« August 2012 | Main | October 2012 »

2012/09/24 三本目の歯

Imgp0656
土曜日、キコの歯が抜けました。キコは既に下の前歯は大人の歯です。
その脇が抜けました。まだ五歳なのになぁ~。
歯は個体差があると言っていたし、四歳から抜けてもおかしくないと、日本で歯医者さんに言われて来たけれど、顎の成長とか永久歯は死ぬまで使うことを考えると、もうちょっと遅くても良かったなぁと思ってしまう私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/23 歓送迎会

Imgp0613

アンゴラの駐在期間は、みなさん2-3年。長くても四年ほど。
四年目はかなりキツイと、実際に四年駐在していた方が話してくれたのが、印象的でした。かくいう私も二年を超え、長い方になってしまっています。
二年半、駐在していた方が来週任期を終え、本帰国することになりました。新卒で大使館に勤務していた女性で、ほぼ駐在期間が重なっています。

私達が赴任した頃、夫の組織は現地スタッフを入れて三人だったし、子連れは、全部で三家族。日本人の子供は五人。もちろん今より生活が大変で、本当に助け合い。お風呂や洗濯機を借りに行ったり、ソースを分けてもらったりな日々でした。Imgp0640

その方とは、郊外の海へでかけたり、滝を見に行ったり、一緒にBBQをしたりして、子供たちもかなりなついていました。ガミガミ怒る母さんより、一緒に遊んでくれる可愛いお姉さんが、子供は大好き(笑)
一緒に遊ぼう♪とせがむ子供たちでも、「癒されます~!」といっていつもずっと遊んでくれていました。
子供も嬉しいし、何より私が嬉しかった。アンゴラで四六時中母子が一緒だったから、本当にその存在に助けられました。

彼女とおもわず、二年前の大変さで盛り上がってしまいました。ほんと、二年前に比べれば、今はかなりラクになりました。そして私達より前にこられた方は、もっともっと大変だっただろうなと思います。
でも大変だからこそ、工夫して、知恵を出し合って、助け合って、この地で頑張ったんだなぁと思うんですね。アンゴラから帰国した外国人のお友達とも、やっぱりつながっているのは、そういう同士の一体感みたいなのがあるからだなぁと思います。
Imgp0608

今日は同じ組織の関係者も含め結構な人数が集まっての歓送迎会になりました。上は71歳、下はミコ3歳という年齢層も幅広い、素敵なパーティ。
私はケーキを3つ(プリン、ヨーグルトレアケーキ、リンゴのサワーケーキ)とピラフと卵焼き、そしてお漬物をつくっていました。でも、皆さんの手料理もかなりすごかった~。ビシソワーズ、ローストビーフ、スペアリブ、ディップの美味しい焼き野菜、洋風和風なんでもあって、更にデザートブッフェ!
アイスクリームに塩コショウとアツいオリーブオイルをかけて頂くのも、初めて体験しました。赤・白ワイン、ビール、モヒート、カイピリーニャのカクテル、そしてポルトガルのチョコレートのカップで飲むチェリーのお酒など。幹事の偉大さも感じつつ、本当に盛大な素晴らしい歓送迎会でした。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/22 幼稚園の保護者会

R0012490
朝9時半から年長さんの、10時半から年少さんの保護者会がありました。
最初に校長先生からお話しがありましたが、学校全体の話なんでしょうか…、とにかくさっぱりわかりませんでした。一年前も同じように、この時期に保護者会がありましたが、一年前とも変わらず、分からない。
ただ私の気持ちの問題で、分かろうとものすごく集中していた、という違いはあります。去年は鼻からあきらめていたから。が、やっぱり分からなかった。

一緒に行ったキコとミコは、幼稚園の園庭で、他にも保護者と一緒に来ていた子供達と遊んでいます。キコとミコ、学年が違うため、園庭を使う時も時間が違います。だから今日は一緒に遊べて、楽しそうです。
こういう国なので、入れ替わりも激しいですが、それでも数人知っている保護者の顔があるというのは、気持ちも違いますね。自分たちも、二年目なので、一年体験しているというのは、大きいです。あ、言葉は別にして(苦笑)
Dsc03012

校長先生による30分の全体集会の後、クラスに分かれて、担任の先生からお話しがありました。
やっぱり分からないのだけれど、キコから毎日幼稚園での出来事を聞いていることや、分からないことをその場で聞いているので、理解の助けになりました。先生もゼスチャーが多く、分かりやすく話してくれたようでした。
本当に大事なことは、毎日の連絡帳でやりとりしているのですが、やはり、先生から聞くと重みが違います。キコは、日本では年中さんですが、フランス人学校では年長さんです。
鉛筆の正しい持ち方をやったり、大文字、小文字、筆記体のアルファベットを読めるようにしたり、連絡帳を必ず自分で持ち帰り、自分で持ってくる習慣や自分のカバンをきちんと持つことなど。
キコは、日本語の曜日は言えませんが、フランス語の曜日は言えるようになりました。キコが毎日言うので、私もおかげさまで、フランス語の曜日は言えるようになりました!

R0012496


さて、ミコのクラス。こちらはもう集中力が途切れてしまった上、先生も早口なので、全然わかりませんでした。ただこちらでも重要なことはノートにかかれるし、提出すべきものを忘れていると、直接先生に言われるので、多分大丈夫かなぁと。
仏語講習ほぼ二時間と言う感じでした。でも子供の幼稚園のことだから、本当に聞きたくて、だからものすごく集中してたけれど、やっぱり難しかったなぁ。激疲れしました。

そのあとは郊外へ買い物に行き、食材調達。ここでアンゴラ人と結婚した20代の日本女性に会いました。以前二度、外務省の医師団の講演会と、大使公邸での新年会でお会いしたことがあった方でした。アンゴラ人の中で生活し、日本語をしゃべることがないというので、携帯電話の番号を交換しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/21 うちのおやつ

Imgp0458_2
子供がお菓子売り場に行ってもトキメキのないアンゴラのお菓子売り場(苦笑)
でもたまに行くと、意外なものがあったりするので、侮れません。幼稚園がある時は、開始が7時半と早いので、9時におやつの時間があります。そして11時半にお昼ご飯があり、お弁当箱を二個持って行っています。

おやつは、ヘルシースナックということで、果物やビスケットです。お弁当は、おにぎりとおかず。ダーリンもお弁当なので、お昼ご飯のお弁当は三個作っています。
うちに帰ってくると、13時半くらいになるのですが、食べきれなかったおやつやお弁当を広げて、姉妹で仲良く食べています。そのまま、うちでもおやつを食べます。頂き物のお菓子やクッキー、ウエハースやポップコーン、作ったケーキなどを食べるのですが、それでも足りないみたい。

夕食の支度をしている夕方はDVDを見れることになっているのですが、キッチンで作業している脇から、キュウリや人参を持って行って見ながら食べています。他には、茹でたトウモロコシ、アイスキャンディです。Imgp0451


今年あたりから、国産トウモロコシが甘いんですよ~。本当にうれしい(^-^)
しかも見かける頻度がUPしているので、よく買えるんです☆それまでは輸入品で高いし、農薬臭かった。たまに見つける国産トウモロコシは、いくら茹でても固くて、飼料用かと思うほど(苦笑)
それが、今のは十分美味しいです。
多分、農薬は少ないんでしょうね。中身を確認するために、皮をむいてチェックしますが、よく青虫さんとご対面します。長さも大きさも不揃いですが、甘くておいしい国産トウモロコシ。家族で大好きです。
Imgp0301

アイスキャンディは、フルーツジュースをルクエで固めたもの。100%フルーツジュースは、南アのブランドCeresのものを使って、オレンジ、りんご、グレープ、パッションフルーツ、キウイ&クランベリーなどを日ごとに替えて固めています。あ、もちろん、ルクエはヨーロッパで買ってきました。ピンク色も子供が選んだ色です。たまに、チョコレートドリンクを固めています。

うちのおやつ、見栄えもしないし、種類も少ないけど、アンゴラだしね。ママもこれが精一杯です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/09/20 一緒に遊ぶの、大好き

Imgp0593

今日は私達が、邦人宅へ遊びに行きました。
こちらは昨日とは別の3歳の男の子と1歳の女の子のお家です。我が家から見えるマンションに住んでいて、非常に近いのに、車で行くと渋滞があり、30分…。途中で降りたくなる気持ちを抑えて、到着です。

手土産は、昨日と同じ分量で、バナナと牛乳とサラダオイルのケーキを作りました(笑)出してくれのは、チーズとハムのロールパン♪これも美味しかった~。
食べたいなら作らないといけないアンゴラ生活。母達はなにかと大変ですが、きっとこれは母達の料理の腕を上げているに違いないと思います。というか、そう思いたいです(笑)


一緒にマンション内の共有スペースで、石並べをしたり、端っこまでかけっこしたりして遊びました。石で形を作ったりして、結構楽しかったみたいです。良かった~!

Imgp0599

子供同士が遊ぶ姿を見ると、ホッとします。五歳のキコはもうすっかりお姉さんで、仲裁に入ったり、同じ三歳とはいえ月齢が小さいミコをかばったりします。ミコは、自分より小さい1歳の女の子に構いたくて仕方がない様子(笑)
一緒にテレビを見たり、石並べをしたり、走りっこしたり、何をしても、子供同士で遊ぶのは楽しいようですね。うん、うん、良かった。

そして私も、同じ建物の中にある小さい万屋さんみたいなところへ連れて行ってもらい、そこで二カ月見つけられなかったチョコレートスプレッドのヌテラを見つけられたり、明日のお弁当の卵が買えてホッとしました。もちろん事前にママが卵を使ってみてくれていたので、安心して購入できました。

今日もまたいい日になりました。ありがたいことですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/19 子供の成長

Imgp0572
アンゴラに来た二年以上前は、今より大変で、ずっと日々がむしゃらでした。二年たつと気候も生活も慣れてきて、気がつくと駐在者としては長い部類に入ってきています。

来たばかりのころは、子供は5人しかおらず、ミコが一番下で1歳になりたて、上も四歳。みんな女の子で、母親たちは必死で子供の遊ぶ場所を作り、周りの大人も総動員で、子供たちと遊んでくれたり、そういう機会を作ってくれていました。
母親といる時間ばかりが長いアンゴラで、もちろんそれも大事だし、否定しないけれど、子供は子供同士で遊びながら育っていく。
大人が環境を作って、遊び合ったお友達は、その大人も含めて、再開が楽しみになります。 大変なアンゴラだけれど、それを共有しあえたことは財産です。
Imgp0589

今日は邦人のお友達が遊びに来てくれました。
3歳の男の子と1歳の女の子。ミコと年が同じということもあるし、それぞれの成長が嬉しいものですね。そしてママ同士の情報交換も、大事。食べてみてどうだったとか、あのスーパーで売っている何がよかったとか、こっちの方が割安だったとか、こうやって調理したら美味しくなったとか。ここで生きる知恵が満載の会話です(^-^)
みんなそれぞれに頑張ってる証拠ですね。
子供たちは、フラフープを使って電車ごっこや、縄跳びで蛇にょろにょろをしたりして、楽しい時間を過ごせました。

