2013/06/21 幼稚園の次に遊んだ場所


Imgp4900

金曜日、午後は邦人のお友達の家に行って、お茶を頂きました。
今晩発つ、邦人のお友達に、最後のご挨拶がしたかったのもあります。そして多分私達もここに遊びに来れるのが、今日が最後です。ミコがまだ歩けず、抱っこで通ったプレイグループも当時はここにありました。

邦人家族もフランス人家族も住むこのコンパウンドからの帰り道、キコが「どうしてうちはここに住めないの?」と涙を流したこともありました。
三年間、幼稚園の次によく通ったのが、ここだったと思います。ミコはすっかり大きくなり、二人とも私がお茶をしていても、敷地内でお友達と遊べるようになりました。
私にとっても、邦人とのおしゃべりは至福の時だったし、外国人のママたちとも近い距離で、おしゃべりを楽しめました。何度も実がなるのを見つめてきたのだろうマモン(パパイヤ)の樹を最後にパチリ。
Imgp4903

午後は断水で、しかも九時間…(お友達の家から戻ってきても断水継続中)。
子供たちはいつもの節水水浴び、夜遅くなり、自分でもお湯を沸かして、節水水浴びをして眠る準備をしたいなぁと思ったときに、水が戻りました。
今日は風邪をひいていて、体調も非常に悪いうえで、断水だったので、最悪でした。

健康だから、この国では生活できます。心身ともに健康を維持することにかかるエネルギーが、本当に大きかったなぁと振り返っています。来週の今晩には、アンゴラを発ちます。最後まで気が抜けないのがアンゴラ。断水もあるだろうし、予期せぬことも多いでしょう。

話題に事欠かないアンゴラは、最後まで私を裏切りませんね…。むしろ裏切って、普通の穏やかな日常生活が送らせてもらいたい(笑) 恨めしいので、給水車がやってきた時刻の街の写真です。

Imgp4907


さて、在アンゴラ日本国大使館のホームページに「アンゴラ奮闘記」第九回(最終回)をUPしていただきました。これで私もしっかり終われそうな気がしていますが、パッキングは別問題ですね。
頑張ります。
I wrote "My Life in Luanda" on Japan Embassy in Angola's Home Pages.  Sorry this language only Japanese .

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/20 出国ラッシュの時期


Img_1307
朝は、同じイラストがデザインされたTシャツ着用のキコとミコ。
色違いで、ママ友がお誕生日にくれました。彼女の友人がデザインしたものだそうです。なぜか私ももらってしまい、実は嬉しい(笑)

今日のエアフランスで、出国する友達が三人もいます。
ビザの関係や、7月8月と二カ月のバカンスを前に、早めに取る人もいるようです。学年が上がってくると試験など色々あるんでしょうが、幼稚部なので、キコのクラスも今週中に4人くらい出国するそうです。
来週、一年のまとめの発表会がありますが、早く出国できるのは、この国ではラッキーなことだと感じるのが一般的なので、帰り始める人が多いです。
生徒数が減るので、学校のある前の道や駐車場が空き始めるのは、最後まで居る私にとってはいいことです。

さて、幼稚園から戻ると断水。Imgp4552


お迎えの前にトイレに行って流せたので、13時位には断水が始まっていた模様です。
子供たちは、節水水浴びをしました。この季節はだいぶ涼しいので、お湯を多めに作ります。大鍋フル稼働でお湯を沸かし、それを慎重にお風呂場まで持って行く。
もう何度もしていますから、慣れていはいますが、結構疲れるんですよね…。それに鳥肌が立っている子供を見ると、本当に申し訳なく思ってしまいます。

子供たちが寝た後、夜20時半には水が戻りました。市内全域、水不足ですが、川が干上がっている訳ではないので、ひとえに貯水量や給水車手配の管理不足と言う気がします。一年経っても、学習しない管理人…ため息が出てしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/19 キコ誕生日

Imgp4885_2
昨晩キコは恥ずかしそうに、ニコニコしながら「明日は六歳になるんだ、どうしよう、ワクワクする」と言っていました。確かに大きくなるのが嬉しい時期だったなぁと思いだします。
そして朝、お弁当を作っていると、いつもより早めに起き出したキコ。「お誕生日おめでとう!」といって、台所でいつもよりずっと長くぎゅぅっとしていました。


本当に大きくなったキコ。手足もすらりと伸び、話す言葉もしっかりして、あなたはどんどん私を超えていく。それでいいと思います。もちろん、やっぱりまだまだ6歳ではあるけれど、あなたに私はどんなに助けられているのでしょう。心も体も大きくなってくれて、本当にどうもありがとう!


今日のお弁当はちょっとだけスペシャル。キッチンバサミで駆使したニコニコおにぎりを作りました。
幼稚園では、同じく六月まれのダリアと一緒にリンゴケーキを作ったそうです。私は事前に言われていた小麦粉やヨーグルト、カットしたリンゴを準備して、持たせました。
必要なベーキングパウダー、いつもあるのに、なぜかスーパーマーケットを二軒回っても見つからず、昨日会ったお友達の近所のスーパーで買ってもらっていました。
言ってくるのも相変わらず急ですが、二軒行ってなのもまた、アンゴラ(笑)
Imgp4886

朝ミコのクラスに行くと、ミコがごにょごにょ先生に話し、キコが自分が誕生日だと話すと、先生が「おめでとう」と言ってくれました。
子供たちを送った後、午前中は、キコ希望の抹茶ケーキ、午後の外出に備えて、夕食の下ごしらえもして大忙し。

幼稚園の後は、邦人のお友達のお家へ遊びに行きました。
久々の日本語のひととき。癒されます(^-^) キコとミコは、敷地内に住むフランス人のお友達の家へ行き、そこでも「おめでとう」と声をかけてもらえました。

誕生日には、プレゼントも嬉しいのでしょうけれど、何よりどこでも誕生日だと言うと「おめでとう!」と言ってもらえて、自分が特別な日を迎えているのだと感じることは、素敵なことだと思いました。
ちなみに誕生日プレゼントは、自転車。もうかれこれずーっと欲しがっています。が、ベランダでは出来ないし、非現実的なので、日本に帰ってから選ぶことになっています。
でも、同じ組織のお姉さんやママ友から、親友からもプレゼントがもらえ、大喜びのキコさん。ミコも誕生日が近いので、一緒にもらって、二人ともニッコニコです。

Today Kiko became 6 years old!! We're pleased with her growth. She really feel happy because she met everyone who could known she's birthday girl, say "Happy Birthday, special lovely girl KIKO!!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/18 美味しすぎる韓国料理

Imgp4870
朝はブラジル人の友達の家に行き、ありがとうのお手紙を渡しました。ファッションショーにさそってくれたヒタさんです。
英語で書いたのですが、訳してほしいと言うので、ど下手なポ語で気持ちを伝えて、訳しました。傍らで、泣きそうになる彼女にもらい泣きしそうでしたが、にこっと笑って最後は笑顔。
彼女の作品でもある、アフリカの布で作ったスカートをプレゼントしてくれました。これ(今まで買った服)は私だから、日本にいてもいつも一緒よ、という彼女。彼女の明るさに、私も救われてきました。

午後は、韓国系カナダ人のお友達のお家に遊びに行きました。
簡単だけど、美味しい韓国料理を作ってくれると言うので、行ってみたら、ガスコンロで、豚肉をじゅーじゅー焼いてくれていました。
葉っぱに、ご飯と焼いたお肉、辛い煮込み味噌と更に味噌、お好みでキムチを入れて、巻いて頂きます。おいしぃぃぃ!!美味しすぎて、無言。そして日本語で絶叫(笑)
彼女が出してくれたワインもすすんでしまい、二人で一本半のみ、しっかり食べてしまいました。五臓六腑にしみわたる、いや本当に美味しかったです。Imgp4878

あ、ちゃんと子供たちは、お肉を塩とごま油で食べたり、女子同士楽しく遊んでいました。飲んだくれていないので、ご安心を(笑)
私も巻きずしを作って行ったのですが、そのあと、巻きずしはご主人が喜んで食べて、彼女は二個しか食べれなかったとか…。ちなみに今日の材料のほとんどは、カナダや韓国から持ち込み、キムチは手作りです。
彼女と過ごせるこの時間もあとわずか。お互い別々の国での生活が始まります。

After school, I went to friends house. I ate lovely Korean food which her cooked. How wonderful!! and I drunk nearly one bottle of wine...hahaha. Thanks to friend, I love your Korean dishes.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/17 友達と語らうひと時

Img_1297


今日からダーリンは二泊三日で南アフリカの首都プレトリアに出張です。
荷物があるので、運転手を使って朝は家族で幼稚園へ。そのあと、オフィスに寄った後、又、お友達のイングリットさんと一緒に布を買いに出かけました。
先週来たばかりでも、やはり違う柄が入っていて、楽しいです。でも冷静に選んで、後にしました。

さて、そのあとまた同じカフェコルチーゴへ。
このカフェは、三年前から同じ状態のレンガ造りのビルの裏にあります。作りかけなのか、壊しかけなのか分かりませんが、レンガは所々抜けているし、いつか崩れ落ちそうで近くを通ると、真剣にドキドキします。
Img_1256

布のお店があるサンパウロは治安が悪いので、ご主人に行くことを禁止されたターラーさんは、今日はカフェから合流。そこに休憩時間を取ったイザベルさんも来て、カフェをしながら、それぞれの話をしました。
本当に色んなこと。それぞれが抱える問題を話すと、自分の方が軽いと思えたり、そういう視点があるのかと納得したり、文化の違いに驚いたり、色んな発見や気づきがあり、とても魅力的なカフェタイムです。

こうしていつか四人でお茶出来るのは、いつだろうね。でもいつか必ずしよう、それぞれの国に帰ったとしても、どこにいても必ず会おうと約束しました。

午後は、幼稚園のお友達の家に届け物をしに出かけました。
そして、明日からバカンスで出国してしまうフランス人のママから、バオバブをデザインしたアクセサリーを買いました。
友人から、やっと紹介してもらったのが今日。彼女と話をしたら明日には出国とのこと。それであわてて、今日の午後、出かけました。
Img_1301


フランス人学校の校門には、バオバブの木が一本あります。毎日のようにみて、二年私達を見つめてくれたバオバブの木。それをデザインしたアクセサリーを私はとても欲しかったので、とてもラッキーでした。
キコもミコも敷地内の遊具で、少し遊べたのがよかったみたいです。こういうのがあるのって、本当にうらやましい…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/14 ビールのお餞別

Imgp4563
9月からフランスで生活を始める友達から、DVDを買いました。
「アルプスの少女ハイジ」「走れ!ジョリー(正確なタイトルは分からず)」と言う日本のテレビ漫画のDVD。そのフランス語版です。
私はもちろん聞き取れませんが、映像に懐かしくなります。更に、主題歌はフランス語ですが、挿入歌はたまに日本語のまま。キコは挿入歌にビックリし、さらにミコも揃って、私が歌えることにビックリしています。

それと、ご主人がビール会社に勤める友達から、ビールのプレゼントがありました。
一つはお餞別に、一つはパーティ用にと言ってくれましたが、ストックもあるし、この量、帰国までに飲み終えるかしら。ま、アンゴラの味なので、ありがたく頂きます!

そして夜には断水。夕食の準備や小さい子供のシャワーなど、絶対的に水が必要な18時から20時!二時間でしたが、結構キレてしまい、学習しない管理人に怒りをぶつけそうでした。
でも冷静にメールで「なぜ水がないの?」と送りつけておきました。だって、平日で4日も断水の日があるなんて、あぁ、有り得ないアンゴラ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/13 焼き立てメロンパン


Img_1261

まだ水がもどず、それで気持ちが萎える早朝。幼稚園から戻ってきたあと、8時には水が戻り、朝食の片付けができました。
そのあと、急遽明日出国することになったお友達のお家へ。なんとなんと、焼き立てのメロンパンを作って待っていてくれました~。
美味しすぎます~。朝の水のないストレスが、一気に癒されました(笑)
明日出国で慌ただしいのに、会う機会を作ってくれて、とても嬉しかったです。出国する方は忙しくても、日本に帰るから自分は大丈夫だと言って、残る方を気遣ってくれます。そういう優しさって、ここで生活しているからこそなのかもしれませんね。

そうそう、今朝、ミコさん、パパが履いていた皮靴を磨いているのをみて、「くすぐったくないの?」と一言。思わず笑ってしまいました。

運転手が毎朝登園に同伴し、トイレもさせるミコのクラスメイトのエリキュア君。
パパの顔を見たことあるミコは、エリキュアは家族がいっぱいいるんだね、と一言。そういう捉え方もあるんだなと、感心しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/12 揃って会えること

Img_1251

朝7時半に子供を幼稚園に預けた後、ターラーさんの車に乗って、イングリットさんをピックアップ。そこから、サンパウロ地区へ出かけました。イングリットさんがよく買いに行くというアフリカの布屋さんに、今日は連れて行ってもらうことになっています。
車を停める場所も決まっていて、ターラーさんの運転手もついてきてもらって、出かけました。ビックリするような場所。ゴミの中で人々が商売していて、そこを歩いて行きます。過去にも布を買いにきていますが、ここまで距離を歩かなかったし、もう少しきれいだったような気がします。


冷凍の肉を素手で切り売りしている女性、天然の軽石を売っている女性、ジンドゥンゴという唐辛子をつぶしてソースを作っている女性、野菜を売っている女性、赤ちゃんにおっぱいを与えながら、サンドイッチを売っている女性、肉を焼いてお昼ご飯を売っている女性。そしておびただしいハエとゴミ山。
整備されてないうえ、ごみの多い足もとの悪い道を、手でバランスを取って歩くので、口を押さえていませんが、呼吸を停止して歩きました。すごすぎる~。
衣食住に関する全てものが売っていますが、私は買えないです。

Img_1253


そこを通って、布屋さんへ。
頭に売りものを乗せて歩く女性を、ズンゲイラといいますが、ズンゲイラから買うと一つ2000円程度しますが、ここの地区で買うとほぼ卸売価格。
半額までは行きませんが、多少安く買えます。それに種類も多い。
アンゴラは昔、綿花が取れたようですが、長い内戦で綿花の栽培も、その工場も無くなってしまったそうです。

布屋さんで売っている布は、インド、コンゴ、ナイジェリア、コートジボワールなどからの輸入品です。アフリカの柄をプリントした布は、とても美しく、私は見ていてワクワクして来ます。
でも大概私が選ぶのは、アフリカらしいアフリカの布と言うより、アジアンテイストらしいです。一緒に見ている友達が、「それはジャワっぽいね」つまりインドネシア、アジア風だねと言いますから。
売っている人もコンゴからきている人が多いようで、フランス語が喋れたりします。私はフランス語よりはポ語ですが、ここでは英語は通じません。
ちなみに治安は悪いので、写真もかなり隠し撮りに近いです。友達は前回携帯でしゃべっていたら、そのまま撮られたそうですから。


そのあと、現在は仕事をしている友達イザベルさんお勧めのカフェへ。
彼女のオフィスが近くにあり、休憩時間に出てきてくれました。久々に仲良しが四人そろったら、イングリットさん、目を潤ませて、左右にいた私達の手を取りました。
あのまま泣かれたら、私も泣いちゃいそうでした。アンゴラは大変だけれど、だからこそ、いい友達に出会えて、揃って元気に会えたことを嬉しく思ったのでした。
Imgp4562

子供を幼稚園にお迎えに行き、午後は別のお友達が遊びに来てくれました。韓国系カナダ人のお友達。キコは最近英語に興味がある様子。フランス語しか喋れないもどかしさを感じているようです。日本語と仏語ですでに十分だと思うんだけどね
彼女とは二年くらいのお付き合いになります。彼女ももうすぐケープタウンでの生活が待っていて、友情の記念にと言って、ブレスレットをくれました。
最近ショッピングセンターにできたパンドラというブランドの皮紐のブレスレット。よく見たら、彼女も付けていて、余計にじわ~んと来た私でした。

夜10時過ぎから断水でしたが、洗濯機が終わっていたので、良かったです。

My frined and her daughter visited here. We enjoyed talking!! Children enjoyed seeing movie in English.  Now Kiko is interested in English. it is good for her.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/11 気になっていたことを

Imgp4543


溜まっていたのを、一気にやるぞ!!と気合を入れます。
片付けはちょこちょこやっています。毎日少しずつ。だけど、苦手なことを残していて、それもやらねば、と今朝は気合をいれてやりました。
お友達から頼まれていしたケーキのレシピ。シフォンケーキなので、簡単なのだけれど、やはり辞書を駆使して、書き上げました。シフォンは型が重要なので、型の写真も添付。

よくオフィスのみなさまにも作っていたので、スタッフから、スタッフの奥様向けにお菓子教室をやってほしいという要望もあったと最近耳にしました。
それは叶えてあげられないけど(ポ語の問題もあるし、日程調整がやや難しい)、レシピだけはと思って、やりました。英語ですが、大丈夫でしょう(^-^) 上手く作ってくれるといいなぁ。

午後、お手伝いのアナさんが帰った後、断水。
既に作ってあった夕食を温めるだけでしたが、水が蛇口から出ないって、本当に疲れます。子供の節水水浴びもしたしね。この時期、夜は涼しいので、鳥肌が立っているこどもがかわいそうでなりません。そういう意味でも、断水は恨めしい。夜10時前に戻ったので、私達親はシャワーができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/06/10 日本語お茶会

Imgp4491
月曜日の朝、居間と台所を中心に、掃き掃除。
お手伝いさんのアナさんは週に一度。そんなに大きくない我が家だし(日本に比べれば大きいけれど、いわゆる外国にあるお家というような広さではありません)、ミコも幼稚園がはじまって午前中は子供がいないので、週末以外、毎日、掃き掃除は自分でしています。


結局私はヒマで、時間がある上、他にすることもないし、人がいるとそれで疲れます。週一回、全部屋の水ぶきの床掃除、台所のコンロ周り、アイロン、窓ガラス、ベランダ清掃がお手伝いさんの仕事です。でもその頻度で十分な感じの我が家です。


アンゴラには今、三世帯6人の日本人の子供たちがいます。今日は、母子勢ぞろい、日本人奥様も勢ぞろい、といっても、合計しても11人です。でも、楽しかった~☆
日本語で話せるって、楽だし、やっぱりいいねぇ。母国語で話せる醍醐味。そして美味しいデザートや軽食が、これまたラブリーでした。シナモンロールに、チョコシフォン、タピオカ入りミルクティなどなど。
我が家は月末に本帰国なので、なんだか感慨深くなってしまいますね。だってね、アンゴラでこうして出会えて、常日頃支え合っていますから。心から感謝。みなさま、本当にありがとう!

Imgp4494


楽しかったなぁ、出会いをくれたアンゴラに感謝だわ!なんて、ルンルンした気持ちを持ったまま、お友達の家からの帰り道。
うちのマンションの下でよく見る赤い給水車が、向こうの通りで信号待ち。
うち、断水じゃないよねぇと予測して、部屋に帰ってきたら、やっぱり断水(笑)。それで家の外を見たら、案の定、その給水車がマンションの前に停まっていました。やはり、ここを目指していたのね。
給水直後は水は出ません、給水して薬剤を入れてから、水が出ます。子供のシャワーには間に合うかな。三週間を切ったアンゴラライフですが、やっぱりアンゴラです。

There are only 6 Japanese kids in Angola. It is really few, but we are close friends each other. Today, we had good afternoon!
I could eat delicious snacks and deserts there! How wonderful!! Thank you frineds!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