« November 2012 | Main | January 2013 »

2012/12/16 疲れること

腰痛が落ち着いたので、朝からお買い物へ。年末に向けて、食材の在庫を増やします。
来週一週間は休暇を取り、アンゴラにはいませんが、年末年始はここで過ごすので、食材の在庫は必須です。生鮮品は難しいですが、冷凍ができるお肉や必要不可欠なミネラルウォーターなどをたくさん買い込みました。

それにしても、金曜日に、私用の運転手の不正が分かって、腹立たしい。信用を逆手にとって、悪さをする。首にしたいけれど、次を育てるの面倒だから、ルールを作って、悪さをしないようにがんじがらめにしなくてはいけない。
そういうのって、すごく疲れます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/12/15 チーズスフレと抹茶ケーキ

Imgp2606
今週は風邪もあったので毎晩8時半には寝ています。たくさんの睡眠のおかげで、風邪はよくなりましたが、腰痛はイマイチ。
朝から子供たちと出かけたかったのですが、ちょっと辛いので、家で安静にしていました。座っていると痛いので、立つか横になるかの繰り返し。今日は、チーズスフレと抹茶シフォンケーキを作りました。
午後、ダーリンがお仕事の人たちが集まる遅い昼食会に招かれていたので、抹茶シフォンケーキと抹茶風味のホイップクリームを持って行ってもらいました。
チーズスフレは家族用。なかなか上手にできました。ちなみにホイップクリームは、シャンティという粉末を入れると泡立つことを、ママ友に教えてもらいました。そのあと、フランス人のお友達にも同じことを聞いて、実際にやってみたら、
ほーんと、泡立ちました~。こっちの生クリームは、ロングライフが多いので、ホイップには向きません。でもこの粉末を入れるとホイップに変化するんですね・・・ちょっと怪しいけど(笑)、フワフワ生クリーム、なんかうれしいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/14 ミコのクリスマス会

Imgp2552

昨晩から腰が痛い。原因は多分、昨日幼稚園から家に戻る時、エレベーターが停電で急に止まり、子供たちと一緒に
閉じ込められました。既に数回経験していますが、その際に変な力が腰にかかったからだと思います。まったく!

風邪もひいているので、昨晩は早めに寝て、今日もいつも通り幼稚園へ。
腰痛ですが、朝はまだ調子がよく、少しゆっくり目に歩いて登園しました。今日はミコのクリスマス会です。年少、年中、年長の各Cクラスが一緒に、クリスマスコンサートをやります。
7時半までにいつも通り、子供をクラスに預け、ケーキとプラスチックカップを置いて、幼稚部の園庭脇の集会場へ。
8時前には子供たちが揃っていました。一番奥がGS(年長)、手前がPS(年少)で、ちょうどミコは私達が座った席の前に配置されました~。カメラやI-pad撮影のオンパレード。日本のようにマナーも何もあったもんじゃありませんから、かなり大変です。
でも、ミコにも気がついてもらえたし、一応歌っていました。
キコとは大違いだなぁ…年中で入ったキコのハロウィンのコンサートは、そりゃぁ可哀想でした。キコは下を向いたまま、顔を上げませんでした。だから写真はキコの帽子しか映っていませんから。Imgp2585

ちなみに今日は赤いTシャツと白いスカートという指示が来ていました。そんなの揃えられませんが、意外とみんな揃えてるんですよね…うちは出張者の方の好意で、揃えることができ、小さいサンタさんになれて、良かったです。感謝!

その後は各クラスでティパーティがありました。すごい量のケーキやジュース、一体だれが消費するんでしょうか…。しかもクラスメイトのダニエラから、直接クリスマスプレゼントをもらいました。気に入った子にだけプレゼントを渡している様子…中にはバービー人形…どれだけお金持ちなんでしょうねぇ。っていうか、自由すぎる。

そのあと、家に戻りましたが、どうやら腰の調子がイマイチ。
嫌な予感です。横になるのもちょっと脂汗がでます。ちなみに私、腰痛持ちです。
ずっと出ていなかったので、油断していましたが、ダーリンがコルセットを持ってくれていたので、それをはめてお迎えに行きました。ダーリンのコルセットのサイズで、私がぴったりなのが、腰痛以前に問題なのですが…(笑)
Imgp2603


子供たちをお迎えに行った後も、痛みでじわじわと脂汗をかくので、今日は楽しみにしていた邦人宅でのプール遊びをキャンセルしました。キコは涙目…ごめんねぇ。でも、腰をやると、本当に動けなくなっちゃうから、この国でそうなると、もうどうしようもないので、そうなる前に安静にすることを選びました。ほんと、ごめんね。
私は、普段は少し無理してでも子供の遊び場を探していますが、腰痛は嫌な思い出が多すぎて、早めの対応にしました。出かけられなかったので、一緒にアイロンビーズでクリスマスのものをつくってみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/13 頭痛でもケーキ作り

Imgp2524
風邪をひいたと思って、睡眠を取り、薬を飲んで治ったと思ったら、今度は頭痛。
なんだかなぁ。よく寝ているのに、よく食べているのに、やっぱりストレスかしら。変な疲れがたまっているのかしら。アンゴラにいるのも、もうすぐ五カ月だもんな…。
明日はミコのクラスのクリスマス会があります。親は先生から事前に指示があったものを用意して、当日の朝持参します。うちは、プラスチックカップとホールケーキ。
明日の午後は、お友達のお家に呼ばれているので、そのケーキも一緒に作りました。しかし、やっぱり頭痛のせいか、ただのドジなのか、二つ作ったケーキのうち、シフォンケーキのほうに砂糖を入れ忘れました…。パンとして家族で食べることにします。

Imgp2522


お迎えの際、友達のシャンタールさんの長女から絵のプレゼントをもらいました。そういえば、朝はミコに、クラスメイトのレイアちゃんが絵をくれました。
積極的に幼稚園のお迎えの際に声をかけるようになったら、いつの間にかたくさんお友達が増えました。ママ達と友達になると、必然的にその子供たちとも顔なじみになって、声をかけられることも増えます。キコとミコも、自然に仲良くなっている。人を変えることなど出来ないけれど、自分を変えることはできるから、自分が変わっていくことが大事ですね。ちょっと勇気がいるけれど!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/12 ちぃちゃんからの手紙

Imgp1780
急遽日本から来る方があり、その方が実家からの荷物を持ってきてくださいました。
その中には、保育園時代のお友達からのお手紙とプレゼントがありました。小さい着せ替えシールとシールブック。私も初めてでしたが、キコは楽しそうに遊び始めました。
ミコは楽しんでいるというより、同じものがもらえてうれしい様子です。すぐに手紙を書いているキコ。
色んな人の手を渡って、お友達にこの郵便が届くのはいつかしら。
でも、そうやってお手紙交換できる相手がいると言うのは、ありがたいですね。この年の子達は、自分で投函できるわけではないので、親御さんが同じようにそうしてくれていることに感謝しています。共働きだと本当に忙しいから、そういう合間を縫ってやってくれていることに、感謝です。
親同士は、メールでつながっていますから、お礼の連絡をして、子供たちの近況報告をしています。

今日は、先日ケーキを下さったフランソワ君のママから、ケーキのレシピをもらいました。なんというか、カロリーが高そうなレシピ(笑)でもだから、美味しいんですね。
ケーキは甘いものですから。美味しかったので、材料をそろえて作ってみようと思います☆
私がいつもフランソワのママと呼ぶので、お名前を教えてもらいました。フローレンスさんとおっしゃいます。名前は聞いても覚えられないので、紙に書いてもらうと、笑いながらフルネームとメールアドレス、携帯電話も教えてくださいました。

写真は、はしご車に喜ぶキコとミコ。マンションの前が消防署なので、訓練でたまにはしご車がニョキニョキ。子供には相当受けがいい景色です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/11 かぜ

Imgp2521

風邪をひきました。ウイルスなんて蔓延しているから、風邪をひくのは仕方ないのですが、だるいですね…うちにある抗生物質などを飲み、食べて、とにかく眠る眠る眠る(笑)
結構早い段階で、薬を飲んでいたので、ひどくなりませんでしたが、やる気が出ない。でもお弁当は毎日必要だし、家事を変わってくれる人はいません。ただ冷凍庫にカレーやコロッケなどがあったので、それをお弁当に入れたり、夕食にして過ごしました。おかげで冷凍庫がスッキリしました。
キコは、私に絵手紙をくれました。マスクまで、よく描けています。五歳くらいになると、ママの調子が悪いから、協力するというのが、本人の口から出てきてくれて、助かります。ただキコは三歳くらいから、しっかりしたお姉さんだった気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/10 生まれつきの…

Imgp2515

幼稚園のお迎えで開門を待っている間、シンガポール人のリャンホンさんから電話がありました。おしゃべりして、頼まれごとをして、電話を切りました。明日から赤ちゃんの予防接種のため、赤ちゃんとママだけでパリに行くそうです。
その間の頼まれごとが、いくつかありました。大変な時はお互いさま。身内が近くにいなかったり、一人駐在だったり、
近い年の子供がいるもの同士、何より友達だから、頼りにされると嬉しいです。

朝、ベトナム人のフォンさんから、お野菜をもらいました。
先週、フランス人のママ友を紹介して、春巻きの注文を受けたようで、そのお礼なのかなぁ。私は彼女の春巻きが美味しいから買い続けるし、紹介しているだけなのですが、お野菜をもらえるのは嬉しいです。

更に今日はキコのクラスメイト、フランソワのママからケーキをもらいました。
彼女が先週のどを痛めて、首にスカーフを巻いて辛そうにしていたのをみて、日本のトローチを少しだけおすそ分けしました。子供がいて、声が出ないのって生活に支障が出るのは、よくわかるので。
そうしたら、そのお礼にと、美味しいケーキを下さいました。私、赤や緑のドレンチェリーは嫌いなのだけど、なんでだろう、このケーキにも入っていたのに、すごくおいしかった。生地の固さやスパイスの香りも良くて、レシピ、聞いてみようかなぁ。

そして久しぶりにブラジル人のエリアーヌさんにも会いました。
オンラインでスペインの大学の授業を取っている、勉強家の彼女。そこにモザンビーク人のネウザさんが来て、マラリアの話や子供のワクチンの話にもなりました。

私はど下手な英語とポ語を話しています。ご謙遜を!と思う方もあるでしょうが、事実です。ダーリンが一番よく知っています(笑) ネイティブみたいに話したいとは思いません。私の母国語は日本語ですから。でも聞き取って、自分の言葉を正確に伝えられるようになりたいな、とはいつも思っています。

ここは大変な国。それぞれにとって大変な国であることには変わりなく、だからこそ、人に優しいんだろうな、と思います。
言葉は道具です。大事な道具です。でも言葉だけが、コミニケーションのツールではないと私は思います。表情、目、行動、心からしみでる全てものが、その人を示すもの。そしてしみでる全ての基本は、その人の心の持ち方、生き方だと思います。
よき心を持った人々に恵まれていること、これは私の生まれついた幸運です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/09 レモンタルト

Imgp2514
色々ケーキを作っていますが、一度もチャレンジしてない、でも比較的簡単だと言われているタルト。
やっとこさ重い腰を上げて、タルト生地から作ってみました。ダーリンご要望のレモンタルト。最初に食べたのは、一年半駐在した奥様のものでした。見た目も麗しいし、美味しいし、感動した記憶が蘇ります。
それを自分で再現したかったのですが、タルト型もないし、タルトはなんだか面倒くさそうで、手を出しませんでした。でも、自分の中で、いつかやってみようと思っていたタルト。レモンタルトは、レモンのフィリングの上にメレンゲが乗っている爽やかなタルトです。
実際に作ってみると、簡単なレシピを選んだのもありますが、見た目の可愛さの割には、簡単でした。そして美味しかった!!
しかーし、キコとミコには不評でした。酸っぱいケーキ、メレンゲの食感、どちらも初めてのことで、子供には斬新だったのかもしれませんねぇ。
明日には慣れて、食べ始めてくれることを期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/08 近頃のキコとミコ

Imgp2385
クイズ、これはなんでしょう。といって、動物の泣き声をやります。
でも分からないので、ヒントは?というと「ツキノワグマ!」ってそれ、答えじゃーん。ヒント、の意味が分からないキコさんでした。それを説明すると、更に言葉の説明…言葉に興味があるんですね。

更にキコさん、
ママの目が、かけている眼鏡くらい大きかったら、何でも見えるのにね!とニコニコ。
目の大きさと見える力は関係ないのよ~(笑)

幼稚園ではクリスマス会の練習で、よく歌を歌っているようです。
キコもミコも、クリスマス会に両親が招かれているのを知っているので、ママには内緒の歌なの~と言っていますが、あまりに口ずさんでいますから、私だって覚えてしまいそうです。ナイショって難しいよね~(^-^)

今日は自分が飲みたくて、普通のお昼ごはんでしたが、カイピリーニャを作って飲みました。夏に向かっているアンゴラの日差しには、ぴったりの飲み物です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/07 断水11時間

Imgp2382
昨日は、実は、かなり疲れていましたが、さらに疲れたのは、断水。
家に帰ったら水が出なくて、私が貯め置きの水を沸かし、ダーリンが節水水浴びをしてくれました。その後、子供たちが眠った後、20時半ごろ、水が出たので、カラになったボトルに水をため直し、食器洗いや洗濯は済ませることはできました。
しかーし、今朝も5時半から11時間断水でした。更に、お迎えの時、自分が一人で乗ったエレベーターで停電になりました。無事に次のフロアで降りて、階段で駐車場まで降りました。
駐車場のバーが停電であがらず、出られませんでした。警備員は「電気がないから仕方ないよ」と言う…けれども頭にきて「いつも停電するんだから、マニュアルでできるでしょ!(怒)」というと、鍵を出してきました。
そして、手動で試してみたら…ほら!バーが上がりました。笑顔でほめて「よい仕事だ!」と言ってあげました。疲れる…。
今日は朝からインターネットもしょっちゅう切れ、ぐったりな感じです。
11時間後、水が戻った時、私の気持ちを察して、水を喜んでくれたキコ。子供たちは、断水停電は慣れっこなのですが、私の心を読んで、水が戻ると喜んでくれます。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2012/12/06 在外選挙など


Pc060058
盛り沢山な一日でした。
朝、子供を送るのも、いつもの徒歩登園が急遽、運転手の車で行くことになりました。ダーリンが朝7時からお仕事で一緒にいけないことになり、昨晩のうちに、ダーリンが運転手に連絡を取り、手配してくれていたので、一安心。しかし、その日の運転手のスケジュールを、朝のうちに組みました。

子供を送った後、幼稚園のお友達とお出かけしました。まずは一緒に行く友達の二歳の子供をポルトガル語の幼稚園へ見送り、そこから別の友達のお家へ。
ちょっとお茶をしてから、9時に郊外のESSOのコンパウンドに出かけました。このコンパウンド、十分な庭と一戸建て、いわゆる外国のお家でした。プールもあるし、楽しそうな遊具もあるし、ここなら、快適なアンゴラ駐在生活を送れそうだけれど、現実は違うのかなぁ。
そこでは、TICA(The International Community in Angola)のクリスマスフェアがあり、1000円の参加料を払って、フェアに参加できます。
ほぼ白人女性。どちらかというと、年配の英語圏の女性が多いようです。
Pc060062

出展ブースには、手芸品や工芸品が並んでいます。アフリカの布を使った洋服、如何にもアフリカな油絵、ビーズ細工、ガラス細工、布製品などなど。
私は収益が子供の教育に寄付されるボランティアをしているグループから、カードセットを買いました。それから、アンゴラ人のおばさんが「自分が作った」という籠と鍋敷きも買いました。
外では、部族のマスクや槍などの骨とう品も売っていましたが、なんとなく怖い…。呪術的なものは避けたいし、もっと数を見てからじゃないと価格帯も分からないし、あとはピンとこなかったからやめておきました。

買い物をしていると、ブースの中にいたアジア系の女性と目が合い、話してみると、先日帰国した邦人女性のことを知っていました。それで、彼女の近況を伝え、私の連絡先を渡しました。買い物にプラスアルファないいことがありました。

幼稚園のお迎えまで時間があったので、友達の家に戻ってお茶をしていました。ここでやれるスポーツや休日のアクティビティの話、マラリアの話などなど。ガボンに住んでいた頃、隣の家の7歳の子供が体調不良になり、仕事を片付けて、フランスへ戻ったのは、発熱から七日後。子供はフランスで亡くなりました。原因はマラリアだったとか。
体調がおかしくなったら、まずはそこで血液検査。これは鉄則です。血液を見れば、マラリア原虫がいるかどうかは分かりますから。そんな話をして、子供たちのお迎えに行き、それぞれ別れました。
Imgp2380

子供たちと一緒に、今日は日本大使館へ在外選挙に出かけてきました。立会人も館員の方ですし、初めての在外選挙で緊張してしまいました。在外選挙にはパスポートと、在外選挙登録証というのを持って行きます。
さて無事、成人した国民の義務を果たし、医務官室へ。おととい、私が調理中に指を切り、キズパワーパッドを貼っていましたが、診てもらいました。ありがたいことです。

更に今日は、日本大使館から歩いていける所に住んでいる、幼稚園の友達の家に遊びに行きました。昨日今日とご主人が車を使うとかで、幼稚園にも行けずこもりっきりとか。それで、急遽遊びに行くことを決めました。
英国人の彼女イングリットさんというのですが、英国では大学で工業デザインを教えていたとのこと。更に手作りおもちゃを見せてくれたのですが、やはり専門なので、売りものみたいで、でも手作り感もあって素敵なものばかり。
子供たちが遊んだ後、私が遊んでしまいました。その場で、キコとミコにブレスレットを作ってくれたり、工作教室をやってほしいとおもってしまいました。

Imgp2381
南ア生まれの彼女、その実家、家族、仕事、専門、いろんな話をしてくれました。私もいろんな話をしました。高校、大学時代に一生懸命やった環境問題のこと、かっこわるいことも、毎日ビール一本にしたのに体重がむしろ増えたことも、話しました。楽しかったです。
お子さんは、キコとミコの間の4歳の男の子ルイー君。三人でフランス語で遊んでいました。楽しくて、心地よくて、あっという間に18時近くで焦ってしまいました。だって、明日一日有るんだもの。お礼を言って、あわてて帰りました。

さすがに朝7時半から18時近くまで、大使館にいる間と子供と車にいる間以外は、英語ちょこっとポルトガル語ワールド。午前中はフランス人と一緒だったので、彼女たちの仏語会話にも耳を傾けていましたから、かなり疲れました~。でも楽しかった!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/05 あなたが有名な(笑)

Pc040055
送迎は親が行く家もあれば、運転手や専属のお手伝いさんが行くところもあります。
キコのクラスメイトで一番仲がいいダリアは、アンゴラ人。朝はフランス語のお手伝いさんが見送り、昼のお迎えは英語のフィリピン人のお手伝いさんが来ています。
キコとダリアはとても仲がよく、ダリアもいい子で、私に必ず挨拶をしてくれるし、ミコの教室まで一緒に歩くこともあります。

フィリピン人のお手伝いさんに、「ミコは何語を話すの?」と聞かれ、「日本語とフランス語かな」と言うと、目が丸くなっている。明らかに驚いている様子です。
なので、「私達、日本人なの。みんな日本国籍よ」というと、中国人だと思ったというお返事(笑)。えぇぇぇ!!
キコに「どうして日本だって言わないの?」と聞くと「だってダリアがシノワ(中国)って言わないから」。なるほど。今日は、ダリアのお母さんが来ていました。それでキコを見るなり「あなたが有名なキコね。家でキコはね、キコはね、っていうから」というので、念のため「私達、日本人なの」というと、やはり驚いていました。
「うちのダリアは、キコは中国語と英語と仏語が話せるから、私も中国語を学びたいというのよ」というので、「日本語ですけど、アンゴラは中国人が多いから、区別がつきませんよね」と話しました。
ちなみにダリアには、フランス語と英語のナニーさんが二人います。きっと家にはポルトガル語を話す、家事専門のお手伝いさんがいるんでしょうね。

今日は一週間ぶりにシンガポール人のリャンホンさんとも会えて(近頃彼女はドライバーが子供の送迎をしているので)、おしゃべりできました。赤ちゃんのいる彼女ですが、一年経ち、だいぶ慣れてきたようにも見えます。同じ建物に、中華系アメリカ人が来たのも、よかったと思うし、アジア人のナニーさんも雇えたのも良かったのだろうと思います。
まだまだ任期の長い彼女なので、色んな形で、私が多くの人にしてもらったように、何かできたらなぁと思っています。
それでベトナム人のお友達からもらった、アジア野菜のおすそ分けをしました。
写真の大きなツリーは、フランス人学校幼稚部のエントランスホールのもの。今年は月曜日から、ツリーが幼稚部の各教室に配され、校舎内も装飾されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/04 キャンドルをともすのは

Imgp2379_2夜になるとキャンドルをともします。
日が長くなり、お風呂に入っても明るくて、居間の半分照明を消して、キャンドルをともします。そうすると、なんとなく夜だと体が認識し始める。それに、炎を見ると、精神的に安定すると読み、やってみたら、一理あるかもしれません。それと停電対策。
暗くなってから、停電すると、一気に暗くなります。もちろん、目が慣れたら、どこに懐中電燈があるかも分かっている。でもキャンドルがあれば、そのまま食事も続けられます。それで、夜になるとキャンドルをともします。
あ、このマンション、新築ですけれど、停電で電気が30分戻らないこともありますから。あ、新築ですよ。

市内の名所、独立の父「アウグスティーノ・ネット」像が見える我が家から、クリスマスのイルミネーションを見ることができます。道路の信号が停電しているのに、しかも、夜じゃないのに、イルミネーションは点灯中。おかしいったらありません。
キコは「夜のほうが、明かりがきれいだね」というけれど、そりゃそうです。明るいときに点灯しているのも見ているので、そういう発言につながります。

フランス人の友達が、週末大音量で音楽をかけている現地人の音がうるさかった時、停電して静寂が来て一安心。しかし、彼女が発電機を回したら、盗電されて、うるさくなった。マイクで歌うんじゃなくて、拡声器でさけぶのよ、という彼女。
ガラス窓も床も揺れて、子供たちは窓のない部屋にマットレスを移動させて眠ったとか。
騒音で警察を呼ぶと、なぜか現地人ではなく、少しだけ音量の大きかった自分が注意を受ける不思議、とかね。

ここアンゴラは現実世界の不思議な国でございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/03 お互いさま

Imgp2133


アンゴラは物が手に入らない。いやお金を出せば、何でも手に入るのだろうけれど、そのお代が、あまりにも高すぎて、私などは手に入らないと考えています。それでも、だいぶだいぶ安くなりました。プラスチック容器とか、ものすごく高かったですから。ほんと、驚きの価格!!でした。
あ、でも、キッコーマンのお醤油は、どこを探しても、私はないと思っています。ブラジルや欧州ブランドのお醤油はありますけれど。

さて、幼稚園から「17日はクリスマスのお歌の会があります。その日は赤と白の服で登園してください。お歌の会の後はパーティで、あなたの担当は○○です(うちは果物ジュース6パック)」と親向けに案内と指示がありました。
これが困る…。幼稚園の友達に「服は全部、日本か旅行先で買うから、こういうの困るよね」と話すと、「うちも全部フランスで買ってきてるから、困るわ」とのこと。どこも同じですよね~。
Imgp2364


お金持ちなアンゴラ人は、きっとばっちりサンタウエアかなんかを用意するんでしょうね。うーん…。と思ったら、ちょうど日本から来てくださる出張者がありました。
しかしその方、長期滞在の出張者。そういう方には、やはり遠慮して頼めないものです。食材だけでも大変ですから。でも一応、夫経由で聞いてもらいました。服くらいなら緩衝材にしてもらえるし、なんて勝手なことも思って。そうしたら、快諾してくださいました。もっとほかに持って行きましょうか、とまでおっしゃって下さる。涙、でそうです。

同じ組織の関係者は、みなさん、よくわかってくれています。
民間や商社や大使館とさえ、待遇が違うことを。でも比較して文句を言っても仕方ありませんから、出来ることを探していく。出張者は、駐在者に聞いて、欲しいもの、必要なものを持って行くのは、かなり通例のようです。ダーリンも日本勤務の際、出張先に、家族のクリスマスプレゼントを運んだことがあると言っていました。
確かに私も頼まれて麺つゆを買った記憶もあります。

家族を連れて現地に行った方は、子供たちのこともよくわかっていて、今までキコとミコのものは、殆ど出張者の人が運んでくださいました。毎日キコとミコが遊ぶトランポリンもジャングルジムも。
Imgp2363


そういう意味では、私は毎回お願いばかりだけれど、お互いさまスピリットが効いている、彼の組織に感謝しています。

今日は、ベトナム人のお友達が朝、ゴーヤとキュウリをくれました。ゴーヤは袋から出したら、赤い種が出ていて、まるでお花のよう!キュウリは、皮の固さといい、種の入り具合と言い、なんといっても味が日本のきゅうり!おいしいーよー。有り難く頂きました。
お友達から、お豆腐も買えるようになっています。それを邦人のお友達に持って行くと、経験は素晴らしいですね。一度沸騰したお湯でにこぼして、消毒殺菌して、毎日水を取り換えると一週間は持つという中国豆腐だそうです。固くて、麻婆豆腐には向くタイプ。嬉しいですね~。
それで今日はゴーヤチャンプルーを作りました。クックドゥもないけれど、おいしかったよ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/02 モスル島

Imgp2205

子連れ家族と、日系ブラジル人のお友達と一緒に、モスルという島へ行ってきました。
いつも週末に出かける郊外のスーパーに行く途中を下り、ボートに乗ります。ボートは往復一人1000円位。ミコの分のライフジャケットはなかったのですが、まぁ仕方ありません。
モスル島まではすぐで、まだ9時半だったので、お店も何も開いておらず、浜辺はゴミが散乱…泳ぐ気にもなりません。
そこで、ここ内海側ではなくて、島の反対側、つまり外海側にいってみることにしました。それが遠かった…。しかも島はすべて砂地なので、歩くのが厳しい…。民家を通り、教会を通り、へとへと。ミコは歩けず、抱っこで歩きました。
荷物はお友達やダーリンが持ってくれました。キコは、歩くのが大変だけれど、ちょっと年上のお兄ちゃんと楽しそうに歩いています。Imgp2326


毎日幼稚園まで歩いているのも無駄じゃないですね。私もおんぶをして歩いているので、体力がついていたんだと思います。民家の花や道沿いのサボテンの花をきれいだねぇなんて言いながら、歩けましたから。
何にもない道、足もとの砂が音を吸い取ってしまいます。だから、ふとよぎったのは、ナミビアの赤いナビブ砂漠でした。

そして見えてきた海は、きれいでした!
しかも砂が鳴るの。キュゥキュッて。レストランも売店もないから、人もいない、人の声も、うるさい音楽もない。遠くに釣りをしている人がいたくらい。
海はきれいで、足元の貝や小魚が見えるくらいの透明度。遠くにボートが来れば、波がくるくらいで、岩があるわけでもなく、きれいな気持ちのいい海でした。持ってきていたお菓子や飲み物でお腹を満たし、子供たちは砂で遊んだり、海に入ったり、満喫。何もなくても子供は波と砂で最大限に遊びを創りだします。
私も久々に入りました。ものすごく気持ちよかった~!!
Imgp2223


帰りは、途中で見つけた土道を歩きました。20分くらいかな…来た時より近かったし、砂じゃなくて土だったので、歩きやすかったです。それでもミコがつかれて眠ってしまい、素手でおんぶ。でも、きれいな海でリフレッシュした後だったので、疲れとは別に、体は軽かったです。

それから時間通りにボートが来てくれたので、それに乗って戻り、公共駐車場なのに、勝手にお金を取る輩に500クワンザあげて、お昼を食べに行きました。
唯一のショッピングセンターにあるケンタッキー。幼稚園の知り合いや友達のお譲さんなどに会いました。やっぱり狭い外国人社会…というか、行くところがないんですよね(苦笑)
でも、今日一日、ものすごく楽しかったし、充実していました。
Imgp2321

早く帰って来たので、即シャワー、即洗濯。夜はいつものお風呂タイムに停電が30分くらい続いたので、タイミング良く事が運び、ラッキーでした。太陽の下で、自然と遊んだあとは、ものすごく疲れるけれど、なんでこんなに気持ちが晴れるんでしょう。
何もない贅沢を満喫しました。一緒に過ごしてくれた皆様、どうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/01 お惣菜パンの朝食

Imgp2176

朝、パンがなかったので、惣菜パンを焼いてみました。
発酵不要、混ぜて焼くだけのパン。ツナと玉ねぎ、マッシュルームやコーン、育てたバジルを入れたパンと、ゴマとチーズのパン。簡単で、どっちも美味しかった!
そして12月になったので、チョコレートを出しました。四カ月以上前の休暇で買っておいた高級チョコレート。すぐにでも食べたかったけれど、次の休暇を取る直前のほうが辛くなっていると、わかっているので、頑張って、とっておきました。

さて、今日の午後は、日ごろお世話になっている方々を招いて、我が家で一緒に過ごしました。
一人の方は、私と赴任時期がほぼ同じ。なかなかタイミングが合わず、今日となりました。同僚の方も一緒に、たくさん食べて、たくさん飲んで、たくさん喋りました。
アンゴラの駐在は二年過ぎると、一気に古株になるような気がします。それで、つい来た当初の話に花が咲いてしまって、懐かしく思いだしていました。Imgp2157

今より物がなくて、物がもっと高かった。
お砂糖がどこにもない週末、がらんとした棚、買いたい野菜のないスーパー、お皿一枚もためらうような金額だったり、渋滞もひどく、一日一個出来ればよいのが当たり前だったり。
断水も停電もあるけれど、よくなったねぇと話していました。それでも毎日、大変なんですけれどね(笑)
楽しかったです。たくさん作ったおかずも、用意したワインもすっからかん♪気持ちいいくらいで、私も大満足。皆さん、どうもありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/30 大雨とレスキャルゴ

Imgp2138


午前中、くら~い重たい雲が立ち込めたかと思うと、一時間ほど、強く長い雨が降りました。写真の通りのくらい重い雨雲。太陽の光は遮られ、まるでモノクロ写真のようです。雨のせいで、スーパーの脇は湖になり、幼稚園のお迎えの道は、川に変化していました。
こうなると逆に道が空くんですよね…不思議なんですが、ミニバスが市内を移動しなくなるからだと、お友達が教えてくれました。

午後は、邦人宅に遊びに行かせてもらいました。
出してくださったチーズケーキに感動~。キコもミコもチーズケーキを作っても食べないので、私は大好きなのに積極的には作ってきませんでしたから、ここで食べれるとは…嬉しいです。しかもきれいな焼き色がついて、ため息が漏れます。

お外遊び、雨が降ったので、敷地内も泥だまりが残っていました。水は低い方へ流れていきます。その通り道に敷地内がなっていたようで、既に雨はやんでいましたが、ところどころに泥が溜まっていました。水たまりが肥大化して、池になっていたようにも見えました・・・。
Pb300049


私が気にしないので、キコとミコも気にせず、念のため着替えをもって来ていたので、外で遊ばせました。
フランス人の女子組(笑)で、敷地内のかたつむりを集めていました。日本のと違って、縦巻きロールのかたつむりさん達。量が集まると、結構不気味ですが、まぁ子供と言うのは、そういうものですね。
私も、だんご虫をバケツ一杯に集めて、バケツを揺らして、だんごになるのをみていましたから。

帰り道、お友達がおもたせでくださったクッキーを食べようとしていた娘達。私がウエットティッシュで拭いても、なんか汚そうだと言うと、あらビックリ、ミコも納得しました。
Imgp2148


あの粘液を「かたつむりの唾」といい、「レスキャルゴ(かたつむり)にいっぱいチュされちゃったから、お手手洗わないと、ダメだね~」とお菓子を我慢していました。えらいね、学んでるね。ありがとう、娘達。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/29 かぼちゃの種のおかし

Imgp2132
昨日の英語仏語会話特訓(笑)のせいか、ものすごく疲れた私。
でも何もしないわけにはいきませんね。オリジン弁当もコンビニおにぎりもここにはありませんから。
それで今日は、食べたいものを作ってみようと、コロッケに挑戦。実はコロッケを作ったのは初めて~。
いやぁアンゴラと言う国は、私にたくさんの気づきを与えてくれます。何でも、まずは作ってみよう!と思うようになったもんね。
写真のこれは、かぼちゃの種。
かぼちゃスープの後、種を洗って、乾かして(もちろん室内)、油でさっとあげて、お塩をパッパッパと。おいしいおやつになりました。ビールのおつまみにも十分いける香ばしさ~。
Facebookでお友達が教えてくれたのですが、作ってよかった。ヘルシーだし、子供も食べたし、かぼちゃ全部を使った気分になってよかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/28 お友達とお出かけ

今日は、幼稚園に子供を送ったあと、英国人、フランス人二人のママ友とおでかけしました。
最初にフランス人の2歳のお譲さんを別の幼稚園へ。まだフランス人学校に入れない年齢ですが、ポルトガル語の幼稚園に預けているとのこと。
みていい?と言って行かせてもらいましたが、すご~い!!一戸建てですが、広くて、部屋もいくつもあり、設備も充実、衛生的で、トイレも子供用の便座があり、各部屋に1-2人の担当者がいました。担当者もきちんと挨拶をし、いい笑顔でした。
黒人の子供が多かったのですが、場所柄なのかみんなこぎれいな格好をしていたし、椅子に座って遊ぶし、お友達におもちゃを渡してあげたりして、きちんとしていてびっくり。
こんなところもあるんですね~。フランス人の二歳児ちゃんも、楽しく通っていると言うのが、わかります。

そのあと、そこから歩いてすぐのところにある、お友達の家に行きました。ご主人が英国人、奥さんは私と同じ年で3人の母親。フランス人です。人のお家に行くと楽しいですね~、調度品とか素敵で、わくわくしちゃいました。
そして9カ月の赤ちゃんがまた可愛いの!オムツ一丁ですごしていて、ニコニコ。癒されました。

それから今日しか行われない個人宅で行われる雑貨屋さんにいってきました。アンゴラの布を使ったアクセサリーや、ケニアの布、アフリカをモチーフにしたインテリアを販売。
フランス人のアーティストで、子供たちに買ったブレスレットも、布を選ぶとチャームを取り替えてくれました。
そのあと、さらに別のお店へ。市内にあるお店で、フランス人がオーナーだとか。初めて行くお店でしたが、なかなか素敵でした。

まだ時間があったので、彼女の家に戻り、おしゃべり。私が作ったバナナシフォンケーキを皆さん美味しく食べてくれました。嬉しかったな~。
それに、授乳のこと、育児のこと、ストレスでカッとなってしまった後の子供への対応のこと、今まで訪問した国のこと、仕事をしていた時のこと、世の中にはいろんな人がいること、防腐剤にはクローブがいいこと、そしてそれにまつわる300年の家と200年前のカーテンの話など、アンゴラ特有の話など、とにかくかなり楽しい時間を過ごせました。

ここのところ私自身、煮詰まっていたので、今日は非常にいい機会でした。
私は留学経験があるわけでもないし、語学の学部を出ているわけでもありません。でも、みんなの話を知りたいから、一生懸命に聞いて、参加したいから、一生懸命に話す。間違っても下手でも。
時にフランス語会話もありますから、朝7時半から、お迎えの12時50分までの5時間20分。英語仏語の会話特訓のようでした。非常に疲れました。でも、とっても楽しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/27 心が優しい人たち

Imgp2119
ベトナム人のママ友が、クウシンサイともやしをくれました。
彼女はフランス語とベトナム語で、私は英語とポルトガル語がわかる言語なので、会話はかなり厳しいです。
でも彼女と単語を並べるポルトガル語で今朝、話しました。彼女はもう8年住んでいること。2歳の一人娘を連れて、ここに来たこと。だから何でも知ってるよって、言ってくれました。
その意味は、何でも知ってるよ、だからアジアの食材とか私に何でも聞いてね!ということだと私は勝手に解釈(笑)

私はブラジルでも、たくさんの人に助けられていました。
たとえば、料理のできない新婚の私に、お惣菜を作ってくれた写真屋の日系人のおばちゃん、移民した母くらいの年のお友達。夫婦で飲みに誘ってくれたお友達もいました。

そしてここでもまた助けられています。今朝のベトナム人もそうですし、本当に色んな人に。また、南アに異動したアンゴラ駐在だったお友達からも、ご主人が出張でこちらに来た際、救援物資(笑)を持ってきてくれました!レトルトのタイカレーやスシライス(日本米の品種)など。
アンゴラ古参駐在組になると、当初の苦労があり、それは今以上だったので、なんだか心底嬉しかったです。

みんな、大変なのに、気を配ってくれる。
日本にいたって、どこにいたって、生きていくことはそれぞれに大変なこと。それ以上に大変そうに見えるから、気にしてくれるのかな。仮にそうだとしても、それぞれに忙しく、限られた時間の日々。
誰かが自分のことを考えてくれる時間をもってくれるということは、言葉にできないほど、ありがたいことだと思います。

写真はパエリア。歪んだ蓋をつけてフライパンで挑戦しましたが、美味しくできました~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/26 友達

Imgp2108

アンゴラにいると、日本でもそうだったけれど、それ以上に気分のアップダウンが激しいような気がします。
辛いときは、話すに限りますね。
今日はお迎えで会う外国人のママ友に、自分から話しかけていました。英語で会話をしてくれるフランス人と英国人とスイス人に、下手な英語ですが、一生懸命話しました。そうしたら、逆の発想をもらって、私は笑えてしまったのです。
笑ってしまうと、ラクになりますね。そして、冷静になって、自分がいかに小さいことに執着していたかと知る機会になる。

みなさん先進国から来ている奥様方。駐在者もいれば、ほぼ永住組もいます。アフリカ歴も私より先輩。年齢的にも上の人も多そうな気がします。色んなことを経験した人は、優しい。そして、色んな視点を私に与えてくれます。ありがたいことです。

ベトナム人のママ友は、自分がよく行く市場の中華野菜のリストを見せてくれました。彼女が自分の家から持ってきたベトナム語と写真付きの本も貸してくれました。フランス人の友達はお茶に誘ってくれました。

Imgp2112

ネガティブな要因は、きっかけがあっても、それをどうしていくかは自分次第。
負の要因は増幅しやすい傾向があって、負のスパイラルを自分で作って、自分が巻き込まれてしまう。それは、本当に無駄なこと。
負のきっかけがあったとしても、それを自分でエイヤ!と変える心をもって、自分を応援してくれる家族や友達の力を追い風にして、プラスのスパイラルを起こす。それに乗って、自分を盛りたてていく。
本当に、どうもありがとう!よーし頑張るぞ~!!

写真の通り、キコは前歯の乳歯が抜けました~!幼稚園で抜けて、自慢げに会うママ友にも見せてくれていました(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/25 手軽に作るガトーショコラ

Imgp2099
今日の午後のおやつ、ガトーショコラ。
いつも作るのは、アンゴラで入手不可能なアーモンドプードルや結構お値段の張る製菓用チョコレートを使っています。だから特別な感じがしていたのだけれど、今日はアーモンドプードルなし、スーパーで買える粉末チョコレートで作ってみました。その分、かる~い感じに仕上がりましたが、美味しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/24 料理人さんとおしゃべり

Imgp2005
欧州で過ごした長期休暇から、アンゴラに戻って四カ月。気分転換で、朝はホットケーキ。昨夜嘔吐したキコも、食べてくれました。
ダーリンが、私の労をねぎらって、アンゴラ唯一の日本らしいお料理が食べれるSHOGUNというレストランに連れて来てくれました。ここは元駐日アンゴラ大使などがオーナーのレストラン。
お寿司や鉄板焼きが食べれますが、お値段はホホホ。世界一物価の高いアンゴラらしいお値段でございます。ただそれでもランチなので、夜よりは近寄れる金額です。

そして、なんと今日はホテルオークラの鉄板焼さざんかの料理人の村井さんがきていました。
一週間弱の滞在で、明日帰国の途につきます。それもあってダーリンがランチに連れてきてくれましたが、村井さんは夜だけ対応とのこと。でも出てきてくれて、おしゃべりを楽しめました。
Imgp2057

飛騨牛を始め、日本の調味料も持ってきて、調理指導したそうです。お肉は金曜日の夜に完売したそうですが、お野菜やお肉に付けていただくゴマ、醤油、味噌のたれがすこぶる美味しかったので、これは村井さんのおかげでしょうね。

コースを二つ頼んで、子供たちに食べさせても十分な量だったし、酢の物やお味噌汁、デザートなどは子供の分もサービスしてくれたので、家族四人で満足できました。
食事のあとは、レストランの前の海で遊びました。日の高い時間だったので、服のまま水際で遊ぶだけでしたが、子供たちは楽しめたし、私にも十分すぎる日差しでした。焦げそう!

幼稚園のクラスメイト家族にも会えたし、狭い外国人社会、どうしてもどこかへ行くと誰かと会うんですよね。でもそれでいいんです。それが私がここで生活している証拠だから。
Imgp2094


マンションにつくと停電。ダーリンは、お昼したミコを抱っこして、私は日差しで体力を奪われている中、キコと一緒に、地下二階の駐車場から七階の我が家まで、頑張って階段を上って戻ってきました。ふへー。

いい気分で帰って来たのに、ガツンと落とされるアンゴラ生活(笑)でも、お肉は美味しかったし、おしゃべりも楽しかった。海で子供が元気に遊んでいるのを見ているのも、心が落ちつきました。家族揃って、夕日が海に沈むのを眺めながら、これもありだな、と思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/23 突然のお客さん


幼稚園に子供を送った後、突然、ドアがノックされ、ドアを開けるとなんと、幼稚園のママ友が立っていました~。
私たちが住んでいるマンションの空部屋を見に来たついでに、思いだして寄ってくれたそうですが、びっくり!英国人のイングリットさんとフランス人のションターヌさん。人が来るとは思っていなかったので、部屋は片付いていませんでしたが、
せっかくの機会なので見てもらいました(笑) 

どこもそのままですが、寝室なんて枕も並んでないし、パジャマも脱ぎっぱなし(笑)、キッチンは夕食の準備途中でした。でも、まぁ隠すものも、取り繕ってもね。おもてなしもできませんから、冷蔵庫のお茶を出すくらい。 なのに、この家、好きだわ~なんて言ってくれるから、ありがたいです。

育てているアボガドやパパイヤ、植物も褒めてくれたり、靴を脱いで部屋に入るのも、家族並んで寝ている話もしても、いい日本の文化ね!と。嬉しいですね。二人とも他のアフリカ諸国での滞在があり、私も学ぶところが多そうです。
急なのはびびったけど、部屋に入れたのは私の判断だし、でもそのままを見てもらえて、逆に良かったかも。私が人を招くのが、楽になりました。どんな機会も、いいほうに考えると、こんなラクなんですね(笑)

さて、今日は金曜日。午後から邦人宅に遊びに行きましたが、キコは絶不調。幼稚園の後半から、冷房がお腹に当たって冷えて痛いと言っていましたが、それを引きずったまま、お友達のお家で眠ってしまいました。
おやつも食べず、目が覚めて、遊具で遊んでも、痛みが取れないキコ。いつも遊ぶアネエルやティントワン、エバなどお友達が寄ってきて、心配そうにしています。
お腹が痛くて、フランス語も発せないキコ。「今日、キコ、ここが悪い」とお腹を指して、フランス語の単語を発すると、初めて理解してくれたティントワン君。私の仏語が通じたのねぇ、と感慨にふける間もなく、不調のキコを見て、ミコも同調して泣き始めました…。
ほんとわずかな時間、外で風に吹かれただけでしたが、ミコが少しは遊べたのでよかったです。

キコは帰って来てから、お湯につかり、一度吐いて、調子が戻り、お茶漬けをお代わり。でも又吐いてしまい、それでスッキリしたのか、寝入ってしまったキコ。原因はわかりませんが、発熱や下痢などの症状がなく、嘔吐をしてすっきりしてしまいました。集団生活している以上、アンゴラにいる以上、ウイルスだらけですからね~。抵抗力をつけるしか、ありません。ミコも嘔吐処理した家族も、元気ですし、どうしたもんだか。
ただ、上の前歯がぐらついているので、それがずっとずっと気になっているキコ。食べずらいし、前歯なので相当気になっているらしく、神経性の胃腸炎かなぁとも思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/22 カステラみたいなコーンのケーキ

Imgp2000
今日は、オフィスのスタッフにも「トウモロコシケーキ」を作ってみました。
火曜日に作って、あまりに簡単で、予想より美味しく、見た目も黄色いトウモロコシの粉が、カステラみたいに見えて、更に材料が揃っていたので、再チャレンジ。今回も上手にできました!
たまに作って、オフィスにお届けするケーキ。
みなさんが、美味しく食べてくれるのが嬉しくて、私の意欲につながっています。明日は午後はおでかけなので、キコとミコに好評のハートのケーキも沢山作りました。
形が可愛いし、一口サイズなので、子供には受けがいいし、シリコン型で一度に24個出来るのも便利でいいです。材料を二倍にして大量に作りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/11/21 お土産は市場のお野菜

Imgp1996
昨日、急遽地方都市マランジェへ出張に行ったダーリン。
国内で、陸路の移動なのですが、一泊二日でも、蚊対策、トレペ、ビニール袋、ウエットティッシュ、お菓子類も持って行ってもらっています。
お菓子は、万が一の時用ですが、食事が取れないときなどのエネルギー補給に役立つので、甘いのとしょっぱいの両方とも入れてあります。一緒に行くスタッフもいるので、みんなに少量ですが行きわたる位の量です。

ダーリンが昨日今日と朝は不在なので、運転手に7時に来てもらい、車で登園。元気なキコは歩きたがりますが、やはり私一人で子供二人をみるのは難しいので、車登園です。
昨日は雨だったので、車登園はちょうどよく、まだぬかるみがひどかったので、ちょうどいい車登園でした。

今日はキコとミコと、韓国系カナダ人のソンミさん家に出かけました。
いつも通り、私は楽しかったし、美味しい韓国料理もお土産にもらってしまいました。
しかし、面倒は運転手。待ち時間は2時間以上あったのに、帰る時間にまだ洗車中。更に、洋服を着替えている…おかしい、あやしい。
帰りの車の中、しりとりしたいというキコを制して、ポ語で文章を作り、運転手に質問。
どうして待っていなかった(途中に駐車場をのぞいたらうちの車がなかった)のかとか、ガソリンの減りが早いとか。いつものように「タイヤの空気が」というけれど、二週間に一度も入れる必要はないし、そもそもなんで君、着替えてるんだ(怒)
疲れますね…ほんと疲れます…普通に働いてくれ~。

夜、ダーリンは無事に帰って来てくれました。マランジェからルアンダに向かう途中の道にある露天市場で買ったトウモロコシと完熟トマトがお土産です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »