« 2013/03/31 発熱四日目 | Main | 2013/04/02 私は、生きている »

2013/04/01 私、マラリアでした

ダーリンが子供を連れて幼稚園へ。朝、お弁当だけは、椅子に座りながら、どうにか作りました。
一旦職場に行ったダーリンが、私を迎えに来てくれて、9時前にはジラソル病院へ。ルアンダには、国営石油公社ソナアンゴルの持つジラソル病院と、国営ダイヤモンド公社ヂアマンテの持つサクラダエスペランサ病院が、外国人が安心してかかれる私立病院です。
ジラソル病院は、うちから近いこと、病院のたち上げの際、JICA専門家が協力していて、専門家の友人医師もおり、今回かかりました。救急医の診察までも時間がかかり、医師が喉の様子を見るときには、携帯電話の「電灯」アプリを使おうとするなど、びっくりなこともありましたが、血液検査と尿検査までは行きつけました。

が、検査結果が出るまで、長い時間待つことになりました。12時半を過ぎ、子供たちのお迎えの時間になり、その間、ダーリンの代わりにローカルスタッフのマテウスが一緒にいてくれることになりました。
座っているだけでも疲れるのに、長時間でぐったり。私の容態を見かねたのか、救急治療室に入れてもらえ、点滴を受けました。点滴を一本いれるだけで、私はだいぶ良くなり、このまま帰れるかも、とさえ思ったほど。

それでも検査結果が出ず、夕方、同じ組織の保健分野の専門家が病院に来てくれて、子供たちを連れて、家に帰ってくれました。
よく遊んでもらっているので、家でもカレーを温めたり、トマトサラダを作ってくれたり、お風呂と歯ブラシも終わらせてくれたようでした。

その間、ダーリンはただ待ち続け、11時間後、医師が見せてくれた結果は「マラリア」でした。血液にいるマラリア原虫の数が、重症度を決めますが、私は軽度。でも明らかにいるんだそうです。えー!!だってマラリアチェック、最終的には四回もしてるんだよー。反応なかったじゃん!!
「マラリアチェックを信用しちゃだめだよ」という友達の声が蘇りました。
他にもアフリカ駐在のある友人たちは、口をそろえて、マラリアは「血液をみればいい」逆に「血液を見ないと分からない」と言っていました。本当でしたね。

私のマラリアは、アンゴラに一番多い「熱帯熱性マラリア」でした。手遅れになると確実に死にます。
でも、薬を飲めば、他のマラリアと違い繰り返すこともなく、確実に治る。それがこのマラリアの特性です。南アに搬送されるほど重症だった人(治療の末、治りました)も知っているので、軽度のマラリアで、数日の入院で完治すると聞いて、安心しました。手遅れにならず、よかったです。

病院側から言われるままに、入院費用などを支払うために、現金を取りに家に帰り、入院に必要な一揃えを持ってきてくれたダーリン。既に20時。私は、ダーリンにお弁当の指示や、子供のおやつが置いてある場所、洗剤の量、そんなことをメモして渡しました。
私は救急治療室で横になって、病室が開くのを待っていました。ダーリンにはお家に帰ってもらい、後はどうにかなるかと待っていましたが、待てど暮らせど、何もない。
忘れられたのかと思い、自分でドアを開け、通り過ぎる看護師らしき人に度々声をかけました。私、患者ですけどね…。

23時過ぎ、すぐ近くの集合部屋に移りましたが、ここも救急治療用の集合部屋で、男女一緒でカーテンで仕切られるだけのもの。点滴が始まり、そこに何種類かの薬を入れていきます。
薬の瓶を開ける方法が、とても不思議で、あるときは瓶が壊れていました…えぇぇ、ガラス片入りそう。

そこで一時間過ごした後、また移動。今度は入院病棟の二人部屋に移されました。手前には女の子が眠り、横には付き添いのお母さんらしき女性が椅子で眠っていました。腕時計は、24時を回っていました。

また投薬。点滴がもれているようで、痛いと言っているのに、むりやり薬剤を押しこむので、泣きました。真剣に痛かったから。「すぐ落ち着くよ」と看護師は言うけど「あんたの血管と私の血管は違うのよ」と言いたくなるのをこらえ、涙が出たついでに、泣きました。なんでここにいるのよ、って。声を殺して泣きました。
でも泣いた後は、スッキリして、早く直してやる、という気分に変わり、熱も落ち着いて久々によく眠れました。

|

« 2013/03/31 発熱四日目 | Main | 2013/04/02 私は、生きている »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/57151532

Listed below are links to weblogs that reference 2013/04/01 私、マラリアでした:

« 2013/03/31 発熱四日目 | Main | 2013/04/02 私は、生きている »