« 2013/04/04 病室 | Main | 2013/04/06 退院 »

2013/04/05 キューバ人の看護師さん

Img_0702
10時頃、幼稚園のママ友が、歯の治療の後、お見舞いに寄ってくれました。そこに別の友達が来て、さらに別の友達。三人も病室に来て、ひととき賑やかなおしゃべりの時間を過ごすことができました。
ダーリンが来て、明日には退院できそうだと教えてくれました。マラリアの峠は過ぎたことも嬉しかったし、家に帰れるのが嬉しかったです。

日勤の看護師さんは、キューバ人でした。
医師はブラジル人、キューバ人が多いのですが(私は会っていませんが、北朝鮮からも来ているそうです、旧社会主義つながり…)、看護師さんもなんですね。中南米の陽気さを彼女から感じて、ブラジルを懐かしんでしまいました。
そうそう、私は何かと入院がある人で、救急車三回、足の爪の根治術という手術と入院、腰痛入院、急性虫垂炎で手術・入院、羊水過少で二カ月入院、帝王切開二回、そしてマラリア。
点滴針はどこの箇所だと持ちがいいとか、漏れた時の痛みとか、なんとなくそういう経験則が、自分にあって、一人で笑ってしまいました。キコを妊娠中の二カ月の入院では、24時間点滴だったので、血管が弱ってしまって、40回近く針の差し替えをしましたからねぇ。退院時、両手両腕には無数の穴が開いていました。でも、腕に場所がなくなると、足や首でしたから、そこまで行かず、良かったです。

ちなみにお昼と夜の食事のメインは、前日に選ぶことができます。お肉かお魚を選びます。保温容器に入ってきますが、あまり温度は保たれていないような気がします。でも味は、ポルトガル料理の味付けなのか、メインにしっかり味がついていて、お野菜は特に味付けがありません。メインと一緒に食べると、お野菜は美味しく食べれます。でも、結構しょっぱい。カロリーとか塩分とか計算されているのかしら・・・。


夜勤の看護婦さんはアンゴラ人でしたが、丁寧な人で、腫れた腕に氷を当てて、冷やしてくれました。

|

« 2013/04/04 病室 | Main | 2013/04/06 退院 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28076/57151711

Listed below are links to weblogs that reference 2013/04/05 キューバ人の看護師さん:

« 2013/04/04 病室 | Main | 2013/04/06 退院 »