今日のおやつは、バナナと生クリームとサラダオイルのケーキ。卵がなかったので、こういうケーキになりました。「これキコちゃんのママが作ったの?おいしいね~!おいしいね~!!」と言ってくれたS君に、私はとても嬉しかった。いつも美味しそうに食べてくれるS君だけど、言ってもらえるとすごく嬉しかったなぁ。どうもありがとうね。
私もお土産に頂いたスイートポテトの美味しさに、嬉しくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/18 おもてなしにならなかったけど

Imgp0571


アンゴラも三連休だったのですが、(月曜日はアンゴラ独立の父、アウグスティーノ・ネット氏の誕生日で休日)連休明けの今日、ミコは幼稚園は号泣…。まだまだ安定しませんねぇ。

さて、アンゴラでお世話になった方が今晩時間をつくってくれることになり、急遽夕食プラスアルファでおもてなし。既に買い物を終えた後だったし、卵もなかったけど、どうにか。
日本に帰ったら日本食は食べれるので、ポルトガルのオイルサーディンとアンゴラのお野菜のパスタになりました。
彼女は、私達の赴任としっかりかぶっているので、本当に寂しくなります。キコとミコも来た当初からお世話になったお姉さんで、一緒に成長を喜んでくれた方でもあります。
いつかまた日本で会えると信じて、思い出話にふけりながら、家族で楽しい時間を過ごすことができました。時間を作ってくれて、本当にありがとう!

写真はキコが描いたお礼のカード。彼女とキコとミコが描かれています。飛行機で帰っちゃうからといって、飛行機も上手に描けました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/16 郊外でBBQ

Imgp0520
昨晩は干物の下ごしらえをした後、夜な夜なケーキを二つ焼きました。
ガトーショコラと抹茶シフォンケーキ。
今日は、ダーリンの関係者が住む郊外の一戸建てに、BBQでお邪魔しました。ブラジルのカクテルカイピリーニャに、黒カシスを混ぜたブラックカイピリーニャ。キューバのカクテルのモヒート、美味しいワインに乾杯のビール。
出てくるご飯はどれも素晴らしく美味しく、お肉の味付けもいいし、冷静パスタやアンチョビディップなんかも最高で、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎ…。

キコとミコは、色んな人に遊んでもらったようで、良かったです。
アンゴラは外国人子弟の教育環境が良くないし、生活環境も厳しいので、単身赴任者が多いです。
色んなお父さんたちが、この国で頑張っています。もちろんお母さんたちも、自分の場所で子供と一緒に頑張っています。そんな頑張っているお父さんたちが、キコとミコと遊んでくれていました。
おかげで私は飲みに徹することができました(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/15 子連れ家族の歓迎会


Imgp0512

午前中はテニスだったのですが、ダーリンは日陰で読書。
私はせっかくの機会だったので、敷地内をお散歩していました。キコとミコは、敷地に住むフランス人学校のお友達エバの家に、遊びに行ってしまいました。もちろんアポなし。
ま、そこはフランス式と言うか、遊べれば一緒に遊ぶし、無理ならドアは開かないし、そういう感じです。
実際行ってみて、最初の30分くらいは一緒に遊んでいました。でもそのあとは、エバのお友達が来て、キコも同じ学年だから遊べるのに、つまらなくなったようで出てきました。
エバのママと話していると、アンゴラは大変だけど、自分もいい仕事を見つけたし、あと2年くらいはここに居たいわ!とこと。「居たい」って…すごいなぁ。自分の意思でもっと居たいと思えるなんて、私には想像できません。

さて、お昼からは子連れ邦人家族でランチの歓迎会。歓迎会の意味で集ったのに、当の本人が来ず、全員が揃うことも、新しいお友達の紹介も出来ずに、残念でした。
でも、いつもの四家族で楽しく過ごせました。下は1歳から上は12歳。男女半々8人のお子達は、レストランのお肉も、バカリャウのピザもモリモリ食べ、遊具でもよく遊んでくれました。
Imgp0519


大人が出張者も含め9人も居たので、私はおしゃべりに徹することができたし、やっぱりどの子の成長も嬉しく、楽しく過ごせました。皆さま、どうもありがとうございました。

夕方、そのまま海沿いへ魚を買いに行きました。行ったことのあるお友達のパパが先導してくれたので、ついていきました。木製の棚の上に、魚が山になっています。
お魚も値切り、きれいにしてもらう手間賃も値切り、8匹2300円ほどで鯛を購入。アンゴラは天然の鯛です。ポルトガル語では、パルゴといいますが、アンゴラでは鯛をカシュショと言います。多分現地語で呼ぶんでしょうね~。

お刺身は怖かったので、塩焼きにしていただきました。残りは半分に切って、洗ってから、キッチンペーパーで水気を取り、塩をふりました。それをキッチンペーパーを広げたバットに載せて、冷蔵庫へ。冷蔵庫で作る自家製干物です。昔サンパウロでは、同じようにして塩鮭を作っていました。ふっふっふ、きっと美味しいに違いない。楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/14 両替

Imgp0477
歩いていれば、色んなアンゴラ人がいます。
幼稚園まで家族で歩く間、周囲もびっくりするような大声で「シナ(中国)!」と叫ぶ人や、庶民の足のカンドンゲイロ(ミニバス)から降りざまに「シネーザ!」と言ってくる人もいます。
そういう人は、もう無視。何人だっていいでしょう、そういうおまえはサルだ!と言ってやりたい位です。

