« 2013/04/01 私、マラリアでした | Main | 2013/04/03 隣人の入れ替わり »

2013/04/02 私は、生きている

Img_0693
朝、四時半に携帯の目覚ましが鳴り、お弁当の作り始める時間だと気が付きました。
でも、私、そうだ病院にいるんだった。子供たちのお弁当やおやつのことは、メモにして、ダーリンに既に渡してありました。入院が決まった時、点滴をしながら、思いついたことを書いていました。子供たちにも手紙を書いてありました。キコとミコは大丈夫でしょう。パパとの時間に慣れているし、姉妹で仲良く協力してくれているでしょう。あの子たちは、大丈夫。

朝には一度点滴を外してもらえ、シャワーを浴びることができました。
JICA専門家の友人のEunice先生が、来てくれました。マラリアなの?デング熱なの?と聞くと、「あなたはマラリアなの。ここはデング熱は少ないの。それにマラリアは治療を待てない。だからすぐに始めたのよ。もう大丈夫。昨日、お譲さん達にも会ったわよ、可愛いわね」と。普通の会話ができて、ホッとしました。
回診の先生達も、次々に来てくれました。ポ語ができないなんて言っていられません。医師は英語が通じますが、看護師はポルトガル語ですから、針の差し替えの依頼や、薬の種類を聞きました。

午前中には、ダーリンが来てくれて、家の様子を全て教えてくれました。ダーリンは何でも出来るので、その点では心配していません。子供たちも大丈夫そう。
ただオフィスと家と病院と学校、どれも全部一人でやっているので、気が張っているうちはいいのですが、そのあとが心配です。私がそれまでに元気にならなくちゃね。Img_0695

ダーリンが、ショックなことを話してくれました。
12月の日本のレセプションで知り合い、楽しくお酒を飲み交わした邦人のお友達が、休暇先で亡くなりました。死因は、マラリア。楽しくお酒を飲んで、メアドを交換し、又会いましょ~☆なんてメールのやり取りがあって、ニコニコ一緒に映っている写真が、記憶に新しいのに。
どうして、死んじゃったの?

お昼の流動食を見た医師が、あなたはこんなんじゃなくて大丈夫よ、と言い、夜から通常食に変わりました。お魚の味付けは美味しかったし、野菜には味がないけど、魚と一緒に食べました。
まだ食べる意欲は湧かないし、体も吸収しなそうだったけれど、無理やり食べました。よく噛んで、飲み込む。食べないと元気にならない。生きているからこそ、食べられるんだ。食べなくちゃいけない、そう思って、食べました。
夜24時頃、採血と採尿がありました。

|

« 2013/04/01 私、マラリアでした | Main | 2013/04/03 隣人の入れ替わり »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/57151586

Listed below are links to weblogs that reference 2013/04/02 私は、生きている:

« 2013/04/01 私、マラリアでした | Main | 2013/04/03 隣人の入れ替わり »