« 2013/04/02 私は、生きている | Main | 2013/04/04 病室 »

2013/04/03 隣人の入れ替わり

Img_0696
薬の影響で、耳のきこえがおかしいです。遠くに聞こえるし、電話越しに聞く子供の声は、違う人みたい。昨日テレビで見ていたドラマの(ブラジルのテレビを見ています)女優の声が、コメディアンみたい。
医師に聞くと、薬の影響だそうです。マラリア退治なら、耳の聞こえ位、なんてことはありません。むしろ雑音を拾わず、すごく静かな世界います。私の点滴は多くて2つで、そこに薬剤を入れています。

昨日も今日も、幼稚園のママ友がお見舞いに来てくれました。
一時間位おしゃべりしてくれます。新婚旅行の話や夫婦の馴れ初めなんかをお互い話しました。私のような駐在と違い、彼女は出稼ぎにちかいのかなぁと思います。
母国はアルメニアですが、ご両親はレバノンにいます。レバノンにいても、ご主人は仕事がなく、ここなら仕事は順調だし、子供の学校も保障されてるし、あと7年は頑張るんだそうです。
アルメニア語以外に、アラビア語、フランス語、英語、ポルトガル語を話します。私には知らないことがありすぎて、友人から学ぶことが多いです。

お昼すぎ、隣のベットの15歳のアウシーリャちゃんは、自宅に戻りました。
15歳とは思えない体の小ささでしたが、話し方ははっきりしていて、確かに15歳。私よりずっと点滴の数が多く(写真参照)、途中の投薬も多くて、医師が来るたびに「痛いのいやー!あとで!あとで!ママー!!」と泣きながら訴えていました。でも今日退院していきました。Img_0697
私がいる毎晩、お母さんが椅子に寝ていましたから、家族にとっても良かったんじゃないかなぁ。

ちなみに二人部屋だと、カーテンも何もしきりがない上、テレビも共有。アウシーリャちゃんにリモコン権があったのですが、ブラジルのテレビGLOBOやディズニーチャンネルばかりだったので、私も楽しめました。

午後、ダーリンが子供たちを連れて来てくれました。子供たちは元気そうでした。病室には入れないので、一緒に中庭で過ごしましたが、30分もたたないうちに、私がつかれてしまいました。
子供たちは、毎日午後はパパの会社の会議室で過ごしています。おうちから色鉛筆を持って行って、絵を描いたり、塗り絵をしたり、とどめは日本のアニメをYOU-TUBUで見せてもらっているようです。うちはYOU-TUBUは解禁していないので(観るときは必ず、パパと一緒)、こういう時位はいいかもしれませんね。


夜遅くには、70歳のヘジーナおばあちゃんがやってきました。
リモコン権は私にありましたが、英語や仏語は可哀想だし、アンゴラの国営放送TPAとブラジルの番組GLOBOを交互に付けていました。

|

« 2013/04/02 私は、生きている | Main | 2013/04/04 病室 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/57151616

Listed below are links to weblogs that reference 2013/04/03 隣人の入れ替わり:

« 2013/04/02 私は、生きている | Main | 2013/04/04 病室 »