今日はマンションから5メートル先の両替所に一人で行きました。初めてです。
子連れに対して、アンゴラ人はとても優しいです。それは日本人以上に。けれども、外国人の女性に対しては、他の外国同様、隙を見つけられては窃盗や強盗の対象になります。
ある意味、ミコと一緒にいることで、私は周囲の注目を浴びつつ、それが身を守っていたことは事実でした。

実は昨日も両替に来ていましたが、中で待つのが10人以上いて、作業も遅く、止めました。帰り際に私服の警備員らしき男性に、お店が開く時間を聞いていました。それで、今日はピッタリ八時に到着。
中を掃除していた女性が「まだだよ」というので時計を見せて、「8時!」と言うと、昨日時間を着いた男性も「入っていいぞ」と加勢してくれました。中で両替を無事終わらせ、ウエストポーチにしまって、気合を入れてお店を出ました。
その警備員の男性と目が合ったので、バイバイすると、
Imgp0490


でた、「ニーハオ!」。笑顔で「私は日本人だから、ニーハオって言わないの」というと、「俺は日本人が好きだ!」と脈絡のないことを言ってくるアンゴラ人。
これもよくあるケースですが、基本的にそこになんの意図もない(はず)。

下心もないし、ただそういう挨拶みたいなもんだと思うことにしていますが、こちらが笑顔であれば、あちらも比較的そうなんですね。違う国籍を言われ続けて、笑顔でいるのは正直かなり大変なのですが、修行と思って、無視するか、笑顔で返そうっと。

今日の午後はまた邦人宅へ遊びに行きました。おやつを食べて、みんなで敷地の外を走り回って、帰ろうと思った頃にプール…。金曜日ですし、入れることにしました。私もいっぱいおしゃべりができると、スッキリするし、他の子供たちを見るのも嬉しい。どの子もみんな可愛いし、成長の過程を見ていると、どの子も健やかにいてくれることが、何よりも素晴らしいことだと感じます。ママの努力のたまものですが、本当にそう思えてきます。
キコもミコも、体を使っていっぱい遊んで、お友達と遊んで、夜はぐっすり。
渋滞やらで毎日遊びに行けないけど、週に一度だけでもこうできるのは有り難いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/13 おにぎりは海の味


Imgp0462
たまに記憶されたことから、引っ張り出して、それを声にするキコ。
「そうだよね、煙突は色々なことが起こるよね」とDVDのメリーポピンズで入れた情報を、自分が絵本でみた煙突に当てはめて言うのは、面白いです。

幼稚園が始まり、久々におにぎり弁当がスタートしました。
おにぎりをひとくち食べると「海の味がする~♪」って、びっくり!
お塩の味は、海の味。そうだった、そうだった、海の味とおんなじだった。新鮮な一言でした。

帰り道のダーリンが、渋滞がひどいとの連絡。それを伝えると、キコさん「渋滞してるんだね、朝には帰ってくるね。」と一言。どんだけひどい渋滞なのよ(笑)
もちろん30分もしないで帰ってきましたよ。

写真はヨーグルトレアケーキ。水切りしたヨーグルトにレモン汁と砂糖と生クリーム、ゼラチンを混ぜて固めました。底はマリービスケットに溶かしたバターを混ぜた生地。スプーンですくって、頂きます。
レアチーズケーキと言ってもOKな味で、簡単でおいしかった~。子供よりダーリンに絶賛のケーキになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/12 注意する、ということ


Imgp0456_5
幼稚園のお迎え。
12時50分開門だけれど、毎朝歩いて行っている距離だ​けど、車で12時に出ています。
渋滞を予測して、更に駐車スペースを​確保のためです。
我が家の四代目の運転手アルセーリョ君。比較的臭くないし、時間も守るし、鏡を​みるのが好きなナルシストです。運転手としては、今のところ問題​ないのですが、私が車にいる間に、今日はチョコを食べ、ヨーグル​トを食べ(スプーンなしですすり、残りを指で拭う…)、更に寝ました。
以前、ダーリンを経由して、その旨、注意をしたのですが、忘れるんです​ね~。ダーリンは支払いをしますから、私より注意の効力があると思って、お願いしたのですが。うぬぬ。

それで、車を降りる際に、注意。
「私が車にいる間は、仕事​中だから、食べないこと!寝ないこと!私がいなくて、待っている​間は、休みを取ってもいいけれど、私がいる間はしないこと!夫も​以前いったでしょ?覚えている?」というと、ちゃんと謝ってきました。
そういう素直な​ところもいい子なんですが、注意するのも結構疲れるんです。でもこういう言葉って、思いのほか口をついて出るものですね。
次回したら、どうしましょうねぇ。また注意しなくちゃいけないと思うと、早くも気が重たいです。

写真は、キコが今まで書きためた絵を冷蔵庫に突然貼りまくりました。その様子。ドアの開閉に支障が出ています(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/11 午前中の過ごし方

Imgp0379

今日もスタスタとお教室に入っていくミコさん。ドアの前で泣いていたり、ママと長々とお別れしている子もいるのに、我関せず。スタスタと入っていきました。
すごいです。自分の好きなおもちゃでもあるのな、とダーリンが話していました。

子供たちのいない午前中の過ごし方、色々考えながら過ごしていますが、あっという間に時間が過ぎるのも事実。
7時に家を出て、家に戻ってくるのが8時前。朝食の後片付けをして、パソコンを開きます。
フェイスブックをしたり、ブログを書いた後、止まったままのフランス語を再開しています。今月からアリアンスフランセーズというフランス政府のやっている語学学校に通うことも考えました。でも往復渋滞やら、予習復習や試験で、生活に負荷がかかると、今でも余裕のない私は、さらに追い詰められるでしょう。
結果として、家庭崩壊になるので、手もとにある教材で仏語を再開しました。語学にセンスのない私は、マイクに向かって、難しい仏語の発音を繰り返しながら過ごしています。
なかなかクリアできないけれど、その努力は無駄にならないはずと思って、のんびり続けることにします。


さて写真は、ダーリンが手塩にかけて育てた家庭菜園。7階の我が家、ベランダは風が強く、室内は日が弱い。ダーリンが考えたのは、ペットボトルを使った方法。ビニールハウスのような感じですが、かなりいいです。
日本のお土産にいただいた小松菜の種をまいて、この通り~♪収穫して、お味噌汁に入れて味わいました。柔らかい葉っぱ、きれいな緑色、おいしかったです。ダーリン、どうもありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/10 土埃舞う

Imgp0455_2
週明けの幼稚園です。
ミコはお部屋の前に到着すると、自分から私とダーリン、そしてキコにCHUしてぎゅぅして、お部屋にスタスタと入って行きました。
なんの抵抗もなく、振り返ることもなく、さくさくと(笑) 担任の先生ともご挨拶らしき笑顔を交わして、ミコさん流石だ!!

キコはそれからお教室に向かいましたが、ハグもキスも3回はしましたね。性格なんでしょうが、あまりの違いにダーリンと目を合わせて笑ってしまうほどでした。

今日からアンゴラの現地の学校も始まりました。一気に渋滞が増え、人も増えます。特にフランス人学校のある地区は、ZONA ESCOLAと呼ばれる学校ばかりが集まる地区で、他にもポルトガル人学校もあるのですが、現地の学校もいくつか集まっています。

それで、今日はミニバスの量が凄かった~。土埃が凄かった。
通りすがる生徒の数も増え、「小さい中国人」「かわいい双子ちゃん」など声をかけられる率も、さらにUP。彼らに悪意がないと分かっていても、イラッとする率もUPでございます。Imgp0392

日本国旗のワッペンをつけようかしら、そしてJAPANって入っているのがいいかな。その国旗が何か分からない人も多そうだし…なんて考えています。

お迎えに行くと、机につっぷして寝ているミコ。他の子供たちも三分の二は同じように眠っていました。
写真は、カップケーキ。今日から学校が始まった同じマンションのお友達用に作りました。食紅も粉砂糖も銀色のアラザンも、帰国した駐在奥様方の置き土産です。中にはプラムを入れたので、中の果物もピンクに仕上がっています。
ちょっとドギツイけど、子供たちは大喜び。夕食後に二つずつ食べてるほどでした。

それとプラムのグラタン。果物をバットに敷いて、生地を流して焼くだけですが、大人には好評でしたが、子供には不評でした。簡単で美味しいのになぁ。冷やすとプリンみたいで更に美味しかった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/09 アンゴラで出会う日本人

Imgp0403


ブログをしていると、知らない人からメッセージを受けることがあります。
誹謗中傷みたいなものもあるし、未だに続く友達となる場合もあります。ブラジルでもありましたが、アンゴラでもやはりあり、今日はまたそういう出会いで、日本人の方とランチをすることにしました。
狭いアンゴラ邦人社会、待ち合わせなどを決めているうちに、先方の所属や知人などで共通点があっという間に見つかります(笑)
そもそも観光ビザのないアンゴラ。ビザをとるのがものすごく大変ですから、限られた人しか入ってこれない国なので、安心でもあります。

お昼から市内の海辺のレストラン、マイアミへ。先方は三名でしたが、みなさん20代でお若い…。メールをくれた女性は新入社員でアンゴラに出張中。新入社員って…!
新卒で入った会社以降、既卒ばかりの団体や企業にいたので、ものすごくドキドキしちゃいました(笑) 

子供たちと遊んでくれたり、私は、色んなお話しができて楽しい時間を過ごせました。キコとミコは、お兄さんやお姉さんと慣れませんでしたが、パパと砂遊びや波で遊んで、ものすごく楽しかったようでした。Imgp0424

アンゴラは小さい邦人社会。会う人達も決まっています。外国人が住む環境、教育環境は整っていないので、単身赴任の方が殆どです。だから、うちの子供たちと遊んでくれるし、成長を喜んでくださる。
それはとてもありがたいなぁと思います。

ちなみに市内の海辺に来たのは久しぶりです。
ルアンダはうちのマンションからも海が見えるし、近くていいけれど、毎週末、レストランに陣取って、海辺で遊んでいたら、破産しちゃうなぁ(苦笑)
でもたまにはいいですね、いい気分転換になりました☆ありがとうございました!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012/09/08 コンベンションホテル

Imgp0374


午前中は郊外の卸売スーパーMEGAと唯一のショッピングセンターに出かけました。
ショッピングセンターは久しぶりに来ると、変化が楽しめますね。本当に久しぶりです。そこに入っている南ア系のスーパーSHOP RITEも、たまに来ると楽しいです。子供が遊べる風船や、マーマレードを買いました。

そこから軽食を取りに、近くのコンベンションホテルに向かいました。
先に同じ組織の方々がいて、待ち合わせていました。おしゃべりタイムです。キコとミコは、同じ組織のお子さんと遊んだり、お姉さん達と遊んでもらったり、ホテル内を散歩したり、とにかく楽しそうです。

このホテルは多分、アンゴラで一番高いんじゃないかしら?
一泊650USDからで、SADECなど国際会議で使われるような会場も併設されているホテルです。雰囲気とか置いてある調度品とか、高級感やなんとなくいい感じの雰囲気は、日本の高級ホテルとはやはり比べられませんが、アンゴラにいると、それでも十分でした。Imgp0399
しばし気分のいい時間を過ごすことができました。

ピンクのバルーンワンちゃんは、キコの希望で、パパが作ったもの。上手です!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/07 もう泣かないと言って泣かなかった!


Imgp0358
幼稚園デビュー四日目の金曜日。
家族で家を出る時点で、ミコは「行きたくない」というチョイスが考えつかないようです。
キコの場合、ミコと私が家に居て「いってらっしゃい」と見送っていたので、パパと出かける際「行きたくない」と何度も涙し、パパに抱っこされて登園して、先生に抱っこで受け渡すというケースが、長々と続きました。
しかしミコさん、ご機嫌で身支度し、朝食をとり、虫よけや日焼け止めを塗ってもらうのも嬉しそうにしています。歩いているときも、たいそうご機嫌で、「歩きたくない」「抱っこ」なんてことは今のところはありません。楽しそうに歩いています。

しかし教室の入り口に着くと、顔が歪んで泣き始めます。他の子たちもそうなので、影響されるんでしょう。今日も歪んだ顔をしましたが、なんと一転!
泣かずに担任の先生に抱っこされていました。すごーい!ダーリンと目を見合わせました。今日は朝、「泣かないもん」
といっていただけに、すごいぞ、みこりん。Imgp0362


今日は邦人のお宅へ遊びに行きました。ここはフランス人学校のお友達も住んでいるので、キコはそれも楽しみの一つ。私はたくさんおしゃべりできるのが、楽しみです。
フランス人家族が、敷地内のプールに入り始めました。それを見て、じぃっと泣きそうにうつむくキコ。
用意がなかったので、パンツ一丁で入ってもらいました(笑) お友達にバスタオルを貸していただけたし、帰りは車なので、もういいやとプールに入れました。浮き輪はフランス人の友達に貸してもらい、バシャバシャ楽しそうです。
ミコは足をチャプチャプだけでしたが、もうプールの時期なんだなぁとしみじみ。

確かに9月に入ってから、日ごとに熱くなってきました。涼しい乾期はわずか2ヶ月くらいだったような・・・一年のほとんどが雨期なアンゴラです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/09/06 スーパーでナンパ?

Imgp0303


幼稚園デビュー三日目、朝は泣きましたが、お迎えのときはミコはニコニコでお教室を出てきました。

だいたい子供は朝は泣くけど、帰りは「楽しかった~」といいますよね。しかも、キコが毎日「アドゥマ(また明日)」と言い続けていたのを聞いていたので、先生に「アドゥマ(^-^)」と言ってご機嫌に去るミコ。先生も「あら、まぁ!」という表情でした。

キコのほうは、ノートを持ち帰ってきましたが、新しい中身が何もないので、先生に聞くと「次の学年からは、たくさんの本やノートを自分で毎日持ち帰る必要があるから、それに慣れるための訓練です」とのこと。へぇ、そこまで考えていたとは、意外でした。

いつもミコかキコミコを連れて買い物に来ていた私ですが、今日は初めて一人でスーパーのジュンボに行ってきました。身軽で新鮮です。
レジに来て、レジ打ちの男性に「あなたはかわいいね!中国人?韓国人??アンゴラは長いの?」と矢継ぎ早に聞かれました。かわいいと言われて、嫌な気持ちになるわけはありませんよね。
素直にありがとうとお礼をいい、日本人だというと、「中国人も韓国人も日本人も、わからないよ。」と言われました。そりゃそうだ、私だってアンゴラ人もコンゴ人もわかりませんから。
ジュンボにはよく来るかと聞かれ、週に1-2回はくるというと、自分の名札を見せて「デヴィットソンだから!」といわれました。名札にはデヴィットソンって書いてなかったと思うんだけど・・・。ま、いいか。

Imgp0304


キコは、まだクラスメイトとは馴染めないようです。一番仲が良かったアネエルは、どうもフランスに帰国したような気がします。それを知って、キコはかなり残念そう。私も知っていたら、もっと何かしてあげたかったんだけど…。
でも、アンゴラ人のチェイシーやラファエラ、フランス人のニーノと言った前のクラスのお友達がいるので、園庭遊びの時間はクラスを超えて遊べるらしく、その子達と遊んだと言っています。

ミコは、もちろん友達どころではありません。何をしたの?と聞いても、「何もしてない!」というけれど…そんなわけはなく(笑)
ミコのクラスは、先生一人、アシスタント二人、小さい学年を横断的にみるためのアシスタントもよくいてくれます。キコもたまにミコのクラスを覗いてくれるそうです。小さい園庭は、学年ごとに使う時間が決まっているようなのですが、トイレや園庭に移動するとき、ガラス越しにみたり、ドアから覗いたりしてるとか。

おねえちゃんがいるミコも良かったけれど、キコにとっても嬉しいに違いない。兄弟姉妹がいて、よかったね♪

写真は、アンゴラの大統領(選挙があったけれど、多分再選して続投)ドス・サントス氏と元キャビンアンテンダントの奥様。選挙キャンペーンの旗やネオンも少しずつ確実に街中から撤去されていますが、ポスターはそのまま。更に街が汚れてみます(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/05 ねんねで過ごす

今日もニコニコ家族で徒歩登園。
二日目ですが、毎日道行く人に「シネーザ」「ジェミニ(双子)」と言われるのは嫌だなぁ。毎朝同じ顔ぶれなら、「日本人家族だ」と知ってもらいたいと思うおせっかいな私。
ダーリンと日本の国旗でも付けて歩こうかと、笑いながら話していました。でもそんな指を指して「シネーザ」なんていう人に、日本の国旗がわかるかしら...という話もありますね(苦笑)

キコは担任の先生にご挨拶して、お教室に入って行きました。
ミコは入り口から大泣き。今朝もまたアシスタントの先生に抱っこされてお別れしました。
生後9カ月で日本の保育園に通っていたとはいえ、三カ月間だけだし、それ以降のアンゴラ生活は、常に私と一緒のミコ。しばし、泣く朝は続きそうです。

今日のお迎えでは、ミコは教室のソファーで横になって眠っていました。でもお弁当も食べれるところまで食べたというし、おやつも食べていました。それだけで十分。よく頑張りました(^-^)

朝からアシスタントの先生に抱っこされている時間が長いようで、ミコには先生の香水がまとわりついています。帰ってきて、砂埃や虫よけスプレーのついた手足、日焼け止めのついた顔、土汚れがひどい時は服も取り替えますが、それでも匂いが残る…。髪についた匂いなのですが、強い匂いで、私が記憶してしまいそうでした。

そうそう、入園式みたいなものはありません。制服もないし、担任の先生やアシスタントとも、教室でご挨拶するだけです。ちょっと寂しいですが、かちっとした服もないし、気楽と言えば気楽ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/04 ミコ幼稚園☆デビュー

Imgp0339


今日からフランス人学校が始まります。
キコは朝5時半には起き、お支度スタート。さすが五歳です。
ミコは起こしに行ってもウダウダですが、二人とも前日に選んでおいたお洋服を着て、顔を洗って朝ごはんです。
早め早めが功をなし、出かけるときには虫よけスプレーと日焼け止めも忘れず、家族で出かけました。

ミコも私もこの時間、歩くのは初めてです。
賑やかですね、朝の人の流れ。
小さいミコを見て、多くのアンゴラ人が声をかけてきます。中国人だの、双子だの、お人形さんだの、小さい中国人だの、色々。答えていたら歩けませんから、私はミコの足元だけ見て歩きました。
ミコはニコニコです。だって、毎日「ネェネはどこに行くの?」と言っていましたからね。そこにやっと自分が行けるんですから。
キコはパパと手をつないで、慣れた道をしっかりと歩いていきます。キコもミコがいるのが嬉しい様子が見てとれます。


掲示板でクラスを確認して、トイレに連れて行き、お教室に到着。まずはキコから。キコは幼稚部の最年長GSという学年です。ミコは最年少PSという学年です。
キコの教室に入ると、前回同じクラスだったノアマフォー君とご両親がいました。でも仲良しのアネエルやチェイシーの姿はありませんでした。担任の先生も違いますが、先生はキコのことを知っていました。
まだ慣れず、表情の硬いキコに先生はにこやかです。時間が来てお別れのとき、やはりキコは泣きました。でも成長したのは、ギャンギャン泣いて抱っこするようなことではなく、口を結んで、ぽろぽろと涙をし、ちゃんと教室に自分で残ったことです。
すごいな、キコ。大丈夫、あなたは出来る。ママとパパは信じてるからと言ってCHUしてギュしました。Dsc02996

ミコのクラスは、至る所で泣いている子供が沢山います。
ミコはおもちゃをいじっていましたが、別れを告げると、足にくっついて離れません。仕方なく、アシスタントに預けて、笑顔で「バイバーイ」してきました。ミコのギャンギャンの泣き声に辛くなりますが、ここは私が笑顔で送り出さなくてはいけません。
教室を出ると、私も目がウルウルでした(笑)
途中までオフィスに向かうダーリンと歩いて、私は家へ向かいました。
私はアンゴラにいる間は常にミコと一緒だったので、身軽さを感じながらも静かな時間に、不思議さを感じています。あんなに一人の時間が欲しいと思っているのに、実際そうなると、なんだか寂しいような気持にもなるんですね~。まったく私は勝手な親です(苦笑)

Imgp0345


さて12時50分、お迎えに行くと、初日なので親がきているようです。だんだんお手伝いさんになったり、運転手の送迎が増えるんですが、さすがに初日だもんね。部屋に行くと、ミコの顔がくしゃっとなって泣きだしました。
先生も一日中泣いていたというし、お弁当もおやつも食べなかったそうです。でも、お家に帰ってきてホッとしたのか、全部平らげたし、いつも通り。
さぁこれから幼稚園が大好きになるまで、どのくらいかかるかしら。と思っています。

別件ですが、在アンゴラ日本大使館のホームページに「アンゴラ奮闘記」第二話「アンゴラまで道と洗礼」が掲載されました。宜しければご覧くださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/03 断水

Imgp0330

明日から幼稚園。長い二カ月の夏休みが今日でようやく終わります。
キコのリュックは洗っておきました。ミコのリュックを出しました。明日から使うお弁当箱やフォーク・お箸セットも出してあげました。ピンクの保冷バックは100円均一で買いましたが、お弁当グッズはサンリオでキティちゃんで揃えました。
キティちゃんは日本ブランド、そしてアンゴラ人にもフランス人も人気があります。
日本から持ってきたイラストティッシュ、ハンカチにも名前を書いてあります。着替えのワンピースと下着をビニールに入れておきます。
並べると大喜びのキコとミコ。テンションをあげて、明日から幼稚園です。

私もよ~しと意気込んでいましたが、朝7時半から断水。すっかり萎えます…。
もちろんアナウンスなしで、蛇口から水が出なくなるわけです。100リットルの貯め置きの水で、食器を洗ったり、顔を洗ったり、炊事はミネラルウォーターなので、それでお昼ご飯を作りますが、いつ戻るか分からないので、焼き餅。
超貴重な餅ですが、子供達も食べたいというし、オーブンで焼くだけなので良いですね。
使い捨てのお皿に、作り置きのひじきと焼き餅でお昼ご飯になりました。

Imgp0320

と13時ごろ、開いていた蛇口からプスップスッと水圧のかかる音と水が出ました。よかった~、4時間半で今日の断水は終了です。
いつか水が戻ると知っていても(つまりいつかは給水車が来る)、それがいつになるか分からないのはストレスです。

さて、明日から幼稚園。
アンゴラの二年は常に次女ミコとは一緒でしたから、明日から私がどんなふうに感じるのか、自分で自分の感じ方を楽しみにしています。

二枚目の写真は、ダーリンが手塩にかけている植物です。風が強いので、ペットボトルで温室栽培中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/02 今日もシュラスコ

Imgp0296

昨日、お昼にキコに何が食べたいかと言うと「バーベキュー!」との回答。
金曜日にやったばかりなので、せめて日曜日にしようと話しました。
せっかくやるならと、お仕事でお付き合いのある方と同じマンションの方をお招きして、ベランダでシュラスコ(BBQ)をしました。昨日買い物を終えてから、人を招くことに決めたので、有るもので出来る範囲でおかずを揃えましたが、どうにかなるもんですね。
基本、アンゴラなので、それが理由にもいい訳にもなるのが有り難いとも言えます。
楽しい会話と美味しいお肉、満足の三連休最終日になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/09/01 有り得ない場所にあるコート

Dsc02995
今日はスーパーに買い物に行きました。
ダーリンの運転で、外の景色を眺めていると、大きな道路と道路の間に広場が見えました。
人垣が見え、近づくとバスケットコートと判明。
街灯とか樹木が植わっていればいいような場所ですが、バスケットコートが新設されていました…。
ルアンダではよくそういう場所に、公園とかベンチとかがあって、非常に理解に苦しみます。だって、横断歩道も信号もない道路と道路の間にわざわざ作るなんて、あり得ないでしょ。…しかも今日見つけたのはバスケットコート!

ボールが車道に転がって事故になる可能性を、わざわざ行政が作ってどうするの?アンゴラはマラリアで亡くなるより、交通事故で亡くなる人が多いと聞きますが、助長するようなものですよね。更に渋滞の一因にもなりうる。うーん、理解できない。
自分の物差しで、相手に当てはめてはいけないと思うし、それも分かっているけど、この場合はどう考えても違うよねぇ。Imgp0317

今日はテレビで、開票速報をやっています。ラジオも一緒。各州の開票率と政党ごとの順位や割合を報じています。この時点では現政権のMPLAのまま、現大統領ドス・サントス氏がそのままのようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/08/31 アンゴラ総選挙

Imgp0299


今日はアンゴラの総選挙です。
アメリカの大統領選挙はニュースになるけど、アンゴラの選挙はきっと日本のニュースにもならないんだろうなぁと、思います。同じように人の住む「国」だけど、色々と違うからですよね。

さて、ここの選挙は、政党を選んで投票し、票の獲得が多い政党の党首が大統領になります。
今はMPLA党のドス・サントス氏。次に大きいのがUNITAという政党で、サマクバ氏。他にもいくつかありますが、政党名と政党に振られた番号と党首の名前と顔写真と党の旗が、街中に貼りだされるので、投票権のない私も気になります。
選挙キャンペーンは資金力を表すんでしょうね、現政権のMPLAは旗も他より素材が立派だし、大きめだし、電光掲示板もあります。至る所に、党首のドス・サントス氏の顔。
MPLAの旗は、アンゴラの国旗の真ん中を星に替えただけのもの。UNITAのほうは、赤と緑、そしてニワトリが描かれています。色もポルトガルの国旗の配色と同じだし、ポルトガルでよく売っているニワトリの置き物の印象と重なって、ポルトガルが支援していたのかなぁなんて思わせる旗です。Imgp0318

他には、Casa CEという政党の党首シブクブク氏。党首の名前がとりわけ印象的です。

選挙は、事前に有権者登録し、投票所へ行って、投票用紙にチェックを一か所入れます。
投票用紙には、街中に貼りだされているようなポスターどおりに、政党に振られた番号、政党名、党首の名前、顔写真、党の旗が並んでいます。最後に、自分の指にインクをつけて、紙に押して、おしまい。
テレビのコメンテイター風の男性の指も、インクがついていました。(っていうか、手を洗っても落ちないのか。手を洗っていないのか、手を洗う水がなかったのか…)

朝から国営放送のTPAでは、総選挙特集をやっています。
各地の投票所からの生中継や選挙後の聞き取りインタビューをしていました。テレビのつけっぱなしは私は嫌いなのですが、今日は特別です。ダーリンが言うように、暴動や騒動の情報収集のため、つけておきました。

Imgp0284


今日の選挙に備えて、ダーリンは多めに現金を家に持って帰ってきました。私は水や食材を多めにストック。万が一には、国外避難をする必要がありますからね。空港も閉鎖するなんていう噂もありましたし。そんなことも一応考えていたわけですが、街中は朝から静かでした。
お店もやっていないし、人の流れもなく、バスの往来も少なく、土日よりも静かな日でした。今日はベランダでシュラスコをやりました。

ちなみに選挙結果が出るのは、9月15日です。えぇぇぇ!!そんな二週間も間があったら、何か不正が出来ちゃいそうですけど…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »