« February 2013 | Main | April 2013 »

2013/03/24 ようこそ!ルアンダへ

Imgp1824久しぶりに郊外に買い物に出かけ、帰って来てから作るお昼ごはんはいつも慌ただしい。でも今日は、焼きたてのパンとブロッコリーが買えたので、パンとステーキと茹でたブロッコリー。
冷凍のブロッコリーは買えるけど、歯ごたえも美味しさが違う。選んできれいなブロッコリーを一つ見つけて買って来たけれど、ステーキより先になくなるほど、キコとミコはブロッコリーが好き。
野菜だから、いつでも、いくらでも買ってあげたいけれどねぇ。
パンにつけるものがたくさんあって、良かったです。レバーペースト、チーズやオリーブのスプレッド。

午後は台所でお料理三昧。同じ組織の方で、ご家族がアンゴラに旅行でいらっしゃるので、うちでお夕飯を食べてもらうことにしました。息子君は時差で爆睡していたそうで、奥様と一緒にきてくださいました。
カフェ経営のプロの奥様を前に、どうしようかと思ったのですが(何せレパートリーが少ないものですから)、結局、鶏の丸焼きやら酢漬けやらツナ人参ピラフやら、定番料理ばかりを出してしまいました。ま、アンゴラですから、ご容赦いただきたく(笑)、アンゴラのせいにしている私です。

同じ組織のこちらの方は、駐在が半年以上経ったのですが、今日は奥様が来て、嬉しそうなのが、本当によくわかり、とても微笑ましかったです。それにママ会話ができたのも、私には嬉しく、楽しいひと時でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/23 海辺でランチと誕生会二つ

Imgp1698
スーパーで偶然遭ったキコのクラスメイトのママに、土曜日は海辺でランチをしているので、よろしければいかがですか,と誘っていました。
先方が来るか来ないかは別で、自分たちも楽しもうと、Caribeという海辺のレストランへ。ここは邦人のお友達が夕食をしていた時、なんとウミガメの産卵が見れたそうです。しかも偶然!
ダーリンは、ウミガメが来るくらいだからキレイだろうと予測し、私は初めてのレストランなので期待していました。

11時に到着しましたが、ずらりと並んだビーチベッドには人がちらほら。
テーブル席は、ビーチやカウンターとメニューが違ったのですが、ビーチの真ん前で子供たちが遊んでいるところを見ながら、ヤシの木の下を陣取りました。広いテーブルなので、人が増えても大丈夫。来るかなぁと、どうかなぁと思っていたら、リュアンヌ家族が到着~。Imgp1751


初対面のご主人と1歳1カ月の弟君、リュアンヌとママが現れました。
キコは嬉しそう。一緒に波で遊んだり、砂で遊んだりしていました。ミコは混ざったり、一人遊びしたり、私はおしゃべりを楽しみました。
なんとお父さんは、仕事で横浜・根岸に半年勤務していたそうです。えぇぇ!びっくり!更にお母さん側、伯父さんは日本人と結婚したそうで、リュアンヌ家族は日本にご縁のある方だったと知りました。

午後は、エバのお誕生日会へ。
クラスは二年とも違いますが、邦人が住むコンパウンドの住人なので、よく遊んでいたので、誘われたのでしょう。が、しかし、ゲームをすると言って、皆が集合すると、キコはみんながいなくなったお庭でおもちゃ遊び。ゲームが嫌いなんだそうです。主賓パパが手品を見せてくれると(私が大喜びでしたが)、それも無視して、トランポリンで遊ぶ…。
Imgp1752


ただ遊びにきたならまだしも、今日はお誕生日会!参加することに意味があるのに、消極的な態度に腹がたちました。

お父さんの手品の最中、保護者の一人が声をかけて来てくれました。去年異動された邦人のお友達のことをご存知で、今は南アにいることを話し、そこから話が弾んで、しばし盛り上がりました。意外なところで、つながるものですねぇ。
次の誕生日会に向かう時、キコの態度を注意して、あぁいう態度なら、今後お誕生日会に行かない話も伝えました。

この日はもう一つイベントがありました。Ruben君のお誕生日会です。
クラスメイトなので、お昼を一緒に食べたリュアンヌも来ていて、私の注意も利いたのか、前向きに参加していたと思います。初めて会う保護者もいましたが、だいぶ保護者同士、顔も覚え、気さくな挨拶が出来ました。また最近入って来たDavid君のご両親からも「息子が、キコキコって言うんです。私、Davidの母です・・」みたいな挨拶を受けました。
Imgp1799


フランス人学校にいる両親ともに日本人って言う子供は稀なのは、確か。アジア人が少数派なわけです。インターナショナルスクールではないので、主にフランス人とアンゴラ人、その中にいる日本人なので、珍しいのもあるのでしょうね。実際、アンゴラにいる子連れ日本人家族は三家族になってしまったし…。

パーティ用の音楽が、いかにもアンゴラな大音量で、頭痛がしそうでした(涙)でも、パーティは子供は楽しく遊べたようでした。花火つきのケーキもまた凄かった。
それにしても、今日は予定が入りすぎて、疲れてしまった…。貴重な錠剤のキューピーコーワゴールドを飲むことにします。Imgp1816


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/22 虹が見えた!

Imgp1674
今日はあるオフィススタッフの最後の出勤日です。
送別会もやっていますが、現地スタッフと一緒に最後はお茶会をするとのことでした。
現地スタッフは、お酒を飲まない宗派ですし、週末やるとなると教会のミサやら家族連れやらで、用意するのも大変なので、オフィスでサクッとお茶会、いいアイディアだと思います。

それで、ケーキを作りました。いつものバナナシフォンケーキとプルーンのカップケーキ。そして海苔巻。
実は私、日本人であることを理由に、友達から海苔巻を頼まれています。
結構な量なんですが、何よりも巻く経験が必要。ということで、今日も海苔巻を作ってみました。少しは上達したんだろうか…。
Imgp1659

昨日はバナナナッツケーキも作っていて、家の中はケーキだらけ~。どれだけヒマなんだろう、私(笑)
それから、今日はなんと虹が見えました~!アンゴラで虹を見たのなんて、いつぶりだろう。初めてではないような、初めてのような。

ミコは幼稚園で習ったとおりに「MIKO」を書いて見せてくれました。あらまぁ、上手。キコは既に筆記体で「KIKO」を書き始めています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/21 雨の朝

Img_0672
早朝、邦人家族が一家族、異動になりました。
雨だったから大変だったろうに、と思います。荷物を家から車に積むとき、飛行場で車から空港内に運ぶ時も、スタッフがいても、子連れで大変だろうなと思い、とにかく無事の旅になるように、お弁当を作る
手を休めて思っていました。
空港からバスで飛行機の脇まで行っても、最後は徒歩ですから、雨の中、子連れで手荷物も多い中、大変だと思います。子連れの大変さが分かるから、本当に手伝いたいとか、そんな風に思うのです。

登園する7時には雨は上がっていました。雨上がりの街は、空気がきれいです。
唯一窓を開けるのは、雨が降っているときですから、空気の入れ替えも出来て、気持ちが落ち着きます。雨が降ると、緑が緑色になります。普段は埃で茶色なのですが、雨がたくさん降ると土埃が流れて本来の色になります。
そうなると、街がきれいになったような、そんな錯覚を覚えます。
実際、水洗いしてきれいになった状態ですが、水は色々なものを運びますからね。至る所に、池ができ、水たまりにはきっと想像を絶する菌がいるんでしょうねぇ。

