« 2012/12/02 モスル島 | Main | 2012/12/04 キャンドルをともすのは »

2012/12/03 お互いさま

Imgp2133


アンゴラは物が手に入らない。いやお金を出せば、何でも手に入るのだろうけれど、そのお代が、あまりにも高すぎて、私などは手に入らないと考えています。それでも、だいぶだいぶ安くなりました。プラスチック容器とか、ものすごく高かったですから。ほんと、驚きの価格!!でした。
あ、でも、キッコーマンのお醤油は、どこを探しても、私はないと思っています。ブラジルや欧州ブランドのお醤油はありますけれど。

さて、幼稚園から「17日はクリスマスのお歌の会があります。その日は赤と白の服で登園してください。お歌の会の後はパーティで、あなたの担当は○○です(うちは果物ジュース6パック)」と親向けに案内と指示がありました。
これが困る…。幼稚園の友達に「服は全部、日本か旅行先で買うから、こういうの困るよね」と話すと、「うちも全部フランスで買ってきてるから、困るわ」とのこと。どこも同じですよね~。
Imgp2364


お金持ちなアンゴラ人は、きっとばっちりサンタウエアかなんかを用意するんでしょうね。うーん…。と思ったら、ちょうど日本から来てくださる出張者がありました。
しかしその方、長期滞在の出張者。そういう方には、やはり遠慮して頼めないものです。食材だけでも大変ですから。でも一応、夫経由で聞いてもらいました。服くらいなら緩衝材にしてもらえるし、なんて勝手なことも思って。そうしたら、快諾してくださいました。もっとほかに持って行きましょうか、とまでおっしゃって下さる。涙、でそうです。

同じ組織の関係者は、みなさん、よくわかってくれています。
民間や商社や大使館とさえ、待遇が違うことを。でも比較して文句を言っても仕方ありませんから、出来ることを探していく。出張者は、駐在者に聞いて、欲しいもの、必要なものを持って行くのは、かなり通例のようです。ダーリンも日本勤務の際、出張先に、家族のクリスマスプレゼントを運んだことがあると言っていました。
確かに私も頼まれて麺つゆを買った記憶もあります。

家族を連れて現地に行った方は、子供たちのこともよくわかっていて、今までキコとミコのものは、殆ど出張者の人が運んでくださいました。毎日キコとミコが遊ぶトランポリンもジャングルジムも。
Imgp2363


そういう意味では、私は毎回お願いばかりだけれど、お互いさまスピリットが効いている、彼の組織に感謝しています。

今日は、ベトナム人のお友達が朝、ゴーヤとキュウリをくれました。ゴーヤは袋から出したら、赤い種が出ていて、まるでお花のよう!キュウリは、皮の固さといい、種の入り具合と言い、なんといっても味が日本のきゅうり!おいしいーよー。有り難く頂きました。
お友達から、お豆腐も買えるようになっています。それを邦人のお友達に持って行くと、経験は素晴らしいですね。一度沸騰したお湯でにこぼして、消毒殺菌して、毎日水を取り換えると一週間は持つという中国豆腐だそうです。固くて、麻婆豆腐には向くタイプ。嬉しいですね~。
それで今日はゴーヤチャンプルーを作りました。クックドゥもないけれど、おいしかったよ~!

|

« 2012/12/02 モスル島 | Main | 2012/12/04 キャンドルをともすのは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/56294687

Listed below are links to weblogs that reference 2012/12/03 お互いさま:

« 2012/12/02 モスル島 | Main | 2012/12/04 キャンドルをともすのは »