« April 2013 | Main | June 2013 »

2013/05/26 Bonn fete maman

Imgp4203_2

朝、郊外のKEROに買い物に行って、先週買ったブラウンマッシュルームを見つけて、大喜び。美味しかったし、また買おうと値段を確認したら、975クワンザになっていました。
つまり1000円位。えぇぇ、先週300円だったじゃーん!アンゴラなら1000円が妥当でしょうね、多分先週のがミス。
あぁもっと買っておけばよかったよ。

さて、フランスでは今日が「母の日」なんだそうです。
この日に向けて、バカンス明けから「母の日」のためのプレゼント制作を頑張っていた子供たち。今週お熱で休んでいたリュアンヌは、幼稚園に行かないと制作がすすまないことを、ママに文句を言っていたとか。
金曜日、お教室に迎えに行くと、キコもミコももじもじしながら帰ってきました。ミコはそれでも我慢できず、包装紙をすぐに破って、「ママ、みて~」といいます。
キコは、手に持って後ろに隠したまま、横歩きして、隠し通しました(笑)

ミコからは、ママとミコの絵といいお顔の写真が入ったカード、キコからは、立体的なお花のついたカードと、キコが投げキッスをしている写真入りの箱。蓋をあけると、キコがキッス(^-^)
箱の外には紙を張り付け、中はピンクで塗ったのもキコ。今週、手にピンクの塗料がついていて、それをキコに聞いた時にも「ナイショ」と言っていたのを思いだしました。

そして二人とも詩の暗唱をしてくれました。
ミコは右手をグーにすると、その詩の暗唱スイッチが入るようで、ほぼ一日中暗唱し続けてくれました。ほんとずーっと(笑) 
キコも負けじと折りに触れ、暗唱。なんとなく意味は、聞いていると分かるものですねぇ。いつも怒ってばかりいる私には、もったいないくらい、嬉しい母の日になりました。キコ、ミコ、どうもありがとう(^-^)

あなたたちがいてくれるおかげで、私は「母」とか「親」という役割を学ぶ機会に恵まれました。そしてそれは、私の人生をずいぶん大きく変化させ、私を逞しく、より賢くし、新しい世界へと連れ出してくれています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/25 誕生日会×2つ

Imgp4087
朝、フランス語の子供向けテレビを見ていると、日本に旅行している場面が出てきました。
でも、うーん、家が中華風だったり、チャイナドレスを着ている人がいたり、ちょっと違うような…ま、確かに中華街もあるし、いいんですけれどね。

それから昨日迷った服を見てらもいに、またRitaさんの家に行きました。
ダーリンのお見立てもあり、気に入ったものを買ってもらいました(^-^) ここでクラスメイト、マイヨール君のママに会いました。ほとんどしゃべったことがなかったのですが、代理の先生をすることもあるようで、キコとミコは、先生ママたち二人と会話をしていました…。

Imgp4142


お昼の後は、ミコのクラスメイト、エリキュア君とヂーゴ君の誕生日会へ。なんと同じ土曜日に同じ時間帯で、二つ…。ミコは両方行きたいと言うので、前半後半に分けて出かけてきました。

両方ともアンゴラ人ですが、いやはや豪邸…フランス人学校に通わせるアンゴラ人ですからね、誕生日会もすごかったです。家も凄いけど、後半のパーティは、カメラマンもいるし、ポップコーン屋さんもいるし、DJもいるし、ドリンクバーもあるし、名前入りオリジナルグッズは多いし、スペイン人のママとただただ「凄いわねぇ」と言うばかりでした。

キコのほうが年齢の分だけ、呼ばれる回数も多かったのですが、今日はミコがとても楽しそうにしていてよかった。それに、前半のお誕生日会で、朝も会ったマイヨール君のママに、お弁当のことを絶賛されました。
お弁当の時間に、ミコのクラスのマヒーナ先生が、マイヨールのママ(代理で他のクラスを教えていた)を呼んで、ミコのお弁当を一緒にみた話。

Imgp4147


素晴らしいお弁当で、食べたくなっちゃったわ~と言ってくれました。大したお弁当じゃなくても、そうやって褒めてくれるのは嬉しいです。
ただうちの子供たちは、他の子みたいに、ピザ弁当とかパスタ弁当がいいっていうの、と話すと、「今度、お弁当、交換しましょ~」なんて笑いながらいい、ご主人も横から「子供たちがお弁当を食べてるんじゃなくて、きっと先生たちが盗み食べてるよ…」なんて言ってくれました。

ミコさん、フランス語でコミニケーションがとれているのを目の当たりにして、母びっくり(笑)
忘れるのも早いのだろうけど、さすがに覚えるのも早いのねぇ。誕生日会で会うママたちにフランス語で話しかけられても答えてるし、子供同士の会話ももちろんフランス語だし、このままいたらこの子はフランス語人になるんだろうなぁ。
Imgp4161


ちなみにミコはなぜか英語を話す人を「えいごじん(英語人)」といい、「ふらんすごじん」ともいいます。日本語の文章に仏語が入ってきて、かなりおかしいですが、この年だとむしろ可愛いですねぇ。

夜は中華レストランシェウーに行きました。
オーナーもいらっしゃったし、もうすぐ離任される医務官にも偶然お目にかかることができ、本当に嬉しかったです。

This afternoon, Miko was invited 2 birthday party. She want to go to 2 party,
so we went to there. The party is almost same...My children enjoyed so much. I am surprised that Miko can communicate in French!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/24 一歳のお誕生日会

Img_1225
朝、ブラジル人のRitaさんのお家に、ソンミさんと出かけました。
アフリカの布で作った服を見て、試着して、お互い「どう?」と言って、コメントをして、一着ずつ購入。
そのあと、二人でお茶をしに出かけました。ドーナツとコーヒーで1000円ってどうよ。 でも衛生的だし、おいしかったので、たまには、ね。
こうやって書くと、素敵な駐在ライフに見えますが、移動は渋滞を気にしながらだし、駐車するときには、いちいち都合のいい場所を探さないといけないし、地味に色々あるんです(笑)

私が一年目より今のほうが、休暇から戻ると、ストレスが逆にたまりやすくなり、あっという間にストレスレベルが戻ると話しました。
すると、8年いる彼女は大きく頷き、だから自分はいられないんだと言います。
納得。来月に彼女は主な生活拠点をケープタウンに移します。Imgp4050_2

今日の午後は、お友達が、お嬢さんの一歳のお誕生日会に招いてくれました。
シンガポール国籍の彼女とは、幼稚園の校門で仲良くなり、彼女が三人目を妊娠して、赤ちゃんが待望の女の子とわかった時、検査をしていた病院からメールで教えてくれ、その興奮を分かち合いました。
妊娠中、毎日妊婦の彼女に会うのが嬉しく、出産のため国外に出るときには、幸運を祈りました。ちなみに妊婦でマラリアにかかると恐ろしい事態になります。そういうケースも知っているので、本当にそこまで無事でよかったし、出産して戻ってきたときには嬉しかったし、どうか無事でいてほしいと強く願ったものです。

その赤ちゃんがもう一歳なんて、本当に早い!アンマリーちゃん、本当におめでとう。
ちなみに一歳のキャンドルは、我が家のミコが使ったもの。日本で使ったものを持ってきていて、お友達も快く使ってくれたので、嬉しかった。彼女の作ったバオも美味しかったし、作って行ったおにぎりも完売(笑)、ひじきも喜ばれました。
Imgp4059

集まったのは、五世帯の母子15人…子供たちはすごいパワフルでしたが、ママたちは初対面含め、おしゃべりに花が咲き、楽しかった~。

Today, my friend invited us her baby's birthday party. It was really wonderful!
Especailly me! When she got pregnant, and doctor said "the baby is perhaps girl", she taught me. I was so pleased with the news. I think we share the exciting moment! That news made me really happy.
And I always felt happy when I met the gate of school, everyday.
Now baby is 1 years old. Time flys fast! Thank you friends, I enjoyed so much!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/23 カシンボでもやっぱり

ただいま、アンゴラはカシンボです。
つまり乾季で、もともと雨は降らないのですが、さらに降らなくなります。そして朝晩涼しくなり、日中は気温が上がっても、風が気持ちよく感じるべきこともあります。が、埃っぽさは更にUP。コンタクトが、辛い感じもしますが、土ぼこりをのぞけば、この季節は快適です。
でも、朝晩は涼しいと言うより、寒く感じるのも事実。それで周りには風邪ひきさんが増えてきました。

風邪だと分かればいいですが、熱が出れば、ここではマラリアを疑うのが普通。三人子供を持つママは、次々と子供が熱を出すので、病院へ行き、検査をするだけでへとへと。
カシンボで涼しくなっても、蚊はいますし、季節の変わり目はまた蚊が多かったりするので、気は抜けません。

今週遊ぶ予定だったママ友から、連絡がないまま水曜日になり、どうしたのかと思っていたら、何かのウイルスで母子ともに発熱し、ママのほうが二日間入院していたとか。
あぁ、アンゴラ。外で働くのも大変ですが、ママたちもまたここでは大変です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/22 嬉しい一言

Imgp4049_3


ダーリンは午前中、国内出張で、ナミベと言う港に出かけていきました。
ダーリンがいないと、いつもの夕食に増してシンプルになるのですが、子供の食べたいものを優先させて、磯辺焼きを出しました。それとひじきの煮ものとキュウリのサラダとお味噌汁。禅僧のような食事(笑)
なのに、ミコさん「美味しいものがいっぱいあって、困っちゃう~」なんて言ってくれるんです。
ありがとう、嬉しいねぇ。母ちゃん、涙出ちゃう(^-^) 

写真は、ワインのコルクと楊枝でつくった馬と人形。おにぎり講習会の際に、お友達が作ってくれました。キコとミコは大喜び。

Today, my husband went to Namibe Port.
Without darling, I cooked more simple dinner....tonight, I made Miso-soup, boiled and seasoned edible brown algae, cucmber salada and grilled rice cakes. but Miko said to me,
"I am so happy, I love everything, so I want to eat everythings!" I am happy, too.

this picture's doll and hourse was made from my frined on Monday. Kiko and Miko are pleased with this. Thank you!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/21 子供を置いて出かける夜

Imgp4041
午後は邦人のお宅にプールに招かれ、遊びに行きました。
キコはなぜか水に着替えもせず、もちろん泳がず、ミコは積極的に水の中へ。でも朝晩涼しくなってきた秋冬なシーズンのアンゴラ、少し水が冷たいようで、ほどなく子供たちも出てきました。
プールサイドで、走り回る方が楽しいみたいで、それはそれで健康的。楽しい時間を過ごすことができました。

夜はアメリカ大使館のレセプションに行きました。
アメリカとアンゴラの友好20周年記念のイベントです。私は殆ど行かないのですが、同じオフィスの人が協力してくださり、子供と夕食をしてくれることにしてくださったので、出かけることができました。

行く前にお風呂に入れ、夕食の準備も終わっていたし、キコもミコも大好きなお姉さんなので、安心して預けられます。更に今日は、同じ組織のお兄さんも一緒なので、大人が二人になり、安心度倍増。ありがたいことです。
ただ、自分がそういうのに出かけるには、誰かのお世話になる必要があり、やはり毎度毎度という訳には、いかないなぁと思っています。私にはいい気分転換になるのですけれど、ね。Img_1222


ダーリンの仕事で関係する沢山の人に会いました。
国連の専門機関、NGO、アンゴラの官庁、アフリカ開発銀行などなど。仕事の話も垣間見えて楽しかったのですが、奥さんと別の話を出来たことも楽しかったです。

とてもいい機会でした。自分の妻と言う立場を思いだし(普段は母一色だし)、「日本」に好印象を持ってもらえるように接しなくては、と笑顔につとめる時間でした。

Yesterday night, American Embassy invited us as their reception of 20 years friendship between USA and Angola. The same organization friends were caring Kiko and Miko. So I could visit.

I met many people who are working UNICEF, African developing bank, Angolan ministries, emabassies, WHO, UNDP, some NGO etc.  I enjoyed hearing about his work, and sometime I enjoyed talking with wifes.
It was good oppotunity to me. Because I could recognaize my position of "wife".

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/20 おにぎり講習会

Imgp4020
今朝は「おにぎり講習会」をしました。アンゴラ買えるポルトガル米、洗い方、厚手の鍋での炊き方(つまり火加減)とむらし時間など。
出来上がったご飯を使い、おにぎりを作って、それぞれ頂きました。私は、お味噌汁と出汁巻き卵焼きをつくり、一緒に出しました。いろいろ菌の多い国なので、ラップを使っています。

野菜やパンなど冷たいものを包むだけのラップが多いので、熱に耐えうる日本のラップを、私は使っています。口にするものなので、安全第一。

今日もラップ使用。おにぎりは、軽く握ればいいのですが、ほぼ粘土のようなかんじでニギニギ。お米が糊のようになっていた気がしますが、私も教えるのが初めてで、うまく段取りできず…次回は、自分のをお手本と言うのも
申し訳ないですが、一つくらい、食べてもらえるようにしようかなぁと思います。

作ることより、学ぶことより、女性が集まるとやはりおしゃべりが中心になり、花が咲きますね。フランス人、英国人、中華系シンガポール人、それぞれの国の料理、調理法、経験、いろいろおもしろかったです。
冬に食べる「キャスレ」という料理の話、食べた後の体があったまるときの話や外の寒さ、何世代も使うシーツの話、恐ろしいパスタの食感を出すためにプラスチックを入れたビックリ事件の話、夫婦喧嘩したときの話、他のアフリカの国の話、日本の抹茶の話など。たのしかったー!

自分にとって初めてのことでしたが、楽しかった。楽しいって大事!

Today morning, I hold rice ball making lesson for friends in my house. 
Which rice to good for rice ball in Angola, How to wash, How to steam by pan, and how to make rice balls.
We enjoyed making rice balls and eating Japanese omulet and Miso soup. I really had good time, we enjoyed talking about their own foods, experience in other country, etc. Thank you frineds!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/19 マッシュルームの感動

Imgp4011
朝、郊外のスーパーKEROに買い物に行き、邦人のご夫妻と会って、スーパーで立ち話。
わずかな時間でしたが、楽しかったです。国産の牛肉が売っていましたが、不思議なことに、輸入の牛肉とキロ当たり値段がそんなに変わらない。
それなら、やはり安心の輸入の牛肉を買うことにしました。高いけれど、失敗がなく、美味しい方を選びます。

アンゴラに来ておおよそ三年。物価がただいぶ下がってきたなと感じていますが、それでも、ポルトガルから戻ると、ものすごく高く感じます。
だってほら、同じブランド、同じ商品が並んでいるのに、値段はやはり三倍以上ですからね。ギャップでちょっと疲れます。野菜や果物は、種類も少なくて、腐っているものも多くて、なのに高いから、げんなり度UP。三年やっていても、なかなか慣れないものです。

Imgp4017_2

白の発泡ワイン、ビーニョベルヂ。アンゴラで見るのは決まったブランドばかりですが、ポルトガルはすごかった~。種類が豊富で値段ももっと安い。だからと言って、味に問題があるわけではないそうで、ため息が出てしまいます。

お昼は久しぶりにベランダでシュラスコをしました。
ちょっと食べすぎ、飲み過ぎた感じです。実はKEROで新鮮そうなマッシュルームを、300円程度で見つけました。南アフリカ産のブラウンマッシュルーム!傘が開いてなくて、みるからに新鮮でおいしそう。こんなのが、この価格でアンゴラで買えるとは!!
で、実際、シュラスコで食べるとこれまた美味。あぁ美味しい。キノコ一個でこの感動(笑) 
旅の疲れが地味にありますが、頑張りましょう~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/18 突然始まる!

Imgp3919


朝、家から車で出ようとしたら、(昨日の夕方、車は無事に戻りました!)道路が突然封鎖されていました。右折はできましたが、真横に赤土がこんもり。大きな工事のように見えます。
ビアナのMEGAというスーパーから戻ると、うちのマンションの前だけ全面封鎖。それじゃあ入れません。なぜか立っている警官にそこの住人だと言って、通してもらいました。

夜は、インド人のクゥシャ君のお誕生日会に招かれました。
邦人のお友達が通う英語の市内の学校のクラスメイトで、そのお友達の家で一度会ったっきりでしたが、是非お誕生日に来てほしいとお招きくださり、家族でお邪魔しました。18時半からの開始で、やはりスタート時にいたのは、日本人でした(笑)

インドコミニティに日本人家族二家族の状態…インドパワーに圧倒されましたが、やはり何よりもインドカレーが、おいしかったです。招いてくださったレッカさんに、その旨を伝えて絶賛したら、おもたせまでくださいました~。楽しかったし、おいしかったです。どの国の料理もおいしいけれど、毎日作っているお母さんの手料理は、レストランでは食べれない味。その国の料理がここで食べれるなんて、すごい贅沢~。
Imgp4002_2

そうそう、今日はその誕生日会で、久しぶりに家族以外、つまりお友達と日本語しゃべって、何とも言えない元気をもらいました。帰国子女でもなく、留学経験もなく、語学の学部を出ているわけでもない私は、英語、ポ語の生活に慣れたとはいえ、やはり日本語を話したかったみたいです。今日話してみて、気が付きました。

Tonight, Indian Friend invited us for her son's birthday party. We enjoyed her indian foods and talked new guys.
Really delicious dishes!! Thank you very much! and Happy Birthday!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/17 病院内での不正

朝、お友達が家に寄ってくれました。一時間弱、おしゃべりしていました。
ブラジル人の彼女は、英語を習い始め、私達の主たる会話が英語になってきました。単語をポ語で補うことはありますが、あっという間のような気がします。

今日、やっと車の整備が終わり、運転手が郊外の整備工場まで取りに行っています。
でも、車は幼稚園のお迎えの時間までには間に合わず、今日もまたターラーさんにお願いしました。

相当話しこみました。ビックリしたのは、私がマラリアで入院したジラソル病院に、ご主人が診察を受けた後の話。
アンゴラでは、病院は先払いで、全てが終わった後、精算しておつりを受け取る仕組みです。ご主人が忙しく、会計を待っていられなかったので、奥さんであるターラーさんが、今日おつりを受け取りに行きました。本人の代わりなので、委任の書類も持っています。
が、既におつりが受け取られていました。

つまり、ご主人の名前を使って、誰かが全部おつりをとっていってしまったそうです。おつりの受領証には、ご主人の名前がありましたが、字体もサインも違ったとか。
内部犯罪だよね~と彼女は言い、ご主人と話して警察に届け出ることにしたようです。
警察に届け出たからと言って、戻ってくるとは限らないし、それに伴う労力も半端じゃないのがアンゴラ。自分の出身国アルメニアにも、両親のいるレバノンに帰っても、仕事がないという彼女。ほぼ出稼ぎの状態でアンゴラに来ています。彼女は逞しく、去年あったレバノン女性もまた逞しかった。

午後には、韓国系カナダ人のソンミさんが遊びに来てくれました。
車がないので、遊びに来てもらうしかなく、ほぼ二カ月ぶり。溜まっていたおしゃべりをどわぁぁぁ~と四時間位…。お互いのことを、話しまくりました。やっぱりね、おしゃべりは必要です。

その間、キコとミコとアインちゃんは、それなりに仲良く遊んでいました。英語と韓国語のアインちゃんと喋るために、キコは私に英語を聞いてきます。単語を発して通じると嬉しいみたいで、一生懸命話そうと努めていました。
疲れているのでケーキも作らなかったし、おしゃべりに全力投球な(苦笑)一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/16 日本語を話したい

Imgp3912

車の整備はまだ終わらず、今日もお友達に頼んで、子供のお迎えに出かけました。
車に乗せてくれるお友達は、アルメニア人のターラーさんなのですが、今日もまた色々二人でアンゴラについて愚痴ってしまいました。

それにしても、私、家族以外と日本語を全然話していません。
思ったことを日本語と同じように、考えずに使える英語レベルではないので、やはりそれなりに疲れるようです。
子供たちは旅の疲れも感じず、元気もりもり。部屋の中のジャングルジムの場所を動かし、工夫して遊んでいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/15 シントラのお土産

Imgp3905
車もない上、ひとつのスーパーで満足に買えないのがアンゴラ。冷蔵庫は旅行の前に空っぽにしているので、肉などは冷凍してあっても、玉ねぎとじゃがいもしか、冷蔵庫にはありません。
お友達のターラーさんが、朝からスーパーに一緒に行く?と誘ってくれ、乗せてもらいました。ちょっと郊外のスーパー。渋滞にはまらず、二軒はしごし、それでも時間が合ったので、お茶をしました。レバノン系のケーキとパンのお店。ホールのケーキだと70USDとか100USDとか普通にします…。コーヒーだけ、頼みました。

コーヒーを飲みながらも、足元の蚊が気になって、落ち着けませんでしたが、アンゴラですからねぇ。今年は本当にマラリアやデングが多くて、蚊に更に神経質になっています。

でも、女子なので、もちろんおしゃべり(笑) いろんな話をしました。料理のこと、水の質感の違い、教育のこと、文化のこと、父親の育児参加、家事分担、家族のことなど。
こうやってかくと簡単だけれど、本当に色んなことを話しました。
彼女はアルメニア人、私は日本人。だから、私がダーリンの話をすると、彼女は全ての日本人がそうなのかと思ってしまうかもしれない。だから、いつも「彼の場合はこうで、全ての日本人ではないからね」と言う必要がありました(笑)

写真は、イザベルさんからもらったクッキー。
休暇でポルトガルに帰り(彼女は夫婦そろってポルトガル人)、シントラという街に行ったそうです。シントラには、私達も行ったので、懐かしい場所。その地名を聞くと、緑深い古い城壁までの道や、夏の王宮からみた緑の山が思い出されます。緑の匂いが、ふっとよみがえる。その土地を訪れることによる素晴らしい点は、そのあとも、こうして何かのきっかけで引き戻される記憶かもしれません。
さてさて、彼女たちは、シントラの地域のおかし、ケイヂャーダを買ってきてくれたのでした(^-^) 私たちもこれを買い、帰りの電車の中で食べたのでした・・・とても嬉しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/14 幼稚園へ

Imgp3903
既に昨日から幼稚園は始まっているので、早速登園。
休暇中に整備に出した自家用車ですが、アンゴラですからね…結局予定より大幅に遅れ、まだ戻っていません。それで、幼稚園のママ友に頼んで一緒にスーパーに行ってもらったり、お迎えをご一緒にしてもらいました。
スーパーに行けば、他の友達に会い、校門の前でもまたおしゃべり。私のここでの生活範囲は狭いです。でも、ちゃんと私にも場所ができたとなぁと感じています。
みんなに旅行の話をすると、おかえり~とぎゅぅっとハグしてくれたり、良かったね、良かったねと言うお友達たち。フランス人学校に通わせているポルトガル人もいるので、喜んでくれます。でもお世辞じゃなくて、本当に素晴らしい旅だった。ダーリンの功績も大きいです。

さて、お教室に迎えに行くと、キコの親友のダリア(アンゴラ人)が、旅行先のお土産と言って、プレゼントをくれました。
英国に行ってきたと、横にいたナニーが教えてくれて、袋にはキティのおもちゃがありました。値札がついたままだったのですが、ハロッズの値札で20ポンドでした。さらにミコにもキティのぬいぐるみをくれたダリアは三姉妹の長女。同じくキティちゃんのカードには「私の親友、キコ。」とありました。
フランス語のナニーと英語のナニーそしてもちろんポルトガル語のナニーがついています。ほほほ、我が家とは異なるお財布事情…。

Today, Kiko and Miko backed to french school! I can meet my frineds at school and supermarket Jumbo! 
My world is small in Luanda, but I got really nice friends in Luanda. Thank you for all friends in Luanda.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/13 ルアンダに戻りました

Img_1215
朝食が出ると、子供たちはしっかり起きて、食べ始めました。強いな、子供!
ただ5歳3歳でも、親にはキツイですねぇ。中央四人がけの座席で、左右に親が座り、ダーリンの膝の上にキコの頭、私の膝の上にミコ。そして中央に足を寄せて寝かせるのですが、重たいし、落ちやしないかと気になるので、眠れない。
ま、ミコは下に寝たので、私はよく寝ていましたが、ダーリンはあまり眠れなかったそうです。

7時過ぎには到着。入国審査はシステムダウンしていたようで(また!)、人の列で、建物から人が溢れていました。そこを子連れを前面にして、外交官ラインに並びました。Img_1219

後ろについてくる子連れ家族達。パスポート的にこのラインでいいのですが、子連れなのでどこでも最優先です。

空港からは、マテウスの運転で家に戻りました。時差もほぼないので、スーツケースを開けて、大量の洗濯。ダーリンも手伝ってくれていますが、結局四回、回したかなぁ。

それにしても不思議ですねぇ、アンゴラなのに、こんなに土埃っぽいのに、やはり自分の家に帰るとホッとするものです。
Now we are in Luanda. I washed clothes by washing machine 4 times. My darling help me.  We backed here Luanda, but I gave a sigh of relief. Now our house here, so I am feeling that.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/12 アンゴラに戻ります


Imgp3886

10時に部屋を出て、チェックアウトし、荷物は預かっておいてもらいました。
その間、歩いてサンタ・カタリ―ナ通りで買い物をしました。何度か目の前を通っていましたが、大人の服を見に入り、そこでシャツとワンピースを買いました。新しいものを買うと、気分が盛り上がりますね。
アンゴラでは、トレペなどの生活雑貨と食材しか買わないので、しかも値段を見ながら買っているので、スーパーで売っている野菜のキロ当たりの値段すら覚えているほど。ちょっと素敵なもの、可愛いもの、見ているだけで気が盛り上がるものです。

買ったものを詰め込こんで、荷物をもって、近くのレストランへ。Imgp3890

ゴロっとした手作りしましたって感じのバカリャウ(干し鱈)のコロッケがどこよりも美味しかった~。それとビール!
サラダとタコを食べて、キコはデザートも食べて、大満足。
レストランからタクシーに乗って、ポルトの空港へ。空港は、よく見るとガラス張りでとてもきれいでした。

カウンターで、一個当たりのスーツケースの重量制限を言われ、小さいスーツケースに洗面用具などを移し替える作業をしましたが、二回目はセーフ(笑)
グランドホステスの女性は、アンゴラに住んでいると分かると、「大変でしょ?」と言ってきて、私は「ええ、とっても!」と苦笑いで返すほかありませんでした。
それにしても、出国する時は、何もないんですね~。エックス線のチェックだけでおしまい。国際線に乗るのに、この扱い。島国育ちの私には、いつになっても新鮮です。
しかも子供の水筒に入ったお茶も、一口飲めばOKで、えぇ?!と言う感じ。もう一本は確認せず、子供にニコニコ。こういう感じは、アンゴラも同じで、やはり通じていますねぇ。
Img_1205

飛行機に乗るまで、ちょっと遊具で遊んで、飛行機に乗りました。帰りも同じ、左右二列の座席で55分のフライト。ちなみに軽食もジュースも出ず、欲しい人は有料サービスで買い求めることができます。

スペイン・マドリッドに到着。飛行場を出て、空港ビルの中にあるマクドナルド(笑)
夜中1時発なので、空港内のお店も閉まりはじめ、子供たちは眠くなり始め、早めに座って、呼ばれるのを待つことにしました。ちらほらと同じフランス人学校の家族の姿が…ってそれ以外、子連れはほぼいない状態でした。主に出稼ぎ男性が大半を占めているような感じですが、事実でしょう。
飛行機に乗って、煌々と明かりがともり、夕食のサービスもありましたが、もちろん、私は子供と眠っていました。

ミコはなぜか座席で眠るのを嫌がり、下で寝たがります。なんど座席にあげても泣いて嫌がるので、ブランケットを敷いて、枕を置いて、足もとで寝かせました…ごめんよ。でも、君がそうしたがると意思表示したんだからね(笑)
希望通りの床で、静かに爆睡していたミコさんでした。Img_1213


昔、一人でロシアの飛行機に乗った時、足もとで何か動いたと思ったら、ハイハイしていた赤ちゃんで、お母さんは後ろの方で雑誌を読んでいて、安定飛行中だとこういうのもありなんだ~と思った記憶が蘇りました。

We'll back to Angola. In lunch time, we ate really nice Portugal dishes. How lovely!
After enjoying lunch, we went to Porto Air Port. and we used small air plan from Porto to Madrid. It took 55 min.
When we arrived Madrid, we wanted to eat Macdonald. and went to back to Angola by Iberia Air Line.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/11 美しい本屋さん

Img_1170
今日は、世界一美しいという本屋さんに行きました。
ネットで本が買えるようになって、手もとの電子媒体で本が読めるようになっても、アンゴラにいて日本の本が手軽に読めるようになって、ブラボー!と思っていても、本屋さんは魅力的です。
紙の匂い、なのかなぁ。本の重み、ページをめくる時の音、なのかしら。図書館もまたそうですよね。知の宝箱だからなのかしら。あの感じ。

本屋と言うだけでワクワクしますが、更に「世界一美しい」という形容詞つきのLibraria Lello & Irmaoという本屋さんです。Imgp3825

観光名所になっていますが、本屋としても運営しており、ダーリンは「ポルトガル料理」の本を買いました。そして実際、美しかったです。木製の曲線の美しい階段、施された飾りや枠の美しさ、天井のステンドグラス。
大きくない店内をぐるりと一周するのも、観光客が多くて大変ですが、とても素敵でした。本屋さんは知の宝箱、それを目に見える形にしたような本屋さんでした。

Imgp3872


そこからカルモ教会の前を通って、街中でランチ。
ここでもまたイワシの塩焼きを頼みました。そしてお友達お勧めの魚介スープ。クリーミーで美味しかったです。
そこから歩いてサンタ・カタリ―ナ通りに行き、日本で言うエッグタルトでお茶をしました。エッグタルト、美味しかったよ~。やっぱりね、甘いものは甘い方がいい。
その国の天気や空気も一緒に味わう感じがします。あぁ、美味しいなぁ(^-^)

それから通りに面したヴィアカタリーナというモールで子供たちの服を買いました。アンゴラでは買わない(買えない;苦笑)ので、服は旅行に出た時だけ買っています。H&Mには、夏物が出始めていて、アンゴラにピッタリ。ワンピースをいくつか。
Imgp3883_3


そしてミラノのブランドだけれど「KIKO」というコスメティックブランドのマニキュアも、お土産に買いました。家に戻り、夕方。ダーリンは美容院に行って、ヘアカット。
その間に子供たちをシャワーに入れ、ダーリンが帰って来てからは、私が毎日出かけたスーパーに一人出かけて、お買いもの。お菓子をたくさん買ってきました。ふふふ。

Today we visited beautiful book shop, darling bought Portugal Cooking Book. We walked around the Porto city. We ate typical Portugal dishes and desserts. Yummy!! I really love to eat Grilled Sardin!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/10 この街、大好き

Imgp3557
今日は快晴の中、ポルトの街の中を満喫しました。
まずはお家から歩いて、クレリゴス教会へ行きました。街で一番高い塔があり、塔の高さで言えば、ポルトガル一の高さとか。
250年の歴史を誇り、キコとミコも狭い石の階段を上り、眺望を楽しみました。が、古い作りで、石の隙間から子供なら簡単に落ちてしまいそうで、私はドキドキ。一目見て街のきれいさに、うっとりしましたが「一目」。怖くて子供の手を離せませんでした。

キコの耳はフランス語と日本語捕まえるようになっていて、「ママ、後ろの人、フランス人だよ」「隣でに座っている人、フランス人だよ」と、よく教えてくれました。フランス人のバカンスの時期に、私たちは旅行していることもあってか、よくフランス語を耳にしています。Imgp3694


塔を降りて、酒屋さんでコンフェイトを買いました。これは日本語の金平糖になっていますね。素朴なお菓子を子供たちとつまみながら、地下鉄で一駅。対岸にわたりました。
よい天気、すばらしい景色。素敵な眺めを楽しみました。本当に可愛い街!
歩いて川沿いまで坂道を降り、川沿いでランチ。ちょうど友達がFacecbookで勧めてくれた、陶器のお皿に強い度数のアルコールをはり、その上で焼くチョリソーがメニューにあり、それに惹かれて入りました。
この対岸側は、たくさんのポルトワインのワイナリーがあります。ワイナリーは巡りませんでしたが、ポルトワインをランチに頂きました。
ポルトワインは、食前食後酒になる甘いワインと思っていましたが、すっきりしてフルーティなワインを楽しめました。美味しかった~。

Imgp3741


そのあと、川沿いをお散歩し、鉄橋を歩いて渡り、お土産屋さんを見て、旧市街を歩き回りました。
建物は古くて、石畳、道は狭くて、でもそれがとても可愛い。ポルトガルの経済が悪いこともあって、割れたガラス窓もそのままとか、そんなのもまた、ポルトでは趣があるように見える私でした。
それにしても、かなり歩いています。次女ミコもよく頑張りましたが、やはりおんぶ。長女キコは、体力がついてきていて、カフェでアイスクリームを食べようと約束して、大人と同じだけ歩きました。すごーい。大人でも疲れているのに。

サンタ・カタリ―ナ通りで、1921年創業のカフェに入りました。カフェ・マジェスティック。そこでキコはアイスクリームを満喫。ミコもお昼寝から目が覚め、美味しそうに食べていました。
隣に座ったドイツ人老夫婦。子供が大好きで四人、既にお孫さんもいるそうです。キコとミコに、小さいグミキャンディの袋を下さいました(^-^) 観光名所とも言えるカフェなので、物乞いも来るし、邦人客もいましたが、グランドピアノの演奏が始まったり、インテリアはとても素敵でした。
Imgp3784_2

夕食はいつものように、おうちで豚肉を焼いて食べました。一緒に焼いたマッシュルームが美味しい。なんて美味しいんでしょう。肉厚でジューシー。アンゴラでキノコと言えば缶詰でのマッシュルームですから、すこぶる美味しくかんじる私、ほんとおいしかったです。

Today, we really enjoyed walking around the city of Porto.  
We enjoyed singt seeing from another side, took cafe at Majestic estblished 1921, ate special grill sausages,
walked up tower of Clerigos Church which established before 250 years,
and highest place in Porto. Thanks to sunny day, we could see really lovely sight!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/09 バスでスペインからポルトガルへ

Imgp3501_2

ダーリンは朝一番、ここで売っているアーモンドケーキを買いに行ってくれました。
子供たちはこの場に及んでも、テレビ!スペイン語のアニメチャンネルを楽しそうに観ています。その間に荷造りを終わらせ、買ってきてくれたケーキを詰めてチェックアウトしました。

ホテルが呼んでくれたタクシーからは、明るい色のセーターに、不規則なドットの入ったスカーフを首に小さめに巻いた素敵な運転手さん。とても好印象な方でした。

Imgp3502


バスターミナルの窓口でチケットを買い、トイレを済ませ、高速バス乗り場へ。既に人が集まっていました。
9時出発で、バスが来たのは数分前。二台同時に来て、一台はリスボン行き、一台はポルト行き。表示もないし、運転手も私服っぽいし、行き先をポルトと確認して、ダーリンに荷物をバスの下に入れてもらい、乗り込みました。

トイレのない高速バスでしたが、二度停まり、所要時間は3時間半のバスの旅でした。
前には、ブラジル人兄妹が座っていて、なんとパウリスタ。二人で、巡礼の旅を終えて帰るところだそうです。公共交通を利用する旅は楽しいですねぇ。景色を楽しみ、前の席の人たちとしゃべったり、キコとミコは飽きていましたが、私は長く感じませんでした。
Imgp3518


この季節は、多分黄色い花の季節のようで、曇りっている空のものとでも明るく道を照らす黄色い花。太陽の照明が当たれば、一層輝いて、とても美しかったです。

ポルトのバスターミナルからは、地下鉄に乗って、ボリョン駅へ。
サンタカタリ―ナ通りのレストランで、海鮮リゾットを食べました。ふふふ、大満足。美味しかった~。しかし、如何にもポルトガルですが、カードが使えない。ダーリンは両替のために、かなり遠くまで歩いて帰って来てくれました。Imgp3527


今日もまた、同じアパートに泊まります。部屋は違うけれど、同じように朝食と夕食を作って食べています。食材も買っていますが、ユーロは強いですが、楽しいです。新鮮なお野菜や果物、美味しい材料が揃うだけで、料理するのも全然苦になりません。
Img_0926


Today, we moved from Spain to Porto Portugal by bus. It tooks 3.5 hours. We could see nice local view and talked another people. When we arrived Porto, we ate seafood resot. Yummy!
In Porto, we have been staying apartment for travelers without reception. We went to supermarket, bought fresh veges and lovely foods. I cooked everymorning and dinner, but I really enjoyed that. Lots of fresh food made me happy!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/08 カテドラル


Imgp3304
とても素敵な朝食をホテルで頂きました。
子供たちはホットチョコレートとチュロスを楽しみ、私は気に入ったチーズとマッシュルームの炒め物をリピートしました。

今日は、ホテルの目の前にある、巡礼の最終目的地のカテドラルに行きました。
私はクリスチャンではありません。でもカトリックの幼稚園に通っていたのと、小学校に入ってからも、幼稚園と一緒にある教会の土曜学校やクリスマスのミサに行っていたので、多少なりとも影響は受けているとは思います。
Imgp3336


シスターのお話しや、今の教会になる前の「お御堂」と呼ばれた古い建物の記憶も、残っています。
今考えると、スペインの修道女の宗派だったのかしら。母がエンパナダを習ってきたり、何かの集まりで、ホットチョコレートと揚げたお菓子を食べた記憶がふと蘇りました。

カテドラルにある聖ヤコブの像や棺を見てきました。
不思議なもので、感謝の念が湧き、家族の無事と健康を祈りました。聖地と言うのは不思議なものですね。
建物や彫刻ももちろんですが、行きつくところ、人々の想いや念が、この荘厳さを作り上げていると感じました。

旧市街を歩きまわり、カテドラルがきれいに見えると言うアラメダ公園に行ってみたりしました。公園の中は、緑が豊かで、きっと夕方から始まる移動遊園地がありました。カテドラルがきれいに見える場所は、気持ちがよくて、ユーカリの木の下にはベンチがあり、しばし座って眺めました。Imgp3401


鐘の音が聞こえて、気持ちがいい場所です。子供たちはユーカリの葉っぱをあつめて、ごっこ遊びを始めています。

その後、肌寒いのに、子供の希望でアイスを食べにカフェに入りました。私達はサングリアを飲み、楽しいお散歩。でも今日もまたよく歩きました。
夕食は、珍しく一軒だけ開いていたレストランで、ここのガルシア地方のスープ、あさり、チーズ、生ハム、魚のソテーなど、もりもり頂きました。8時からだと子供たちは眠くなってしまうので、普通の時間に夕食を食べたい私たち。同じようにそう思う観光客も、レストランにはちらほらおりました。
それにしても、美味しい。

Imgp3458


Today, we visited Catedral de Satiago. 
We are not christian, but I felt something for God. I want to say Thank you and I prayed my family' health and safe in the future. we went to park and took cafe, etc....We had really good time this town Santiago de Compostela and this hotel "Hostal Parador dos Reis Catolicos".
Imgp3464

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/07 電車でポルトガルからスペインへ

Img_0972
朝、6時前に起き、冷蔵庫に準備しておいた食べ物を鞄につめて、7時前に家を出て、アズレージョの美しいサン・ベント駅まで向かいます。寝ぼけ眼のキコとミコですが、スーツケースを引きずっているし、急な坂道、しかも石畳なので、自分で歩いてもらうのが一番。
ダーリンが先導して、スーツケースを左右それぞれに引きずって歩いています。私はキコに歩いてもらいながら、ミコの手を引いて、パソコンの入った小さいバックを引いて、歩きます。

駅の窓口で、切符を買いました。
このサン・ベント駅から7時過ぎ、一駅乗って、ポルト・カンパーニャ駅で乗り換えます。これから向かうスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ駅までの道のりは、ダーリンが窓口で聞いたり、ネットで調べたりして、行きは電車、帰りはバスでの旅になります。
Img_0981

今日も天気が悪く、肌寒い。乗り換え駅のカンパーニャ駅は、大きな駅で、小さい売店とカフェがありました。カフェでドーナツとお惣菜パイとサンドイッチを買い、石造りの駅舎を見て、7時55分発、一日一本のローカル列車に乗りました。
かなり普通の電車、さらにガラガラ(笑) 対面のボックス席に座って、朝ごはんにしました。カフェで買ったパン、もってきたイチゴやプチトマトは洗ってあります。

Tuiという駅までがポルトガル。そこまでの運賃を、車掌さんに払います。そこを越えるとスペインで、車掌さんも変わります。行き先を告げると、予定していた終点で乗り換えるより、一個手前の駅で降りることをお勧めされ、そこまでの運賃を支払いました。

Img_0990


ここもまた地味な駅でしたが、カフェに入り、子供たちと一緒に折り紙で遊びました。小さいお絵かき帳とか折り紙とか、邪魔だけど、子連れの移動には、あると便利です。次に乗る電車は、かっこよく、座り心地も良く快適な車両でした。
スペインとポルトガル、こんなに近いのに、時差は1時間あります。三度の乗換えを含み、4時間半の鉄道の旅になりました。
さて、車窓から見える景色に、私は相当癒されました。深い緑、広くてきれいそうな水をたたえた湖、自然の色とりどりの花。電車の旅もまた、いいですねぇ。

駅からは、登り坂。タクシーを使いたかったのに、ミコは「歩きたい!」と主張。ダーリンが一番大きいスーツケース、キコはパソコンの入ったバックを引きずって、ミコと私は中くらいのスーツケースを押していきます。
ミコだけでは、石畳はなかなかすすみません。周りの人は、自分と同じ身長のスーツケースを押して歩くミコを、目を細めてみています。途中雨が降ってきて、カフェで一休み。
Img_1012


早速ビールを飲み、エンパナダを注文。ダーリンはスパニッシュオムレツ。キコとミコには、チュロスとホットチョコレートを注文しました。濃いチョコレートドリンクに、揚げたてのチュロスをつけて、にっこりのキコとミコ。それぞれに注文したので、大人と同じ量をペロリ。

そこから更に、スーツケースを押して引っ張って歩いて、カテドラルを通過してホテルへ。今日から二泊は、ホテル(Hostal Parador dos Reis Catolicos)に泊まります。

この街は、とても古く、キリスト教の三大巡礼地(エルサレム・ローマにつぐ)の一つです。クリスチャンではありませんが、夫婦でブラジルの作家パウロ・コエーリョの本を読んでいたので、いつか来てみたいと思っていました。ダーリンいわく、スペインの「伊勢」、いい得て妙ですが、確かに!
Img_1040

今回泊まることにしたのは、1499年に建てられた王立病院と宿泊施設を改装した国立のホテルです。スペインのパラドールと言って、歴史的建造物を改装・改築したホテルです。キコとミコは古いお城みたいな建物に、「お姫様になったみたい」と言って喜んでいます。ホテルの中は、美術館のようで、とても素敵でした。窓から見えるお庭も、良かったです。

この街は夕食が八時からのようで、どこのレストランも閉まっています。
開いているのは、カウンターのあるカフェ、つまりスペインのバル。そこで、タコやカタクチイワシの酢漬け、イワシの塩焼き、生ビール、満喫しました。あぁ、美味しいです。イワシ、なんでこんなに美味しいんだろう(^-^)

迷子になりそうなホテルに戻って、バスタブにお湯をため、しっかり温まって眠りました。
今回の旅行もダーリンが色々調べて、聞いて、アレンジしてくれています。おかげで、私は子供たちと一緒について行くだけです(^-^)ありがとう!アンゴラにいるからこれだけ長い休暇が取れ、この瞬間は、アンゴラに感謝とも言えます(苦笑) Img_1041

Today, we moved from Porto, Portugal to Santiago de compostela, Spain by train. It took almost 4.5 hours...changed train 3times. My children took nap in the train, and I enjoyed seeing the view from train. There were green forests, seems like clean water calm lake, lovely wild coloful flowers...they made me really happy!
Now we're in Sapin. This city is really old, this time, we are staying old building hotel...established 1499 years! It is really nice! My children said like castle!! We are princes now! Anyway we're not christian, we read the book written by Paulo Coelho. So we wanted to visit here.
My darling arranged all transit and hotel etc...about trip, I really want to say Thank you!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/06 動物園

Imgp3090
今日は郊外メイア市にある動物園「Zoo da Maia」にメトロで行ってきました。最寄駅の前に、街のビジターセンターがあり、そこで場所を聞いて、歩いていきました。天気が悪く、気温が低いです。
大人一人7ユーロ、5歳のキコ4ユーロ、ミコは無料。チケットには、園内のカフェ用のアイスクリーム引換券が付いていました。

小さい動物園でしたが、ちょうどよくアシカショーも見れたし、爬虫類館も妙に立派だったし、アイスクリームも食べれたし、子供と歩きまわるにはちょうど良い広さでした。
さらに園内には、小さい公園もあり、ブランコや滑り台で、丸太のお城でキコとミコは楽しそう。二人しかいないので、しばし独占して遊んでいましたが、遠足で来ている現地の子供たちが遊び始めると、うちの子供たちは退去。
本当はまだ遊びたいのでしょうが、一緒に遊ぶより、遊ばない方を選んだし、寒かったので帰ることにしました。
Img_0969

駅前のレストランでお昼ご飯をしっかり食べ、最初に出てくるパン、チョリソ、バター、イワシのペースト、チーズペースト、チーズ盛り合わせ、それだけで我が家は満足しそう。これらは、食べなければ、料金はとられません。でも、せっかくなので全部頂きました。他に豚肉を焼いたのを頼んで、大満足☆
そのあと、メトロで旧市街に戻ってきました。

ボリオン市場を見たり、街中を散策。お店の看板や硝子戸のはめ込み、タイルや鉄の格子にもまた、歴史を感じます。その後、サンタカタリ―ナ通りにある小じんまりしたショッピングモールへ行きました。
そこで、「KIKO」というミラノの化粧品ブランドショップを見つけました。自分の名前を、お店に見つけたキコ。「なんで~」と恥ずかしそうに笑っていました。ミコは「なんで~ミコのはないの?」と探るように見つめてきます。
後から聞きましたが、オーナーの奥さん?恋人?がキコという日本女性なんだそうです。あらま。

Imgp3162
大人はカフェ、子供たちはアイスを食べて、ちょっと一息。明日はスペインへ移動です。

Today, we visited zoo. Kiko and Miko enjoyed taking Metro, walking and playing place in zoo. The zoo is "Zoo da Maia", not big...but for us it was good place.
Then we backed old city in Porto and enjoyed walking around. Unfortunatily, it was rainy and cloudy.
In the small shopping mall, we found cosmetic shop "KIKO". My child Kiko could read the shop name, and she were laughing.
Tomorrow we will visit to Spain by local train.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/05 いい天気、楽しいランチ

Imgp2912_2

のんびり起きて、買っておいた食材で朝食。半熟玉子の目玉焼きが作れるのは嬉しいですね。
子供たちもいつもと違うチーズや大好きなブロッコリー、イチゴ、ヨーグルトドリンクに食が進みます。ちなみにヨーグルトドリンクも、アンゴラの三分の一以下で売っていました。アンゴラでは買わないので、子供たちは好きな味を選んで朝食にしています。

ポルトの旧市街を観光しました。ジブリの映画「魔女の宅急便」のモチーフになった街というだけあって、確かにとてもかわいいです。この街は、世界遺産になっているのですが、石畳、坂道、古い建物、教会など、どれを切り取っても可愛く撮れる景色です。
Imgp2968

細い急な坂道には、洗濯物が干してあったり、家の中からテレビの音が漏れていたり、木製のドアから子供が自転車を引っ張って出て来たり、建物は世界遺産ゆえに保護されるでしょうが、なぜだか生活している人や時間までが、タイムトリップしたようなのどかさがあり、とても気に入りました。

お昼ご飯は、リスボン駐在中のご家族と一緒にドウロ川を眺められる外のレストランで、シーフードを堪能しました。ご主人様とはアンゴラ駐在で知り合いました。懐かしいアンゴラ話で盛り上がってしまいましたが、我が家は懐かしいというより、今の話をしただけ(笑)
私もそうやって、いつかは懐かしめるかなぁ…。さて、リスボンからポルトまで来てくださり、みんなで楽しいランチができました。Imgp3047

美味しかったし、楽しかった~。アンゴラは大変ですが、いい出会いがあったことに感謝ですね!

そのあとは、ドウロ川クルーズを楽しみました。本当にいいお天気で、川からの景色を楽しみました。
Today, we visited old town of Porto. This town is really lovely!! Our friend family who are living in Lisbon had lunch together in front of Duro River. Only husband worked in Luanda, so we enjoyed talking and drinking!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/04 マドリッド→ポルト

Imgp2800


マドリッドに二時間遅れて到着。出国時にあれだけの苦行があったんだから、きっとこの旅は、楽しく素晴らしいものにしかならないと思えるのは、私の性格。
今回、イベリア航空を利用したので、マドリッドに最初に入りました。まずは深呼吸。何が欲しいとか、何が食べたいとか言うより前に「深呼吸」。あぁ、空気がきれいだ~。Img_0772


マドリッドは、五時間のトランジットがあります。
それでまずは、地下鉄に乗って、太陽の門に行きました。久しぶりの公共交通に、ワクワクする子供たち。エスカレーターやエレベーター、動く歩道にも盛り上がる子供たちです。
ただミコは疲れてしまって、すぐにおんぶ。15キロをおんぶして歩くのはきついですが、子連れの旅は、体力勝負ですからね。
素敵な装いで優雅に旅する時期ではなく、今は、ジーパンで家族で元気に旅する時期なのだと思っています。あ、時期とは関係ないか(笑)

美味しそうな菓子パン屋さんを見つけたり、可愛いサンダルのディスプレイを楽しんだり、街路樹の花を見上げたりしながら、マイヨール広場に到着。道化師やシャボン玉芸人などがいて、訪れる人を楽しませてくれます。
広場に面するレストランで、それを見ながら、ランチをしました。新鮮なサラダ、柔らかく茹でたタコ、サングリア、おいし~。天気もいいし幸せ!
Imgp2851

晴れていて気温が上がってきても、日影は寒く感じるし、夏の国からくると日が出ても体感気温は低く、着脱が多いです。荷物が多くて、かっこいい旅行者にはなれませんが、いいのいいの。大事なのは、共有する時間と場所だもの。

また地下鉄で空港に戻り、イベリア航空で、ポルトガル第二の都市ポルトへ向かいました。左右二列ずつの小型機。55分のフライトで到着。ポルトからは、タクシーで旧市街にあるアパートメントに向かいました。
荷物を置いて、ほどなく外へ。すぐそばにスーパーがあり、食材を買いました。
体は疲れているけれど、スーパーでの買い物は楽しいです。アンゴラにもあるものが沢山ありますが、値段は三分の一以下。種類も多くて、安く感じます。
モッツァレラチーズ、イチゴ、スモークサーモンなどを買い、家に戻りました。部屋にはキッチンと最低限の食器と調理機材、塩とオリーブオイル、バルサミコ酢がついています。
ダーリンが子供たちにシャワーをさせている間、夕食の支度。いつもより遅くなってしまいましたが、美味しい夕食ができました。Imgp2854


This time, we chosed IBERIA Air line. from Luanda, we went to Madrid. We stayed 5 hours there.
We visited famous place, Puerta de sol and Plaza Mayor. We had lunch at Plaza Mayor. Under sunshine, it is hot. but when we were in shade, we felt cold.
We moved again. From Madrid to Porto, Portugal! It took 55 min! Really near!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/03 ルアンダを出る日

Img_0745
今晩から休暇で旅に出ます。
長い休暇の前は、冷蔵庫の中にある野菜などを消費する必要があるので、ちょっとバタバタ。パッキングは、現地の気温と体感温度を予想しながら、衣類を選びます。忘れてならないのは、母子手帳や予防接種の記録。
今回はヨーロッパだから何でもありますが、子供の風邪薬も持参です。

気持ちのいい春を予想していますが、年中真夏なアンゴラに住んでいる私達ですから、きっと寒く感じること間違いなし。特に朝晩。長袖長ズボンのパジャマ、上着を四人分、ウインドブレーカーを子供の分、結構がさばります。

次女のベビーカーは、我が家は早い段階で使わなくなったのですが、今回はおんぶ紐を持って行きます。おんぶ紐のエルゴもがさばりますが、両手が空くし、夜のフライトなので、眠られず機嫌が悪くなったら、おんぶが一番。
もうキコから使っているから、5年以上使っていますね。かなり年季が入っています。

朝はベランダで遊んでいる子供たち。
こぼしたシャボン玉液を「ママに言わないでね」なんて声が聞こえます。ぜーんぶ丸聞こえ、硝子戸を通じて、丸見えですけれどね。かわいい。

さて、夜7時前、ルアンダの国際空港に向かいました。Img_0750

空いていたら15分もかかりませんが、渋滞で50分くらいかかりました。そしてチェックインしようと思ったら…。
空港内は薄暗く、人がわんさか。停電らしく、ほどなく照明はつきましたが、システムはダウンしたまま。更に冷房もなく、暑いのなんのって。
子供たちは毎日20時前には眠っていますから、並んでいる間に眠くなり、それぞれ抱っこやおんぶ。しかし、暑くて機嫌が悪くなったので、結局スーツケースを倒して寝かせ、ダーリンが持っていたクリアフォルダーであおいでくれました。
この時間は、アンゴラ航空ドバイ行き、イベリア航空マドリッド行き、ルフトハンザ航空フランクフルト行きが出ています。ドバイ行には邦人の知人がおり、ダーリンは、列に並びながら電話で話していました。私は、いかにもアンゴラな現状を、友達にメールして愚痴っていました。
チェックインまでに汗まみれ。シャワーを浴びてきましたが、もうシャワーを浴びて着替えたいくらいでした。
国際空港で停電なんてね、有り得ないしょ。システムがダウンするくらいなら、手動で出来る方法を持っておかないといけない。でも、それができないのは、結局「教育」がなってないからなんだろうなぁと思います。

二時間待ち、システムが復旧。アンゴラの不思議ルール「子連れは何より最優先!」が実行され(笑)、チェックインもX線も出国手続きも搭乗も、係員が先導して「優先」させてくれました。ちなみに子供の水筒い入ったお茶も、子供も一緒なので、何も問われません。
Img_0753


子連れには非常に有り難いですが、こういう絶対ルールが強硬に実施される感じは、非常にアンゴラちっくだなぁと感じます。
その位してもらわないと、アンゴラの空港で子連れは、難関過ぎてね…。トイレだって停電なんですから、子供の飲む水の量さえ制限せざるを得ない訳です(涙) 寝るだけのフライトで、シャワーをした後でも、虫よけを噴射している状態ですからね。あぁアンゴラ。

今回はイベリア航空を使います。同じ幼稚園のフランス人母子が一緒のフライトでした(実は帰りの便も同じでした)。邦人のお友達が言っていた通り、白人がとても多いです。アンゴラ人集団はビジネスを利用していたようで、むしろホッとした私。
アンゴラは家族連れが来るより、出稼ぎが多い国だと感じるのは、飛行機の中はほぼ男性だということ。女性も子連れも高齢者もほとんどいないのです。
離陸すると、全ての疲れが出て、あっという間に沈没してしまった私でした。

Today we will travel to Europe. When we were in Luanda Inrternational Airport, we were waiting long time.
There were no electricity, so the system was down, no air conditionar, only light....so before check-in,
we were waiting 2hours 30min! Kiko and Miko slept on our suitscase...
I think you couldn't understand this, but we and friends who are/were living in Angola, could uderstand! That is Angola!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/02 残念ながら

Imgp2697
キコの親友、ダリア。今日のお昼から彼女のお家に遊びに行くと言う話を月曜日にしていましたが、ダリアの
お母さんから住所の連絡が最終的に来ませんでした。

私が12時に出かけたいと話していたので、それまで連絡が来た時、すぐに出かけられるようにと、ケーキも作り、運転手も呼んでおいてスタンバイしたけれど、何も連絡は来ず。
行き先が分からずには、いけませんからね。残念がるキコ、きっとダリアも同じ気持ちでしょう。

キコは本当に本当に、楽しみにしていて、行くと決まったら、ダリアにあげるプレゼントを折り紙で作ったり、お洋服を選んだりして、盛り上がっていました。

残念です。運転手が来たので、スーパーに出かけました。明日から休暇をとって旅行に行くので、買い物に出る理由はなかったのですが、気分転換に…。
でも、こういう時に限って最悪の渋滞。家から見えるスーパーだし、買うものもミネラルウォーターやジュースくらいでいた時間は短いのに、なんと二時間弱の外出になってしまいました。
ま、生鮮品は買うものもなかったですが、買えるきれいな野菜は見当たらず、気が萎えるだけでした。最近、きれいな野菜、ジュンボで見ません。

今朝作ったバナナシフォンケーキ、せっかくなので、運転手に頼んでオフィスへ持って行ってもらいました。オフィスの皆さんは、いつも喜んで下さいます。ありがたいですね。

ダーリンは、今朝、相手はアンゴラ人なんだから…と言うのですが、つい子供が関係すると、必死になってしまいますね。冷静にならなくちゃ。残念ながら、こういうときは、ダリアのお母さんを、アンゴラ人だからという理由でまとめてしまいそうです。子供にはそういいませんが、私の中でそういう風に処理してしまっています。


Imgp2701
キコはやはり残念そうにしていますが、明日から旅にでるから!と盛り上げ、ダリアの妹がお熱なのかもしれないね、でも残念だね。ママは連絡が欲しかったと話しておきました。
ダリアへの折り紙ギフトは、幼稚園が始まってからプレゼントすることにしました。


写真は、午前中ベランダでお絵かきをするキコとミコ。塔の上のラプンツェルを描いたそうです。二人ともとっても上手(^-^)

I went to Supermarket Jumbo with Kiko and Miko at 12:00. Jumbo and my apartment locate not far, but today it took around 1.5 hours....We backed apartment 13:45....stayed in Jumbo within 30min....Awful!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/05/01 ムスロ島

Imgp2557


今日は休日です。朝からおにぎりを作っていました。今日は、ムスロと言う島に、邦人のお友達とお出かけします(^-^) 朝8時出発!
母子は四回目の訪問です。渋滞もなく、すいすいとボート乗り場に到着。客とり合戦で、ボートが決まらない・・・。いらっとします。仲間内であーでもないこーでもない、って・・・・。
ボート二台に分かれて乗り込みました。島のいくつかに名前があり、私たちは、キャピトンへ。そこが一番、外海に行くのが近い。ダーリンが、外海に行きたい話も伝え、いい場所に卸してもらいました。

今回もレストランのある内海方ではなく、外海側。
30分くらいの道のりを、歩いていきます。砂道で日陰ないのが、辛いところ。過酷な灼熱の道の往復が体力を奪います。でも、山羊の親子がいたり、通り過ぎる島の人と挨拶を交わしたり、車も通らず、木陰にはパンツ一丁の子供たちがいたり、音もなく、田舎ののどかな光景が広がっています。

売店もトイレもシャワーも更衣室もない外海側。着替えは茂みで、パラソルがなければ、日影もないようなビーチです。それゆえ、うるさい音楽もなく、ただ波の音だけが聞こえます。Img_0741

私は本当におにぎりしか作る気がなかったのですが、やはり女性陣。格が違います。卵焼き、チキンカツ、いんげんの胡麻和え、チキン、りんご、手作りフォカッチャやベーグル、ブラウニー!うわぁ~バリエーション豊富☆
美味しくどれも頂きました。若手男子も手作りおにぎり、しかも炊き込みご飯!こちらも美味しく頂いた私です(笑)

波が強いので、泳ぐと言うより、波打ち際で遊びました。泳いでいた人もいましたが、サーファーズポイントといってもいいくらいの波なんだもん。
暑くなったら海に足まで浸かる。たまに大きな波がきて、上半身までかかります。手をつないでいたミコはあっという間に、波をかぶってしまい。イヤイヤモード。でも、お昼寝あとは、キコと楽しそうにしていました。
Imgp2629

一緒に行った中2と小3のお兄ちゃん達とサッカーをしたり、捕まえてもらった砂と同じ色のカニにはしゃいだり、ダーリンに大きな貝殻をひろってもらったり、お姉さん達と波打ち際でおしゃべりしたり、子供たちはとても楽しそうでした。
私もまたおしゃべりや、美しい海、のんびりとした時間に身をゆだねることができ、胃袋も心も大満足でした。ほんと、静かなのんびりとした時間。何にもないというのは、ある意味、贅沢なんですねぇ。ふとそんなことを感じた時間でした。
誘ってくださった皆様、ありがとう。楽しかった~☆それにしても、家族みんな、更に焦げました~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/04/30 おくすり、のみま~す

Imgp2556

ミコは先週から寝ている間に咳が出るようになり、それでも食欲旺盛、機嫌もいいので、本人の治癒力に任せていましたが、昨晩から鼻水が出て、手持ちの薬も切れそう。
ちなみに日本の小児科で処方されたお薬、一年半近く帰国していないと、風邪薬はやはり使いきった感じがします。三年前、つまり赴任するためにキコに処方された薬を、その年齢に達したミコが飲み始めています。1歳と3歳では、体の大きさも違いすぎますからね~。

金曜日から旅行に行くので、念のため、お薬を多めに処方してもらいました。有り難いことです。
先生と話していると、私などは会話でカウンセリングしてもらっているような気がします。マラリアの心配などを話すと、日本での治療先(専門医がいるところ)や、検査の際の注意点(自発的にマラリアの疑いがあると伝える重要性)を教えてもらえました。またやはり既に帰国した方々が言うとおり、マラリア治療薬と検査キットを持っていることが安全だそうです。旅行先にも必要かしら…。

ミコは、顆粒のお薬を直接お口にいれて、お水でゴクンと飲めるようになりました。びっくりして、かっこいいねぇというと、得意げ。そして次からは「おくすり、のみま~す!みんな、みてくださ~い!!」とギャラリーを集めています。ギャラリーって、キコとパパなんですが、面白いですねぇ。

さて、写真は、ベランダからの景色。
明日のメイデーにちなんでなのか、赤と白の旗が、独立記念の父アウグスティーノ・ネット像のある広場とそこから延びる大通りに配されています。
日本の国旗の色でもあるのに、どうしてか、そんな風に感じない。きっとこの強いアンゴラの日差しのせいだろうな。色さえ、違ってみえる・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/04/29 春のバカンス

Imgp2541


今日からバカンスが始まりました。
いつも通り6時前には起きて、服を着替えるキコとミコ。早起き…。
ストックしておいた「紙ねんど」を初めて与えてみました。固まる粘土と言うのは初めての子供たち。キコは丸めたり、こちらが「リカちゃんのおにぎりとかパンを作ってみたら?」と提案すると、一生懸命つくっていました。
ミコのほうは、自己流で、ぺったんこにして、お花を作っていました。朝7時から作り始めて、頻繁に「乾いたかなぁ」とツンツンしていました。

今日のおやつは豆腐ドーナツ!お豆腐をたくさん買ってもらったので、中華木綿豆腐で、一口豆腐ドーナツ。簡単でもちもちしてて、おいしい~。
Imgp2542

夕方、キコの親友ダリアのママから電話が来ました。
このバカンス中、ダリアから「遊びに来ていいよ」「うちの車で迎えに行くから」などと積極的に誘われていたようです。盛り上がっていたキコですが、先方から連絡が全くなく、こちらから手紙を書いて、フィリピン人ナニーさんに頼みました。遊びに来れるように、我が家の地図も書きました。
それでも連絡がなく、学校が終わり、どうしたもんかなぁと思っていました。


そんな折の電話。ダリアのママから、手紙を受け取ったこと、郊外に住んでいること、とにかく仕事が忙しいこと、今週の予定を聞かれて、木曜日に先方のお家に遊びに行くことになりました。
電話で話していると、英語が分からないはずのキコも「ダリアのママでしょ?遊びに行くんでしょ?」とニコニコ顔。不思議ですねぇ、わかっちゃうんですね。

アンゴラ、嫌なことも沢山ありますが、キコがこうして、何かと言えばダリアのことばかり話すのを見ると、明らかに大事な友達がアンゴラ人であるダリアなわけです。Imgp2548


私としては、娘達が幼少期を育ったこのアンゴラが、普通の国として発展して欲しいと願うし、友達同士、仲良くいてほしいなぁと思います。

ただこの時期の友達は、親の努力がないと続かないですよね…どこまで私が努められるかにかかっているのか…うぅ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/04/28 アンゴラの観光地☆フォルタレーザ(要塞)!

Imgp2410


アンゴラの「平和の日」にドス・サントス大統領が訪問し、オープンとあいなった古い要塞(フォルタレーザ)を利用した「国立軍事歴史博物館」に午前中、出かけました。
バイホアウトという地区の入口は、コンチネンタルホテルの正面玄関の右端っこ。英国大使館に行く道でもあります。開かれた感じがありませんが、警備員に「博物館に行きたい」と告げると、「行け!」と言わんばかりの態度。アンゴラだなぁ…ウエルカムな精神が微塵も見られません。

そのまま坂道を上がり、右折すると、更にゲートがあります。「ここは写真はダメで、あっちもダメで」と聞いてもいないのに、しゃべくる警備員。いいから通せ~!って感じですが、中に入ると既に車があり、外交官ナンバーの車も来ていました。

大人も子供も一人200円ほどの入場料を支払って、入ります。外国人が結構きていました。というのも、ご存知の通り、ルアンダには観光するところがないので、つい行ってしまうのです。ダーリンは知り合いだった、中国大使館の人に会っていました…狭い外国人社会(笑)Imgp2472


要塞はだいぶ前にきれいに塗りかえられていたのは、外観を目にしているのでよくわかります。博物館や教会は、アズレージョやタイルで埋められており、ポルトガルを感じます。展示物は、英国製だのドイツ製だのという銃やSOBA(酋長)や部族のREI(王様)の古い写真など。
ただ景色はとても良かったです。各方面、とてもよく見えました~。いい記念になったけれど、日陰が殆どないので猛烈に暑かった!!

On Sunday, we visited old fortress in Luanda. They had National Military Museum(Museu Nacional de Historia Militar). Recently they opened.  Entrance fee is 200 kwanza per person (children, too) . Many foreigners are there...My darling met acquaintance guy.
You know we cannot visit to any landmark in Luanda. There are no landmark here.  We enjoyed landscape and seascape of Luanda. But there are no shade, It is too hot!

そのあと、久々にシェウーに行って、美味しくいつもの味を頂きました。
更に今日は午後もおでかけ。キコは「出かけるところが、多すぎる~」なんていう贅沢な悲鳴を上げています。アンゴラでは、確かに観光するお出かけがないので、特別な感じがするのでしょうね。
Imgp2505

午後は、邦人の住むマンションのプールに遊びに行きました。今日もまた絶好のプール日より。私は昨日から解禁したアルコールの話をして、ビールを飲みましたが、うぬぬ、やはり一本を飲むのもやっと。
どうしたんでしょうねぇ、ちょっと悲しくなりました。暑いからプール日より、ビール日よりだって言うのに(涙)

お招きくださったお友達とたくさんおしゃべりし、キコとミコはパパと沢山プールで遊び、私がこのマンションに住む友人と喋っている間は、邦人パパと遊んでいました。
今日もまた沢山楽しい時間を過ごさせてもらいました。有り難いことです。良い一日が過ごせました。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/04/27 アルコール解禁

Imgp2356


昨日着任された同じマンションに住む同僚の方と一緒に、朝から郊外のスーパーKEROへ。
来週から旅に出るのに、つい新鮮なお野菜を見ると買ってしまいます。帰って来た後のことも考えて、冷凍品を買いこんでしまいました。

お昼はピザとステーキとサラダ。
ダーリンに勧められたので、ワインを飲むことにしました。発熱した時にさかのぼると、かれこれ一カ月ぶりのアルコール。ダーリンは旅行先で急に解禁して、何かあると困るとの理由で、少しずつ慣らしていく意味で、勧めてくれたのでした。なかなか賢明。
飲める体質もあってか、あっという間にグラスで二杯飲みました。でもそれ以上は進まず…不思議ですねぇ。このままのほうが、経済的かもしれません(笑)

そうそう、今日は昨日行ったお誕生日会のケーキが、主賓のお母さんによって、我が家まで届けられました。ケーキが出てくる前に、昨日は失礼する必要があったので、彼女が気を遣って、届けてくれたのでした。いやはや、ケーキとは思えない色ですが、中は普通のケーキです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »