« 2012/12/01 お惣菜パンの朝食 | Main | 2012/12/03 お互いさま »

2012/12/02 モスル島

Imgp2205

子連れ家族と、日系ブラジル人のお友達と一緒に、モスルという島へ行ってきました。
いつも週末に出かける郊外のスーパーに行く途中を下り、ボートに乗ります。ボートは往復一人1000円位。ミコの分のライフジャケットはなかったのですが、まぁ仕方ありません。
モスル島まではすぐで、まだ9時半だったので、お店も何も開いておらず、浜辺はゴミが散乱…泳ぐ気にもなりません。
そこで、ここ内海側ではなくて、島の反対側、つまり外海側にいってみることにしました。それが遠かった…。しかも島はすべて砂地なので、歩くのが厳しい…。民家を通り、教会を通り、へとへと。ミコは歩けず、抱っこで歩きました。
荷物はお友達やダーリンが持ってくれました。キコは、歩くのが大変だけれど、ちょっと年上のお兄ちゃんと楽しそうに歩いています。Imgp2326


毎日幼稚園まで歩いているのも無駄じゃないですね。私もおんぶをして歩いているので、体力がついていたんだと思います。民家の花や道沿いのサボテンの花をきれいだねぇなんて言いながら、歩けましたから。
何にもない道、足もとの砂が音を吸い取ってしまいます。だから、ふとよぎったのは、ナミビアの赤いナビブ砂漠でした。

そして見えてきた海は、きれいでした!
しかも砂が鳴るの。キュゥキュッて。レストランも売店もないから、人もいない、人の声も、うるさい音楽もない。遠くに釣りをしている人がいたくらい。
海はきれいで、足元の貝や小魚が見えるくらいの透明度。遠くにボートが来れば、波がくるくらいで、岩があるわけでもなく、きれいな気持ちのいい海でした。持ってきていたお菓子や飲み物でお腹を満たし、子供たちは砂で遊んだり、海に入ったり、満喫。何もなくても子供は波と砂で最大限に遊びを創りだします。
私も久々に入りました。ものすごく気持ちよかった~!!
Imgp2223


帰りは、途中で見つけた土道を歩きました。20分くらいかな…来た時より近かったし、砂じゃなくて土だったので、歩きやすかったです。それでもミコがつかれて眠ってしまい、素手でおんぶ。でも、きれいな海でリフレッシュした後だったので、疲れとは別に、体は軽かったです。

それから時間通りにボートが来てくれたので、それに乗って戻り、公共駐車場なのに、勝手にお金を取る輩に500クワンザあげて、お昼を食べに行きました。
唯一のショッピングセンターにあるケンタッキー。幼稚園の知り合いや友達のお譲さんなどに会いました。やっぱり狭い外国人社会…というか、行くところがないんですよね(苦笑)
でも、今日一日、ものすごく楽しかったし、充実していました。
Imgp2321

早く帰って来たので、即シャワー、即洗濯。夜はいつものお風呂タイムに停電が30分くらい続いたので、タイミング良く事が運び、ラッキーでした。太陽の下で、自然と遊んだあとは、ものすごく疲れるけれど、なんでこんなに気持ちが晴れるんでしょう。
何もない贅沢を満喫しました。一緒に過ごしてくれた皆様、どうもありがとうございました。

|

« 2012/12/01 お惣菜パンの朝食 | Main | 2012/12/03 お互いさま »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/56294597

Listed below are links to weblogs that reference 2012/12/02 モスル島:

« 2012/12/01 お惣菜パンの朝食 | Main | 2012/12/03 お互いさま »