« October 2012 | Main | December 2012 »

2012/11/20 ミコのマジックショー

Imgp1976
今日はアンゴラ駐在だった方が母子ともに無事に出産したというメールを、写真付きでもらったり、キコは10カ月、ミコは9カ月から通った保育園のママ友から近況のメールが来たり、どちらもとても嬉しく、私の朝を彩ってくれました。元気が出ますね~。
今朝は雨だったし、ダーリンが急遽、国内出張で慌ただしい朝だったので、お迎え後に戻ってきて、届いているメールが嬉しい内容だったので、なんだかいい気分で過ごせました。

そうそう、ミコのマジックショーの話。
いつもはちゃんと片付けるのに、先日慌てて食卓の上に置いておいた指輪とネックレスが、見当たりませんでした。その日はすっかり忘れていて、翌日、付けようと思ったらない。
家の外で外した訳はないのに、思い当たる場所を全て探してもない。おかしいなぁ。
こういう時は、探し続けるより、いったん探すのをやめた方がいいことが多いです。それで意外なところから出て来るのがオチ。一応、ダーリンやキコ、ミコにも話してみました。
「昨日、ここに置いたママのネックレスと指輪、知らない?」と。もちろん、返事は「知らない」なので、そうだよねぇ、と言っておきました。
Imgp1966


が、二日後、ミコさん「ここ開けて!!」と言って、プールバックが入っているクローゼットの扉を叩いています。バックを取ってあげると、がさごそ。
「ジャッジャーン、マジックショー!!」と言って、私のネックレスと指輪を出してきました…。
何に影響されたんだか分かりませんが、ミコのマジックショーの餌食になった私のアクセサリー。見つかって良かった~。ミコもよく覚えていましたねぇ(笑)
次女のキャラなんでしょうが、自分のでマジックショーしてほしいです。満面の笑顔のミコに、つられて笑ってしまう私でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/19 ここでもまた

Imgp1980
幼稚園のママ友(ベトナム人)が春巻きを作って販売してくれています。
味がいいし、冷凍もできてお弁当にも向くし、手抜きができるので、お友達や単身赴任者にもご紹介しています。彼女は英語が通じず、私のあやしいポ語と仏語でのやりとりです。
表情が硬い彼女ですが、注文するたびに、私は笑顔で接していたら、最近は表情が柔らかくなりました。そして、今朝は突然、ゴーヤやクウシンサイをくれました。先週はゴーヤだけだったのですが、今日はなんと車から私にパス(笑)びっくり!
育てているのか、農場にいっているのかわかりませんが、スーパーで買えない野菜なので、嬉しいです。

アンゴラは大変です。でもね、いろんな人に助けられています。
物で助けられたり、おしゃべりだったり、ただ「うんうん」と聞いてくれたり、子供をあそばせてくれるとか、笑顔を向けてくれるとか。
Imgp1981

日本でもブラジルでも、どこでも、私はよき出会いに恵まれています。本当に、ありがたいです。

夕食は、昨日ラッキーなことに豚ひき肉も白菜も買えたので、餃子にしました。もちろん皮も手作りです。みんな餃子が好きなので、40個作りました。個別に皮を伸ばして、包むのに時間がかかりますが、食べるのはあっという間ですねぇ。
週末、夜7時半から30分、日曜日も夜そのくらいから1時間の停電がありました。停電になると、水が上がってこないので、断水と同じ状態になります。それに週末の日中、停電がひどかった。友達から借りた「ドラえもん」の映画を見ている間に、何度パチパチ点いたり消えたりしたことか。家電がダメになりそうです。
今週はそういうの、ないといいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/18 季節もの

Imgp1945
朝から郊外のスーパーへ行きました。
すると、なんとクリスマスツリーが売られているではありませんか!!
しかも手軽に買える金額で(^-^)
90センチのツリーと装飾、ライトを入れて2000円位ですから、ダーリンに相談せずに買うことを決めてしまいました(笑)今年は年末年始、アフリカ大陸にいるので、ツリーをずっと置いておいても十分楽しめるに違いありません。
今までもツリーは売っていましたが、値段がねぇ、世界一物価の高いルアンダですから、気軽に買える金額ではなかったのです。

スーパーから戻ると、ダーリンがツリーを一本一本開いてくれました。そこにキコとミコが飾りつけ。買った装飾はわずかですが、十分素敵なツリーになりました。
明るいうちから、キコとミコはライトをつけて、盛り上がっています。確かにこうしてみると、クリスマスツリーがあるといいですね。
買うことを決めたのは私ですが、夜になって、色が光りはじめると、ツリーが一層際立ちます。やっぱりいいものです。
日中の真夏のような強い日差し、日も長くなりましたが、やっぱりツリーがあると自分の中にある季節感が、戻ってくるような気になりました。

それと在アンゴラ日本国大使館のホームページに「アンゴラ奮闘記~第六話子供の教育・学校のこと~」が掲載されています。よろしければ覗いてみてくださいね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/17 プールにダイブできるようなった!

Imgp1877

ルアンダ市内に住んでいると、プールがある、走る場所があるというのは、超高級マンションか、高級エリアの一戸建てです。もちろん、うちのマンションは新築ですが、プールもジムも公共スペースもありません。
暑くなってきたし、子供たちも先日腕の浮き輪を買えたので、プールのある家に住む邦人に連絡し、遊びに行かせてもらいました。
おりしも先方には出張者がいらっしゃっており、みんなでプールサイドでBBQをしながら、プールを楽しませてもらいました。
ミコはダーリンとならプールに入り、楽しそうに浮かんでいました。キコは木曜日に腕浮き輪で泳げるようになったので、勢いづいています。そしてとうとう、プールサイドから、ドブーン!
頭まで浸かっても大丈夫になりました(^-^) ちなみにここのプールは水深1メートル位です。
他のプールも1.5メートルとか、とにかく子供向けの深さではありません。でもそれに慣れてしまったキコ。腕浮き輪で楽しそうにしています。

Imgp1897
そこに同じ幼稚園のヴィンセント君やアントワン君も合流。
ここに住んでいるので、ママにプールにいる旨を話しておいたところ、家族で午後プールに来てくれました。さらにここに住むアメリカ人の家族も合流。大人が多かったので、子供たちを見る人が多く、賑やかに安心してプールの時間を楽しめました。

私は、いつもゆっくり話せないママ友とおしゃべりしたり、出張でこられた方と日本語で話すのを楽しんだり、美味しいお肉とビールもたらふく頂き、すっかりリフレッシュ~。
欧州からアンゴラに戻ってきて4カ月近いので、そろそろ危険な域に入っていたものの、ここ数日のおしゃべりで、心がすっかり元気になりました。みなさまのおかげですね。
アンゴラで改めて、人同士のつながりの重要さを身にしみて感じます。皆様に感謝しています。そして今日を設定してくれたダーリン、いつもどうもありがとう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2012/11/16 おにぎりはSUSHIぢゃないの

Imgp1838
キコのクラスメイトのママが話かけてきました。
フランス語?というので、英語で!と頼んで話していると、先日のバカンスをドバイで過ごしたフェデリコ君の家族。お寿司を食べたら、フェデリコ君が「キコがいつもお弁当に入れてる!」と言ったそうです。それでママが私に「そうなの?」という。
お弁当いには、おにぎり(ライスボール)を入れているんだけど、キコはそれをフランス語でなんて言うか分からず「スシ」と聞かれて「うん」と言っちゃってるんだと話しました。
ここでは生魚は難しいし、海苔も手に入らないので、海苔は国外調達、巻きずしを作る時の具はツナやキュウリや卵焼きだと話しました。おにぎりはもっと寿司より、身近な料理だと話しました。
長身のお母さんで、国籍を聞いたらなんとスイス人。ご主人はスイスとアンゴラ人のハーフなんだそうで、既にアンゴラ8年目。尊敬に値します。

今日はベトナム人のママが、私にゴーヤを分けてくれました。喜んでお礼を言うと、彼女もにっこり。英語が通じないのですが、笑顔とフランス語混じりのポルトガル語で、通じ合ったような気がしました(笑)
Imgp1845


午後は邦人宅へ。色んな話題のおしゃべりをしました。
毎日の食事のメニューから、カレーを子供向けに味付けする場合の工夫から、まぁほんと、いろいろと。
昨日からママ達とおしゃべりしています。日本語と英語と怪しいポ語と。問題の本質は変わりませんが、会話から新たな視点をもらったり、後押ししてもらったり、私にとってもとても有効です。精神衛生上、ものすごく必要。

今日は雨上がりだったり、いつも遊ぶ子供たちが不在で、静かな午後でした。
私は美味しい抹茶ムースの入ったロールケーキとおしゃべりで、非常にリフレッシュしできた午後を過ごせました。ありがたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/15 お迎えから忙しい日

Imgp1786


幼稚園の送迎がきっかけで仲良くなったシンガポール人のお友達に、今日はフィリピンのお手伝いさんが来ることになりました。個人契約のお手伝いさん、彼女自ら空港まで迎えに行くんだそうです。

ご主人がフランス人で、半年の赤ちゃんがいる彼女。
既に二歳違いの兄弟がいて、三人目を育てているので、本当に大変そう。アンゴラ人のお手伝いさんがいましたが、ポ語ができないので、悪戦苦闘したようです。まだ駐在も先が長いようで、フィリピン人のお手伝いさんを雇うことにしました。

ちなみにフィリピン人のお手伝いさんというのは、実はアンゴラではお金持ちの家庭にいます。
だからキコが通っていた英語のプレイグループとか、今のフランス人学校でも、子供専属のお手伝いさんがフィリピン人である場合もあります。
Imgp1793


つまり英語で子供を育てたいためです。お手伝いさん達は多少のポ語とフィリピンの公用語の英語と、フィリピンの現地語を話しています。

アンゴラにおいては、アジア人同士なので、やはりにこやかに挨拶していますし、英語が通じるし、キコとミコも彼女達からすると、近いアジア人の子供ということで、妙に可愛がってもらっている気がします。

お友達のところにやっと来ることになって、本当にうれしいです。あとは相性もあるだろうけれど、完璧はあり得ないけれど、多くの部分がいい方向に向かうことを、ただ祈るのみですね。
今日、そのお手伝いさんが急遽来ることになって、今日は彼女の代わりに受け取って、彼女の運転手に渡したり、先日忘れた私の帽子を受け取ったり、挨拶だけする人に突然「脱毛サロン」の案内をもらったり、いつものお迎えより、妙にやることの多い時間でした。
ポルトガル語、フランス語、英語が飛び交うので、私の発する言葉はかなり怪しい…本当に情けない。

Imgp1827


さて、午後は邦人宅へ遊びに行きました。
プールサイドで、お友達が用意してくれた手作り餡パン、ハムチーズパンやお稲荷さん、色のきれいなオムレツを頂きました。どれも美味しいし、感動しちゃった。ほんとすごい!キコは、腕につける浮き輪デビュー。
怖がっていましたが、3歳のお友達がそれで激しく泳いでいるのを見て、一念発起。一人で腕輪だけで水に浮かぶことができました!
ミコは、ぜーんぜん入る気がなく、ただプールサイドを行ったり、来たり。
一応私も万が一、飛び込む覚悟で水着でしたが、大丈夫でした。途中、初めて会ったブラジル人のママとおしゃべりしたり、子供たちはプールから出て走り回ったり、とにかく楽しい時間を過ごせました。
プールって、子供がいっぱいエネルギーを放出してくれるから、いいですね(笑)

Imgp1831


そのあとは、部屋に戻っておやつタイム。
ママたちは、美味しい麗しいデザートで、おしゃべりタイム。美容ネタで盛りあがりました。韓国系カナダ人のソンミさんから聞くプチ整形、面白かった~。今日は、色の白さじゃなくて、肌の透明度が求められるとのキメ言葉に衝撃を受けた私でした。白さも透明度もすっかり失せています…。

いっぱいしゃべって楽しい一日でした。こういう日が増えると、子供に当たらないと思うんだけど、こういう日を作りすぎると体力がついていかないのよね。更に途中に断水とかあると、午後を使うために、午前中の夕食の支度が出来なかったりするし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/14 九月は「始まる月」

カレンダーを見たキコ。
どうして1月から始まっているの?9月から始まるんじゃないの?
キコさんは幼稚園中心に生活があるので、9月が始まりだと思っています。
ちなみに日本は4月だぞ~!
ダーリンと、スコットランドの話をしていたら「キコはね、パリに行きたいの」
脈絡がないな~と思ったら、ユーロディズニーランドに行きたいからだそうです。
ランド、つながりなのですね。
かたつむりがなんだかわからないけれど、レスキャルゴは分かるミコ。
いろんな言語、文化に触れている5歳キコと3歳ミコ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/13 褒められれば嬉しい

Imgp1779

以前、お誕生日会に呼ばれ、写真をメールしておいたお友達に、今日のお迎えで会いました。
そのお誕生日会でも一眼デジカメで、いつも通り自分の子供を中心に撮っていました。写真をちょうだい!とそのお友達に言われ、メールで数枚送っておきました。 
今日、会うなり「あなた、本当に写真が上手!どれも最高だった!本当に素敵だった。」と派手なジェスチャーとともにほめてくれました。
夫のほうが上手なの、カメラがいいの、といったけれど、彼女は大げさなほど絶賛してくれました。Imgp1782


先週の断水の話やストレスの話をすると、私の肩をさすって、ここで生活するって本当に毎日大変よね。外国人にはこの国はストレスになって当然よ。と言ってくれました。それだけで、なんか気がホッとして、友達との会話にリフレッシュ。さぁ、がんばろっと。
写真は、友達のリャンホンさんが教えてくれたかぼちゃのスープ。一枚目の写真、右側のかぼちゃで作りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/12 主婦情報

Imgp1761


朝8時半、内湾沿いのマージナルと呼ばれるエリアに家族で出かけました。今日はアンゴラの独立記念日で、祝日です。

ダーリンはマージナルの端から端まで走り、私のその間、キコとミコのキックボードの練習に付き合いました。
ここは警察も多く、外国人も多く、カメラを持っていても安全です。あ、もちろん気をつけていますが、他にも一眼レフを持った人も見かけますから。
しかし、暑い。朝8時半でも暑すぎる…。一時間いたら、あっという間に焦げました。子供たちも、汗ぐっしょり。

あまりに暑いので、今度来るときはもっと早く来るべきだと判断しました。アンゴラ人には必要な日差しかもしれませんが、私や娘達には強すぎる。ビタミンDを作るとはいえ、こんなに強い日差しは長時間浴びることは、絶対にできません。

それからママ友から教えてもらった、レバノン系スーパーに出かけてみました。
以前はアフリベルグという名前でしたが、色々噂があり、今はアグリメントスという名前になっています。その名前になってからは初めて出かけてみました。ママたちとの情報交換は非常に有用です。っていうか、すごく大事!
何が売ってた、いくらだった、意外とこれがおいしかった、こういう風に調理したら良かったなどなど。店内にはブラジル製品が置いてあって、私には楽しかったです。
Imgp1752

祝日なのですが、このスーパーが開いていたので、ネットのプリペイドカードを買いに店舗を訪れました。しかし、ここはお休み…。ふとスーパー内にあるカウンターを思い出して、行ったら手に入れることができました。
ダーリンも主婦情報に「さすが」と言ってくれました。フフフ。

そうそう二枚目の写真は、パイナップル味のヨーグルト(アンゴラ製)を買ったのに、色はパイナップルでしたが、味はココナッツだったんです。ダーリンいわく、ラインを切り替えるそのタイミングだったのでは?とのこと(苦笑)キコが「ココナッツの味する」といって気がついたのですが、びっくり~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/11 集中するから、リフレッシュにつながる台所仕事

Imgp1725


今日は、朝一番で郊外へお買いもの。
こちらが交通マナーを守っていると、逆に事故に遭いそうなことが多いアンゴラ。本当です。信号無視は当たり前、信号が青に変わった瞬間に、なぜかみんなブッブ―と鳴らします。もしや、アンゴラでは信号が変わったことを、音でも表現するのがマナーなのかと思うほど、みんなそうします。もちろん、うちなどは苛立ちますけれど。

さて、ピザの生地を作ったり、ケークサレを作ったり、香港に住む大学の友達から教えてもらったマクロビベースの抹茶あずきケーキを作ったりして過ごしました。マクロビの材料は何も揃わないので、すべて代替品ですが。断水で、食事を作るだけが精いっぱいの状況では、お菓子などを作る気にはなりません。
ケーキでもなんでもいいのですが、お菓子やいつもと違うものをつくるのは、結構集中するし、私の気分転換になります。

Imgp1745


ダーリンはお昼は会食で不在。午後帰ってくると、キコとミコはパパと一緒にDisneyの「塔の上のラプレンツェル」を観ました。私は娘達と既に何度も観ていますが、やっぱりいいよね。アニメでも、映画はストーリーも音楽も楽しめますから。台所にいても、音が聞こえるので、私も楽しめました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/10 太郎先生

Imgp1721

缶づめじゃなくて、フレッシュなグレープフルーツとオレンジでゼリーを作ったら、とっても美味しくて、止まらなくて困りました(笑)
私は、高校の校長先生と仲が良くて、よく横浜・山手にある校長先生のお宅に遊びに行っていました。ふと先生の奥様の作るグレープフルーツゼリーを思い出しました。
当時食べていた時、これだけのグレープフルーツをむくの、大変だろうなぁって思ったけれど、自分がそれをやっていることを考えると、妙な年月を感じます。
思いだして作ったわけじゃないのに、食べたら本に囲まれた先生の部屋とか、お庭の花とか、思い出してしまいました。太郎先生というのだけれど、博識で、愛に溢れた先生でした。奥様もまた素晴らしい方でした。
驚くほど小さいお台所でしたが、出てくるお菓子はいつも美味しいの。質素でつつましく、でも高貴な生き方をされていたと思います。
あぁいう方と交流が持てたということは、年を経た今なお、さらに意味を感じます。有り難いことですね。

今日の夕食は、一週間後にアンゴラを離任される方とご一緒しました。71歳の専門家です。三歳のミコと五歳のキコとバイバイタッチしてくれました。なかなか機会がなかったのですが、もっとお話を聞いてみたかった。でも最後にご挨拶ができて良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/09 冷静になってしまう


Imgp1665

幼稚園のお迎えに行くと、最近仲良くなった英国人が2日ぶりにいました。
挨拶をすると、彼女は一気にものすごい速さで話し始めました。ネイティブの英語ですから、聞くのに精いっぱいで、どこまで確実に聞き取れていたのか分からないけれど、とにかく断水、停電の問題、渋滞や車のマナーのひどさ、修理にまともにこないことなどを話し、最後は蚊の話しでした。
昨晩寝ていたら、指を蚊に食われて、こういう個所は痒みが異常で、眠れなかったとか。石油も出てお金があるのに、どうしてこんなに国が酷いのかとも言っていました。

そこまで一気に話されると、聞いている方は「アンゴラだからね」としかいう術がないというか、妙に冷静になってしまうものなのだと感じました。彼女は来て間もない。だから余計にストレスも強いと思います。
ただ他のアフリカ駐在も経験し、年齢的に上のように見える方だったし、こういう国をタフに駐在できるのかなぁなんて勝手に思っていたので、白けてしまいました。
でも大変なのはよーくわかるので、「アンゴラだから、仕方ないよね」と。

さて、午後は邦人宅へお邪魔しました。
頂いた大人向けのキャラメルパウンドケーキは、スライスアーモンドとコーヒーとすごくあって、多分一人で三切れは食べれたと思う(笑)子供たちは、チーズパンをものすごい勢いで食べ、テレビにかじりつき。
うちでは契約していないチャンネルなので、遊びに来た時に見ることができます。なので、こういう時間もいいかなぁと。
Imgp1671


日が長くなり、まだ涼しくはありませんでしたが、外へ遊びに行きました。敷地内に住むお友達とキックボードで駆け回ったり、花の種を集めたり、だんご虫やアリをみつけたり。とにかくずっとずーっと遊んでいました。
フランス人姉弟のお姉ちゃんに「バカンスはどこかへ行ったの?」と聞くと、やっぱり分からないという表情に(笑) それで手に文字で書いておいたのを見せると「ブラブラブラ~」と返事。
私のフランス語は通じないけど、文字は通じたようです~。でも返事は分からなかった…(涙)くぅぅ。

私はおしゃべり(日本語)して、今週二回もあった日中の長時間の断水の疲れをすっきりさせました。聞いてくれたお友達に感謝~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/08 思い切って話してみたら横浜つながり!

Imgp1565


自分でも感じる、ストレスマックス状態。
口角を上げて、笑顔を作ってみても、目が笑っていないから怖い自分の顔。
こんな顔じゃ、ダメです。こんな顔を見ているキコとミコ、可哀想だなぁと思っちゃった。
最近は、好きな色のペディキュアを塗るようになりました。選ぶのはダークカラー。今は黒です。ダーリンには不評ですが、私はいい気分です。服を選ぶように、ペディキュアの色を選ぶことにしました。ストレスのせいなのか、暗い色がここ数カ月の主流です。

幼稚園のお迎えに行ったけれど、私のお友達の顔はなく、それで今日は、挨拶程度はするキコのクラスメイトのお母さんに、突然話しかけてみました。誰かに聞いてもらいたかった。
子供と過ごしながら、生活を主な仕事とする人に、聞いてもらいたかった。

彼女は、最初のころに声をかけたら、フランス語で返ってきて以来、挨拶しかしていませんでした。そこで今日は「英語で話してもいい?」とお断りしてから、話すことに(笑)
「今週8時間と9時間半の断水が日中にあってね…」と話すと、多分年上らしい彼女は「それは大変」と聞いてくれました。
彼女は夫婦共の白人で、長女は中学生か高校生位に見えます。そして多分、アジア人の男の子を養子にしています。その子がキコと同じクラスなのです。つまり5歳。そして私たち同様に既に二年をここで暮らしています。

話していると、彼女の友達が横浜にいて、ドイツ学園に通っているそうです。お友達からのメールで、日本がとてもきれいな国であること、学校も素晴らしいことが写真付きで報告されているようです。
彼女は「アンゴラのフランス人学校の写真なんて、送れないわ」と笑って言います。私がハマっ子で、実家は横浜にあるというと、その偶然に喜んでくれました。私もこのアンゴラで、横浜という地名が出てきたのが、嬉しかった。

横浜はね、港町で、朝には汽笛が聞こえて、坂が多くて、日本で一番高い富士山が見えるの。と、アンゴラにいるのに話している自分には、風景が蘇って見えてきました。

わずか15分くらいの会話でしたが、リフレッシュできました。お友達から、ストレッチがリフレッシュに効きます、とメールで教えてもらい、それも試してみました。
いけそうだ!私はもともと楽観的ですからね、大丈夫です。午後は今週のイライラを帳消しできるように、過ごしてみました。
いいスパイラルは、自分から起こすものです。大変だけど、エイヤと盛り上げてみる。ちいさなきっかけを自分で自分に活かす。すると意外にも、プラスの反応が色んなところが出てきて、更によくなっていくのですね。
頼まれている原稿を書いて、担当している方から嬉しい感想をもらえたり、いつもにちょっと工夫したお夕食を出したら、ダーリンがおいしいと言ってくれたり、離れている友達から励ましのメッセージをもらったり 、そうだそうだ!
がんばるぞー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/07 日中9時間半の断水

Imgp1660
朝食の後片付けをしようと思った7時半から、断水。
一度断水したら、当分水は戻らないので、片付けを諦めて、いつも通り幼稚園へ家族で登園。朝から断水なんて、最悪!不機嫌極まりない私にダーリンは「仕方がないでしょう」という。分かってる、ここはアンゴラだから。
貯水槽の管理がままならないのは、アンゴラが理由。でも、ついおとといも八時間断水で、その疲れが残っているのに、追い打ちをかけるような断水。
「8時間後に、水が使えるんだからいいじゃない」とも言う。じゃあ、8時間ネットが使えなかったら、仕方ないと思えるのかしら。家事を仕事にしている主婦業の私にとって、仕事が計画的に進まない、非効率的作業に追われることに対して、不機嫌になったって、いいでしょ、と思う。
Imgp1644


子供のお迎えから戻ってきても、まだ断水が続き、不機嫌な自分にほとほと嫌になる。
子供のほうがいつも通りで、でも長女などは私のイライラが移って、可哀想。それで冷静になって、もう何もしないことにした。お弁当箱も洗わない、夕食の支度もしない。
ベランダに座って、子供がベランダにチョーク(週末に初めて買って、子供に大ヒット!)でお絵かきするのを、ただ眺め、写真を撮っていた。子供たちはママが家事をせず、遊んでくれるので楽しそうにしてくれたなぁ。

私は断水が嫌で、とにかく何でも早めに終わらせる。子供ができて仕事をしていた日本でもそうだった。仕事も早め早め、食事のストックも作り、いつも予備を持っている。
アンゴラではそれも活かされているけれど、そんな生活に疲れてしまっているんだと思う。

ミコの好きなアンゴラの小粒のピーナッツ、ジングーバを炒る。
豆を炒るなんて、日本でやったことなかったな。

夕方、断水であることを諦め、今日の夕食がインスタントラーメンなのは嫌だなと思い、ミートソースを作りました。多分、何か作りたかったんだと思う。
っていうか、きっと断水のもたらす負の気持ちに、太刀打ちしたくなったのかも(笑)
断水だと、デザートを作る気にもならない私ですから、今週はやる気をそがれる断水に、精神的に強く痛手を受けているから。

Imgp1663

くっそー!と思った頃、マンションの下に、給水車が見えて安心しました。すぐに水が出るようにはならないけれど、多分シャワーはできそう。貯め置きの水を使って、お弁当箱も調理機材も洗いながら、鍋いっぱいのミートソース。
食器も洗って、きれいになった17時。水圧がかかる音がして、水が戻りました。
空っぽになった容器に水を貯め、その作業だけで疲れますが、休む間はありません。せっかちな私は、やはり焦るのです。開いてるボトルに貯め、作業終了。疲れた…。9時間半の断水、長すぎる!

でも食卓にはミートソースのスパゲッティ。疲れたけど、なんとなく断水に勝った気がした夜でした。私って、ポジティブだわ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/06 雨で道が川になる、巨大な池が出没する

Dsc03039


目が覚めた時もまだ、外は雨が降っていました。
だんだん日が長くなり、朝も少しずつ早くなってきています。それでも4時半はまだ暗い。
雨の日は、ベランダの硝子戸が濡れて、降っている間は土埃を流してくれるから、きれいになって、透明に近い。
雨上がりの直後はまだ大丈夫。でもすぐに強い日差しで水が干上がり、空気中に土埃が舞うようになると、硝子戸にも土埃が、地面におおよそ垂直に立っている硝子戸なのに、積もるのです。
そうなると、硝子戸を通して見える景色は、土埃色のベールをかぶって見えます。そのころには、街の木々の葉にも土埃が積もっていて、街全体が薄赤茶色のオブラートに包まれるのです。
Dsc03040


子供の登園、泥道を覚悟で短パン&ビーチサンダルで出かけました。
所々水たまりというより、池になっていて、ダーリンがキコを抱っこしてジャンプ。私はミコをおんぶしてジャンプはできず、水の中を歩きました。タイヤが半分以上水没している道、水たまりを勢いよく通る車、延々と続くぬかるみ。
小さい時、泥遊びは大好きでした。でも、ここは歩道をトイレと同じように使うのを常に目にしている私は、とにかくもう嫌で仕方ない。子供を送って家に戻ったら、ズボンを洗濯、泥はねしたバックも洗濯、ビーチサンダルも自分の足も石鹸で二度三度と洗いました。


そうそう今朝は横断歩道を渡っていたら、バイクが突っ込んできました。
もちろん青で私達は渡っているのですが、アンゴラはまだ「信号」の意味が分からないで運転している人が多すぎる。バイクが真横について、ダーリンは「ちゃんと見ろ!」と怒声を上げ、私も車の信号を指して「赤でしょ!」と怒声を上げました。
歩道の中央には、なぜかパンツも落ちているし、信号を守らない車もバイクも多いし、(守らない人も絶対的に多いのですが)こういうときは笑っちゃえ。
パンツを見つけた時は「もうやぁねぇ、道端でパンツを脱いじゃう人がいるなんて、人じゃないわね~。お猿さんかしらね~。」とキコに話しました。キコは「え?お猿さんはパンツをはくの?お猿さんがいるの?」と楽しそうにしてくれましたが、もうそう思いたくなるようなことが頻発です。Dsc03043


雨の後の水はひどい。写真は川ではなく、道。道も悪い場所は、水たまりなんて可愛いものじゃなくて、巨大な池が出没します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/05 断水八時間

Imgp1621_2


昨日は夕方、キコの宿題を一緒にやりました。ここ10日ほどの休暇でやったことを、親が写真とコメントで伝え、そこにキコがイラストを描いてくれるというもの。面倒だったけれど、ネット翻訳や辞書を使って無事に完成。

今朝はまた、幼稚園には泣いて登園したミコですが、帰りにはキコと同じくニコニコ。楽しそうにしていました。よかった~。
お迎えの時、おしゃべりした英国人。休暇は南アへ行っていたこと、以前はガンビアという国にいたことなどを教えてくれました。彼女は家のトラブルが続いているらしく、かなり辛そうでした。
休暇明けだと、そういうトラブルが余計に応えます。リフレッシュして帰ってくるけれど、快適な旅先だったからこそ、あまりに極端なここでの生活に心と体が対応できない、したくない拒否反応が出るんだと思います。
二年以上住んでいても、いや二年いるからこそ、私にもよくわかります。

さて、幼稚園から帰ってきたら、断水でした。
いつ終わる変わらない断水。うちは給水車だのみですから、ベランダから数回見降ろして、給水車の存在を確認しようと試みましたが、日のあるうちは来ていませんでした。

貯め置きの水を使って、野菜を洗ったり、お弁当箱を洗ったりしながら、(もちろん炊事はミネラルウォーター)カレーライスを作りました。いつ戻るか分からないから、使い捨て容器で食事。
Imgp1631
ダーリンは嫌がりましたが、子供と私は断水の時はいつもコレですから、たまにはダーリンにもね。しかもカレーって結構ギトギトするし。キコは「断水なんだから、仕方ないでしょ」と言います。ほんと、ごめんね。こんなこと、5歳の子供が言うなんてね。

とにかくお湯を沸かし、水で割りながら、水浴び用のお湯を作りました。
ダーリンは子供たちの水浴びを担当してくれます。体をきれいにして、子供たちはいつも通りの時間にベッドに入る
ことができました。食事をして、清潔にし、よく眠れば、体も頭も元気になります。
それが健やかに育つ基本。本来ならそこにニコニコ母さんがいれば、パーフェクト。しかしこの日は(この日に限らず:苦笑)、バカンス開けでお弁当をこしらえたり、いつもより運動量も多く、疲れていた私。そこに追い打ちをかける断水でしたから、イライラ最高値でした。

大人も節水行水をして、ダーリンのお弁当箱も洗い、一通り家事が終わった頃、水が戻りました。断水から8時間後のことです。
からっぽになった容器に水をため、早々に休みました。二年以上ここにいても、やっぱり断水は厳しいぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/04 プラスとマイナスを一度に感じる

Imgp1523

朝、空いていたので、ガソリンスタンドへダーリンの運転で行ってもらいました。
先週の平日、運転手と一緒に行った時、満タン!と言ったのに、明らかに満タンにしないで終わらせた不思議なスタンドもあり、驚いてしまいました。今日は、これでもかっていう位に満タン。一安心です。

そのまま、郊外のスーパーに出かけました。空いていると、密度が低くて、快適です。この日はなんと、プール用の腕の浮き輪を買うことができました。こういうものをアンゴラで買えるようになるとは…しみじみです。
しかも法外な値段ではなく、私が気軽に買えるような値段です。本当に確かにこの国は良くなっているのでしょうね。
と、未来を明るく想像していた矢先のこと。野菜や果物は重量を量って値札をつけてもらい、それをレジに持って行くシステムなのですが(スーパーによって異なります)、いつも列になるところに、私がミコと並んでいると、レジの真横に後から横入りしてきたおばちゃん。そしてそこにづらづらと並ぶアンゴラ人。
Imgp1518


私はいわゆる普通の人間ですから、列に並んで、その横入り列が終わるのを待ちました。
横入りの最後のアンゴラ人に「列があるのが見えないのか?」と注意し、私の番が来た時に、店員に「なぜあなたは何も言わないの!列はここだと言うべきでしょ。しかも私は小さい子連れなのよ!!」と指導。
つい大声で怒鳴ってしまいました。後ろにいる外国人も頷いて加担してくれました。怒っているときって、意外と冷静で、ポ語がでるもんですね。でも非常に疲れます。
「列に並ぶ。順番を守る」って、公園で遊び始める2-3歳の子供に教えるような。この国の未来は一体…とさっきとは真逆のことを感じる。これもまたアンゴラっぽいとも言えますね。

気持ちを改めて、バジルソースを作りましたよ。
ダーリンが育ててくれたバジル。葉を摘んだら、カップ一杯分位になり、それにニンニクとオリーブオイル、パルメザンチーズをバーミックスでペースト状にして完成。細いパスタのカッペリーニが残っていたので、冷製パスタに絡めたら、キコとミコにも大好評~。刻んだだけのオリーブやアンチョビ、プチトマトも味に一役かいました。

Imgp1624

1-2枚目の写真は、7月に欧州旅行の時に買ってきた、工作セット。ティアラや魔法のステッキ、鏡を作るものです。6歳からとあったけれど、ダーリンが手を入れないと無理なものが多かった…。精密に作ったベースをキコが一生懸命仕上げていました。
3枚目の写真は、冷静バジルパスタ。写真で見ると、焼きそばみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/03 初挑戦クッキング

Imgp1608
朝から海辺に魚を買いにこうと予定していましたが、寝違いの痛みで、どうも出歩きたくない私。
連日子供たちと出かけていた疲れもあるのかも。でも子供たちは元気モリモリ。それで、各国大使館が比較的多いエリアにあるスーパーマーケットに出かけました。
近くに住んでいる邦人ママ友から、過去にもお勧めされていましたが、平日は渋滞の中に突っ込んでいくのも嫌だし、初めて行くスーパーにダーリンも一緒に行って欲しかったので(笑)、土曜日の今日、初めて出かけました。
そんなに広くはないけれど、所狭しとものが並び、品揃え豊富。物の循環も良さそうで、瓶詰もきれいです。卵と子供の好きなヨーグルトドリンクを買うことができました。
Imgp1612

お昼は、天気がいいので、ベランダでBBQをしました。この日は初めてビーニョベルヂ(ポルトガルの若い白)のスパークリングタイプを出しました。爽やかで辛口で泡が多く(当然ですが)、美味しかったです。
アルコールで寝違いの痛みが和らいだのか、午後はフロランタンに初挑戦。ダーリンが南アで買ってきてくれたアーモンドスライス、隣国に出張する方にお願いしたアーモンドパウダー入り。
でも思いのほか簡単で、美味しかった~♪そういえば、朝はお友達から頂いたミックス粉でスコーンを作ったんだった。スコーンも簡単で美味しかったよ~。

ついでにベランダの家庭菜園でダーリンが育てたバジルで、バジルペーストも作ってみました。これは明日にでも使ってみようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/02 休日のランチ

Imgp1534

金曜日ですが、今日はお休み。アンゴラは「死者の日」つまりお盆の休日です。
スーパーはお休みと考えるのが普通なので、今日はお買いものなし。午前中のうちに、内湾沿いへ出かけました。キコもミコもキックボード持参です。まだ慣れていないのと、怪我をすると色々面倒なので、長ズボン着用。
長ズボンに慣れないのと暑いので、二人とも汗びっしょり。でも少しずつ上手くなっていきます。いい感じに楽しそうです。まだまだ練習が必要ですが、楽しいと感じる瞬間が増えてくると、あっという間でしょうね~。


家族で一緒にいると、向こうから現地の子が寄ってきました。
興味津々で「ニーハオ、可愛い子たちだね」と言うので、笑顔で「おはよう」と会話しました。
ダーリンは「中国人じゃないよ。どこだと思う?国の名前を言ってごらん」と促すと、その少年は国の名前を言い始めました。Imgp1592
「ポルトガル、フランス、スペイン、ポルトガル(二回目)」・・・えー、三つとアンゴラだけなの?小学校3-4年生に見えるけれど。それがこの国の教育水準なのでしょうね。
日本だと教えると、へぇ!生まれて初めて知った~という感じ。覚えておいてくれるといいなぁ。


さて、そのままCLUBE NAUTICAというレストランへお昼にでかけました。ヨットハーバーのすぐ脇にあり、私は初めて訪れましたが、外でもちょうど日陰ができる場所に席が取れたので、気持ちよく過ごせました。
食べ終わった後は、ヨットハーバー沿いを歩きました。海は意外にもきれいで、大きな魚や小さい魚、大きいカニやヤドカリ、小さいカニを肉眼で観察することができました。
それにしても強すぎる日差し、焦げそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/01 Jeudi 1 NOVEMBRE

Imgp1481
昨日、ダーリンが南アフリカの出張から無事に帰ってきました。
キコには、新しいキックボードを買ってきてくれました。キコが今まで使っていたスイス製のキックボードは、ちょうどキコが始めたのと同じ三歳のミコがゲット。
クリスマスプレゼントまで待とうかとも考えていましたが、おもちゃは使って何ぼですからね~。お土産として、出してもらい、ちょうど今日遊びに行く予定だったので、さっそく持って行きました。
今までの三輪と違って、二輪のキックボードは難しいようですが、楽しそうに頑張っていました。ミコもお下がりとは言っても、自分専用のが来て、嬉しそう。

今日遊びに行ったお友達の家では、こういう時(バカンスで昼ご飯から合流できる)だからと、お好み焼きと焼きそばを作ってくれました~。
みんなで食べると美味しいなぁ。お好み焼きは、家や地域によって違うというけど、おいしかった!有り難くもりもりご馳走になりました。
私はパイナップルケーキを持って行ったのですが、いただいたリンゴとナッツのケーキや、お芋とバナナのケーキもシンプルで美味しかった♪
Imgp1506


おしゃべりしながら、最近野菜のない話や断水の話などで盛り上がりました。日本語のおしゃべりは生活の愚痴でも、すごく大事だし、たのしいです。


夜、キコは曜日を話すのに夢中。幼稚園で毎日「Lundi 29 OCTOBRE」とか、今日からは「Jeudi 1 NOVEMBRE」だのとカタカナでも書けないような発音よく話してくれます。
フランス人学校の幼稚部も二年目、あっという間に母を超えていますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/10/31 お友達のお家へ

Imgp1274
ハロウィンですね。でもここは静かです。ポルトガルの影響が強い、つまり欧州式なので、ハロウィンは何もありませんねぇ。ちょっとさみしいけれど、ま、そんなに私に根付いている文化でもないので、私も何もせずに過ごしています。一応、幼稚園でカボチャや魔女の絵、クモの置物をつくってきたので、今日かざっています。
ちなみに紙粘土のクモは、ミコが作ったのですが、名前は「ミコ」だそうです(笑)

今日はシンガポール国籍の中国人のリャンホンさんのお家に遊びに行きました。シンガポールにいた邦人ママも引き合わせることができ、また同じマンションに住む中国系アメリカ人ともお話しできました。
彼女は日本に三年、韓国に二年住んでいたそうです。日本は大好き、と言ってくれて、嬉しかった!

子供が集まると、賑やかですね~。
ママたちは英語の会話をし、子供には母国語、子供同士はフランス語だったり、英語だったり、まぁめちゃくちゃなわけです。でも、どの子も年齢相応に楽しんでいました。
キコは、私が英語で会話するお友達に、英語で挨拶がしたいから、英語を学びたいといいます。えらいぞ、キコ!でも仏語だけでも十分と思ってしまう私です。多言語の環境にいると、そういう興味が自然とわくんですね~。Imgp1470

リャンホンさんのご主人が教えてくれたというサラダライスやビーフサラダ、ものすごく美味しかった~。
一番下の女の子、まだ5カ月なのですが、自発的に抱っこしていました。軽くて、かわいい~。おっぱいの匂いがしています。おむつ替えもご一緒しましたが、おっぱいだけの時のウンチって、臭くないんですよね。なんだかとっても懐かしい瞬間連発でした。
小さい子供を見ると、ミコは三歳で、まだそんなに遠くない過去なのに、既に懐かしさを感じます。不思議なものです。その渦中にいる間は、日々いっぱいいっぱいで、早く大きくなれ~って思っていたのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/10/30 ママ友つながり誕生日会

Imgp1408

幼稚園のお迎えで、開門を待っている間に仲良くなった友達から、お譲さんのお誕生日会に招かれました。彼女はモザンビーク国籍で、ご主人はフランス国籍です。フランス人クラブでの開催だったのですが、初めて行く場所でした。

休日なら15分で抜けられる市内が、渋滞のせいで一時間以上かかり、その上、警察にも捕まって、目的地まで一時間半以上かかってしまいまいた。その間に子供たちはお昼寝。
渋滞や、腹ペコを見込んで、家で軽く食べさせてきて、良かったです。到着したものの、風船を膨らましはじめたり、まだまだ準備中。主賓のママに挨拶すると、自分たちもパーティ開始の30分後に到着したとのこと。ほほほ、アンゴラですからね。

キコとミコを水着に着替えさせ、まずはプールで遊びました。Imgp1412


先日ミコのクラスメイトで、お誕生日会に呼んでくれたレイアちゃんとママも来ていました。誕生日会とは別にフレンチクラブに遊びに来ていた、キコのクラスメイトも二家族ありました。
仲良しのブラジル人のお友達や、ダーリンが仕事上付き合いのあるスペイン人も平日ですが「休みを取って来たよ」といって、誕生日会に来ていました。

「ボンジュール!」以降、仏語会話の成り立たない私ですから、多くの皆さんが、気を遣って英語で話しかけてくれました。それでも主賓のママなどは、私に勢いよく仏語で話しかけてくれます。「そろそろランチかな?」とか「ケーキの時間かも」とか状況的な判断と重なって、なんとなく意味が分かりました。彼女もそのあと丁寧に英語で言い直してくれて、勉強になりました。

誕生日会と言うのは、たいてい週末にあり、ダーリンも一緒です。今回は幼稚園が休暇中の、普通の平日で、キコはプール、ミコは水際でちゃぷちゃぷしていて、目が離せない状況でした。
Imgp1456


でも写真をとったり、英語が母国語ではないもの同士、のんびり簡単な単語のやりとりで会話が楽しめました。バックには、ポ語辞書と仏語・英語の電子辞書が入っていたけれど、使うことなく終了。これだから私の語学能力は延びないのでしょうね…。
でも子供二人を見ながら、プールサイドで辞書をひくなんて、私にはそういう余裕はありません。如何に少ない語彙で、簡単な構文で、自分の言いたいことを伝えるか、そんなことばかり上達しています(苦笑)

誕生日会では可愛いピンクのケーキが出てきたり、子供にはランチバックが配られたり、大人用のこじゃれたランチも用意されていました。プールサイドまで運んでくれたので、食べることができました。美味しかったです。

一眼デジカメを持っていたので、とあるママが「プロのカメラマンですか?」と聞いてきました。まさか!
「カメラは素晴らしいですが、私にはテクニックはありません」と回答しました。キコはずっとプールで遊んでいて、ミコは水に入らず水際に居続け、とにかく二人とも、いや私もこんがり。美白大国の日本に帰ったら、浮きそうです。

渋滞もひどいし、仏語が飛び交って、わからなさにぐったりもしましたが、キコもミコも楽しそうにしていたし、沢山の子供たちが楽しそうにしている様子は、私を笑顔にしてくれるものですねぇ。
笑う門には福来る、だといいなぁ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/10/29 英語も話してみたい

Imgp1404_2
午前中珍しく長く雨が降っていました。と思ったら、止んで、また降って。海が遠くに見える側のベランダの硝子戸だけが、雨のおかげできれいになりました。

今日はお友達に来てもらいました。フランス人学校は終わるのが12時50分なので、他のプレイグループに通う3歳児のお友達と時間が合いません。それで今日は、うちで韓国系カナダ人の母子と一緒にお昼ご飯を食べました。
お友達から日本の雑誌を借りていて、そこにあったジャガイモ新メニューを作ってみました。それといつも作る人参ツナピラフ。食に興味がないというアインちゃんですが、お代わりするほど食べてくれました。嬉しいですね~。
もちろん、キコとミコもちゃんと食べてくれました。みんなで食べると、やっぱり楽しいし美味しいもんです。

お昼が終わった頃、別の幼稚園に通う邦人のお友達も来てくれました。持ってきてくださったココアケーキや金色に熟れたパイナップルをデザートに、楽しい午後を過ごせました。
キコは、アインちゃんが英語と韓国語なので、私に聞いてきて、自分で英語を話そうと努めていました。外国語としては今はフランス語で十分だと私は思うのですが、世の中にはいろんな言葉あると体感するのは、いい機会ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/10/28 小人さん


Imgp1388
午前中のうちに、ダーリンは南アフリカの首都プレトリアに出かけていきました。ミコはなぜか用意しているパパのスーツケースにおもちゃを詰め込みたがり、最後までダーリンが奮闘していました(笑)

既に休暇中の娘たちなので、日曜日に限らず、ここのところ私にはいつもより、長~い一日なのです。朝から、アクアビーズをやってみたり、ジブリの作品「借り暮らしのアリエッティ」を観たりして過ごしました。
アリエッティという映画は、興奮したり、大きな感動の渦に巻き込まれるような作品では、私にとってはありませんでした。
何度か見ていますが、静かな感動で満たされる映画です。
緑が香るような映像や心地よい音楽に、私は癒されています。アリエッティは小人なのですが、キコとミコは小人の存在を信じているので、すごく集中して小人さんの生活を見ています。

Imgp1380


お土産で頂いたもの、ネットで買って実家に送り、出張者に持ってきてもらうもの。つまり、日本のお菓子やおもちゃや絵本、下着類も含め、全ては私が管理しています。

それで、今回みたいにどこにも出かけない休暇やダーリンが出張で不在の週末、おかたずけを連日頑張った時、在庫が溜まった時(笑)など、時期を見計らって小出しにします。
それは小人さんが持ってきてくれることになっていて、姿の見えない小人さんを裏づけるような絵本を、偶然のタイミングで読んだこともあり、キコとミコは心底信じているのです。
サンタクロースと同じだけれど、頻繁に来るのが小人さんです(笑)いつか正体がばれるのでしょうね。でもそれまでは、便利な小人さんにいてもらいたいと私も思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/10/27 花の季節?

Imgp1377
夜、雨が降り、雨量が多かったようで、木々の葉の土埃は朝のひととき、だいぶ流れていったように感じます。
街が見違えるように、土埃の茶色いベールを脱いでくれて、珍しく、本当に珍しく、ルアンダ市内がきれいに見えました。きれいに見えると言っても、元が美しくないので、何とも言い難いですが、でも土埃が落ちた後の木々は、きれいです。
街路樹として手入れされていない木々も、一生懸命生きていて、きっと内戦中も枝を広げ、こうして日陰を作ってくれていたのでしょうね。

今は春のように花が咲いています。
Imgp1351


今月上旬までは、ブラジルでも見ることができるジャカランダが紫の花をつけていました。私には懐かしいジャカランダ。子供を送り、ダーリンと離れた後に歩く道にあったジャカランダの樹を、立ち止まって見上げて、ゆっくり眺める
ことはできません。ぼーっとしてると危ないですからね。
でも遠くから、紫の花を見つけて、なんとなく茶色がかかった紫の花を目指して歩き、一人喜んでいました。

毎週遊びに行かせてもらうコンパウンドには、不思議な樹があります。
新緑の葉が出ていて、黄緑のイソギンチャクみたいな花が咲き、乾いたベージュの中に種を納めているさやまで一本にあります。一本の樹に全てある樹。黄緑のイソギンチャクみたいな花が、今ちょうど満開です。

七階の我が家。イソギンチャクみたいなピンクの花が市内に見えます。根元が白くて、ピンク色の花。ブラジルの花、イペーのような花も見つけました。かわいいな。

Imgp1390


アンゴラに来て、最初の一年八カ月は戸建てのお家で、そこは樹が全くありませんでした。街路樹も車の移動では、遠くて、見上げるような場所にはなかった。
でも、幼稚園の登園で歩いたり、マンションから見える市内の木々で、この街が今やっと近くなりました。

サンパウロにいた一年八カ月の駐在。一人っきりの日中、私は歩いてどこへでも出かけました。地下鉄で数駅あるような街も。歩くのは楽しい。そこに生きている人たちの生活が少しだけ見えるから。現地化した格好で、早歩きでしたが、動物の感覚みたいなのが戻って楽しかった。
ここはし尿臭くて、鼻が曲がったり、土埃で目が痛くなるけれど、これが今のこの国で、私はここに生きているんだな、と感じます。
Imgp1371

今日は朝一番でスーパーに行き、帰り途はしりとりをしました。固有名詞も英単語もOKなしりとり。でも、不思議と食べ物が増えるものですね。盛りそばとか、明太子とか、串団子とか、ウニとか。
そのたびに、キコは「メンタイコってなに?クシダンゴって何?」と質問していました。私達の日常生活には、明太子も串団子も有りませんからね~。

お昼はベランダで家族でBBQをしました。韓国系カナダ人のお友達からもらった海老も焼きました!美味しかった~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »