« January 2013 | Main | March 2013 »

2013/02/25 母子で遠出

Imgp0831今日からフランス人学校は二週間のバカンス。行く場所が限られているルアンダで、旅行や帰国しなければ、子供と休暇を過ごすのは、結構行き詰ってしまいます。今回は、子供のお迎えを待っている間、仲良くなったママ友、英国人のイングリットさんとアルメニア人のターラーさんと、いろいろ出かける計画を立てています。

もう、私のど下手な英語なんて、どうでもいいです。子供同士、遊んで楽しく時間が過ごせれば、母はそれでよし。
恥さらしのような英語ですが、子供たちはフランス語だし、私なりにコミニケーションは取れていると、信じています(笑)

今日はターラーさんからご自宅に招待いただきました。ルアンダから離れたカクアコという街。遠出する感じです。
渋滞や悪路のあるここでは、非常に遠く感じます。でも彼女は、毎日往復してるんだもんね、偉いなぁ、すごいなぁ。
一緒に行くイングリットさんとルイー君、二台で行きました。行きは一時間で到着~。良かった!!Imgp0850

彼女の家は、コンパウンドで、敷地の中にプール、テニスコート、ジム、パーティスペースがありました。オーナーはインド人だとか。今まで断水がまれにしかなく、あっても1時間。停電もわずかだそうです。彼女はしゃべりながら、台所で料理を作ってくれました。私達もカフェオレを片手に、台所でおしゃべり。子供たちはDVDを観たり、
お絵かきをしながら、楽しそうにしています。

スープ、お肉料理、ごはん、アルメニア料理のお料理、春雨サラダ、ピザ。そしてスパークリングワインまで出てきました。アルメニア料理には、彼女の両親が手作りした特製スパイスが入り、ピタパンみたいなのに付けて食べるのだけれど、美味しかった!
イングリットさんは、おかわりしまくり。ロンドンで食べたレバノン料理みたいだといい、それとは違うとターラーさんに言われながらも、美味しそうに食べていました。私は初めてだったけれど、酸味が程よく、異国の味を楽しみました。美味しかったよ~。Imgp0866

それから敷地内を案内してもらい、プールへ。子供たちには十分なプールで、途中カラフルなトカゲを見つけたり、フルーツサラダやチップス、チョコレートムースを頂きました。
大満足の一日です。帰りは、うちの車でイングリットさんも一緒に帰りました。ちょうど子供たちは揃って、お昼ね~。二時間半もかかってしまう大渋滞でしたが、イングリットさんと、静かな車内で色々おしゃべりできて、楽しかったです。
工業デザインナーであり、美術教師でもあった彼女の話はとても面白かった。アンゴラのいいところは、私にとっては、人と仲良くなれること。それぞれに大変だし、物もないアンゴラ。
でも、人はいて、だから、会って、おしゃべりして、一緒にお茶するような、とりたてて華やかでもないけれど、シンプルで大事なことに、時間を費やし、そこに価値観を見出していく。おかしいけれど、アンゴラにいたからこそ、むしろ気が付けたことなのかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/24 駐在者だからこそ分かること

Imgp0814

車が戻ってきたので、一週間ぶりの買い物をすませました。後半は卵や野菜が厳しくて、昨日などはお友達の家にお菓子を作る分の卵もなかった・・・でもおかげで、冷蔵庫はすっきり(笑)
お昼は、たくさんのニンニクと、ベーコンと、ダーリンが育てた家庭菜園のバジルで、パスタランチ。
キコは、ダーリンとフランス語のワークブックをしています。去年の七月にベルギーで買って来たもの。ダーリンは電子辞書を片手に、取り組んでいます。
女の子だからなのか、そういう時期なのか、性格なのか、キコはワークブックが好きです。手もとに貯めているシマジロウやKUMONの練習帳みたいなのも、与えるとあっという間に終わってしまって、時間が持ちません。
ちなみに、シマジロウすでに去年のものだし、KUMONもかなり前にもらったもの。でも、ストックと相談しながら、小出しにしています。
Imgp0817

日本から荷物を持ってきてくれる方は、駐在者こそ、よくわかってくれていて、持ってきて下さります。ただこちらも、駐在者ゆえに、食材を持ってきたいのがよ~くわかるので、頼みづらくもあります。
それでも2-3キロ単位で持ってきて下さる方もあり、所属組織関係なく、本当にありがたいです。日本にも一年以上帰っていないので、色々とやはり足りなくなってきました。食材(主に調味料)は南アからごっそりですが、子供の絵本や文字をなぞれるようなノートや薬などは、やはり厳しいですね…。

今日の夜は、お土産で頂いた温泉のもとをお風呂に入れました。キコとミコは、香りのいい色のついたお風呂に大喜びでした。私も自分の時は、つい断水が怖くて、お湯をためないので、ひとときホッと癒されました。ありがたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/23 おめでたい日

Imgp0548
日本で挙式をすませ、奥様を連れてアンゴラに戻ってきた駐在の方の披露パーティが、シェウーでありました。
我が家にもお招きしていますが、それから時間も少し経ち、慣れてきた印象を受けた奥様。でもやっぱり新婚夫婦、初々しくて、可愛いです。始終にこやかな(というか緩みっぱなしの)ご主人様も、また可愛いです。

方針が変わって、賀詞交歓会は、二回に分かれていたし、そもそも子供を許可されなかったので、私は不参加。久しぶりにお会いできた駐在者も多く、嬉しかったです。二年半を超える駐在になると、殆ど顔なじみになり、それぞれの変化に喜びを感じることも多いです。
例えば、キコとミコの成長と同時に、先方のお子様たちの成長など。写真を見せてもらって、又、喜ぶ私。すっかりオバちゃんです。
Imgp0798

ブログを読んでくださっている方からは「今日は断水は大丈夫ですか」と言われ、実はうちも近い状態だったと教えてもらったり…。私が飲んだくれていないかと、笑いながら心配してくださる方もいたり(笑)。
そんな他愛ないやり取りが、アンゴラでは貴重だし、楽しいなぁと思います。色んな組織の人がいて、それぞれアンゴラで頑張っているもの同士という接点。こういう大変な国の、小さい邦人社会においては、一堂に集まる場、というのは、大きな意味があると私は感じました。

結婚のお祝いを、みんなで出来るなんて、とても素敵。
おめでたい場を設定してくださり、みんな自然と笑顔になり、そんな会に参加することができて、嬉しかったです。沢山の人に会う機会でもあり、とても楽しめました。いつも会うママたちも、やっぱりきれいにすると違う…私も前夜のフェイスパックぐらいじゃダメなんだと、戒めた時間でもありました。おめでたい素晴らしい時間をどうもありがとうございました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/22 ダーリンのお誕生日

Imgp0438
やっと、うちの車、ルノー君が戻ってきました。
今週はずっと幼稚園のママ友のイザベルさんのお世話になってしまいました。周りに「車が壊れた」と言っていたので、多くの友達が午前中に電話をくれて、「家まで行こうか?」「スーパーに行くけど、一緒にどう?」などと気遣ってくれました。
私一人ならどうにかなるので、結局お迎えの際、幼稚園まで行く道は、今週一週間、歩いていきました。15分もない道のりですが、正午すぎは日も高く、アツイアツイ。
更に午前中で終わる学生たちも多いので(フランス人学校のある地区は、Zona Escolaという学校地区)、人も多いし、道端に出現する個人商店も多くて、雑多な感じになります。そこを「シネーザ(中国人)」だの「子供はどうした」とか言われながら、黙々と歩きます。サングラスをかけ、帽子を深くかぶり、日よけのカーディガンも着て。
着ないといられないほど、強い日差し。道端の人とは、暑すぎて立ち止まる気もないし、もともと話す気にもならないので、無視。校門につくと、友達が既に来ていて、「今日も歩いたの?」と聞いてきます。

「そうなの、必要なエクササイズだと思っているけど、暑い~」と言うと「リコが溶けてる」と笑うママ達。
イースターの話しになって、私はお祝いしないけど、チョコレートが出てくるし、ウサギや卵の形のチョコレート、可愛いよね☆と話すと、「チョコレートの話しになると思わなかった」と噴き出すお友達。
Imgp0464

大変なアンゴラ生活の中で、友達の価値は非常に大きいです。朝会ったり、お迎えで会ったりするだけで、私が嬉しそうにしているのを観た友達が「あなた、会っただけで嬉しそうね」というので、「うん!」と認めます。
自分を見つけて挨拶してくれる人がいると言うこと、それだけで、私は自分の場所を、彼らの瞳の中に見つけて、喜んでしまうんですね。

子供を迎えてからは、うちの車で帰ることができました。一週間ぶりです。
午後は邦人宅に遊びに行きました。楽しい話をたくさんして、美味しいワッフルやチョコマフィンを味わって、いつもながら素敵な午後でした。
キコは敷地内に住むフラン人のティントワン君とずっと遊んでいて、ミコは邦人のお友達と花を摘んだり、お散歩をして過ごしていました。
更に今日は思いがけない再会がありました。アンゴラに5年住んでいたユージーンが、なぜか敷地内にいたのです。彼女はオランダ人でカメラマンであり、三人の子供の母でもあります。Imgp0480

話を聞くと、カメラマンとして二週間滞在し、市内と郊外のインターの写真撮影が目的でオランダからやってきたんだとか。えぇぇ!短期バイト?って感じですが、偶然の再会に感動して、思わず長々と立ち話をしてしまいました。ほんと、嬉しかったです。

夜はダーリンのお誕生日。ミコが積んだお花を飾りましたが、花の先だけへし折っているので、内に持って帰ってきた時点でしおれているのですが、一応飾りました。
そして、先日頂いたブーブクリコのロゼを開けました。でも、普通のお夕食。敢えて言えば、初めて、オニオングラタンスープを作りましたが、娘には不評…。
ステーキの焼き方は、私よりずっと上手なので、お誕生日のダーリン自らお肉を焼いてもらいました。
何を食べたか、どこに行ったかと言うより、何より、家族揃ってお祝いできたこと、それがとても有り難いことだなと
思います。お誕生日、おめでとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/21 カーニバル@幼稚園

Imgp0401_2今日はフランス人学校はカーニバルです。
送迎の車から降りてくる子供たちに始まり、敷地内には、数えきれいないほどのお姫様達(笑) 学校上げてのイベントなので、幼稚部から高校生くらいの生徒、担任の先生達も仮装しています。
プリンセス、スパイダーマン、星の王子様や海賊、中世の騎士、ドラキュラ、インドのサリー、アフリカの伝統的なプリントの服、ダンサー、魔女、カウガールやら王様やらなかなか。キコのクラスにはスパイダーマンが何人もいましたねぇ。
キコの担任のエレア先生は、真っ白の妖精にふんしていました。っていうか、羽が邪魔なんですけど…今日は各所に大きな妖精たちがいましたね。ミコの担任の先生は、ピンクのロングヘアーの魔女…。高校生くらいの仮装になると、お姫様なんぞはかなり色っぽいし、さまになるし、素敵でした。

Imgp0414


キコとミコは、日本の民族衣装、浴衣で参加です。仮装用の衣装ではありませんが、伝統衣装をみんなに披露できるのを、キコはかなり喜んでいます。去年の学校全体のアルバムにも写真が載ったほどですから、受けがいいようです。
ミコも教室に入るなり先生やアシスタントから、「かわいい」を連呼されていました。未だにぐずるミコですが、みんなに可愛いと言われ、今日は泣かずにバイバイしてくれました。

浴衣にアイロンを当てたり、キコのクラスにはケーキを作り(キコの希望で抹茶のシフォンケーキ、シブっ)、荷物を運んだり、教室で着替えたり、少しバタバタです。でも今日は幼稚園でカーニバル。みんなで敷地内をパレードして、手作りケーキを食べて、みんなで楽しむ一日です。

お迎えに行ったら、興奮さめやまぬミコさん。着替えている子も多い中で、浴衣でちょこんと座って待っていました。周りから「かわいい」を連呼され、本人も相当嬉しかったのでしょうね、だから着続けたんだと、理解しています。キコのほうは、すっかり少女で、そのへんはドライ。動きやすいいつものワンピースに衣装替えしていました。
Img_0606

家に戻り、今日は夕食はホテルです。
なんとアンゴラで「女子会」。ダーリンも行っておいでと言うし、同じ組織の人の計らいで、車を出してもらえたり、チビ女子のキコミコも参加できる早い時間から一部始めてもらえたので、女子会家族版で参加して来ました。
Epic SANAというアンゴラの真新しい高級ホテル。本当の世界基準のホテルでしたよ(笑)
プールサイドでクラブサンドやハンバーガーを食べましたが、アンゴラ価格。でも、高級ホテルだし、快適さやサービス、衛生度を考えると、高くないかもと感じる私。アンゴラ化していますね、危険危険(笑)
Img_0622


子連れではない女性陣は19時頃からスタートし、その時間帯はメニューも私達の頃とは違っていました。でもキコ達にはクラブハウスサンドはちょうど良かったし、20時を過ぎるといつもの就寝時間を超えているので、おねむモード。
早々に帰ってきました。程よく食べて飲んで、キコとミコは大好きなお姉ちゃんと楽しく過ごせました。女子会らしい女子会ではなかったけれど、チビ女子達と一緒のアットホームな女子会を過ごせました。アレンジしてくださった方々に感謝です。

盛り沢山な一日ですが、まだ明日も幼稚園。後一日がんばりま~す☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/20 ふるふるゼリー

Imgp0369
来週からフランス人学校は二週間のバカンスです。
二週間って、結構長いんですが、フランス人学校は独自のバカンスがあります。クリスマス休暇は短いのに、学年が終わり、新学年が始まるまでは、まるまる二カ月も休みだったりします。
でも、二年目になって、だいぶバカンスにも慣れました。お弁当を作らなくてもいいし(パパの分はありますが)、7時に家を出なくていい安心感があり、私ものんびりできるのがバカンス。
ただ24時間子供と一緒になるので、幼稚園以外、習い事もないアンゴラでのバカンスはキビシイの一言。

この時期に合わせて親も休暇を取る人も、当然多いです。パリ、ロンドン、フランクフルト、リスボン、マドリッド
までは直行便があるし、時差もほぼないし、やはり近いですよね。ただもちろん我が家のように、ずっといる人たちもいます。

今回はママ友同士で話しあって、出かける計画を立てています。
アルメニア人のママが言いだしっぺですが、そこに私や英国人も参加。ママの年齢は幅広いですが、英語で会話できますし、子供たちは仏語で会話し、年齢も近いので楽しそう。
写真は、シェウーのおかみさんからもらったカルピス(台湾から持ってきて下さった)で作った、ふるふるカルピスゼリー。缶詰のパイナップルの食感がいいアクセントになりました☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/19 自家製アイス

Imgp0326
昨日の朝のうち、うちのルノー君はレッカーされて、工場に入ったそうです。
点検を終えて、半年も経たないうちエンジンがかからなくなるなんて、どういうことなんだろう。点検されてないんじゃないかと思いますが、ここはアンゴラなので、仕方ないとしか言いようがありません。

ここのところ、去年母子で帰国された邦人のお友達からもらったアイスクリームメーカーが大活躍。クックパッドに、レシピが載っています。取扱説明書に簡単なレシピもあったのだけれど、世の方々は発明家のようなレシピが楽しくて。牛乳のみ使用とか、ラムレーズン、バナナアイス、ジェラート風、濃ゆいバニラアイスなどなど。
生の卵黄を使いますが、今のところ大丈夫。ほんと凄いなぁと思ってしまいます。

クックパッドは実際に作ってみて、私と合わない物もありますが、作ってみるのは楽しいです。こちらの写真は、チョコレートシロップの代わりに、チョコレートパウダーで作ったアイスクリーム。
砂糖菓子も載せて、気分を盛り上げています。小さいコーンは、年末のケープタウンで買って来たものです。
次は生クリームなしの「濃厚チョコレートアイス」っていうのに挑戦しようかな。今のところ、子供用にカップに盛るには、自家製で十分なようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/18 いい月曜日になったのは

Img_0587
今日は午前中、お野菜を取りに来てもらいました。フレッシュな中華野菜は、市内で共同生活をしているところで
一緒に注文してもらっています。量が多いせいか、自分たちで買いに行くより割安だし、市内まで持ってきてくれるし、ほんと、ありがたいです。

うちまで取りに来てくださったお友達からは、生活が潤うような旅行のお土産を頂き、嬉しかったです。また子供がいない時間のおしゃべり、楽しかった~(^-^)

お迎えの際、開門までママ達とおしゃべりする時間なのですが、そこで仲良くなったイザベルさん。キコとミコの間、4歳のガブリエル君のママです。今日は彼女の家に遊びに行くことになっています。
部屋の中で絵を描いたり、おもちゃでさんざん遊んだ後、おやつの時間。
私は抹茶のシフォンケーキを持って行きましたが、イザベルさんはクレープを焼いてくれました。私のお菓子の本だと、クレープの生地は一晩寝かせるとあり、それが私には面倒で、作ったことはありません。
イザベルさんとフランス語で会話するキコに、「ママ、クレープって何?」と言われ、私が作らない経緯をイザベルさんに英語で話しました。

Img_0591


イザベルさんと私は英語です。手際良く簡単にクレープを焼いてくれ、その場で蜂蜜をかけて、クルクルっと巻いて頂きました。キコもミコも初めてのクレープに大喜び。ガブリエル君は、私の抹茶ケーキを二切れも食べてくれて、なんだかみんなニコニコ。
私はクレープを二枚も食べて、日本語で「おいし~☆」と言ってしまいました。美味しいとか、可愛いとか、ありがとうとか、考えずに口をついて出るセリフは、やはり母国語。慌てて訳しますが、仲良くなると、お友達はオイシイとかアリガトとか、そういう日本語を私から覚えてくれます(笑)
でも、本当に美味しかった!

それから小さいビニールプールで遊びました。帰りは、車のない我が家なので、彼女が送ってくれると言いましたが、運転手はご主人のお迎えに出ていたので、それを待っている必要がありました。まだ4時半で日も高く、2ブロックくらいの距離なので、歩いてみることにしました。
場所によって治安の差があるのも事実ですが、二人の子連れだと、襲われる可能性は低いような気がします。

Img_0594


歩いていると、キコとミコをみて「アンゴラ生まれか~」と言ってくる男性。「ちがうよ~、日本生まれだよ~」と笑顔で返すと「俺は日本人が好きだ」と理由不明な回答をする彼。「ありがとね」とポ語で返事をして、歩きます。
おばちゃん達は「お人形さん!」「かわいい姉妹!」と声をかけてくるので、「ありがとう」と言いながら、歩いて帰ってきました。
ニコニコお返事していますが、かばんはしっかり持っているし、目は見える範囲すべてをチェック。でも距離的には、幼稚園のあと、水遊びしてもミコでも歩ける距離なので、ほんと近いです。

盛り沢山な一日でしたが、多くの人のおかげで、いい一日を過ごすことができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/17 アンゴラで新生児

Imgp0316


ローカルスタッフのマテウスに、子供が生まれました!会社員の奥さんは妊娠中も体調がすぐれなかったり、予定日が一月と聞いていたのに、既に二月中旬。さすがに私も気になって、毎日のようにダーリンに様子を聞くほどでした。
が、昨日無事に出産!!それで、またもや同僚の車を借りて、病院まで行ってきました。面会時間が16時半からと言うので、それに合わせる形で。
公立の病院は無料という太っ腹なアンゴラですが、医師や看護師の数が絶対的に少なく、設備も不十分だそうです。ダーリンによると、停電が前提の社会なのに、停電が理由で、人がなくなることもあるとか。
そういうこともあってか、マテウスは、私立病院で出産を決めていました。郊外の市立病院。
子供を病院に連れいていくのは、怖いのですが、様子を見ると大丈夫そう。が、新生児病棟に入院しているので、逆に子供の入室は不可でした。日本で長女出産の際の病院も、子供の入室は許可されていませんでしたから、
理解できない訳ではありません。
でも、マテウスは、個室なのになぜなんだとちょっとお怒り気味でした。仕方がないので、ダーリンと交互に面会して来ました。

帝王切開の翌日、私は今でも覚えています。キコの時ですが、親友のアリアーヌや彼の両親が来てくれたのに、術後の痛みがひどくて、笑えない。起き上がるのも一苦労で、辛すぎた時間。逆にミコの時は、キコの手前、気丈でありたいと自ら思っていた記憶も蘇ります。
Imgp0338


だから、まずはママになったミミさんにお疲れ様とおめでとうございますを伝え、ダニエル君を抱っこさせてもらいました。4000グラムを超えているので、しっかりしています、でも新生児の香りがして、本当に可愛い。
無事に生まれてきてくれたんだなぁと思って、じんわりしていました。帝王切開でも入院は三日だそうです。その後は、母子は、彼女の実家に帰って、のんびりするんだとか。脂汗をかいている奥さんと少しお話して、キコとミコも待ちくたびれているので、早々に失礼しました。

新生児を抱っこできるのは、本当に有り難い。神聖児と変換間違いをしても、それが正しいと思えるほど、神々しいものです。マテウス、ミミさん、本当におめでとう!そして素晴らしい時間をどうもありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/16 優しい気持ち

Imgp0307


同僚に車を借りて、午前中のうちに、郊外のスーパーに買い物に出かけました。未だにレッカーされず、オフィスの近くに停まっているので、整備に出して、いつ戻るやら。
買い物は、平日買い物に行けないことも見込んで、車に詰める分、どっさり買いました。助手席にも山積み。この時期、冷蔵庫に入れておかないと、傷みが早いのですが、出来るだけ買って置くことにしました。
貸してくれた同僚は、お友達と外出しているので、どうぞどうぞと言うのですが、ほんと、助かります。

帰り途、ママ友から電話がありました。ご近所のイザベルさん。
今日車が必要なら使っていいと、言ってくれました。お心遣いが有り難いです。来週前半は車がないと思われるので、その旨を伝え、お迎えの際乗せてもらうことにしました。
常に渋滞もあるし、一本道を入るだけで、無駄な渋滞に巻き込まれることもあるが故、人にお願いすることはなかなか出来ないのですが、有り難いお申し出、受けることにしました。
みんなそれぞれに大変な中で、生活しているのだけれど、それゆえに、みんな優しい気持ちで支え合っているのだなぁと感じています。
Imgp0309

写真は、キコとミコと一緒に作ったオリーブオイルの蒸しパン。不格好ですが、美味しかったです。蒸しパンを食べながら、家族でディズニーの「お姫様と魔法のキス(?蛙が出てくる映画)」を鑑賞をしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/15 SDカードの不具合!

またルノーが壊れました。ダーリンの仕事が終わった後、運転手が車を出そうとしたら、エンジンがかからない。昨日、ダーリンは、同僚の車で送ってもらいました。
今日は朝はいつも通り徒歩登園ですが、お迎えはいつも車。しかしその車がないので、徒歩で行くことにしました。ダーリンは会社から歩いて幼稚園へ。私も幼稚園へ徒歩で向かい、子供を迎えに行った後、家族で家まで来て、ダーリンは又職場へ徒歩で戻る。その予定をしていました。

帽子をかぶってサングラスをかけ、家を出ると、ロータリ―で「リコー!」と呼ばれました。振り向くと、ママ友。
有り難く、乗せてもらいました。「運転手が来なかったんでしょう?」というので、笑いながら「実は車が壊れちゃったの」と話すと、こちらから話す前に「子供と一緒に家まで送るからね!」とのこと。
日中は、余裕で30度を超す暑さなので、体力的に親も子供も徒歩で帰るのは厳しかったと思います。ほんと、ありがたいです。

午後は、お友達が遊びに来てくれました。隕石のニュースについて話していたけれど、隕石の英単語が出ず、クイズのような会話で、大笑いしてしまいました。
クイズのような大笑いの時間というのは、生活の潤いですね。子供たちは、なぜかダイニングのトイレを「おうち」にして、籠って遊んでいました…(笑)
ソンミさんが作ってくれた可愛いケーキや、子供たちのいい写真も取れたと思うのに、SDカードの問題が発生!!あぁぁ最悪。せっかく撮った写真が見れません(怒)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/14 アンゴラのおもしろいもの

Img_0570

昨日プレゼントしたスイス人のお友達マヌエラさん。
会うなり、どうもありがとう!おにぎりは美味しくて、ヘルシーだから、自分でも作ってみたい。そして折り紙はフェデリコも気に入ったから、本をアムステルダムで探すわ!って。
嬉しかったです。彼女から、オニギリという日本語を聞けた時、嬉しかった。お寿司は大好きだけど、どちらかというとハレの日だものねぇ。
おにぎりはもっと身近で、塩とお米と握る手があればいいものだから。嫌になる位ウイルスの多い国なので、もちろんラップ使用でいつも作っています。

Img_0572


さて、アンゴラにあって面白いもの。
それは、三輪車なのですが、日本のカワサキから来ているであろうと思われる、KawesekeやらKAWASEKやらKAWISIKIやら。
最近BALDEXという本家っぽいのも見ますが、それもどこのブランドか分かりません。そもそもカワサキでこんなの作っているとは思えませんが、三輪の荷台にはだいたいこんな風にへんな文字が並んでいます。いろんな表記があり、おもしろいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/13 バレンタインに気がつくのは

Imgp0272
明日がバレンタインだと思いだしたのは、フェイスブックに多くの友達が手作りチョコやケーキの写真をUPしていたから。ほほほ、よく見たら手帳にも印字されていました。さすが、日本の手帳!
日本にいると、乗り継ぐような大きい駅には、ピンクや赤でハートがいっぱいの特設ブースができるし、コンビニやスーパー、デパートにだってコーナーが出来てる。だから、嫌でもバレンタインを忘れることはできないのだけれど、
文化の違う国に身を置くと、意識的に自分がやらないと、誰もやらない。
特にキコやミコのように、日本にずっといたわけじゃないから本人たちも記憶にないし、そもそも、カレンダーもよくわかってないうちは、私が言わないと、そのまま終わってしまう。
節分も、豆がない今年はなかったし、体調も悪くて、何もせずに終了…。雛祭りくらいはやらなくては、と思って、今から手帳に「しっかり」書き込んで置きました。

今日、ケーキをプレゼントできる方があって、ガトーショコラを作りました。製菓用チョコレートが買えなかったので、アンゴラに赴任してから急に見かけるようになった(それ以外が逆に見当たらない)キャドバリーの板チョコで。
丸ごとプレゼントしたかったので、味見ができず怖いのですが、見た目はガトーショコラになりました。ホッ。家族用には、ダーリン希望のブラウニーを作りました。
Imgp0268


今日はお迎えに合わせて、クラスメイトのママに小さなプレゼント。
折り紙で鶴と箱とあやめを折り、おにぎりを作りました。息子のフェデリコ君、家族でドバイに行ってお寿司を食べた時に、「これ、キコのお弁当にいつも入ってる!」とママに言ったそうです。それでママが私に「キコはお弁当に寿司を持ってきてるの?」と聞いてきました。
それで、おにぎりの話をして、いつか作るねと言ったまま、時が流れ…来週から半年アムステルダムに行ってしまうので、慌てて作った次第です。

海苔巻とか手毬風おにぎりとか色々考えたけど、素直に家庭料理として、渡すことにしました。
梅干しと塩昆布を入れ、小さいおにぎりを三つずつ。メモには、英語で中身を書いて、おにぎりとお寿司のご飯の違いを書きました。外国人向けならツナでもいいだろうし、巻きずしでキュウリやアボガド、かにかま、卵やツナを巻くのもいいかと思ったけれど、私は得意ではないし、あくまでフェデリコがみた、キコのお弁当箱のおにぎりを作りました。だって、お寿司を毎日食べてるわけじゃないから。
そして海苔も梅干しも塩昆布も日本から持ってきたものだと話しました。
私にとって初めてのスイス人のお友達なので、心を込めて出来る限りのプレゼント。喜んでもらえるといいなぁ。

午後、ガトーショコラをプレゼントすると、逆にサプライズの贈り物を頂いてしまいました。Imgp0330

箱からしてピンクで可愛いシャンパン、ヴーヴクリコ・ロゼ。お誕生日プレゼントにと皆さまから。みんなで飲みましょうと言ったけれど、ご主人様とどうぞとお気遣い頂きました。ちょうどダーリンのお誕生日もあるし、アンゴラ二年半慰労記念で開けようかしら。お祝いのメッセージだけで嬉しいのに、贈り物まで頂いてしまい、嬉しく有り難い一日となりました。

あ、そうそうもう一つ忘れないうちに。キコの前歯が又抜けました。これで前歯上下四本の最後が抜けたことになります。ちなみに抜けたのは、2月3日日曜日、おうちで抜けました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/12 カーニバルの休日

Imgp0250明け方から雨が降っていましたが、日中も雲行きが怪しく、薄日が差したと思ったら、雨が降ってきたり。小ぶりになったり、強く降ったり。一日こういう雨の天気と言うは、初めての経験です。
来た年は、雨の当たり年で、市内がジャングルクルーズになるような雨が、雨期に多く、「新築」にもかかわらず、当時の我が家は雨漏りで、大忙しでした。
去年は雨が少なく、降っても日が昇る頃には止んでいました。今年は、午前中に雨がしとしと降るような感じ。一時間まとまった雨が降った日もありましたが、それも一、二度です。
Imgp0245

今日のカーニバルは、海辺のエリアで開催されると聞いています。渋滞や交通規制に巻き込まれるのは嫌なので、我が家は家から出るのを控えました。それで、家族でのんびりベランダでシュラスコをしました。

休日の今日は一日、フロランタンと言うお菓子を作ったり、次の休暇についてダーリンと話して、ネットでフライトや宿を探して過ごしました。キコとミコは、お昼の間、ベランダで遊んだりしていました。

最近、お洗濯ものを干したり、段ボールを保管している部屋を「子供部屋」にしてほしいとキコに頼まれました。入口には「ここがふたりのへや」という貼り紙です。
Imgp0269

ドアは開けっぱなしにしてもらっていますが、自分たちの部屋ができて、嬉しそうです。気が付きませんでしたが、もう、そういう時期なのかしらねぇ(笑) 三歳のミコには明らかに早いけど、ネエネと一緒だから楽しいんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/11 半年の休暇って


Img_0557
日本は建国記念日で休日。でも幼稚園はあります。
朝は家族揃って登園ですが、普段のお迎えはドライバーの運転で、私がお迎えなので、今日はパパ運転で父母が揃ってお迎えで、子供たちは嬉しそう。
アンゴラは今日は、普通の日な上、月曜日は海辺のレストランもお休みなので、そのまま家に帰ってきました。

私は暑いし、日差しが強く、土ぼこりが舞うベランダに出るのも嫌なのですが、夕方ダーリンがベランダに出ると、
キコもミコもベランダで絵を描いたりして、過ごしていました。

そうそう、今日の幼稚園のお迎えの時のこと。
クラスメイトのフェデリコ君のママと話していました。スイス人のママなのですが、来週からアムステルダムに半年休暇でいくんだそうです。
えぇぇ、半年って長すぎ!!長期なので、アムスのフレンチスクールに通うんだとか。ご主人は個人事業主だし、彼女の実家はスイスで近くなるし、と思っても、半年の休暇と言うのは、私の理解を超えています…。ですが、仲のいいクラスメイトのママの一人だったので、寂しいですね。6月末で今の学年が終わるまで、二週間の休暇が二度ありますが、まだまだ日常的に会えると思っていたので、残念です。

写真は、駐車場にあった結婚式用の車。花や布で飾ってありますが、ナンバーが隠れてもいいのかしら、ねぇ?いつも停まっているベンツなので、きっとお式のために、お貸しするんでしょうね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/10 お礼と歓迎と

Imgp0193_2
先日、飛行機の機内持ち込みで、一眼デジカメを日本から持ってきて下さったご夫婦のお礼と、奥様の歓迎の意を込めて、ランチ会をしました。他にも彼らの同じ組織の方に声をかけてもらい、我が家も含め、大人6人と子供二人のランチ会です。
だいぶ慣れたと言うよりも、材料が前日までに結構買うことができていたので、前夜から準備。アンゴラにいると、ある材料でどこまで作るかが重要だし、おもてなし料理というのにも限界があるので、あるもので、出来るものを多めに作ると言う感じになってしまいます。

私も一緒に飲んで会話に参加するので、途中で調理するのは嫌で、作っておいて、順次並べたり、補充するかんじ。昨日買ったチーズ、ダーリンがブラジルで買ってきてくれたナッツ、オリーブなどをつまみながら、乾杯。Imgp0196

鶏の丸焼き、もやしナムル、野菜の浅漬け、ひよこ豆のサラダ、人参ツナピラフ。そのあとは、ポップコーンや海老せん(いただきもの)でつないで、最後はカフェとヨーグルトケーキとプリンで終わりました。

よく飲んでたぁくさん喋って、つまんで、楽しいひと時を過ごすことができました。スパークリングワインを入れて、6本ワインが空いていましたね~。
キコとミコは、先週赴任された奥様にもあっという間に馴染んで、何度も遊んでいるお姉さんと交互に遊んでもらい、楽しそうにしていました。今日もまた楽しい時間を過ごすことができました、どうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/09 モデルデビュー(笑)

Imgp0186
今朝は土曜日ですが、フランス人学校のクラフトフェアでした。
去年もあったのですが、私達はいかず、今年初めて出かけることにしました。アフリカの絵や彫刻、骨董などのほか、アフリカの布を使ったバックやアクセサリー、お洋服などの販売がありました。
地方都市ルバンゴのチーズやヨーグルトも売っていたし、パンなどの販売もありました。

実は今日はモデルデビューの日(笑)
9時半にカフェテリアに集合して、服を合わせます。ブラジル人のRitaさんが選んだ、アフリカらしい柄のワンピース。同じ布でキコとミコにもワンピースを作ってもらいました。
その服で赤じゅうたんを歩きます。DJ(こちらも保護者)もスタンバイしています。
Imgp0091

続々と子供たちやママが集合~。私はキコとミコと同じ柄のワンピースと、他に前を合わせるキモノ風なノースリーブが一着。他の人も多くて、3着位だったのかなぁ。
待っている間、ドキドキ。外には赤じゅうたんと音楽の効果で、どんどん人が集まっています。と言っても、家族や学校関係者ばかりですから、アットホームな感じです。
ドキドキは、それぞれにあって、衣装を着て待っている間、目が合う子供たち、ママ達と「ドキドキしちゃうよね」なんてゼスチャー混じりで話していました。
さぁ順番です。

ミコは練習では余裕があったのに、当日はやはり泣きべそ気味で、抱っこで参加。キコはほほ笑む余裕もありませんでしたが、ちゃんと歩いてくれました。他に韓国系カナダ人のソンミさんも、娘のアインちゃんと一緒に出場しました。
Imgp0179


彼女の家のプライベートセールに、一緒に買い物に行った際、Ritaさんが声をかけて、彼女もこのショーに参加することに。多国籍のママと子供たちのファッションショーです。

一度終わると緊張は解けて、着替えるのもみんな大胆に。ポルトガル人のママとは、お互いガードルを触って、コレは必要よねぇと笑うほど。音楽も入って、かなりノリノリ。
緊張したけど、楽しかったです。最後はまた子供たちと歩いて、参加者全員で並んで、Ritaさんが挨拶。一緒に参加する子供たちやママたちとの一体感も良かった。こういうイベントは新鮮で、とても楽しかった。

ダーリンもたくさん写真を撮ってくれました。楽しかった~、みんなありがとう!モデルに選んでくれたRitaさん、素晴らしい機会をありがとう(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/08 突然工事

Img_0537
このマンションに住んで10カ月になりそうですが、午前中にインターホン(地階にある外のドアをつなぐ電話)の工事が突然ありました。
が、イマイチ使い方の説明が理解できません。彼の言うことは理解できたけれど、言うことの中に使い方の説明はなかったような・・・(苦笑)
玄関脇の外側、ドアの横にあるブザーも機能していないので、それを言うと「また来週来る」と言って行きました。

エレベーターホールの電気は一週間消えたまま。
チカチカした時から、管理人に「電球を替えて」といって、切れてからは「早く替えて」といっているんですが、その旨話すと、彼は「うちらの仕事じゃない」と。そりゃそうなのですが、「毎週毎週言ってるんだ」と愚痴ったら、「そうさ、毎週毎週言わなくちゃならない」と笑いながら隣の家に向かっていました。

そうだねぇ、笑っていられればラクだよねぇ。もっとおおらかに気を持ちたいけど・・・
アンゴラが長くなると、ストレスがたまりやすくなって笑えなくなっちゃうんだなぁ・・・。

今日は車が表示する外の気温が41度になっていました。
ダーリンはあてにならないと言いますが、正確さは別にして、とにかく暑いのは確か。アンゴラの日差しの強さ、気温の高さは、日本育ちの私にはキツイ。幼稚園のママたち(主に白人)は揃ってサングラス姿です。青い目の人には、ほんと厳しいらしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/07 リハーサル

Img_0542
先日ムスロ島にわたるボート乗り場で、一眼デジカメをとられた我が家。
アンゴラに戻ってこられる駐在の方に、お願いして、持ってきてもらいました。カメラに限らず、パソコンやビデオカメラなどは、スーツケースには入れられません。破損の恐れがあるし、盗まれることが多いので、機内持ち込み荷物になります。
一眼デジカメともなると、非常に重たくて大きい。実際に私が受け取った時、その大きさと重さに驚いて、心底申し訳なく思ったほどでした。
それを快諾してくださり、持ち込んでくださったこと、本当に有り難く、感謝感謝の私とダーリンです。

さて、そのあと、リハーサルに出かけました。
実は土曜日、フランス人学校ではクラフトフェアなるものがあり、関係者が手作りの服やバック、アクセサリーを販売したり、飲食ブースも出るイベントがあります。
Img_0541_2


ブラジル人のRitaさんが、アフリカの布で作る服のファッションショーを当日行うのですが、それに私とキコとミコが選ばれて参加します。そのリハーサル。
背が高い人、小さい人、やせてる人、太っている人、いろんな肌の色、髪の色、目の色、年齢も国籍も多様なママたちのイベントです。赤い絨毯(どこから持ってきたのか、既にあった)が敷かれ、フランス人のDJも登場~。リハーサルもどきをやりました。

結構面白くて、私はノリノリ(笑) キコは「嫌だ~」といいますが、ミコは「楽しいね」と言っています。私はこういうのが楽しい人で、演劇部だったり、生徒会長だったりしたのが影響したのかしら…。イベントのないアンゴラ生活ですから、楽しい工夫をしかけてくれる人がいるなら、ぜひにもと乗ってしまう私です。

そうそう家の前に停める場所がなく、すこし遠くに停車させたうちの車と運転手。そこまで、友達の家の運転手が、頼まないのについてきてくれました。英語ができる人で、ナミビアと南アで勉強したとか。親切にどうもありがとう!とお礼を言うと「ただ散歩したいだけだよ」とキザな台詞(笑)でもありがたいです、子供がいると襲われないけれど、あぶない地区だったので・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/06 あんパンの朝

Img_0511
辛い時の後は、いいことがあると決まっています。
昨日は、邦人のお友達がなんと「あんパン」を作って、届けてくれました。彼女に話したわけじゃないので、偶然なのですが、嬉しかった~。あんパンですよ!この感動は、日本人だからこそ分かるもの。今日の朝食に、家族揃って頂きました。美味しかった~。

続いて、同じマンションに住む予定だったフランス人のお友達シャンタールさんから、メールが来ました。無事にフランスについたこと、お手紙や折り紙のお礼など。お譲さん達の様子も書いてありました。
思い出して、メールをくれること、その行為が嬉しいし、アンゴラで出会えた幸運に、感謝する瞬間です。

フェイスブックでもアンゴラにいた友達から応援メッセージ。
他にも同じように断水にヤキモキして、一緒に疲れてくれたり、励ましてくれる友人からのコメントに、気持ちを盛り上げます。

Img_0539


アンゴラだから仕方ないし、待てば給水車はちゃんと来るけれど、断水はなくならないし、水が出るまでの間隔が改善されていない。むしろ長くなっている現実。
そこに明るい未来を見つけることができず、この国の現実に悲観的になってしまうのです。でも、そこに引きずられず、頑張って前向きにならなくてはと思います。

今日はミコが成績表を持ってきました。先生からは手書きでしたが、ダーリンが解読してくれました。読めばわかるなんて、やはり凄い。ポルトガル語をちゃんと出来るダーリンは、私と違って仏語の理解も早いです(その逆は私…:笑)。

キコから聞いたのは、「お箸」の仏語。Baguettes(バゲット)って、棒状のフランスパンのことをいいますが、お箸のこともそういうんですね。辞書によると、細い棒、鞭、杖のほか、箸や太鼓などのバチ、指揮棒なども言うんだそうです。いい勉強になりました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/05 断水(22時間)

Img_0484
昨日の午後3時半から、断水です。22時間断水していました。
書くのも嫌なくらいに気分が落ち込みます。だってさ、学習しな過ぎでしょう?マンションの管理人と言う仕事なのに、水の管理ができないなんて、しかもこの頻度。管理人の能力もあるんでしょうが、彼を通して、この国の未来を憂いてしまいます。
妙な脱力感・・・街はどんどんきれいになっていくけれど、人が変わらなければ、決して国は変わらないし、変わることができない。

毎日見る独立の父アウグスティーノ・ネットの銅像。今日は語りかけてしまいました、「あなたはこの国をこんな風にしたかった?一部の人が潤い、自分のファミリーだけを大事にするような国にしたかった?」と。

Img_0485


ダーリンは、「元気だしなよ」と言って休暇の話を積極的にしてくれました。幼稚園のママ友には、会う友達ごとに「昨日から水がないよ」とういと背中をさすってくれたり、「大変だよね」と同調してくれたり・・・そういうダーリンや友達がいるから、アンゴラにいられるような気がしています。

帰って来た後、ほどなくして水が戻りました。22時間の断水、いずれ水は出るようになりますが、どんどんその間隔が延びている。学習の成果が見れられない、それもまた私に疲れを感じさせる原因でもあります。

写真はアウグスティーノの銅像の背後の写真と、道がきれいになって開催されている自転車レース(昨日)の様子。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/04 独立闘争開始の日(休日)

Img_0499
今日はアンゴラは、独立闘争開始の日で休日です。つまり三連休でした。
体の調子がイマイチですが、お昼は私のお誕生日記念でレストランへ。しかーし、希望のレストランは二軒とも(オンダとLuanda Grill)お休みで、海沿いレストランはどこも駐車している車の数が半端なく、それ以前に暑すぎて、車から降りるのも嫌なくらい。
それで、いつもの安心のシェウーでお昼ご飯を頂きました。家族の好きな春雨サラダ、ミコの好きな茄子炒め、キコの好きな餃子、それに麻婆豆腐や筍と鶏肉炒め、ご飯を注文して、満足のランチでした。

写真のケーキは、先週フローレンスさんから頂いたフランス土産のバニラパウダーで作ったパウンドケーキ。レシピも彼女から頂いたものです。日持ちするかんじが伝わるような甘さ。でもこれがまた美味しい~。暑い国にいるせいなのか、日本にいないせいなのか、甘いものは、しっかりと甘い方が美味しいです。
頂いたレシピの材料は、明らかに私のパウンド型の二倍以上に感じたので、全てを半分にして、手持ちのパウンド型で焼きました。
Img_0508_2


しかし、午後から断水で、やる気も起こらず、「となりのトトロ」を観て過ごしました。アニメですが、日本の湿度ある空気を感じて、懐かしくなりました。
写真の王冠は、ピンクはキコ作。カラフルでパスタやお豆のついたほうはミコ作。1月は王冠にちなんだケーキを食べるらしく、王冠を作ってきて、持って帰ってきました~。ミコのは、いろいろついているので、重たいです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/03 ヌテラが・・・

Img_0417
昨日に引き続き、午前中はお買いもの。2日連続して、大きめのスーパーに二店舗行けば、大概のものは買えるようになりますが、それもラッキーなほうです。
調味料売り場をのぞけば、粒マスタードも法外じゃない金額で売ってるし、ブラジルやポルトガル製の醤油も見つかる。ケチャップやマヨネーズもブランドがいくつかあって、ねぇ。なんかしみじみします。
迷えるというのは、贅沢なわけですから。
ただ私の大好きなチョコレートスプレッドのヌテラの特大サイズが値上がりしていました(涙) もともと1000円位でそれでも高い方ですが、朝食の楽しみに買っていたヌテラ。それが1500円近くに跳ね上がり…えー!!
アンゴラなので、諦めることも覚えていますが、うぬぬ。悲しい。

お昼は、家族でレストランへ行こうと話していましたが、明日も休日のアンゴラ、希望のレストランは休みだったし、夫婦ともに体調がすぐれないので、家でのんびりすることにしました。
先週は毎日ケーキを一個作ったり、沢山の人からお祝いの気持ちを頂いて、それに応えようと、気合が入りすぎた反動かもしれませんね。
毎日の生活をそのままに受け入れて、そのままに取り入れていけるようになりたいけれど、まだまだ道は長いです。

今日は節分ですが、今年は節分のお豆もないので、そして体調もイマイチなので、恵方まきも作らず、豆まきもせず、静かにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/02 プールとBBQ

Img_0476

今日は邦人宅でBBQに招いていただきました。
前夜から作っておいたお惣菜ですが、品数が足りなかった…。炭水化物を持って行った方が良かったと反省ですが、私一人では、大人8人、子供2人、食べる人みんなの胃袋を満たすのには、限界を感じた日でもありました。

さて、お仕事で関係のある組織の女性陣もいて、キコとミコは大喜び。いつもあぁしろ、こうしろ、というプンプン母さんより、きれいで素敵な格好をしていて、何をしても付き合ってくれる若いお姉さんが大好き。そりゃ、当然ですよね~。

プールは、ダーリンを中心に、他のパパ達(我が家以外単身赴任なので)と遊んでいました。私は、作ったお惣菜を並べて、よくのんで、よくしゃべりして、楽しみました。
キコは、腰につける浮きだけで泳ぎ始め、ミコも腕だけにする浮き輪だけで泳ぎ始めました。足のつかない所でもどんどん泳いでいくし、ミコは水が好きになってきたようで、自分からザブザブ入ってくれるのが頼もしいです。
その分ダーリンが疲れるのですが、子供たちは水はパパと入る場所だと思っているので、良かったです。私だと頼りないし、基本私は荷物番がお役目なので(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/01 名入りケーキ

Img_0456

今日は韓国系カナダ人のソンミさんが、自宅で私のお誕生日会をしてくれました。
シーフードたっぷりの韓国麺とキュウリと白菜のキムチ!それだけでも大満足なのに、さらに80ドルする名前入りケーキを頼んでおいてくれました。

この「生活が大変」なルアンダで、自分の子供のこと、家族にかかわらうことだけでも大変なのに、ましてや37歳の私の誕生日のために、金額以上にそこにかかる労力を思うと、言葉にならないほど、嬉しかったです。
今でこそ、渋滞はましになってはいますが、韓国食材はここでは手に入らないので、粉末唐辛子などは国外から持ってきていますし、キャンドルや名入れだって、ひと手間以上かかるわけです。Img_0453


本当に有り難かったです。後から彼女は「自分がルアンダで出来るベストをつくしたし、それを喜んでもらえてうれしく、友達のお祝いを出来て良かった」と言ってくれました。
この大変な国だからこそ、神様はちゃんと見ていて、人との巡り合いの中に、大切なものを見つけられるように、そういう人同士が出会えるように、なっているような気がします。
Img_0473


邦人のお友達も子供たちも参加してくださり、37歳の私のお誕生日です。一緒に歌って、キャンドルも吹き消してくれました。記念撮影もしました。とても有り難く、嬉しかったです。
お友達が作ってくれたメロンパン、そしてリンゴとサツマイモのケーキもお土産に頂き、至れり尽くせりのお誕生日会でした。みなさま、どうもありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/01/31 37歳になりました

Img_0419
今日は午前中、ブラジル人のお友達の家で行われたプライベートセールに初めて、行ってきました。
アフリカの布で服を作ってくれているの。安くはありませんが、記念になるし、アンゴラで着るには申し分ない縫製(笑)誕生日ということで、三着も買っちゃっいました。
一緒にカナダ人の友達と行って、二人で試着して買い物を楽しみました。途中フランス人の友達や日本人のお友達が来て、楽しかった。
ブラジル人のリタさんは、明るいブラジル人。ご主人との結婚式の写真を見せてもらったら、なんとサンパウロのイタリア人街のレストラン。私も行ったことがあるので、その話でも盛り上がりました。

アンゴラは食材以外を買うような場所がないので、こういうところに来ると、盛り上がります。特に長くなると余計に反動が付くと言うか…つい買い物を楽しんでしました。

Img_0420

幼稚園のお迎えに行ったら、フローレンスさんが、私に小瓶を渡してきました。
受け取ると「バニラパウダーよ!」とのこと。ご主人がフランス出張で、買ってきてくれたものだそうです。以前、彼女から美味しいパウンドケーキを頂き、レシピももらって作ろうとしたら、必要なバニラパウダーが、アンゴラにはもちろんですが、ケープタウンにもなかったのでした。それでその話を毎日会う中で話していたら、覚えていてくれたようです。
とても嬉しかった!!つい、私、今日誕生日だから、こんな嬉しいプレゼントないわ!と言ったら、彼女も喜んでくれました。もともとは、彼女が喉にスカーフを巻いていて、どうしたのかと聞いたら、喉が痛いと教えてくれ、日本のトローチをおすそ分けしたお礼がケーキだったのです。
いいことは巡るんですね~。私はただ毎日挨拶できるだけで、楽しくて嬉しいのですが、とてもうれしい出来事でした。

午前中のお買いもの、リタさんは主に仏語とポ語、それをソンミさんに英語で話していImg_0423

たら、多分、相当私の脳みそは疲労したようです。午後、子供とスゴロクしていたら、居眠りしていました。そうそう今日キコは幼稚園の前半の成績表を持って帰ってきました…。コメントだけ、解読しました。

昨夜から両家両親からお祝いのメールが届き、Facebookでも世界各地から沢山お祝いのメッセージが来て、朝一番にはダーリン、起きぬけのキコからはおめでとう!と言ってもらいました。ミコは「ママ、イチゴのケーキがいい!」と言ってくれましたが、それはお誕生日が分かっている証拠です。
会う友達にも、自ら言うので、今日は沢山おめでとうを言ってもらいました。キコが先生にも話したので、先生からも(笑)

みんなに「素敵な一日&一年になりますように」と言われた通り、素敵になるように意識して、過ごしてみました。それを続けるのは容易ではありませんが、前向きに、ほどほどに頑張って、今年一年も素敵に生きていこうと思いました。
Img_0437

ダーリンからは普段に使えるネックレストップ、子供たちからも素敵な絵をもらいました。バースデイケーキは、イチゴがないので、桃の缶詰とバナナでスポンジケーキを作ってみました。それを、キコとミコが銀の砂糖菓子を飾ってくれて、なかなか可愛いキラキラのケーキになりました。

大変なアンゴラ生活ですが、私はとても幸せです。本当にそう思えます。

だいぶ時間が開いてしまいましたが(書く気力がわかなかったのです)、在アンゴラ日本大使館のホームページに奮闘記第7回「お買い物のこと」をUPしていただきました。宜しければ、覗いてくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/01/30 手作りキムチ

Img_0416
幼稚園で会うフィリピン人のお手伝いさんが、「お手伝いさんがほしくなったら、言ってね!」という。
「私は主婦だし、子供二人だけだし、大丈夫。でもなんで?」というと、「私、あなたの家族を見てると、幸せな気持ちになるの!もしお手伝いさんが必要なら、私が働いてあげる」って。嬉しかったです。
子供も二人だし、ミコも去年の9月からは幼稚園に入るようになって、しかも私は主婦。我が家には、掃除とアイロンかけのお手伝いさんが週一度くるくらいなのですが、そうやって言ってくれたのは、なんかとてもうれしかったです。

それから、美味しそうな匂いが映ってるかなぁ?
キュウリのキムチを、お友達のソンミさんが作ってくれました。キュウリのキムチって食べる?と言ってくれた彼女。私が喜ぶと、先日中華野菜からキムチの分のきゅうりを持って帰ってくれました。そしてちょっとうちに寄った昨日、持ってきてくれたのです。
明日以降が食べごろと言うので、食べずに我慢。手作りのキムチは、もう最高に美味しくて(笑) 私のおやつになってしまいます。
彼女には、誕生日プレゼントを前日受け取りした気分だからと伝えると、笑っていました。

Img_0398

さて、二枚目の写真はアンゴラのウアンボという州での「日本式田植え」のテレビ報道です。
ダーリンの組織の稲作の専門家のおかげで、アンゴラで稲作が始まりました。日本の支援は、やはり地味。だけれど、確実にしっかりと人を育て、その国の力になっていくものだと、私は感じています。
大事なのは、人、そして教育。と書きながら、私も一人の日本人。アンゴラにいるわずかな日本人の一人だから、
恥ずかしくないように、でも私らしく、今日も頑張ろうと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/01/29 会話に詰まっているもの

スーパーに行ったら、お友達に二人会って、立ち話。校門が開く前にママたちとまた立ち話。ささやかなひとときが、私を楽しませてくれます。

アンゴラ航空で隣国ナミビアに旅行をした友達家族。
乗った飛行機が、なんと燃料切れでアンゴラの地方都市の空港ルバンゴに一旦降りたんだと教えてくれました。国際線ですよ…っていうか、あり得ない。彼女が笑いを抑えられないようで、笑いながら話すので、つられて私も笑ってしまいました。
信じられない、おかしいよね、って笑う私達。周りから聞くと変な英語とポ語での会話ですが、いいんです。私達はちゃんと分かりあってるし、友達です(^-^)

ナミビア旅行で自分のバッテリーは充電されたから、頑張るわ~というので、私は既にバッテリーが減っているから、次の休暇を考えなくちゃ、と話しました。ここでは日常が大変厳しいので、次の休暇をどこで過ごすか、そんな話で盛り上がることも多いです。
駐在が長くなると、行く場所も増え、旅行先の情報を共有できるのがいいです。だいたいアンゴラから行くと、ここの空港から本当に信じられないような出来事が身に降りかかるので、それも含めて話します。

みんなやっぱり色々あって、大変さを会話を通じて共有できるので、やはり友達の大切さをしみじみと感じます。情報の共有と話すことによって得られる気持ちの持ち方。会話するって、大事です。

夜、ダーリンの組織の関係者の方からメールを頂きました。夕方、持って帰ってもらったチョコレートケーキのお礼でした。みなさんが私のケーキを、夕食後に美味しい、美味しいって召し上がってくださったそうです。凄く嬉しかったです。
そしてそれを言葉にして、伝えてくれたことが又、ありがたいなぁと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »