。
地下鉄に乗りついで、アリアーヌ達の待つお家へ。この日はベルギーの建国記念日。ということで、王立公園に出かけると、王様の次男がきていたり、昔の騎士を復元したり、ブラジルのサンバの音楽を演奏するチームがいたりと、賑やかでした。
Imgp9178


ここでフライドポテトやワッフルを食べました。結構夜遅くまで、外で遊んでしまいました。ミコはベビーカーで寝て、キコも眠くてしかないような時間まで。
花火が見えるかもと待っていたのですが、花火ができる暗さまで待つのが限界で、結局花火は、お家でその音だけを聞くことになりました。余りに夜が寒かったのと早朝からケルンでその疲れもあり、温かいシャワーを浴びてぐっすり眠りました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2012/07/20 プラハ→ケルン☆夜行列車

Imgp8929

プラハ最終日。
ゆっくり起きて、一日の栄養が取れてしまうような朝食ブッフェを楽しみ、部屋に戻ってパッキングしました。プラハでは、毎晩バスタブにお湯をためて入ったので、寒さと歩いた疲れをだいぶリリースしたような気がしています。
時差の疲れはないけれど、普段殆ど歩かない私と娘にとって、体が慣れるのは大変でしたから。

さて、パッキングした荷物をホテルに預け、近くにあるショッピングセンターに行ったり、いつも進んでいた道からそれて歩いてみたりしました。
そして、キコ念願の汽車EKO EXPRESに乗りました。
汽車と言っても、レールの上を走る鉄道ではなく、汽車の形をした連結した車です。今まで歩いてきた旧市街をのんびり進む一時間の旅。Imgp8965_2

途中ミコはお昼寝してしまいましたが、心地よい石畳の振動が、気持ちいいんでしょうね~。私もこれに乗って、最後にゆっくり市内を見ることができたような気がします。だって、両手に子供、足元は石畳、可愛いお土産屋さんだらけの街。誘惑が多すぎました。なので、キコが選んだ汽車の市内観光、とてもよかったです。

いつもと違う道に進むと、大学があったり、画廊があったり、また違った楽しみ方ができました。そこでランチ。ちょうど雨が降ってきたのですが、大きな傘のある座席だったので、屋外でしたが、問題なかったです。チェコのシチューとソーセージ、そしてビール。どれも美味しい~☆

ホテルで休憩をしてから、プラハ本駅へ。
Imgp8968

行きは地下鉄二駅でしたが、乗り換えがあり、妙にハイスピードで急で長いエスカレーターを使わなくていけなかったことに恐怖を感じた私。時間もあったし、ダーリンが先導して地図を見ながら、駅まで歩いていくことにしました。雨も降ってきましたが、片手に荷物、片手は次女なので、子供たちにはフードをかぶせ、歩き続けることにしました。
駅に到着。荷物があっても歩ける距離でした~。良かった!

一時間前に到着したので、掲示板にはまだ私達が乗る電車の表示がありませんでした。
荷物と子供と一緒に待っている間、ダーリンは場所の確認。そのあとは、列車にレストラン車がついているかの確認をした後、無いと聞いて、テイクアウトのお店を探してきてくれました。ついでにプラハ本駅の美しい場所も、荷物がなく身軽なうちに撮ってきてくれました~。

Imgp8973


サンドイッチと水、子供が食べたいというクリームチーズを買って、ホームへ。なんとこれから乗るのは、寝台車!家族のホテルの宿泊代金と移動費用を考えれば、一等車両にしても高くない金額です。私は寝台車は初めてです。日本で夜行電車で京都へ行ったことはありますが、リクライニングするタイプで、隣の人とおしゃべりしていた記憶があります。
18:29、予定通りプラハ本駅を出発しました。

中はもちろん小さいけれど、個室空間が快適~。座席は三席あり、座席を畳むとベットが三段つくれます。座席に座って、荷物を片付けます。座席の左が窓、正面がシャワーと洗面台とトイレです。とってもきれい。
そのシャワールームの上が荷物置き場になっていて、はしごがついています。キコもミコもその梯子が気に入って、はしごを使って荷物置き場へ。かなりはしゃいで楽しそうです。よかった(^-^)

Imgp8988


買ってきておいたサンドイッチを夕食にして、歯を磨き、シャワー。大人一人では簡単なシャワーですが、子供を入れるのは結構大変。でもブレーキがかかったとき、おっとっとするくらいで、二人ともきれいにできました。パジャマに着替えさせ、カーテンを引き、子供たちを寝かせます。
夏のヨーロッパ、21時でもまだ明るいので、無理やり寝かす必要がありました。

ベットはそれぞれ寝ている間に落ちる危険性もあり、一番上は出さず、二段で眠ることにしました。親とペアで眠ることにしました。子供たちを寝かせ、前日買っておいたワインを飲みながら、日が落ちるまでダーリンと窓の外の景色を楽しみました。なかなかいい旅ですねぇ。素敵です。ダーリン、ありがとう。

| | Comments (347) | TrackBack (0)

2012/07/19 朝も美しいプラハ

Imgp8823

朝5時、ダーリンは早起きして写真撮影に出かけていました。
この時間は、まだもちろん観光客もおらず、朝焼けの空が、美しい建物をより一層きれいに見せてくれました。というか
一体になって、もっときれいに見えた。
私は、ダーリンが撮ってきてくれた写真を眺めて、そう思いました。

今日は主にお買いもの。ショーウインドウにチェコのお土産がずらりと並ぶ立派な店構えのお店。
入ってみると、日本人が「いらっしゃいませ」と一言。うわぁ、日本人向けか~と思いきや、逆に安心して買い物ができる結果となりました。
チェコは、ガーネットが取れるんだそうです。しかも赤黒くて小粒ほど、良しされているとか。円形にお花のようにセットするのが、ここの伝統的なデザイン。それを、ダーリンがピアスとセットでプレゼントしてくれました☆
気軽にアンゴラでも使えるようにと、シルバー台にしました。ダーリン、どうもありがとう!

Imgp8856


ブルーオニオンの食器も素敵でしたが、まだまだ続く鉄道旅行なので、諦めました。
お昼は、ラザニアとカルボナーラ、そしてグリーンサラダとワイン。イタリアンなので、ちょっと割高でしたが、美味しかったです。食後のデザートは、アイスクリーム。
キコとミコはアイスクリームが大好き。アンゴラでは、店頭で売るアイスは、ソフトクリームくらいです。でも、乳製品の保存状態が怪しいので、我が家では一度も買ったことはありません。
ヨーロッパでは、どこにでも美味しそうなアイスクリーム屋さんがあって、子供たちはそのたびに、ワクワクしながら覗き込み、でも選ぶ味はほぼ同じ。キコはチョコレート、ミコはイチゴ。大人は溶けだしたものを舐めつつ、各地のアイスを味わっています(笑)

ここはモグラのキャラクター「クルテク」の国です。
私、小さい時の絵本に「もぐらとズボン」というのがあり、このモグラ君が好きでした。大人になってソニープラザにこのモグラ君のグッズが出てきて、妹にクリスマスプレゼントに、マグカップを買ってもらったほど。実家にまだこのマグカップはあり、娘達は、絵本も読んでもらったし、私のマグカップも知っています。

Imgp8894


このクルテク、おもちゃ屋さんにもお土産屋さんにも色々グッズがあり、私が一人で大興奮してしまいました。チェコは木製のおもちゃも手作りでたくさん売っていて、ミコはお姫様と王子様の指人形、キコは木製の妖精の人形を買ってもらっていました。
今宵もまたごっつりとお肉と蒸しパンのチェコ料理そして、新鮮なお野菜、ビールを頂きました。美味しかったよ~。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012/07/18プラハ観光

Imgp8541
朝食はホテルでとったのですが、目移りするほどの種類。このホテル、文化財になっているだけあって、どこをとっても
可愛くできています。ホテルでもらった情報によると、チェコの中にはユネスコの世界遺産が12か所あるんだとか。

そしてホテルのあるプラハの街もまた、本当に可愛い。
石畳で、建物もタイムトリップしたようなのがそのまま残っているから。今日も一日観光です。ホテルからすぐの、火薬塔から旧市街の広場に出て、カレル橋まで歩きます。

橋の手前には塔があり、登ることができます。途中までは無料で、博物館から頂上の展望場所は有料です。博物館は小さいけれど、鎧があったり、王様とお妃さまのドレスの展示もありました。Imgp8608


頂上の展望台といっても、ただ塔の上なので、写真を取るには壁や柱や屋根が邪魔をしてうまくとれません。でも各方向に色んな景色を見ることができました。私としては、子供が落ちそうな気もして、ドキドキ。足元も狭いので、なんだか緊張してしまって、一周して階段に戻りました。

カレル橋はヨーロッパに現存する中で最古の石橋だそうです。
橋の上には絵描きも多く、似顔絵や水彩画、油絵、イラスト風、抽象画風などいろんなタイプの絵を見ることができました。他にも木製、ガラス製、メタル製のオリジナルのアクセサリー屋やマグネットのお店も、橋の上にたくさんありました。
Imgp8717

途中、ミコのチョイスでピザランチ。カプレーゼとビールも頼んで、美味しく頂きました。坂道を登りつつ、右手に見えてきたプラハ城へ。大きなプラハ城、その中には旧王宮や教会、礼拝堂や大聖堂があります。
ここにたどり着くまでに、歩きたがらないミコをおんぶしていて、結構疲れていた私。
聖ヴィート大聖堂という大きな聖堂を見ながら、ベンチで一休み。もちろん中にも入りました。ステンドグラスが、とてもキレイ。子供たちは出たところで、アイスクリームを食べ、更に私も一休み。

坂を下る途中にあった見晴らしいのいいカフェで、ワインと野菜スティックを頼んで、休憩しました。よく見ると周りはブドウの苗が植わっています。屋根もブドウの葉が茂っています。とても、気持ちのいい場所でした。プラハの街がよく見えます。風も通って、ワインもより一層美味しく感じました。Imgp8742


いい気分になって坂を下ると、芝のきれいな公園が広がりました。
キコは「走っていい?」と聞くと、広場を一生懸命走ります。子供にとっては、どんなお城や教会よりも、気持ちいい場所で走る方がずっと価値があるんでしょうね。
いくらでも走っていそうなキコを止めて、ホテル方面へ向かいつつ、街の景色を楽しんだり、夕食のレストランを探します。夕食は、中庭のようなレストランでチェコ料理を頂きました。肉とビールとサラダ…美味しいので、ついつい食べ過ぎていますが、大丈夫かしら(笑)
Imgp8770

風邪らしい喉の痛みも取れて、体調も安定して来ました。それでもなんだか疲れてしまい、明るい夜で眠るにはもったいないよ~と感じつつ、子供と一緒に眠くなってしまう私です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012/07/17 ミュンヘン→プラハ

Imgp8344

朝7時はいとこの家を出て、最寄駅までウーベさんが車で送ってくれました。
いとこはホームまで送ってくれたのですが、ホームに立っていると、いとこのお友達が挨拶をしてくれました。通期時間とはいえ、日本のラッシュとは違って、みんなで座る場所もありました。

ミュンヘン中央駅に到着。そのまま、プラハに向かう列車を探しました。既に電車は到着しており、まずは駅の売店へ。そこで日本経済新聞を見つけ、5ユーロだったけれど、ダーリンが購入。すごーい!そしてサンドイッチとコーヒーを買って、列車へ。
Imgp8387


コンパートメントというと分かるかしら。通路の片側が一部屋ずつになっている感じ。でも結構どこも一杯で、焦る焦る。
更によく見ると、行き先がワルシャワ行きなどもあります。プラハ行きの車両を探し、先にお姉さんが一人乗っているところに入れてもらいました。ふー。焦った~。

09:01ミュンヘン発チェコ共和国プラハ行きが出発しました。
私は風邪が多分ピークで、電車の中では殆ど寝させてもらいました。子供たちは、いとこが作ってくれたおにぎりを食べて、始終ご機嫌。途中からは一部屋占有で来たので、快適になりました。
車内には、何時にどこに停車するのか書いてあるパンフレットがありました。途中、パスポートチェックがありました。だけど、ずっと鉄道で旅して、これが初めてだったような気がします。

Imgp8430


15時頃、プラハ到着。
ここはユーロ通貨が使えないので、両替してコルナにします。両替をしないと、地下鉄の切符すら買えません。ユーロってすごいなぁと感じました。ダーリンが学生時代、鉄道の旅をしていた頃は、国が違えば両替。手もとにはたくさんのコインが集まったと言っていました。両替商も大繁盛だったでしょうねぇ。

観光地ですから、英語も問題ありません。でも地下鉄のホームや広告は当然チェコ語だけのものもあり、全く読めません。なんだかモスクワに旅行した時のような、そんな感覚が蘇ります。
地下鉄のエスカレーターが、急で長くてスピードが速い。片手に荷物、片手に子供の手を引くと、怖さを感じるエスカレーターでした。

チェコは、ダーリンも私も初めて訪れる国。ドキドキです。宿泊は、旧市街地にあるアールヌーボーの装飾が美しいホテルにしました。建物自体が国の文化財になっていて、とてもかわいいHotelParis(なぜか名前はホテルパリ:笑)です。
Imgp8459

荷物を置いて、さっそく早めの夕食に出かけました。
プラハに行くというと、誰もが「どこをとってもかわいい街」と言うとおり、本当に美しい街でした。その美しさを見たい観光客も大勢いて、人の多さにビックリ。更にお店と言えば、レストランかお土産物屋さんという感じも受けましたが、操り人形や木製のお人形が素朴で、どれもこれも欲しくなってしまいました。だってかわいいんだもん。

旧市街広場に面したレストランで、チェコ料理。
定番のローストポーク「ヴェプショー」にザウアークラウトと蒸しパンがついてきました。それにサラダとビール。これだけでも、かなりのボリューム。家族四人で十分なものでした。
プラハもやはり寒くて、いとこがくれた、お下がりのレインコートやウィンドブレーカーを着て、子供たちは歩いています。ほんと寒い。でもビールは寒くても美味しかった~。今日からプラハに三泊します。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2012/07/16 ドイツ博物館

Imgp8239


月曜日、私達は朝からドイツ博物館へ。
私は二回目です。実は私風邪ウイルスのせいで喉がやられていますが、毎晩アルコール消毒をしているせいなのか、
熱はありません。
ドイツ博物館、以前と変わらない部分もあり、飛行機などが並んでいるところを見ると懐かしさを感じますが、地下にはKid's Kingdomというのが出来ていました。
いとこから事前にお勧めしてもらっていて、実際に足を運ぶと、子供たちの食い付きが違う。すごく楽しそ~。
巨大なブロックや水の遊具、滑車、仕組みが分かるように透明板を貼ったピアノ、大きな木琴やギター、消防自動車や影絵が実験ができるものもありました。
Imgp8272

他にも、カメラやらテキスタイル、ナノテクノロジーやなんでもあります。やはり巨大科学博物館、面白いです。子供たちも、勝手にごにょごにょ遊んだり、へぇと見上げたりして、自分たちなりに楽しんでくれていたようです。
でもなにせ広いし、体調が良ければ、もっと楽しめたのですが、不調の上に連日寒いミュンヘン。博物館を後にして、お昼は中華レストランで、あったかい中華麺を食べてしまいました。

そのまま歩いて、マリエン広場まで。
デパ地下で食材調達。今日は、私も夕食作りに参加します。Imgp8283

と言っても、私が料理本を見ずに作れる料理はわずか…。簡単フェイジョアーダとオイルサーディンの野菜煮を作ることにしました。フェイジョンの水煮とオイルサーディンをデパ地下で見つけ、ケーキもたんまり買って帰りました。

いとこは、そぼろを作ってくれていて、私は自分の作ったものより、そぼろご飯♪生姜も入って美味しかった~。
子供たちを寝かせた後、今日もいとこ夫妻と私達で晩酌。最後はグラッパまで頂きました。
友達の家に泊まれなかったのは残念だけど、5泊もして、キコとミコははとこ達と沢山交流ができてよかったです。私もいとこやウーベさんと色んなおしゃべりができて、本当に楽しかった。どうもありがとう!

Imgp8300


そうそう、今日のお散歩中、キコが「ママ、なんでアンゴラにいるときは怒ってばかりなのに、最近怒らないの?」と一言。一撃、くらいました。
「だってね、停電、断水、土埃、渋滞、いっぱいママの嫌いなものがあって、ママ、すっごくストレスがたまるの。きっとそれでキコとミコに当たっちゃうんだよねぇ。ごめんね。旅しているとね、そういうこと無いから。」と謝りました。あぁ反省。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

2012/07/15 友達と再会


Imgp8215
朝、日本にいる伯父さんと伯母さんとスカイプ。あまりちゃんとつながらなかったのですが、声を聞くことができました。

いとこの家に三泊、その後はドイツ人と結婚した友達の家に二泊する予定だった私達。ところがお友達の子供が体調を崩し、高熱。
うちも旅行の最中で、ウイルスをもらっては困るので、私だけ友達に会いに行くことになりました。そういう理由で、友達の家に泊まるのもキャンセルし、いとこの家に延泊することになりました。

ちなみに、いとこと私は9歳離れています。ダーリンと同じ干支。ウーベさんと私が一回り違いの同じ干支だと知りました。
Imgp8226


小さいときから、面倒見のいとこですが、今回もそれにお世話になってしまいました。私、もう36歳なのに。お互い「いとこ」という関係は変わらないので、「ユキちゃん」「りこちゃん」とちゃん付けで呼び合っています。

さて、友達の家といとこの家は、車で15分くらいの場所。偶然ですが、本当に近いです。イザール川を挟んでいますが、近い場所でした。

午後、最寄駅を待ち合わせ場所にして、友達Yが車で迎えに来てくれました。座席には次女の赤ちゃんも乗っています。かわいー☆
彼女の家の近くでカフェをし、ひとしきりおしゃべりを楽しみました。まだ時間があったので、彼女の家に行き、お熱を出してしまった長女ちゃんやご主人にも久々に会いました。
出してもらったシャンパンと、彼女の美味しいおつまみを頂きながら、楽しいおしゃべりを続けました。
Imgp8228

一方ダーリンと娘達は、お誕生日会にでかけたはとこを除いて、みんなでニンフェンベルグ城に遊びに行っていました。公園で遊びたいと言っていたうちの娘ですが、雨が降り始め、お城に行ってその周りで遊んだそうです。

友達のご主人フランクさんに、いとこの家まで送ってもらいました。キコとミコもフランクさんにご挨拶。本当はね、年の近いお友達の子供と一緒に遊ばせる計画だったのだけれど、こればかりは仕方ない。
またいつか機会を作って、遊べる日がきますように!

家に戻ると、まだ夏の明るい夜、雨が上がり、窓から虹が見えました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012/07/14 ミュンヘン市内観光

Imgp8092

ミュンヘン市内に出かけると、ちょうどゲイパレードに遭遇。
聖クリストファーデイという同性愛者の日だったようで、新市庁舎のあるマリエン広場にはステージが設置され、その周りにもたくさんのテントが出ていました。人が多くてびっくり。

いとこから聞いた子供の靴屋さんへ行って、まずはミコのスニーカー探し。
この靴屋さん、地下の子供靴フロアに行くには、子供は木製の滑り台にのって行けます。キコは楽しめましたが、ミコはすごい形相でした。確かにミコにしては長すぎる上、スピードの出る滑り台でした。

Imgp8096


お昼はマリエン広場すぐのドイツ料理屋zum Spockmeierへ。
白いウインナーに甘いマスタード、ビールももちろん楽しみました。
実は私、この日は喉が痛くて、いとこからのど飴をもらっていました。それが非常によく利いていたので、薬局で購入。
ドイツ製と言うと効き目がありそうと感じる自分がいました(笑)
のどが痛くても、ビールが美味しく飲める自分に笑っていますが、食欲という欲は、恐ろしいですねぇ(笑)

市内を歩いても、人が多くて大変。
教会に入ったり、ダルマイヤーお店に入ったりしましたが、人が多いのには変わりありませんでした。
Imgp8144

午後はお友達の誕生日プレゼントを買いに来たいとことはとこと合流。
ダーリンはそこからカメラ屋さんへ。母子たちはカフェでお茶をしました。ミコは歩き疲れて眠ってしまい、30分位したところでデパートへ。そこでダーリンと合流して、お家に帰り、ウーベさんと一緒に、スーパーへ買い物に行きました。
キコとミコははとこと楽しく遊んでいるようなので、おいていくことにしました。

店内には、にぎり寿司が普通に売っていてビックリ。チーズの数も凄かった~。スーパーって楽しいですよね☆ここで、私たちがアンゴラでよく飲んでいるポルトガルのビーニョベルヂ(発泡性の若い白ワイン)を購入。

Imgp8152


夕食は、いとこが作っておいてくれた海苔巻が!!嬉し~☆ モリモリ食べてしまいました。
今晩の晩酌は、ビーニョベルヂで。もちろん、ドイツのビールもワインも毎晩頂いていますが、おいしいもんですねぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012/07/13 BMW博物館

Imgp7991
のんびり起きて、洗濯をしたり、お土産を渡したり、のんびり過ごしました。はとこ達はまだ学校で、午後には帰ってきました。バイエルン州は、ドイツの中でも一番夏休みに入るのが遅いんだそうです。
みんなで、ユキちゃんの作ってくれたサーモンクリームパスタを食べて、いとこたちも行ったことがないという、BMW博物館に出かけました。


私は三回目、ダーリンも初めてでないミュンヘン。それで、二人とも行ったことがないBMW本社ビルにある博物館を訪れることにしました。
展示コーナーで遊んだ後、ダーリンは有料のBMW博物館へ。私とキコとミコ、いとこと、はとこで、その脇のオリンピック会場跡地の公園にいました。私、車に関しては本当に興味がないので、入場料ももったいないし、子供が外で遊びたがっていたのも、私が見ない理由でした。
公園と言っても遊具があるわけでなく、ジャンプ台のあるプールがあるジムや自動車レース場そして芝生がありました。キコははとこのラウラと走り回っています。あっという間に仲良し。Imgp8014

傾斜のあるコンクリートを滑り台に見立てて、みんなで登ったり、ミコが登れなくて泣くと、お姉ちゃんのヤニーナが私を呼びに来てくれます。


家族の中に子供の年齢の幅があればいいけれど、核家族なのが普通の今、色んな年齢の子供が混ざって遊ぶことの良さを、見ていて感じます。面倒を見たり、世話をしたり、思いやったり、慕ったり、憧れたり、そういう年齢差から学ぶことも、やはり成長には欠かせないと思います。

ほぼ一時間、博物館を見終えたダーリンと合流して、Kaufhofというデパートへ。いやぁ、ほんとデパートです。素敵☆
見ているだけで、ウキウキしちゃう。

夕食は、いとこの家の近くにあるイザール川沿いのドイツ料理屋さんへ。衣をつけてお肉を揚げたシュニッツェル、鴨のワイン煮込み、豚ヒレのソテーとビール、どれも美味しく美味しく頂きました~。子供たちは、ここで出会った炭酸入りリンゴジュースがお気に入りになりました。

Imgp8031


そのあと、街のアイスクリーム屋さんへ。それにしても、よく食べる我が娘達(笑)
次女のラウラちゃんは、ここで一番仲のいいオリビアちゃんと遭遇。二人で先日、グループになって国を紹介する授業で、「日本」を選んで発表したそうです。オリビアちゃんは「こんにちは」と日本語で挨拶をしてくれました。

キコとミコは、日本でもヤニーナとラウラに会っています。アンゴラに来る前だったのですが、小さくて記憶にないのでしょう。こうやって、時間を過ごせることが、とてもうれしいです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/07/12 パリ→ミュンヘン

Imgp7910
朝、目が覚めたミコは「ネェネは?ネェネは?」と聞いてばかり。Hちゃんのお家にいることを話すと、早く会いたそうなミコさん。兄弟姉妹っていいですね。

待ち合わせ場所に向かうと、寒い…吹きっさらしというか、とにかく寒くて仕方ありません。今年の欧州、今のところ天気がおかしいです。とっくに夏のはずなのに、気温が低くて曇り空で寒い。雲が晴れると、一気に夏で、日差しが強いのですが、日が出ることが少ないです。
Imgp7918


間もなくして、キコとHちゃん、赤ちゃんを抱っこした奥様が現れました。子供同士、寒さも厭わず、走り回って、キャッキャッと喜んでいます。

ここはエッフェル塔の姿が全て見える場所。エッフェル塔を背景に写真をとって、お別れです。キコもHちゃんも寂しそうですが、大丈夫。必ずまたいつか会えるからね。
ルアンダでプレイグループ、フレンチスクールと一年半一緒だったお友達。パリで半年ぶりの再会なんて、とっても素敵。
私も成長したHちゃんを見て、嬉しくなりました。

地下鉄に乗って、凱旋門の見て、シャンゼリゼ通りを歩きました。途中にあったカフェでお茶をして、歩きます。
でもとにかく寒い…。冷えて、トイレに行きたくても、トイレがない!結局有料トイレを使う羽目になりましたが、有料トイレを見つけるのも至難の業でした。

Imgp7945


シャンゼリゼ通りでは、キコとミコのため、フランス語のDVDやCD、アリアーヌに教えてもらった夏休みのノートを買いました。でも他は、これからの鉄道旅行やらアンゴラでの生活を考えると、他に欲しいものも、必要なものもありません。

荷物を預けたホテルの最寄駅に戻り、お昼ごはんです。
注文して待っている間に、ダーリンが荷物を取ってきてくれました。ずっと「美味しそうだね~」と言って通り過ぎたパン屋さんで、サンドイッチも買ってきてくれていました。これは今日の夕食です。

ベルギーから到着したのは北駅ですが、今回は東駅から出発です。
15:25発、フランスの高速列車TGVで、パリからミュンヘンへ。途中いくつか街に停まります。パリの地下鉄での移動、とにかくエスカレーターがなく、階段階段。
荷物と小さい子連れにはきつかった。でも大きな北駅や東駅はエスカレーターがあって安心。トイレの数や鉄道駅のバリアフリーを考えると、東京ってかなり快適な街ですよね…。

Imgp7970


さて、予約している電車の座席に座って、いざ出発~!
途中、前日Hちゃんママが作ってくれたおにぎりを食べたり、アジア食材店で買ったクリームパンやお菓子を食べたり、それが夕食です。子供たちは、買っておいた塗り絵やノートであそんでいます。通りをはさんだおじさんたちは、おにぎりを不思議そうに見ていました。

夜21:30過ぎ、ミュンヘンに到着。ホームには、いとこのユキちゃんが待っていてくれました。ご主人ウーベさんの運転で、いとこの家に到着。はとこ達は既に眠っていました。
シャワーを浴びて、キコとミコを寝かせ、ウーベさんとユキちゃんと晩酌☆ 今日から三泊いとこのうちに泊めてもらいます。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2012/07/11 ショートカットでダーリンとデート

Imgp7721
のんびり起きて、朝食をとり、今日出かける先に電話をしました。今日は、アンゴラで一緒だった日本人家族に会うことになっています。キコは同じ年のHちゃんに、会いたくて仕方ありませんでした。よく可愛がってもらったミコも、Hちゃんが大好き。
奥様が「ご夫婦で出かけてくださいね」とおっしゃって下さり、その言葉に甘えて、お宅に預け、夫婦二人で出かけました。

まず向かった先は、日本料理屋や食材店があるピラミッドという駅。そこからすぐ近くの美容院へ。電話をしたら、すぐに予約が取れたので、夫婦二人でそれぞれ同じ時間帯に、それぞれ日本人の美容師さんにカットしてもらいました。

Imgp7733


私が日本で長年お世話になっているサロンTONY & GUIのパリ店もありますが、日本人美容師がいるかどうか分からず。せっかくの旅行、日本語でサービスを受けたいと思ったので、日本人のスタイリストがいるサロンTAEKO FUJIIにしました。
かなり快適~、それぞれスッキリしました。私は後ろを少し刈り上げるほど、バッサリ切りました。私が話すアンゴラの生活を、日本人の美容師さんは、かなり驚いて聞いていました。
そりゃそうです、パリに暮らす日本人からは、こんなサバイバルな生活の話し、に聞けないですからね~。Imgp7766


美容師さんに聞いて、近場の美味しいラーメン屋「NARITAKE」に行きました。日本みたいに行列があったけれど、回転が遅い…。多分ここはやはりフランスなので、食事を楽しみながらラーメンをすすっているのかもしれませんね…。
ラーメンも餃子も本当に美味しかったです。美味しいものを食べると、子供の顔が浮かぶのは、親の宿命かもしれません。
あぁ、子供に食べさせたかった、と思ってしまうんですよね。でも今頃キコ達は、Hちゃんとパンケーキランチを楽しんでいるはず。

美味しいかどうかは別にしても、日本料理屋の数、多すぎ~。びっくりしました。更に美容院の前にあったK-Martというアジア食材スーパーへ。見るだけでも、大興奮。奥にはお刺身も並んでいるし、おにぎりまで売っていました。やっぱりパリ、違いますね~。

Imgp7772


そこから、結婚する前パリを旅行した時買ったダーリンの時計屋さんを通り、ダーリンが見たがっていたカメラ屋さんが並ぶバスティーユの近くへ行き、お茶しました。その間に、にわか雨が降って、緑を一層美しくしてくれたのに気が付きました。深呼吸。
気持ちがいいなぁ。


私が見たがっていたアリアーヌが勧めてくれた本屋さんGIBERT JEUNEへ行き、ノートルダム大聖堂へいきました。二人で訪れた観光地と言えば、ここくらいですが、沢山ある彫刻やステンドグラスがとても美しかったです。
そこからシテ島の先端までいって、そこにかかる橋ポン・ヌフで方向転換。途中で、文房具屋さんやカード屋さんに寄って、夕食です。白ワインと牡蠣が食べたい私でしたが、いいお店がなく、途中で見つけたビストロChez Caldeへ。赤い外観、早い時間から席が埋まり始めていて賑わっていました。エスカルゴやオニオンスープ、ラム肉やらデザートまで、どれもこれも美味しかった~。Imgp7794


夜10時、キコとミコはHちゃんのお家で眠っていました。
預けておいた歯ブラシやパジャマで着替えも終わっていて、三人仲良く眠っています。ありがたいことです。帰宅されていたご主人様と一緒に再会を祝して、ワインを頂きました。アンゴラの話やパリの生活の話し、いろんな話をたくさんしました。
とても楽しいひと時を過ごすことができました。

Imgp7843


ミコはまだ三歳なので、目覚めて私がいないとどうなるか分からないので連れ帰り、キコはお泊まりしたいと言っていたそうで、奥様も是非と言ってくださったので、お泊りしてもらうことにしました。
奥様に車でホテルまで送ってもらい、翌日、エッフェル塔がよくみえる待ち合わせ場所を確認しました。奥様が下さった時間、心から感謝しています。

| | Comments (311) | TrackBack (0)

2012/07/10 ディズニーランドパリ

Imgp7560

欧州まで来て、わざわざ日本にあるディズーランドに行くなんて、自分では考えもつかなかった。けれど、子供ができると変わるものですねぇ。今日は朝からディズニーランドパリへ来ています。

市内から、郊外へ延びる電車で40分。前日調べたとおり、開園は10時。チケットを買う時に知ったのが、Disneyland Parkと、Walt Disney Studios Parkというのがあるということ。日本のLand とSeaみたいな違いです。
もちろん、Landだけにしました。

入ってみると、なんだか全体的にこじんまりした感じを受けました。濃いめのピンクと金色がテーマカラーのようです。シンボルになっているのは、眠れる森の美女オーロラのお城でした。
キコの希望で二回も行きましたが、中はただの展示でステンドグラスになっています。日本はシンデレラのお城ですね。
Imgp7597

日本でも見るように、プリンセスのドレスを着て、遊びに来ている子も多い。
でも日本と違って、やはり白人の子供が着ると、それなりに様になって、安いドレスも結構可愛く見えるから不思議です。
我が家の姫たちも欲しがりましたが、こればかりはいらない。
昨日買ったばかりのピンクのワンピースを着せて行ったので、それで楽しんでもらうことにしました。大きいサイズを買って、肩で調整してロング丈にして、1000円位のワンピースだけど、ずっとこっちの方が使えると思っています。

カルーセルやイッツアスモールワールド、ピノキオなど同じものが多く、それはそれで安心して楽しめました。ただ日本のようにスタッフ誰もが、ぬかりなく笑顔って言うわけではないですねぇ。空いている席も埋めないままスタートするし。でも、ちゃんと楽しかったです。

キコとダーリン、ミコと私にわかれて、カートのアトラクションAutopiaへ。
レールが引いてある上を車が走るので、ラクラクで楽しい。アクセルを踏んで、ハンドルをちょっと回すだけです。ミコはハンドルを離さず、3歳でドライバーデビュー@パリしました(笑) 
ダーリンによると、キコは怖がってしまったとか。Imgp7621


他には、日本にない「不思議な国のアリスの迷路(Alice's Curious Labyrinth)」。大人でも行き止まりにあい、楽しかったです。途中、ハートの女王やトランプの兵隊が飛び出します。キコはハートの女王の怒声に半泣きでしたが、それもまた可愛かったです。
それから、日本よりスリリングなカリブの海賊を私は楽しみました。キコは真剣に暗さと海賊に怖がっていましたが、一つくらい大人が楽しいアトラクション、やってもいいですよね?

パレードを見たかったけれど、かなり遅い時間から始まるというし、夜が明るいので、23時から花火が上がったりするそうですが、そこまで体力がもつはずもなく、夕方には帰ってきました。
ただDisney Dreams!といって、ミッキーをはじめとする大物キャラクター一同と会えるのが、私達がいただけでも二回はありました。
ネックレスやら魔法のステッキやら買いましたが、更に風船を欲しがる娘達。しかも一個7ユーロ。ポップコーンが二つ買える値段でした。キコもミコもどうしても欲しいというので、ダーリンが一個だけ買ってくれました。大喜びのキコとミコ。よかったねぇ。

Imgp7666


ディズーランドパリ、一番気になったのは、喫!
喫煙スペースがあるのかわかりませんが、至る所で煙にまかれ、ヨーロッパだから仕方ないとはいえ、屋外で並ぶことが多いだけに、嫌でしたね。

さて、どでかい風船をぷかぷかさせながら、帰りの電車に乗りました。パリ市内に入ってから、帰宅ラッシュの時間でした。ミコは一席座っていたのですが、混んで来たので、ミコを私の膝に座らせ、乗ってきたおじいさんに席を譲りました。
するとおじいさんが、ごそごそ。鞄を開けて、クッキーを一箱まるごと私達に下さいました。
「えぇ!そんな、いいんですよ。お気遣いなさらず。」なんて仏語ができるわけなく、「Merci! Thank You!」と有り難く頂きました。

Imgp7702


ホテルに戻り、同じ通りにある可愛いレストランへ。鴨料理屋で、鴨のコンフィやらグリルをメインに、冷たいスープも
美味しく頂きました。キコとミコには、かわいい赤いジュースをサービスしてくれました。
雰囲気も良かったし、可愛かったし、美味しかった。大満足です。

パリは世界の観光地。パリの人は、親切な人が多いような気がします。
東京だって観光地。同じく親切な人が多いのかしら?私は、そうなりたいと思いました。

| | Comments (45) | TrackBack (0)

2012/07/09 ブリュッセル→パリ

Imgp7403
朝に食べたグースベリー。初めて食べましたが、美味しかったです。自然の味ではないんだろうけれど、酸っぱくて美味しかった~。きっと今回の旅の味です。
とにかく果物も野菜も私には最高に美味しい。ビールもワインも美味しい。
それは、この新鮮な空気のおかげ。そして家族が一緒であること、友達の家と言う安心感も大きいです。ホテルはホテルでいいけれど、人の暮らす「家」というのは、とても快適なんです。

さて朝、早めに出てバスに乗りました。バスだと一本で中央駅までいけます。交通機関に関しては、私はもともと得意ではないのですが、やれと言われれば、もちろんできます。一人で海外旅行もしていますから。
Imgp7415

でも、ダーリンは率先してやってくれるので、お任せしています。バスに関しても、昨晩のうちにアリアーヌと乗り場を確認していました。
持ってきた大きなスーツケースはアリアーヌの家に置いて、小さいスーツケースと、パソコンが入る機内持ち込みできる大きさのキャリー、それにレスポが二つで移動です。今回は鉄道で移動するため、荷物は過度に増やせません。それが私の買い物意欲をそいで、ちょうどよくなるかなぁと思っていますが・・・・どうかしら。

日本だったらケガ人が出そうな、荒めの運転に耐えながら、無事にMidi南駅に到着。駅に着いてから、まずは乗り場を確認して、コーヒーとサンドイッチを調達。駅ビルに入っていたスーパーで、電車で食べるお菓子を買いました。

10:37分、タリスという新幹線みたいな電車に乗り込みました。快適です☆
今回は欧州の移動は、鉄道にしました。チケットは、日本にいれば、日本語のサイトでネットで購入して、日本の住所に届きます。
しかーし、アンゴラにいる私達。更に日時が迫ってからの手配だったので、アリアーヌにお願いしたり、配送先をドイツのいとこの家にしたりしました。

Imgp7432


タリスに乗っている時間は1時間半弱。12時にはパリの北駅に到着していました。途中の景色は、なんとなく懐かしいものでした。
結婚する前、英国で研修中だった友達とモンサンミッシェルに行った時の景色となんとなく重なります。その時の美味しいオムレツやかわいいお店の看板、あの不思議な外観やふと開ける最上階の庭園が、思い起こされました。

さて、パリの北駅から、ホテルに向かう途中、道に迷っていると、銀髪の女性がフランス語で私達の行き先を尋ねました。逆の方角を指し、行き方を教えてくれましたが、ほぼフランス語。
しっかりと全てを理解することはできませんでしたが、違う道であることは分かったので、進路変更。無事にホテルに到着しました。

荷物を入れ、トイレを済ませ、観光地へ。地下鉄回数券を買うために、駅員さんに尋ねると、これまた親切。
さらにミコの履いているニューバランスのスニーカーを見て、「見て!僕のも同じだよ!」とおじさんのスニーカーを見せてくれました(^-^)

コンコルド広場に地下鉄で向かいましたが、ミコはお昼寝・・・。青空、こんな素敵な観光地で、なんでおんぶなのよ~と思いながらも、セーヌ川沿いで写真撮影。途中で食べた屋台のクレープも美味しかったです。

Imgp7460


それからデパートのあるオペラ地区までのんびり歩いていくと、ここでもまた親切なフランス人。キコとミコを見て「かわいい子だね」と日本語で話しかけてきた初老の男性。あやしんでいると「私は日本語を学んでいます。学校の先生をしています。日本の渋谷に友達がいます。ここはパリの銀座で、何でも高いよ~」と話してくれました。
内容は怪しいには違いないですが、他意はなく、ただ親切さと話したい気持ちがあったようです。

デパートのプランタンに行きつくまでに、途中のカフェでビールや白ワイン。セールの表示に心躍りましたが、全部見ていてはきりがなく、絶対に買うべきもの、ミコのブレスレットと子供の服を買ってから、他を見ようと決めました。
プランタンで探していたブレスレットや自分のものも買ってもらい、子供服を見たけれど、やはりデパート。可愛いけれど、セールだけど、いいお値段(笑)

Imgp7485_2


帰り途、C&Aというポルトガルでも買い物した安いお洋服屋さんで、ワンピースを三種類キコとミコの分を買いました。あぁ、すっきり。いいお買い物ができました。

夏のヨーロッパ、七時でもまだ明るすぎて夕食時というかんじではありません。なぜか食べたくなったタイ料理屋さんは、7時半から開店で、それまでスーパーで買い物をしていました。
タイ料理、おいしかった♪アンゴラには韓国料理屋さんもタイ料理やさんもなく、ランチに気軽に食べれる日本とはやはり違います。久々のタイ料理、美味しかったです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »