« 2013/03/13 こころの救援物資 | Main | 2013/03/15 一緒に遊ぶ最後の日 »

2013/03/14 歯抜けの間抜けが可愛いのは

Imgp1621
今朝、ミコの担任の先生から「昨日、ミコはフランス語で初めて私に話してくれたの!嬉しいわ!」と英語で教えてもらえて、びっくり。
家ではキコとフランス語で喧嘩したり、ごっこ遊びをしたり、歌を歌っているので、だいぶ分かってきていると思っていたのですが、先生に話して、それがわかってもらえるようになる位までになっていたとは!!
早くも母を超えました(笑)私は地味に自宅学習していますが、やはり難しいです(涙)

子供は覚えるのも早いけれど、忘れるのも早い。
でも、大変ばかりのルアンダの生活の中で、公園も習い事もまともにないようなこの国で、いろんな目や肌の色のお友達と多感に過ごし、そしてフランス語をツールとして使えるようになったのは、素晴らしいし、誇らしく思います。
忘れるのも早いけれど、世界にはいろんな肌や目の色、髪の色、言語がある、それをキコなら二年、ミコなら一年感じただけでも、(マラリアにならず心身ともに健康であることが大前提ですが)きっとこの国に子供を連れて来た価値はあると思いたいです。
そんな話を、幼稚園のお迎えの前に家に寄って、おしゃべりしてくれた友達に話しました。

Imgp1452


今日は断水が二回。朝8時から2時間。これは後からポンプの故障が原因だと知りましたが、どちらにしても断水だったことは変わりません。そして、6時半からまた断水。ダーリンだけ溜め置きの水を、お湯で割って水浴びでしたが、母子はシャワーが使えたので、良かったです。食器洗いは大変でしたけれど。

そして夜の歯ブラシの際、キコの歯がまた抜けました。
上の前歯は三本目。すっかり歯抜けキコリンになっています。こういう歯抜けの間抜けな顔でも可愛いのは、少女だからなんだなぁと笑いながら眺めていました。だって私がそうなったら、明らかに周囲は恐怖の目で見るでしょうからね…。
ちなみに歯が抜けると、会う人ごとに「歯の妖精は来た?」と聞かれます。
欧州の風習なのか知りませんが、抜けた歯を枕元に置いて寝ると、朝、その歯を妖精が持っていき、代わりにプレゼントがあるんだそうです。毎回そう言われるのですが、うちは日本式を採用(笑)
だって、毎回プレゼントをしていたら、何個必要なのかしらと思うから。日本式で日本に帰ったら投げる予定です。失礼かとは思いますが、アンゴラの地に埋めたくないの心境なので…(苦笑)

ちなみにミコは「一人寝」が大ブーム。Imgp1388

洗濯物を干している部屋で、厚めの綿マットの上に布を敷いてあげると、そこに枕を持って行って一人で眠っています。もう五日目です。それで朝、ひょこひょこ起きてきて、今朝などは顔を洗い、夜のうちに準備しておいた服に着替えて、オハヨーとご機嫌さんに起きてきます。
キコは人気(ひとけ)がないとダメで、寝室でもミコがいなければ一人では眠れず、ソファーで眠ることも多いです。機嫌良く起きられれば、朝のお支度もだいぶ一人で出来ています。日本の部屋事情的には、家族で川の字で眠っていることは、非常に経済的なんだけど…もうミコさん、一人寝しちゃうのかしら。
ちょっとさみしいママです。ま、エルボーやキックで起きることはなくなるでしょうから、それはそれでいいんですけれど。

そうそうこの写真の素敵な食べ物は、アルメニア人のターラーさんが作ってくれたアルメニア料理!「ICHI(イチ)」という名前で、パンやキャベツにのっけて食べるんだとか。今日は小さいクラッカーに乗せて食べてみました。酸味があり、おいしい☆ この元になっているトマトチリペーストは、レバノンに住むターラーさんのご両親の自家製。
フフフ、とっても素敵ですね。

|

« 2013/03/13 こころの救援物資 | Main | 2013/03/15 一緒に遊ぶ最後の日 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/56984941

Listed below are links to weblogs that reference 2013/03/14 歯抜けの間抜けが可愛いのは:

« 2013/03/13 こころの救援物資 | Main | 2013/03/15 一緒に遊ぶ最後の日 »