Imgp1640


お誕生日会に呼ばれたので、スーパーに買い物に行きました。レジに並んだら、偶然、顔見知りのお姉さんでした。
今日はおもちゃを四つも買いました。ディズニーのパズルや中国製のおもちゃですが、今週末のお誕生日会用です。呼ばれると、家族で行くので、二つ持って行くことにしています。去年のクリスマス近くから、だいぶ物が増え、
値段も手ごろになりました。と言っても、ルアンダ価格ですけれど。
今週、誕生日会が二つあるのと言うと、大変ねぇと笑っていました。

写真は雨上がり、既に5時間以上たったのに、湖のような状態の街中。スーパーマーケット、ジュンボから幼稚園へ向かう道です。
そしてもう一枚は、水を打っている警備員がいると言うので、ペットボトルを、捨てるときにきることにしました。面倒だし、誰かが使うなら、吊ってほしいと思っていましたが、水を売るアホ対策で必要だなとおもって、作業しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/20 断水(8時間)

Imgp1639
明日出国する方が、最後のご挨拶にと寄ってくださいました。歓迎会をしたのに、見送ることになるとは…(苦笑)
ひとしきりおしゃべりをし、車を見送ると、ものすごい喪失感に襲われました。なんだかとても寂しくなった。

そこに追い打ちをかけるかのような断水!
気がついたのは、11時くらいでした。断水の話を、幼稚園のお迎えで校門前で話していると、私と同じマンションの住人を知っている友達から、アンゴラらしいお話しを聞きました。警備員が水を売っていたのを見たとか…。

もともと貯水の管理ができてないのが大きな問題ですが、ありえないでしょ。
しかしながら、アンゴラではよくある話の一つです。運転手が車のガソリンを売って小銭稼いだり、ガソリンスタンドの人とズルを働いて、領収書をごまかしたり。
発電機の燃料が切れて、警備員に買いに行かせたら、裏の家から買ってきたと言い、実はその燃料は、もともとはこっちのものだったとか。戦後10年のアンゴラだからなんでもあり、って感じですが、これがストレスになるわけです。菩薩の境地までは程遠いとしか言えません。

Imgp1633


管理人に「どうして水がないんだ?」とショートメールを送ると「給水車は道の途中にいて、もうすぐ来る!」とのこと。がしかし、この「もうすぐ来る」というのは、アンゴラ時間で、いつなのかは不明。結局そのメールの後、給水車が来たのは6時間以上後だったし、水が実際出たのは、8時間後でした。ベランダから、赤い給水車が到着した模様を撮影。でも、駐車場の入り口をふさいでいます・・・

溜め置き水で、お弁当箱を洗い、夕食の支度をし、後片付けをしました。
ダーリンは少し早く帰ってきてくれて、子供の節水水浴びをしてくれました。もうこういうことを、どのくらいしてきてるんでしょう。慣れるけれど、精神的には慣れないです。どこかで割り切れればいいのに、なかなかそうできないのが私です。
白い物体は、ミルクプリンのようなレバノンデザート。暖かくして頂きます。ジャスミンの香りがする中東の味を、お友達から頂きました(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/19 ポテチ一枚

Img_0674朝からミコは「学校キライなの」とぶつくさ。登園途中もぶつくさ。教室に着くと、久々に泣いて先生に抱っこされてバイバイの朝。ミコさん、複雑なお年頃のようです。

幼稚園のお迎えの前、いつも通りスーパーのジュンボでお買い物。
野菜売り場で、キコのクラスメイトのママを見つけました。話したことはないし、いつもシャトルバス利用のお子さんなので、あまりご両親を見たことがないのですが、母娘が似ているので、すぐわかりました。
向こうも気がついて、笑顔でご挨拶。
そうだそうだ、リュアンヌのお母さんだ!キコから名前を聞いていたので、よかった~。ホッ。
「娘がよくキコ、キコって言うんですよ。今度一緒に遊びましょう」とのこと。最初は仏語でゆっくり話してくれたのですが、私の回答は英語(笑) するとすぐに英語に変えて話してくれました。

ちなみにシャトルバス利用というのは、スクールバスみたいなものですが、学校が運営しているものではありません。
アンゴラは石油が出るので、シェブロン、ブリティッシュペトロブラス、トータルといった石油会社がきています。トータルはフランスの石油会社。ルアンダのフランス人学校の多くの子供たちは、トータル勤務の親を持つ子供たちです。それで、トータルは社宅をもっているわけで、そこから出るシャトルバスがあります。何台もあり、各地区を回ってくるわけです。(写真参照)
Imgp1632


一台に二人くらいの保護者が乗っていて、人数確認などをしているようです。そのシャトルバス利用の子供たちは、親が来なくてもいいので、送迎で子供を待っている間に、仲良くなる私は、その親との接点が私は殆どありません。という経緯があり、リュアンヌのご両親とも接点がありませんでした。
でも先方から話しかけてくれて、連絡先を交換して、近いうち会うことを決めました。
キコがクラスで一番仲がいいのはダリアですが、キコに聞くとリュアンヌとも仲がいいそうです。女子同士で遊ぶのが楽しい年頃のようですから、遊ぶ機会を作ろうと思った私です。

それと、今日はお友達がお豆のスープを作って、渡してくれました。
英国籍の彼女ですが、生まれ育ったのは南アフリカのダーバン。今でもご両親はそこにいるんだそうです。彼女が作ってくれたスプレッドピースープ。グリーンピースみたいな味だけど、ピリッとして、美味しかった。豆好きの子供たちも食べていました。Imgp1630


それから、ミコの幼稚園のおやつ&お弁当バックの中に、紙ナプキンにくるまれたポテトチップス一枚を発見。
ミコに、これどうしたの?と聞くと、「お友達にもらったら、おいしかったから、みんなで食べるの」。ということで、一枚のポテチをキコとミコと私で一口ずつ。最後に小さくなったポテチをまたティッシュに包んで、パパにあげるのと
箱にしまっていました。
折り紙で作った箱の上には「ひろしへ」とキコの手書きの札がついています。妙に美味しかったのは、子供の優しい気持ちのおかげでしょうね。その夜、パパは箱の中の子供の爪のようなポテチのひとかけらを食べて、笑っていました。
Today, I found one sheet of poteto chip in Miko's bag. What's this? I asked Miko.
She said my friend gave me this. it was so delicious, I want to gave my family, so i carried this. I ate one bite, Kiko and Miko, too. at last one piece is there. Miko said this is for daddy. Really small piece, but my heart is warming...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/18

Imgp1620
昨日、お誕生日会のお返しに頂いのは、ディズニーのキッズメイクセット(中国製)と子供用ヘアスプレー(トルコ製)。色もスゴイし、香りも強烈で、顔をしかめたくなりますが、キコもミコも、幼稚園から帰ってくるなり、メイクセットと向き合っています。
昨夜、パッケージを見ながら、ダーリンがメイクセットの説明してくれたので、キコはそれなりにお化粧っぽく使っています。ミコは手のひらを使って、パレットにあるラメ入りブルーからグリーンから、全部の色を顔に部分的に塗りたくっています。

二人で静かに一生懸命やっているので、そのまま母は読書に熱中。ダーリンが大使館の図書から借りてきた「ポルトガル革命のコントラスト~カーネーションとサラザール」(市之瀬敦著)を読んでいます。
ブラジルにいるときは、ポルトガルを感じたことはなかったけれど、アンゴラにいると、ポルトガルを感じずにはいられません。ポルトガル人にもたくさん会うし。歴史書ではないこの本は、とても読みやすく、面白かった。

さて、区切りのいいところで目を上げると、お化粧と言うより、道化師のようなメイクアップの子供たち…。斬新過ぎて、母はついていけません(笑)
パパに見せる~それまで待つというのを制して、カメラに収めました。メイクの後は、その顔のまま、ごっこ遊び。
Imgp1623

三歳のミコ、「明日は南アフリカにいくんだよね、ちょっと遠いとこだよね」という。
私が三歳の時、南アフリカなんて知らなかった。一方キコは「違うよ、パリに行くんだよ」と言う。私は、おばあちゃんちとか、高島屋のアイスクリーム屋さんとか位の発想しかなかった記憶が(笑)

お化粧ブームはいつまで熱が続くやら…部屋にこもったヘアスプレーの匂いにいらつく私です。ちなみに、シャワーで流しても、ラメがなかなかとれず、結局洗顔フォームを使いました。これ、イベント用なのかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/17 お誕生日会

Imgp1591去年同じクラスだったチェイシーのお誕生日会に招かれ、家族で出かけました。別のお友達に、海に誘われていたのですが、キコはクラスが違うのに招待状を持ってきてくれたチェイシーのお誕生日会にいきたいと言ってきたこと。
海の後、早く帰って誕生日会と言うのは体力的にも厳しいので、そちらは辞退し、午前中はお買いものに出かけました。アンゴラの買い物らしく、箱単位で缶詰やワインなどを買うと、あっという間に三万円(苦笑)

さて、夕方、チェイシーのお家へ向かいました。
外観は古く、エレベーターは動く気配がなく、途中の窓はガラスが一部なく、年季の入った階段を上ったところにあるマンションの一室。それらとは裏腹に、中はセンスのいいインテリアでまとめられた、素敵なお家でした。びっくり~。
おじいちゃんやおばあちゃんもいて、その存在が心地よかったです。キコとミコが何か食べると、紙ナプキンをくれたり、ジュースの種類をそろえてどれが好みか聞いてくれたりするチェイシーのおばあちゃん。孫たちが何かやると、一番に拍手して、ご機嫌なおじいちゃん。Imgp1594

日本でもあるような普通の家庭の風景。でもそれがアンゴラにもあるんですね。だから心地よかったです。
ここの邦人社会は、単身が普通で、家族連れも少ないし、祖父母が来るなんてことはあり得ません。なんでもいいよ、いいよと手放しで喜び、遊んでくれる祖父母の存在は、子供には必要なんだろうなって思います。

チェイシーの家の人々は、ポルトガル語のほかに、英語、仏語もできる方々で、言語以前に普通の人々で、私は
居心地良く過ごせました。おばあちゃんの手作りのパンやら干し鱈のグラタンやら、ママの好きなワインやらシャンパンやら、美味しいものを沢山頂きました。
一方キコとミコは、好きなジュース、かわいいクッキーを頂きながら、チェイシーの部屋で目新しいおもちゃで楽しく遊んでいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/16 いいと思うと落とされる

Imgp1520
今月は送別会続き。今日は来週末に帰国する同僚の送別会でした。11時から海辺のレストラン集合。既にビーチにも人がちらほらいましたが、日曜日の朝ほどではなく、とても快適でした~。
土曜の朝はいいかも!!
生ビールがくるまでに30分以上待ちましたが、お店がまだ始動してないからなのか、理由は不明。ですが、アンゴラなので仕方ないですよね…。
みんなで乾杯、美味しい食事をたくさんいただきました。キコとミコは、お姉さん達と砂遊びしたり、とにかくいろんなことをして遊んでもらいました。

海辺にいると、水着、アイスクリーム、炒りナッツ、ポテトチップス、お土産になるような工芸品、サングラスなど、様々な売り子が来るのですが、お姉さんはアクセサリー屋さんから、可愛い色とりどりのビーズがついた長~いネックレスを、みんなに買ってくれました。
売り子が最初に言った値段から、四分の一まで値下げして、購入。キコとミコは大喜び、私まで頂いてしまい、みんなでお揃いのネックレスをしてルンルンでした。

Imgp1559


ルアンダはいいよね、海もあって気持ちがいいし、なんてダーリンに言おうと思ったら、帰りにガツン!
ジュニアシートに座って助手席にいたキコを見て、警察官が検問。その人が言うには、助手席にはアンゴラでは12歳まで乗せてはいけないんだとか。ジュニアシートがあろうが無かろうが、12歳なんだそうです。
そんなこと初めて言われたし、証拠はあるのかと言っても、結局交通規則にはないんでしょうね…同僚も冊子をめくっていたけど、証拠はなく…ただのアホでした。
いちゃもんつけて、小遣いかせぎ。でも一番悪質ですよね…。結局この国の大多数の人々は、まだまだ。先は長いでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/15 一緒に遊ぶ最後の日

Imgp1462
朝には水が戻っていました。ホッ。
かぼちゃケーキを作り、バナナシフォンケーキを作り、午後は外出なので、夕食のおかずを一つだけ作って、腰を下ろすともう一時間半後にお迎えの時間。

読み終わっていない本を読んでいると、なんとなく雨の気配。
雲がもくもくしてきて、暗くなってきました。これは来るな、と思ったら、案の定、お迎えの時間にどんぴしゃり。車がきれいになるほど、雨が降り続きました。結局3時間位は降っていました。
結構量の多い強い雨が降ったので、街は至る所、池ができており、二社ある携帯電話の一社は雨が原因か不通になるし、幼稚園のお迎えで校門はごった返すし、校舎も一部雨漏りしていました。
Imgp1504


そんな中、新築の我が家のマンションは雨漏りもなくセーフ。友達は、台所が洪水になったと怒りまくっています。怒りがものすごく派手で圧倒された私。あとからあの行動はよくなかったと謝罪メールまで来ましたが、確かに
怒りの塊になってたもんなぁ。でもあぁなっちゃうのがアンゴラだと思います。ま、でも溜めておかず、発散させて良かったんじゃないかなぁ。

午後は幼稚園の後そのまま邦人のお友達の家に行きました。
途中、先月来た奥様を乗せて、一緒に行ったのですが、なんと雨のせいか携帯電話が不通でお家のドアを叩いてお迎え・・・なんともアンゴラな感じです。そこにもう一人の奥様も合流して、なんとも賑やかな午後となりました。そして美味しい手作りお菓子も満喫~。なんて美味しいんでしょう。すっごいおいしかった~!

Imgp1470


雨がやんだので、外遊び。至る所にいるカタツムリを捕まえたり、花を摘んだり、ただ歩きまわったり、そんなことをして遊んでいましたが、それはそれで楽しいようです。
お外遊びができない我が家なので、貴重な外遊びを満喫したキコミコです。良く遊んだお友達家族は、来週にはお引っ越し。寂しいけれど、アンゴラは長く居るに国ではありませんから、笑顔で見送りたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/14 歯抜けの間抜けが可愛いのは

Imgp1621
今朝、ミコの担任の先生から「昨日、ミコはフランス語で初めて私に話してくれたの!嬉しいわ!」と英語で教えてもらえて、びっくり。
家ではキコとフランス語で喧嘩したり、ごっこ遊びをしたり、歌を歌っているので、だいぶ分かってきていると思っていたのですが、先生に話して、それがわかってもらえるようになる位までになっていたとは!!
早くも母を超えました(笑)私は地味に自宅学習していますが、やはり難しいです(涙)

子供は覚えるのも早いけれど、忘れるのも早い。
でも、大変ばかりのルアンダの生活の中で、公園も習い事もまともにないようなこの国で、いろんな目や肌の色のお友達と多感に過ごし、そしてフランス語をツールとして使えるようになったのは、素晴らしいし、誇らしく思います。
忘れるのも早いけれど、世界にはいろんな肌や目の色、髪の色、言語がある、それをキコなら二年、ミコなら一年感じただけでも、(マラリアにならず心身ともに健康であることが大前提ですが)きっとこの国に子供を連れて来た価値はあると思いたいです。
そんな話を、幼稚園のお迎えの前に家に寄って、おしゃべりしてくれた友達に話しました。

Imgp1452


今日は断水が二回。朝8時から2時間。これは後からポンプの故障が原因だと知りましたが、どちらにしても断水だったことは変わりません。そして、6時半からまた断水。ダーリンだけ溜め置きの水を、お湯で割って水浴びでしたが、母子はシャワーが使えたので、良かったです。食器洗いは大変でしたけれど。

そして夜の歯ブラシの際、キコの歯がまた抜けました。
上の前歯は三本目。すっかり歯抜けキコリンになっています。こういう歯抜けの間抜けな顔でも可愛いのは、少女だからなんだなぁと笑いながら眺めていました。だって私がそうなったら、明らかに周囲は恐怖の目で見るでしょうからね…。
ちなみに歯が抜けると、会う人ごとに「歯の妖精は来た?」と聞かれます。
欧州の風習なのか知りませんが、抜けた歯を枕元に置いて寝ると、朝、その歯を妖精が持っていき、代わりにプレゼントがあるんだそうです。毎回そう言われるのですが、うちは日本式を採用(笑)
だって、毎回プレゼントをしていたら、何個必要なのかしらと思うから。日本式で日本に帰ったら投げる予定です。失礼かとは思いますが、アンゴラの地に埋めたくないの心境なので…(苦笑)

ちなみにミコは「一人寝」が大ブーム。Imgp1388

洗濯物を干している部屋で、厚めの綿マットの上に布を敷いてあげると、そこに枕を持って行って一人で眠っています。もう五日目です。それで朝、ひょこひょこ起きてきて、今朝などは顔を洗い、夜のうちに準備しておいた服に着替えて、オハヨーとご機嫌さんに起きてきます。
キコは人気(ひとけ)がないとダメで、寝室でもミコがいなければ一人では眠れず、ソファーで眠ることも多いです。機嫌良く起きられれば、朝のお支度もだいぶ一人で出来ています。日本の部屋事情的には、家族で川の字で眠っていることは、非常に経済的なんだけど…もうミコさん、一人寝しちゃうのかしら。
ちょっとさみしいママです。ま、エルボーやキックで起きることはなくなるでしょうから、それはそれでいいんですけれど。

そうそうこの写真の素敵な食べ物は、アルメニア人のターラーさんが作ってくれたアルメニア料理!「ICHI(イチ)」という名前で、パンやキャベツにのっけて食べるんだとか。今日は小さいクラッカーに乗せて食べてみました。酸味があり、おいしい☆ この元になっているトマトチリペーストは、レバノンに住むターラーさんのご両親の自家製。
フフフ、とっても素敵ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/13 こころの救援物資

Imgp1434
今日は邦人のお友達が遊びに来てくれました。
今ルアンダにいるのは、三世帯6人。1歳から5歳のキコまで、なんだかんだと追っかけたり、喚いたりしながら、叫んだりしながらも、遊んでいました。キコもミコもきゃぁきゃぁ言って、逃げながらも楽しそう…。

私は初めてかぼちゃケーキを作りましたが、バターナッツと呼ばれるこちらで買えるかぼちゃで作ったら、子供に大好評~。ママ達からもコーンフレーク入りさくさくクッキーやオレオ入りチーズケーキを頂きました。スゴイ美味しかった~☆
子供が食べている間、ママたちは立ち話。結局座ってゆっくりお茶というのは、子供の年齢的にもまだ難しく、それぞれ子供の近くに立って、そのまま会話(笑)

Imgp1456


更に午後には、南アに異動したお友達のご主人が、出張でこちらにお越しになり、市内の移動の途中に、救援物資(笑)を持って来てくれました。
レトルトのスープの素やカレーペースト、お菓子ミックスやおしゃれなオリーブなど、わくわくするような素敵なものばかり。奥様にメールをして、やり取りをしていたのですが、生活をハッピーにするものばかりでした。

アンゴラの苦労を分かっている人っていうのは、つまり同じように生活を管理している人ということですが、もともと少ないし、来た当初とは今はだいぶ良くなっているので、もう私が最後かなぁと思います。いや、それぞれに今も大変ですが、物は豊富になっているし、値段も手が届く幅になってきたし、道も舗装された部分も増えて渋滞も一時間以上かかることはまれになったし、水の匂いとかだいぶ良くなっていますから。
ほんと、頂いた救援物資は、私の心に届く有難いものばかりでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/12 雪だるまがいる広い空

Imgp1397
スーパーマーケットのジュンボに出かけました。
そこで友達のイングリットさんに偶然遭ったので、私がこの数日睡眠が浅い話をすると、彼女も夜中起きて眠れない日がある話をしてくれました。
空いているレジ並んだら、顔見知りのレジのお姉さんのところ。今日のワンピースを褒めてくれて、子供は元気?と尋ねてくれます。私はそんな会話で、嬉しくなるのですが、私の後ろに並んだ友人は、一キロ当たり3000円の輸入パプリカを二個買って、800円程度だったことに、呆れ返って言葉をなくしていました。
私の場合は、敢えて買わない、という選択肢なんですけれどね。

そのまま校門の前で降りていくと、お友達の顔を見つけることができました。
休暇中、家族で風邪をひいたり、下痢になってしまったお友達には調子を聞きます。彼女は、去年からのお友達で、美味しいキッシュをご馳走してくれました。
休暇から戻ったら発電機が故障していたお友達には、いつでもうちに来て、シャワーして、洗濯機を使い、台所を使ってもいいし、食事に来てもいいからね、と伝えました。彼女はうちとご近所さんで、我が家の車が故障していた時も、一週間、幼稚園から家まで送ってくれていました。Imgp1399

大変な国、子連れで余計に大変だからこそ、助け合い、優しい心に触れることができるのがアンゴラです。私もたくさんそうやって助けられています。

最近また渋滞がひどく、徒歩20分の距離を、車で40分かかって帰ってきました。今日のおやつは、キュウリ!中華農場のキュウリは、日本のキュウリより大きいですが、味や質感は日本と同じで、子供たちは大好きです。ディズニーのライオンキングを観賞しながら、お供はポップコーンではなく、キュウリそのままです(^-^)

お風呂の前、三歳のミコは窓の外を指さして、「雪だるまが歩いてくる~。どこに行くんだろうね」と言う。するとお空には確かに雪だるまの雲。ほんとだね、目の前には広いアンゴラの空と雪だるまがありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/11 ミコ泣かない朝

jImgp1368休暇明け、今日から幼稚園。ミコはるんるんで登園して、途中の道は走りだすほど。
教室に入ってからも泣かず、「MIKO」のプレートを選び出し、壁に貼ってすんなり混ざっていました。良かった良かった。キコは、幼稚園が大好きさんですから、朝も早くから起きて準備していました。


実は今朝、幼稚園に出かける前の七時に、お友達にご挨拶に出かけました。
同じマンションに住む、4歳年上のお姉ちゃんとお母さんが、本日帰国されます。先週に送別会で、いっぱい遊んだけれど、キコとミコはお姉ちゃんが大好きだったので、ご挨拶させてもらいました。朝7時なんて非常識な時間ですが、ご挨拶できて良かったです。

Imgp1390
私が家に戻ってきて、そろそろ出られる頃だなぁと思っていたら、母子で再びご挨拶に寄ってくださいました。
学ぶこと、たくさんありました。本を見ないと出来ない私からすると、ある材料に工夫と技を加え、美味しい料理を作ってくれる方で、まるでマジシャンのようでした。
レシピも惜しげなく教えて下さり、新しい沢山の味を楽しみました。私と干支が同じでしたから、ちょうど一回り年上。在外も七カ国目とおっしゃっていましたから、豊かな経験がマジックを繰り出す源でもあるんだなぁと思いました。
写真は、頂いた食材とデキャンタ。彼女はこれでクヴァスというロシアの発泡性飲料を作って教えてくれました。元気な小松菜は、彼女がお土産で下さった種を、ダーリンが上手に栽培してくれたものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/10 砂遊びをしに

Imgp1350
朝、8時半には家を出て、海辺に出かけました。レストランはまだ開いていませんが、レストランの前に広がる海は自由ですから、そこのビーチで砂遊び。
9時前なのに、驚いたことに、既にたくさんの人が寝そべったり、泳いだり、ビーチサッカーをしたり、筋トレしたり、ウォーキングをしています。多くは年配の男性、話は聞いていませんが、単身赴任のように見えます。
高齢の女性も水着でウォーキングしていて、アンゴラ移住組のポルトガル人のように見えました。これは見えたまでで、本当のところは分かりませんけれど。

岩場に荷物を置いて、砂遊び。ダーリンとお城を作ったり、ミコは砂を山盛りにして、拾ってきた貝を乗せたお城を作っています。
私は岩場から出てくるカニを見ているのが楽しくて、大きいのを見つけるとダーリンに話して「あれ、美味しいのかなぁ」なんて呟いていました。
ちなみにアンゴラでは素足にビーサン生活なので、かかとの古い角質が気になっていたのですが、砂浜を歩くと、天然の軽石のような作用があるんだと気が付きました(^-^) もっと頻繁に来なくては、この頑固な確執はとれません(笑)Imgp1343


1時間半、砂遊びをすると、小腹がすいてくる時間。レストランはまだ開いていませんが、お客自らマットレスなどを移動させて自分の場所を作っていました。そのまま、中華野菜を取りに行きました。そしてその方は一時帰国の際に、子供の教材を持ってきてくださったんですが、ほんと、ありがたいです。
キコが平仮名をかけるのは、多分、この地でもシマジロウを続けているから。郵便が機能しないアンゴラでシマジロウを続けられるのは、組織を超えた方々が、持ってきてくださることが大きいです。ここでもまた、私はたくさんの人に助けられて、子供を育てていますね。たくさんの人が、キコとミコを育ててくれている、そう思います。
野菜だって、子連れ家族で分けていますから、その意味でも育ててもらっていると思うんです。

Imgp1360


家に向かおうとすると、雨。久しぶりの強い雨で、街の赤い土埃が一気に流れていくようです。
が、同時にマンホールの脇から、相当臭い水があふれ出している個所もあり…なんとも。今日は久しぶりにクッキーを作り、夜はとんかつを作って食べました。
とんかつを作っておいてなんですが、朝、海辺でカニを見たせいなのか、新鮮な魚が食べたい~と思ってしまった不思議な夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/09 カルタ遊びなど

Imgp1317
朝はのんびり子供の希望通りのフランス語の子供番組を一時間半楽しみました。
週末の買い物と言えば、郊外のスーパーマーケットKEROが多い我が家ですから、今日もKEROに出かけようと思っていましたが、キコが拒否。じゃあと思って、MEGAを提案しましたが、それも拒否。車に乗りたくないんだそうです。となると、近場のジュンボ。
外れると、買うものが何もないこともあるジュンボですが、家族で出かけてみました。家族でジュンボに行くなんて、すごく久しぶり。
アンゴラに来た当初、仕事を終えたダーリンの運転で、夕方に家族で買いものに来ていました。薄暗くなると怖くて、マラリア対策をしまくって、出かけていたジュンボの買い物。当時はもっと買うものもなかったな、なんて思いだします。私がいる二年半でも、だいぶ品そろえが増え、安い中国製品も大量に入り、選択肢は広がりました。それでもお野菜などは安定していませんけれど。
Imgp1304

帰って来てから、家族でひらがなカルタをしました。三歳のミコは、カルタのイラストに反応しています。
五歳のキコは、だいぶ平仮名が読めるようになってきて、頼もしい限りです。過去にもらっているお手紙やカードを読むこともあります。幼稚園ではアルファベットの筆記体が始まっていて、こちらは苦戦しているようですが、持ち前の性格で、頑張っているようです。

今日のおやつは、出張者から頂いた虎屋の羊羹。体の大きさに合わせて、四つに切り分けました。マグカップで抹茶も用意しました。子供たちは抹茶がなぜか好きです。子供というのは、素直に美味しいものに反応するんですね。
月曜日に出す幼稚園の宿題を準備したり、のんびりした一日を過ごしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/08 美味しいお酒とおしゃべりと

Imgp1305
今日はアンゴラの休日です。
それでお世話になっていて、今月帰られる方々をお昼ごはんにお招きしました。昨日は断水で、その疲れで水が戻った夜も何もする気がおきず、結局今朝5時に起きて、料理を始めました。
乾杯してしまうと、何も作る気が起こらず、私も飲んで食べ始めるので、それまでが勝負~。
限られた食材と時間なので、作るものが決まってしまい、何度か一緒に食事をしているので、知っている味も多かったのですが、みなさん、美味しい美味しいと言って、全部平らげてくださいました。
有り難いですね(^-^)
昨日は断水がなければ、ケーキももう一つ作れたんだけどな…でも頂いたとても美味しそうなアイスクリームも出し忘れていたから、おなかに余裕がなかったかも。
頂いた美味しいシャンパンを沢山のんで、経験豊かな皆さまから、いろんなお話を聞かせてもらって、楽しい時間を過ごせました。経験は、人を豊かにしますね。アンゴラのいいところを教えてもらいました。ラッキー♪
アンゴラのいいところは、少ない邦人が組織を越えて、みんな仲良しと言うことかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/07 断水(8時間)

Imgp1299


12時半過ぎから断水…2日連続断水とは、やはり学習していないなぁ。
昨日も断水だったので、早々にお昼ご飯の準備も片付けも済ませていたので、ホッ。ちなみに今日のランチはオムライス~。初めてきれいに薄焼き卵がまぁるく出来た気がします。やったー!!

予定通り13時には運転手が来て、今日はブラジル人のヒタさんの家に行ってきました。空いている日曜日なら、5分もかからない道が、渋滞で30分。
他の友達を待っている間、断水や私費運転手のストレスを、本当に上達しないポルトガル語でヒタさんに話しました。
挨拶や返事をするように何度も言っても、変化なし。たいして移動していないのに、一週間しないうちにガソリンが満タンから最後の目盛りを表示。つまり、異常にガソリンの減りが早いことも話しました。隣国首都キンシャサにいたヒタさんは、運転手もお手伝いさんもここと同じで、自分より少しでも裕福な人から、少しでも盗もうとするという話をしてくれました。それはキンシャサもルアンダも同じだそうです。
ど下手なポ語なので、今まで必要なことだけを一生懸命話していましたが、今日は運転手やお手伝いさんに限らず、いろんなおしゃべりができました。
イングリットさんやターラーさんも遅れて到着。彼女達にも話を聞いてもらいました。

それぞれに色々起こるアンゴラ生活。むくみで体が重たいとか、子供の食生活とか、運転手の愚痴とか、そんな話をしつつ、ヒタさんが見せてくれるアフリカの布を楽しみました。
後から来たフランス人母子とも今日は初めておしゃべりが出来て、私は嬉しかったです。だって、彼女と私、偶然同じ布でワンピースを作っていたから(^-^)
Imgp1301


そのままケンタッキーに行こうと言う話が出て、キコはのりのりでしたが、ミコは拒否。ミコが拒否すると泣き叫んで、面倒なので、私達は家に帰りました。いじけたキコのために、フライドポテトを作りました。
断水中なので、使い捨てのお皿使用。それがなんとなくファーストフードっぽくていいかんじ、なんて思ってしまいました。実際は、ジャガイモを洗って、皮をむいて、水気を拭いて、揚げて、という一連の作業を踏んでいるんですけどね。

夜は、節水水浴びの母子。ダーリンは、40歳男性の会に参加中です。
それ用に、ちょっとおかずとデザートを作って持って行ってもらったし、とても素敵な会だと思うけれど、断水の水浴びの時は、やっぱり手が欲しいですね。
子供が眠ったあと、水が戻りました。カラになったボトルに水を貯め戻し、このどうしようもない疲れに苛立ちながら、休みました。明日は来客があるのに、何もする気がしない。ふぅ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/06 ネットは不通、加えて断水(二時間)

Imgp1291
昨晩からインターネットがありません。
朝、一度ネットがつながり、メールの送受信ができたのもつかの間、すぐ繋がらなくなり、そのまま不通…。
昨日の疲れで、ボーっと過ごしていた午前中ですが、お昼を食べ終わって、よし!と気合を入れたら、断水…。気持ちが萎えますね、何もしたくならない。でも、今日の断水は二時間で済みました。ほーっ。

まったく、このマンションにいくら払っているのかしら。多少は、自己負担が発生しています。それもアンゴラ価格だと思いますが、仕方ありませんね。仕方ないけれど、見合っていないのが現状。
玄関の電気はいつまでたっても直してもらえず、先日管理費の請求書を持ってきた管理人に、「いつになったらランプを取り換えるの?先月取り替えてって言ったよね、覚えてる?」と聞くと「お店に行ったけどなくて、ほかの店を探してる」という。
何言ってるの、昨日の話じゃないのに、どこまで探しに行ってるんだ~(怒) ここのランプを替えないと管理費払わないぞ、と言いたくなりましたが、話もしたくないので止めておきました。

ネットも不通、お菓子を作ろうと思っていましたが断水でやる気ダウン、キコとカードゲームをしたり、折り紙をしたりして過ごしました。お風呂をプールのようにして遊びたかったキコですが、断水と聞いて、「えー!」と不機嫌に…。
じゃぁ、何して遊ぼうかと言っていたら、水が戻ったので、良かったです。
浅く貯めて、ミコとぬるま湯でバスタブで遊んでいました。

水が戻ったので、クレープを作りました。先日イザベルさんが教えてくれたクレープ。生地にお砂糖は入らず、食べるときに蜂蜜をかけていただきます。生地に蜂蜜がなじんで、とても美味しかったです。甘いけれど、やっぱり甘いものは美味しいです☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/05 母子でMusslo島

Imgp1284
お出かけの日です。朝、ご飯を三合炊いて、ダーリンのお弁当を作って、残ったご飯でおにぎりをたくさん作りました。今日は、ムスロと言う島に行きます。
仲良しのイングリットさんのご主人の会社が持っている家を利用します。この日は、みんなで行こうと言うことで、幼稚園のお友達にも声をかけましたが、新しい冷蔵庫の配達を待っている必要があったり、体調を崩したりして来れなかったり、連絡が何もなかったり。
結局いつもの顔ぶれで、空いているフランス人学校の駐車場に集合~(笑)英国人のイングリットさんとアルメニア人のターラーさん、それぞれの子供と一緒に三台でいきます。
9時集合で、9時15分に出発しましたが、途中渋滞や、先導する運転手のミスで、ボート乗り場についたのは10時半過ぎ。
Imgp1211


そこは、奴隷博物館のある場所で、いつもムスロに行く際に利用する船着き場よりずっと遠く離れていました。でもその分、なんとなく落ち着いた場所でした。平日で更に人もおらず、かなりいい感じ。イングリットさんがいつも利用する顔なじみの船頭のニガを使って、島に渡ります。

船がつくと、なんと目の前が、家。かなり快適そうです~。こんな快適な空間があるなら、毎週来てしまいそうです。
家は三戸あり、管理人がいます。毎回燃料を持ってきているそうですが、管理人が使ってしまうので、発電機があっても動かせないとか(苦笑) でもトイレは使えたし(トレペは持参)、簡単なシャワーも使えました。
家の中には一階にはグラスが入った食器棚やキッチンがありますが、殆ど使ってないそうです。そもそも衛生的ではなさそうだし。
二階は共同のトイレとシャワーが一個、マットレス2-3個、枕のある寝室が二つありました。蚊帳をかけるフックもありました。ここを利用する人は、シーツやタオル、蚊帳などすべて持参で、宿泊するそうです。でも利用料は無料。会社が、特定の政府関係者に特別な費用を払っているくらいで、利用者は無料で利用できます。予約だけ必要ですが、三つ家があるので、予約いっぱいで利用できないと言うことは、今までないそうです。Imgp1248


ビーチ沿いにテーブルとソファーを移動して、クッションの上に、持ってきた布をかけて、テーブルには持ってきた食事や飲み物を広げて、ますます快適な空間ができました。イングリットさんは、「これでOK!」といってくつろいでいます。
子供たちも目の前で遊ぶので、安心です。海はきれいで遠浅。たまにガラス破片があるのが難点ですが、キコもミコもとても楽しそうでした。波も穏やかで、足元に魚が泳ぎ、カニも貝もいました。
風が通り、とても静か。屋根の下にいる私は、非常に気分がよく、アルコールも飲んでいないのに、いる間はリフレッシュして、アンゴラにいることを忘れそうなくらいでした。
私が作ったおにぎり、イングリットさんの作ったサンドイッチやキャラメルポップコーンをみんなで頬張りながら、今まで旅した先の話、食べた物の話、子供の話、生活した地での話で盛り上がりました。

Imgp1268

15時半に予定通り船頭のニガが来て、ボートを出してくれました。子供の料金不要…リーズナブルな感じがします。16時前には各自車に乗り込んで、出発。渋滞が合って一時間半ほどかかって帰りましたが、いい日でした。

アンゴラにいて二年半が経ち、相変わらず大変ですが、家族が無事で、友達がいるから、この国での日々をやりこなせているような、そんな実感があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/04 今日は家にいます

だらだらと家にいました。週末明けのせいなのか、子供たちは家のおもちゃでずっと仲良く遊び、お風呂をプールのようにして遊び、ミコはお昼寝。
その間に、キコは残っていたワークブックを終わらせていました。
キコが0歳児で通った保育園のママ友から、メールがきて、すごく嬉しかった~。入園前の慣らし保育から一緒のママ。私と同様に四月から復帰だったこと、第一子だったこと、なんと子供同士が同じ病院で十日違いの出産だったこと(私は二カ月入院していたので、つまり病院で会ってる!)、偶然の多いお友達なのでした。キコはそのお友達が、日本にいる一番の仲良しちゃんです。

今日は、買い物にも行かず、何もしない日。合間に朝おやつ、お昼ご飯、おやつ、夕飯と作っていますが、手抜きしまくり。まぁこういう日も必要ですね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/03 雛祭り

Imgp1149
暑い毎日が続いています。お雛まつりもしなくちゃと思いつつ、今日は久しぶりにケーブルテレビが映って(お金もちゃんと払っていますが、アンテナなのか、建物の立地なのか、ここ数週間映らなかった)、フランス語の子供番組が見れたので、それを見てから出かけました。
ダーリンも先週は出張者も多く、お弁当もいらなかったし、外食続きだったので、食材の減りは少ないですが、それでも買い物は必要。午前中のうちに買い物を済ませて、帰ってきました。

午後は、小さいビニールプールをこの家で初めて出しました。
断水もあるし、本当にこのマンションでは「水」がいつも気がかりで、小さくてもビニールプールなんて!!と思っていました。
でも、もう暑いし、少しならと思って、浅く溜めて遊ばせました。子供たちは、浅くても、十分楽しそうでした。おやつは手作りバナナアイス。何でも手作りで、体にはいいんでしょうが、私にはいつまでたっても修行のような毎日です。
Imgp1156

雛祭りは、キコが描いてくれた絵と、去年7月にベルギーで買った「おいなりさんレトルト」。そしてダーリンが育てた小松菜が入ったお味噌汁が登場~。お稲荷さん、おいしいのねぇ。しみじみと味わってしまいました。

最近のミコ、「まだ歯が抜けてないから、お姉さんになれないの」といいます。イヤ歯が抜けても、君は妹だよ、と思いますが、まぁいいです。
連日オレンジを食べて、ご満悦なミコのために、食卓にオレンジをきって出すと、「みぃは今日はコレ、食べないの。これ、嫌いなの」というので、「あ、そう。いいよ」と言って、キッチンに行っていました。
戻ると、その間に、オレンジがない。ミコさん、静かにオレンジを食べたようです。ごちそうさま~と席を立つミコ3歳。なかなかな性格です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/02 送別会

Imgp1067

今月は、異動の方が多い月。同じ組織や関係者、友人やその家族を含めると、10人くらいの邦人が、本帰国したり、他の国へ横移動したり、というのがあります。
素直に、寂しいです。長く居る国ではないから、異動の知らせは嬉しいですが、歓迎会をした人たちが帰っていくのを見送るのは、やはり寂しいですね~。

帰国する人が、自らの送別会に、今月帰国する人たちを交え、ご自身のお家を開放して、送別会をなさいました。あとから46人ほどのお客様を招いたとあり、驚き。でもお肉も5キロ、カレーも鍋いっぱい。私も微力ですが、ケーキを三つ、ピラフとお惣菜パンを持って行きました。
Imgp1069

いやはや、すごかった!どのお料理もおいしいし、人も多く、賑やかなパーティ。送別されるべき本人が、ホステスなんですから、本当にすごいです。でも本人が望んでなさったんだから、あっぱれ!!
キコとミコは、年上のお友達と彼女のお部屋にこもって遊んでいました。入口には「Girls ONLY!」との札。入っていい?と聞くと、もちろんと快諾され、一安心(笑)

私は、お家を開放してくださった方とお話ししたかったので、ワイン片手に、お手伝いしながら、台所でのおしゃべりを楽しみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/01 お誕生日会と観劇

Imgp0969


今日は午前中は時間があったので、キコの希望で、パンの耳を「素敵に変身」させました(笑) 揚げて、砂糖とシナモンをまぶしたおやつです。日本のDVDで見て、キコは食べたい欲求が高まっていました。
なので、美味しくないけど、無理やり食パンを買って、作りました。もともとパサついてる食パンなので(だから普段は買わない)、カリッと揚がり、むしろ美味しく仕上がりました。

午後は予定がいっぱい~!
まずは服のお直しで、ブラジル人ヒタさんのお家に行きました。
道が空いていれば、3分で着くところが、30分…。ほんと歩きたい位ですが、暑いし、治安的に良くない地域なので、車から出るのは止めました。
さて、ヒタさんちでは、作った服のお直しをお願いしたのですが、自分のポルトガル語が甚だ嫌になる瞬間。それでも、新しい布やデザインで、スカートを一枚お願いしてしまいました(笑)
うふふ、楽しみです。

Imgp0973

そのあと、邦人のお友達のお誕生日会に出かけました。
四歳のお誕生日会に招待してくれました。とても嬉しかったです。みんなでお祝いできたのも嬉しいし、無事に大きくなってくれたのが、何よりです。
バースデイケーキは、カーズがプリントされたもの。お値段はアンゴラ価格で驚きですが、スポンジは美味しかったし、クリームも甘すぎず、美味しかった(^-^) 更に、ママが作った手作りのガトーショコラやチーズケーキも、スペシャルコーヒーも美味しかった~。
話をしていると、仲良しの韓国系カナダ人のソンミさんは、来週からカナダに一時帰国。邦人家族も今月一時帰国や横移動で、実はそろって集まれるのは今日が最後。
こういうのは、繰り返しですが、やっぱり寂しいですね…。それを予測していたので、三脚を持って行って、写真撮影(笑)なかなか集合写真って、ないんですよ。特にママが入ったものは…。帰りには、手づくりあんパンのお土産まで頂いてしまいました。
Imgp0993

更に今日はもう一個イベントあり。
夜からは、邦人のお友達が通う英語の学校の演劇会があります。そのまま車で、英語の学校へ。待ち時間は長かったのですが、食事も飲み物もあったし(事前予約)、何より、キコとミコにはとてもいい刺激だったようです。
仲良しのお姉ちゃんやお兄ちゃんが、舞台で堂々と演技をしているのをみて、本来眠いはずの時間なのに、お目目らんらん。帰りの車の中でも、「すごかったね!」「かっこよかったね!」とニコニコしていました。
英語なので、キコとミコは内容は分からないけれど、そういう場に誘いっていただけて、有り難いと思いました。

Imgp1001


幼稚園のない一日、もりもり盛り沢山な日になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/28 今日は砂遊び@海辺

Imgp0946
朝9時半には家を出て、今日は海辺に出かけました。
10時開店という海辺のココナッツというレストランですが、食べ物が出ないだけで、ビーチには出ることができます。既に英国人の友達が来ていて、子供たちと遊んでいました。そこに合流。
波も穏やかで、ビーチには人もなく、犬もなく、うるさい音楽もなく、とてもいい感じです。平日なのに、ランチ前からは、本を持った白人も多く現れ、ビーチにずらり。混雑した感じはありませんが、悠々自適な白人層なのかしら。
アンゴラで悠々自適な生活って、どんな感じだろう…。

そこに、アルメニア人、ロシア人、ジンバブエ人のお友達が合流。
初対面の人もいましたが、すぐにおしゃべりに花が咲きました。ロシア人のアローナさんは、先日のフランス人学校でのファッションショーを見ていたらしく、私を見るなり、ファッションショー、良かったわよ!!と。
お恥ずかしい(笑)そして、それぞれに、アンゴラにいる経緯、呆れるような、アンゴラの日常に起こること、アンゴラで見る食材の調理の仕方、夕食のメニュー、レストランのことなどなど、女子トークを楽しみました。
初対面の人にだいたい聞かれるのは、日本人夫婦なのにどうしてフランス人学校なのか、お寿司つくれる?とか、日本料理はコレ(寿司、てんぷら)が好きだけど、毎日食べているの?とか(笑)。

Imgp0957


キコとミコは、ルイー君やドゥニースちゃん、ジロー君(アルメニア語で強い心という意味だそうです)と砂遊びで楽しそう。暑くなってくると、波打際で水遊び。でも海では、私一人で二人を遊ばせられないので、あくまで膝くらいでジャブジャブして遊びました。
意外ときれい!!近いところで魚がジャンプしていました。
朝早いうちは雲がかかっていて、それも良かったです。
イングリットさんが作ってきてくれた、キャラメルポップコーンを頬張りながら、ニコニコしています。
アンゴラにいるのを忘れるような、気持ちのいい午後でした。

子供用に持ってきたお茶とおにぎり。レストランは嫌がりそうですが、子供には無駄に寛容だからか、平日だからか、何も言われませんでした。帰りは渋滞…。一日出かけるためには、夕食の支度を朝のうちにしなくてはなりません。なので、朝はかなり慌ただしいけれど、それはここに限ったことではないですよね。
大変なアンゴラですが、いろんな国の人と環境を愚痴ったり、笑ったり、それぞれの経験の話をしたり、きいたり、
こういう時間を大事に、大切に過ごしたいと思いました。そう、人生は、晴れ舞台の連続ではなく、日々の積み重ねですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/27 朝からプール

Imgp0903
朝から激怒×2回。
9時に来るように言った運転手が遅刻。子供と一緒に20分も待ちました。謝らないので、「最初に言うべきは、なんだ?」と聞くと、「ごめんなさい、でも、ご主人に9時半と言われた」というので、ダーリンに確認したら、やはり当初の九時。すぐにバレる嘘をつく頭の悪さ…。
予定より遅いのに、車を出そうと思ったら、駐車場の入口にどでかいトラック。車の出し入れができません。有り得ない!!
ボケーっとしている入口の警備員に「この車の運転手はどこだ!」と言うと、一人が呼びに行き、残ったもう一人に「ここは駐車場。車が出たり、入ったりする場所。停めて置いちゃいけないの。理解できる?」と丁寧に話すと、「そうだ」というので、「お前の仕事はなんだか分かる?」と畳みかけるように言うと、何も言わないので、「これ(駐車場のバー)の操作だけじゃないんだよ、ここに停めさせちゃいけないの」と話してあげました。
怒っているときは、意外と単語が出てくるので、自分でも驚きですが、お馬鹿すぎて、起こっている自分が悲しくなる。石油、ダイヤも広大な土地も水もあっても、この国に必要なものは、教育。
Imgp0901

思い返せば、今日は朝待っている間、管理人になんとなく大事そうなことを言われたので、「大事なことを言っているのは分かるけど、完璧には理解できないから、英語で。または夫に話すべき」と言ったら、また同じことを言うので、私も同じことを言いました。激怒こそしなかったけれど、ほんと、疲れる、この国。

朝から一時間近い渋滞を超えて、フレンチクラブに行ってきました。幼稚園のお友達も、現地で合流。ここの会員ではありませんが、フランス人学校に通っていると、ビジター料金を払えば利用することができるようです。明らかにアジア人顔の母子に、入口の警備員も入れさせようとしませんでしたが、確実な情報もあったし、ポルトガル語で押し通しました。ちなみに、このクラブでは、掃除のおばちゃんもフランス語です。

更衣室もトイレもシンプルですが、プールは広く、食事もできるので一日遊べます。ここにいれば、やはり同じく休暇中のお友達にも会えるのもいいですね。クラスメイトや去年同じクラスだった子、知ってるママたちにも会えて、
良かったです。暑くて、私も子供たちとプールを楽しみました。
プールにつかりながら、子供を横目で見て、ママ同士おしゃべり。全然違うのに、ふと温泉を思い出しました。なんとなく、そんな気分だったから。英国人の友達は、いつか日本に行ったら、一緒に温泉に行こうと言ってくれました。
Imgp0927

帰りも渋滞。でも子供たちはお昼寝をして、ひどくなる渋滞の前に帰ってこれました。良かった…。幼稚園が休みなので、何かとお出かけしていますが、疲れます。
でも、一緒に遊んでくれる友達がいて、幸運です。子供は子供同士遊ぶのが一番。親は安全な場所を用意して、見守ること。その間に、ママ同士のおしゃべりも楽しい。ど下手な英語は、相変わらず向上しませんが、一緒にいてくれる友達に感謝します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/02/26 ゴーヤの花

Imgp0887
昨日の悪路の長距離ドライブで疲れている私。賄賂大好き警察官も多いし、道も悪いし、遠出は市内移動異常に疲れるアンゴラです。
今日は家にいる日にしていました。大事にしておいた「こどもチャレンジ」を久々に出しました。すっごく久しぶり。もう今月が終わろうとしていますが、12月号です。日本なら11月に届いてるものです。
でも、日本からの出張者で頼める人もいなかったこともあり、在庫がなくなり、この休暇のために、取っておきました。
キコはすごい勢いでワークブックを終わらせてしまい、手持ちぶさた…。そして「つまんなーい」を連呼…あぁ、これは母には辛い時間です。

ちょうど午後、昨日遊びに行ったアルメニア人の友達が市内に寄ってついでに遊びに来てくれました。キコはお子さんが来るのを楽しみにしていたけれど、息子さんは車の中で寝んね。お茶だけ飲んで、明日の予定を話して帰って行きました。Imgp0888

夜、ダーリンにアンゴラの国営放送で、仕事のセミナーの模様が映るかもしれないと言われ、チェックしていました。テレビにダーリンが映って、「あ!パパだ~」と大喜び。今まで数回ありますが、最初は驚いていた娘達も驚かず、喜んでいます。「どうしてパパ、テレビにいるの?」と聞いてくるキコには、「パパは日本のお仕事をしていて、日本は、アンゴラにとてもいいことをしているんだよ。だから、アンゴラのテレビ局の人が、アンゴラの人たちに知らせているんだよ」と話します。
そして、テレビに映らなくても、沢山の人たちがそれぞれに、いい仕事をしているんだとも話しました。テレビに映るのは、ごくごく一部のことですからね。
テレビを見ていると、セルビアが軍の病院を新設するとか、戦車の寄付などのニュースが流れ、意外な感じ。旧共産圏つながりなんでしょうかね。

写真は、ベトナム人のフォンさんが買ってきてくれたゴーヤから出た花。ダーリンが、種を植えて、蔦をからませるように作ってくれて、ここまで成長しました。すご~い!!いい感じです(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »